タグ:うどん・そば ( 74 ) タグの人気記事

大阪(北新地):喜庵(そば)→明石屋(明石焼き)

b0089578_373754.jpg
肉のハシゴの後はさらに肉でデーーブ・スペクトル?
じゃなくて、やはり求めるのはあっさりしたもの。
焼肉フレグランスを漂わせながら、ホテル近くの北新地へと移動。
お目当てのうどんのお店は売り切れ閉店だったので、
襟を正した日本人ぽくお蕎麦でも食べたいわ!と、喜庵というお店へ。

ガラッとお店に入ると、海はよぉ~♪って全て飲み会帰りの親父の海!
年配親父=ラーメンという図よりも、蕎麦が似合うのは茶渋のような年輪を背負っているから?
b0089578_2375497.jpg
長靴(以下ツレ)が食べたざるそば
硬めの麺のコシがすごい。ツユは濃い目だったかな。
蕎麦の実仙人のように、そこまで蕎麦にこだわっていないが普通に美味しくいただけた。
いただけたってのは、横からついばみテロ攻撃して食べた訳。
b0089578_2384100.jpg
私が食べた玉子とじ
ダンデライオン風の玉子の海に抱かれてた温かいお蕎麦。
玉子とダシが混ざった汁をなくなるまで飲んでいたい気分。

いつもの通り、お酒が体をかけめぐる青春のいい感じ。
コンビニ「ポプラ」を見つけて、「モスラ~~よ、モスラ~~」と歌ったり、
「しょうち」というお店の前で、「よっこいしょういち!」と喚いたり。
春も来るの近いかな~。
(「よっこいしょういち」はこの辺り何気にいいまくっていた)
b0089578_375049.jpg
お蕎麦屋さんに行く途中に見かけた気になるお店、明石屋
一度、気になりだしたら恋する夢一夜になりそうなので、帰りに突撃。
偶然入ったけど、結構有名なお店だそう。
b0089578_38050.jpg
イカ焼き
イカと玉子の焼き物に濃ゆいソーースがアクセント。
目玉焼きにくっつけて食べたい!これ、大好き!
b0089578_38995.jpg
明石焼き
ほわほわあっつあつの明石焼きデカイ!これがいわゆる大阪ビック!(テキトー)
中のタコもビックでプリプリだった~1口で食べきれずにくわえちゃうよ。

1日目の夜ご飯はこれでおしまい。
翌日目覚めたら、明石焼きがぷっくら付いている頬に成長しそうな夜でした。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-02-06 12:45 | 大阪 | Trackback | Comments(34)

岐阜(郡上八幡)そばの平甚、(白鳥)ペンション・リトルパイン

b0089578_2511483.jpg
郡上八幡へ向かって高速を使わずに国道257線を降りて行くと、道の駅パスカル清見がある。
ペンション・オートキャンプ場・レストラン・売店があって、
ここでしか買えないお土産が沢山売っているのでみていて楽しい。

買ったのはたこ焼きならぬ、飛騨牛が入っているらしい牛たま。
和風ダシにネギをかけて食べるのだけど、これがなかないける!
屋台のおにいちゃんがこれまた野性見溢れる濃ゆいハンサム。
b0089578_2512244.jpg
古い町並みと石畳の静かな街、郡上八幡。
町並みをぶらぶら歩いたり、宗祇水という名水を求めたり、安養寺でちょこっと休憩。
食品サンプル創作館は面白くて、ラーメンのサンプルを買って家に飾って置きたかった。
いや、やはりカレーかしら。。。
酒飲みの方が金欠の時はビールジョッキを買って眺めて我慢。
b0089578_2513033.jpg
お昼ごはんはそばの平甚で冷たいお蕎麦。
何代も続いたお店らしく店内は古民芸品で埋め尽くされていた。
国産の蕎麦でうった蕎麦はとても香りがよい。ほうば寿司とセットのをいただいた。
b0089578_2514252.jpg
この日のお宿は白鳥にあるペンション・リトルパイン
自家栽培素材中心の料理が自慢。
ニジマスを飼育されているそうで、夕食にはニジマスのお刺身は脂がのっている。
山で摘んできた山菜、川魚、自家栽培とうもろこしのコロッケなど手作りのものばかり。
ババロアやお醤油だって自家製。

b0089578_2514979.jpg
ここでのお目当てはボタン鍋!
お肉が牡丹の花のように敷き詰められていて綺麗。
湯煙慕情、背中の牡丹が染まる時。
b0089578_2515792.jpg
グツグツグツ・・・と煮込まれたイノシシ鍋。
猪はさすが豚の野生種だけあって味が似ているので豚が好きな人ならば大丈夫。
豚肉が濃くなった味で美味しい♪

今まで食べたのは鹿、馬、猪、、熊、キジ・・・花札!?
ダチョウとかワニとかはまだ食べたことがないわ・・・未知への探検に憧れる。
食べる野性の王国。

岐阜の旅オワリ
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-08-14 06:06 | 岐阜 | Trackback | Comments(38)

名古屋(栄):鳥勢(焼き鳥)、カサブランカ(モロッコ料理)、百寿(蕎麦)

名古屋3日目まとめメモ。

栄は名古屋の中心部なので、事前に調べていなくてもお店は沢山見つかる。
ふらふら出歩いていて見つけて入ったお店が、炭焼きの鳥勢

ふらっと入ったが、ここは予約をしないと席がとれないほどの繁盛店だった。
活気があって小奇麗目だけど、親父親父もしていない焼き鳥屋さん。
年配の人やカップルにちょうどよい。

焼きたてを女性店員の方がカウンターを周り、1串づつ出してくれていた。
朝びきの若鳥を当日串打ちして出していることがこだわりの1つ。
b0089578_2005470.jpg
小鉢、大根おろし、キャベツは最初から付いている。
ペタ(背骨の横の肉)、えんがわ(横隔膜)、皮、ぼんじり(骨付き)
名古屋コーチン、しもふり、レバー、ほたて焼き
レバー、ぼんじり、コーチンとか美味しかった、何がお刺身だったか忘れてしまった・・・。
b0089578_201488.jpg
うづら玉子、つくね。つくねの黄身がツルピカリン。弾力があった。
密かにうづら玉子ファン。中華の炒め物に入っているうづら玉子にも目がキラリン。
b0089578_2011463.jpg
2軒目、モロッコ料理のカサブランカ
9時近くに行ったから?照明が暗かったような記憶が。
写真はハリーラ。断食開けた後に飲むモロッコで一番有名なスープ。
いろんな豆が入っていてスパイスが効いていた。
後はマラケッシュサラダ、ラムカバブなどを注文してから、最後にケフタタジン。
ケフタタジンは牛ミンチの卵とじ、サハラの代表的料理でコクのあるトマトソース味。

遅い時間になると、BGMがハウスに変わって外人の団体が騒ぐ騒ぐ。
モロッコ人オーナーとモロッコ人シェフという事だけど、その場にいたお客さんは全て白人系。

この後は写真はないがタイガーカフェで一休み。
フランス人が1930年代にニューヨークでカフェをオープンさせた時のイメージ。
そう言えば、ガイドさんが、「シルブプレ~」は「新聞くれ!」で覚えてくださいね。
と言ってたっけ・・・。
食べたのはクリームブリュレ。めちゃくちゃ大きいグラタンくらいの大きさだった!!
b0089578_201317.jpg
シメを探して三千里していると、「なんじゃこりゃ~」な大きさのかき揚げの見本を発見。
奥まった入り口を目指してお蕎麦の百寿へ。
b0089578_2014471.jpg
一番有名なのが、見本にあった「三色かきあげ天ざる」。
そばの実の芯からとれる御前粉だけを使った白い百寿そば、梅蕎麦、茶蕎麦の3種がつく。

私が頼んだのは茶蕎麦でさっぱりと。さすがにシメにかき揚げは食えんのぅー。
とは言え、この旅でもアイアンストマックは健在だった。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-08-12 11:52 | 愛知(名古屋) | Trackback

名古屋(伏見):手打うどん・五城(味噌煮込みうどん)

b0089578_23301912.jpg
コメダ珈琲店を出た後、徒歩で名古屋城まで行きました。
エレベーターで天守閣まで登ると名古屋の町並みがよく眺められる。
周りの二之丸東庭園なども散策してお城を堪能。
城内の展示室で展示のシャチホコをみてタイヤキを思い出したり。

午前中歩きっぱなしで凶暴な食欲が湧いてきたので、
伏見駅で降りて手打うどん・五城へ。
ガラーッと開けるとすでに満席!!スーツ姿のサラリーマンの団体に大人気!
座席は空いた場所から合い席へ案内される。

うどんと言えばやはりここは味噌煮込みうどん
他の人たちは定食(ゴハン付き)にしていたけど(うどんの後に入れる?)、
私は少食なので後で買い食いしたいのでうどんだけでいいわ。
b0089578_23302933.jpg
・味噌煮込みうどん
あつあつの鉄鍋の中には玉子、キノコ、野菜、かまぼこなど・・。
七宝みその赤だしと二分半みそをブレンドし、たっぷりのカツオ節から取るだしは
コクがあってこれが味噌煮込みっていう濃ゆ~い味、手打ち麺はコシがあってモチモチ。
この残った味噌スープにご飯を入れて食べる気持ち分かるなぁ。


前記事でスカパーが映らなくなったという話の続きですが・・・
黒電話に代わるあるモノの存在を思い出した私は、その翌日、押入れからそれを探し出した。

それはモバイルメイト・・・競馬投票用の専用機

赤エンピツを耳に挟みながら、これやこれやで!
・・・とこの端末で競馬の投票をしていたわけではありません。
ある人から端末機がもう要らないからというので、貰ったもの。
電話機として使えるというので保管しておいたのだ。

受話器にはプッシュホン式の電話が付いているのでさっそくスカパーに電話して
あれこれと質問された後に「メーカーさんのメンテナンス部門にお電話してください」と言われる。
さらにメーカーに電話をして、リセットを押したりコンセントを抜いてみたり
いろいろ指示通りに試してみるも状況は変わらずで。

じかに修理に行くしかないと言われてしまったけど、修理するのと新しく買うのと
どっちが安いだろう~というわけで少し保留している。
とりえあえずBSでW杯は見ています。

イングランド×パラグアイ 勝手なイケメン度チェック
ベッカムや紳士服の青山のオーウェンなどの王子様系よりも、ラテン濃ゆい系が好み。
パラグアイのサンタクルスもなかなかいいけど(輪郭がサンマに似てないでもない・・・)、
それよりも中村俊輔が所属していたレッジーナの試合を見ていた頃から
パレデスはセクシーだと思っていたのよ(写真すごいけど・・・)

ジェラードに闘牛士のように頭突きしていったり、倒れてからわざと痛がったり。
おぬしもワルよのぅ・・・と感じつつ、そのハードなプレイが好きだったりする。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-06-11 13:24 | 愛知(名古屋) | Trackback(1) | Comments(32)