金沢(片町)カサデリブ・カナザワ(スペイン料理)

クリスマスのディナーに行った時のこと。
タクシーから降りた場所がちょうど教会の前で、イルミネーションが綺麗だったのだけど、
「アーメン、ソーメン、ひやソーメン」などと親父ギャグをぶっ放す長靴。

クリスマスって言ったら、フレンチやイタリアンはどこも先に予約しないと一杯なので、
仕事上、予定調整が出来ない事情で、じゃあタイ料理にでも行こうと決めていた。
タイ料理のフルーツと言えば、ドリアン。
「ドリアンってどりやん?」などとアホな事言いながらお店の入り口まで来ると、なんとお休み!
いきなりクリスマス難民!

教訓:こういうのは事前にチェックしとくべき。
クリスマスなのに脇が甘いぞ!!と、ちょっと険悪なムード歌謡。
b0089578_2552049.jpg
そんな時、ピンときたら110番的な私の記憶力で思いついたのが、
スペイン料理の「カサ・デ・リブ・カナザワ」。お店に行くと席は空いていた、ホッ

生ハム・イベリコベジョーダ
確か1切れ150円。←数えたのかよ!
さすがイベリコ豚の生ハムだけあって、濃密な味でうぅぅんまい!!
脂の部分がココナッツミルクのような味をしている。
私は「しらこ」という名前に改名しましたが、「イベリ子」に改名した人もいるのです。↓この方↓
b0089578_2552825.jpg
いかのニンニク焼き、鰯の香草焼き
イカが好きな人、イワシが好きな人がそれぞれ注文。
どうも私はイカつい女と想像されているので、これがぴったりコングかと。
ニンニクの香りが食欲をくすぐる~。
b0089578_844561.jpg
アンチョビのオムレツ
オムレツの端っこにあるのがアンチョビが混ざったソース。
この間、タコのトマト煮を作ったときにアンチョビフィレの缶詰を開けたけど、
残りを冷蔵庫に入れてあるの・・いつまでもつのかな。
b0089578_2554146.jpg
がちょうのオレンジソース
え!?課長バカ一代?
前日がイブでガチョウを使ったその残りで作ったそう。
お肉の上にプチプチが見えたので、「これイクラですか?」と思わず聞くと「タピオカです」と。
b0089578_2555429.jpg
米ナスのチーズグラタン
ものすごく大きなハイデホー米ナス。
チーズのとろとろ感とビックな大きさで食べがいがありました。
ちょっと前方後円墳チックで仁徳天皇風味、ニンニン。
b0089578_25646.jpg
骨つき豚のスペアリブ
この前来た時にもこれを注文しました。
スペアリブという名だけでハートにガツンと食べたい欲求が広がります。
骨まで愛してで、できるだけお肉を剥がして食べたい。
とっても煮込まれていて美味しいーーん。
b0089578_2561389.jpg
バレンシア風パエリア
「おっぱいリア」と言ってたことは聞かなかったことにしよう。

ここで私が、自分のお皿にデカイ肉を取りたかったので、
「先によそってあげるよ」と下心丸見えでよそってあげてたら、
中のチキンがボテッ・・・とテーブルに。
「5秒ルール!5秒ルール!遠近両用メガネかけてなきゃ分からないわ!」
とお皿に戻してあげました(もちろん相手の皿)。

ダシがお米にしみこんでいて、美味しかったぁー具もお肉、シーフードと盛りだくさんだし。
ここは昔からあるお店だけに味がしっかりしていて安心して食べれました。
クリスマス難民、大貧民はまぬがれた夜だった。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-17 06:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(32)

ローストチキン、ひよこ豆とアボカドのサラダ、タコのトマト煮こみ、タイ風グリーンカレー

b0089578_2522872.jpg
やっとクリスマス記事まで来たわ~クリスマスだよ、全員集合!
お家でガサゴソ作ったもの恥ずかしげもなく大発表。

ローストチキン
一応、3年連続作っているのです、この3年寝太郎が。
レモンペッパーをお肉に刷り込み、野菜を敷いてハーブやニンニクを散らしてオーブンで焼いた。
本当は骨付き肉で作るところ、スーパーになかったと言いたかったけど、
こっちの方が安かったんで普通の鶏もも肉を選ぶところがチキン野郎。

今回、手羽元でも作ったら、食べやすいし、翌日お弁当に入れられるし超便利だった。
クリスマスより翌日のお弁当の心配しているってのもなんだけど。
b0089578_2523875.jpg
ひよこ豆とアボカドのサラダ
アボカドセールスレディーなので、何かアボカドメニューを作りたかった。
豆が今大流行りの納豆に見えるけど、ひよこ豆。
それに紫タマネギを加えて、レモンをかけて塩・胡椒で混ぜただけ。
b0089578_2524845.jpg
タコのトマト煮こみ
パッと見、ただのトマト煮こみか溶岩か分からないほど煮詰まってる。。
タコ、タマネギ、セロリ、アンチョビ、にんにく、タイムとか入れたっけな。
料理は形から入るので、ル・クルーーゼ様にお任せしたところ、うまくいきました。
b0089578_253177.jpg
タイ風グリーンカレー
カスミXたんにいただいたグリーンカレーペーストを使って、ナンプラーやらなんやらで味付けして、
鶏肉、パプリカ、ナス、バジル、が入ってます。かなり煮込んだので溶けまくりんぐ。
で、当然ながらタイカレーなので結構辛い。

カレー道流派としては、片側盛りが主流だと思うのですが、
アロハさん流の真ん中分けグランドキャニオンカレー盛りにしてみました。
やってみると、これが食べやすかった。
他流派としては、たまに邪道としてカレーの上にご飯をのせる人もいるかも。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-16 06:51 | 料理(独身時代) | Trackback | Comments(40)

金沢(片町):勝一(割烹)で白子祭り

b0089578_223825.jpg
午前中にコサージュ修行に明け暮れていた私はももちゃんと一緒に勝一でデナー。
実は2人とも白子が大好きなので、「今度行ったら白子一杯食べようねっ」と言っていた。
しかし、「白子祭りだ、ワッショイワッショイ」と前々からやかましかったので、
この店の二代目に過度の無限ホンダプレッシャーを与えてしまったらしく、
私たちの為に白子コースを用意してくれていたのだ。ありがとう!ワッショイ!

まずは白子祭りの前哨戦として、鱈づくし。
鱈のレバーのフォアグラ風ソテー、鱈の胃とキノコの炒め物、鱈の昆布締め、鴨
鱈のレバーのソテーが濃厚でとっても美味しい。鴨肉も大好き。
人間フォアグラ状態な私としては共食い!?
b0089578_22381393.jpg
白子の酢の物
包丁とまな板、タイヤと空気、洗濯機と洗剤、スカタンと白子、切っても切れない関係。
必ずと言っていいほど、これを食べるので嬉しい。もちろん、とろとろで美味しい♪
b0089578_22382273.jpg
焼き白子
焼いてある白子も好き。

この日は忘年会シーズンということで満席状態。
途中でgorukichiさんが現れるもカウンターの席も埋まっていたので座れない・・
・・・と思っていたら勝一のお父さんが補助席を私とももちゃんの間に持ってきた!
これがいわゆる両手に花ってやつ?片方は、食虫植物みたいですけどね。
b0089578_22383134.jpg
白子の茶碗蒸し
卵の地の中にも生の白子の裏ごししたのが溶かし込んであって超濃厚。
そして中にはこんにちは白子さん、私がママよ♪わ~い、美味しいな~。
b0089578_23244147.jpg
ここで女性らしい事が苦手な人が、たまにすると大自慢したくなるという典型の証明をするべく
ももちゃんに「今日これ作ってきたんだ~」と左側の渋い色のコサージュを見せる。
確か、何かホメ言葉を言ってくれたと思う。むふっ褒められると伸びるタイプ、嬉しい!

しかし、それを見ていたのりさん、
「何?、そのアンモナイトみたいなの」とテロ発言。
失敬な~コサージュだよっ!!微妙に顔が仁王化していたかもしれぬ。
まぁ、男性にはコサージュだろうがリモージュだろうがどうでもいいのでしょう。
この時から、このコサージュは「アンモナイト」という名前になりました。

そして右側のが手芸教室からいったん帰宅してから大急ぎで編んで作ったコサージュ。
これも後日、「ひき肉かと思った。合挽き150グラム」と。
合挽きじゃないわっ、女王が手がけるんだから霜降りよっ。
この時から、このコサージュは「ひき肉」という名前になりました。
b0089578_22383986.jpg
牡蠣フライ
牡蠣を春菊とゴボウを海苔で巻いたカキフライ。
タルタルソースはお味噌プラス半熟スクランブルエッグで作ってあって、
マヨネーズは入っていないそう。ソースだけ食べてもオツマミみたいに食べれたよ。
b0089578_22385039.jpg
白子のポワレ
レモンバターソースがかかった白子。
濃厚なのにさっぱりした香りが心地よくておいしぃ。
いくら食べても飽きない白子、昼間のコサージュ武者修行の疲れも吹き飛ぶ。

この日はランチのカレーを食べた後、車の冬タイヤを交換しに行っていたので、
ちょっとお疲れサマンサ気味だったの・・・箸より重いものを持たない私がタイヤだし。
もうちょっと体力つけないとなぁ・・・あの長靴を履いた作業着美女のように。
b0089578_22385967.jpg
鰆の雑炊
鰆のヨーグルト味噌に漬けてやいた魚のお茶漬け。

こんなに1度に白子を食べたのは初めてでした。まさに白子祭り!
白子(精巣)なので、とりあえず魚のオスは制覇した感じ。
ありがとうごちそうさま美味しかったです。大大満足。
「白子」に改名した甲斐がありました。

げふー

この後
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-15 07:20 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(44)

石川(野々市町):森の工房でコサージュ作り→ホットハウス

b0089578_2363261.jpg
12月中旬、イエローちゃん「手芸教室に行かない?」と誘われた。
行われるのは「かぎ針でコサージュ教室」
普段、手芸の「し」の字どころか、宇宙レベルで遠ざかっている私ではあったが、
たまには新しいことにチャレンジするのも良い事だと思い、即座にOK牧場。

初心者の方でも出来るようにと考えてみましたので、
かぎ針を持った事がないけど編んでみたいという方は是非ご参加ください」

おお、とっても親切だわ。しかし、赤い字の部分が全て当てはまる。
正真正銘のズブの素人がきちまったぜ、と迷惑かけるかな・・・とは、まったく思っていなかった。

前日の某飲み会で「明日、手芸教室に行くんですよ、しゅげぇ~!!」
と一人突っ込みダジャレをして、自慢していたぐらいだし。
b0089578_2364478.jpg
場所は「森の工房」にて。
オリジナルハンドメイドのアレンジメント、カントリー雑貨などを販売しているお店です。
お店の中はとってもカントリィ~ラブリィ~。トナカイのぬいぐるみがあったかそうでかわいい。
クリスマス前ということでテーブルにはシュートレン。

ここにいるだけで手芸がうまい乙女になった気がするかも(勘違い)
b0089578_2365369.jpg
本日作るコサージュの見本たち。
好きな色の毛糸を選ぶとの事だったので、私はやや太めの渋い色の毛糸を選択。
モコモコで可愛いコサージュが出来上がりそう。

umico先生指導の元、まずはかぎ針の持ち方かた始まって、手取り足取り嫁にこないか♪
「先生、ちょっと待って」、「先生、今のもう一度」の声が時々飛び交う。
よかった・・・初心者っぽい人が私だけじゃなくって。
でも、私の編むスピードだけ妙に遅いように感じるのが、ちょっと気になる気。
b0089578_237159.jpg
もくもくもくとコサージュを編んでいる私。

しかし、ここでちょっとトラブル。
最初の鎖編みの段階で、後でその間にたくさん糸を通すことを考えないで、
キツク結び目を編んでしまっていたので、太い毛糸がなかなか通らない・・・。

そして、あまりにも力を込めて糸を引き抜いていただけに
無意識に力んだ声が出てしまっていたいたらしく、しばらくしてイエローちゃんが一言。

「ごめん・・・隣から、くぅぅぅうううううう・・・ふぉぉぉああああああ・・・・
って、妙な声が密かに聞こえてくるんだけど!」と指摘された!
口から漏れ出す気がこもった声・・太極拳かよ!

そして、次に2つめのトラブル。
皆さん、花びらを作る時に鎖の網目を少し飛ばして編んだらしく、
出来上がりに近づくと・・・「先生、花びらが1つ足りなくなりました」状態に。

それを横で聞いていた私・・・きっと、自分も目を飛ばしながら編んでるだろうと思ったら、
「先生、花びらが2つ足りないです!!!」
どれだけ目を飛ばして編んでるんだよ!!先生もちょっと驚いてました。

しかも、皆が次々作り終えて帰っていく中で、やっぱり私が最後の最後。
ラストミステリーの訳は不器用なこの手。
b0089578_2371629.jpg
出来上がった私のコサージュ。
花びら2枚分足りなくても、太い糸のおかげでなんとなくサマー。
そして、この渋い色が逆にかわいいかも。ちなみにイエローちゃんの色はピンク。

皆がコサージュを編んでいる間にもお客さんが何人か訪れて、
販売されているパンを買っていくのを見ていた。

そして、これらの販売しているシュートレンがすぷーんさんのと分かってビックリ!
さらに手芸のumico先生のお友達と知って、二度ビックリ!世間って狭いわ~。
急に「な~んだっ!」って馴れ馴れしくなってた私だったり!?

またぜひ参加したいです。手芸がしたいです!!(スラムダンク風)
今まで隠れていて見えなかった私の手芸魂に火を付けてしまったかもしれない。。。
よーし、どんどん編むぞーー!!
今はこれしか編めないけど。
b0089578_2372544.jpg
ひとしきり熱のこもった修行で汗をかいた後は、「手芸もいいけど、カレーもね」ってことでカレー。
インド料理のホットハウスでランチセット。

ポークカレーっぽいのとナンが美味しくてお得だったけど、
やっぱりここでは単品で羊肉スパイスたっぷりのマトンキーマとか、
タンドリーチキンかぶりつきがしたいなぁ~。
と、さっきまでNHK教育番組「おしゃれ工房」の世界にいた人とは思えない思考が。

この日の夜は飲み会だから、これを持っていって自慢しちゃおう~。
滅多にしないことをすると人に見せたくなる衝動に駆られつつ、
夜に続きます。。。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-12 07:23 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(51)

金沢(東山):テグ(焼肉)

「おっす、おらゴクウ!」の挨拶が定番のレゴッチちゃん石焼肉「テグ」で焼肉ったのは、
12月のある夜のこと。
レゴッチちゃんは、9月までは私も一目置く、胃にブラックホールを持つ大食いとして、
ブロガー仲間内では最強妊婦だったのだが、今は1児のおかあさん。
1児の母となって、大食い最強母ちゃんのパワーは健在か、今日は見届け隊。
b0089578_2229223.jpg
私はチャリで移動して、早く着いたので先に座席をあっためといたよ
(小さな生あたたかい親切、大きなお尻)
レゴッチちゃんが現れて、お久し振りの挨拶!おお、相変わらず明るくて顔が細いわ。
なんとお腹が空いて、我慢できずにパンを食べてきたそう・・・軽くジャブを食らう。

さっそくお母さん手作りのカクテキとナムルを注文。
とってもシャキシャキして美味しいの、ナムルは自分で混ぜるのだ。

肉はメニューを見ずとも「シロに始まり、シロで終わる」の神聖なる格言の元、
シロをまずオーダーするのは当然の事。
あ、きたきた~(はぁと・あふれる笑顔付き)
b0089578_22291489.jpg
さて、シロの写真を撮ろうかなっと・・・・

あーーっ!!!もう焼いてる!!!
しかもお皿の肉全部いれちまったぜ、1秒でも早く口に入れたいのか、行動が早すぎ!!
油断できない乙女だわ・・・レゴかあちゃん。
この手の動き、スーパーサイヤ人並みの躍動感!!

そして当然のごとくこの店のシロは旨い。
b0089578_22292310.jpg
豚バラ、カルビ、ホホ肉、センマイ
レゴッチちゃん、まず何はなくとも「カルビ!」と。
そうそう、前の焼き鳥の時といい、一緒に食べる時は結構、ポピュラーな肉を食べてるね。
その間にセンマイなどをねじ込ませる私(黒い笑い)
b0089578_22293168.jpg
ジューっとな。モヤシはサービス。
石焼きビビンバみたいな石がプレートになっていて、その上でお肉を焼くのです。

突如レゴッチちゃんが「ご飯くださ~~い!」と。
出たわ、炭水化物星人。
勝一ランチで丼ごはんを3杯お代わりしたデカビタ伝説を持つ。
さっそく、運ばれてきた丼めしは山盛り盛り森三中。
b0089578_22294064.jpg
さて、ご飯の写真を撮ろうかなっと・・・・・

あーーっ!!!もう食ってる!!!
「ちょっと待ったー!」の声も虚しく、受け取った瞬間にご飯を口の中に入れていた!
超高速カメラでないと写せないじゃないか!!
ハチドリのようなホバリング箸使いに脱帽。

どんぶりに山盛りにのったご飯は普通盛りサイズに(写真)
私はご飯は頼まずにひたすら肉を制す。
b0089578_22294847.jpg
トック、ハツ(心臓)
うるち米で作った韓国のお餅が入った雑炊。
あっさりした味にモッチリしたお餅がお腹にたまっていく。
私がまたもやねじ込ませたハツは、焼いてある写真からまたもや先焼きホバリング疑惑!?
あ、でも私の座っている方向に肉が多いので、私かも(軽いヌレギネーゼ)
b0089578_22295519.jpg
レゴッチちゃんはサイダーを飲んでいたのだけど、途中からお茶に変更。
このお店で作っているお茶をもらえるのだけど、お代わりと言ったら
これでもう好きなだけ飲め風に親父さんがペットボトルごとくれた。
b0089578_2230315.jpg
トントロ、シロ(タレ)
スカタン風焼肉道の由緒正しい終わり方、シメには「シロ」

これらを少し食べた時点で、レゴッチちゃん満腹になってきたみたい。
そりゃそうだよね、先にパン食べてきて、丼ごはんも食べているんだもの。
「残りは、私があと全て引き受けたよ~」
残っていたナムルもトックもお肉類も全て平らげました。
ふっふっふっ・・・(黒い笑い)

本当にいつも安くて美味しくてよいお店です。
この後、デザートが食べたくて、ココスに移動したのだけど、
レゴッチちゃんが家に電話すると、赤ちゃんがお腹が空いていて
泣いているから早く帰ってこいとのこと。残念ながら、何も食べずお別れしました。
レゴッチちゃん、もう富山に戻っているだろうけど、また会おうね~。
b0089578_22301135.jpg
しかし、頭がデザートだった私はチャリでスタバまで向かい、
ストロベリーシフォンとコーヒーを飲んで、一人上手な一人二次会にて帰宅。

レゴッチちゃんのお土産
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-11 01:54 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(36)

東京(高円寺):福来門(中華)→Rowell(クレープ)

東京旅行4日目の朝。
仕事明けホストの皆さんの「おつかれさまぁ~っす!」の爽やかな掛け声を聞きながら、
歌舞伎町を通り抜けて、新宿東口スタバにて朝ご飯を食べながらハムと待ち合わせ。

ここで東京旅行で初めて、女性らしくウィンドゥショッピングなんてしちゃおうかしら、
と2人でお店をぐるぐる徘徊するものの、ウィンドゥショッピングの名の通り
それ以上でもそれ以下でもなく何も買わずじまい。洋服萌え妖怪は降臨せず。
b0089578_2013524.jpg
実はお昼ご飯のことで気もそぞろだった私たちが降り立ったのは、JR高円寺駅。
そこで前日のスカタンお悩み相談亭の熱も冷めやまないうちに再びkasumixたんと合流。
帰ってきた酔っ払いになるために戻ってきました!

高円寺と言えばやっぱりカスミXさまご用達の伝説の福来門
JR高円寺南口を左に曲がるとすぐ見えるお店。
本場中国の方が作る料理は大陸の味と評判な心と舌とお財布に優しいお店。
b0089578_201434.jpg
茹で餃子?、香菜
まずはパクチーで始めなければ。
カスミXたんはパクチーで始まり、パクチー途中入場、パクチー紅白おおとりがモットー。
私も大好きなので鼻から出る香菜の香りが心地よさげ。下には肉味噌がひいてあります。
b0089578_20141288.jpg
クミン味の羊肉炒め
これ大好きなんです!クミン味がスパイシーでやめられない海老せん状態。
もちろん、これらのお供のドリンクはお酒。
私はチューハイに対して、ハムとカスミXたんはビール→紹興酒コース。
b0089578_20142030.jpg
ニラ大腸
ニラ大腸!! 何故かこの響きが自分のツボにドッキングしてしまい、笑いが止まらず。
「ニラ大腸~ニラ大腸~」と何度も繰り返して、プッと吹き出してしまう。
昼間から大腸、大腸言ってる女もどうかと思うけど、
実はこれは豚の大腸だからおなじみの「シロ」、私の大大大好物。
正気をなくしても何らおかしいことはないはず。

大部分私が食べた?・・・・すいません。
b0089578_20142863.jpg
海老マヨ、香港風焼肉
実は海老マヨもよく注文してしまう品の1つ、去年も食べていたな~。
そして、香港風焼肉のどこが香港風か?と一瞬の議論。
たぶん、キュウリが敷いてあるところかなーと。
b0089578_20143620.jpg
三段肉チャーハン、ニラまんじゅう
普通のチャーハンを頼めばいいのに、肉肉しいチャーシューがのっかった三段肉チャーハン。
三段腹チャーハンね!という突っ込みはお約束。

ここでも中盤あたりから「スカタンお悩み相談亭」が暴発していたような気がします。
あ、お悩みというよりも取り調べ室、刑事事件です!!の現場だったような。
私とカスミXたんが、いろいろとハムを尋問していたようです。
カツ丼を食わせておけば、もっと吐いたかな。。。

その後、紹興酒の飲みすぎで、吐くまでにはいたらなかったけど、頭痛には悩まされた感じだったようです。
b0089578_20144525.jpg
中華でお腹が一杯になった後は、心をくすぐるデザート。
高円寺で一番オシャレなクレープ屋さんに連れていくわよ!ということで、
JR高円寺駅南口から、高南通りを直進して3分ほ歩いたところで、左手にあるRowell

パティシェさんが出来立て、味・食感・見た目にこだわって作るクレープはちょっと贅沢。
オープンエアーテーブルも設置されていて、フレンチシックでさるぼぼ~んな雰囲気。
たとえ周りにラーメン屋が乱立していても。
b0089578_20145364.jpg
マロンブランロール
とりあえずモンブラーなのと季節限定に弱いので、マロンを選択。
生地が柔らかくって濃厚なマロンがとってもおいしゅうございました。
b0089578_20151213.jpg
カボンブランロール、あと1つ謎
左がカスミXたん、右がハム。
目が周りそうなカボチャの渦が、食欲の海をわきたてます、こちらも美味しそう。

この後は、高円寺商店街などと案内してもらいました。
高円寺しかない雰囲気と値段を体で感じて、いかに魅力的な街ということがわかりましたよ!
ハムがもし高円寺に住むならば、いくらでもいい物件を紹介するわよ、とも。
ありがたいわーー。ぜひ、ここに住みなさいハム!私のために。

いろいろ付き合ってくれてありがとうございました、カスミXたん。
またいろんなお話ししましょうねー!

そして、やっと夕方あたりに金沢の帰路についたのでした。

東京の旅行オワリ。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-09 12:42 | 東京 | Trackback(1) | Comments(40)

東京(新宿):鳥田むら(焼き鳥)→餃子専科LEE(中華料理)

b0089578_2026311.jpg
新宿2丁目でホットホットになったkasumixたん杏さま、私ご一行、ハシゴ車まわすのは当然。
実は鼎を出る時にカスミXたんが、鼎のご主人に「どこかいい焼き鳥屋さんなぁい?」
と聞いた時に教えてくれたお店に行くことに。

それがこちら。焼き鳥の「鳥田むら」、鼎のちょうど道路を挟んでお隣さん。
ちょっとくたびれた感がいい雰囲気をかもし出していた。
花の独身3人組はくたびれた感はまだ見えず、ここまでの話の盛り上がりでかなり情熱大陸。
私などは、くたびれた感よりも、まずはくびれ感を心配しなくちゃ。
b0089578_20264413.jpg
一人6本コースのとりあえずセットか何かを注文したよう。(↑私の分)

お酒も体の隅々まで行き渡り、いつもの酔っ払いモードにじょじょに突入。
少しづつ語られる恋愛話の間間に、裏スカタン語録も含まれておりました。
それを素早くメモする杏さま。

あの・・・そんな事メモしてどうするの?
だって・・何かの役に立ったらと思うし。
そのメモどこかに落としたらどうするの~?
大丈夫!伏字で書いておくから。
伏字じゃわかんないから!

裏スカタン語録の詳細はblogでは闇の中です。。。
b0089578_2026538.jpg
もつ煮込み・とにかく食べるよりも話に集中していた気がした、でも口の中に物はあり。

この時のテーマは「甘えられない女」でしたっけ?杏さま。
大人っぽくてクールで可愛らしい杏さまは好きな人に甘えることが苦手らしい。。。

そんな杏さまに対して、「素直になればいいのよ」
「わがままと甘えるコトと素直になるコトは違うのよ!」
と、恋愛を百戦錬磨経験してきたように偉そうに言い放つ私。
(いえ、決してそんな百戦錬磨も経験してませんから・・・)
しかも、よっぱモードで元演劇部の実力が地声に出てきていた。

「彼が帰る時にシャツの袖をツンツン引っ張って、
「もうちょっと一緒にいたい・・」くらいかわいく言わなくちゃダメよっ!」

と、完全にスイッチ入りまくり。

すると横からカスミXたんが、着ている袖口を杏さまの方に向けて、
「さぁっ!引っ張ってみて!これで練習するのよっ!!」と、実践指導。

焼き鳥屋は「熱いブロガー・スカタンのお悩み相談亭」に制覇されていました。
お前は中西学か!
b0089578_2027383.jpg
そうそう、〆には炭水カ物を摂取しなくちゃ帰れないわよね、と案内された餃子専科LEE
とにかくどこでもここでも焼き飯が食べたい私が即効リクエストなチャーハン。
でも、すでにここで、記憶は霧状にもやがかかっていて、あまり覚えてないの。。。
b0089578_20271119.jpg
焼き蕎麦、シソ餃子。
これらはまったく食べた記憶がございません。
そしてあろうことかチャーハンを食べながら寝ていた・・・
いや、寝ながら食べていたのが正しかったのか。

女王さま大丈夫?
ハッ!う、うん、大丈夫・・・・・ ・・・・・ ・・・・・・・・ ぐーー・・
女王さま、大丈夫??
う、う、うん、だいじょ・・・ぅぶ・・・・ぐー・・・
チャーハンの器を持ったまま、この繰り返し。

4日連続飲み会の余波が体に来た模様でした。
これでは、新宿歌舞伎町ど真ん中のホテルに自力で帰るのは難しいと思われたのか、
杏さまとカスミXたんにホテルまで送っていただきました。
その節は大変お世話になりました、ホテル直前に目が覚めて中西学に戻っていた気もします。
とても楽しかった1夜でした、また語りましょうね~。

一応、無事にベットに倒れこんだこともご報告しておきます。

3日目オワリ。

●杏さまの記事
●kasumixさまの記事
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-07 13:11 | 東京 | Trackback(2) | Comments(30)

東京(新宿):鼎(居酒屋)

b0089578_248722.jpg
kasumixたん杏さま、私の今宵のディナーは新宿3丁目の居酒屋・鼎(かなえ)
カスミxたんご用達のこの居酒屋、一度行ってみたかったので嬉しい。
インベーダーゲームのような字がなかなか読めなかったの。
かなえ、かなえ・・・と、テクマク呪文のように唱えて、脳のシワに刻みました。

鼎は新宿にお店をかまえて35年の古参店のひとつ、居酒屋のホームラン王。
旬の魚介料理や、居酒屋らしい一品料理、珍味とメニューが豊富。
なんでも手酌が似合う女を決める「手酌選手権」なるものが時々開催されているそう。

狭い階段を地下に降りていくと、私のFOMAのアンテナがじょじょに減って、
とうとう絶縁地帯、地下の孤島。
b0089578_248277.jpg
さぁ、どうぞと編みぐるみちゃんが出してきたのは白子の酢の物
スカタン女王さまと言えば、白子でしょう!と、白子ファースト。
だって、名前を「しらこ」に改名したほど大好きだもんね、白子ラブ。
b0089578_2483740.jpg
お次は馬刺し
ん・・・?錦糸町のあの店を思い出して、軽くデジャブ。
Xファイル的・生肉攻めが好きな方々に囲まれて幸せ。たてがみが美味しい
b0089578_2484659.jpg
生牡蠣
ん・・?これもこの旅行何度目の牡蠣。フルボディーデジャブ。
でも、大好きなのでいくらでも食べたくなる。
BGMにノロ・ジョーンズ希望。
b0089578_2485719.jpg
しめサバ、天ぷら、海鮮サラダ、あん肝バター焼き
シメサバ、あん肝、白子・・・って、どこに行っても同じもの食べているのか!
と突っ込まれそう。

店の隅のテーブルに陣取った女3人の話題はディープな恋愛話。
そういえば、最近はどうなのよぅ・・と酒の勢いで語りだせば、
実はね・・・と繰り広げられる週間実話ワールドここにあり。

時々、シモネターゼな溝にうっかり足を突っ込んで、はっと周りを見渡すとテーブルは親父の海。
私たち3人もこの親父たちと同等かなぁ~と笑いながら、楽しくお酒がすすむ君。
このお店は心のリピーターリストに1つ追加されました。
b0089578_249690.jpg
ほろ酔い気分になった私たち、カスミXたんの「社会勉強に行くわよ!」の声にのっかり
かの有名な新宿2丁目を3人スクラムを組んで乗り込みました。

街の雰囲気を肌で感じながら、とあるお店にちょっと途中下車の旅。
女人禁制のコーナーもあったり、いろんな雑貨が売っていたり。
決して冷やかしではないの、だって雑貨がめちゃくちゃ特価になってるんだもん。
b0089578_2491584.jpg
酒の勢いに任せて買ったグッズたち。
そうだ!これを金沢のブロガーさんたちのお土産にしてあげよう!
きっと、スカタンのお土産だから許してくれる喜んでくれるに違いないわ。
特に「運動着入れ」とかは。
私に順番に会った運のいい人がもらえるはず。(凶運?)

しかし、その「運動着入れ」は「これはいらない」、「こんなの欲しいやついるのかよ」
のオンパレード、デスパレード。
えぇ~っ、受けるネタだと思ったのに。(そもそも受ける観点からお土産を買うのが間違い)

と、意気消沈していたら、人目あったその日から「運動着入れ」に一目ぼれした人がいました。
黄色の運動着入れを見た途端、「これ!これがいい!笑える!」と選んでくれたイエローちゃん
あなたと私のセンス、まるでビューティーペア!

この袋を持ちながらヨーロッパの街中を歩くわ!と言ってくれました。
イエロー運動着入れ、イエローちゃんと共にヨーロッパデビュー。

夜はこの後もハシゴ車まわします。つづく。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-05 12:23 | 東京 | Trackback | Comments(44)