金沢(博労町):レスピラシオン(respiracion)金澤スパニッシュ

b0089578_14210875.jpg
お盆近くになると帰郷する人たちが集まりやすいからか同窓会のお知らせをよく耳にするけど、
私の元へは全く開催の話が聞こえてこない、うちの学年が関知しないのか密かに行われているのか知らないけど。

それでも大人になってからの繋がりは、長年会ってない人もいるけれど細く長く続いています。
7月末に2月の入院からの快気祝いということで、元職場の女子で集まって行ってきました、レスピラシオン(respiracion)

スペイン語で「呼吸」という意味の7月4日にオープンしたスペイン料理屋さん。
町屋をリノベーションしたというお店の外観はとても金沢らしい佇まいを残した雰囲気。

一歩中に入るとオープンキッチンでシェフ達が料理を作る姿が見られるライブ感たっぷりのカウンター
奥のテーブル席までスタイリッシュな空間が漂う、クールなんだけど人の活気をすごく感じる。
b0089578_14211320.jpg
お料理は何種類かのコースとアラカルトがあり、今回はアラカルトを選択。

・自家製ジンジャーエール
ドリンクはスペインのビールからカクテル、ワインを始め、日本酒・梅酒・加賀棒茶・紅茶などは地元で拘るラインナップ。
まずはごろごろフルーツが入った自家製サングリア(赤)。
すっかりお酒が弱くなってしまったので、次はノンアルの自家製ジンジャーエール。
飲みやすくキリッとしたタイプで爽やか。
b0089578_14211881.jpg
・盛り合わせ(ハモンセラーノ・フエ・チョリソー)
白カビサラミ、イベリコサラミ、ハモンセラーノの盛り合わせ。
ハモンセラーノはグレードが上のものだそうで、そう言われただけで肉質がまろやかで柔らかな印象が増したような。
カウンターで横並びの状態の私たちに対して、目の前のシェフが色々と詳しい説明をしてくれました。
カウンター間のやりとりが気軽に出来る雰囲気がいい、全部覚えきれてなくてすみません。
b0089578_14212336.jpg
・本日の前菜
薄切りビーツの間にボケロネスというイワシの酢漬け、スライスされた林檎にラズベリーソース。
ビネガーの酸味に林檎の甘味のアクセントのバランスが美味しい。
b0089578_14212752.jpg
・混ぜるサラダ
中身の野菜はオクラ、インゲン、カボチャ、横にトウモロコシのエスプーマと生ハムの出汁からとった泡がふわふわ。
温玉が添えてありそれらを全て混ぜて食べる混ぜるサラダは、
野菜がまろやかなトウモロコシに包まれてそれに玉子や泡のコクが加わって、タイトルからの意外性を持った奥深い味。
b0089578_14213120.jpg
・アヒージョ(ピルピル)
アヒージョには海老、季節の食材、ピルピルがあり、ピルピルを選びました。
干し鱈のゼラチン質が出てきてオイルが乳化して独特のとろんとした状態になったソースがうま!
b0089578_14213550.jpg
もちろん自家製パンを付けていただく。
b0089578_14214323.jpg
・パエジャ(魚介のパエリア・カタルーニャ風)
カタルーニャ地方のパエリアは汁気を飛ばしすぎないものが一般的らしく、リゾットの様な感じ。
とは言ってもお米は柔らかすぎずちゃんと形を保っていて、
海老や貝、白身魚などの魚介の出汁をたっぷりしみ込んで旨みが凝縮されてる。
b0089578_14214737.jpg
・本日のお肉料理
北海道のフィレ肉にヤマト醤油とテンプラニーリョのソース、ズッキーニとオクラ。
テンプラニーリョはイベリア半島で栽培されている赤ワイン用黒ぶどう品種。
初めて聞いた時「天ぷら人形」と空耳アワーしてしまったことは未だ忘れない。

本場スペイン・バルセロナのミシュラン星付き店で修行したシェフ始め、
シェフ3人のチームワークで作り上げるスペイン料理はモダンで繊細な顔を見せながら
地方色なパエリアやシンプルなピルピルもあったり、どれもフォトジェニック。

広々とした空間で次回はコースをいただきたいです。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-10 23:20 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(横川):豚蔵(とんぞ)「ラーメン」

b0089578_13430590.jpg
ただいまジムにてヨガにはまり中!ってほど頻繁には出てないけど、とりあえずスタジオ出てます。
何事も形から入るのでセール中の今はヨガウェア探しや、本屋でヨガ特集の雑誌を買ってみたり。

週始めにホットヨガ→サウナ→風呂コースの後の体重が、順調よく減っていたので気を良くしたのか、
これはラーメン食べちゃってもいいよね?のお告げと受け取り久しぶりのジムアフターラーメン。

が!魔の月曜日は定休日が多くて、ジムから一番近いお店に二軒振られ、
山側環状を走って他へ向かうも営業時間が過ぎているお店が幾つかあり、たどり着いた豚蔵(とんぞ)

・ラーメン(並)太麺+半熟味玉子
久しぶりの豚蔵さん、クセのない豚骨醤油は味わい深くてこの手のラーメン好きには定番の美味しさ。
スープを飲み続けるとしょっぱさを感じるので、ごはんが欲しくなってくる。

他の若い男性たちはライスに替え玉と追加ヴァージョン、私の過去を見ているよう。
細麺が消化にいいとわかってるんだけど、中太麺が好きなのでもちもち感を味わいながら運動の後にしみ込んだ1杯。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-08 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

石川(野々市):スパイスカレーカフェkotta (コッタ)スリランカプレート・ポークビンダル

b0089578_13355063.jpg
週末の家業手伝いアフター、汗が張り付くのでピッタリジーンズが履けなくなっているほどの暑さ。

冷たい麺で火照った身体を静めるかそれともスパイスで燃焼するか、
今回は後者を選びました、スパイスカレーカフェkotta (コッタ)

今年から始まった混ぜて食べること前提としたスリランカプレート。
通常はチキンカレー(2〜5辛)or 野菜カレーと豆カレーの2種類の組み合わせのところ、
期間限定の「ポークビンダル」がプラス200円でスリランカセットに変更できるそうなので、そちらでお願いしました。

・スリランカプレート(ポークビンダル・豆カレー)+スパイス半熟味玉

ポークビンダルはインド・ゴア州の名物料理。
粗挽きスパイスのペーストで豚肉をマリネしビネガーを使用したカレーは甘酸っぱいスッと抜けるような辛さ。
辛さは3〜5で結構最初から辛めなので、私は3にしました。

豚肉ごろごろのポークビンダルに優しい味のレンズ豆のカレー、
大根などのピクルス、ゴーヤの佃煮、ココナッツのふりかけ(ポルサンボル)、かぼちゃのサブジなどで構成。
単品で食べても美味しいカレーなので味わった後に混ぜ混ぜして食べる。
それぞれが複雑に織りなすスパイスを混ぜて存分に楽しむ。

途中でとろとろのスパイス半熟味玉を味わったり、
瓶に入ったカッタサンボル(玉ねぎの鰹節和え)を加えたりと最後まで飽きさせない。

付いてくるサラダのドレッシングはオリジナルの玉ねぎドレッシング。
去年もポークビンダルを食べたけど、これは爽やかでクセになる味だな〜。

翌朝、体重計にのったら僅かに減っていたのはパンチの効いたスパイスのお陰だと信じたい。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-07 23:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):スパイスボックス (SPICEBOX)南インド・スリランカ料理

b0089578_13535285.jpg
海水浴後の心地よい疲労感を保ちながら突入した夜ごはんタイム。
この全身の脱力感を打破する為にはスパイスで活を入れるしかあるまい、とスパイスボックス (SPICEBOX)

毎年、北國花火を見た後はスパボに行くのがかなりの確率で多いのですが、
去年は私がフジロックで不在、今年は花火を見ながらおつまみを食べ過ぎたせいでお腹が膨れていけず。

行きたい熱が溜まっていたようで、花火の翌日の海水浴後にどーしても!とほぼ私が決めたも同然。

久しぶり~と店内に入ると・・・ん?厨房に人がひしめき合ってるではないか。
なんとシェフが5人に増えている!!そんなに広くない厨房だからちょっと窮屈そうね。

前はシェフ1人に時々フェルナンドさんが手伝っていた体勢だったから、どうしたこの増殖ぶりは。
5人はインド人とスリランカ人、半々で構成されているようで(そういえば帽子の種類が違う)

柿木畠でお昼だけ営業している姉妹店、「スリランカキッチン」。
いつか夜営業もしたいと言ってたからそれを見越しての修業かな?まだまだ準備が必要そうだけど。

さて、スリランカのビール「ライオンスタウト」と運転手さんはウーロン茶で始まるスリランカな夜。
今回は同行者の希望によりお肉(マトンなど)控えめな注文になりました。

・玉葱のパコラ
メニューにはない玉ねぎのパコラ、チャナ豆の衣で揚げたパコラはさっくさく。
オーロラソースに似たタレとウスターソースに似たタレ2種につけて食べます(ベジタブルパコラも)
b0089578_13534908.jpg
・カップサラダ
カップの中には人参、トマト、キュウリの千切りが入ってるが問題はこのドレッシング。
マヨネーズの様で市販ではなさげなお味・・マスタードが入って謎なとろみ、なんだろうなぁこれ。
この日は奥のお座敷に外国の方が団体で入っていたので忙しそう~聞くチャンスを逃した。
b0089578_13535778.jpg
・ベジタブルパコラ
チキンパコラが定番な人がいると思うけど、私の定番はベジタブルパコラ。
細かく刻まれた野菜とホクホクさくさく感がおつまみ的感覚。
b0089578_13540538.jpg
・デビルシーフード
この店でデビル・・とつくものは、トマトベースの甘辛いスパイス炒め。
海老、イカなどシーフード類とインゲン、じゃがいもなど野菜類がごろごろ、上にはパクチー。
b0089578_13540910.jpg
フィッシュマサラ、チキンマッシュルーム
いつもならマトン!と声高々に注文するけど、今日は頼んだことないカレー。
カレーは単品なので、ライスとナンをそれぞれ付けました。
b0089578_13541633.jpg
フィッシュはサワラかな?チキンの方はマッシュルームたっぷり。
それぞれ具材が違うから滲み出る出汁の味がして美味しいです。
辛いのが好きな人は頼めば辛くしてくれますよ。

スリランカ焼きそばも食べたかったけど、2人ではこれでお腹いっぱい。
タパスの種類がたくさんあるのでお酒飲む人にはぴったりで、また人数引き連れてマトン料理を始め色々注文したいです。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-06 23:32 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

富山(氷見市):自家焙煎珈琲&CAFE「Loiter」(ロイター) oishii

b0089578_16214862.jpg
島尾海浜公園にて海水浴後、シャワーもして着替えも済ませたしどこかでお茶でもな気分。
検索の結果、氷見線島尾駅から国道415線にぶち当たるすぐ傍にカフェを発見。

まるで島尾海岸に寄った後はここで一休みはどう?とでも言わんばかりの目と鼻の先、自家焙煎珈琲&CAFE「Loiter」
看板には平仮名で「じかばいせんこーひー&かふぇ」・・何か・・か、かわいいじゃないか!

自家焙煎という固い四文字熟語を誰にでも分かりやすく手を広げてお迎えしているようだ。

その外観と内装は黒を基調にしたシックな雰囲気で、
目力が強いマスターがお出迎えしてくれただけに違和感的な軽い萌えを発す。
b0089578_16215475.jpg
コーヒーの種類はブレンド、ガテマラ、モカ、マンデリン、キャラメ、キリマンジャロ、ウガンダ、
自家焙煎コーヒーの豆も販売していて、ネットではメニューにない種類も揃っていたので店頭販売でもあるのかな。

はっとむぎこーひーは氷見産ハトムギ珈琲豆をブレンドしているそうで、
お腹が弱めな自分は少し心惹かれたが結局普通のコーヒーを飲むことに。

・ガテマラ
私が飲んでいたのはこちら。
ほどよいコクを持ち酸味も穏やかで飲みやすい味でした。
b0089578_16215931.jpg
・ろいたーぶれんど
軽い酸味が先に来た後に苦味を感じるバランスのとれたオリジナルブレンド。
ちなみにコーヒーのお代わりは50円引きです。
b0089578_16220365.jpg
・ベリーベリーケーキ
黄桃とベリーが上にのったケーキはショコラスポンジ、ベリー、ホワイトムースの三層状。
甘さ控えめで夏らしいかも、他にはモンブランやスフレチーズケーキなどがありました。
珈琲とケーキのセットで100円引きになります。

入口近くにメダカが入った水槽を時折じっと見つめていた店主さん。
帰り際にメダカの事について尋ねるとホロッと笑顔をみせて話してくれた。

渋い色合いの店内に個性的そうな店主さんが焙煎する本格的なコーヒー豆と
ひらがなが多用された可愛いメニュー表。
やっぱりどこか・・か、かわいいじゃないか!!と萌えたのは私だけかしら。

氷見に向かって海沿い近くを走りながら休憩するのに丁度よいポイントにあるお店でした。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-05 23:57 | 富山 | Trackback | Comments(0)

富山(高岡):ラーメンさむらい 「特製とんこつラーメン」

b0089578_16205714.jpg
毎年1回は必ず海水浴に行ってますが、今年は5月に水着を新調したので何が何でも行きたい気持ちが先走り。
7月末の週末は薄曇りの雨降りそう~な怪しい天気ながら、行きたい気持ちを抑えられず海水浴を強行してきました。

年を重ねてもいいつまでも気持ちは木の実ナナ!
去年より4キロほど痩せたので多少見苦しさは減ったかと思う(ショーパン必須)

いつも加賀・福井方面の海水浴場なので、今年は富山へとハンドルを向かわせた、目指すは島尾海水浴場。
氷見駅と雨晴駅のちょうど中間辺りに位置する海水浴場。

泳いだ後に浜茶屋でラーメンをすするのもひなびた風情があって良いけれど、
それだと時間が遅くて夜の小腹の減りが悪そうなので、道すがら見つけたお店に入りました、ラーメンさむらい

私たちが通ったルートは能越自動車道・高岡北I.C.から32号線を富山方向へ。
氷見街道とぶつかる西海老坂交差点の左側にお店があります。

和歌山系とんこつラーメンが基本形なようですが、メニューにはブラック、魚介系正油、塩、味噌、激辛味噌と
バラエティーに富んでる~サイドメニューもチャーシューマヨご、チャーハン、餃子とガッツリ系に対応。

・特製とんこつラーメン
基本のとんこつラーメンに味玉・オニオンチップがのった特製とんこつラーメン。
とんこつスープは思ったより濃すぎずマイルド、麺は細めのちぢれ系。
煮玉子がとろんとして美味、オニオンチップがあっさり系のスープにコクをもたせる感じ。

無事に食べ終わってすぐに島尾海水浴場に直行し、浜茶屋で場所取りしてから海に向かったまでは予定通り。
しかーし、この日の海は木くずや流木、ごみなどが海岸に沢山流れ着いていてびっくり!

その週の前半は雨続きで豪雨だったのが影響かも・・・ゴーグルなしじゃいられなかった。
ま、そんな中でも、適度にお腹が膨れた状態での海水浴はいい運動になってよいですな。

今度はマット型の浮き輪を買って8月にリベンジするつもりです。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-04 23:21 | 富山 | Trackback | Comments(0)

石川(野々市):ベトナム屋台めし ムサク

b0089578_14383365.jpg
夏になると食べたくなるベトナム料理、7月半ばにとあるSNSサイトにフォーをアップしたところ、
知人が行ってみたい!と出動要請を投げかけてきたので「いつでも連れていくよ!」とエスニック水先案内人のごとく。

そのやりとりに反応した人をお誘いして、雨降る夜にアルコールを我慢した私が運転手として
皆を乗せてやってきました月2回目!ベトナム屋台めし ムサク

その時は裏口から入ったので、翌日の夕方にわざわざお店正面の写真を撮りに行ってきました。
いつも真っ暗闇の中で入ってるから気づかなかった鮮やかな色のムサクの看板。
b0089578_14410208.jpg
いつも2人でしか来たことなかったのでカウンター純情派だった私。
今回は4人なのでテーブル小上がり席へ。

お通しの様に出される軽くてサックリとしたえびせん。
皆さん、それぞれにベトナムビールやベトナムのカクテルなどを頼む中、
運転手な私はお代わり三杯程度までオッケーな冷やしジャスミンティー(各種ベトナムのお茶あり)。
b0089578_14410894.jpg
・チャゾートム
もう何度も同じ文章を繰り返して載せているんですが今回も(笑)私の最初に食べてほしいお勧めなんです。
海老を豚肉と海老のすり身で包み、パリパリ網状のお米の生地で巻いた海老の揚げ春巻き。
スイートチリソースのタレを付けていただきます。

そういえばベトナムの大定番ゴイクォン(生春巻き)はここで頼んだことあったかなぁ。
生春巻きは家でも作っているのでついついチャゾートムに流れてしまうけど、ベトナム料理初心者にはお勧めですよ。
b0089578_14411594.jpg
・ザウムオンサオトイ
いわゆるひとつの「空芯菜のにんにく炒め」、東南アジアや中華など空芯菜炒めはお馴染み。
この空芯菜太っと!でも固くはない、食べやすくて誰にでも愛される味つけ。
b0089578_14412228.jpg
・バインセオ
ベトナム南部の名物屋台料理、バインセオ。
米粉とターメリックの黄色で出来た周りがパリパリになった状態の中身は、もやし・海老・豚肉など。
サニーレタス、パクチー、大葉などの野菜に一緒に包んでヌクチャム(甘酢タレ)につけて食べます。
今回はサニーレタス、パクチー、大葉の他に謎のハーブが・・うーん、これ何だっけ?オリエンタルバジルかな。
聞けばよかった!そうそう、ノコギリコリアンダーの事はこの店で聞いて知ったんですよ。
b0089578_14413156.jpg
・ゴイドゥドゥ
青いパパイヤのサラダ!タイのソムタムみたいね、マレーシアやミャンマーにも同様なものがあるそうです。
酸味と甘みとしょっぱさがベース、ソムタムと違って辛くはない。
パパイヤのしなっとシャキシャキ感の間に甘辛い牛肉が隠れてます。
b0089578_14413832.jpg
・ティットヘオコー
豚に角煮と煮玉子、玉子は一度揚げてから煮てあるようです。
ヌクマム入りのカラメルソースで煮た角煮は日本の味ともまた違っているけどご飯に合いそう。

b0089578_14414594.jpg
・コムザンタップカム
麺は最後に食べるけど、米類メニューのこれも食べて欲しかったので追加。
ニンニク、レモングラス、海老、豚肉、もやしなどが入った五目チャーハン。
上にパクチーはかかっていますが、それを抜かせばほんと普通に五目炒飯の様に食べやすい。
パラッとしたジャスミンライスともやしのシャキシャキ感がいい食感。
b0089578_14415215.jpg
・ガーチェンサー
若鶏のレモングラス揚げ、レモングラスの爽やかな風味が特徴で野菜と一緒にサラダ感覚で。
そういえば、自宅で育てているレモングラスが雑草にしか見えないほど伸びきっているので、ベトナムかタイ料理を作らなければ。
b0089578_14415768.jpg
・ブンサオ
ビーフンの様なベトナム米麺(ブン)を炒めたもの。
海老と豚肉ともやし、卵、豚かす入りの香ばしい焼きビーフン、上にはパクチー。
b0089578_14420291.jpg
・ブンボーフェ
ポピュラーなのがうどんの様な平たい麺のフォー、この店にはフォーボ(牛肉)とフォーガ(鶏肉)がありますが、
今回は太いビーフン(ブン)を使った中部の街フエ名物、ブンボーフェ。
スープの出汁は牛肉、豚足、レモングラスなようで牛のよいお出汁を感じつつもピリッと辛い!
麺はつるつると真ん丸なのよね~別皿のすだちやパクチーなどを入れるとまたさっぱりとして美味しい。
b0089578_14420819.jpg
もう1つの〆はフォーかなぁ?と考えてると壁の黒板に見たことないメニューを発見。
えぇ~牛肉のトマトシチューのフォーにかにだし汁麺って知らないぞ、こんなメニュー。
しかし、いつもカウンターに座ってメニューしか見ておらず、
黒板に背中を向けていたので気づかなかっただけで前からあったのよね、きっと・・・。
b0089578_14421483.jpg
バインダークア
ベトナム北部の港町ハイフォンの料理でハノイでも食べられているそうです。
バインダーは米麺できしめんの様に幅広くコシがあり、
蟹のお出汁がしっかり出ているのでフォーよりもコクがある感じです。

2人だと頼むものがマンネリになりがちなので、いつもと違うメニューが食べられて新鮮♪
カエルのココナッツ漬け唐揚げも密かに食べたかったのだけど、食べれる日はくるのかしら?夫とだと永遠になさそうな。

平日だったからかベトナム人スタッフは少なめでしたが空いていてよかった。
2001年にオープンされているのでもうベテランの域ですね、ベトナム料理発作は時々起こるのでまた食べに行きます~~!

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-03 23:41 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(本町):能加万菜 郷(お万菜割烹)

b0089578_12460035.jpg
週末の金沢駅は連休は過ぎたとは言え賑わいは保っていて、私と言えばファイナルバーゲンにしぶとく向かう。
夜ご飯は待ち合わせして駅近くのお万菜割烹へと食べにいきました、能加万菜 郷

その時期の旬の食材で作ったおばんざいがカウンターに10種類以上ずらり。
地元食材の旬を活かした調理法でおばんざいや酒肴、鮮魚料理などを提供するお万菜割烹屋さん。
場所はホテル日航金沢の裏の通りから白髭神社を抜け、焼肉かなめさん横の道を入って金沢ビル・ラン1Fにあります。
b0089578_12514620.jpg
器のほとんどが九谷焼や輪島塗りなど伝統工芸を培った地元作家さんの作品。
利き酒師の資格を持ったすたっふが選んだ県内8つの酒蔵から料理に合う12種類を用意するという日本酒への拘りがあり、
他にもビールと焼酎、ワイン、ウイスキー、サワーなどドリンク類に幅があります。
b0089578_13023240.jpg
・おまかせ八寸
のりちゃんのポテトサラダ、インゲン豆の胡麻和え、お揚げと切干し大根煮、高野豆腐の揚げ煮
手毬り寿し、野菜の天ぷら、加賀太きゅうり
その日のお勧めのおばんざいやお寿司などが盛られたおまかせ八寸。
気軽に少しづつ沢山楽しみたい人にはぴったりの酒肴セット。
b0089578_13053082.jpg
・お造り盛り合わせ
なめら、甘海老、ガンド鰤、さわら、バイ貝、金目鯛
b0089578_13152309.jpg
・生ゆばの自家製ぽん酢がけ
自家製のぽん酢は酸味がやわらかな酢橘の香り。
とろんとした生ゆばをさっぱりいただきます。
b0089578_13192083.jpg
・蛸やわらか煮
ほちゃほちゃでかなり柔らかく煮込まれた蛸。
b0089578_13200004.jpg
・白身魚とモッツァレラのフライ 手作りタルタル
ほくほくの白身魚の間からとろ~りとしたモッツアレッラチーズ。
女性に一番人気というのも分かるかも。
b0089578_13205955.jpg
・毛がに 味噌

b0089578_13212907.jpg
・とうもろこし 天ぷら
本来のトウモロコシの甘さが楽しめる天ぷら、火を通すだけで甘く仕上がるんですねシンプルな美味しさ。
b0089578_13215924.jpg
・鯖のへしこ むすび
お食事メニューは、おまかせ寿司やお茶漬け、お蕎麦など幾つかある中からへしこむすび。
鯖のへしこ(鯖の糠漬け)が点々と入ったおむすびはやや大きめサイズ。
独特の風味と香ばしさとしょっぱさがふっくらご飯と相まって、海苔の風味と共に美味しい!
元々ほかほかご飯との相性抜群だもの、これはお勧め。
b0089578_13231117.jpg
・鴨南蛮そば
続・お食事メニュー、お米を食べたから〆は温かいスープが飲みたいこともあって鴨南蛮そば。

本日のおばんざいからお造り、揚げ物、焼き魚、お肉炭火焼に一品に地元食材をフル活用、
地元作家さんとの饗宴が織りなすおばんざい屋さんはちょっと新しい。

カウンター16席、テーブル28席、半個室12席の最大56名収容可能で、
少人数の観光客から飲み放題付きの宴会プランもあるので大人数の宴会利用まで幅広く利用できます。




[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-02 23:14 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)