<   2016年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

金沢(木倉町):スペイン料理 アロス で暑気払い!

b0089578_14520516.jpg
夏が終わる前に減らない素麺の在庫をなんとかせねば、季節の変わり目が近づいている証拠。
天候が良く気温が高い内に残暑払いも済ませておきたい。

お店のアルコール摂取度としては最強スタッフ女子であるTちゃんからのお誘いは、まだ暑さがまっさかりの頃。
丁度、学生バイトも夏休みで不在なことから2人でサシ飲み、暑さを打ち払うためにスペイン料理「アロス」

木倉町通りで本格スペイン料理として、いつも賑わいが絶えないお店。
当然のごとく予約は必須。

乾杯は樽詰めのシードル、リンゴの酸味が心地よくフルーティーで飲みやすい。
お料理はおまかせでコースにしてもらいました。
b0089578_14524296.jpg

・イベリコ豚生ハム
まずはこれからじゃなきゃ始まらない、テーブルでそぎ落としてくれたイベリコ豚の生ハム。
味が濃くて奥深い、塩分がやや強めでアルコール飲みにぴったりね。
b0089578_14531255.jpg
・塩だらのピルピル
アロスの定番のピルピル、これ食べたかった!とTちゃん、私ももちろん待っていた。
さらさらオリーブオイルに溶け込んだ鱈が、ニンニクの香ばしさといい塩梅の塩加減とで食欲を煽る。
b0089578_14550644.jpg
・能登のもずくと高岡のカンパチ
いきなり意外な品が!能登で海女さんが採ったというもずくは、アロス風にマリネされていて
つやっとしていて噛みごたえがあって美味しい!もずくでこんなにテンション上がるとは・・・思わず後からお代わり。
富山の高岡で獲れたカンパチはオリーブオイルでマリネされ、分厚くてこれまた旨いっ、北陸ならではのおススメ。
b0089578_14553684.jpg
ボデガス コンデ /ネオ・ヴィヴィル ヴィヴィル、テンプラニーリョ100%のスペインの赤ワイン
初めてテンプラニーリョを聞いた時、天ぷら人形と空耳アワーだったことが懐かしい。
b0089578_14561181.jpg
・ムール貝
b0089578_14565184.jpg
・ガスパチョ
トマトベースで他野菜が入った酸味のある冷製スープ。
これとは違うものだけど少し前に、自宅で冷製トマトのポタージュを連続で作って飲んでいた、夏ですなぁ
この爽やかな酸味がすっきりして好みなんです。
b0089578_14595350.jpg
ボデガス・イ・ヴィネドス・ネオ/エル・アルテ・ド・ヴィヴィル
2人で2本目に突入、大丈夫か?こちらもテンプラニーリョ100%のスペインの赤ワイン
b0089578_14572409.jpg
・能登豚とイベリコ豚
プチプチな大粒のマスタード粒と山椒の刺激と共に美味しいお肉の旨みを存分に頬張る。

2人は年齢は私がかなり上とは言え、既婚者ならではの話題で盛り上がっていたのですが、
ワインで盛り上がる内に、誰かを呼びつけよう!ということになり、学生バイトのI君に電話をかける。

えぇ、今から?のノリの悪さの電話口、でもアロスにいるという一言で「行きます!」と即効な返し。
なんでもアロスに行ってみたかったとか、食べ物残しておくから早くおいでー。
b0089578_14592311.jpg
・毛蟹のパエリア
すごい豪華なパエリアが登場、どこで水揚げされたか聞かなかったけど能登でも毛蟹捕れるんですよ。
これが美味しくないわけがない、蟹の身がたっぷり入って出汁の旨みも最高。
かけつけてきたI君も幸せそうな顔をして食べていました。

この後さらに人数が増えてテーブル移動して少し飲んだり食べたりしていましたが、
どうみても自分はワイン飲み過ぎで、この後1人でバーに移動したけれど居眠りモード炸裂してしまいました。

久しぶりのスタッフとの飲みは少人数だけど楽しかった!
またBBQなどやりましょう。

そして活気のあるお店が存在するだけで、その通りは盛り上がる。
行った日の数日前に10周年を迎えたアロス、その勢いと情熱でこれからもがんばってください。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-08-31 23:42 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(長町):くらげが雲になる日(タイ料理)「カオマンガイヌードル」

b0089578_12371403.jpg
台風の訪れと共に一気に気温が急降下、雨がしとしと朝は肌寒さを感じたりと本当に8月か。

もう少し夏でいさせて欲しい、暑い日が続いてほしい。
寝苦しくても、化粧が汗で溶けようとも、私は夏が好きなんだーー!

夏と言えばエスニックが食べたくなるので、パクチーを持ち込みエスニックな食卓を繰り返しても飽きぬほど。

冒頭の台風と書きこもうとしたら、タイ風と変換されてしまうくらいエスニックラバーということである。

そんな8月中旬、家業手伝いアフターにふき出す汗をぬぐいながら向かったくらげが雲になる日
武家屋敷界隈にある大きなお屋敷の中にあるタイ料理屋さん。

くぐり扉を抜けて店内までの長いアプローチの先にある絶妙な異空間。
通されたのは庭を愛でる位置にある縁側、一番お気に入りの席。

去年の「カオマンガイヌードル」 はリピートしてしまったけど、今年も再び!の情報を得てここにいる。

・カオマンガイヌードル(冷たい麺)

生姜をベースにタイの甘味噌や黒醤油、香草で仕上げたタレはとろっとしてかなり塩分高めの濃い味。
それを鶏肉や麺に絡めると丁度良くなる、葉物は水菜とパクチー。

コクのある少し甘めのタレとモチッとしたちぢれ太麺、そこにパクチーのかぐわしいかほり、シクラメンのかほり(嘘)。
濃淡の味わいを堪能しつつ、この爽やかな香りがエスニックに花を持たせてるんだな。

しずく型の器だった去年に比べて、今年は四角い平皿。
タレの粘度も上がっているようです。
b0089578_12374406.jpg
一緒に付いてくるジャスミンライスに、タレが絡んだ鶏肉をのせるとタイのカオマンガイを余計に彷彿とさせる。
ライスお代わり!と言いたくなるほど旨し。
b0089578_12381403.jpg
ドリンクは幾つか選べる中からベトナムコーヒーのアイス。
ベトナムで飲んだ濃くて濃くてあまーーーーいベトナムアイスコーヒーを思い出すけど、
こちらは濃さはかなりのものだけど、甘さはやや控えめでとっても飲みごたえのある味。

デザートは桃のシャーベットにココナッツミルクのアイス、
ヨーグルトソースがかかっており爽やかな口直し。

9月もカオマンガイヌードルはランチ限定で出る予定です。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-08-30 22:39 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(打木町):第3倉庫 COFFEE ROASTERS(カフェ) oishii

b0089578_16402716.jpg
根っからのコーヒー党で、自宅では自家焙煎の豆を淹れる、時間がない時はドリップバッグ。
飲み物だけじゃなく、お菓子やアイスまで迷わず手に取るコーヒー狂。

毎日何かしらコーヒーを口にしているが、夏は暑くてホットコーヒーが飲めない。
自宅でも缶コーヒーでもカフェでもアイスコーヒーロングラン。

自宅で淹れたコーヒーでアイスコーヒーを作っても氷で薄々、
美味しいアイスコーヒーの作り方を調べながらも、今はメンドクサイ心が邪魔をしてるから。

外だと楽チンスタイル優先で、まずスタバやタリーズでテイクアウト、コンビニもあり。
カフェだと、ラテアート教室の師匠である野々市のサニーベルコーヒーによく1人で立ち寄る。

じゃあ、休日に夫婦でどこかカフェ、そうだ!あそこに行きたかったのだ。
北陸珈琲愛好会でオープン当時からチェックしていたのに、機会を逃していた第3倉庫 COFFEE ROASTERS

今年の5月12日オープン、

金沢外環状道路(海側幹線)のマクドナルド付近の福増町北交差点から安原工業団地に入り、
700mくらい進んだ道を左に曲がると・・見つけた!地図アプリ様様。

こんな場所にカフェがあるなんて、情報がなければ分からない位置。
倉庫を利用しているとあって、天井も高いし広々~~と開放感溢れる店内。

レトロなソファーセット、学校で使用されていた椅子、カントリー風のチェアなど不揃いな様でモダンに映る。
奥には大きなスピーカーやアンプが揃った立派な音響装置があり、スピーカーそのものがインテリア。

入口近くに焙煎機が設置され、ここでお店の顔である自家焙煎コーヒーが焙煎されています。
コーヒーはハンドドリップ、パスタ、サラダ、カレー、オムライス、サンドウィッチなどの軽食と
パウンドケーキやティラミスなどのデザート類。

7~9時までモーニング、11~14時までのランチタイム、以降アラカルトとカフェタイム。
今の季節だとモーニングが爽やかそう、遠いし厳しいけど行ってみたくなる。
b0089578_16403527.jpg
・ワッフル

私が頼んだ生クリームとバニラアイス&レモン付のワッフル。
アイスが別皿になっているのがいい、アイスをのせたい人・別々に食べたい人に適応。
私はワッフルのサクサク具合を楽しむのが好きなので、アイスは別に食べました。
カウンター近くに3種のソース(ベリー・チョコ・ブルーベリー)があったので、ブルーベリーソースをかけて。
b0089578_16403110.jpg
・ティラミスとスコーン

夫が食べていたのがこちら。
ティラミスは甘さが控えめで、クリームチーズとエスプレッソの部分は濃くほろ苦い大人の味。
懐かしいアルミのお盆とお皿がレトロ感を増す。
b0089578_16403853.jpg
・サマーブレンドのホットとアイス。

私はもちろんアイス、深煎りと言われたサマーブレンドは、舌の上で柔らかい水流が動くとでも言うのか超円やか。
青りんごの香りがする、とお店の人が言っていましたが、そうかな?と分析している内に全部飲みほしてしまった。
まだまだ修行が足りぬのぅ。

実は友人たちが朝からここでオムライスやらサンドウィッチやら食べてるらしく、
何度か飯テロ画像が送られてきた。

朝からオムライスいけるの?
グリーンスムージーで節制してるのに誘惑に駆られてしまいそう。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-08-29 23:26 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(堀川町):ご当地ラーメン 巡(めぐる) 「家系カレーラーメン」

b0089578_13533071.jpg
イベント準備の為に放置していた掃除をお休みの夜に一気に片付ける!
すっきりすると空気も通って気持ちいい、次のイベントの為のアイディアも膨らむというもの。

自分はジムアフターなどにラーメン食べてるけど、夫はラーメン頻度が少ないので未訪問の店が多い。
限定のラーメンが気になっていたところへ、まだ行ったことないという声が後押しされて、ご当地ラーメン 巡

夏の冷やしは終了し、まだ暑いけれども暑いからなのか、限定でスパイシーラーメンが2種登場!
「家系カレーラーメン」と「勝浦タンタンメン」(8月16日~9月下旬)

勝浦タンタンメンはGW以来の再登場(勝浦タンタンメンの記事
そして家系カレーラーメンは、ラーメンもカレーも食べたい願いを叶えてくれる。
二兎を追う者は一兎でまとめる!

・家系カレーラーメン(煮玉子トッピング)

ここの定番メニューである横浜家系に自家製スパイスカレーを加えた家系カレーラーメン。
まだ、横浜家系食べていないというのにいきなりカレーにフライング。

スープは豚骨しょうゆとカレーが自然に溶け合って違和感がない、カレーと豚骨って合うんだ。
決してカレーが幅を利かせているほどではなく、豚骨の中に円やかにスパイスが存在している。

麺は中太麺で食べごたえあってワシワシ、ライスを投入すると全汁しそうで危険。
自分にとってスパイス具合はマイルドだったが、意外とスパイシーに感じる人もいたので人それぞれ。
b0089578_13543405.jpg
・熊本ラーメン

夫は定番メニューの1つ熊本ラーメン。
ストレートの中細麺に黒マー油とニンニクチップで風味づけした豚骨ラーメン。
b0089578_13550581.jpg
・高菜ごはん
高菜と錦糸卵に海苔と胡麻、胡麻油の風味で韓国風焼肉屋がデジャヴった。
b0089578_13553444.jpg
レディースポイントカードのサービスであるアイス、抹茶とバニラがあります。
汗ばむ暑い季節に嬉しいサービス、冬は寒かったけど、笑

定番メニューをさぼっている間に徳島ラーメンが終了してしまいました。
徳島で味わったあの味、定番と思って油断していたら・・後悔先に立たず、食べれる時に食べておきましょう。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-08-28 23:44 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(片町):ぴるぜん(洋風居酒屋・ビアホール)

b0089578_14021223.jpg
イベント準備の為に平日の仕事帰りに買い出し、求めている物がなくて店をハシゴしている内に時間が過ぎ、
夕飯がスーパーのお刺身やら、簡単な料理ばかり食卓に上がっていたこの週。

コストコで買ったジョンヴィルソーセージに野菜だけは沢山あるので盛り盛りサラダ、
買い置きしとくと何かと便利なぶっといソーセージ。

そういえばソーセージの国と言えば1,500も種類があるというドイツ。
とある週末に久々にあそこでビールを飲みたい!とリクエストを受けて、ぴるぜん

伝統的なドイツ風ビアホールとして1968年から片町に長年愛されている老舗の酒場。
確か初めて行ったのは就職してすぐではなかったか、当時はジョッキで飲むのが新鮮だった様に思える。

大抵、大人数で2階にて宴会ばかりだったので1階は初!
1階のカウンターは横に長~くて縦幅も広く、
木目調の歴史を感じさせるこんな重厚感のある造りは、最近のお店の内装ではあまり見かけない。

種類豊富なビールたち、でも1つ問題が。
私は普段、家でも外でもビール飲まないんだよね。

その昔、宴会では必ず瓶ビールをついだコップで乾杯、
イッキイッキ(死語)が普通に強要されてて、基本の苦いラガーやその次に来るスーパードライのブーム。

確かにビール飲んでいたけれど、まだアルコール初心者の若干20歳過ぎにビールの洗礼は辛くて、
美味しいと思って呑んでいた訳ではないので、その後敬遠。
(当時のスナックの水割りも同じく)

酎ハイ、カクテル、焼酎、そして今ワインは飲むけれど、ビールは飲まない。

そんな私がお祭りなどで、ベルギービールのフルーツビールや、レモンビール、ビールカクテルを飲んだら
あら、結構美味しいじゃない、とこの年になって歩み寄りしつつある・・・ビールに。

ビール飲みの人にとっては飲んだうちに入らないだろうけど、飲まないと拒否していたものを
飲んでみようかホトトギスな方向になってきたのは、ビールへの扉の第一歩。

ぴるぜんにもビール以外のアルコールはあるけれど、
せっかくビアホールに来たのだから飲もうじゃないかという気になったのです。

ここまで話がながーーーい、けれど食べ物はサクッと書いて記事はすぐ終わります、こらっ

・ジャンディ・ガフ

ガフとは違うのだよ、ガフとは!ジンジャーエールと合わせたビールベースのカクテル。
トマトジュースと合わせたレッドアイよりも、シャンディガフの方がほんのり甘くて爽やかで飲みやすい。

付出しはヴィシソワーズ。
b0089578_14031204.jpg
・ザワークラフト

ドイツ料理の定番中の定番キャベツの漬物、発酵過程により酢漬けの様な味になる。
お、小皿ではないので結構量がありますね、2人分だとこれでもう十分な量。
b0089578_14074036.jpg
・フライドポテト

あまり考えもなくフライドポテトを注文したら、こちらも結構な量が。
ガンガン注文するなら2人よりも4、5人向きなのよね、今までもそうだったし。

で、この後軽くはない後悔が・・・
b0089578_14081042.jpg
・カリーブルスト

ドイツのB級グルメ、注文したカリーブルストのお皿にはてんこ盛りのフライドポテトが・・。
しまったー!これを知っていたらフライドポテト頼まなかったのに。

先のフライドポテトと共にイモ天国になってしまい、これでお腹膨れてしまう。
とは言えポテトはどちらも好きなので、もちろん残さず黙々とポテト食べます。

焼いたソーセージにケチャップとカレー粉をまぶしたカリーブルスト、日本人にも親しみやすい。
b0089578_14084438.jpg
メキシコビールのコロナ・エキストラ

ライムを入れてラッパ飲みスタイル。
軽い味わいで爽やか、味はやや薄いけど苦い濃ゆいビールが苦手な自分はこっちの方が飲める。
b0089578_14091678.jpg
・グリーンオリーブ

ポテトでお腹が膨らんでしまったので休憩代わりのおつまみ
b0089578_14101993.jpg
・リブロースステーキ

もうちょっとドイツソーセージやアイスバインなど注文したかったのだが、
ステーキ食べようぜ!とお腹の膨らみ具合によりヤケクソに走るのか、ワイルドなアプローチでいきなりステーキ。

結構しっかりめに火入れしてあるステーキは、ソースが醤油ベースの和風で何故か懐かしい。
そこも日本人に合わせて老舗スタイルということか、と肉を頬張る。
b0089578_14105531.jpg
・ガーリックライス

厚切りジェイソンならぬベーコン入りのたっぷりめのガーリックライス。

ちょいちょいつまみながらビールを楽しむならカウンターで2人、がっつりめに色々頼んでワイワイ騒ぐなら大人数で二階へ。
今も昔も変わらぬ受け継がれてきた雰囲気を楽しみながらビールが飲める店。
今度はポテト頼み過ぎないようにしたい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-08-27 23:11 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

富山(南砺市):ジェラテリア・ズッカ(Gelateria ZUCCA)

b0089578_12125164.jpg
高岡行を諦め、カフェに行く時間もないけれどスイーツは食べたい!
金沢への帰り道の途中、福光駅の商店街の一角にあるジェラテリア・ズッカ(Gelateria ZUCCA)

南砺市にある水口牛乳さん経営のジェラート店、富山県産100%生乳と地元食材を使って、
低温殺菌乳に拘ったジェラート作りをしています。(ズッカさんの過去記事)

定番のミルク、アールグレイ、ヘーゼルナッツの他、季節のフルーツなど合わせて全16種類。
イートインするスペースがありますが、テイクアウトして車の中で食べることにしました。
b0089578_12125513.jpg
・白桃ソルベとカフェオレ

ダブルのカップで高岡中田「ほくえい」の白桃のソルベとカフェオレ。
高岡市中田地区の北陸営農組合(ほくえい)さんでは米・麦・大豆・野菜や桃などを1年通じて栽培しています。

粘度があってほんの少し柔らかめ、口の中で滑らか~に溶ける。
桃の自然な風味で口の中に甘ったるさが残らない爽やかさ。
カフェオレも濃いわけではなく優しいミルクとコーヒーの香り。

ナチュラルさが持ち味のジェラートたち、福光駅近くに来たらパッと頭に浮かぶほど定番化してきてます。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-08-26 23:36 | 富山 | Trackback | Comments(0)

富山(南砺市):らーめん真太 「冷やし塩そば」「海老ワンタン塩そば」

b0089578_12123578.jpg
お盆の間のプチ遠出、ドライブがてら高岡の古い町並みを目的地として出発。

遅いランチは、自分のプッシュにより北陸道から高岡とは正反対の方向の南砺市へ。

高岡駅から城端駅までを繋ぐ城端線の福野駅前にある、塩ラーメンが人気のらーめん真太

お盆の間ということもあり、待合席のみならず立待ちでいっぱい大人気。

待つ間にゆっくりとメニュー選び、夏の間は冷やしキラーとして暗躍しているので私は当然冷やし。

・冷やし塩そば

和風出汁のスープにキラキラと香油が浮かんで、レモンを絞ると清涼感のある香りと酸味が広がる。
麺は冷やし用の平打ち麺で、コシがあってつるつると喉越しよく美味しいです!

トッピングのオクラは出汁煮、エリンギはレモン煮、ナスは揚げ浸し、と異なった味わいで凝ってる。
しっとりとした鶏チャーシューが3枚とカイワレ、プチトマト、など彩り豊か。

出汁氷が2つインで最後まで冷たくいただきました。
b0089578_12123987.jpg
・海老ワンタン塩そば

夫が頼んだのは一番人気の「福の塩そば」に自家製海老ワンタンをトッピングした「海老ワンタン塩そば」
丸鶏を使った鶏ガラスープは丸みがあり、塩ダレは貝柱、利尻昆布や3種類の塩と贅沢に。

海老ワンタン自家製で、海老と隠し味に甘海老100個からとった海老油を使用。
自家製の細麺でするするあっさり、淡麗な塩味に海老油のいい香りがしてました。

b0089578_12124228.jpg
・炙り豚バラチャーマヨごはん

最近は低温調理で作るレアチャーシューが流行りというより、当たり前田のクラッカーくらいの存在になってます。
レアチャーシューもいいんですが、この脂とろっとろの柔らかい豚バラチャーシューはかなりコッテリーナにはツボ!

マヨソースもこってり重低音を更に響き渡らせるいいカップリングなのです、ウマー!
シェアしてたけど本音は一人じめしたかった、キリキリ.....
b0089578_12124650.jpg
・Mix餃子

一口サイズの「福のちび餃子」と「しそ棒餃子」の2種類セット。
餃子の皮も自家製、もちっとしたちび餃子に棒餃子はやっぱり紫蘇の香りがいいですね。
あっさりとした塩ラーメンに餃子やコクのあるチャーシューがいいコンビになってます。

遅く家を出たのと待ち時間で時刻はもう午後3時を過ぎていた。
これはもう高岡市の散策は出来ないと諦め模様・・・塩味と共にあっさり心を切り替える。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-08-25 22:06 | 富山 | Trackback | Comments(2)

石川(野々市市):スパイスカレーカフェ・コッタ(spice curry cafe KOTTA) 「ポークビンダル」再び

b0089578_11582342.jpg
数日前に久々にまかない用のカレーを作るのに精を出す。

色んな野菜を消費できるのでカレーの種類を変えてはたまに作っていたものの、
皆もそれぞれ自宅でカレー食べてるだろうから、とカレー自粛の意見によりストップ。

ほんと久々に作りました、自分のカレーはスパイスオンリー、もしくは最後にルー1かけインなスパイスカレー。
スパイスばかり使ってるけど、インド風カレーに近づくようで近づかないマイオリジナリティー。

そういえば最初に食べたカレーは、母親が作ったルーを使わないカレー粉と小麦粉から作る昔懐かしいカレー。
その時からカレーのとりこだった、そして今も。

インドやスリランカなど本場ものカレーも大好きだけど、
日本人がスパイスを独自配合したオリジナリティー溢れるカレーは、本場とはまた違った魅力がありますね。

家事手伝いアフターは野々市までズザッと、スパイスカレーカフェ・コッタ(spice curry cafe KOTTA)

この前食べた「ポークビンダル」がいたく気に入り、 もう一度食べたくて参上。

・ポークビンダル(ライス大盛り:ランチタイム無料)トッピング:茄子の素揚げ、スパイス味付け玉子

上のは、カッタサンボルという玉ねぎの付け合せは鰹節の味付け(スリランカ風のおかかふりかけ)
b0089578_11582701.jpg
最初に出されるサラダ、さらっとした円やかな自家製の玉ねぎのドレッシングはテイクアウトも出来ます。
隣のプチトマトはお母さんが出してくれたもの、家庭菜園!?
b0089578_11583031.jpg

豚肉がごろごろ入ってトッピング追加の素揚げ茄子、ポークビンダルは期間限定の南インド・ゴア州の名物料理。

ポルトガルの影響下が色濃く出た土地柄、ワインビネガーの酸味と唐辛子の辛味がある独特な味付けのカレー。

すっと引くような辛さと酸味が伴い、複雑なスパイスが広がる爽やかな夏にピッタリの味。
辛味が強いのでレベル3(ここはレベル5まであります)でも、結構辛い!咳き込みましたわ。

そして食べ進むうちに額と背中から汗がじんわり。
個性的な味なので好みは分かれるかもだけど、ハマる人はクセになる!私は見事にドツボにハマりました。

それでもって、素揚げされた茄子がカレーとよく合う。
ポークビンダルは9月末までの限定です。

b0089578_11583499.jpg
ドリンクセットにしたので食事の後にアイスチャイ、
辛さでポカポカ最高値な身体に甘さと冷たさでクールダウン。

店主さんに聞いたおすすめのラーメン情報を元に今度行く決意をし(なぜかカレーではない)、
お母さんの雰囲気にほっこりしながら、今回もスパイス摂取。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-08-24 23:58 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

福井(坂井市三国町):港町職人(かき氷&アイスバー夏スイーツ専門店)

b0089578_11561996.jpg
夏の間に1度は海水浴に行かねばならぬ!
季節を盛り上げる為に計画を練る私はいつもイベント執行人。

海外では年配者もビーチリゾートに出向いて水着はビキニ、
私もお婆ちゃんになっても泳ぎたい心は木の実ナナ。

そんな妄想を抱えながら北陸のビーチリゾート、去年と同じく三国海岸へ。

夫の仕事時間明けが遅いので、到着時刻が午後3時近くだけど短い時間を思いっきり楽しむ。

今年は泳ぎに行くまでに痩せる計画も果たせず、
ポヨンと出たお腹を隠す為にラッシュガードで体型カバー。
もちろんラッシュガード着たまま泳ぎます。

水中メガネでちょい潜ったりしながら、まーた今年も焼けてしまうんだな。

ひとしきり泳いで帰り支度をして、
三国サンセットビーチ前にある「かき氷とアイスバー夏スイーツ専門店」である港町職人へ。

港町職人さんは三国町にあるパティスリーニュアージュ・リーブル (nuage libre) さんが、
夏限定でオープンするパティシェかき氷、アイスバー、アイスコッペの夏スイーツメニュー専門店。

パティシエの作るかき氷は、フルーツやシロップ、ソースと拘りが詰まったとっても華やかなかき氷。
アイスバーも素材の味を閉じ込めた濃厚でプレミアムな夏の味。

夏の時期、7、8月の土日と三国花火の日に営業(今年はあと27、28日の2回)。

しかし、ありゃりゃ・・午後4時に閉店らしく、丁度片付けをしている途中。
b0089578_11562288.jpg
ニュアージュさんは北陸チャリティーレストラン でもビュッフェタイムに移動店舗にて、
フレンチトースト、米粉クレープ、スムージーなどを提供していただいておりました。

その時の縁もあり私たちの顔を覚えててくださってて、
閉店ギリギリですがアイスバーを買うことができました。

ここのかき氷はテレビにも紹介されて大人気ですでに売り切れ。
アイスバーも抹茶あずきしか残っていない、とのことだったけど抹茶好きなので全然問題なし!

b0089578_11563267.jpg
栗と小豆に生クリームと抹茶ソースのデコラティブ具合が素敵なデセール・アイスバー。

ソフトな口当たりの抹茶のアイスを食べ進んでいくと・・・プニッという食感が。

福井名物、羽二重餅のような味の塊が入ってる・・・餅粉を使って中に入れてるんですね。

あぁ、できれば噂のかき氷も食べてみたかったけど、今年はもう無理だなぁ。

出蔵さん、ありがとうございました!
b0089578_11563540.jpg
その後は、お気に入りの風景が広がる雄島周辺の海岸をドライブしながら、
この近くにある某ラーメン屋さんを訪問しようと画策していたのだけど、
日曜はお昼営業だけだった・・・確認不足っ!

地元に戻って、海水浴の余韻に浸りながら夕飯は廻るお寿司でお魚たちと戯れました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-08-23 23:25 | 福井 | Trackback | Comments(0)

金沢(寺町):自然派ラーメン 神楽 「冷やし塩ラーメン」

b0089578_11531079.jpg
連日の猛暑日ですけど、今年はいつもより長くないですか?気のせいかな。

平日の外仕事ランチの時も、週末の手伝いの後もいつも開店時間には間に合わず。
人気店は開店前から並ぶので行く機会に恵まれず、お盆休みの間にやっと行けました、自然派ラーメン 神楽

開店前から並ぼうとしたのは、限定20食の夏限定の麺を食べるため。
30分前に到着すると、すでに1番のりが・・・玄関前に折り畳み椅子に座ったツワモノがいました。

しばらくの間2人きりだったので、あっつぃですねぇ~と何となく会話が生まれたラーメン好きの親近感。
ツワモノさんは県外の方で1時間前から1人で待っていたとか。

奥さんはラーメン食べないから、ショッピングセンターへ置いてきた、と。
ん?そこで奥さんはランチ?、せっかくの金沢で待ち時間なら駅やデパートとかでもいいと思いますよ。

金沢の美味しいパン屋さんを買って帰りたいと言われたので、ヤマネコさんを教える。
神楽ならタネさんも近いけど、以前に行かれたそうで。

そうこうしている内に、日蔭の場所に綺麗~に行列が並びました。
2番のりで限定20食ラーメンをゲット。

・冷やし塩ラーメン(味玉、チャーシュー増し)

塩スープはあっさりしている様で奥深いぃー旨みぃー!細かい説明知らないわ、魚介の風味も感じるけどとんがってはいない。
冷たい!よりもやや引いた位置の冷ややかな温度、ほどよい弾力の中太ちぢれ麺が美味しい。
そして厚切りチャーシューの存在感!上品でジューシーな肉の旨みが広がる。
並んだ甲斐があったというもの、ここはいつも全汁してしまう。

8月も終わりが見えてきたけど、もう少し冷やしを巡る旅を続けたい。。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-08-22 23:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)