金沢(香林坊):よってき屋(お好み焼き)

あけましておめでとうございます(笑)

元旦だと必ずすることといえばやっぱり初詣。
1日は映画の日でもあるので、たまに映画も観にいったりもする。
ハムと飯を食べて、ハリーポッターを観てご、はらぽったりな年もあり。
お正月からほのぼのゆとり生活なはずなんだけど、映画の選択はとても大切。

「ケープ・フィアー」を観た時にはロバート・デ・ニーロの粘着ストーカーぶりが怖くて、
年明けから爽やかな気分にさせられたし、
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」の衝撃(笑劇ちゃうよ)のラストシーンを観た時は、
帰りの車の中で親とお互い一言も発せず、帰宅してもどんよりブルーな空気漏れっぱなしの
最高サゲサゲMAXの1年の始まりを迎えたのを思い出した。
(でも、本棚にはこれのDVDが並んでる暗黒魔王)

で、ちなみに今年は映画はいかなかった、寝坊で。(ミトコンドリア並みの理由)

お昼ごろにお節ブランチを済ませて、3時過ぎに親と初詣。
・・のはずだったのだが、なんとなく喋りながら歩いていたら、
向かうべき神社ではなく、なんとなく自然と繁華街の方に間違って歩いていた。
うーん、やっぱりお昼抜きだったから、自然と足が向かってしまったのか。
お腹が空いたレディーー、スカーレットお腹(オハラ)。
b0089578_2555252.jpg
元旦デーの金沢の繁華街はデパ初売りもまだなので、レストランに入れそうな所がナッシング。
静かなご飯の森の中から♪なんて歌ってるばやいではないわーと思ったら、
お好み焼き屋さんのよってき屋(香林坊店)が開いていたので、するりと入店。

巨大なオムソバがやや王蟲(オーム)チック。
麺は細めで柔らか系。2/3を私がいただく。
b0089578_256470.jpg
この店は、カウンターだとお店の人が焼いてくれるらしい。
巨大かき揚げみたいなキャベツの層をひっくり返すのは私には絶対に至難の業。

豚玉ちゃんとイカ玉ちゃん。
親はお腹が空いていなかったらしく、私が親の分を1/2ほど・・・げふーー。
b0089578_2561339.jpg
ようやく夕方に訪れた尾山神社で初詣。
神門の五色のギヤマンのステンドグラスに灯りが灯されていた。

今年もよろしくお願いします!(遅いわ!!と自分で突っ込んでおく)
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-24 12:26 | 石川(金沢)

金沢(金沢駅東口):エルトリート(メキシコ料理)

b0089578_3101631.jpg
大晦日の日、ハムが帰郷するので例のごとく、どっかで飯くおーっ!っと駅で待ち合わせ。
去年の暮れに出来たばかりの金沢フォーラスでご飯を食べることになる。
何か珍しいものが食べたい・・とか言うので、レストラン街を一巡した後に決めたのは
メキシコ料理のエルトリート。私たちアミーゴだからね、ピッタリだわ。

部屋飲みでいつも飲んだくれぶっ倒れ派なハム、当然テキーーラかビールと思いきや、
ペリエを注文するという。手の震えでも感じてるのかしら?
私は自称乙女なのでクランベリージュース。

自動的にチップとソースは付いてくる。
これだけ食べて居座り隊したいね~と、悪魔のような意見を繰り広げる2人。
b0089578_3102540.jpg
グリルドチキン・タコサラダ
チーズ、カボチャの種、ピコデガイヨ、アボカド、グリルしたチキンをちりばめたサラダ。
このサラダのソースにパクチーが入っており、すごく私好みのソース。
b0089578_3103485.jpg
フレッシュガッカモーレ
新鮮なアボカドをペーストにしてオニオン、トマト、スパイスをミックス。
おねーさんが石焼きビビンバのような器の中で、アボカドを崩して目の前で作ってくれる。
確かジェイミーのライブキッチンってあったなぁ~

サラダにもアボカド、これもアボカドてんこ盛り。アボカド祭り!
b0089578_3104314.jpg
トリオファヒータ
チキン、ビーフ、シュリンプが付いたファヒータ。トルティーヤ付き。
トルティーヤに肉を巻いて食べるとすぐにお腹がいっぱいになってしまった。

海老が食べたい!でも肉も食べたい!ということでこれを選択。
トルティーヤの上にのせて巻き巻きポール牧して食べる。
3つのソースのうちのどれかが辛かったらしく、
ハムが思い切りかけて食べたら、テーブルに頭打ち付けるほど辛かったらしい。

この後、フォーラスでいろいろ洋服を見て、と~っても欲しくなるんだけど、
もうすぐバーゲンと思ったら、ハッ・・ンガングっっと、サザエ風に我慢するのが大変だった。
フランフランの福袋も31日なのでカミングスーン。
翌日走って買いに行く気力がなかったので、諦めモード。

去年はとある店の福袋を買うのにハムと10時に並んでゲッツしたけど、
入っていたスカートなどがきつくて、たんすの肥やしに(涙)
2007年こそはお尻をニュースリム化させるわっ
と、いつも食べた後に誓う(基本)。

とりあえずこれで2006年は終わりです。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-22 12:16 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(54)

金沢(片町):カフェ・アルコ→レギャン(インドネシア料理)→奢り(うどん)

b0089578_3114564.jpg
12月年末、大人の遠足メンバーによる忘年会パート2。
宴会会場に行くまでにはまだ時間があったので、nachiさんとカフェ・アルコでお茶。

私が「シロに始まりシロで終わる」が格言ならば、「芋に始まり芋で終わる」
いや、もしかしたら、芋で始まり、ずっと芋、たぶん芋、きっと芋な
松坂慶子的な飲み方を想像させるディープインパクト・レディー、nachiさん。

ご飯の前に我慢しきれなくなって食べたアツアツのスフレ。
乙女ラズベリィソースを前に「このソースってケチャップ?」とベタなこと言うnachiさん。
この記事nachi祭りにしたろかー。

そんなレディー2人の話題は、あら今日の大根は最高値ね、じゃなくて
お互いのリアル過去ログ話に花が咲かせていた。
あら、私忘年会の実行委員だったわ!そろそろ行かねば。
b0089578_3115435.jpg
実行委員とか言いつつ、お店などの手配などは、全てみのっちさんがお世話をしてくれた。
場所はインドネシア料理のレギャン
名前は知っていたけど、お店に来るのは初めて♪

参加者:みのっちさんgorukichiさん、kim-nagamachi さん、巨匠のりさん
葵ちゃん、nachiさん、ひとひらさん、takeさん、私。

ヨーデル食べ放題みたく別料金ではなく、ビールもカクテルも飲み放題♪
太っ腹です!!!マスター。
ビールが苦手な私はもちろんカクテル。
で、nachiさんはトロピカーーールなチチというカクテルを注文。

「ぷっ・・やぁねぇ・・・宴会も始まる前まらチチだなんて。」という私に対して、
「漢字で書くなよ!?」とnachiさん、シモネターゼな突っ込み。
負けたわ・・今日の主役は譲るわ、好きに踊りなさい。(聖母たちのララバイ風)
b0089578_312364.jpg
インドネシア風焼き鳥のサテー、後エビのフリッター
「サテーィーーアン?」とかダジャレをこくのはお約束。
皆のお買い物はサテーでもよし。

しかし、第一印象とは恐ろしいものである。
1回目の忘年会に初めてお店に現れたnachiさんに、「何飲む?」と聞いたところ、
間髪いれずに発した第一声が「芋!!!」だったために、皆に強烈な印象を与えて、
家政婦は見た状態の私などに尾ひれはぎれを付けて言いふらされるはめに。

「確か、店はいってきた第一声が「芋」だったっけ?」
「見ているドラマは芋たこなんきんに、好きな歌手はイモ欽トリオ」
「今、イモフルエンザ流行ってない?」
とか、皆に「芋」を使って、いじくられまくりんぐ。(多少今私がアレンジ)
すっかり皆のマスコット的存在?
nachiさん今度、これ作ろうよ→(芋人形を作ろう

左のギャートルズ肉は葵ちゃんから私へのプレゼント。
実はヴィレッジヴァンガードでこれ見て欲しいと思ってたけど、
もうアデージョな年齢だから・・と諦めていたのに。
葵ちゃんたら、肉い奴だわ。以心伝心、君に胸キュン♪
b0089578_3121884.jpg
鶏肉のココナッツミルクのスープ、ナシゴレンとインドネシア風焼きそば

トロピカール乙女カクテルとは言っても、何杯も飲めば酔ってくるもの。
私も4,5杯は飲んで、かな~りムフッな状態に。

ふと目の前を見ると、上と下の色が混ざっていないカクテルが。
その時私の頭によぎったのは「私のカクテルよく混ざっていないわ、混ぜなくちゃ」

とっさに割り箸でカクテルをガサーーッ!と混ぜてしまったのだが、
それはnachiさんのカクテルだった。
思わず皆の声「あーーーっ!!」

テキーラサンライズ混ざってなくて正解だし!
人のカクテルを箸で混ぜてるし!


酔った上での突発的テロ行動でした。ごめんチャイナ(by大統領語録)
b0089578_3122726.jpg
お次は2次会会場、うどん屋さんなのに居酒屋メニューが旨いみのっちさんお勧めの「奢り」

砂肝のバター炒め、あん肝とたまねぎのホイル焼き
写真のブレ感と酔っ払い度は比例する。
砂肝のバター炒めがめっちゃウマーー!!私は芋!焼酎を飲んでいた。

ここで他の宴会中のプリシラさんを強引に呼びつける。
ちゃんと記憶は残っているのだろうか?
私は東京の生モツねたで盛り上がったっけ。
b0089578_3123696.jpg
ここで、ひとひらさんが持ってきた富山丸高寿司の鱒の寿司を切り分けて皆で分けて食べた。
これがすごく美味しーーーーい!!!
金沢だと某ますの寿司しか売ってないし、その味に慣れていた。
こんな美味しいの食べたの初めて!!!ひとひらさん、ありがとうーーっ!!

この後、またまた酔っ払いモード炸裂でハイテンションに陥った私。
くだらないダジャレを何かあることに連発。

そして、あまりにも演劇部の実力を見せ付けるような声量で、寒いギャグをお見舞いするので
隣の席の某割烹の二代目にツッコミよろしく頭をどつかれること幾度か。

酔って覚えてないようなので、一言だけ指摘を。
(みのもんたに告白するようにガラス張りの奥の訴え)

横に並んで相手の心臓よりやや上を手の甲で叩くのが
正しいツッコミですから。
(なんでやねーん)

これは関西人じきじきの指導が必要だわ。(関西漫才凶会外道部)

この後、3次会、4次会、5次会まで延々と続くんだけど、
記憶が宇宙空間にフェイドアーーーーウト!!!
なので、これにて切りで。(だいたい写真もないし)

後日・・
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-18 06:38 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(48)

金沢(片町)カサデリブ・カナザワ(スペイン料理)

クリスマスのディナーに行った時のこと。
タクシーから降りた場所がちょうど教会の前で、イルミネーションが綺麗だったのだけど、
「アーメン、ソーメン、ひやソーメン」などと親父ギャグをぶっ放す長靴。

クリスマスって言ったら、フレンチやイタリアンはどこも先に予約しないと一杯なので、
仕事上、予定調整が出来ない事情で、じゃあタイ料理にでも行こうと決めていた。
タイ料理のフルーツと言えば、ドリアン。
「ドリアンってどりやん?」などとアホな事言いながらお店の入り口まで来ると、なんとお休み!
いきなりクリスマス難民!

教訓:こういうのは事前にチェックしとくべき。
クリスマスなのに脇が甘いぞ!!と、ちょっと険悪なムード歌謡。
b0089578_2552049.jpg
そんな時、ピンときたら110番的な私の記憶力で思いついたのが、
スペイン料理の「カサ・デ・リブ・カナザワ」。お店に行くと席は空いていた、ホッ

生ハム・イベリコベジョーダ
確か1切れ150円。←数えたのかよ!
さすがイベリコ豚の生ハムだけあって、濃密な味でうぅぅんまい!!
脂の部分がココナッツミルクのような味をしている。
私は「しらこ」という名前に改名しましたが、「イベリ子」に改名した人もいるのです。↓この方↓
b0089578_2552825.jpg
いかのニンニク焼き、鰯の香草焼き
イカが好きな人、イワシが好きな人がそれぞれ注文。
どうも私はイカつい女と想像されているので、これがぴったりコングかと。
ニンニクの香りが食欲をくすぐる~。
b0089578_844561.jpg
アンチョビのオムレツ
オムレツの端っこにあるのがアンチョビが混ざったソース。
この間、タコのトマト煮を作ったときにアンチョビフィレの缶詰を開けたけど、
残りを冷蔵庫に入れてあるの・・いつまでもつのかな。
b0089578_2554146.jpg
がちょうのオレンジソース
え!?課長バカ一代?
前日がイブでガチョウを使ったその残りで作ったそう。
お肉の上にプチプチが見えたので、「これイクラですか?」と思わず聞くと「タピオカです」と。
b0089578_2555429.jpg
米ナスのチーズグラタン
ものすごく大きなハイデホー米ナス。
チーズのとろとろ感とビックな大きさで食べがいがありました。
ちょっと前方後円墳チックで仁徳天皇風味、ニンニン。
b0089578_25646.jpg
骨つき豚のスペアリブ
この前来た時にもこれを注文しました。
スペアリブという名だけでハートにガツンと食べたい欲求が広がります。
骨まで愛してで、できるだけお肉を剥がして食べたい。
とっても煮込まれていて美味しいーーん。
b0089578_2561389.jpg
バレンシア風パエリア
「おっぱいリア」と言ってたことは聞かなかったことにしよう。

ここで私が、自分のお皿にデカイ肉を取りたかったので、
「先によそってあげるよ」と下心丸見えでよそってあげてたら、
中のチキンがボテッ・・・とテーブルに。
「5秒ルール!5秒ルール!遠近両用メガネかけてなきゃ分からないわ!」
とお皿に戻してあげました(もちろん相手の皿)。

ダシがお米にしみこんでいて、美味しかったぁー具もお肉、シーフードと盛りだくさんだし。
ここは昔からあるお店だけに味がしっかりしていて安心して食べれました。
クリスマス難民、大貧民はまぬがれた夜だった。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-17 06:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(32)

ローストチキン、ひよこ豆とアボカドのサラダ、タコのトマト煮こみ、タイ風グリーンカレー

b0089578_2522872.jpg
やっとクリスマス記事まで来たわ~クリスマスだよ、全員集合!
お家でガサゴソ作ったもの恥ずかしげもなく大発表。

ローストチキン
一応、3年連続作っているのです、この3年寝太郎が。
レモンペッパーをお肉に刷り込み、野菜を敷いてハーブやニンニクを散らしてオーブンで焼いた。
本当は骨付き肉で作るところ、スーパーになかったと言いたかったけど、
こっちの方が安かったんで普通の鶏もも肉を選ぶところがチキン野郎。

今回、手羽元でも作ったら、食べやすいし、翌日お弁当に入れられるし超便利だった。
クリスマスより翌日のお弁当の心配しているってのもなんだけど。
b0089578_2523875.jpg
ひよこ豆とアボカドのサラダ
アボカドセールスレディーなので、何かアボカドメニューを作りたかった。
豆が今大流行りの納豆に見えるけど、ひよこ豆。
それに紫タマネギを加えて、レモンをかけて塩・胡椒で混ぜただけ。
b0089578_2524845.jpg
タコのトマト煮こみ
パッと見、ただのトマト煮こみか溶岩か分からないほど煮詰まってる。。
タコ、タマネギ、セロリ、アンチョビ、にんにく、タイムとか入れたっけな。
料理は形から入るので、ル・クルーーゼ様にお任せしたところ、うまくいきました。
b0089578_253177.jpg
タイ風グリーンカレー
カスミXたんにいただいたグリーンカレーペーストを使って、ナンプラーやらなんやらで味付けして、
鶏肉、パプリカ、ナス、バジル、が入ってます。かなり煮込んだので溶けまくりんぐ。
で、当然ながらタイカレーなので結構辛い。

カレー道流派としては、片側盛りが主流だと思うのですが、
アロハさん流の真ん中分けグランドキャニオンカレー盛りにしてみました。
やってみると、これが食べやすかった。
他流派としては、たまに邪道としてカレーの上にご飯をのせる人もいるかも。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-16 06:51 | 料理(独身時代) | Trackback | Comments(40)

金沢(片町):勝一(割烹)で白子祭り

b0089578_223825.jpg
午前中にコサージュ修行に明け暮れていた私はももちゃんと一緒に勝一でデナー。
実は2人とも白子が大好きなので、「今度行ったら白子一杯食べようねっ」と言っていた。
しかし、「白子祭りだ、ワッショイワッショイ」と前々からやかましかったので、
この店の二代目に過度の無限ホンダプレッシャーを与えてしまったらしく、
私たちの為に白子コースを用意してくれていたのだ。ありがとう!ワッショイ!

まずは白子祭りの前哨戦として、鱈づくし。
鱈のレバーのフォアグラ風ソテー、鱈の胃とキノコの炒め物、鱈の昆布締め、鴨
鱈のレバーのソテーが濃厚でとっても美味しい。鴨肉も大好き。
人間フォアグラ状態な私としては共食い!?
b0089578_22381393.jpg
白子の酢の物
包丁とまな板、タイヤと空気、洗濯機と洗剤、スカタンと白子、切っても切れない関係。
必ずと言っていいほど、これを食べるので嬉しい。もちろん、とろとろで美味しい♪
b0089578_22382273.jpg
焼き白子
焼いてある白子も好き。

この日は忘年会シーズンということで満席状態。
途中でgorukichiさんが現れるもカウンターの席も埋まっていたので座れない・・
・・・と思っていたら勝一のお父さんが補助席を私とももちゃんの間に持ってきた!
これがいわゆる両手に花ってやつ?片方は、食虫植物みたいですけどね。
b0089578_22383134.jpg
白子の茶碗蒸し
卵の地の中にも生の白子の裏ごししたのが溶かし込んであって超濃厚。
そして中にはこんにちは白子さん、私がママよ♪わ~い、美味しいな~。
b0089578_23244147.jpg
ここで女性らしい事が苦手な人が、たまにすると大自慢したくなるという典型の証明をするべく
ももちゃんに「今日これ作ってきたんだ~」と左側の渋い色のコサージュを見せる。
確か、何かホメ言葉を言ってくれたと思う。むふっ褒められると伸びるタイプ、嬉しい!

しかし、それを見ていたのりさん、
「何?、そのアンモナイトみたいなの」とテロ発言。
失敬な~コサージュだよっ!!微妙に顔が仁王化していたかもしれぬ。
まぁ、男性にはコサージュだろうがリモージュだろうがどうでもいいのでしょう。
この時から、このコサージュは「アンモナイト」という名前になりました。

そして右側のが手芸教室からいったん帰宅してから大急ぎで編んで作ったコサージュ。
これも後日、「ひき肉かと思った。合挽き150グラム」と。
合挽きじゃないわっ、女王が手がけるんだから霜降りよっ。
この時から、このコサージュは「ひき肉」という名前になりました。
b0089578_22383986.jpg
牡蠣フライ
牡蠣を春菊とゴボウを海苔で巻いたカキフライ。
タルタルソースはお味噌プラス半熟スクランブルエッグで作ってあって、
マヨネーズは入っていないそう。ソースだけ食べてもオツマミみたいに食べれたよ。
b0089578_22385039.jpg
白子のポワレ
レモンバターソースがかかった白子。
濃厚なのにさっぱりした香りが心地よくておいしぃ。
いくら食べても飽きない白子、昼間のコサージュ武者修行の疲れも吹き飛ぶ。

この日はランチのカレーを食べた後、車の冬タイヤを交換しに行っていたので、
ちょっとお疲れサマンサ気味だったの・・・箸より重いものを持たない私がタイヤだし。
もうちょっと体力つけないとなぁ・・・あの長靴を履いた作業着美女のように。
b0089578_22385967.jpg
鰆の雑炊
鰆のヨーグルト味噌に漬けてやいた魚のお茶漬け。

こんなに1度に白子を食べたのは初めてでした。まさに白子祭り!
白子(精巣)なので、とりあえず魚のオスは制覇した感じ。
ありがとうごちそうさま美味しかったです。大大満足。
「白子」に改名した甲斐がありました。

げふー

この後
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-15 07:20 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(44)

石川(野々市町):森の工房でコサージュ作り→ホットハウス

b0089578_2363261.jpg
12月中旬、イエローちゃん「手芸教室に行かない?」と誘われた。
行われるのは「かぎ針でコサージュ教室」
普段、手芸の「し」の字どころか、宇宙レベルで遠ざかっている私ではあったが、
たまには新しいことにチャレンジするのも良い事だと思い、即座にOK牧場。

初心者の方でも出来るようにと考えてみましたので、
かぎ針を持った事がないけど編んでみたいという方は是非ご参加ください」

おお、とっても親切だわ。しかし、赤い字の部分が全て当てはまる。
正真正銘のズブの素人がきちまったぜ、と迷惑かけるかな・・・とは、まったく思っていなかった。

前日の某飲み会で「明日、手芸教室に行くんですよ、しゅげぇ~!!」
と一人突っ込みダジャレをして、自慢していたぐらいだし。
b0089578_2364478.jpg
場所は「森の工房」にて。
オリジナルハンドメイドのアレンジメント、カントリー雑貨などを販売しているお店です。
お店の中はとってもカントリィ~ラブリィ~。トナカイのぬいぐるみがあったかそうでかわいい。
クリスマス前ということでテーブルにはシュートレン。

ここにいるだけで手芸がうまい乙女になった気がするかも(勘違い)
b0089578_2365369.jpg
本日作るコサージュの見本たち。
好きな色の毛糸を選ぶとの事だったので、私はやや太めの渋い色の毛糸を選択。
モコモコで可愛いコサージュが出来上がりそう。

umico先生指導の元、まずはかぎ針の持ち方かた始まって、手取り足取り嫁にこないか♪
「先生、ちょっと待って」、「先生、今のもう一度」の声が時々飛び交う。
よかった・・・初心者っぽい人が私だけじゃなくって。
でも、私の編むスピードだけ妙に遅いように感じるのが、ちょっと気になる気。
b0089578_237159.jpg
もくもくもくとコサージュを編んでいる私。

しかし、ここでちょっとトラブル。
最初の鎖編みの段階で、後でその間にたくさん糸を通すことを考えないで、
キツク結び目を編んでしまっていたので、太い毛糸がなかなか通らない・・・。

そして、あまりにも力を込めて糸を引き抜いていただけに
無意識に力んだ声が出てしまっていたいたらしく、しばらくしてイエローちゃんが一言。

「ごめん・・・隣から、くぅぅぅうううううう・・・ふぉぉぉああああああ・・・・
って、妙な声が密かに聞こえてくるんだけど!」と指摘された!
口から漏れ出す気がこもった声・・太極拳かよ!

そして、次に2つめのトラブル。
皆さん、花びらを作る時に鎖の網目を少し飛ばして編んだらしく、
出来上がりに近づくと・・・「先生、花びらが1つ足りなくなりました」状態に。

それを横で聞いていた私・・・きっと、自分も目を飛ばしながら編んでるだろうと思ったら、
「先生、花びらが2つ足りないです!!!」
どれだけ目を飛ばして編んでるんだよ!!先生もちょっと驚いてました。

しかも、皆が次々作り終えて帰っていく中で、やっぱり私が最後の最後。
ラストミステリーの訳は不器用なこの手。
b0089578_2371629.jpg
出来上がった私のコサージュ。
花びら2枚分足りなくても、太い糸のおかげでなんとなくサマー。
そして、この渋い色が逆にかわいいかも。ちなみにイエローちゃんの色はピンク。

皆がコサージュを編んでいる間にもお客さんが何人か訪れて、
販売されているパンを買っていくのを見ていた。

そして、これらの販売しているシュートレンがすぷーんさんのと分かってビックリ!
さらに手芸のumico先生のお友達と知って、二度ビックリ!世間って狭いわ~。
急に「な~んだっ!」って馴れ馴れしくなってた私だったり!?

またぜひ参加したいです。手芸がしたいです!!(スラムダンク風)
今まで隠れていて見えなかった私の手芸魂に火を付けてしまったかもしれない。。。
よーし、どんどん編むぞーー!!
今はこれしか編めないけど。
b0089578_2372544.jpg
ひとしきり熱のこもった修行で汗をかいた後は、「手芸もいいけど、カレーもね」ってことでカレー。
インド料理のホットハウスでランチセット。

ポークカレーっぽいのとナンが美味しくてお得だったけど、
やっぱりここでは単品で羊肉スパイスたっぷりのマトンキーマとか、
タンドリーチキンかぶりつきがしたいなぁ~。
と、さっきまでNHK教育番組「おしゃれ工房」の世界にいた人とは思えない思考が。

この日の夜は飲み会だから、これを持っていって自慢しちゃおう~。
滅多にしないことをすると人に見せたくなる衝動に駆られつつ、
夜に続きます。。。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-12 07:23 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(51)

金沢(東山):テグ(焼肉)

「おっす、おらゴクウ!」の挨拶が定番のレゴッチちゃん石焼肉「テグ」で焼肉ったのは、
12月のある夜のこと。
レゴッチちゃんは、9月までは私も一目置く、胃にブラックホールを持つ大食いとして、
ブロガー仲間内では最強妊婦だったのだが、今は1児のおかあさん。
1児の母となって、大食い最強母ちゃんのパワーは健在か、今日は見届け隊。
b0089578_2229223.jpg
私はチャリで移動して、早く着いたので先に座席をあっためといたよ
(小さな生あたたかい親切、大きなお尻)
レゴッチちゃんが現れて、お久し振りの挨拶!おお、相変わらず明るくて顔が細いわ。
なんとお腹が空いて、我慢できずにパンを食べてきたそう・・・軽くジャブを食らう。

さっそくお母さん手作りのカクテキとナムルを注文。
とってもシャキシャキして美味しいの、ナムルは自分で混ぜるのだ。

肉はメニューを見ずとも「シロに始まり、シロで終わる」の神聖なる格言の元、
シロをまずオーダーするのは当然の事。
あ、きたきた~(はぁと・あふれる笑顔付き)
b0089578_22291489.jpg
さて、シロの写真を撮ろうかなっと・・・・

あーーっ!!!もう焼いてる!!!
しかもお皿の肉全部いれちまったぜ、1秒でも早く口に入れたいのか、行動が早すぎ!!
油断できない乙女だわ・・・レゴかあちゃん。
この手の動き、スーパーサイヤ人並みの躍動感!!

そして当然のごとくこの店のシロは旨い。
b0089578_22292310.jpg
豚バラ、カルビ、ホホ肉、センマイ
レゴッチちゃん、まず何はなくとも「カルビ!」と。
そうそう、前の焼き鳥の時といい、一緒に食べる時は結構、ポピュラーな肉を食べてるね。
その間にセンマイなどをねじ込ませる私(黒い笑い)
b0089578_22293168.jpg
ジューっとな。モヤシはサービス。
石焼きビビンバみたいな石がプレートになっていて、その上でお肉を焼くのです。

突如レゴッチちゃんが「ご飯くださ~~い!」と。
出たわ、炭水化物星人。
勝一ランチで丼ごはんを3杯お代わりしたデカビタ伝説を持つ。
さっそく、運ばれてきた丼めしは山盛り盛り森三中。
b0089578_22294064.jpg
さて、ご飯の写真を撮ろうかなっと・・・・・

あーーっ!!!もう食ってる!!!
「ちょっと待ったー!」の声も虚しく、受け取った瞬間にご飯を口の中に入れていた!
超高速カメラでないと写せないじゃないか!!
ハチドリのようなホバリング箸使いに脱帽。

どんぶりに山盛りにのったご飯は普通盛りサイズに(写真)
私はご飯は頼まずにひたすら肉を制す。
b0089578_22294847.jpg
トック、ハツ(心臓)
うるち米で作った韓国のお餅が入った雑炊。
あっさりした味にモッチリしたお餅がお腹にたまっていく。
私がまたもやねじ込ませたハツは、焼いてある写真からまたもや先焼きホバリング疑惑!?
あ、でも私の座っている方向に肉が多いので、私かも(軽いヌレギネーゼ)
b0089578_22295519.jpg
レゴッチちゃんはサイダーを飲んでいたのだけど、途中からお茶に変更。
このお店で作っているお茶をもらえるのだけど、お代わりと言ったら
これでもう好きなだけ飲め風に親父さんがペットボトルごとくれた。
b0089578_2230315.jpg
トントロ、シロ(タレ)
スカタン風焼肉道の由緒正しい終わり方、シメには「シロ」

これらを少し食べた時点で、レゴッチちゃん満腹になってきたみたい。
そりゃそうだよね、先にパン食べてきて、丼ごはんも食べているんだもの。
「残りは、私があと全て引き受けたよ~」
残っていたナムルもトックもお肉類も全て平らげました。
ふっふっふっ・・・(黒い笑い)

本当にいつも安くて美味しくてよいお店です。
この後、デザートが食べたくて、ココスに移動したのだけど、
レゴッチちゃんが家に電話すると、赤ちゃんがお腹が空いていて
泣いているから早く帰ってこいとのこと。残念ながら、何も食べずお別れしました。
レゴッチちゃん、もう富山に戻っているだろうけど、また会おうね~。
b0089578_22301135.jpg
しかし、頭がデザートだった私はチャリでスタバまで向かい、
ストロベリーシフォンとコーヒーを飲んで、一人上手な一人二次会にて帰宅。

レゴッチちゃんのお土産
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2007-01-11 01:54 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(36)