富山:トロッコ電車で黒部峡谷、(魚津)大政寿司、(富山)オーボン スーヴニール、他

先週の日曜、イエローちゃんと富山の黒部峡谷トロッコ電車日帰りの旅に行ってきた。
目的はトロッコ電車終着駅での露天風呂と、例のことく食い倒れ。

私達は真っすぐに正しい方向に走行していても、「右へ曲がれ」と違う指示を出してしまう、
いわゆる一つのナビベタであり、2人揃うと逆ナビシスターズの異名を持つ。
とはいえ一抹の不安をまったく感じてない脳天気な2人は、早朝6時に金沢を出発。

b0089578_13554272.jpg前回の富山の旅で呉羽PAのキッチンNORIOでシュークリームを食べたことを思い出し、あそこで何か朝ごはんを食べよう!
と計画していたが、ぺちゃくちゃ喋りながら高速を走っているうちに
「あれ?今の・・・」
「通りすぎたーーっ!」
とさっそくスカタンをかました。
次の有磯海S.A.は絶対にみのがさん!と入って食べたのが「白海老かき揚げうどん」

トロッコ電車は黒部峡谷鉄道・宇奈月温泉駅から出ている。
自然のダイナミックな峡谷美を堪能するなら、窓がない普通客車がお勧め。

私は子供の頃と、学生時代の教室旅行などで訪れている。
特に教室旅行は宇奈月温泉で1升瓶をかかえて皆で飲みまくり吐きまくり死にまくりで
次の日、二日酔いで友達がティッシュ箱をかかえながらトロッコ電車に乗って
さらに乗り物酔いをしたり、河原での集合写真が死に顔になっていたなど、
爽やかな思い出がかけめぐる。
b0089578_13555418.jpg
トロッコ電車の終点、欅平駅。ここから赤い奥鐘橋を渡って、人喰い岩の下を通り、
徒歩15分ほど先にあるのが名剣温泉
イワナ・山菜料理が自慢の宿で、温泉の入浴のみも可。

宿と少し離れた場所に露天風呂があって、先に男湯、奥に女湯。
ガケっぷちにあるのでとても眺めがよい。
「これは写真に撮りたいねー」と、すでに温泉に浸かっていたのだけど、
てきとーに着替えて、玄関までカメラを取りにいった。

お風呂に戻って来る時におしゃべりに夢中になっていて、
私が無意識にのれんをくぐると、そこは・・男湯!!

ちょうど着替え中の男の人がいて、思わず「あぁーーー!」
(っと言いたいのは男の人の方なんだが)
ハッとしてグッドなものはよく見えてませんが、とにかくごめんなさい!!!
b0089578_1423693.jpg
露天風呂の写真、開放感があって気持ちがいい。
ボディーシャンプーなども備えてあるので体も洗う事が出来る。
さらに露天風呂から覘いた河や滝の眺めが最高。
素っ裸で柵のギリギリまで近づいて「気持ちいいよね~」と写真を撮っていたら、
遠~~くの方に工事関係者の人が見えた。(←普通に入っている分にはまったく大丈夫)
おっとっとっと・・・仁王立ちで「ヤッホー」とか叫ばなくてよかったわ。

その後、欅平駅すぐ下のを河畔が見渡せる場所まで降りていき、しばし休息。
帰りの電車は確か、11時45分だから、まだ時間があるよね~と私。
なので、お土産を見たり、飲み物を買ったりする。
イエローちゃんがこの暑いのに、熱いお茶を間違えて買っていたりして(笑)

さて時間も近づいたし電車に乗ろうと思ったら、切符には11時25分とあった!
時間を勘違いしていて、乗り遅れたーー!!

指定席の切符だったけど、幸いこの時間帯が空いていたので、座れることが出来た。
20分ロスしたけど、その代わり河の近くの展望台にいけたしね、とポジティブに。
b0089578_1356358.jpg
お昼ごはんは魚津駅近辺の大政寿司へ、お店に入ったのが2時をとうに過ぎた時間。
ここに到着するまでも、あっ!通り過ぎた。あっ!迷った。あっ!店がない。
と、素敵なサプライズ時間が過ぎていくのは逆ナビシスターズの宿命。

白海老、甘海老、イクラ、ウニ、イカ、トロ・・・など。
富山名産の白海老やら、トロがとろけて美味しかった、最後にかみしめたのはラブなイクラ。
お寿司屋さんに行くと、醤油漬けを注文して、チビチビといつまでも食べているほど。

この後は魚津港からしんきろうロードがある海岸沿いをドライブ。
「ねぇ、このCDかけていい?」とセレクトしたのは筋肉少女帯ベスト
快晴の中、海を眺めつつ、「どろろの脳髄~♪」ん~爽やかティスティ!!

b0089578_17123442.jpg
お寿司だけで私たちのお腹が満たされると思って?とやってきたのは、オーボン スーヴニール
富山ではお馴染みの本格フランス菓子屋さん。
私の食べたのはパラディ。 ん?つい思い出すヴァネッサ・パラディ。
ピスタチオのブリュレ、フランボワーズのジュレをホワイトチョコのムースで包んである。
さっぱり、こってり、いろんな味が楽しめて美味しい!

下はイエローちゃんが食べたココ・トロピック(ココナッツと南国フルーツのムース)
もちろん、シトロンマカロン、オレンジマカロンなどお土産も購入。

これらのケーキをカウンターに座ってと共に食す。
何故、水?・・それはこれから、ケーキのハシゴ車をまわすため。
b0089578_17124847.jpg
次に訪れたのが名鉄トヤマホテルの「Chantilly」
私はマンゴー&ココナッツ、パインのデザート。イエローちゃんはマンゴースムージー。
黄色のオンパレードでキレンジャーと日輪仮面にはピッタリ。

まだ激流のごとく続きます↓
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-08-12 18:38 | 富山 | Trackback | Comments(22)

名古屋(栄):鳥勢(焼き鳥)、カサブランカ(モロッコ料理)、百寿(蕎麦)

名古屋3日目まとめメモ。

栄は名古屋の中心部なので、事前に調べていなくてもお店は沢山見つかる。
ふらふら出歩いていて見つけて入ったお店が、炭焼きの鳥勢

ふらっと入ったが、ここは予約をしないと席がとれないほどの繁盛店だった。
活気があって小奇麗目だけど、親父親父もしていない焼き鳥屋さん。
年配の人やカップルにちょうどよい。

焼きたてを女性店員の方がカウンターを周り、1串づつ出してくれていた。
朝びきの若鳥を当日串打ちして出していることがこだわりの1つ。
b0089578_2005470.jpg
小鉢、大根おろし、キャベツは最初から付いている。
ペタ(背骨の横の肉)、えんがわ(横隔膜)、皮、ぼんじり(骨付き)
名古屋コーチン、しもふり、レバー、ほたて焼き
レバー、ぼんじり、コーチンとか美味しかった、何がお刺身だったか忘れてしまった・・・。
b0089578_201488.jpg
うづら玉子、つくね。つくねの黄身がツルピカリン。弾力があった。
密かにうづら玉子ファン。中華の炒め物に入っているうづら玉子にも目がキラリン。
b0089578_2011463.jpg
2軒目、モロッコ料理のカサブランカ
9時近くに行ったから?照明が暗かったような記憶が。
写真はハリーラ。断食開けた後に飲むモロッコで一番有名なスープ。
いろんな豆が入っていてスパイスが効いていた。
後はマラケッシュサラダ、ラムカバブなどを注文してから、最後にケフタタジン。
ケフタタジンは牛ミンチの卵とじ、サハラの代表的料理でコクのあるトマトソース味。

遅い時間になると、BGMがハウスに変わって外人の団体が騒ぐ騒ぐ。
モロッコ人オーナーとモロッコ人シェフという事だけど、その場にいたお客さんは全て白人系。

この後は写真はないがタイガーカフェで一休み。
フランス人が1930年代にニューヨークでカフェをオープンさせた時のイメージ。
そう言えば、ガイドさんが、「シルブプレ~」は「新聞くれ!」で覚えてくださいね。
と言ってたっけ・・・。
食べたのはクリームブリュレ。めちゃくちゃ大きいグラタンくらいの大きさだった!!
b0089578_201317.jpg
シメを探して三千里していると、「なんじゃこりゃ~」な大きさのかき揚げの見本を発見。
奥まった入り口を目指してお蕎麦の百寿へ。
b0089578_2014471.jpg
一番有名なのが、見本にあった「三色かきあげ天ざる」。
そばの実の芯からとれる御前粉だけを使った白い百寿そば、梅蕎麦、茶蕎麦の3種がつく。

私が頼んだのは茶蕎麦でさっぱりと。さすがにシメにかき揚げは食えんのぅー。
とは言え、この旅でもアイアンストマックは健在だった。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-08-12 11:52 | 愛知 | Trackback

ビーツのスープ、ビーツの酢漬け、キレンジャーカレー

b0089578_039148.jpg乙女の会にて、aeiouさんからビーツを頂いた。
ビーツ、それは「地中海沿岸地方原産のアカザ科のサトウダイコンの変種」と調べてしまうほど、ビーツについてはよく知らず。
これは乙女の宿題と受け取ったなり~。←何故かコロ助風
さて、何を作ろう。
一般的なのはボルシチらしいが、野菜た~っぷりのビーツのスープを作ることにした。

ビーツのスープはこちらのページを参考に。
野菜はビーツ、じゃがいも、玉葱、トマト。そしてベーコン。
ベーコンの旨味がプラスされ、味付けは塩・コショウだけといたってシンプル。

ビーツの皮が堅くって剥くのが怖いので、あらかじめ茹でて少し柔らかくした。
そして皮を剥くと、中から紅い汁が出てくるわ、出てくるわ。
手もまな板も、その周辺まで真っ赤に染まって、殺人事件現場!?
気分は「ボス、事件です!」

b0089578_0392397.jpg
出来上がりは、普通に野菜のあっさりスープな味になり、ビーツの味は結構特長的だった。
これを作っていた日はものすごく暑い夜で、冷房もかけずにいたので、作りながら汗がダラダラ。
出来上がったこれまた熱いスープを飲んで、汗ダラダラ~。

熱いついでにランチョンマットまでも赤くして、クドさ120%!!
マツケンサンバを歌いたくなるわ!熱い 熱い 熱い 熱い エスペランサ~♪
b0089578_0393265.jpg
●ビーツの酢漬け
これはネットでぐぐったら、ビーツのピクルスやキャベツの酢漬けなどあったけど、
自分で適当に作ってみることにした。←でたよ・・・

やまやで買ってきた赤ワインビネガーを鍋にドーーーーーッ!と入れて、
砂糖をガーーーッ!!と入れて、塩をザーーーッ!と入れて煮る。
その汁を茹でたビーツにバーーーッ!とかける。オワリ。
分量まるで無視、いい加減さの本領発揮。

これを冷蔵庫に入れて冷やす。
翌日、酢漬けを母に食べさせてみると・・・・いきなり咳き込んだ!

私も味見をしてみると・・・げ・・激、すっぱ!!!
口が「*」マークに。咳き込むほど酸っぱい!

レシピをちゃんと探していなかったが、後でぐぐるとビーツの酢漬けというのがちゃんとあった。
ビーツ450gに対して酢がカップ1か・・・
自分の酢漬けに使ったビーツは半分だったし、カップ1以上はどう考えてもあったな。
まぁ、失敗は成功のマザーということで。残りは洗って食べよう。。

b0089578_0401789.jpg
同じく乙女の会でカエデママさんから頂いた永谷園のキレンジャーカレー。
中にはマニア魂をくすぐるゴレンジャーのメンコが入っていた。
児童の憧れ、正義の味方、王道のアカレンジャー!!

裏をめくると「カモメの真ん中を打ちぬいたら別の動物に早変わり、な~んだ?」
  「答え:カメ」

今時の小学生に鼻で笑われるようなナゾナゾが書いてあって受ける!
これを欲しがるのは大人ではないだろうか(私)
 
b0089578_0402785.jpg
レトロなカレーには30年以上前のレトロ・カレー皿。
ご飯を入れすぎてカレーが溢れそう・・・・(´Д`;)

中身は結構具が形になっていて、なんだか懐かしい味。
卵、乳、小麦粉、そば、落花生、大豆、化学調味料、香料、着色料が入っていないそうだ。
アレルギー体質の人にも安心。
味は子どもの頃に母親が作ってくれたカレー粉から作るカレーに似ているかも。
それでもマンゴーチャツネなど入っているので微妙な風味があるような。

一緒に食べるのは冷やされたビーツのスープ。
翌日の方がビーツに味が染みているし、暑いので冷たくて美味しい!

黄色くて熱いカレーと真っ赤な冷たいスープが、お腹の中で結婚して、
えらいことになってる模様・・・。

ここで唐突に出てくる恒例の占い。ゴレンジャー占い
私の結果は・・・・・日輪仮面  悪役かよ!!
そういえばこのキャラって太陽の塔みたいな妙な顔をしていた。

子供の頃はモモレンジャーに憧れていたけど、今なれると言えばせいぜい太ももレンジャー
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-08-10 06:02 | 料理(独身時代) | Trackback | Comments(42)

金沢(旭町):なんば亭(焼肉)

雑誌の特集も焼肉が多い夏真っ盛り。
でも、うちでは焼肉を食べに行くという事もなければ、肉の塊をガンガン食べる事も殆どない。
そんな生活を送っていると、ある日突然肉食獣の発作に襲われることがたまにある。
肉いあんちくしょう 、もう我慢出来ないわ。

先週、外仕事が決まっていたので、前日一緒に行動する会社の人に
「最近肉に餓えてるんですけど、久し振りに例のアレ行きませんか?」、
と、聞いてみたところ、「ちょうど俺も行ってもいいなと思っていたよ」と快く承諾。

解説ガール!例のアレとは?
外仕事のランチの時に、ランチセットを頼まずアラカルトで、
食欲の趣くまま、食べまくるんジャーに変身することである!!(もち割り勘)

午前中の仕事を鬼モードで早めに切り上げて、開店直後のなんば亭へ!
夏だ、ビーチだ、バーベキュー!(by チューブ)

学生さんがお昼にランチセット(ご飯お代わりし放題)を食べているのをよく見かける。
昔は普通のホルモンだったのに年々変わったお肉を出すようになってきた。
ホルモン類は1皿300円台のものも結構ある。
b0089578_1304157.jpg
とんとろ、軟骨、豚タン、シロ、コンビネーションサラダ、
砂肝、ぼんじり、ハツ、牛肉角切りステーキ


豚のタンというものも中々味わい深いもので結構好きかも。
ぼんじりは初めて見るメニュー、焼き鳥で串に刺さってるのもいいけど焼くのもいいね!
ホルモン館の住人大集合!カルビーーは頼まず。
b0089578_131319.jpg
熊肉刺身

あれ?イノシシ肉と鹿肉がない・・(季節ものか)
その代わりに馬肉と熊肉が揃ってたので、熊の刺身を初めて食べてみた。

まず、赤身オンリーで食べてみたが、ふにゃっとした柔らかさにクセはないが味もない。
次に脂身を赤身を一緒に食べてみると、脂身の旨みが赤身に移ってなかなか美味~♪
b0089578_1311240.jpg
ほたてとシメジのガーリック焼き、玉子ラーメン、肉の〆はシロ!

バターの塊の中にニンニクとパセリが。ホタテとシメジに絡まって結構好きなの。
ラーメンはさっぱり醤油味。

どんなにお肉を食べてもシロがもう一度食べたくなる。
最初はシロで最後はロースで〆の人が多い!?
だが敢えて「シロに始まりシロで終わる」、それが私のジャスティス!

何故かときおり「ぼんじり・・・」、「角切りステーキ・・・」と
なにやら亡霊のような囁きがふぅっと時々耳に入ってきていた。

隣のテーブルはガテン系のにーちゃんたちがランチを食べており、
ランチには入ってない私たちのメニューをうらやましげに眺めていたつぶやきらしい。

しかし、にいちゃん達はビィールを飲んでいるじゃなーい!命の水アルコール。
私たちは水の代わりの無料のむぎ茶がぶ飲み・・・

かなり勢いをつけて食べてあっという間のまんぷくりん、ごちそうさまでした。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-08-08 12:17 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(50)

イカの和風マリネ

b0089578_0385620.jpg
たまには手料理記事(元々はヘタレ料理修業blogでスタート)
この間の乙女の会でコールドスリープからの目覚め。

●イカの和風マリネ
片栗粉でまぶしたイカを揚げる。揚げたイカを酢:1/3カップ、醤油1/3カップ、砂糖大1、唐辛子1本の割合で作った液に浸す。オワリ。

も~最近うちで食べるオカズで超お気に入り、毎回作っても殆ど自分で食べてしまう。
そのままでも、冷やしても食べまくる。 心のベストテンin 2007にノミネート!

食事が終わった後も目の前にタッパーがあると、自然に箸が・・・
休みの日など、冷蔵庫に冷やしてあるのをツマミ食い←小学生かー!

そして、油を揚げる時にわー!熱いー!と大騒ぎ。
イカの水分をふき取ったはずなのに油をはじきまくりん。
フタを盾代わりに身を守ってたけど、手先にポチポチと跡が・・。

ゴーグルか溶接工の人が使うお面みたいなヤツが欲しいかも。
ラムちゃんが料理するシーンを自分に置き換え。



るーーーーさんのところでみた「ヘヴィーメタル占いぃぃぃぃ!!」 というのをやってみた。

私はヴァンヘイレン、ボンジョビ、ガンズ、リンキンパーク辺りしか聴いてないけど、
それもヘビメタに入りますかな~?
自分はどんな結果になるだろう~と期待を込めつつインプット。

私のアーティストタイプは「ゆ~やん」 ・・・・って・・これヘビメタバンドかっ!?
何故かアニメ声優にかける声援で「ホッちゃんホワーッホワーッ!」という記事を
読んだのを思い出しました←マニアックゥ

ゆ~やん(誰それ?)タイプである典型的メタルリスナーであるあなたは、みんなとワイワイ♪するのが大好物DEATH!場やモッシュ・ピットを盛り上げるのが得意で、メタルフレンドもたくさんいます。PRETTY BOY FROYDのように、何も考えていないと勘違いされることもありますが、心の中では緻密な計算がロバート・ジョン”マット”ランジのように働いています。ブランド物が好きで、持っている物を褒められる事に無上の喜びを感じます。過去<HYSTERIA>や未来<COME CLARITY>よりも「今」を大切にします。

やたら外語をつかう長嶋みたいな文だわ!
「ヘイ、シェフ。サバという漢字はフィシュ偏にブルーと書く のかな」

恋愛について:
付き合う相手は人から羨ましがられるようなタイプの人が多いです。好きになると自分から積極的にアプローチしていきますが、気持ちが冷めるとさっさと振ってしまいます。熱しやすく冷めやすいタイプです。なので、メロ・デス~J-POPまでと音楽性は節操が無いです。また恋人(好きなバンドやアルバム)がいない期間は比較的短いです


恋愛はおいといて自分の中の流行りに熱しやすく冷めやすいのは当たってる。
また音楽性に節操が無いところも・・・。

そして、私にお勧めのアルバムはオール・ヘビーメタルアルバム
こらー具体的な例を示せー!!

るーさんの記事ではボンジョビとか例が出ていたのに。
好きなアーティスト欄には「キュアー」を入れたのがいかんかったかしら。
今日は特に暑い日なのでこんな時は死ぬほどうるさい音楽を聴いたらよいかもしれない。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-08-05 12:14 | 料理(独身時代) | Trackback | Comments(58)

金沢(金沢駅西口):APAホテル・レストラン四季でランチバイキング

b0089578_0475195.jpg「ちょっと、明日ここでランチを食べてきてちょーだい!」
土曜の夜、母が何を言うかと思ったら、APAホテル金沢駅前
レストラン四季
のランチチケットの期限が切れるのだという。

母は用事があるとかで、行くのは私一人だけ。ランチの内容はメイン1つが付くバイキング!
一人でできるもん、お一人様ランチバイキング!ヨロレイヒ~♪
b0089578_0475971.jpg日曜のせいか11時半開店前から人が並んでおりました。私は気合を込めて、朝ごはんを抜いていく。
「バイキングに近い席にしてください!」は当然よね。
バイキング道の基本。
・鶏肉のトマトスープ
・サラダバー
・パン各種
・カレーライス
これだけで1人前出来上がってしまった。
b0089578_048818.jpgメインは牛肉のグリル?、バーベキュー風・・・下にはもやし。
しかし、これが肉が薄いし固いしでイマイチ。
日替わりランチにしたが、オムライスとかパスタでもよかったかも。
←カレーのお代わり
パンを付けて食べたくなるのは、前世がインド人だったから!?
いわゆる業務用の味で、肉が見えない細切り人参が入ったカレーなのだが、意外と中辛。
b0089578_0481579.jpgケーキはなくなる前に取るべし!取るべし!取るべし!
すぐにケーキをまとめて持っていった人がいたので、私もえぐりこむように一番最初にケーキを持ってきた。チーズケーキ、抹茶ケーキ、レアチーズ、キャラメルプリン、フランボワーズ。まぁ、でも特筆すべきバイキングではないかも。
母はここでイクラ丼を食べて、ちょっとサラダを食べて、フルーチェ?のようなヨーグルトを食べるだけ。バイキングには向かない人です。

そういえば金沢ってバイキングのお店が少ないような気がします。
私が知らないだけかもしれないけど・・・。

ブログを始める前、特に4、5年前は東京の友達の家に遊びに行くたびに、
ランチバイキングに行ってたんですわ。
新宿のインド料理、タイ料理、ベトナム、イタリアン・・・まさにバイキング荒らし
特に新宿の某インド料理バイキングでは羊肉を食べまくりで、夜ご飯は食べられない!
と騒ぐほど満腹シスターズに。 
・・・私はそのころ異常な消化機能を備えていたので食べれたけど。

地元でもバイキングの情報があれば教えてもらいたいもんです。
どぞよろしく。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-08-03 11:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(42)

石川(白山市):キッチンユキ(食堂)

b0089578_1958786.jpg
先週のランチはは怒涛のキッチンユキ攻撃でだったのだ。
●ミートソーススパ(トッピング:ホタテフライ)

昔ながらの喫茶店風の手作りミートソースがなつかすぃ~うま~。
子供の頃、一番大好きな食べ物が母親が作るミートソースだった。
喫茶店に行ってもミートソーススパばかり。
最近はイタリアンの流行で昔ながらのミートソースが減ってるので貴重ですわ。
b0089578_19581522.jpg
●イタリアンスパ(トッピング:トンカツ)

この店ではイタリアーーンと言えばナポリターーンの事を言う。
ケチャップの味がやや薄味なので、濃いものとしてトンカツをプラスしてボリュームアップ。

一緒に行ったメーカーさんが名古屋の人なので、味が濃いのが好きなのか
ベーキ(焼き飯)にいつもドバドバとソースをかけるのが信じられん。
ま、確かに味は薄めなんだけど、薄めが気に入らないはずのに何故かそれをよく注文。

そして私は、今までカレーばかり食べてたのに、何故か急に違うメニューのオンパレード。
え!?キッチンユキメニューを順番に紹介してるって!?何を言う~早見優~。

しかし、密か~にキッチンユキの写真付きメニュー表を何枚も持ち帰り、
乙女の会でくばった私は、キッチンユキのまわし者!?
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-08-01 23:02 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(49)

金沢(武蔵):レピ・ド・ブレ(フランス料理)

いつも親父くさいものばかり食べている私が先日乙女復活の会に行ってきたところ、
次回参加したいです!と声があったので改めて計画を練った。
すると「私にも乙女にならせろ~!」と俺にカレーを食わせろ~♪のごとく参加者殺到。

普段から乙女な人、乙女健忘症な人、元祖親父の人、
皆ひっくるめて乙女大名行列でフレンチへGO!

(参加者)
イエローちゃんaeiouさんカエデママさまたっきーさんきみ犬さん葵ちゃん
パオゾーちゃんレゴッチちゃんモモちゃん、まつ虫さん、私。

ジムラーな夏の格好といえばTシャツ、ショートパンツ、草履な毎日だったのだが、
この日ばかりはふわゆれスカートにヒールでグーラグラ。
オレンジキャンペーン中(まだやってる)なので、オレンジのニットの間からキャミをチラ見せ。
シミーズではありません。

幹事はイエローちゃんと私だったのだが、イエローちゃんは迷って店を通り過ぎて、
家から歩いてきた私と偶然ばったり。
私は事前に1階は駐車場です!と宣言しておきながら、
1階には駐車場はなく間違った情報を流す。迷幹事コンビ、やばいよやばいよ~。

時間があったので、変態音盤のコレクションが北陸最大級のレコードジャングルへ。
インド音楽とかアフリカなど珍しい音源をみつつ、懐かしげなコーナーをうろちょろ。
この辺から乙女の会とか今日の主旨を忘れておるわ。

b0089578_1954866.jpgこの日の場所はレピ・ド・ブレ、お麩屋の不室屋がプロデュースするフレンチのお店。
1階にはカフェ、ケーキ・焼き菓子等の販売、
2階がレストラン。

初対面の方々も結構いて、やや人見知りする私はドキドキしちゃうわ(ぷ)。
皆、乙女服を着てきてかなり眩しい~。
この人の記事で萌え状態だったった、モエ・エ・シャンドンを何人かで分けて乾杯。
b0089578_19542055.jpg
・アミューズ前菜
トマトのアイス、夏野菜のピクルス、チーズのテリーヌ、玉葱のキッシュ、自家製ハム
トマトのアイスが冷たくてかすかな塩味にダシ?が効いててさっぱり美味しい。
この端っこのプチッとした赤いもの、私はプチトマトだと思ってたのだけど、
他の人は違うという・・なんだったのだろう、大きさはプチプチプチプチトマトぐらい。
b0089578_19542862.jpg
・冷前菜うなぎのテリーヌ
やはり夏はウナギだね大将!間に玉子やソースにもウナギの煮汁が含まれていて、
冷たくしてあるのでサッパリと。

プチサイズの3種類の自家製パンが配られたのだけど、
レゴッチちゃんとお代わりはあるのかしら・・とお互い気にしていました。
b0089578_19543777.jpg
・スープ&温前菜
とうもろこしのスープ
スープがかなり熱くて、何も考えずにぐいっといちゃった私はギャッ!!

マコモダケのキッシュ・グリーンピースソース、じゃがいものグラタン・ドフィノワ
aeiouさんがドフィノワだよ、と教えてくれるのに「ドヒノワ、ドヒ?ドヒ?」と何度も聞き返す私。
ドヒ、ドヒ、ドヒャーってはじめ人間ギャートルズか!
b0089578_942172.jpg
メイン・デザート
子牛と牛バラ肉のグリル
クリームブリュレ、ルビーグレープフルーツとカンパリのゼリー、リンゴのタルト、マンゴーソルベ

赤ワインソースがかかったお肉の上にいろんな種類の温野菜がたっぷり。
こりこりとした食感が舌に楽しい。

写真が暗くてすみませんが・・・・デザートは4種類、小ぶりながらこれは豪華な。
選ばなくていいのが嬉しいわ。
いつもあれがいいあぁ・・これも・・全部食べたいとマヨッチマイナーになってしまうから。
マンゴリアンとしては、やはりソルベが好きだったな。


2次会は誰もいない近江町市場の中を通り過ぎて、JAZZ居酒屋 Bokunenへ。
ここで飲むのはやはりカクテル、私はふつーにカシスソーダ。
すると、まつ虫さんがバンブーというカクテルをチョイス。
お、なかやる(なかなかやる)と思いながら、1口飲んだその顔は、「・・・・・」
まるで歩いていて得体の知れないものを踏んづけたような。

「飲んでみる?」と言われたので、1口いただくと私も「・・・・・・・・」
なんだか乙女酒に慣れてる私としては微妙~な。
皆で味わってみて「ぞうきん?」「お部屋の香りの・・」とか、人のカクテルなので勝手に言ってたけどピタッと合わさるものが見つかりませんでした。

初めてマティーニを飲んだ時は仁王のような表情になったけど、それよりはソフト。
カクテルに慣れてないもの、辛口になれてないもの、としてはまだまだ修行が必要。
そう、何気にお酒が強いタイプに見られていたのです。
ブログと実際とのイメージが違うとも言われました、意外に乙女酒が好きです、意外に!!

2杯目に飲んだのがルンゴ、エスプレッソを多めに抽出したもの。
するとイエローちゃんが「え!?ルンバ?」
この間、私もそういい間違えたのだが・・・必ず通る道なのか。

その後、1時過ぎまでワイワイ、皆様、楽しい時間をありがとうございました。


b0089578_18381113.jpg皆様からの頂きもの↓
パン教室の先生でもある
たっきーさんからはプレッツェルと、ブルーポピーシードと自家製オレンジピールが入ったパン。
とっても美味しかったです。

aeiouさんからはビーツ。
これは・・どう料理しようかな。
料理修行せよ!という天からの命令。
一般的なのはボルシチとか、サラダにするといいと言われた。

カエデママさんからは・・・ネタ的キレンジャーカレー!
「うまそうなカレーたーい!」←キレンジャーは博多弁
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-07-30 18:59 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(50)