東京(神田駅):神田珈琲園 神田北口店でモーニングセット

b0089578_10244050.jpg
酔いどれどもが夢の跡、神田駅で朝食を。
モーニングメニュー充実かつ利便性バツグンの喫茶店を予めチェックしていた、神田珈琲園 神田北口店

昭和32年創業、昭和の佇まいのある喫茶店の1階はカウンターと2人がけのテーブルが幾つか。
高いところが好きなので2階にあがると、階段近くは吹き抜けでガラス窓から入る光で明るい。

珈琲豆は自家焙煎だし、平日は7時~24時まで通し営業だし、ブレンドはお代わり自由だし良いことずくめ。
高架下なので電車のガタコト音が響くが、それも独特の風情があるというか。

b0089578_10244934.jpg
11:30までのモーニングセットは5種類。

A:ホットドッグセット(限定10食):ホットドッグ・ゆでたまご、ミニサラダ
B:トーストセット:バターorジャムorミックス
C:チキンサンドセット:サラダorゆでたまご
D:デラックスセット:ハム・タマゴ・野菜のホットサンド、サラダorゆでたまご
E:生デラックスセット:ハム・タマゴ・野菜のサンド、サラダorゆでたまご

ホットサンドセットの中身のボリュームに惹かれるも、サラダかゆで卵かで選択するのが..どちらも欲す。
ならばホットドッグセットしかあるまい、限定10食ですが。

b0089578_10245778.jpg
・ホットドッグセット(ドリンクはカフェオレ)
ワンプレートにロールパンに挟まったソーセージのホットドッグ、ミニサラダ、ゆでたまご。
ソーセージのソースはちょっとピリ辛で意外だったけどなかなか美味しい。
このワンプレートで食事の形が収まっている感が落ち着くというか、丁度良い量。

ブレンドはお代わり自由とあって、周りの方々でお代わりを注文してゆっくりしている人もみられました。
朝のはじまり香り高い1杯でほっとひと時と電車の往来の音の洪水、矛盾してるけど便利な都会のオアシス。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-07 23:25 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(神田駅):かぶき本店(いわし料理) oishii

b0089578_15384119.jpg
老舗が軒を連ねていて駅前はオフィスビルが立ち並ぶ神田駅、
夜になるとリーズナブルな居酒屋の灯りがキラキラとそこら中にきらめきだす。

レコードが店中に飾られた2階のロック喫茶で亀ゼリーを食べたとか、閉店後のスタバの玄関に張り付いたとか、
神田では普通に正しい会社員の飲み食べをしていない、という訳で・・・

今回はお気楽な居酒屋、いわし料理専門のかぶき 本店
店内の生け簀で泳ぐイワシを調理するので鮮度ピカイチ!本店の他に北口店、南口店と神田に3店舗店を構える。

やや遅めの時間帯に訪問したら、会社員の宴会で店は占拠されておりました。

b0089578_15384706.jpg
良い子の私はノンアルでウーロン茶、でも付き出しでるのね、ししゃもの焼いたの。

イワシの刺身を始め、揚げ物、煮物、焼き物、つみれなどイワシのメニューだけでも40種類以上!
イワシ以外にも1品料理があるのでメニュー選びに困らない。
b0089578_15385340.jpg
・いわし梅しそ叩き
素材を生かしたさっぱり梅しそ味、薬味がプラスされてうんめぇー

b0089578_15385983.jpg
・いわし竜田揚げ
さっくりと揚がったイワシは臭みもなくレモンを絞ってマヨネーズつけでいただきます。
イワシ料理を連発したかったけど、つみれ串が売り切れだったのにがっかり。

b0089578_15390588.jpg
・かんぱち刺身
今日のおススメお造りのマグロも鯨も売切れ~なのでかんぱちを頼む。
地元でもよく食べているのでお江戸感がないけど、これはこれなりに旨し。

b0089578_15391169.jpg
・やみつききゅうり
やみつきセロリが売り切れなのでやみつききゅうり。

b0089578_15391811.jpg
・牛すじ煮込み
お江戸だから牛すじ煮込みも頼んでおこう、肉が多めで柔らか豆腐の牛すじ煮込み。
味はまぁまぁ、こってり系はイワシ揚げ物メニューで統一すればよかったかな。

b0089578_15392499.jpg
・いわし寿司
新鮮なものでしか提供できないであろういわし寿司、そこは生け簀でイワシがいつも泳いでいる強み。
適度に脂がのったイワシのお寿司、これは旨かった。

b0089578_15393079.jpg
つみれ汁
つみれ串は売り切れだけどもつみれ汁はあるというので頼みました。
予め仕込んであるからなのね、きっと。
長細いつみれとワカメ、ネギが入ったお味噌汁。

生け簀があるからイワシの新鮮料理は出てくるが、つみれや他の1品料理は売り切れ御免が多かった。
サラリーマンが多数来るので早めにいかないとメニューが途切れてしまう。

さらにここの店の別の魅力はお昼のワンコインランチ(500円)
イワシだけじゃないランチメニューが全て500円という素敵な価格帯、職場の近くにほしいわ。


青魚のパワーの源・EPA摂取した後は、ホテルの前の台湾マッサージ屋さんで足つぼマッサージ。
台湾のおにいちゃんが足裏をほぐしてくれる力は、台北で味わった感覚と似ていた。

とにかく指に込められる圧力が力強くて動きがスムーズ、
海外で足つぼのとりこになっている私には本場さながらの揉み業に気持ちよくってうたた寝疑惑。

足の疲れもとれたところでお休みなさいです。



[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-06 23:40 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(神田駅):室町砂場(むろまちすなば)「天もり」 oishii

b0089578_17483255.jpg
遠出をする時は金沢駅の「むすび金沢店」で手づくりおにぎりを買うのが定番。
あらゆる種類のおにぎりの中から買うのはいつもの明太子マヨ、さておにぎりを頬張って東京出発。

宿泊先は神田、とりあえずホテルに荷物を預けて近場でランチを済ますことに。
大抵はうどん・ラーメンに走りがちだけど、神田は老舗のお蕎麦屋さんが多いというころで室町砂場(むろまちすなば)

明治2年創業の南千住砂場から暖簾分けした室町砂場、天ざる・天もり発祥のお店。
砂場系列と言えばかつては金沢竪町にも「砂場」ありましたね、大昔過ぎて食べた記憶も霞のようですけど。

お昼どきよりやや早い時間とあって、小上がりが空いていたのでそちらに案内してもらう。
2人がけのテーブルには、既に年配客を中心としたお1人様が昼酒を楽しむ姿や、ランチする会社員などがチラホラ。

b0089578_17483541.jpg
・玉子焼

昼酒は堪能できないけど蕎麦前は楽しみます、という訳で玉子焼。
じわっと甘みがあってコクがあって美味しい!蕎麦つゆ・出汁・砂糖が入った名物だそうです。

ところで玉子焼きは甘い派?それともしょっぱい派?
うちは子供の頃から親が作るのは甘い玉子焼き、これがお弁当の定番でした。
なのでここの玉子焼は懐かしい記憶が甦り、甘くない出汁巻はお外で食べる大人のイメージ。
全国的に見ると東が甘い派、西がしょっぱい派が主流で石川県は中間点だそうです。
b0089578_17483950.jpg
・焼き鳥(たれ)
タレとしおがありタレを選択、レタスに大葉と葱、お肉は肝も1つ付いてきました。
濃くて深い味わいの香ばしいタレ、お蕎麦屋さんの焼き鳥ってどうしてこんなに美味しいんだろう。

b0089578_17484273.jpg
・天もり(一番粉を使用)
やはりこの店発祥という天もりか天ざるを注文したいですね、天ざるはさらしな粉、天もりは一番粉を使用。
天ぷらそばを暑い夏でも食べ易くとそばを冷たいセイロに致したのが始まり。
量的にはやや控えめで、温かい蕎麦つゆには芝えびと小柱のかき揚げが浸っています。
甘辛い濃いめのつゆにかき揚げが染みて、蕎麦と一緒に食べるとほどよいボリューム感、当然お蕎麦も美味しい。
b0089578_17484682.jpg
・別製大ざる(さらしな粉を使用)
同行者が食べていたのが、さらしな粉を使用した冷たいセイロのお蕎麦。

あちらこちらでゆっくりと昼酒を楽しんでいる方々を拝見し、古きよき江戸蕎麦文化と老舗の風情を感じつつなランチでした。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-05 23:49 | 東京 | Trackback | Comments(0)

金沢(博労町):香りん寿司(寿司)で快気祝い oishii

b0089578_16420561.jpg
自分たちが勤めていたり住んでいる地域には、まだまだ発掘予定の未訪問のお店が何軒もあります。

この尾張町界隈周辺に普段生息しているラーメン好きの仲間たちが、ご近所を探検する為に発足した「近場くらぶ」。

第一回は尾張神社の近くの香りん寿司 、後に続く店をまだまだ開発しようとの矢先に私が入院!

で、退院後に結構何でも食べれる様になってきたので、4月後半に原点の香りん寿司で5人で快気祝いの宴会。

b0089578_16423568.jpg
・だし巻

お寿司屋さんなので当然お寿司がメインながら、気軽な1品料理がメニューに幾つもあるので、
居酒屋感覚であれこれ食べて、最後にお寿司でビシッと〆る使い方している人が多いと思う。

刺身・焼き物や1品などがついた「ちょいのみ:1,500円」セットもあるからお1人様飲みでもオッケー。

b0089578_16430538.jpg
・げそやき

この日はカウンター、小上がり、私たちのテーブル、2階にもお客がいるようで(知らなかった)大盛況。
カウンターには外国人客がいてこの店では珍しくない光景。

近江町市場や金沢城から近い立地から立ち寄りやすいし、観光客間の情報交換も飛んでいるのかも。
そんなメニューは当然ながら英語表記も対応。

b0089578_16433562.jpg
・枝豆

私たちが座っていたロングテーブルの端っこはあと2人ほど席が空いており、
その椅子取りゲームの席を射止めたのは、ガラッと途中から入ってきた背の高い外人男性1人。

もれなく私たちの真横に座り、全員が彼に笑顔でようこそ的な挨拶をおくる。
さて、ここから全員なにか取りつかれたようにコミュニケーションをとらねば・・という緊張した空気が充満しはじめた。

もちろん、彼に楽しい食事の時間を過ごしてほしいという表れなんだけど、
全員が英語が堪能ではないので、何を質問していいのか?からそれを英語文に直すのもまた悩みどころ。

b0089578_16452328.jpg
・お刺身盛り合わせ
ブリ、甘海老、鮪、カンパチかな?やはりお寿司屋さんのお刺身は美味しい。

隣の彼・・にまずは何処の国から来たかを質問!基本。
そっかぁーオランダから来たのね、ネザーランドという英語が遠くのどこかに漂っていたので、
彼が発した言葉に一瞬一呼吸置いた。

東京から高山→五箇山→金沢に来て、予定では京都、大阪、最終的に福岡まで移動して帰国するというロングステイ。
ウーロン茶とお寿司のセットだけを頼んでいたので、他に何か頼む?と聞いてみたら、
東山に新しくできたクラフトビールのお店で1杯やってきて結構お腹は膨れているらしい。

b0089578_16455398.jpg
・ぶりかま焼

最初は知ってるオランダ人の名前を挙げてみるとか(ファンデルサール、アーネスト・ホーストは出てきたぞ)、
これじゃ海外で日本人がホンダーとかナカターとか言われるのを一緒ですね。

ステイ先のホテルや、ちょこちょこ片言で会話しつつも、これ英語で何て聞けばいいんだろう?と悩んだりして、
スムーズに盛り上がらないのは仕方がない。
最後はもっと英語を勉強しておけばよかったに落ち着く←多分全員

ひととおりお寿司を食べ終わると、長居せずにちゃっと帰った彼ですが出る時も笑顔で。
メンバー全員コミュニケーション能力不足でも、日本を楽しんでいってね!的なおもてなし精神は伝わったと思う。

b0089578_16462437.jpg
・焼きさば寿司
鯖の部分がとろっと柔らかくて美味しかった。

b0089578_16465428.jpg
・いちはん(一人前半)
おすすめメニュー、1人前半の量で1000円の「いちはん」を2つ頼みました。
おしんこと大葉の組み合わせが絶妙。

b0089578_16472352.jpg
・いちはん(一人前半)パート2
5人なので好きなものを早い者勝ちで、私はどれも食べれるけど白身を食べていたかな。

b0089578_16475358.jpg
・チャーハン
裏メニューに「酢飯チャーハン」というものを、メンバーが前に食べたらしいので注文すると
酢飯が売り切れ!ガーン!でも、普通のチャーハンを作ってくれました。
中身はもちろん魚介でこれが美味い!新しい定番メニューに加えてはどうでしょう。

b0089578_16482415.jpg
上に歴代の湯呑みが飾ってあり最初は昭和26年、そんなに長い歴史だったのね。
今のご主人は3代目で、最近では4代目の息子さんがお店に出るようになって頼もしい限りです。



[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-04 23:44 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

うちごはん:おいしいカフェインレス生活

b0089578_11544915.jpg
退院以降、胃腸に刺激の少ない飲み物として、ノンカフェイン生活を初めて2ヶ月ほど。
コーヒー、紅茶、あらゆるお茶(緑茶はほぼカフェイン入りなので飲みません)含めて、家では100%カフェインレス生活。

今のところ効果らしきものは、夜中に飲んでも自然に眠れることと、肩こりがなくなったことかな。
肩こりは誰でも効くかわかりませんが、私にはそう感じるということで。

入院中に友人からもらったルイボスティー、最初は特有のクセがあると思ったけど、
慣れてくると自然と飲みなれてきて、その後大量に買い込んで〜の、これが今の食後の定番。

ごぼう茶も美味しく飲んでいたけど、温かいものはそのゴボウの香ばしい香りが美味しいが、
冷めるとゴボウのクセが強く出てしまって、家の者に不評。
冷めるまでほっとくからだー!すぐ飲め!と言いたい心をグッとこらえ。

プレーンなルイボスティーを飲みなれてくると、他の味も探求したくなってくるもので、
大和のルピシアに行って、色々と購入してきました。

・ルイボスティーシリーズ
ルイボスレモン、
ルイボスアールグレイ、
キャラメル&ラム

まだ飲んでいないけれど、飲んだ時の味が想像できそうなものを購入。
この他にもカフェインレスのお茶が豊富に揃っていたので、試してからお気に入りを絞り込みたい。

そしてマグカップですぐ飲みたい、楽したいので買うのは完全ティーパック派です。

・国産モリンガ茶

元々、モリンガいいよ!と勧めてくれたのは、うちの夫。
モリンガとは西洋わさびの木(ホースラディッシュ)で、免疫力UP・炎症抑制・抗菌消臭・抗酸化作用など
あらゆる効能があるらしいのです。普通のわさびにも殺菌作用ありますものね。

は!私、わさび苦手じゃないか・・大丈夫か?

最初に他のメーカーの高い粉末タイプを飲んでみたら、うっやはり独特の辛みが・・そして水に溶けにくくて飲みにくい。
いやでも、どうみても粉末の方が効果はありそうです。
良薬口に苦し!とお薬の様な感覚。

で、ルピシアのモリンガ茶は、希少な沖縄県産モリンガを100%使用。
乾いた葉っぱの香りがする割とクセの少ない味で飲みやすい。

・国産とうもろこし茶

お湯を入れる前から袋から香ばしいいい〜匂いがするお茶、
想像通り草原を駆け抜ける少年のような・・ワインか!と1人つっこみ入れたくなる香ばしいコーンの匂い。
リラックスして心地よく飲むには最適のお茶だった。

b0089578_16351458.jpg
お次はコーヒーシリーズ。

外でデカフェを扱っているお店はまだまだ少ないので、普通に飲んだりすることもあるがその時はカフェオレでいただく。
でも、かなりの確率でスタバのデカフェ・ソイラテばかり飲んでます。
カモミールラテも増えてきたな〜珈琲ではないけど、これが美味いんです。

タリーズも病院併設店舗ならデカフェラテがあるのに、普通の店舗ではあったりなかったり・・少なくともラテはない。
コンビニにはまず見つからないので、缶コーヒーを買うことはなくなった。

家は今までの普通のCoffee豆は夫用でこちらが自分専用、ドリップタイプデカフェコーヒー。

・タリーズのカフェインレスコーヒー:1袋の中にかなりの量が入っており自然とカップも大きめに(抽出時間も3分と長め)
・ディーン&デルーカのデカフェブレンド:苦みがありこの手のタイプにしてはコーヒーの風味があって美味しい。
・おいしいカフェインレス:スーパーでよく見かけるタイプ、サクッと何も考えずにコーヒーを飲む感じか。

粉だと小川珈琲のカフェインレスが家にあるけど、1人分なのでどうしても袋のドリップタイプの出番が多いです。
他にも美味しいデカフェを探す旅に出かけないと。

b0089578_16352152.jpg
紅茶シリーズ

やさしいデカフェ紅茶シリーズを見つけたら、なんとなく手に取ってしまうカフェインレスな身体。
一番飲んでいるのはアールグレイ、後は気に入りさえすれば買い足そうと思ってます。
このシリーズでジャスミンティーもあるが、元々ジャスミンティーがそうなのか薄くしか出ない。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-03 23:45 | うちごはん | Trackback | Comments(0)

金沢(堀川町):鮮魚麺 海里 「鮮魚醤油らーめん」

b0089578_17102095.jpg
日本民族が国内外を大移動するゴールデンウィーク、そこそこ天気もいい日が続いているので、
布団を干すのに最適だぁーと、いつも通り遠出はあまり期待できずに過ごしています。

駅前や街中で洋服や雑貨を見回る普通の休日のような行動もまたよし。
近江町市場の寿司屋に並ぶ異常な行列を横目に、1人ランチの為に金沢駅前へと移動。

退院以後、ラー活も控えめにしていた久しぶりのリハビリラーメンは、鮮魚麺 海里
味噌ラーメンの人気店「大河」の新店舗にようやく訪れることができました。

ちょうど正午をまわった時間だったけど、並ぶことなく入店。
2組ほどお客さんがいたかな。

・鮮魚醤油らーめん

毎日市場から届く新鮮な魚のあらを炊き上げ、海の幸の出汁を生かしたスープが特徴。
1口いただくと、魚の旨味の存在感がドーンときて、スープは旨みとコクが身体に染み渡るような優しい味わい。

ストレートの細麺はそこそこコシがあり、結構量ありませんか?!私的にそう感じた。
白身魚のあら(鯛かな?)がトッピングされており、混ぜると多分行方不明になるのが確定なので最初に食べる。
炙ってあって香ばしいですね。

スープが残ったらそれを利用してお茶漬け(梅orわさび)も注文できるけど、
大食い卒業したので、それは家族と一緒に来た時に取っておくことにした。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-02 23:11 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(尾張町):梅梅(めいめい)中国料理店 oishii

b0089578_16040698.jpg
嬉しいことにご近所さんに新しいお店が少しづつ増えております。
2月6日に尾張町にオープンした北京ダックが看板の中国料理店、梅梅(めいめい)

私はオープン直後に友人たちと行ってきたのですが(2月の記事はまだアップしてない)、
夫がまだ行ってないと言うので、中国料理は人数多めで食べるべし!と友人を誘い4人で行ってきました。

町屋の外観から暖簾をくぐると、2階が吹き抜けの高い天井にぼんやりと古い照明の灯りが漂っていて、
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカに出てくるチャイナタウンの店の様な幻想的な雰囲気。


b0089578_16041271.jpg
殆どノンアル活動を続けている私は温かいお茶、
中国茶だけでも数種類あって迷ってしまったけど、結局無難にジャスミンティー。

b0089578_16041881.jpg
・前菜盛り合わせ5種

ピーナッツ香味煮、バンバンジー、くらげ野菜香油和え、ザーサイ、ちしゃとう山椒和え
ものによっては香油が効いていて、どれも少しづつ顔が違う個性的な味わい、面白いです。

b0089578_16042339.jpg
・ピータン豆腐

この集まった仲間の趣味がじわりとにじみ出てきたメニュー、ピータン豆腐。
そのままでもぐちゅっと美味しいピータンとパクチー、豆腐という三位一体な組み合わせ。

b0089578_16042938.jpg
・羊肉茴香餃子(焼)

ここに来る前で羊肉餃子が食べたい!と宣言していた友人有り。
数種類ある餃子は焼・水・蒸と調理法も選べるので、選択肢に迷っておろおろ・・焼きにしました。

羊肉と香辛料がきいた大陸餃子、生地の茶色は中国茶で色付けあるそうです。
茴香(ウイキョウ)だからフェンネルが入っているのかな。

噛むと思ったよりも口の中に広がる羊臭!これは美味しいっ。
エスニックな国に旅行した思い出がよみがえりましたわ、個人的に次回も食べたい。

メニューには通好みの味と明記、羊が苦手な人はだめでしょうね。

b0089578_16043833.jpg
・黒牛餃子(水)

餃子もプカプカ浮いて真っ黒だと奇怪に映る、中身は牛肉を使用した餃子。
つるんとした食感で黒胡椒が結構効いている、肉肉しくて大人の味わい。

毎日手づくりで作っているという餃子の皮はもちもちで、割と小ぶりなので沢山食べれそう。

b0089578_16044410.jpg
・豚肉ショーロンポー

小籠湯はプレーンな豚肉のものを、噛むと中から肉汁がじゅわっ。
他には蟹肉ショーロンポー、メイメイ梅入りショーロンポー、豚肉焼きショーロンポーなど。

b0089578_16045176.jpg
・北京ダック
自家製石窯で焼き上げた豪快のビジュアルの北京ダックきたー!
4人でさすがに1羽は食べきれないので、ハーフで注文しました。
自家製石窯で薪を焼き焼きあげてある北京ダック。

b0089578_16045694.jpg
北京ダックを包む皮に肉と皮、葱、きゅうりと甘辛い味噌をくるんで食べます。

北京ダックの思い出その昔〜野々市の楼外楼が金沢赤十字病院の前にあった頃、
北京ダックを前々から特別予約して宴会を何回か行ったことがあり、
その時に北京ダックを初めて食べたけど、その時はパリパリした薄い皮のみだった。

こちらは皮だけでなく肉も削いであるので、パリッとした皮と柔らかい身の部分で結構ボリュームがあります。
身自体もしつこくないので、お肉だけでも甜麺醤をつけていただいていました。


b0089578_16050117.jpg
・露地の葉にんにくを使った四川マーボ豆腐
葉っぱの部分と根元の白いところを食べる葉にんにく、中国では葱ではなく葉にんにくを入れるそうですね。
かなり本格的な香辛料です、か・・めちゃ辛いっ!!今の自分には無理めだったので、他の人にバトンタッチ。


b0089578_16050647.jpg
・牛バラ葱チャーハン
厚くカットされた牛バラがごろっと玉ねぎと一緒に入ったチャーハン。
パラパラとして普通にうまい。

b0089578_16051097.jpg
・鶏ゆず麺

たんたん麺や羊スパイシー、牛ばら麺の濃ゆい麺メニューの中で、さりげなくあっさりな立ち位置にいた鶏ゆず麺。
ゆずの皮が散らされたあっさりした麺だろうな〜と思っていたら、
スープにゆずの汁がたっぷり入っているのか、爽やかな酸味が広がってクセになる美味しさ〜。
上には豆苗とゆずの皮、麺は細麺でした。
あっさりさっぱりは正解だけど予想外のヒットだった麺。

初めていった人はメニューが多すぎて、気がついた時は石像になっている人も多かろうと(自分)。
迷うほど種類があるということは何度行っても楽しめるということなので、
また人数を確保して食べに行きたい、と思ったおります。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-01 22:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

第一回 広坂ファーマーズマーケット

b0089578_15341380.jpg
4月23日、新鮮な野菜、果物、豆類などを取り扱う生産者と、飲食店と消費者を繋ぐ
「第1回 広坂ファーマーズマーケット」が金沢市市役所広場で開催されたので行ってきました。

普段のスーパーでは手に入らない農家の拘りのお野菜やハーブ、
そして飲食店もスペシャルなお店ばかりとなれば行かねばなりませんなー。

夫と待ち合わせて飲食店ブースで買い込んで分け分けしてランチ、
生産者で野菜を買い込んで自宅で料理と理想的な形。

b0089578_15342890.jpg
酒屋彌三郎さんの「能登いのししのメンチカツ」、ちょうど揚げたてを待っていたので熱々ジューシー。

桜鯛と筍のおこわは家に持ち帰って夕飯用。

b0089578_15343541.jpg
レストランエンヌさんの「国産牛ローストビーフライス、温玉添え」

奥でドでかいローストビーフの塊をカットしているのが見えました。

お肉はもちろん美味しいし、下の温玉と野菜とも好相性!

b0089578_15344146.jpg
フランス料理 Makinoさんの「アンガス牛ステーキバーガー」を買おうと思ったら、
あまりの人気で売り切れで、羊肉のバーガーしかないと言われたけど、私はむしろそれでも好都合。

もう1つはアンガス牛のステーキなんだけど、トッピングやソースがめちゃ凝ってる!
肉の下にポテトも添えてあるし。

バーガーのバンズはソフトハードの様なパンで、噛むと羊臭がじわっと充満。
久しぶりに肉ばかり食べてテンションが上がってくる。

b0089578_15344698.jpg
パーラーコフクさんで「蒸し鶏と野菜のピタパンサンド」と「トロピカルミックスジュース」。

ピタパンは 夫専用、私のジュースは柑橘系の中にトロピカルな爽やかさで、
オレンジ・グレープフルーツ・マンゴー・パッションフルーツ・レモンをミックス。

b0089578_15345131.jpg
八尾家さんの「いか焼き」 、ここも並んでいたけど、これを食べないとね。

真剣なるB級グルメないか焼きが香ばしくて美味い。

b0089578_15345643.jpg
ぶどうの木さんのベリーとショコラのケーキと生クリームなどがミックスされたパフェ。

もう出来たと思い、目の前のこいつを持っていこうと手にとったら「これは見本だよ!お腹こわすよ!」

って・・・私も販売している側で同じ経験を持つのであるあるやっちまいました。


まだアシルワードさんでカレーも食べたかったけど、さすがにお腹がいっぱいに。
写真はないけど、ハーブ農園ペザンさんで温かいハーブティーを飲んで一休み。

b0089578_15350986.jpg
加賀能登食べる通信さんで買った100%オーガニックの水俣「からたち」の樹成り完熟甘夏。

皮が分厚かったのでナイフでカットして果肉を食べました、種は多めで優しい甘みで懐かしい味。

後、購入したのはベビーリーフや小松菜など。

b0089578_15352721.jpg
富山県小矢部市に農場がある仁光園 の「米寿の卵」。
こちらの卵パックと温泉卵を購入したのだけど、温泉卵を割ると黄身が真っ黄色でえーっ!しかも美味しい。

これはどう調理してもいいだろうけど、ゆで卵は勿体ないかしら。
どうやって食べたら一番美味しいか!?と考え、黄身が半熟な状態の目玉焼きで全ていただきました。

炒めた野菜や普通の葉野菜のサラダの上にのっけて、黄身がとろ~ととろけたところに一緒に野菜を食べるの最高。
目玉焼きサラダ、新たにうちの定番メニューに昇格しましたとさ。



[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-04-30 23:40 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)