金沢(東力町):とんかつ堂 「岩中豚赤身&エビ&ヒレ MIX定食」

b0089578_08565031.jpg
天ぷらやコロッケ、エビフライ、チキン南蛮などは作るのに、何故かトンカツは揚げ物歴にない。
嫌いというよりむしろ好き、いやカツカレーLOVE宣言してもいいくらい。

これはトンカツ自体、それかロース肉の脂部分が苦手、など周囲の影響に比例する。
昔、親がトンカツを作ると翌日の夜ご飯はカツ丼とサイクルが決まっていたのだが、現在カツ丼が苦手な人が家族にいたり。

とある休日、家でタイ料理作る気満々だったのに、買い物などで既に時間は18:00。
「もう作りたくないだろ?」そんな事言われちゃ、反発心も湧きつつもうなずき人形になってしまうではないか。

それならどこへ?廻る寿しの会話が出たのでポイントカードを財布から出したところで、
とんかつ屋に行きたいと珍しい、海老フライ欲情疑惑も含みながら、東力町のとんかつ堂

地元石川県産や鹿児島黒豚、イベリコ豚、現在は岩手県産の銘柄豚「岩中豚」をメニューに多く使用。
豚肉を低温で熟成させた厚切り熟成とんかつは二度揚げ、など旨みをひきだすこだわり多々。

冬季限定のカキフライ、分厚いとんかつオンリーのストレート、エビフライ入り・・どれもいい、迷う。
揚げ物専門店ならではのセレクトの豊富さに、迷宮のフライ国のアリス。

結局、夫につられて同じメニュー注文という優柔不断の最終形態。

・岩中豚赤身&エビ&ヒレ MIX定食:1,390円

白米と五穀米を選べるので、五穀米選択、ごはん・味噌汁・キャベツお代わりサービスが嬉しい。

まずは胡麻が入ったすり鉢が運ばれてくるのですりこぎ棒でゴーリゴリ、後でソースを入れます。

揚げ物の器、ごはん、味噌汁、香の物が登場。
b0089578_08565609.jpg
岩中豚赤身(50g)、岩中豚ヒレ(50g)、エビ(1本)
山盛りキャベツの後ろには、ミニカツサンドが付いている。

さて、どういう食べ順でいくか配分を考えながら、
まずは山盛りキャベツに薄めのソース味っぽいドレッシングをかけてここから切り崩す。

岩中豚はSPF豚(特定の病原菌の汚染がない豚)として注目されている豚で、
赤身はビタミンE含有量が一般品より3倍もあるそうです。

赤身とんかつはキメ細やかで脂肪が少ないのであっさり。
豚ヒレはやわらかくてクセがなく普通に美味しい、私は豚ヒレの方が好み。

途中、夫がごはんとキャベツをお代わりするついでに、自分もキャベツを追加してもらう。
お腹が空いている人には有難いサービス、揚げ物との配分ペースがやや大変そうだが。

海老フライにはタルタルだろう、と公言する目の前で、トンカツにソースとタルタルを付ける私。
フィレオフィッシュもタルタルがあるから食べるんです!という隠れタルタルラバーはソースとの両刀使い。

五穀米のぷちもに感覚も香ばしくて、ごはんだけでもいけるっ!
ごはんはお代わりせずでしたが、キャベツのお陰と揚げ物でお腹ふくれました。

牛かつやメンチカツなど迷い必至のメニューは、ランチタイムがサービス価格でよりお得。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-01-19 23:48 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(尾張町):Marichou-k (マリシュケ)中華カフェレストラン

b0089578_15174179.jpg
1月上旬の週末は今季初の荒れ模様な天気、雪どころか風も強く
ご近所に新しいお店が出来たから歩いて行こう!という宣言もドアを開けたところで揺らぐ勢い。

近江町市場からひがし茶屋街へと向かう大通りに、中華カフェレストランが出来たので行ってきました、Marichou-k (マリシュケ)

場所は尾張町交差点のすぐそば、前はお弁当屋さんだった店舗で、
道路を挟んだ前に「ニワトコ」、横並びに「山田時計店」があります。

東京・横浜の有名中華料理店で長らく経験を積んだ女性シェフが、金沢の人気中華に在籍した後2016年11月末にオープン。
奥に延びる縦長内装で2人がけのテーブル3つ、一番奥は少し大きめのテーブルがあり4人用とこじんまりした可愛いお店。

お昼は日替わりランチと、フレンチトーストにスイーツVerとおかずVerがあり、
おかずバージョンには海老チリや海老マヨなどと、中々個性的メニューもあるカフェ仕様。
夜は普通にアルコールで中華料理を1品で頼めるお店に変身。

ドリンクメニューはアルコールはビール、日本酒、焼酎、紹興酒、ワインの他、
ジャスミン、プーアルなどのホットティーやソフトドリンク各種など結構揃っています。
b0089578_16342776.jpg
・青ザーサイ
茶色に見慣れているので青ザーサイがちょっと新鮮、唐辛子と塩のじんわり感がコリコリ。
b0089578_16343361.jpg
・ピータン
ピータンに紅生姜の組み合わせ、お酒のつまみにぴったり。
夫はヒューガルデンホワイト、私は桂花陳酒ソーダ割り、後から紹興酒ホットを飲んでいたのですが、
黒板にあったココナッツ甘酒(お餅入り)もお酒に見えたけどそちらはデザート。
b0089578_16344016.jpg
・海老のチリソース
辛さの中に甘みがある海老のチリソース。
b0089578_16344603.jpg
・辛~い唐揚げ
辛く味付けした鶏の唐揚げの下にフレンチフライ、上からかけてあるのは金沙粉かな。
b0089578_16345201.jpg
・水餃子
もちもちの手作りの皮の水餃子、タレも含めて美味しかったので後からお代わりしました。
b0089578_16350387.jpg
・ほくほく百合根
柔らかな甘みのホクホクっとした食感の百合根、久しぶりに食べたわ~
b0089578_16351026.jpg
・海老と葱の香り炒め
胡麻油の香りが広がる海老と葱の炒め物、海苔がパリッとアクセント。
b0089578_16351576.jpg
・とり塩スープ麺
透明スープの鶏のうま味がしみる塩ラーメン、鶏チャーシューと共に。
b0089578_16352184.jpg
・辛いスープ麺
サラッとしたスープにスパイスの香りやピリ辛の刺激が伝わる坦々麺、自分的には辛さはほどほど。
麺はどちらも美味しく選ぶのは好みと言えそうです。

ここはドーンと大皿というより量は2人で分けるのに丁度いいサイズ、麺のサイズも小ぶり。
その代わりお値段もリーズナブル、少しづつ色々頼んで食べたくなります。

今回はアラカルト注文でしたが、カスタムコースという2500円のコースもあります(前日までに要予約)
夜には食べられないメニューが日替わりランチにあるので、そちらを追求するのもいいかな。

オープンして間もないので、まだまだお店が発展途上だとおっしゃっており、これからの変化を期待しています。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-01-18 23:23 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(白山市):ターバンカレー(美川インター店) 「カキフライカレー」

b0089578_15124537.jpg
飲み会の翌日、少しばかり二日酔いぎみで食欲がないはずなのに

カレーが食べたいという意識レベルは別世界にあるのか、あの冬季限定のカレーを求めてターバンカレー(美川インター店)

金沢カレーでもお上品な盛り付けと会社員率が高いこの店舗、刺繍の里の建物の中にあります。

・カキフライカレー(小)トッピング:目玉焼き、クリームコロッケ

季節限定のカキフライカレー、食欲がないから小にしたはずなのにトッピングを2つ追加。
ほくほくのカキフライにタルタルソースがついて、カレーもつければ美味しさ2倍。

ここはチャンカレより濃厚でゴーゴーのような独特なスパイシーさもなく食べやすい感じでなかなか好き。
食べている内にトンカツも食べたくなってきたので、食欲が復活してきた!?

カレーサイズをミニにして、トッピング全部のせたいところだけど、
経験者から胃もたれするとの指摘を受けて、2・3回に分けてトッピング盛りを夢見がち中。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-01-17 23:52 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(白山市):旬味酒処 山海里(さんかいり)ジビエ・居酒屋

b0089578_14585770.jpg
嵐ほどでもなかったが数回の忘年会を済ませ、年が明ければ今度は新年会のシーズン。
いつもの仲間たちとの新年会、新鮮な魚介とこの時期しか食べられないジビエを求めて山海里(さんかいり)

秋・冬は狩猟免許を持つ奥村さんが獲ってきた山の幸(ジビエ)、暖かくなれば山で山菜を調達し海では漁に励む。
それらの新鮮な食材たちは、県内の有名レストランから沖縄まで経験豊富な大将の手にかかれば、
和から得意ジャンルの中華、洋まであらゆるメニューがひしめきあっている人気の居酒屋さんです。
何を食べたか知りたいなら、過去記事参照(1回目 )(2回目

JR松任駅南口から徒歩約3分の場所にあるので、ここに行く時はいつも出勤は電車です。
しばらくぶりに北陸本線に乗ったので、出口のボタン押す時に心がそわそわしてしまう。

この日(金)は一週間前に電話したら、既に団体予約が入っていたのでカウンター横並び状態。
週末は特に込み合うので早めの予約をお勧めいたします。

・お刺身盛り合わせ(〆サバ、サワラ、ブリ、クエ、車鯛、鱈の昆布〆め、サーモン)

こちらは2人分、新鮮なお造りたちの中でも、サワラがあっさりしているイメージしかないのに脂がのっててしっとり感。
付き出しはヤーコンのとろろがけ、シャキシャキして梨の様なのに違うような・・・
疑問がわいていたら友達がすかさずヤーコン?と。畑で色々育てているのでさすがです。
ヤーコン:アンデス高地原産のキク科植物で根菜に分類
b0089578_14590898.jpg
・車鯛のレバ刺し

漁師もしているとあって目利きが光る鮮魚の内臓!
ごま油の風味が香るレバ刺しは、濃厚なのに肉よりあっさりして臭みゼロ。
b0089578_14591714.jpg
・豚シロの唐揚げ

本日のおすすめの中からホルモンヌが目ざとく狙う豚シロ唐揚げ。
もちプリな食感のシロに油淋鶏の様な甘辛いソースがかかっていて、これはヒット!
お代わりしたかったくらい気に入りました。
b0089578_14592572.jpg
・ハタハタの唐揚げ

ハタハタは家で作るのは煮つけばかりなので、人に唐揚げを作ってもらうと超嬉しい(笑)
b0089578_14593656.jpg
・車鯛の子と胃袋

レバ刺しに続いて魚の内臓パート2。
淡泊でコリコリとした食感がポン酢な味付けによく合います。
b0089578_14594556.jpg
・熊刺し
こちらは貴重な在庫なので常連限定メニューだそうです。
今回の仲間に近場の常連さんがいたお蔭です、ありがたや~。
ほって置くと溶けてしまうのでサッサと食べましょう、脂が甘くて味わいがあってんまし!
b0089578_15000921.jpg
・猪のシューマイ

ん?こちら毎回注文しているような、お気に入りです。
肉の味が濃くて旨みがぎゅぎゅっとクセになる味。
b0089578_15002260.jpg
・焼き牡蠣

焼き牡蠣に中華っぽい味付けのジュレと大根おろしをのせて
b0089578_15004299.jpg
・バイ貝バターソテー

お刺身でいつも出してもらっているので、今回はバターソテーにて。
歯ごたえありバターの香りがこっくりしてお酒が進む。
b0089578_15005262.jpg
・鹿の生姜焼き

たっぷり炒められた玉ねぎと鹿肉、元々あまりクセを感じない鹿肉の生姜焼きは身近に感じられる味。
生姜味でさっぱりとして脂身もほとんどなくヘルシー、これはジビエ苦手な人も大丈夫。
b0089578_15010126.jpg
・猪スペアリブ

猪スペアリブがすごいお値打ち価格だと思ったら細かったんですね(笑)
肉はそれほど付いてないけど、味付けはかなり濃厚にしみ込んでいました。
b0089578_15010935.jpg
・狸の塩焼き

「狸ありますけど食べます?」って、えぇっ!!たん、たん、たぬきの塩焼きです。
さすがの私も狸は初めて、クセありますよ!と言われたけど確かに。
ラムとマトンの中間に似たクセがありました、でも嫌じゃないむしろ好き。←マトン大得意

夏に狸の煮込みを作った時の方がより臭かったとか、いやー試してみたいわ。
熊、鹿、猪、狸と、もう日本昔ばなしじゃ、なんでも喰らう山んばじゃ。
b0089578_15012562.jpg
・麻婆豆腐

元々中華にいた方なので中華メニューがどれも美味しくておススメ!
豆腐がふわっと柔らかく奥深い味で美味しい、ご飯が欲しくなるけど〆のメニューを頼むので我慢です。
b0089578_15021889.jpg
・チャーハン

背後に団体客が沢山いるにも関わらず、パーン!と素早く作ってくれました。
早くとも味はぶれない。
b0089578_15023510.jpg
・焼きそば(ソース)

こちらもあっという間でびっくり、細麺のソース味、醤油味もあったはず。
b0089578_15024531.jpg
・ラーメン
怒涛の〆3連チャン、あっさりした醤油ラーメンに極細麺がしみる。
味噌ラーメンもありましたよ。

テーブルの団体客、カウンター席の私たち他、1人でお料理を作っているので厨房はてんてこ舞。
中で素早く動き回る姿が手際よく次々とこなしていきます。

最後の方は肉の臭みについて盛り上がっていて、今まで食べた中で山羊が断トツの臭さだとか。
沖縄料理は食べたことあっても沖縄未経験、山羊肉未体験なので、好奇心をそそられつつも怖いような。

ついついジビエ好きが高じて一部偏ったメニューばかり食べておりましたが、
一般的メニューも幅広くありますのでご安心ください。
どれを食べても美味しいのでたまにはそちらも方向をかたむけて食べてみます。



[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-01-16 23:44 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(弥生):焼肉 ひろすけ

b0089578_14022870.jpg
1月の連休の間に、旅行で購入してきた調味料を使って料理しようと思っていたが、
何気に焼肉が食べたいと言われ、料理する気満々だったのに
私の心に「焼肉」という文字が言霊のごとくこだまする・・・「や・き・に・く」。

元来肉好きの私にそんな言葉のバトン渡されちゃ、行く気満々の方向転換。
で、近くのホルモン屋に強制連行しようと思ったらお休みだった。

それならばと、通勤路にあり気になっていた焼肉屋さんに潜入してみることにする、焼肉ひろすけ
有松交差点から金沢市立泉野図書館に向かう道の左側にあり、 茶菓工房 たろうのお隣のビル。

2013年10月にオープンしたとあって、内装が綺麗でテーブルと掘り炬燵のお座敷があり全36席。
ドリンクを注文してからしばらくすると紀州備長炭入りの七輪を持ってきてくれます。

メニューはお勧めの10秒ロース始めとする和牛から、豚、鶏、ホルモン、海鮮・野菜と幅広く、
〆の麺類やお酒の種類も豊富で、家族連れやカップル・友人の集まり等でお店は賑わっていました。
b0089578_14023650.jpg
・特製サラダ
サラダ菜とキュウリなど野菜を特製胡麻ダレで和えたサラダ。
ごま油の香りに誘われてパクパク食べれます。
b0089578_14024641.jpg
・牛タン塩
最初なので「おすすめ」マークがあるメニュー中心に選びました。
程よい分厚さと脂のノリで宴会が始まります!うまし。
b0089578_14025545.jpg
・せせり、10秒ロース
和牛サーロインを使った10秒ロース、ちゃんと10秒数えて食べたら口の中でトロけました。
弾力があって味わいがあるせせり、鶏メニューでこれがあれば大抵頼みます。
そして、お肉の上にちょこんとのった野菜等が添えられていて、何気ない華やかさとお得感が有難い♪
b0089578_14030363.jpg
・豚バラ(タレ)
ホルモンヌですが豚バラも大好物。
豚の脂身が甘くて美味しくて、ラストにお代わりしちゃいました。
b0089578_14031241.jpg
七輪の上で1つづつマイ肉を確保、よく食べると家庭内でも評判の私です(今更)
豚の油で炭火が一部烈火のごとくファイヤー!したのを見て、鎮める氷を持ってきてくれました。
b0089578_14031901.jpg
・野菜サラダ
サラダを食べたがる人がいるのでもう1品。
キャベツ、ブロッコリー、トマト、コーン、上に生ハムとボリュームあります。
b0089578_14032692.jpg
・シロ(タレ)
ようやくホルモンヌが求めていたシロ。
味噌ダレがなかなか絶妙でシロの旨みとよく絡みます。
b0089578_14033430.jpg
・和牛もも
赤身で脂肪が少なくて柔らかい和牛もも、さっと炙るようにして食べました。
b0089578_14034411.jpg
・和牛ユッケ
保健所から認可を受けた店のみで提供可能なユッケ。
滑らかな食感で黄身とお肉の旨みでご飯も欲しくなってしまった。
b0089578_14035271.jpg
・塩キャベツ
肉休憩のお野菜タイムで箸休め3回目は塩キャベツ、お手軽価格なので頼みやすい。
b0089578_14040074.jpg
・ビビンバ
〆が色々あるので本当に迷いました、本当は白ラーメンも食べたかった。
卵、ナムルとキムチなど野菜が美味しく食べれるビビンバ。
b0089578_14040840.jpg
・ユッケジャンうどん
名物のユッケジャンうどん、独特の弾力がある透明感のあるうどんに牛骨で出汁をとった肉エキスのスープ。
お肉と卵、ネギ、椎茸など入った具とコクのあるピリ辛味がうまーい。
身体がポカポカ温まります。
b0089578_14041696.jpg
・北海道クリームチーズのアイス
こちらもカリッとしたワッフルが添えてあるちょっとした演出が嬉しい。

価格は比較的リーズナブルで和牛系とホルモンなど価格差のあるメニューや色んな意味でバランスが取れている印象です。
ハキハキ、シャキシャキした空気感が気持ちよかった、ご近所の常連さんも多そうです。
他のホルモンや豚ナンコツなど違ったメニューも食べてみたいので、それは別メンバーで。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-01-15 23:20 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

石川(野々市市):ラーメン一鶴(いっかく) 「ちーず味噌ラーメン」

b0089578_14192823.jpg
ここ数年、初詣は旅行から帰った後の4日に行っていますが、
今年は雪で足元が滑りやすくなることもなく、雪が降らないことが不思議で楽だったけれど遂に寒波到来。

こちらも12月後半になっても始まる気配が見えず、今か今かと待ち望んでいたラーメンあり。
雪が降ってようやく出た!との情報を得て、冬限定のラーメンを求めて、ラーメン一鶴(いっかく)

・ちーず味噌ラーメン(全部のせ)

味噌ラーメンの上にとろけて具に絡むチーズとスープに馴染むチーズの二種類を合わせたちーず味噌。
全部のせはチャーシュー3枚、海苔4枚、煮玉子1個のせ。

コーンともやしとひき肉の具の上からかけられたチーズが、まるでスキー場のパウダースノー!こなぁ~雪~♪
見た目がガンコですが、味噌スープは意外にも優しく、平打ち麺にチーズを絡ませながら食べたり
チャーシューの塩分と一緒にいただくと丁度良い感じ、うま味とチーズのコクが増した冬の名物。

ちょうどランチタイムでセットのご飯に目がくらみそうになりながらも、したつもりダイエットで我慢。
外に出ると雪の勢いが一気に増してきて、頭上がチーズトッピングになりかけました。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-01-14 23:15 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(久安):かつや(久安店) 「カツカレー(竹)」

b0089578_14182383.jpg
スキー場の食堂で主に見受けられるメニュー、うどん・ラーメン・カレーの三大巨頭。
それぞれが固定ファンを持つ存在感にて、各専門店があるのは周知のとおり。

だが、うどん屋のラーメン、ラーメン屋のカレー、カレー屋のうどんなど
専門店ならではの隠れた伏兵メニューが実は結構美味しくて、自分だけの秘密のブームになっていることがある。

とあるカレーコミュニティで連鎖反応からの急激なるブームが見受けられたのは、「かつやのカツカレー」
かつやは日本全国及び海外でもフランチャイズを持つとんかつ・カツ丼の専門店。

吉野屋や松屋、すき家など牛丼チェーン店にはお1人様上等、お持ち帰りは普通な私だが、かつやは未体験。
金沢カレーじゃ起こらない専門店外のカツカレーのサブリミナル効果にてジムアフターカツカレーはかつや(久安店)

お1人様上等と書いたものの、大手牛丼チェーンでの経験値は浅いので、
かつやヴァージンに少しドキドキ・・いや、ドキくらいのレベルかな、いやドくらいかも←殆ど平気じゃないか

お店に入ると内装は大手牛丼チェーンに酷似、券売機はない、パッと見久安店は学生が多い(工大近く)。
中でも女子高生らしき制服を着た女の子2人が食べている姿に、同性の馴染からか少し和む。

・カツカレー(竹)

梅、竹、松があるが竹は120gロースカツ、サクサクの衣で厚さも結構ある。
カレーは最初の1口はピンとこなかったけど、食べている内にじわじわと浸透してくるスパイス。

具がなく甘さの少ないややもったり感のあるカレーは、トンカツに合うカレーなのかも。
野菜摂取も大切な為、サラダ(100円)食べてます。

チェーン店にしては中々良いと思ったけど、お米の量がジムアフターには多かったかな。
ルー多め推奨派なので、トンカツにかけてたらライス分にかける分量を誤った。

次があるなら梅サイズでと思ったが、その前にカツ丼。
カレールー単品がメニューにあればもっと野望が広がるのだが・・・。



[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-01-13 23:09 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(寺町):中国料理 麟(りん) 「麻婆豆腐定食」

b0089578_16293661.jpg
起きれない・寒くて辛い・冬の朝。
目覚まし音で一発で起きることができる私でさえ、スヌーズボタンを押してしまう今日この頃。

11月頃までは毎朝お風呂は入っていたが、最近は帰宅帰りにジムでササッとお風呂に入ってます。
そこにすぐある温かい湯船が私を呼ぶ!当然、夕飯はいつもより簡単になり鍋多し。

お休みの日のランチは、食べて身体がホット!を求めて寺町の中国料理 麟(りん)
お店の前の駐車場には1台しか車が停まっていないのに、中に入るとお座敷では新年会、
カウンターやテーブル席もお客さんがいてさすがの人気店。

・麻婆豆腐定食

久しぶりに一番人気の麻婆豆腐定食、麻婆にはバリエーションがあって夜メニューにはカレー麻婆茄子、
牛スジ麻婆、黒豆入四川麻婆豆腐、季節限定の白子麻婆などまさに麻婆七色変化。
黒く奥深い味とたっぷりの山椒でピリリとした相変わらず美味しい麻婆豆腐。
副菜はお豆腐とザーサイ、オレンジジュースとお味噌汁。
b0089578_16294366.jpg
・干焼海鮮卵定食

夫は干焼海鮮卵定食、二種類の海鮮に卵のチリソース。
海鮮は烏賊とホタテでした。
b0089578_16294901.jpg
・焼き餃子
追加した焼き餃子

2名以上のグループ全員が同じ定食を注文した場合は、1人につき50円割引と「グループ割引」があります。
定食のライスは大盛り無料。

奥のお座敷で宴会していた人たちに顔見知りが何人もいて、急遽新年のご挨拶。
華林楼時代から続く1人飲みは減ってしまったが、また夜の部に顔出したいです。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-01-12 23:01 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)