大阪(桃谷):「桃谷商店街」まことや(たこ焼き)、「御幸通商店街」オモニ(お好み焼き)

b0089578_058727.jpg
ナニワ商店街巡りの続き。
慣れない土地での電車の乗り換え、分からないのに考えていてもタイムロス。
京橋駅で東西線から環状線に乗り換える時、通りすがりの女性に尋ねた。
すると声をかけて振り向いた女性がすわ!デーモン小暮!?
というくらいお正月の墨で書かれたバツゲームのように目の周りが真っ黒。
でーも、デーモン小暮のようなその女性が親切に教えてくれたおかげで、無事に桃谷に到着。

「桃谷商店街」(ここ)
「◆オイシイ・ヲ・オスソワケ◆」のkcoりんの記事を見ていて、一度行って見たかった場所。
駅前から入ると大きなアーケード街なのだけど、
奥に行くにしたがってどんどん狭く細くなり、より庶民的な雰囲気に。
ドラえもんの大きなものが小さくなるトンネルに似てる。
b0089578_0582075.jpg
kcoりんに桃谷商店街に行くよ!と伝えると教えてくれたのが、このたこ焼き屋さん。
「ワナカ・大入り・まことや」
なんでもなんば花月の左となりのたこ焼き屋さん「ワナカ大入」から、
初めてのれん分けされたたこ焼き屋さんだそう。
kcoりんによると、珍しいスープたこ焼きもあるとのこと。
b0089578_0583041.jpg
わんこだこ
今から、お昼ご飯なので、たこ焼きを食べるとヘヴィーかなと思って、こちらに。
何気にお昼ごはんの前菜。
しょうがベースの薄味スープの中に明石焼きが入っている。
b0089578_05839100.jpg
オシャレな洋菓子屋さん「ももの木」。
売られているピカチュウの顔にメスを入れると何気にブラックジャック気分。。

「西村たこ焼店」はおじいさんがノンビリと焼いている、100円たこ焼きのお店。
6個100円のたこ焼き、激しく気になるも、さすがに食べれない。。

美肌工房「パオ」。ん?なんとなくこの方にピンときたらで写真をパチリ。
b0089578_0584875.jpg
桃谷商店街を抜けて、左に進んでいくと今度見えてくるのが、
「御幸通商店街」(ココ)
鶴橋駅と桃谷駅の真ん中辺りにある「御幸通商店街」は通称コリアンタウンと呼ばれ、
多数の韓国系の店が立ち並んでいる。
鶴橋駅前が観光客に人気なら、ここは生活感あふれた地元の商店街といったところ。

ちょうどこの商店街の入り口の100円パーキング料金所の前で、
おばちゃん2人が、駐車料金100円をおごるか、おごられるかで美しい譲り合いをしていた。
「(駐車料金)ええで、ええで」、「それはアカン、アカン」
ええで、ええで、あかん、あかん、ええで、ええで、あかん、あかん。
延々とこの2表現で繰り返し。関西弁恐るべし。
「これチャウチャウちゃう?」 「ちゃう!チャウチャウ!」をおぼろげに思い出したり。
b0089578_0585922.jpg
屋台でチヂミを焼いていたり、生活雑貨品のお店があったり。
王道の韓流ヨン様ポスターがさりげなく。 友達に買おうと思ってたヨン様靴下は見つからず。
b0089578_059713.jpg
うっかり八兵衛で顔面ダイブしたら、ボルケーノになりそうな種類豊富なキムチ群。
b0089578_0591535.jpg
この商店街の横道を曲がって、ランチに決めていたお好み焼き屋さんの「オモニ」
吉本の芸人さんや、元長野県知事ことヤッシーも訪れている有名店。
店内満席なので、しばし外でメニュー選び。
有名人アレンジメニューがいろいろある中で「坂田スペシャル」を発見。
また心の師匠、アホの坂田いきつけのお店に偶然来てしまうなんて、テレパシー愛。
b0089578_14978.jpg
ズリシオ
砂肝をまず炒めて、メインの前にかるくオツマミ。
お酒は勝手に冷蔵庫から取ってきて、後からまとめて清算するシステム。
すごく、コリコリしていて美味しかった。
b0089578_141860.jpg
特製焼きそば
キムチとネギと牛すじが入った焼きそば。
麺が太くて食べ応えがあって味付けも美味しい!お母さん手作りのキムチ絶品。
b0089578_142791.jpg
スジ肉ポッカ・ゲソ天入り
スジ肉などの具とキムチが入ったお好み焼きに、ゲソ天をトッピング。
トッピングのデカさで、形にならないお好み焼きに。コクがあってこれもなかなか旨い。
b0089578_151598.jpg
満足して食べ終わった後は、鶴橋駅方面へ。
帰ってきた歩く生肉ホルモンの心を刺激する商店街を抜けながら、次の場所へと続く。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-02-13 01:22 | 大阪 | Trackback(1) | Comments(52)

大阪(中崎):、「天五中崎商店街」とらいあんぐる(たこ焼き)、ブルンネン(パン)

b0089578_2194273.jpg
大阪2日目。
前日、焼肉時に食べた大量ニンニク摂取のせいで、密室(トイレ)に入るとマッハで死にそう。
でも、パワーだけは充電され、本日出かける用意はテキパキと。
お財布よーし!デジカメよーし!携帯よーし!と三種の神器の点呼完了。
なんたって、今日の目的はナニワの商店街巡り。 ザ・歩く。
元気ハツラツ・プリティ長嶋ぐらいじゃないと乗り切れないのだ。

まず向かったのは「天五中崎商店街」
「地下鉄谷町線」東梅田駅→中崎駅(1番出口)
お近くの超ロングな天神橋筋商店街と隣接しているけど、ややローカル。

なんとなく見たことある光景・・デジャヴゥゥッ
ではなく、実はここに来るのはすでに3回目。
アップルちゃんに大阪を案内された時、とっても美味しいたこ焼きがあるのーー!
と連れていかれて以来、とってもお気に入りのエリア。
1回目の記事2回目の記事
b0089578_2195389.jpg
商店街内にある「ブルンネン」は、塩はフランス、ブルターニュ地方のゲランド塩、水は、特殊な改質機を通してミネラル分の多い水にしているなど、こだわりを持ったパン屋さん。
天然酵母のパンがお勧めだそう。

いつもここを通るたびに看板を見ておっぱいブルンネンとか
ギャグを飛ばしてばかりいたが、今日は買う、ついに買う、買わせて下さい。
b0089578_2110244.jpg
で、目的地は、商店街に隣接していて、地下鉄の1番出口を出てすぐ左にある
ナベルホンジョウというスーパーの中にあるたこ焼き屋さん。
「とらいあんぐる」
「たこ焼きくださーーーい」、「5、6分いける?」
「お茶あんでーーーなんぼでもあるよ」 
おじさんの愛想もバツグン!しばし手前の机でまつもと清張。
b0089578_21101162.jpg
たこ焼き8個、280円
たこ焼きが大きい~し、中のタコも大きい。
あっつあつのを1口食べたら、あづーーー!!くて目が飛び出る西川きよし!
アップルちゃんの食べるのを見たとき、ソースもマヨネも付けずに食べていた。
ダシの味がちゃんと付いているから、そのまま食べても美味しいの。

大阪には宇宙開発出来るほど、沢山たこ焼き屋さんがあって、
超有名店どころは大昔に食べたり、この商店街の他のたこ焼き屋さんのも食べたけど、
今のところここが一番、自分にとっては美味しい。
b0089578_21102215.jpg
ブルンネンのパンとごいっしょにーーー。カレーパンとクリームパン
クリームパンは気負いのないふわっとした生地にクリームがあって、柔らかく普通に美味しい。
カレーパン、中身のカレーがなかなか美味しい。これって重要。
お勧めの天然酵母のパンも食べたかったけど、旅行中だしなぁ。。

「おいちゃん、おいしー!今まで食べた中で一番美味しい」
「おおきに~~、でも、あんまり売れへんなぁ」
「宣伝しとくよ~」
「おおきに、おおきに」 おっちゃん、最高。
おっちゃんの元々の生まれは七尾(石川)出身だそうで、つい話し込んじゃったわ。
b0089578_21103133.jpg
商店街に戻って、先を急ごうと思ったら、朝から焼き鳥を焼いてるじゃないかー!
焼き鳥焼いてるぐらいで、何故にそんなに驚くのか。
前日に大好きな焼き鳥を食べてなかったからかしら・・・・これは黙って通り抜けられないぜ。

歩く焼き鳥横丁の宿命として、すぐさま買い食い。

天神橋筋商店街へ
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-02-08 07:04 | 大阪 | Trackback(2) | Comments(54)

大阪(北新地):喜庵(そば)→明石屋(明石焼き)

b0089578_373754.jpg
肉のハシゴの後はさらに肉でデーーブ・スペクトル?
じゃなくて、やはり求めるのはあっさりしたもの。
焼肉フレグランスを漂わせながら、ホテル近くの北新地へと移動。
お目当てのうどんのお店は売り切れ閉店だったので、
襟を正した日本人ぽくお蕎麦でも食べたいわ!と、喜庵というお店へ。

ガラッとお店に入ると、海はよぉ~♪って全て飲み会帰りの親父の海!
年配親父=ラーメンという図よりも、蕎麦が似合うのは茶渋のような年輪を背負っているから?
b0089578_2375497.jpg
長靴(以下ツレ)が食べたざるそば
硬めの麺のコシがすごい。ツユは濃い目だったかな。
蕎麦の実仙人のように、そこまで蕎麦にこだわっていないが普通に美味しくいただけた。
いただけたってのは、横からついばみテロ攻撃して食べた訳。
b0089578_2384100.jpg
私が食べた玉子とじ
ダンデライオン風の玉子の海に抱かれてた温かいお蕎麦。
玉子とダシが混ざった汁をなくなるまで飲んでいたい気分。

いつもの通り、お酒が体をかけめぐる青春のいい感じ。
コンビニ「ポプラ」を見つけて、「モスラ~~よ、モスラ~~」と歌ったり、
「しょうち」というお店の前で、「よっこいしょういち!」と喚いたり。
春も来るの近いかな~。
(「よっこいしょういち」はこの辺り何気にいいまくっていた)
b0089578_375049.jpg
お蕎麦屋さんに行く途中に見かけた気になるお店、明石屋
一度、気になりだしたら恋する夢一夜になりそうなので、帰りに突撃。
偶然入ったけど、結構有名なお店だそう。
b0089578_38050.jpg
イカ焼き
イカと玉子の焼き物に濃ゆいソーースがアクセント。
目玉焼きにくっつけて食べたい!これ、大好き!
b0089578_38995.jpg
明石焼き
ほわほわあっつあつの明石焼きデカイ!これがいわゆる大阪ビック!(テキトー)
中のタコもビックでプリプリだった~1口で食べきれずにくわえちゃうよ。

1日目の夜ご飯はこれでおしまい。
翌日目覚めたら、明石焼きがぷっくら付いている頬に成長しそうな夜でした。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-02-06 12:45 | 大阪 | Trackback | Comments(34)

大阪(鶴橋):空(焼肉)→吉田(焼肉)

b0089578_2313745.jpg
1月も後半に突入した頃、雪だるま式体重増量キャンペーンの為に大阪に行ってきた。
ホテルに荷物を置いて、まずすっ飛んでいったのは「鶴橋」。
目的はもちろん焼肉!
JR鶴橋駅に降り立つと、ほわわぁ~んと焼肉の心惹かれるかほり。

肉肉肉肉・・お肉さまが待っているわっ、早く行かなきゃ。
と、急いで切符を改札口に入れるも・・・ガシャーン、キャシャーンと閉まったまま。
周りをよく見ると出口ではなく、近鉄電車の乗り換え口だった
あせる気持ちは行動を狂わせるのね、ちょっと生きいそいじゃった感。

鶴橋駅からほど近い焼肉の「空」。自称、ホルモン大王なので第一の選択がここだった。
3階へどうぞ~って屋根裏部屋みたいなすごく急な階段を登らされる。
帰りは消防士みたくポールで滑り降りたい気分。
b0089578_2314864.jpg
ホソ、うちわ、心臓、ハチノス
メニューを観ると知らない部位が沢山、なるべく食べたことないものを注文するチャレンジャー。
ホソ:小腸
うちわ:のどぼとけ(1頭から20gしかとれない)
ハチノス:第2の胃

ホソは牛の小腸かな?いつも私が食べてるシロとは違うのかな~。
ハチノスはくさみもなく美味しかった。
ここは他のお店よりも半分の量、半額の値段なので、いろんな種類を食べれて少人数に最適。
b0089578_2315977.jpg
ハギシ、ツラミ
ハギシ:アゴ肉(右)、ツラミ:ほっぺた(左)
まさに牛の顔面喰ってやる!!食べた分は私の頬へ。

壁のメニューをふと見ると「黄金の玉」というやつが目に付いた。
やっぱり・・アレはアレかしら・・・ちょっと店員さんに聞いてみる。
「すみませーん、黄金の玉って、牛のアレですか?」
「はい、アレです」
「もしかして生なんですか?」
「はい、生です」

アーレーアレアレアレで通じるうれし恥ずかし素適部位。
でも、生と聞いてちょっと眉間にシワが入って山さん状態。
以前、この店で、牛の金ちゃんを食べた時、びみょー・・・な臭いが気になったので。
びみょーな臭いの詳細に関しては、匿名すりガラストークでよろしく。

結局そんなわけで「黄金の玉」は頼まず。
b0089578_2321259.jpg
アキレススープ(私×元気)
アキレス腱を長時間煮込んだ元気になるスープは意外にもあっさり味。
肉オンリーばかりなので、野菜が入っていて気分的にヘルスィ。
b0089578_2322723.jpg
プップギ、コブクロ
プップギ:肺、コブクロ:子宮
プップギは焼くとぷぅ~っと膨れてくる、コブクロはコリコリ。

ここで嫌がらせのごとく焼肉の写真をメールを送ったりしていると、
地元大阪のアロハさんからメールが。
「焼肉の後寄ってくれよな!焼酎魔王もある!」
と、ヘルシーな朝食と普通っぽい口調のblogからは想像できないほどのナニワ節。
ちょっと連れがいるので今日はいけないことを伝えると、
「焼き餅ペッタンコ」
それアロハ流!?もしくは関西限定のギャグ?アロハさん、かわいいわ!
b0089578_233922.jpg
さて、せっかく鶴橋に来てるのだから、
ホルモンの他の肉も食べたいな~ってことで、焼肉のハシゴ車決定!
行ったのは、こんな店~「吉田」
新鮮で肉質の高さで評判で女性客にも人気のお店。ここも2階だったか3階に通される。
b0089578_2331846.jpg
カクテキ、ニンニクバター
次の日、スウィーティーな息で地下鉄の乗客を殺しかねない勢いのニンニクの山。
無駄なフェロモンホルモンを撒き散らしそう。
b0089578_2332834.jpg
上バラ、並タン
上バラは片面10秒づつ、ひっくり返すのに1秒、合計21秒で仕上げよ!という極意付き。

普段、ホルモンばかりであまりカルビとか食べてないけど、この上バラうますぎ!
タンも普段うすっぺら~いのしか舌の記憶がないのが可哀想なくらい、脂がのってる。
ウマーー。
b0089578_2335820.jpg
シマチョー(大腸)、イチゴアイス
シマチョーはややスパイシーな味だった。
小腸よりウ●●に近いからかしら!と乙女も鼻もげる発言をした後に
食べる苺を丸ごと凍らせて練乳が入った乙女ロードアイスは格別。
b0089578_234762.jpg
肉を沢山食べて満足~とお店を出る前に飾ってあった赤井英和の写真群。
好みの男性を述べてみよ!と聞かれれば、
100人選んでも大丈夫な広いマイハートの上位にいる男性の1人なんですよ~。
あの大口にどれだけのホルモンが詰め込まれるのか。
b0089578_235040.jpg
と、思ったら、今度は私の心の師匠、「アホの坂田」の色紙が~。
エアロの横動きで、いつもアホの坂田踊りを披露してますよ、師匠。
ビヨンセもびつくり。

酔いも少し回って、師匠の横動きを真似しながら、次に続く。。。。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-02-04 22:01 | 大阪 | Trackback | Comments(42)

金沢(片町):相撲茶屋・玄海(居酒屋・ちゃんこ)

b0089578_284998.jpg
1月中旬に私にとってまた新たなる出会いとなるオフ会に行ってきました。
この日のメンバーは通称チーム金沢(チーママちゃうよ)のうちの4人。
「まんてんな日々」のだるまちゃん
「Il mio diario」のスピコちゃん
「happy☆」のhapihapibeeちゃんこと味噌汁隊長さま
「53BOWWOW53」のBOWWOWさん

だるまちゃんが指定してきたお店は相撲茶屋・玄海
相撲茶屋なのでイメージするものは「ちゃんこ」
いきなりのオフ会で、相撲茶屋とは、何気に挑戦状を叩きつけているのかしら!?
玄海で胃袋の限界に挑戦!?食欲でうっちゃりを決めるわ。

そして4人はすでに顔見知りで私だけ全員と初対面。
どっきどき、フィーリングカップル4対1。
私って小動物のように大人しいから、茶屋八分になったらどーしよう・・・といらぬ心配
おそるおそる忍び足で近づいていってファーストコンタクト。
わーひゃーなど感激しているのか声にならない声など出して、一同机に着席。

あん肝、うなぎ、蓮根の天ぷら、海老マヨ
この日は事情により腰痛だったが、食欲はあるので、いただかせてもらいます!!
うなぎが大好きなのは、だるまちゃんとBOWWOWさん。
b0089578_29050.jpg
お刺身:しめさば、ブリ、イカ、ヒラメ、マグロ・・だっけ?(テキトー)
このお店はちゃんこ以外にいろんな居酒屋メニューがあるのがいいところ。

だるまちゃんは、お目目パッチリのお人形さんみたく美人さん。
よく食べるらしく、細いのに一体どこに入っていくのだろう。。
それにかわいい顔をして時々ツボに入る面白いことを言う。

スピコちゃんは、すーーっごくブログが面白くて、いつも「おら」って言ってるから
少し吉幾三っぽくて東京に憧れが?(ウソ)とか、ちょっとカジュアルチックでハイパーな
女の子かと思っていたら、アダルティックで驚いた。。。
「おら」って言わないし・・私が目指しているアデージョの雰囲気をしていた。
しかし、口から出てくるのは面白い言葉にテンションもハイパー。

味噌汁隊長はhapihapibeeというIDがあるのに、何故そんな名前なのか。
どうやらお味噌汁が大好きだかららしい。
実は味噌汁のソムリエかもしれない(テキトー)
ほわほわっとした可愛らしい女の子でした。

BOWWOWさんはハッキリしたお顔に山登りが趣味という通り、ワイルダーなお方。
登山山頂で「命!」とかやってしまう面白げな人です。
私はピエールマルコリーニの前で命やりましたので、タメはれますか?
b0089578_29942.jpg
白子、三元豚の焼豚
普通、白子は酢の物で食べることが多いけど、ここは生!生!生!生!!
いや酢の物も生だけど・・・そのままを塩で付けて食べるのがなんとなく新鮮。
うっすらピンクが、なんとなく18歳未満お断りの装い。

んで・・・私のイメージですが。
ファンキーな感じのいかつい人(スピコ予想図)からは少し外れていたらしい。
シロばかり食べているので、ホルモンむんむんらしいです!

ちょうどこの2日ほど前に、正月にもっちりついた脂肪を除去するぜ
と、ハリキリマシーンで、ステップを頑張ったところ、腰痛になってしまった。
何度も立ち上がる時にひじがプルプルいってるのが情けない。。。
ちょっと・・・いつも大人しいですが!!それよりも痛くて元気がでなくて・・大人しっ子。
b0089578_291717.jpg
かち上げちゃんこ(ピリ辛味)
コチュジャンが入ってややピリ辛のちゃんこ。
モチ巾着、鶏肉、豚肉、海老・イカ真蒸など、塩味もだいたい中身は同じ。

スピコちゃんはこの日のためにエステに行って、女を磨いてきたのだという。
コンパかよ!とちょっと突っ込んだ私は、11月から美容院に行ってない状態。
私もこの日のためにバーゲン品で上から下までそろえてきました!
と自慢にもならない妙な意地を披露。
b0089578_292697.jpg
ちゃんこ鍋(塩味)

途中、ジム通いの私とBOWWOWさん、だるまちゃんの間でジム話に花が咲く。
コンバットという格闘技系のプログラムに力を入れているBOWWOWさん。
さすがなんとなくワイルダー、キカイダーの敵役はワルダー。

私は、コンバットだととび蹴りで、前の人を蹴りかねないので、あんまり出ていないの。
前の人を蹴りたくなる!!・・・のではなく、間がとれないというだけ。
b0089578_20381363.jpg
BOWWOWさんのお土産のRLワッフル。
実にいろんな種類があるので、全員でじゃんけんをして選ぶことに。
今日のじゃんけん予想図は、特撮のザコキャラ並みに弱かったので、
ことごとく負けて、最後に残ったものを頂きました。でも美味しかったですよ!

右側はスピコちゃんと味噌汁隊長による大好きなサンニコラの焼き菓子。
これは私への献上品だそうです。
b0089578_20385462.jpg
だるまちゃんのお土産「手作りのステンドグラスの小物入れ」
ステンドグラス製作は私はまったく未知。おぉ、すごいわ!!
「当然、溶接眼鏡をしてズゴーッ、バーッ!と火花を出してファイヤーしてきたのね」
と何度も激しく突っ込む私に、「そうですよー」うなづくしかなかっただるまちゃん。
b0089578_295894.jpg
私の手土産はもちろん「スカタンだよ、コサージュ全員集合!」
一応、誰にどれが渡っても文句がなきように、無難な色で作ったつもり。
ひき肉コサージュが混ざってるじゃん!というツッコミ不要。
なんたって、味噌汁隊長はピンクが似合ってる乙女だったけど、
実はこれが欲しかったらしいし。
味噌汁のオカズにはやっぱりひき肉ね!と思ってたのかも。

腰痛のため、何度も「すみません今日は猫50匹ぐらいかぶってます」と謝っていた私。
このリベンジは次でお見舞いするわよーっと、次の飲み会をすぐに予約いたしました。

なかなか騒いだらとことんまで右上がりな団体かもしれません。
初対面なのに楽しく受け入れてくれてありがたかったです、ありがとう!
余韻を残しつつ、今回は終わりました。

先週のとある方からのお土産
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-02-03 20:54 | 石川(金沢) | Trackback(4) | Comments(36)

京都:大人の遠足(京都編)後編、祇園界隈→安井金毘羅宮→清水寺

先斗町でイタリアンを食べた後は、四条通りを祇園方面に歩いていく。
この通りは京都のお土産屋さん、老舗屋さんがエンドレスで並んでいるので、
いちいちトラップにはまって、牛歩戦術のように先に進まない。
昼飯前にここを通らず、裏道を通って大正解。

『黒七味』の原了郭では私達以外にももの凄いお客の数。
私も人様のお土産とは別に、ヘタレ料理修行のマジックスパイスのために購入。

ちょっとした変わった和小物の雑貨屋でにゃんこの可愛いカップを見つけたので、
この方用に思わず買おうとすると、
どなたかが「それよりも電人ザボーガーの中古カルタにしろ」とうるさい。
猫好きの人にネコグッズを与えておけば喜ぶと思うのは安直!?
もちっとひねりを加えた方がいいかな・・とはまったく思わなかったので馬耳東風。

おたおた買い物をしていたら、先に皆が道路を渡っしまって置いてきぼりに。
アロハさんの先導に従って清水寺を目指す。
b0089578_383660.jpg
京都市東山区にある「安井金毘羅宮」
第38代天智天皇の御代に藤原鎌足が一堂を創建し、建治年間(1275~77)に建立された、光明院観勝寺が起こりといわれている。

ここの3大ご利益
・悪い縁を切り、良縁を結ぶ
・海上安全
・交通安全

もちろん縁切りゾーンに人だかりなので、皆の目もギラリ。
b0089578_384910.jpg
悪い縁を切り、良縁を結ぶと言われている縁切り縁結び碑(いし)

高さ1.5メートル、幅3メートルの巨石の中央の亀裂を通して神様の力が働いているそう。
まず、形代に願い事を書いて、碑の表から裏へ穴を通って悪縁を切り、裏から表へ通って良縁を結ぶ。最後に形代を碑に貼って祈願する。

お札が重なり合って、もう石が見えません。
巨大なカツラのような、このまま動きそうな、全ての人の怨念を感じますね。
私はお札は買いませんでした。
あちこち赤いワイヤーで結ばれた縁で身動き取れないのですが。
b0089578_391077.jpg
さらにその近くにある八坂庚申堂
この神社の近くの家の玄関に多数見かけた見覚えのある形。
「わ~さるぼぼだ、さるぼぼだ~」と言っていたが、この辺りでは「くくり猿」というらしい。
この神社には多数奉納されている。
以前、奈良に旅した時にも、それらに似た「身代わり猿」というのを見た。

何故かフランスのエスプリを感じる。
もちろん、さるぼぼ~~~~ん
b0089578_391971.jpg
三年坂
大同3年(807年)に完成したから三年坂という説と、この坂の上の清水にある子安観音へ「お産が寧か(やすらか)でありますように」と祈願するために登る坂であることから産寧坂と呼ばれるようになったという説が有力。

三年坂を上って左に曲がると、お土産屋さんが止まらない♪(CCB)
おたべ実演販売に吸い寄せられてジグザグ歩行。
b0089578_392843.jpg
清水寺
天下の清水寺。13年ぶりくらいかな。。。
夕方近くなってきて、なんとなくたそがれ清兵衛ってた私。
b0089578_393953.jpg
清水の舞台
さすがの圧巻の美しい風景でした。
nachiさんが日頃の恨みを晴らそうと、のりさんを後ろから押してたらしい。
エクトプラズムは出ませんでしたか?

清水寺からの戻り道で日もとっぷり暮れた状態で歩く三年坂もまた情緒があった。
駐車場から皆で乗り込み、京阪四条でアロハさん、さくらんさんとお別れ。
今度はもっともっと暖かい時期に会いたいね、金沢にもぜひ来てね~!!!
b0089578_395117.jpg
涙の別れの後の帰り道、しゃーっ酒だ、酒だー!と急に元気になる人たち。
ビールを飲みたい人はビール、私はいつものフルーティーな乙女酒。
車内はのりさんが持ってきたヘビメタDVDの轟音に包まれる。
「どうよ!このギターのフレーズ!」と言われても、熱い血潮がと演歌ホメするしかない。
帰りの方がテンションが高い?それは酔っパの方のみ。

私はあっという間に3本チューハイを飲んで、少しヨッパ状態。
サービスエリアで席替えをして、車に乗り込み乙女酒を貰おうとすると、もう売切れらしい。
「えー!私の乙女酒がないわ~!」とちょっと不満げ。

一部のblogで私の乙女酒がないと暴れたと噂になってますが、
まさか信じる人なんていないわよね、クスッ
するとゴルキチさんが私のために梅酒を割る用に炭酸を買ってきてくれた。
す、すいません。
今度は梅酒のコーラ割りを飲みながら北陸道を突き進む。
どうもこちらの記事では、乙女酒がないと騒いだのはnachiさんになっている模様。
そっか、nachiさんは奈良の「身代わり猿」だったのね、愛するさるぼぼ。
b0089578_310045.jpg
棒付きさつま揚げサービスエリアにて。
京都では晴れていたけど、敦賀辺りでは雪がちらついていたので、
タイヤ点検のためにインターを降ろされたりしたりのトラブルで、かなり時間が遅れる。
その日の朝集合した松任車遊館で車を乗り換え、帰宅する組、富山送り組に別れた。
妙さん、運転ご苦労さまでした。ヨッパ何人もかかえてうるさかったことでしょう。

富山送り組:のりさん、チキータさん、まつ虫さん(運転手)、私。

すると、富山ICに近づいた頃、のりさんの一言「ラーメン食べたい」
ラ~メン食べたい・・って、矢野顕子かよ!

皆、その場では食べてもよい気になり、富山駅の屋台を目指してひた走る。
その内に「ラーメン、カレー・・・焼き鳥でもいいな!!」と暴走しだしたので、
「ラーメン!!」と女王の威圧をかけて押さえ込む。
(当然、私はヨッパ状態なので、態度はメガマック並みにデカイ)

ようやく着いた富山駅は時間も0時をまわっていたので、屋台はどこにもなく。。。
チキータさんを降ろして、また金沢への帰路へ。
金沢到着後、運転手のまつ虫さんが相当疲れていたので、そのまま家まで送ってもらいました。
まつ虫さん、お疲れ様~~このお礼はコサージュじゃ払い切れないね。

大人の遠足・京都編オワリ
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-02-01 03:00 | 京都 | Trackback | Comments(54)

京都:大人の遠足(京都編)前編、八坂神社→知恩院→クワトロセゾン(イタリアン)

新春のまず大きなイベントは「大人の遠足:京都編」
前々から大阪のアロハさんさくらんさんに会いたいね~会おうね~を声をかけていたので、
初詣するから京都まで来い!じゃあ、京都でお寺を観て美味しい物食べようかという企画。

参加者:gorukichiさん夫妻、松虫さん、nachiさん、のりさん、chiquitaさん、ゴマさん、私。

早朝から、待ち合わせ場所の松任車遊館のコンビニで朝ごはん買い。
会費は全員先に徴収されているので、好きなもの買えや状態。
皆、オニギリ、サンドウィッチなどそれぞれに確保。
クッキーがほしいと瞬間プチ暴れしたが、スルーされたことは忘れない。

運転手2人以外の座席はnachiさんが作ってきてくれたクジで決める。
行きはいいけど、帰りは酔っ払いと一緒になったら大変ね(私を指刺すな)。
b0089578_237556.jpg
オンラインゲーム ラグナロクオンラインの「ポリン」が中華まんにした「ポリンマン」
京都に向かう食べ物は萌え朝食から。中身はカスタードクリーム♪後、サンド。

2台の車で情報をやり取りするためにトランシーバーを持つのは遠出遠足の基本。
どのサービスエリアで休憩するとか、トイレが我慢出来ない人がいるとか。

しかし、菜血さん(仮名)がおならをしたので窓を開けていいかとか、
超どうでもいいような情報ばかりトランシーバーから流れてくる。
はっきり言ってその情報はでたらめのヌレギネーゼだったらしいけど。
かわいそうにね、那痴さん(仮名)♪。(さっちゃんのメロディーで)
b0089578_238864.jpg
いつも着物姿で決めているchiquitaさん、古都の旅はもちろん着物。
昭和が大好きなchiquitaさん、ちあきなおみのBESTを車のBGMとして用意。
素敵、私はコロッケ仕様でいいかしら?
そんなchiquitaさんが持ってきてくれた鯖と鱒の押し寿司が美味。
サンドイッチを食べたのについつい手がデルピエロ。

高速道路を走行中、大人しい顔をしてるのに私についてこれるかな?
と心はF1レーサーな運転手、まつ虫さんはコーナーリングで燃えるらしい。

SAでトイレ休憩の際に、この日のためにひそかに用意してきたコサージュの話になる。
私が愛を込めて編んだコサージュに対して、
アンモナイトだのひき肉だの心ない人たちのトゲツキ鞭のような口撃。
するとgorukichiさんがすかさずフォロー。
「そんな事言っちゃだめだよ、たとえ思ってたとしても!」
フォローなのか、より崖から突き落としているのか。
b0089578_3142729.jpg
車は京都に到着、祇園付近でアロハさんとさくらんさんと待ち合わせ。
アロハさんが私たちの車に乗り込んだ時、人間取り替えっこ世にはばかる計画を実行。
私が「チキータでーす」と無色透明無難な挨拶。
すると、chiquitaさん「あてがスカタンだす!!」といなかっぺ大将風にご挨拶。

おいおい、あなたの方がスカタンぽいよ。
そういえば、chiquitaさんは無色透明無難な人とは真逆の人だった。
アロハさんは混乱し、さっそく北陸人の腹黒さを知る。

まずのご参拝は八坂神社
スサノヲノミコト(素戔嗚尊)、クシイナダヒメノミコト(櫛稲田姫命)、ヤハシラノミコガミ(八柱神子神)を祀っており、神社の創祀は、平安建都の約150年前-斉明天皇2年(656)と伝えられている。
b0089578_3143942.jpg
続いて知恩院へと向かう。写真は知恩院の三門。
南禅寺と同じくらい大きな門構えにドびっくり。
b0089578_3144893.jpg
門をくぐってからの男坂はかなり急な坂道で皆息切れ切れ。
私は日ごろジムで鍛えた丸太ん坊の足で忍者のように登っていくわ。
多少、し正月太りで重いけど。
b0089578_3161974.jpg
知恩院の御影堂
知恩院には古くから伝わる「七不思議」があって、方丈内工事中ため現在直接見れるのは、
左甚五郎が魔除けのために置いていった「忘れ傘」、
歩くと鶯の鳴き声に似た音が出て「法(ホー)聞けよ(ケキョ)」とも聞こえる「鶯張り廊下」、
知恩院が建立される前からあるといわれる「瓜生石」(黒門前道路の交差点)だけ。
b0089578_3163258.jpg
こんなのを見るとすぐ頭から煙をかぶりたくなる灰かぶり姫。
お線香の太さが異常に太くて、ムースポッキーの様だった。
b0089578_3164151.jpg
知恩院を出て、横断歩道を渡った正面にコロッケ屋さんが。
お昼前にこんなトラップがあろうとは、静かなる刺客。
もちろん、皆でコロッケを買い食い。私はカレーコロッケ。

この後、いちいちトラップにはまるのを避けるため、
ランチ場所へスムーズにいけるようにゴマさんが裏道を誘導。
b0089578_3175819.jpg
ランチは京野菜でイタリアンをいただける先斗町にあるクワトロセゾン
2階のお座敷の窓からは鴨川が一望できる良い座席だった。
b0089578_318688.jpg
スカタンが~夜なべ~をして、コサージュ編んでくれた~♪

コサージュ馬鹿一代ことスカタン作コサージュを女性限定でプレゼント。
この日のために必死に作ったので、
私の血と汗とうたた寝のヨダレが微妙に染み込んでDNA鑑定もOK。
b0089578_3335282.jpg
さっそく呑める人は白ワインで乾杯。
私は女王様プレートで座席を確保。
コウイカとカズノコのタルタル、鶏の胸肉と九条ネギのサラダ
鶏肉をバルサミコソースでいただく。

アロハさんはさすが関西のお方、一言一言がいちいちツボに入って面白いの。
娘さんとご主人さま(メイドカフェかよ)の写真も見せていただき、しばし和やかなムード。
さくらんさんはラブリーなブログだったので、背の高さにちょっとびっくり。
ちょっとした笑いでは許されないとコメントに書いてあるところがやはり関西人ね。
b0089578_334312.jpg
金時人参のクームスープ、煮蕪とドライトマトのペペロンチーノ
クリームスープが濃厚で美味しい、パパロンチーノはあっさり風味。
どうやらブリの梅肉焼きの写真を撮るのを忘れていたらしい。
ブロガーとしてあるまじき行為。
b0089578_3341454.jpg
こちらメインの牛肉のステーキ、黒オリーブのソースでございます。
b0089578_334271.jpg
こちらのりさん用スペシャルメニュー
ブロッコリー増殖キャンペーン中へ当店へようこそ、ブロッコマン・ステーキでございます。

実はブロッコリーが大嫌いなのりさんの為にトイレで席を離れた間に
皆がブロッコリーを肉の上にのっけたのだ。
しかも私はのっける時にランチョンマットの上に落っことし、お約束の食べこぼし同盟。
ランチョンマットの染みはおととしの♪
b0089578_334374.jpg
赤だしとご飯。パンナコッタとマンゴーソルベ
コーヒーに砂糖を入れる時、例のごとくシュガーボールを机に転がしたのだけど、
何気なく戻して、違うシュガーボールを入れたのを皆に見られていた!!
すいません、思わずカッとしてやりました(ほぼ無意識)
落としたシュガーボールはロシアンルーレットで。

1皿1皿の量は少ないけれど、品数も多くてゆっくり食べたらお腹がいっぱい。
皆様も満足できたよう。

その後、皆でそろって記念写真。
こちらの記念写真はレストランの窓に張り付き、鴨川にいる人たちを不安がらせる奇妙な人々。

通報されそう!!


この後もつづく。。。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-30 02:22 | 京都 | Trackback | Comments(42)

金沢(片町):勝一(割烹)

年明け最初の飲み会は、割烹勝一で。
日頃仕事で忙しくロクなものを食べていないハムのために
「去年はごくろう、ありがと三下、ハムを囲む会」をハム、長靴、私の三人で行った。

その宴会からさかのぼること数時間前、
ランチをハムと食べる約束をしていたのに、前日に家で正体不明になるまで呑んだらしく、
「ぎぼぢわるいのでお茶からでもいい?」というメールが携帯に。
さすが歩くポン酒女。でも許すよ、酔っ払い友達ならアタリマエ!(アルシンド)

少しでもお腹を減らすためにカラオケでカロリー燃焼タイム。
2時間の間にハムは「尾崎ん家のババアPart3」などのリクエストを軽々とこなすまでに復活。
長靴が合流して宴会場へGO!
b0089578_354212.jpg
お正月用の前菜:蟹と生クリームの葛よせ、鴨、アワビとカズノコの松前漬け、クルマエビの芋寿司射込み、黒豆

この定番の蟹と生クリームの葛よせを、ハムがいたく気に入った様子。
ちびちび食べてお皿が下げられないほどに。美味しいもんねぇー。
これを説明するのに「これ、なんだったけな・・・?」とカウンター越しから聞くと、
「あなた、それ聞くの3回目だから!」と、二代目にお叱りを受けた。
と、鶏頭ですいません。
b0089578_355268.jpg
白子酢の物、あん肝
美味しい~~大好き~!!!
しらこに改名したけれど、あん肝もミドルネームに入れちゃおうっと(はぁと)
「○○○○・アンキモネーゼ・しら子」

割烹・居酒屋のマイ三種の神器のうちの2種がこれ。
あと1種はどれにしようか決められずに残しておくのがアダルティックな余裕。
b0089578_36349.jpg
お刺身:ブリ、ヒラメ、バイ貝
非常に綺麗な器に盛り付けられたお刺身はバイ貝もコリコリ、鰤も脂がのっていて旨し。

この日のハムは首のややつまった素適なワンピースを着ていた。
そんな姿を見るのは珍しいので、「修道女みたいだね!」
と言ったのだが、うまい褒め方ではなかったらしい。

私は当然、食べこぼしオッケーの黒い服。
数日前のメキシコ料理ではピンクのセーターを着ていたが、
食べこぼしストーリーを物語るシミがちょんと付いていた。
ま、会うのはハムだしいいか・・ハム用!とセーターを着ていき、それを伝えると、
「割烹にはハム用を着てくるなよ!!」と指導が入った。
がってんしょうちのすけ。
b0089578_361271.jpg
シメサバ、ホタルイカの黒造り
これもいつも注文する定番。ホタルイカの黒造りは柚子の爽やかな香りがする。
これもハムがめちゃ気に入って、イカが無くなって墨だけになっても
「これを舐めるだけで何杯もいける!!」と酒飲みの真髄のセリフをはきつつ、
お皿をテリトリーに囲んで離さない。
そんな興奮ぶりが伝わったのか、カウンターのお隣の方々もこれを注文していた。
b0089578_362169.jpg
白エビのかき揚げ
白海老や長ネギ、ゴボウなどが混ざったサックサクのかき揚げ。

ここで、最近私が凝りまくりの手作り「愛・それは・コサージュ」をハムに渡す。
色はシンプルに淡いベージュ。
わ~かわいぃ~嬉しい、と喜んでくれるハムをみてこっちも嬉しい。
しかし、また例のごとくカウンター越しから、のりさんが一言。
「またトチモチみたいなの作ってきて」

「アンモナイト」、「ひき肉」、どんどんコサージュにニックネームが(肉ネーム?)
最新のニックネームは「シラコサージュ」(白子とかけて。by アップル語録)
b0089578_362958.jpg
カキフライ
あ、カキフライが食べたいな~と思ったのだが、そういえば長靴は牡蠣アレルギー。
食べたいな、どのくらいの量なんだろう。2人で食べれるかな・・・。
食べよか、やめよか、どしよかな、と迷ったあげく、のりさんに聞いてみた。
「すいません、カキフライって何個からですか?」
「オイスターバーじゃないんだから、一個からはダメ」
というわけで、これだけ揚げてもらった(殆ど私が食べる)
ちなみにタルタルソースは手作り
b0089578_363960.jpg
焼き白子、鰆(さわら)の西京焼き
まだまだ食べます!!正月からアイアンストマック。西京焼きが最強に美味しいわ。
お酒も私はふつーーだけど、強い2人のお酒はどんどん進む。
密かに「スカタン女王」の名前でボトル、入ってます。
飲んでもいいけど、無くなったら新しいのいれといてね(はぁと)
b0089578_364799.jpg
ふぐの子のお茶漬け
お茶漬けにすると、ほどとく塩味が緩和されて美味しいお茶漬け。

お茶漬けと言いたいのに、口からは雑炊と間違えてしまい、ちょっと酔っ払いモード?
よぱらい列伝を持つハムの目もだんだん座ってきた。
いつのまにか自分で焼酎を調製モードに入っている。

さらに隣では、長靴が隣のカップルと意気投合!
女の子と話し込み、このお茶漬けが美味しいからと勧めると、お隣も注文。
すっかり気に入っていたようだ。

後で聞くと、「そんなに美味しかったんなら、わしが送ってやる!」
と、その女の子の連絡先を聞いて、後日ふぐの子を郵送したそう。。。
きちんとしたお礼の手紙も頂き、偶然の出会いからいい思い出が出来たことを感謝。
b0089578_365694.jpg
リンゴとウグイスきな粉アイス
この時、中身を教えてもらえなかったアイス。
どれもこれも美味しくて、また大満足な1夜でした。
早い時間からロングタイム滞在しちゃってすみませんーー。
また、食べに行きますので、よろしく。

さて、半分まぶたが下がって完璧酔っ払いモードのハム。
これまでに店の壁に手を打ち付けて流血事件とかあらゆる伝説を持つ女だけに
コサージュをなくさないようにコートに付けさせた。
(私も過去に同等レベルの伝説があるけどね・・人のことは楽しく書こうっと:極悪人)

さらに夏は掴んだお金を眠っているうちにタクシーの中で落としてしまい
運ちゃんに小遣いをあげる小事件を発生させたので、
「タクシーの運ちゃんに小遣い渡すなよ!!」
と言い聞かせ、ハムをタクシーに無理やり押し込んた。

あ~いつも自分が酔っ払い者だけに、たまに人の世話を焼くと爽やかな風一陣。

正月新年会オワリ。

うた種屋↓
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-26 18:21 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(48)