<   2016年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

東京(浅草):初小川(はつおがわ)うなぎ「鰻重上」

b0089578_16164340.jpg
4月後半の東京編です。

いつもの金沢駅でおにぎりと野菜ジュースを買い込み、早朝から東京移動。

食事に命をかけて三千里!とはいえ、ランチは用事のある場所から近い位置でチョイスします。

土用の丑の日が間近ですが、いつ何時でも鰻が食べたい!という訳で関東風を目指して初小川(はつおがわ)

今でこそ江戸前と言えば鮨を連想しますが、昔は江戸前と言えばウナギだったんですね。

創業は明治40年でいかにも下町情緒が溢れる外観、ここは10日前ほどに予約しました。

縦に長い店内は手前にテーブル、奥に座敷とここだけ明治から時間が止まっているような歴史を刻んでいる空間。

あちこちに置物やお札も貼られてあり庶民的な雰囲気。

「写真禁止」の貼り紙があったので写真は撮らなかったが、リンク先には沢山写真があるので食べ物は了解得ればOKだったのかも。

・きも吸

大きめの陶器の器に透き通った出汁とうなぎの肝、三つ葉とワカメ、椎茸。
薄味なあっさりとした出汁の味、ゆっくりいただきながら鰻を待つ。

・鰻重上

重箱の中は美味しそうな鰻のかば焼きが3枚、たっぷり入っていて嬉しい。
去年の秋に日本橋で鰻をいただいた時と比べると、こちらはタレがあっさりして甘さは控えめ。
これがこのお店で100年間、タレを継ぎ足している秘伝の味なのね。

鰻は炭火で焼かれて表面はカリッとして香ばしく、中はふんわりと柔らかすぎず美味しい!
胡瓜や蕪、茄子などの漬物が付いてきました。

いつも皮がこんがり中がジューシーな関西風を食べている自分にとって、
ふんわり柔らかな関東風は新鮮、来る度に食べたい。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-31 23:47 | 東京 | Trackback | Comments(0)

金沢(入江):房's キッチン(洋食・カレー)「ハーフ&ハーフ・玉子野菜」

b0089578_15015804.jpg
昼休みタイム、距離があるので自分の職場からアクセル全開で必死に向かって食べに行く食事処。
と言えば、白山市のキッチンユキですが、時間さえ許せば洋食が食べたい時に足が向く店がある。

用事の為に午後半休したある日、同じく懐かしいカレーに賛同したある人をお誘いして房's キッチン
キッチンユキで40年間シェフを務めたオーナーが腕をふるう洋食はどれも懐かしく美味しい。
*現在ランチ営業のみです

20代前半にユキで宴会した記憶も残ってるし、職場から何度も通っているし、
ここのシェフの味が自分の歴史にもかなり食い込んでますよ。

カレー、やきめし、イタリアン、玉子野菜・・・迷う、迷いすぎな欲張り熟女はアレに決めた!

・ハーフ&ハーフ(大盛り)メンチカツ、トッピング玉子野菜

やたら長すぎて理解しにくそうなタイトルになりましたが、
デフォのハーフ&ハーフは、1つのお皿にカレーとイタリアン(ナポリタン)が半分こ。
真ん中にキャベツがあり、メンチカツ・からあげ・ハンバーグの中から1つトッピングが選べます。
(お味噌汁付)

私のは更に大盛りにして、玉子野菜をプラストッピング。
実際を目のあたりにすると結構量があるんですよ、えぇ・・・もちろん食べれますけど。
同行者×2より多かったので多分呆れていたと思われます。

この洋食屋の懐かしいカレーの上にとろんと玉子野菜のトッピング、これやこれやで。
ナポリタンスパゲティーの上にも玉子野菜、これはあまり食べないので新鮮なトキメキ。

大盛りにしたのでボリュームたっぷりで丁寧に作られた洋食の味が美味い。
メンチカツも2つ付いていて食べている間中、上機嫌。

食べ終わった後に3人でトークを繰り広げていたのだが、頭の端っこには「次は焼き飯」の文字が浮かんでいた。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-30 23:03 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(上安原):らーめん左介(さすけ) 「冷やしまぜそば」

b0089578_10531588.jpg
梅雨が明けて1年で一番暑い時期に突入ですね、暑すぎて花壇の整理もする気にならず。
その横で強い日差しを浴びながら、プチ園芸の大葉はすくすくと育ってきています。

夫が親知らずを抜歯後、口を開けにくいので野菜スープ中心に食事していてあまり食べない。
親知らずダイエットか!?私もスープは飲むけど他に次々と食べるので当然痩せない。

海水浴にも行かなきゃでもう手遅れだけど1、2キロくらいは落としたい。
と考えつつも週末を控えたある日のランチは、方向性と反するようにらーめん左介(さすけ)

・冷やしまぜそば

去年ここで「台湾まぜそば」 を食べたのだけど、夏限定の冷やしバージョンがあるというので来訪。

ネギ、万能ネギ、海苔、魚粉、肉味噌、卵の黄身、糸唐辛子、胡麻、という上からみた全容。
黄身を崩して下からひたすら混ぜ混ぜ~ッ

辛さレベルはピリ辛程度なので、お好みで付属する調味料(私は七味)を追加して食べました。
タレは酸味があってさっぱりと、魚粉の影響か魚介の旨みをかなり感じます。

麺は丸ッとしたパスタの様な中太麺でもちもち、薬味がたっぷりで清涼感あり!美味しくいただきました。
追い飯は・・熱い方が好みなのでやめておきました。

*熱盛り(台湾まぜそば)も出来るそうです。

追い飯をしなかったため、お腹が物足りなくて途中でパンを購入して食べてしまった。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-29 23:53 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(広岡・金沢駅西口):金沢おでん・一品料理 勝一 (おでん・一品料理)

b0089578_10504865.jpg
夫の用事があるためロンリーな土曜日、平日なら家で大人しくしているが花金ならぬ大輪の土曜ですがな。

1人でふら~っとも考えたが、いつものデブ会のEちゃんが付き合ってくれるというのでありがたや。

リーズナブルで気楽でほっこり和が食べられるあそこ、金沢駅西口は時計台駐車場横の金沢おでん・一品料理 勝一

長きに渡り片町で割烹・勝一を営んできたご主人が、閉店2年後に金沢おでん一品料理として復活。

殆ど場所が駅口ということもあり、長年のなじみ客から観光客も立ち寄りやすい位置にあります。
b0089578_10505327.jpg
店前に掲げられていた黒板のおでんメニューは、100円~というとってもリーズナブル。
b0089578_10505740.jpg
おでんだけじゃなく、お刺身や唐揚げ、ちょこっと頼みたい小鉢も安い。
b0089578_10510070.jpg
お酒は日本酒はやはり北陸の地酒!他、ビール・焼酎・ハイボール、もちろんノンアルも。
b0089578_10510630.jpg
少し遅れるというEちゃんの連絡を受けL字型カウンターに1人、ワタシ待つわ。

梅酒ロックと自家製イカの塩辛をつまみに始めちゃう、ワタの旨みがいい感じ。
b0089578_10510949.jpg
おでんの注文はカウンター上の「おでん注文票」に記入して渡すシステム

特製味噌付きの大根、玉子、手作りこんにゃく

しみしみ~と具にしみた割烹仕込みの出汁は上品な薄味だけど味はしっかり。
b0089578_10511312.jpg
おでんの牛すじはとろっとろ!一番人気だそう

今日は○○が入ってるよ~!大将の軽快なトークを聞きながらいただきます
b0089578_10511618.jpg
ふぐ白菜巻き、海老しんじょう

店主イチオシな海老しんじょうとふぐの身を白菜で巻いたおでんダネ、渋い
b0089578_10512045.jpg
イカ焼きはワタ付きで
b0089578_10512347.jpg
「大人の女はぬた!」ヒゲのOLのセリフを頭に浮かべつつ、ぬた

b0089578_10513079.jpg
再びおでん、焼き豆腐と蓮根だんご

蓮根だんごや蒟蒻など手作り感たっぷりで優しい、身体にもよいし美味い。
b0089578_10513496.jpg
店の奥の上に白い黒板が上がってて、その日のおススメが書いてあったのでそちらもチョイス。

ワカサギの唐揚げを頼んだら海老も付いてきた。

平日は仕事帰りの人がふらっと立ち寄ることが多そうだが、土曜なので親子連れや観光客らしき人も見かけた。

お勘定というと、「もう帰るの?」と大将、すいません・・シメ食べてないね。

茶飯ごはんや揚げなすソーメンなどごはん物もあります。

二階のお座敷が使えるようになったようで、帰り際に団体客が入っていきました。

大将とおかあさんの他にスタッフも全員年配の方々で、空気もゆったり流れて温かく見守っていたいお店です。

ごちそうさまでした、また行きますねー!



[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-28 22:52 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(玉鉾):自家製麺 のぼる 「ひやし」

b0089578_11053155.jpg
今年もお気に入りの夏用のジャケットを着ようと取り出すとシミが出来ている
フジロックで夫用に買ってきたTシャツを渡すと色が気に食わないという←派手な黄色なので無理ないか
キリキリキリキリ・・・(歯ぎしりの音)

ジャケットはお気に入りなので、何度かお世話になってる京都の手染め工房へ郵送して染めてもらおう!
一緒にTシャツも渋い色に染めてもらおうかな。。。

土曜のまかない作りの時には汚れてもいいように大抵、色の濃いTシャツなどを着ています。
それ以外の理由は、後から食べるラーメンのお汁が飛んでもいいように・・・そんな訳で、自家製麺 のぼる

・ひやし(+煮玉子)

ちょうど夏限定の「ひやし」が出たという直後、待ちの間に見知った顔を見つけてお喋り。
その人たちとカウンター並び組で全員がひやし、夏だね~

スープを飲むとどこか丁寧に作られた素麺出汁を思い出すような、懐かしいようでキレがある味でさっぱり。
中華そば用スープと魚介ダシをブレンドし、醤油ダレを加えてあるそうです。

自家製の麺は細いけれどシコシココシがあってつるりとのど越しよく美味しい。
トッピングは鶏チャーシュー、大根、大葉(鶏チャーシュー→豚チャーシュー、大葉→ネギに変更可能)

鶏チャーシューが分厚くて食べごたえあります。
余計なものをそぎ落とした冷やしラーメン、シンプルに麺とスープの美味しさを味わう。
b0089578_11053898.jpg
・チャーシュー丼

ひやしだけじゃ足りない私のお腹、いつものチャーシュー丼。
先のひやしの煮玉子はこちらに移動して、くずしてチャーシューと混ぜながら食べます、至福ッ!!!

冷たい炭水化物ダイエットを決行しようと思っていたが、チャーシュー丼の力でもろくも崩れ去りました。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-27 23:55 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(本町):風和利 あじち(居酒屋) デブくろ商店7月号

b0089578_17035737.jpg
月一で開催している大食い酒呑み友の会的な「デブくろ商店」、体重の話題は蚊帳の外。
行きたい店リストが増加中で中々決まらないという事態、先月は肉だったし・・私は毎月肉でもいいけど。

活性化されている金沢駅周辺の中でも本町は、表通りはもちろん裏通りにもお店が次々とオープンしている。
その裏通りの中で特に気になっていたお店にターゲットを決める、風和利 あじち

尾張町の人気居酒屋「風和利」の2号店、あじちとはこちらの方言で「分家」の意味です。
古民家を改装した町屋風の内装、1階はカウンター8席、2階は2名~6名が座れるテーブル席が4卓で宴会も可能。

観光客と地元会社員が集うという立地が良すぎとピーコ!にて花の金曜日の2階は当然満席。
メニューは新鮮な魚介類に炭火焼、創作料理と多彩で、居酒屋ってこうだよね!と選択肢が広くメニュー選びに迷い道。
b0089578_17040109.jpg
・絶品!元祖ポパイサラダ

お通しをいただいた後に出てきたサラダ。
店員さんが菊理農園さんのトマトが入荷したので、サラダに追加することが出来ますよ、とご提案。
もちろんなうなずきトリオ、サクサクと食べやすくカットされたほうれん草にベー人と玉ねぎ、新鮮なトマトが旨っ!
b0089578_17040942.jpg
・お刺身盛り合わせ、とうもろこしのかき揚げ

本日のおススメのお刺身はフクラギ、甘海老、赤イカ、梅貝、アジ、イシモチ、カジキなど。。。
大葉の上にとうもろこしの粒がのせて揚げてある、個数は4つ、人数は3人。
1皿4つというのが割と多く、ここから食意地をかけたジャンケンバトルが始まったのだった。
b0089578_17041369.jpg
・岩牡蠣

店員さんが今日は黒板に書いてないですけど、岩牡蠣がありますと!これは頼まねば。
夏が旬の岩牡蠣は大きくて新鮮でとぅるんとぅるん♪喧嘩せぬようにカットしてもらいました。
b0089578_17041728.jpg
・国産うなぎの白焼き

もちっとした歯ごたえの鰻も美味しい、これも4つだったので恐怖のジャンケンバトル。
b0089578_17042085.jpg
・名物!王様のコロッケ

レモンの輪切りでわかる通りビックな大きさのコロッケ。
中身はシンプルにじゃがいもとひき肉、周りがカリッとサクサクで中はふんわり。
b0089578_17042486.jpg
・タン塩焼き

これも確か店員さんのおススメだったと思う、何でも食べれる軍団なのでおススメとあらば頼んじゃう。
歯ごたえたっぷりのタンでした。
b0089578_17042890.jpg
・なつかしの玉子焼

甘みが染みる確かに懐かしい味、家庭の玉子焼きってこんな感じよね。
こちらも4つなのでジャンケンバトル。
b0089578_17043225.jpg
・極上シロ、肉厚シイタケ

炭火焼き&炙りメニューは、肉・野菜・海鮮と種類が多い。
b0089578_17043678.jpg
・鴨むね炭火焼
b0089578_17043934.jpg
・エイヒレ炙り

終盤近いのに酒のツマミが足りないとな!?エイヒレを噛みながら淡々とトーク。
b0089578_17044306.jpg
・おいもとせせりの煮っころがし

小さな新じゃがとせせりが甘辛いタレにからまった懐かしい味。
b0089578_17044721.jpg
・おにぎり醤油たれ焼

もちろん1人1個づつなので合計3つ頼んだおにぎり、醤油ダレが焼けて香ばしい。

全体的にリーズナブルな価格でとにかく種類が豊富、お酒もたくさんあるし。
今回は2階だったけど1階のカウンターの雰囲気がいいので今度はこちらでゆっくり食べたい気分。
1~2人で食べるのに丁度良い量の串焼きメニューも勝手がいいです、どれも美味しかったですよ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-26 23:05 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(白山市):中華そば 響(ひびき) 「浅利と煮干しの冷やしそば」

b0089578_11435453.jpg
久しぶりの更新、お休みの間にフジロックへ行ってまいりました。
その前に溜まっているネタを急いでアップして、忘れないうちに記事にしなくては。

いつも毎月の習い事の前にさっと夕食を食べて行こうと、仕事帰りの通り道沿い、中華そば 響(ひびき)
移転して職場から近くなったのにランチするにはちと時間が足りない、ので移転初。

少し早めに到着したら駐車場には誰もおらず、1人玄関前で待つことに。
これが俗に言うポールゲットというやつね、図らずも1番のりになったのだが後から続く人がいなくてちと不安。

移転初なのでなれない不安、窓はシャッターが下ろされている
準備中の看板だから営業してるんだよね?と自問自答。

そんな不安は必要なかったように、17:30にいつものように幕が開き~♪いやシャッターが上がり開店。
券売機で券を買って着席、しばらくは1人・・・この時間帯はやはり夕飯には早いか。

・浅利と煮干しの冷やしそば(+煮玉子)

去年食べて美味しかった記憶が残っているので、夏限定の冷やしを求めてきました(去年の記事

スープは看板となる煮干しの風味と色々な旨みが重なってるようでスッキリと旨い。
数種類の煮干しの他に鶏ガラ、干し貝柱など使われているそうです。

トッピングは低温調理のチャーシュー、大葉と浅利の和え物、メンマ、カイワレ、フライドオニオン、岩海苔、出汁氷
ストレートな細麺がスルスルとのど越しよく、
それだけも美味しけど、それぞれのトッピングと合わせながら食べるのが楽しい!

特にフライドオニオンのカリカリ軍団が香ばしくて、後半スープに溶けだすとコクも深くなる。
チャーシューの旨みやカイワレのピリ辛感、浅利と大葉の爽やかさなど味わっている内に全汁完了!

この夏幾つか冷やしを食べているうちの一番のお気に入りに躍り出ました。
トッピングのメリーゴーランドじゃーー!
これはもう1度食べたいな、次回は大盛りで。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-25 23:38 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

東京(新橋):名代 富士そば(新橋駅前店)

b0089578_15452133.jpg
焼きトンを食べた後、帰りの電車時間を気にしながらもシメ炭水化物は、名代 富士そば(新橋駅前店)
SL広場を目の前にしての店舗はめちゃ目立つのでつい引き込まれてしまう。

同じ新橋でもニュー新橋ビルを越えたところにある「富士そば・新橋店」には
何度か利用させてもらってるホテルに向かう方向にあり、同じくシメ利用させてもらってます。

私のお気に入りの漫画「めしばな刑事タチバナ」にも登場してる「カレーカツ丼」も気になるが
ふつーに蕎麦を券売機でポチッとな。

・肉富士そば

お蕎麦の上には盛り盛りの豚肉に温泉卵、肉好きならではのチョイス。
あっさりそばとガッツリ肉と玉子が何とも言えず満足感。
b0089578_15452450.jpg
・ミニ海老天丼セット(そば)

対して夫はこちら、ノーマルかけそばにミニ海老天丼のセット。
海老好きならではのチョイス、こちらは量的にもかなりの満足感。

両者の好みの特徴がよく分かりますね。

この後、急いで金沢行きの最終電車に飛び乗るっ!!日帰り東京編でした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-21 23:26 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(新橋):やきとん まこちゃん(本店)

b0089578_15352538.jpg
夕方始まりのライブの終了後は、夕食タイムに丁度良い時間帯。

帰りの電車の切符は最終時間、それまでスピーディーに動いて飲み明かすのは私の得意分野。

南青山から新橋へと移動して、日曜は静かなこの街で灯りがまぶしく賑わっていたやきとん まこちゃん(本店)

上司が出張時にここに立ち寄ったと話を聞かされる度に、行きたい熱が沸き起こっていた。

昭和45年創業の老舗やきとんのお店、サラリーマンの聖地新橋で古き良き昭和の香りを残すお店なんです。

ごった返した店内、テーブル自体も小さく隣との距離感が半端なく近い、
場所がないから天井から釣り下がった場所に置く、やたらせせこましい。

と言う、文章にするとマイナス感がたっぷりだけど、それを逆にとらえてしまうオヤジ心、この雰囲気の良さ。

対して・・夫はえぇ~みたいな雰囲気、私の方が中身がオヤジなんでしょうか。

ここも無理やり自分が連行したので・・しかもホルモンがあまり食べれないのでメニュー選びに困る
b0089578_15353474.jpg
・もつ煮込み豆腐入り

モツ焼きの店にきたらもつ煮込みは鉄板、私はモツを欲す&夫は豆腐を欲す。

よくあるメニューだけど豆腐にモツの出汁がしみて汁がうまいね
b0089578_15353864.jpg
野菜摂取です、梅きゅうです
b0089578_15354209.jpg
・名物やきとん、やきとり(たれ焼き)

シロ、タン、鶏串(ねぎま)、とりつくね

串焼きは炭火で焼いているおり、つぎ足ししてつくり上げた秘伝のタレが濃厚!うん、美味しいわ

でも、シロは大丈夫でもレバー、コブクロなど濃厚系ホルモンに足突っ込んだメニューは頼めず。。。
b0089578_15354867.jpg
・お肉屋さんのハムカツ

薄切りと肉厚の丁度いい境目、ソースたっぷりしみ込んだハムカツパンを高校の購買でよく買ってました。

家ではハムカツ作らないけどね、飲み屋では酒にかなり合う!
b0089578_15355289.jpg
野菜摂取です、もやし炒めです。

遠慮して牛ハツ刺、ガツ刺、ミミガーなども頼めなかったけど、ぐち吐き大会にあらず。

私の希望の場所に一緒についてきてくれたのですから感謝です。

でも今度東京出張で新橋でまこちゃん行った時は、レバー、ハツ、コブクロ、刺し系、食べよ~っと。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-20 23:25 | 東京 | Trackback | Comments(0)

東京(南青山):BLUE NOTE TOKYO(ブルーノート東京) ゴーゴー・ペンギンのライブ

b0089578_15253501.jpg
東京日帰りのメインイベントは、夕方始まりのライブを見るために南青山のBLUE NOTE TOKYO(ブルーノート東京) へ。

ミュージシャンの演奏を聴きながら食事もできる老舗のジャズクラブ。
友人がジャズ好きでブルーノート大阪(現在はビルボードクラブ)の方によく行くという話は聞いていたけど、
ブルーノート東京は初めてです。ジャズもノラ・ジョーンズ以来久しぶり。

この日行われたライブは、ゴーゴー・ペンギン(GOGO PENGUIN)
UKマンチェスター出身の全員20代という新世代トリオ、ジャズをベースにクラシック、テクノ、ドラムンベースと
様々なジャンルを取り入れたモダン・ピアノ・トリオ。

夫が冬辺りにこれカッコいい!と騒ぎ立てて、毎晩念仏のように私に「これいいだろ~」と延々と聴かせまくる。
まぁ自分もジャズ嫌いじゃないからいいけど、私の好みの音楽をかけると無視するくせにー
という、家庭の事情は置いといて、ライブまでの数か月曲を覚えるためにアルバムを車でかけまくり。
b0089578_15254344.jpg
手荷物を預けて会場内へ、予約したのは2人用のアリーナペアシートL。
中心のテーブル席を挟んで斜めからステージが見える位置、ここはアーティストが通る花道でもあります。

そしてここでも食レポ?2部構成の先始まりのため、夕食時間にはまだ早い。
ライブ終了後に夕食を食べる予定で、ここは軽食のみで。

・GOGO PINK-GIN カクテル

ライブに合わせたゴーゴーペンギンという名のカクテル
ジンとグレープフルーツの爽やかな味わいにほのかに桜が香るロングカクテル
b0089578_15255065.jpg
メニューはコースからアラカルトまで総じてイタリアンな構成。
リエット、グラタン、パスタ、ピッツァ、パニーニなど色々揃っています。

本日のチーズ盛り合わせ

ライブが始まるまで多少時間があるので、お酒を飲みつつおつまみをいただきつつ。
コース料理だったらライブに集中すると食事を楽しむ余裕あるかな?とは思うけど、まぁそれはそれ。
b0089578_15254672.jpg
小ヤリイカのフリット ライム添え

歯ごたえ柔らかなイカを軽くフリットに、ライムをかけると爽やかな香りが漂う。
ライブが始まると上の照明は消されます。
b0089578_15253946.jpg
ライブの為に「Man Made Object」を聴きこんでいただけあって、最初からおお!と聞き覚えのある曲。
ピアノ、ドラム、ベースというオーソドックスな構成なのに、
奏でてくる雰囲気はジャズからクラシック、そしてテクノやドラムンベースの香りがプンプン。

でもシンセじゃなくピアノだからアコースティックなんだよねぇ~~その辺が音が柔らかく感じる。
そしてベースやドラムの存在感、軽快でシックでジャズの縛りってなんだろう?と思わせてくれる。

肝心の行きたかった夫は終始聞き惚れていました。
私は付き添いの様な形だったけど、十分楽しめたしこれからも聴くでしょう。

演奏終了後、メンバーが私たちの目の前を通り過ぎる時に夫がメンバーの1人とハイタッチ。
余韻もあってしばらくご機嫌様でした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-07-20 22:20 | 東京 | Trackback | Comments(0)