東京(阿佐ヶ谷):うさぎや「どらやき」

b0089578_15103516.jpg
常宿の1つである阿佐ヶ谷のホテルに宿泊して、駅まで長いパールセンター商店街を歩く。

ちょうど阿佐ヶ谷七夕祭りの巨大なくす玉飾りやはりぼて飾りが沢山設置されていて、
いやがおうでもお祭り気分を盛り上げる。

七夕祭りって7月だと思っていたら、ここでは月遅れの8月に開催されるんですね。
b0089578_15104159.jpg
JR阿佐ヶ谷駅・南口からすぐ横道に入ると飲み屋街が密集している一番街。

中央線をくぐって北口方面のスターロードに来るとこちらも飲み屋街が充実。

荻窪、西荻窪、高円寺界隈を巡ることが多いけど、ホテルが阿佐ヶ谷の時はこちらも開拓してみようかな。
b0089578_15104861.jpg
JR阿佐ヶ谷駅北口から徒歩3分ほどにあるうさぎや、こじんまりした昔ながらの和風な建物。
もちろん目的は「どら焼き」です。

頂き物で阿佐ヶ谷店のどら焼きは食べたことがあるのですが、
店舗に直接来るにはこちらに宿泊した時でないと距離的に難しい。

電話予約が出来ないので早めに行くに限ります、18時頃に向かった時は売り切れだったので。
さすがに平日の早い時間帯だったせいか待ち人はいませんでした。

購入したのは「どら焼き」と「うさぎや餅」。
うさぎや餅は写真ありませんけど、ビニールの包みの中に黒蜜と胡桃が入ったお餅ときなこがたっぷり入ってる。
b0089578_15105428.jpg
午後からの用事の場にてうさぎやの話で盛り上がり、日本橋のうさぎやに行きましょう!
と連れて行かれ、思いがけず日本橋店と阿佐ヶ谷店の食べ比べが実現。

上野店、日本橋店、阿佐ヶ谷店は独立していて、製法や材料が違うのでそれぞれ味は違う。

日本橋は皮がふかふかで全体的にずっしりと重く粒あんの存在感がすごく、餡は阿佐ヶ谷店より甘め。
阿佐ヶ谷はしっとりときめ細やかな皮と粒粒がしんなりして、甘さはやや控えめ。
どちらもうさぎやの看板を掲げているだけあって似ているけれども食べ比べると結構違う。

上野も食べたことあるけど・・うーん、日本橋に近かったかな、記憶が曖昧。
3つ同時に比べないと微妙な違いは分からない。。。

でも、どれも私の好きなどら焼きには違いないので、行く機会があればお土産の定番にしています。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-09-09 23:42 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(荻窪):台湾料理 瑞鳳(ずいほう)南口仲通店

b0089578_13284146.jpg
荻窪南口ぶら飲み2軒目。

去年の10月に行って印象に残っていた台湾料理 瑞鳳(ずいほう)北口店に再訪するつもりで
7月初旬に位置確認しようと調べていたら、なんと去年の年末に閉店していた衝撃!

でも2軒あるうちの南口店は残っているそうなので、そちらに向かうことに、瑞鳳(ずいほう)南口仲通店
北口店と負けず劣らず味のある昭和な佇まいにじわじわと扉に引き寄せられる。
b0089578_13313174.jpg
デジャヴに陥りそうな北口店の記憶とあまり変わらない南口店の店内、壁のメニュー写真のせいもあるかも。
現在は、北口店にいたお姉さんがお昼を担当し、夜は妹さんが担当だそう。

南口店は夜市、屋台料理が得意と書いてあったけど、
味の予想が付きそうで分からないものもあって、沢山の麺類や一品料理で目移りする。

b0089578_13285468.jpg
前回食べたお酒のつまみ的な特選3品セットに目がいく。
前回の枠を出ないという安全パイをとってしまうが、前のお店からのハシゴなのでそこまで食べられないのもある。
b0089578_13290278.jpg
特選3品セット:干し豆腐、茶玉子、チャーシュー

台湾に行った時にファミマの入口から漂っていた八角臭、茶葉蛋(茶玉子)を買ってホテルで食べたのを思い出す。
マーブル模様が入った茶玉子の香辛料の香り、好きな人にはクセになる♪これ大好き。
干し豆腐はしっとりした弾力のある食感の豆腐、不思議な感覚。
上には白髪ネギとパクチー、お酒を呑むならどうしてもこちらのアテ系を頼まずにはいられない。
b0089578_13290793.jpg
しじみの醤油煮
生のしじみから煮るという醤油にはピリ辛で醤油はうっすらと、でもニンニクの香りが~結構するね。
見た目は小さいけどパンチがあるわー。
パンチがあるといえば北口のお姉さん、妹さんは明るくにこやかな方でした。
b0089578_13291200.jpg
芝麻醤麺(ジーマージャンメン)
胡麻ダレの和え麺、前回もこれ食べたのですが酔っていたので記憶が不鮮明だったのでワンスモア。
底に胡麻タレが沈んでいるので麺をよく和えてから食べると、胡麻の風味が強くてでも割とあっさりしてる。
b0089578_13291707.jpg
麺を食べた後にスープを入れてくれる。
30年以上営業している間で一番売れる麺がこれだそうです。
他にもジャージャーメン、夜市ヤキソバ、台湾チャンポン・・おっ!葱油餅もある。

街中の大衆食堂的な造りの中に異国情緒が散りばめられて、食べたいものがいっぱい。
このふら~っと立ち寄りたくなるレトロな佇まいと台湾伝統の味。
2度目でしたがここはまた来たくなる、腰を落ち着けてゆっくりと別メニューを味わってみたい。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-09-08 23:37 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(荻窪):もつ焼 とん吉

b0089578_12594309.jpg
8月の東京編

荻窪・西荻窪・阿佐ヶ谷と、ここ数年中央線沿線の徘徊率が高めなのは
この近辺で宿泊しているのと、地元案内人の庭だからという理由が大だが、今回はその案内人が不在。

じゃあ今回は何処へ向かおうと迷った時に、前回の軌跡を追うことがまず頭に浮かんだ。
新しいお店の開発もいいが、前回のセレクトが印象的だったのでもう1度行きたい気持ちが膨らむ。

そのお店とは、うな串で一杯出来る老舗の鰻屋さんだったのですが、
この日は東京着が遅くて20時頃にお店に伺うと、まさかの!暖簾が下ろされてるーー。

平日だが既に売切れ御免なのだった、都会の人気店を甘くみてはいけない。

む・・どうしよう、ここは駅南口。
過去の荻窪の記憶をたどりながら足跡を辿り、前に行ったお店も見つけたが今一つ踏ん切りがつかず、
ふらふらと徘徊していたら気になるお店が目に入った、もつ焼 とん吉

派手ではないが街並みに溶け込んでいる年季の入った外観。
換気扇から出る煙が私を呼んでいるようだ。
b0089578_12594869.jpg
お店は昭和34年から営業されているそうで、
店内では地元の常連らしき方々がテレビでスポーツ観戦を観ながら呑んでいて素朴な雰囲気が伝わってくる。

カウンターがかなり長いのですが、その奥にも宴会が出来るほどのテーブル席数があって、
メニューは備長炭で焼いたモツ焼きを中心に焼き物、揚げ物、お刺身と居酒屋メニューも豊富でした。

今夜はウーロンハイから始めます。

b0089578_12595380.jpg
ハツ、シロ、かしら
どれもタレで頼んだ炭火で焼いたモツは甘辛いタレが肉の旨みと合っていて、
ハツの旨さとかしらのジューシーさ、シロも沢山刺さってる。
モツ焼きはどれも100円というのが嬉しいなぁ。
b0089578_12595773.jpg
モツ煮込み
東京と言えばやはりモツ煮込み、お!ボリュームがあってしっかりめの煮込みが出てきた。
モツ、お豆腐、蒟蒻、大根、牛蒡と具だくさん、私こういうバラエティーに富んだの好き。
色んな出汁が出ている味噌味がいい感じに染みていて美味しいです。
b0089578_13000140.jpg
まぐろブツ
とりあえず東京に来たらまぐろを食べるパターン。
お刺身はこれ以外にたこ、いか、げそわさなどありました。
b0089578_13000573.jpg
レバー、うなぎの肝
うなぎ串が食べられなかったのでせめて肝だけでも。
レバーはしっかり焼かれている方だけどしっとりもしていてお父さんの熟練の技。
冬には牡蠣の串もあるそうです。
b0089578_16025576.jpg
たん、砂肝、つくね

時間と共に1人また1人と常連さんが増えてきて、普段使いの居心地の良さがある。
年齢層がやや高めなのも安心感、手頃な価格で美味しいし落ち着けるのがいいな。
荻窪南口の長く愛される1軒ですね。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-09-07 23:25 | 東京 | Trackback | Comments(0)

金沢(桂町):インド料理 マハク(Mehak)期間限定「ポークマサラカレー」 oishii

b0089578_16103223.jpg
スパイス活動が立て続けに続いていますが、今回もスパイスな記事。

カレーコミュニティにて期間限定の「ポークマサラカレー」が美味しいよ
というウェーブが来ていたので、まだ未訪問のお店に初来店、インド料理 マハク(Mehak)

金沢西警察署から金沢港へ通じる県道8号線の途中にあるマハクさん、
お店に駐車場はありますが、隣のナルックスの駐車場も利用できます。
b0089578_16131655.jpg
行こう行こうと思いつつ、延び延びになっていたお店です。
人懐っこい笑顔のスタッフさんは見覚えのある方。
カウンター、4人がけテーブル3つの他に小上がり席も3つあって、これは宴会が出来る広さ。

ランチメニューにはリーズナブルなAランチからボリュームいっぱいのCランチまであり、
焼きたてナン食べ放題!と大食漢の人には有り難いサービス。

通常メニューの方の単品カレーには南インド系もあるし、かなり気になるメニューもあったけど
期間限定のポークマサラ目当てだったのでそちらを注文することに。
b0089578_16113110.jpg
・ポークマサラカレーセット(ナン、ミニライス、ミニサラダ、チャイ付):1,200円

玄関入る時にズバーン!と紙が貼ってある限定のポークマサラカレー。
サラダは胡麻の様な香りのするスパイスがかかったドレッシング
この角度から撮ると普通に見えますが、涙型のナンは私にとっては結構大きめ。
b0089578_16120178.jpg
マサラポーク、一見分かりにくいですがドロッとシャバッとの中間の様なカレーの下には
ホールスパイスがごろんごろん!時折ゴロッと口の中であたる食感を確認しながら、
カルダモンやその他、粒やシナモンの板をそのつど摘まんでは置いていく。

そして角切りされた豚肉もごろんごろん!沢山入っていて大盤振舞。
かなり爽快なスパイス感ですが旨みとのバランスが取れていてこれは美味しい。
初めてマサラカレーを食べた時のあの感覚が甦ってきた、本格的なインドカレーを食べたな~的な。
味も何というかカレーらしいカレー、期間限定が勿体ないくらい。
b0089578_16124681.jpg
食後のチャイを飲んでホッと落ち着くひと時。
カレーは1種だから普段のランチセット(Cなど)から比べると量的には少ないですが、
ホールスパイスを贅沢に使用しているのでスパイス好きなら満足感が得られますよ。

このポークマサラはスパイス好きな人には結構好評らしくて、
注文が出るほど限定は長く続くそうなので、気になった人はお試しあれ~~。




[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-09-06 23:00 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):スパイスボックス (SPICEBOX) 「スリランカ・カレー・セット」

b0089578_16012988.jpg
カレー食事会イベントの記憶も新しいままの9月突入ですが、
イベント開催の急流の波に押されて次々と計画が立てられている真っ最中。

そんな中、私は自分の計画遂行の為に取り掛かっていた、ジムアフターは片町のスパイスボックス (SPICEBOX)
風呂上りすっぴん姿でカレーの香りをまといに来ました。

いつもは2~数名とあれこれ単品を頼むのが基本ですが、久しぶりの単品スパボ。
お1人様用のセットには、普通のインドカレーセットもあるけどお勧めは「スリランカカレーセット」。

・スリランカ・カレー・セット:1780円(税込)

3つのチキンカレーの中から選択できます(豆カレーはデフォ)
・ククルマスマールワ(レッド):唐辛子たっぷりホットなカレー
・ククルマスカルマールワ(ブラック):香辛料たっぷりスパイシーなカレー
・イエローマスキラタ(イエロー):ココナッツミルク風味のマイルドなカレー

*マンゴーラッシーは後から付けました。
b0089578_16013355.jpg
ククルマスカルマールワ(ブラック)
スリランカカレーと言えば、複数のカレーと副菜を混ぜながら食べて楽しむのがスタイルですが、
ククルマス(鶏肉)のカレー、辛さはほどほどで香辛料の香りがきいててスパイシー!これだけでも美味しい!
b0089578_16013937.jpg
パリップ(レンズ豆)の煮込みカリー、豆の風味がふっくらと優しい中にじんわりと来るスパイス感。
b0089578_16014484.jpg
右にポルサンボル(ココナッツと玉ねぎの辛い和え物)
左にマッルン(細かく刻んだ野菜とココナッツ)かつお節が入ってな和風なふりかけ
を横に従え、真ん中にはカットレット(スリランカ式のコロッケ:ここでは青魚)とパパド(お煎餅)

色合いと縦にすればインドの国旗みたいですね、スリランカ料理ですが。
ここに2つのカレーをかけて、単品で食べたり混ぜたりして味わいの変化を楽しみます。

副菜もどっさりかかっているし、1つ1つが美味しいそれぞれの存在感を感じさせる味わい。
b0089578_16014873.jpg
サービスに頂いたフェルナンドさんたちの賄い的なフィッシュフライ。
カリッと揚がったスパイスが散りばめられいて青魚かな、これは。

現在は夜のみ営業のスパイスボックス。
夜定食を求めてカウンターにはお1人様がぽつりぽつりと埋まっていきます。
b0089578_16015488.jpg
別の日にはスパイスボックスでお惣菜をテイクアウト買い。
自宅で器に盛ってさも自分が作ったように・・こんなの作れたらいいな!
ちなみに生春巻きだけ自作です。

ベジタブルビリヤニ(目玉焼き付)
アルゴビ(カリフラワーとじゃがいものドライカレー)
ハリヤリチキンティッカ(パクチー・ミントペーストのチキンティッカ)

ハリヤリ=青菜のチキンティッカがヤバいです。
パクチー好きなら鼻から通る香りに悶絶され、後からくるミントの爽快感。

テイクアウトで簡単にインド食卓、プラ容器も用意してくれますよ。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-09-05 23:16 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(泉野町):サイラムキャンティーン(南インド料理)で食事会イベント

b0089578_15324078.jpg
8月下旬、泉野町の南インド料理、サイラムキャンティーンにて開催された
「㊗金沢遠征隊結成イベント!サイラムで呑んだくれ!」というカレー食事会に参加してきました。

地元のカレーコミュニティに所属している私、
今年の5月に野々市の「カジャーナ」にて食事会があったのですが、
ブログを読んでいる皆様ならご存知の通り、入院・手術を経ての~リハビリ期間中だったのでカレーなどはもっての外。

心では走って行きたい気持ちでしたが、自粛してしばらくは大人しくしていたのです。
で夏になり、ベトナム・タイ・インドと色んな物が食べれるようになってきた時に発表されたこの企画。

スパイス&カレー好きとしては参加するしかないでしょう。

今回は富山のカレー仲間さんたちが金沢へ遠征して「カレー呑み会」に参加しよう!という活動部が
石川のカレーコミュニティでイベントを立ち上げた食事会。

知り合いが多少いるとは言え(リアルでお会いしていない人も含む)
野々市の食事会にも参加していないし、富山の皆さんも知らないし・・・初対面の方々ばかり。

こ、これはもれなく人見知りモードが発動しそう。
とは言え、やり取りしている人とお会いしてみたいし、何よりカレーを食べたい欲求にはあがらえない。

当日はバスでお店へ、お酒が弱くなったくせに1杯位は飲みたいというデザイア。
b0089578_15330993.jpg
お店の入口横のテラスでは何やら団体で賑わってらっしゃる。
・・と思ったら、今日参加する人たちが既に0次会をやってました。
b0089578_15333971.jpg
本日のお品書き一覧。
*スペルは違っている可能性があります(笑)この辺のゆるさは全然オッケー。

サイラムキャンティーンさん、夜は初めてなんです。
インドワインやビールはあるだろうと思っていたけど、ビールはほぼ飲まない派。
レモンチューハイがありました、ありがたや~~。
b0089578_15341070.jpg
ミールス形式で出されたお食事。

カレー
・ラッサム(左):酸味のあるスープカレー
・チキンバルタカレー(中):バルタ=細かくしたもの サラッとしたチキンカレー
・サンバル(右):人参や玉ねぎごろごろ入ったスープカレー

ライス
・ベジビリヤニ(左):ランチでチキンビリヤニを食べたことあるけど、やはりここはビリヤニ美味しい。
・ココナッツライス(中):中にナッツが入っていてこちらも美味しい。
・タワフィッシュ(右):スパイシーな魚のフライ、ちなみにタワフィッシュと検索すると何故かRADIO FISHが一番に。
・キャベツのポリヤル(一番右):キャベツをスパイスでココナッツで炒め煮したもの

・サラダ

・パパド:インドのお煎餅

私はこれだけでお腹いっぱいになりましたが、大食漢の人たちはそうもいかず、
次々にカレーやビリヤニのお代わりやナンの追加を頼んでいて、オーダーバイキング状態に。
b0089578_15361499.jpg
・バナナのケサリ
カスリと書いてあるけどケサリの様な。
一口食べると、この間私が作ったバナナケーキをぐしゃぐしゃに粉砕したような味。
多分、セモリナ粉を炒めてバナナや砂糖を加えたんじゃないかと。
粒粒感がありほわっと温かくて美味しいです。
b0089578_15370028.jpg
インドの漬物的なアチャールとか、辛いというので手を付けなかったのですが。
b0089578_15372953.jpg
最後にチャイかコーヒーをとオーナーに尋ねられ、チャイを選択。

私が座っていたテーブルはどうも酒豪が多かったらしく、食べ終わった後も呑むわ呑むわ・・
ワインボトル4本も空けてましたわ。
私はチューハイ1杯の後は白ワイングラス1杯と可愛くなったもんだ。

そしていつ終わるの!?と言うくらい喋り倒しが延々と・・・
(それは呑み助共たち、私も呑んでないのに粘る)

私はお隣が知人、主催者さんが前に座ってくれたお蔭で色々話すことが出来ましたが、
人見知りモードもあって席移動もしなかったし、全員とは話すことができませんでした。

ま、そんなこともある。
でも話の輪に飛びこんで楽しく話せたことも事実だし、お料理も美味しかったし。
連絡等を何度も取り合っていた幹事さんも最後までお疲れさまでした。

夜のサイラムキャンティーンさんも来なきゃですね、テイクアウトも出来るそうです。

で、この時に持ちあがったのが、金沢の別の店でも食事会をしよう!という計画。
とあるお店は私がよく行くお店なので幹事で決定です。
トゥービーコンテニュー。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-09-03 23:38 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

うちごはん:タイの留学生を迎えて我が家でタイ料理パーティー

b0089578_16440007.jpg
普段からエスニック料理はよく作るんですが、夏になって更にそれがターボエンジンふかせて加速。

パクチーが手に入る度にタイやアレンジ料理をこさえてて、
たまたまSNSにアップしたのがこの日のタイ料理。

ヤムウンセン(タイの春雨サラダ)、パッタイ(タイ焼きそば)、ラープ・ムー(タイの豚ひき肉のサラダ)

すると知人が近々タイの留学生がホームステイに来るので味見させてみましょうか?と提案。
そういえば近々、ジャパンテント(石川県内で行われる国際交流イベント)の期間が開催される。

その時は何となくうやむやになったのだけど、後日イベントで売り子をしている時に、
タイの留学生を引き連れてお店にやってきて、ノリと勢いで我が家でタイ料理パーティーすることに決定。

うわぁ~いつも慣れ親しんでいるタイの味を知っている方々に私の手料理を披露するのはかなりのドキドキ物。
どんな感想を持たれるか不安もあるけど、こんな機会は滅多にないので、
とりあえず気合い入れて頑張る、これしかない!

b0089578_16443826.jpg
そして当日、テーブルコーディネートも演出もあったもんじゃないといったいつもの並べ方ですが、
仕事を半休し買い出しして後は黙々とキッチンにこもり、夜ご飯タイムまでに何とか間に合いました。

この日のお客様は4人、知人2人とタイの留学生2人(2人とも女性)。
留学生の内、1人はジャパンテントで石川の地へ、もう1人は地元の大学に通っておりホスト役の1人。

夫は仕事の都合で今回は参加できず、かな~り残念。
私よりもタイの経験が長いので色んなこと聞きたいし交流したかったはず。

早速、テーブルに並べられたタイ料理に歓声をいただきましたが、現地よりは辛さは控えめにしてありました。
まぁまぁ辛いと思うけど、現地だともっと辛いし私が耐えられないので控えめレベルに。
b0089578_16452011.jpg
・ヤムウンセン(タイの春雨サラダ)
いつもは海老とひき肉だけ入ったヤムウンセンだけども今回は具が豪華版。
海老、いか、豚ひき肉、きくらげ、春雨、赤玉ねぎ、万能ねぎ、セロリ、トマト、パクチー

いつものドレッシングはナンプラー、レモン汁、砂糖、唐辛子だけですが、
今回はパクチーの根、パプリカも細かく刻んで入れました。

これだけ具材が多いと口の中で素材のハーモニーがかなり楽しめます。
面倒だから普段はここまでしないだろうけど。
b0089578_16481134.jpg
・プラークン(海老のスパイシーサラダ)
海老と赤たまねぎに自宅の花壇で収穫したレモングラス、ミント、スイートバジルに加えて、
バイマックルー、パクチーと香の洪水の様なハーブを沢山使ったサラダ。

ドレッシングはナンプリックパオ、ナンプラー、パームシュガー、レモン汁、唐辛子
生レモングラスが細かく輪切りで入ってるのでとっても爽やか。
b0089578_16472536.jpg
・パット・ホイラーイ(あさりのバジル炒め)
にんにく、唐辛子とあさりを炒めて、あさりが開いたら↓を入れてバジルを混ぜる。
オイスターソース・シーズニングソース、味噌、パームシュガー、ナンプリックパオ、牛乳

タイの味噌(タオチオ)は持っていないので普通のお味噌で。
これはタイで食べている味と全く一緒!というお墨付きをいただきました♪
b0089578_16512560.jpg
・カイチォウムーサップ(挽肉入り玉子焼き)
卵の中に豚ひき肉とたまねぎ、ミニトマト、万能ねぎ、白こしょう、薄口しょうゆ、塩で味付けして
たっぷりの油でふわっと揚げ焼きしました。上にパクチーを添えて。

好みで市販のチリソースを付けて食べますが、
チリソース抜きだと薄っすらと醤油の味がする普通に日本人が好きな玉子焼き。
b0089578_16503271.jpg
・ガイヤーン(鶏肉のグリル)
手羽先と鶏もも肉を、粒こしょう、コリアンダーシード、パクチーの根、にんにく、塩、パームシュガー、
シーズニングソース、ナンプラー、オイスターソース、ココナッツミルクで1晩漬け込んだものをオーブンで焼きました。

b0089578_16521339.jpg
・パネーン・ムー(豚肉のココナッツカレー)
パネーンはゲーン(グリーンカレーやレッドカレーなど)よりも汁けが少ないカレーだけど、見ためは汁け多そうな。
レッドカレーペーストにコリアンダーシード・クミンシード・ピーナッツのペーストしたものを混ぜたものがベース。
豚肉と赤ピーマンを入れてココナッツミルク、ナンプラー、パームシュガー、バイマックルーで味付け、とスイートバジル。
b0089578_16531883.jpg
ジャスミンライスにカレーを添えて。
ピーナッツやホールスパイスをペーストにしたものを加えているせいか、
いつものレッドカレーより深みがあってスパイシー感が増している。
女の子たちはジャスミンライスが嬉しいらしく、もりもり食べてくれました。
コストコでジャスミンライスを購入したけど3キロもあるので中々減らないんですよー。

タイでは台所がないアパートが沢山あり、自炊する人が少ないそうです。
外食が安くて経済的なことから、家では作らずに食事はほぼ外食。

留学生の女の子たちも日本に来て初めて自炊したとか。
なのでこれだけの数のタイ料理を自分で作ったことにすごく驚かれました。

レトルトなどのタイカレーは購入しやすいものの、調味料を一から全部揃えるのは費用がかかる。
ちょくちょくタイレストランにも行けないので、こんなフルなタイ料理は久しぶりだとか。

自分自身の出来としては中々良く出来たと思っているけど(自画自賛?)、まだバンコク渡航歴2回の私。
彼女たちが思い描くタイ料理に少しでも近づけたかな?とドキドキ。

辛さとか微妙な味付けとか細かなところはあるだろうけど、皆が美味しいと言ってくれてホッと。
少しでも遠く離れた現地の味を思い出してほしかったので、喜んでもらえてよかった。

タイの文化のことや、ソースの組み合わせなどお料理の参考になることも教えてもらいながらの
あっという間の2時間半、楽しかったし貴重な体験をさせてくれた知人に感謝です。
b0089578_16552998.jpg
ホームパーティ翌日以降

パクチーを大量に保管していたけどパーティーだけでは使い切れず、
翌日からパクチー入りのエスニックな食卓シリーズが始まりました。

・タイ風ラーメンサラダ
ヤムウンセンの春雨をインスタント袋メンに切り替えて、海老や豚挽肉、紫玉ねぎ、パクチーなどの具でサラダを。
レモン・砂糖・ナンプラーにタイのトムヤム袋メンのシーズニングを少し入れただけなのに激辛。
こりゃ全部入れたら死ぬレベル、インスタントと言えどおそロシア。

・オクラとじゃが芋のサブジ
無印良品の手づくりキット・サブジ(インド風野菜炒め)を使ったオクラとじゃが芋、トマトが入ったサブジ。
これスパイス具合が結構本格的で美味しいんですよね~簡単だしリピート買いしてます。
インドカレーの味わいが食欲をそそって野菜がもりもり食べれちゃいます。

・2人分のガパオライス
豚ひき肉とパプリカ、茄子と家で収穫したスイートバジルでガパオライス。
もちろん、お米はジャスミンライスで。
b0089578_16433003.jpg
・豚肉のレッドカレーがけそうめん

夫から刻んだ生野菜と素麺とレッドカレーをかけて混ぜながら食べる屋台タイ料理があると、
人づてで聞いてきて食べたいというので、聞いたそのままを作ってみました。

しかし、作り始めた後から家に幾つかあるレシピ本を見ると載ってる!
けどちょっと違う・・でもまぁいいか。

レシピ本はフィッシュカレーをかけて食べる米麺料理。
麺はカノムチンという米麺がそうめんに食感とかが似ているそうです。
付け合せの野菜とそうめん(カノムチン)と具の少ないカレーを混ぜるところは同じ。

私はレッドカレーを翌日もライスと食べたいので、がっつり具を入れて普通のレッドカレーを作りました。
b0089578_16534898.jpg
ニンジン、もやし、きゅうり、水菜などの生野菜の上にそうめん、レッドカレーをのせて
全体的に混ぜ混ぜしていただく。
これは野菜がたっぷり捕れていいかもしれない。
数回食べているとお腹が膨れてくるので用意するのもこれだけ、他のおかずはいらないね。
b0089578_16542940.jpg
その翌日
パッタイ、ヤムウンセン、豚ひきにくの春雨炒め
タイで買ってきたタマリンドがあるけど少量なので、今回は瓶入りパッタイペーストを使用。
味は初めから決まっているので間違いない。
死ぬほどクラッシュピーナッツをかけて食べました。
b0089578_16421592.jpg
・シンガポールチキンライス
カオマンガイではなくシンガポールチキンライス、何故ならシンガポールのお土産に頂いた素を使ったので。
にんにくや生姜、そしてエシャロットを初めて使いました。

それらがたっぷり入ったジャスミンライスと素の味で結構刺激的な味、美味しいけど。
裏の英語のレシピを見て作ったけど、こ、これでよかったんだよね。。。
いつも珍しいお土産ありがとうございます!


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-09-02 23:26 | うちごはん | Trackback | Comments(0)

金沢(寺町):神楽(かぐら)「冷やしラーメン」

b0089578_17012414.jpg
8月後半に自作のタイ料理を振舞う機会があったんですけど、
大量のパクチーを仕入れたらその日だけで使い切れず、翌日から延々とエスニック料理が続く日々。

目的がないと家にはやってこない貴重な素材で好きだから無問題!パクチー中心で回る食卓。
夏の終焉と共に夏季限定ラーメンも終了の兆し、パクチーがトッピングにあるラーメンを求めて行ってきました。

・冷やしラーメン(トッピング:パクチー、味玉)

夏の限定は坦々麺(温・冷)と冷やしラーメン、坦々麺(冷)は既に食べているので冷やし一徹。
少し前は夏野菜がトッピングされたものでしたが、今回は自分でトッピングできるシンプルベース。

ひやひや過ぎない鶏と魚介の旨みがスーッと伝わってくるスープ、これ神楽さんだなぁ~とじわじわくる。
パクチーと一緒に食べるとその強い香りと共に途端に華やかな刺激が!
麺は口の中でにゅるっと踊るようなむちむち感、どこか穏やかで落ち着いた感じ。

家でもエスニックだけじゃなくパクチー使ったりするんですが、意外に和食材とも好相性だったり。
パクチーなしでも美味しいけど入れると劇的にバージョンアップするので好きな人にはたまらない。

これで私が食べる今年の冷やしも終了かな。。。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-08-31 23:05 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)