金沢(駅西本町):アロイ(タイ料理)

b0089578_10464085.jpg友人Aとの夜ご飯はタイ料理に行きました。
駅西に移転してから初めて行ったアロイ

ワサビやカラシは苦手で食べられないが、
この手の辛さは結構平気な方。
ハウスカレーの辛さの5段階で言うと、
レベル5のジャワカレー辛口にさらにカレー粉を足すというストロングスタイル(猪木)を持つ。
この店でも辛さ★3つ、辛甘酸三位一体の
「トムヤンクン」は定番、辛いー!旨味!

b0089578_11513416.jpg「ミニポピアクン」という海老の春巻きを甘辛ソースにつけて食べた後は、「激辛」の文字が光った「豚肉のブラックペッパー炒め」
しかし、トムヤンクンが辛かったので、激辛というほどには感じなかった。
更なる刺激を求めて、辛い★マークが付いていない「エビとブロッコリーのオイスター炒め」辛くしてください!と注文。
まるで夫婦喧嘩が激しさを増していくように。
b0089578_1232618.jpgしかし、この日の友人は食欲があまりなく
2品目ではやお腹一杯に。
この始末は私がつけさせていただきます。
料理の2/3か、3/4は私がいただいた・・・・
そして〆を食べなければ女じゃない。
「鶏のココナッツ・タイレッドカレー」
(ライス追加)
ココナッツで辛さがまろやか、このカレー旨し。
美味しかったけど、食べすぎで苦しい・・・
次の日から旅行だというのに。

当然のごとくこの後、腹噴火して、次の日はお尻がハイレベルに熱かった。

よくあるお店企画の5倍、10倍カレーみたいなのはあまり食べないんだけど、
現地の辛さそのままの料理みたいなのは惹かれる。

今までで食べて一番辛かったのは、韓国でのキムチ大盛り、
横浜のインドかパキスタン系のお店(名前忘れた)と
ヒルトン東京ベイのインド料理屋(もうない)の激激辛のカレーかな?あぁ、もっと知りたい。
苦しみ悶えながら旨味を感じる、頭がスチャラカパーになりそうな快感・・・危険。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-05-20 14:45 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(26)

石川(野々市町):ビストロ・ウールー

帰郷していた友人Aと久しぶりに会って、久しぶりにランチ。
最近のランチと言えば、仕事中に王将だの、親父天国すしべん等のガッツリ系ばかり。
ちょっとオサレ系に行きたい期待が膨らんでいたところだったので、
友人の「王将とかキッチンユキでもいいよ~」のセリフは聞こえないフリ。

ビストロ・ウールー 気取らないスタイルのビストロ。
ポチッとなのページの写真にもあるように自家製のりんごバターが大変好評で、
食事をした人2コまでの一日15コ限定で販売という、
スーパーチラシ一家族ティッシュBOX2パックまでのように貴重な品。
味もさっぱりしていてGOOD。
b0089578_21575950.jpg
写真はパスタコースのとりささみと珠洲産竹の子、わらび、こごみのパスタ
タケノコ、わらび、こごみなんて家じゃ酢の物か煮物でしか出てこないよ。
アルデンテ堅めのパスタがつるっとして美味しかった。

スープ・本日のパスタ・パン・デザート・食後のお飲み物で1050円!
パンは手作りで凝っているし、デザートが普通サイズのクリームブリュレで嬉しい。
お得感でアリアリベデルチ!!今度ディナーにも訪れたい。

b0089578_22404222.jpg友人のお土産、横浜中華街 萬珍樓の小肉饅。
家に持って来た時に「要冷蔵だよ!」というので、
とりあえず2袋をそのまま冷蔵庫につっこんだ。
そしてそのまま数日間放置プレイ・・・・。

数日後、ハッと気がつき、冷蔵庫から袋を取り出す。
2袋とも萬珍樓の袋に入っており、1つは小肉饅6つ入り。
もう1つがどうもかなりかさばってる。

もう、こんなに買ってきて悪いなぁ・・・こいつぅ、と思いつつ袋を開けると、

中身は貸していた漫画数冊
よく冷えてた・・・
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-05-17 12:14 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(42)

金沢(武蔵):土火楽(焼き鳥)

メイドカフェの後、友人Tと焼き鳥を食べにいったのです。
前持って伝えてなくても以心伝心で焼き鳥にしようね、と決まるお互いが焼き鳥好き。
場所はホットペッパーを握り締め、武蔵の「土火楽」
ここの地下、2階ってお店が消えるバミューダゾーンな気がしたけど、1年はお店はもってるんだ。
備長炭で焼かれる焼き鳥にサイドメニューも多々。炊き込み鶏ご飯とか、もつ鍋もあり。
b0089578_14503531.jpg
シロ、皮、ズリ、豚バラ、エリンギ、手羽先、ぼんじり、ささみ梅シソ...などなど
自動的に付いてくるキャベツの上に殆ど焼き鳥を置いていく。
ぼんじりは脂がのっていて旨味ぃ~。
しかし、塩・胡椒+タレのお味は・・・結構ショっ辛く、低血圧だけど、血圧上がりそう。
b0089578_14504340.jpg
せせりの辛い唐揚げ・・・これがまたクドくて喉が渇く。お酒がすすんでしまうわ。
つくね黄身付け、だし巻き玉子、山菜焼きおにぎり、鶏スープ、大根サラダなどなど。
可もなく不可もなくといったお店でした。

この日、物珍しくいったメイド・カッフェー。
しかし、元々メイド好きでもないので、そこまで萌えるはずもなく。
後日会社で「もしもこんなカフェがあったら」という話題になりました。

私はやはりスポーツマンが好きなので、筋肉カフェかな、飛躍しすぎ?
中山筋肉とかはいらんので、訂正して格闘技カフェとか。
シウバとかに林檎を持ってきてもらって割ってもらうの。(顔に飛び散りそうだが)

これは行きたいと盛り上がったのが、「親父カフェ」
店内には「大漁」のタペストリー。
刺身をさばくのは当然、石原軍団の渡 哲也。
ステテコ姿の赤井英和とか、ちょい悪姿の佐藤浩市とか。←自分のシュミで。
途中で居酒屋と変わらんのじゃないの?とツッコミが入った。

だんだん暴走していって、「酔っ払いカフェ」
店員全てが酔っ払い、だがメニューはアルコールなし。
頭にネクタイ縛り、横山やすし調のメガネを斜めにずらしたコスチューム。
とっくりの中から出てくるティー&カッフェー。ショーは酔拳。

と、もしもシリーズの話題は尽きることがなかった(仕事中)。ド、ド、ドリフの大爆笑
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-05-14 19:21 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(36)

金沢(片町):Pochette(メイド喫茶&バー)

「メイド・カフェに行ってみたーい」 
友人Tの希望によりGW後半、女2人でメイドカフェに行くことになりました。
金沢にはメイド・カフェは2軒ほどあるのだろうか?
今回行ったのは夜はバーにもなるメイド喫茶「Pochette」

お店に入って開口一番に、「お帰りなさいませ、お嬢様」
私たちがお嬢さんと呼ばなくてはならない女の子に「お嬢様」と呼ばれるのは
なんとなくこっぱずかしいわん。
応対してくれた女の子は、背が高くて足が細ーーくてなかなかかわゆい女の子。
あまりに短いスカートに目が釘付けだった。

内装はやや狭くグレーの無機質なテーブルと椅子がやや寂しい。
私たちの他にお客は、男性2人組と、男性1人。
女2人という私たちを、きっと「男の聖域に物見遊山できやがって」
と、心の中で大沢親分並みに渇!を入れてるのかな。

メニューはオムライス、ピザ、カルボナーラなどパスタ数種類、チョコバナナクレープ。
コーヒー、紅茶にソフトドリンクなどなど。
さて、注文をしようと思って、思わず「すみませーん」と呼ぶ。
あっ・・・しまった!!渇っっ!!!(by 張本)
テーブルの上に呼び鈴を発見、メイドさんをこれで呼ぶのであった・・・。

注文したのは、小さめのピザとアイスカフェオレ
メイド 「ピザの上に、何かお好きな絵や文字をお描きしま~す」
私 「じゃあ、絵をお願いします」
メイド 「何を描きますか?何でも描きます」
私 「いつも何を描いているの?」
メイド 「キティちゃんとか、ドラえもんとか、アンパンマンとか・・」
私 「じゃあ、キティちゃんをお願いします」
b0089578_1252938.jpg
●キティちゃんのピザ
メイドさんに「今日のピザの絵の成果をブログに載せたいので写真撮っていいですか?」と言われる。それはこっちのセリフだわ。「私もピザの写真を撮ってもいいですか?」と聞いてOKをもらう。
Pochetteのブログにはメイドさんが写したキティちゃんピザが載っています。
ちなみにメイドさんとの写真は1000円必要。

しかし、何でも描きますと言っていたが、「ジョジョお願いします!」とか、
「ケンシロウ描いてください!」とか、言われても対処できるのかしら。

「え~描けな~い」とメイドさんが困っているのを見てほくそ笑むのも
またここでの楽しみなのかもしれない・・・と男性の萌え心理を考えてみる。

男性といえば、一人客で来ている男性がいたが、
一人で来るのは心もとないのか、やや落ち着かない感じだった。
さらにその男性の後ろに飾られていたメイドコスチュームに向かって
友人が「あれって・・」と指を大きく指したら、別に男性を指したわけじゃないのだが、
周りをキョロキョロ見始め、余計に落ち着かなくさせてしまった・・・。

それに気付いた友人が、小さな声で男性に対して「ごめんね~」と独り言をつぶやいて
いたのが、ちょっとかわいかった。←萌え心理?

食べ物に関しては、あまり期待出来ないけど、いい体験になったわ。
友人曰く、「東京の執事カフェも行ってみたい」とのこと。
さらに「宝塚カフェ」もあるらしいという・・・・・・思わず略すとヅカフェ
スミレの花咲く頃は唄ってくれるのかな?

お店を出る時にも「いってらっしゃいませ、お嬢様」のお言葉。
不覚にもやや萌えの秘孔を突かれた。
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-05-11 12:20 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(38)

金沢(西泉):麻沙羅(ハントンライス)、くじら汁無料試食会

b0089578_113448.jpgなんとなく復活してみます。
さて、GWの間、私もそれなりに遊んでいました。
まずは、友人Tから「くじらフェスティバル in 金沢」に行かない?へのお誘いに行ってきた。
くじらフェスティバルとは?
・海鯨の捕獲調査を終えたばかりの捕鯨船の見学
・鯨肉製品の販売、さまざまなイベント
わぁ、そうなんだ!いろいろとお勉強になるね!
↑思わず学研調

しかし、なんと言っても第一の目的は、
“くじら汁”の無料試食会(1日2回・各回先着1,000食)

鯨なんて何年ぶりだろう、なんだか懐かしい響き。
小学校の給食時間にくじらのピーナッツ揚げを食べていた事や、
塩を周りの席の子に撒き散らして、「モンキーマジック」とか言ってた事を
思い出して思わずノスタル爺。

でも、相変わらずぬかり状態の私は、
くじら汁配布時間をあらかじめ調べずに11時頃に行ったため、
すでに1回目の配布は終了しており、後は13:30が最後の配布。
これはしまった!次は絶対に食べなければ、ここに来た意味はない。
(捕鯨船の見学がアウト・オブ・眼中なのは明白)
b0089578_1135212.jpg
黙って待っているわけもなく、大野の醤油アイス能登海洋深層水コーヒーを食す。
有名な醤油アイスは無論キテレツな味ではなく、キャラメル風味に後味微かに塩味を感じるといった感じの甘さ控えめで中々美味。海洋深層水コーヒーは口当たりがまろやか。

b0089578_1135958.jpg30分前に人が集まり始めたので列に加わるとあっという間にすごい行列に。1000人分なんてすぐになくなりそう。

←くじら汁
鯨の脂身部分と野菜のスープ。
肝心のお味はコリコリとした食感の脂身・・・であまりクセは感じられず。ダシが出ているのでお汁はいいお味。
でも、赤身部分も食べたかったな。
赤身部分の鯨肉&缶詰は着いた時点でほれたぜ完売状態だったの。
b0089578_11465.jpg
上のメニューだけではお腹が膨れるわけもなく、友人Tのリクエストで
ラ・パーク金沢の上にある喫茶店で「ハントンライス」が食べたいというので行く。
さしたる専門店があるわけでもないショッピングセンターの2階の寝巻き売り場の陰に
奥飛騨慕情のようにひっそりと存在する喫茶店、「麻沙羅」

友人Tは白身魚がのった普通のハントンライス。
私は写真のエビハントンライス。
具入りケチャップライスの上に薄焼き玉子とエビフライとタルタルソース。
ライスの味付けがなかなか美味しく、外見に似合わず侮れない。

私も友人Tも今はなき元祖ハントンライスのお店でよく食べていたので、
「他のお店などで上にかかってるのがマヨネーズだとちょっとだよね」
と、お互いないメガネを中指でクイッとあげたくなってしまう気分になるハントン野郎女なのよね。
でも、自分で作る気はまったく起こらないというメニュー。(単にやる気)
[PR]
# by sukatan_queen55 | 2006-05-09 02:00 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(38)