名古屋(今池):鶏三和・はなれ(鶏肉・名古屋コーチン)

b0089578_13571310.jpg少し前に名古屋に行ってきたので記事をupします。
一緒に行ったツレは私より食べるので、
中性脂肪増加キャンペーンになることは容易に予想。

名古屋といえば、やはり鶏肉・名古屋コーチン。
もう名古屋に向かう車の中からコーチン、コーチン、コーチン、言いまくっていた。あんまり連続で言って他の人が聞きつけると誤解をまねきかん発音になるわ。

中心部である栄から地下鉄で「今池」までサクッと移動。

鶏三和  はなれ
昭和8年に三和農場を建設し養鶏事業を開いた老舗。
自社農場で育てた名古屋コーチンのお肉が味わえる三和グループの直営店。

えーと、予想に反して内装がオシャレなダイニング風!?
なんだか暗い照明にジャズってるのが昨今の流行なのでしょうか。

創業昭和8年!!!尾張名古屋は城でもつ!!というイメージから、
煙もくもくの中、へい、らっしゃーい!と汗しぶった親父が顔を出すのかと思ったら(どんなだよ)
まぁ、普通の人はダーイニングの方がよいですよね、私は親父の皮をかぶった女ですから。
そんな私の妄想は置いといて、とりあえずコーチンを注文しなければ。
b0089578_13572094.jpg
(食べたメニュー)揚げ軟骨のカリカリサラダ、さんわ手羽先唐揚げ
コーチンもも炭火焼、コーチンつくね、コーチン砂肝
(食べなかったけど、コーチンひつまぶしご飯、コーチン味噌カツ、コーチン八丁味噌鍋もある)

さすがにつくねは肉汁ジューシィで美味しい!モモも噛み応えがあるような。
そして、何はなくとも手羽先。 世界の山ちゃんでも有名な手羽先。
皮がパリッとして表面にハチミツが塗られててゴマがまた香ばしい。ウマ。

しかし、ツレはこのハチミツが気に入らなかったみたい・・・
甘いものが苦手な人には好みが合わないのかな。
美味しいのに・・・そして、この鳥肌がいいのになぁ・・・鳥肌が。


鳥肌といえば・・・私は怖い映画を観ると鳥肌が立つ。
ホラーとかスプラッタとか超苦手。
はなっからそんな映画見ないけど、CMとかでもう怖い。

昔、「ゾンビ」のCMでエレベーターのドアが開いてゾンビがどぁーっ!!!
となだれ込んでくる映像の恐怖はいまだに微かに残っているし。
「エクソシスト」「13日の金曜日」「食人族」など昔の名作!?全て見ておりません。

でもマフィア映画は好きなの・・あれはロマンだから。横溝正史シリーズもね。
殺しのシーンはちょっと硬直するけど・・・変な汗でるけど。

そんな大大昔、友達が映画が観たいから一緒に行ってと言われ付き合うことに。
映画の内容はよく聞いていなかったような気がする。
で、映画は「キャット・ピープル」

主人公は絶世の美女(ナターシャ・キンスキー)であるが実は猫族の女で、
男性とHをすると黒豹の姿に戻ってしまい、その人を食い殺さないと元に戻れない・・・
って、ギャー!なんてものを観にいくんだー!

案の定、怖いシーン(多い)になると顔を背けていたので、殆ど観ていなった。
それにHなシーンとかボカシもあって、今だったらR-15になりそうだし観にいけなかったわ。

そんなHシーンをキャー!と言いながら、手の指の間から見ていたのはお約束で(ウソ)。


話がずれましたがコーチンは前菜で、この後ハシゴをするのはお約束で。
つづく
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-05-31 01:58 | 愛知(名古屋) | Trackback | Comments(34)

金沢:大人の遠足後編:池田町バルバール(バール)、SOUZAI-BAR・しもん(居酒屋&バー)

b0089578_2140968.jpgランチを食べ終わり、桜坂(左)を覘いた後は、またお寺巡りへ。
「大円寺」
ここには有名な人骨地蔵があって、顔や両手両足は無縁仏の砕いた人骨で塗り込められています。
確かに顔や手が白い。
このお寺の住職のお母様がとても洋画に才があって廊下にいろいろ絵を飾られてるのだが、何故かローマ法王とかサイババとかもあったり。
住職が自分には絵の才能がないないと嘆いてましたが、
話の中に必ずオチを入れることから、お笑いの才能はありそうな。
後、異常に愛想のよい犬がいて、名が「ヒデオ」、お・・漢らしい!
ある意味、お寺の名称よりも心に刻まれてしまった。
b0089578_21403382.jpg
その後巡った場所(はまぐり坂を下りながら)
八坂神社:西の芸子さんたちが多く参拝した神社
成学寺:芭蕉の句の碑がある、風神雷神像が素敵(写真)
常徳寺:鐘は初代寒雉の作で、金沢市の指定文化財。
山錦楼:明治28年に創業した、加賀料理が自慢の木造の老舗料亭。(写真)

b0089578_21404112.jpg雨宝院
住職の養子となった室生犀星が幼少を過ごした寺。犀星ゆかりの品々が展示されている。
入り口の上方を見て「金の・・・」と、何かを口走りそうになってやめる。
このお寺は金毘羅さんを祭ってあるので、「金」の印があるらしい。

そして予想通り、近くの生菓子屋が気になってしょうがなかった。饅頭がしょっぱいらしいけど、塩饅頭・・ってことはないでしょうな。
b0089578_21405479.jpg
大蓮寺
利家4女で秀吉の養女になった豪姫の菩提寺と裏道のレリーフ
「豪姫」といえば宮沢りえの映画で名前を知っている人も多いはず。
八丈島に配流された宇喜多秀家と離れて金沢で生涯を閉じた豪姫の墓所は金沢・野田山の墓地に。ここには豪姫と宇喜多秀家の供養塔がある。

今回金沢にいて金沢を知らないふるさと不足な私でしたが、おとなの遠足のお陰で
学術的な勉強と、古きよき町並みのふるさと再発見いたしました。ん~マジメ。
おやつ、おやつばっかり書いてあるのはこれで皆の記憶から遠ざかったでしょう。
b0089578_214118.jpg
後は打ち上げを行うのみ。午後4時過ぎあたり。
chiquitaさんとお別れして、yellow-17gouさんの旦那さまとうさ子さんが参加。
池田町バルバールへ。
スペインのバルとイタリアのバールを掛け合わせたお店は、立ち飲みカウンターもあったり、
居酒屋と食堂と喫茶店を合わせた様な気軽で使いやすい空間。
お昼からワインとつまみでゆるゆる過ごしたい。
手作りの燻製のオツマミたち、手作りのアンチョビの入ったニースサラダ、イワシのフリット、
ピザ、ラタトイユ&鶏のトマト煮込み、チーズの盛り合わせ

白ワインが五臓六腑にしみわたった←酔いの始まり
b0089578_2141838.jpg
2次会はSOUZAI-BAR・しもん

何故かむしょうに甘いものが食べたくなって、ア・イ・ス・ア・イ・スの連呼。
デザートを先に食べるだなんて!と言われましたが欲望のままに食べました。
後で食べたのが、ゴボウチップス、レンコンチップス、ドジョウの唐揚げなど。

初対面の人が多い飲み会は気をつけなければいけないのに、やや飲みすぎたよう。
私は酔っ払うと視界が狭くなり、明るいのに意識レベルは鶏目ゾーン、半径1mあるかないか。
なんだかインド料理とかカレー談義とか、踊るマハラジャとか・・カレーの話ばかり熱く語っていたような気がするけど、かなり覚えてないのが怖い。
ぼ・・暴言とか吐いてなかったかしら・・・・。

なんだか雰囲気がととろに似ている、と言われたのは覚えてる。ほのぼのしているらしい。
自称「ぽわ~ん」と抜けてるところがあるので。
間をとって、マリア・シャラぽわ~んとか呼んでください。(ネタで)

皆様、楽しい会をどうもありがとうございました。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-05-28 21:03 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(46)

金沢(寺町):第一回・大人の遠足:さくら坂(和食)、寺町界隈

5月21日(日)ピーカン晴れ

「割烹 勝一」のりさん主催の元で行われた「第一回・大人の遠足」に参加してきました。

(ツアー名簿)
のりさんyellow-17gouさんgorukichiさんカエデママさんご夫婦いとお菓子さん
丁の目の半なりさん、葵さん、松虫さん、七味さん、chiquitaさん、kim-nagamachiさん
私ことスカタン女王。

↓いとお菓子さん作のツアー旗。迷子防止に役立ちます。

b0089578_7294051.jpgにし茶屋街から道路を挟んだ寺町界隈は、
70余りの寺院が続いた古い佇まいを残している。
歴史的文化遺産も多数あることから、今まで知らなかった金沢の歴史の足跡を辿ってみよう!という、まさに大人のツアーなんですね、これは。

しかし、最初「金沢 寺町探検ツアー」と聞いた時、
てっきり寺町の旨いもの探索するツアーと勘違いしていた私。歴史よりも食かよ!

b0089578_7294959.jpg私は待ち合わせのため、バスに乗って広小路まで。
金沢の観光ガイドには必ず載っていると思われる「妙立寺」へ向かった。
ふーん、これがそうなんだ、ほぉー!案外入り口はしょぼいな。と思いつつ写真を撮る。
しかし、私は金沢に住んでいながら寺町界隈を歩いた事がなく、妙立寺も行ったことなかったので、
そこは裏口という事にしばらく時間がかかった。
誰もいないし・・・
b0089578_7295612.jpg
これなんです、フェルナンデス!お寺の正面は。
妙立寺は、加賀藩主の前田利常公が、1643年に金沢城から移築建立した寺院。
まだ外様大名が幕府から監視されている時代、武士が起居できる寺院群の中心に監視所として建立された。

外観は二階建てだが、内部は四階建て七層構造。
かくし部屋、落とし穴、逃げ道とされる井戸、複雑なしかけが多数あることから
通称「忍者寺」と呼ばれているが、
お寺のガイドさんによると、「忍者とはまったく関係ありません」ということ。
でも、お土産屋さんにはやたら忍者グッズが売っている。
手裏剣とか、何に使うのかまきびしとか売っていて欲しくなっちゃったわ。
(お前こそ何に使うのか)

なかなか面白かったので興味のある方は行ってみてくださいね。
ちなみに予約しないと入れません。
b0089578_9354349.jpg
ここからは、金沢観光ボランティアガイドである「まいどさん」の解説付きで
寺町のいろんなお寺を巡っていった。
まいどさんは「金沢検定 中級」を持っていらっしゃる。

沢山のお寺巡りに細かな説明が頭に入っては抜けていくような状態でしたが、
お昼前にこれだけまわりました。

西方寺:利家の娘菊姫の位牌を安置。
三光寺:大久保利通暗殺の首謀者である旧加賀藩士島田一良の活動拠点だった。
門のレリーフは現住職の手による彫刻で、寺町界隈のお寺にいくつも見られる。
六斗の広見:広見は大火を防ぐため、藩政時代に設けられた。
玉泉寺:織田信長の娘である、利長の奥方である玉泉院の菩提寺。
浄安寺:門の柱の下にいる邪鬼の石像が印象的。阿弥陀如来座像は金沢4大仏の1つ。
伏見寺:金沢の地名発祥ゆかりの「芋掘藤五郎」の寺。
ここの「阿弥陀如来像」は平安初期の金銅仏で、国指定重要文化財。
松月寺の桜:道に突き出している桜。慶安元年に小松城から移植され、国の天然記念物。
極楽寺

最近は、金沢の寺巡りコースや各寺院の紹介が書かれた
「金沢三十三観音の寺巡り」という本を参考に散策する人も多いらしい。

そうして熱心に寺を巡っていく途中に、たこ焼きとか大判焼きなどを売っている店の前を
通ったのですが、皆さん熱心で先に・・・私ばっかりかしら!後ろを振り返ってしまうのは。

旅の途中で何か口に入れないと気がすまない性格が出来上がっているもので。
そうこうしているうちに待望のランチになりました。
b0089578_9145695.jpg
寺町の「さくら坂」というお店で1500円であらかじめ見繕ってもらったランチ。
天ぷら、お刺身などなど食べた後に、お蕎麦とかお豆腐。
お、多いんじゃない?←うれしそう

お店を出ると、道路を挟んだ前に「かぶと洋菓子店」が。
あそこのケーキ美味しいんだよね~と周りの人たちとしゃべりながら。
ケーキを買って食べながら歩きたい衝動に駆られたが、が・ま・ん。

この会の連絡メールが送信されてきた時に「おやつは300円までね」とか
「バナナはおやつに入らない」とか、適当な文章を返していたのですが・・・
本気でおやつ持ってくればよかった。

つづく。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-05-25 22:09 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(51)

金沢(八日市):allesでOffiのWavos Table、抹茶ドラヤキTシャツ

b0089578_123721.jpg去年、部屋のリフォームで壁紙を替えてから、
いらないものを、他の部屋にどーんと移動した。
(通称、開かずの間)

そのお陰で自分の部屋はシンプルになったものの、
ベットサイドテーブルがなかったため、
携帯・目覚まし時計・ティッシュBOXなどがずーっと、
ベットの枕横に。
頭を軽く振り向けば愛しい男の顔・・・ではなく、
目覚まし時計と携帯。

しかも、寝相によっては時計をベットからふっとばし、
ドガシャーン!という音とともに電池まで飛びだし、時には携帯もふっとぶ事も。

でも、ようやくそんな毎日の破壊生活にもさよなら。
金沢八日市にあるallesで、テーブルを購入した。
アレスはカルテル、イッタラなど多数のデザイナーズ家具やインテリアを扱うファニチャーショップ。

購入したのはoffiの「Wavos Table」
1997年に誕生したアメリカ西海岸のplywood(合板)の曲げ木を得意とする家具メーカー。
軽そうだし、中に何か置けるしこれにしようかなっと。

取り寄せておいたテーブルを持ち帰ると、
酒をこよなく愛するこの方から、こだわりの逸品が届いていた。
b0089578_125669.jpg
「抹茶どらやき」Tシャツ

黒のTシャツの真ん中にシンプルながら堂々と書かれた「抹茶どらやき」
わびさび風味なのに甘味というところが女心をくすぐる。
京都で着用して哲学の道を散策などすれば奥ゆかしさ満点かも。
これを着てぜひ高円寺の福来門に行きたいわ!!

b0089578_131124.jpgさらに「激辛唐辛子カレー」タオル
こ、これはジム用ね!嬉しいわっ。

最近、ジムのサウナに入ると、ハンニバルのお面をかぶったような女の人が座っていて、毎回ドッキリされまくり、威圧されまくりなのです。
このカレータオルを持っていって心の勇気グッズにしたいわね。
素敵ングなプレゼント、ありがとう!!

そういえば昨日は金沢オフがあって、このTシャツを着ていこうか一瞬迷ったのだけど、
初めての人が多かったからやめておいた・・・私ってばシャイニングだから・・・。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-05-22 12:26 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(35)

金沢(駅西本町):アロイ(タイ料理)

b0089578_10464085.jpg友人Aとの夜ご飯はタイ料理に行きました。
駅西に移転してから初めて行ったアロイ

ワサビやカラシは苦手で食べられないが、
この手の辛さは結構平気な方。
ハウスカレーの辛さの5段階で言うと、
レベル5のジャワカレー辛口にさらにカレー粉を足すというストロングスタイル(猪木)を持つ。
この店でも辛さ★3つ、辛甘酸三位一体の
「トムヤンクン」は定番、辛いー!旨味!

b0089578_11513416.jpg「ミニポピアクン」という海老の春巻きを甘辛ソースにつけて食べた後は、「激辛」の文字が光った「豚肉のブラックペッパー炒め」
しかし、トムヤンクンが辛かったので、激辛というほどには感じなかった。
更なる刺激を求めて、辛い★マークが付いていない「エビとブロッコリーのオイスター炒め」辛くしてください!と注文。
まるで夫婦喧嘩が激しさを増していくように。
b0089578_1232618.jpgしかし、この日の友人は食欲があまりなく
2品目ではやお腹一杯に。
この始末は私がつけさせていただきます。
料理の2/3か、3/4は私がいただいた・・・・
そして〆を食べなければ女じゃない。
「鶏のココナッツ・タイレッドカレー」
(ライス追加)
ココナッツで辛さがまろやか、このカレー旨し。
美味しかったけど、食べすぎで苦しい・・・
次の日から旅行だというのに。

当然のごとくこの後、腹噴火して、次の日はお尻がハイレベルに熱かった。

よくあるお店企画の5倍、10倍カレーみたいなのはあまり食べないんだけど、
現地の辛さそのままの料理みたいなのは惹かれる。

今までで食べて一番辛かったのは、韓国でのキムチ大盛り、
横浜のインドかパキスタン系のお店(名前忘れた)と
ヒルトン東京ベイのインド料理屋(もうない)の激激辛のカレーかな?あぁ、もっと知りたい。
苦しみ悶えながら旨味を感じる、頭がスチャラカパーになりそうな快感・・・危険。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-05-20 14:45 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(26)

石川(野々市町):ビストロ・ウールー

帰郷していた友人Aと久しぶりに会って、久しぶりにランチ。
最近のランチと言えば、仕事中に王将だの、親父天国すしべん等のガッツリ系ばかり。
ちょっとオサレ系に行きたい期待が膨らんでいたところだったので、
友人の「王将とかキッチンユキでもいいよ~」のセリフは聞こえないフリ。

ビストロ・ウールー 気取らないスタイルのビストロ。
ポチッとなのページの写真にもあるように自家製のりんごバターが大変好評で、
食事をした人2コまでの一日15コ限定で販売という、
スーパーチラシ一家族ティッシュBOX2パックまでのように貴重な品。
味もさっぱりしていてGOOD。
b0089578_21575950.jpg
写真はパスタコースのとりささみと珠洲産竹の子、わらび、こごみのパスタ
タケノコ、わらび、こごみなんて家じゃ酢の物か煮物でしか出てこないよ。
アルデンテ堅めのパスタがつるっとして美味しかった。

スープ・本日のパスタ・パン・デザート・食後のお飲み物で1050円!
パンは手作りで凝っているし、デザートが普通サイズのクリームブリュレで嬉しい。
お得感でアリアリベデルチ!!今度ディナーにも訪れたい。

b0089578_22404222.jpg友人のお土産、横浜中華街 萬珍樓の小肉饅。
家に持って来た時に「要冷蔵だよ!」というので、
とりあえず2袋をそのまま冷蔵庫につっこんだ。
そしてそのまま数日間放置プレイ・・・・。

数日後、ハッと気がつき、冷蔵庫から袋を取り出す。
2袋とも萬珍樓の袋に入っており、1つは小肉饅6つ入り。
もう1つがどうもかなりかさばってる。

もう、こんなに買ってきて悪いなぁ・・・こいつぅ、と思いつつ袋を開けると、

中身は貸していた漫画数冊
よく冷えてた・・・
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-05-17 12:14 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(42)

金沢(武蔵):土火楽(焼き鳥)

メイドカフェの後、友人Tと焼き鳥を食べにいったのです。
前持って伝えてなくても以心伝心で焼き鳥にしようね、と決まるお互いが焼き鳥好き。
場所はホットペッパーを握り締め、武蔵の「土火楽」
ここの地下、2階ってお店が消えるバミューダゾーンな気がしたけど、1年はお店はもってるんだ。
備長炭で焼かれる焼き鳥にサイドメニューも多々。炊き込み鶏ご飯とか、もつ鍋もあり。
b0089578_14503531.jpg
シロ、皮、ズリ、豚バラ、エリンギ、手羽先、ぼんじり、ささみ梅シソ...などなど
自動的に付いてくるキャベツの上に殆ど焼き鳥を置いていく。
ぼんじりは脂がのっていて旨味ぃ~。
しかし、塩・胡椒+タレのお味は・・・結構ショっ辛く、低血圧だけど、血圧上がりそう。
b0089578_14504340.jpg
せせりの辛い唐揚げ・・・これがまたクドくて喉が渇く。お酒がすすんでしまうわ。
つくね黄身付け、だし巻き玉子、山菜焼きおにぎり、鶏スープ、大根サラダなどなど。
可もなく不可もなくといったお店でした。

この日、物珍しくいったメイド・カッフェー。
しかし、元々メイド好きでもないので、そこまで萌えるはずもなく。
後日会社で「もしもこんなカフェがあったら」という話題になりました。

私はやはりスポーツマンが好きなので、筋肉カフェかな、飛躍しすぎ?
中山筋肉とかはいらんので、訂正して格闘技カフェとか。
シウバとかに林檎を持ってきてもらって割ってもらうの。(顔に飛び散りそうだが)

これは行きたいと盛り上がったのが、「親父カフェ」
店内には「大漁」のタペストリー。
刺身をさばくのは当然、石原軍団の渡 哲也。
ステテコ姿の赤井英和とか、ちょい悪姿の佐藤浩市とか。←自分のシュミで。
途中で居酒屋と変わらんのじゃないの?とツッコミが入った。

だんだん暴走していって、「酔っ払いカフェ」
店員全てが酔っ払い、だがメニューはアルコールなし。
頭にネクタイ縛り、横山やすし調のメガネを斜めにずらしたコスチューム。
とっくりの中から出てくるティー&カッフェー。ショーは酔拳。

と、もしもシリーズの話題は尽きることがなかった(仕事中)。ド、ド、ドリフの大爆笑
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-05-14 19:21 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(36)

金沢(片町):Pochette(メイド喫茶&バー)

「メイド・カフェに行ってみたーい」 
友人Tの希望によりGW後半、女2人でメイドカフェに行くことになりました。
金沢にはメイド・カフェは2軒ほどあるのだろうか?
今回行ったのは夜はバーにもなるメイド喫茶「Pochette」

お店に入って開口一番に、「お帰りなさいませ、お嬢様」
私たちがお嬢さんと呼ばなくてはならない女の子に「お嬢様」と呼ばれるのは
なんとなくこっぱずかしいわん。
応対してくれた女の子は、背が高くて足が細ーーくてなかなかかわゆい女の子。
あまりに短いスカートに目が釘付けだった。

内装はやや狭くグレーの無機質なテーブルと椅子がやや寂しい。
私たちの他にお客は、男性2人組と、男性1人。
女2人という私たちを、きっと「男の聖域に物見遊山できやがって」
と、心の中で大沢親分並みに渇!を入れてるのかな。

メニューはオムライス、ピザ、カルボナーラなどパスタ数種類、チョコバナナクレープ。
コーヒー、紅茶にソフトドリンクなどなど。
さて、注文をしようと思って、思わず「すみませーん」と呼ぶ。
あっ・・・しまった!!渇っっ!!!(by 張本)
テーブルの上に呼び鈴を発見、メイドさんをこれで呼ぶのであった・・・。

注文したのは、小さめのピザとアイスカフェオレ
メイド 「ピザの上に、何かお好きな絵や文字をお描きしま~す」
私 「じゃあ、絵をお願いします」
メイド 「何を描きますか?何でも描きます」
私 「いつも何を描いているの?」
メイド 「キティちゃんとか、ドラえもんとか、アンパンマンとか・・」
私 「じゃあ、キティちゃんをお願いします」
b0089578_1252938.jpg
●キティちゃんのピザ
メイドさんに「今日のピザの絵の成果をブログに載せたいので写真撮っていいですか?」と言われる。それはこっちのセリフだわ。「私もピザの写真を撮ってもいいですか?」と聞いてOKをもらう。
Pochetteのブログにはメイドさんが写したキティちゃんピザが載っています。
ちなみにメイドさんとの写真は1000円必要。

しかし、何でも描きますと言っていたが、「ジョジョお願いします!」とか、
「ケンシロウ描いてください!」とか、言われても対処できるのかしら。

「え~描けな~い」とメイドさんが困っているのを見てほくそ笑むのも
またここでの楽しみなのかもしれない・・・と男性の萌え心理を考えてみる。

男性といえば、一人客で来ている男性がいたが、
一人で来るのは心もとないのか、やや落ち着かない感じだった。
さらにその男性の後ろに飾られていたメイドコスチュームに向かって
友人が「あれって・・」と指を大きく指したら、別に男性を指したわけじゃないのだが、
周りをキョロキョロ見始め、余計に落ち着かなくさせてしまった・・・。

それに気付いた友人が、小さな声で男性に対して「ごめんね~」と独り言をつぶやいて
いたのが、ちょっとかわいかった。←萌え心理?

食べ物に関しては、あまり期待出来ないけど、いい体験になったわ。
友人曰く、「東京の執事カフェも行ってみたい」とのこと。
さらに「宝塚カフェ」もあるらしいという・・・・・・思わず略すとヅカフェ
スミレの花咲く頃は唄ってくれるのかな?

お店を出る時にも「いってらっしゃいませ、お嬢様」のお言葉。
不覚にもやや萌えの秘孔を突かれた。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-05-11 12:20 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(38)