<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

石川(野々市市):JOHNかりおすとろ 「DDD(トリプルディー)」「本気の冷やし中華」

b0089578_11582753.jpg
よく世間は狭いと申しますが、思いがけないところに人との繋がりを発見する人間関係ネットワーク。
野々市の洋食屋さん、JOHNかりおすとろに前回訪れてから大店長とのやり取りで、驚きの繋がりを知ることとなる。

そう、実はその事実を話し合いたいのもあって、友人と一緒に再び訪れたランチタイム。
しかし平日でも込み合うこのお店に4人がサクッと入るのは難しいかも?と先に予約入れときました。

もちろん、次回来たら食べたいメニューも決まっていて、ガラクタさんが食べていた「DDD」なるメニュー。
しかぁし、GWにかけてのメニューだったらしく、すでにそれに代わって新メニューが始まっていた。

大店長に聞いてみたところ、出来ると快く言ってくださったので「DDD」を注文。
基本、材料があるものは出来るものもあるそうです。

・DDD(トリプルディー)

最初見ただけじゃもちろん解読不能な暗号めいた謎なメニュー、D・・DOKA食い・DEBUとか入らないよね、こらーー!
正解は、「Dynamic ポークヒレカツ、Dry カレー、Don(丼)」、略してDDD。

丼ぶりに白ごはん、その上に100%牛肉のドライカレー、そしてポークヒレカツ。
ガッツリメニューだけどもサラダもスープも付いてて、普通にセットメニューぽい。

だけども白ごはんはギュッギュッと詰められている上にドライカレーも多いし、
ポークヒレカツも分厚いという非常にボリューミーなメニュー。

深みとコクのあるドライカレーにポークヒレカツはこの前にサンドウィッチで食べているからお墨付き。
脂身は少なくてしっとりしたヒレカツ、分厚くてジューシーで沢山食べてもしつこくない。
けど全部食べたらお腹いっぱい、というオチ。
b0089578_11583143.jpg
ここからは友人たちが食べたメニュー

・野々市ハントン

メニューの多さに迷い道なJOHNかりだけども、その中でもダントツ人気のメニュー「野々市ハントン」。
カレイのフライにタルタルソース、ふんわりかぶさったトロトロ玉子に中は野菜などの具が入ったケチャップライス。
ビジュアルだけで美味しそう、昔ハントンライスを食べた記憶が走馬灯のように浮かんでくる←死ぬなよ
b0089578_11583512.jpg
・海老アボカドドリア

海老とアボカドという女子が好みそうな最強コンビ、もちろん熟女な私も大好きです。
アボカドがとろとろになってるそうで、チーズがからんでこちらも美味しそっ!
よく食べる友人がこれだけで足りるのか心配。
b0089578_11583939.jpg
・JOHNかり本気の冷やし中華

D.D.D.に代わって新しく黒板に登場したメニュー、洋食屋で冷やし中華始めました!?
海老タルタルとアボカド、レタスにコーンとかいわれ、胡麻にリンゴにトマト。

冷やし中華ってさっぱりしてるもんだけど、サラダ感覚でヘルシーだし、
アボカドや海老タルタルの組み合わせが女子が好みそうでニクイ。
麺は二玉入ってるそうです、そこだけ女子っぽくないけど自分はいけそうな予感。
b0089578_11584253.jpg
・白スパ

皆さん注文した量が足りなかったのか、シェアするためにもう1品注文~~(私は十分でしたが)
ティーランド時代から作りつづけているという歴代メニュー、「白スパ」。

どこか中華風な風味も漂うあっさりとした懐かしさ漂うスパゲティー、具はその時で違うのかな?
地味そうに見えるけど、丁度いい塩梅なまた食べたくなる不思議な味つけ、これこそ洋食の原点みたいだね。
b0089578_11584710.jpg
・デビルパフェ(ミニサイズ)、キャラメルでプリンロイヤル(ミニサイズ)

ちむちむ堂ではあるけどJOHNかりでパフェを頼むのは初めてです。
お腹いっぱいな上にパフェ・・食べるけど、ミニサイズに出来る中からコーヒー好きをいかんなく発揮するデビルパフェ。
バニラアイスに生クリーム、コーヒーソース、フルーツやプリンはなくともコーヒー味だけで満足してしまう。
b0089578_11585161.jpg
・苺アラモードサンデー

友人が注文したサンデー、デカッ!「フルーツばかりだから大丈夫」だと、でもお腹に入る質量は同じなような。
カラフルなフルーツが目に鮮やかなアラモードサンデー、友人が頬張る顔が幸せそう。

注文している間にその繋がりの人物がまさかの登場で驚くやら懐かしいやら。
昔話しが花咲いて笑顔が広がる楽しいランチタイム、お店にぐぐぐっと親近感ががぶり寄り。

学生や働き始めの頃は、本当に昔ながらの喫茶店でドリアやグラタン、スパゲティーをよく食べてたな〜
パスタじゃなくてスパゲティー、ボロネーゼじゃなくてミートソース、これこれ。
その懐かしさと大店長のアイディア溢れるメニューを味わいにまたきまーす♬

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-31 23:46 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(有松):麺や 福座(フクゾ)「煮干し豚骨」

b0089578_15281236.jpg
去年オープンして会員になったコストコ、買う物もほぼ定番化されて時々仕事帰りに寄っている。
平日の夕方はガラガラ、カート移動もストレスは全くなし。

いつもの固定された定番はミネラルウォーター、ペリエ、無塩のミックスナッツ、
時々、オーガニックの豆乳、チーズ、ソーセージ、パン、洗剤、などなど・・最近の注目はスパイス類。

コストコでデリカを買ってたのは最初だけ、生魚類も大量パックなので時間のある時じゃないとさばけない。
時間は既に19:00近く、夫に連絡すると今夜はラーメンでも食べにいくかと言う返事に目から光線ピカーーーッ!!

待ち合わせはラーメン屋、何故か歌のタイトルっぽく感じるのは私だけか、行ったのは麺や 福座(フクゾ)
平日の夜とは言え1、2人待ち人いたり、さすがの人気店。

パッと見、限定の「ハマ潮とんこつ」を注文している人は見受けられず、皆がいつものお店でお気に入りのラーメンを食べる風景。
限定もいいけど定番が愛されるお店が一番、久しぶりにあのメニューを頼もう。

・煮干し豚骨

味付き拍子切りチャーシュー、海苔、極太メンマなトッピング。
煮干しの風味がきいたスープはトンコツのコクとのバランスが丁度いい、旨味をしっかり感じるのにしつこくない。
極太麺が特徴のニボトン、ちょいと茹でるのにお時間かかります。
もちもちと弾力があって食べごたえがある麺、全体的にワイルドなのに品がある完成品。
何度食べても美味しい~あっ、煮玉子注文するの忘れてた!

b0089578_15281948.jpg
・トンガリ丼

豚チャーシュー(トン)とガーリック(ガリ)なトンガリ丼、玉子に紅ショウガ、レタスに葱。
ラーメンに丼ものを付けることが多い私、香ばしいニンニクでさらに食欲がすすみます。
サイドメニューの丼は鶏そぼろごはんや牛スジ丼とかあるけど、トンガリ丼が一番好きかも。
b0089578_15282629.jpg
・塩チャーシュー

壁に貼られていた塩チャーシューを1品追加、分厚く切られたチャーシューは食べやすいように細かい切込みが。
レアチャーシューを塩だれジュレでいただくという肉の味わいがシンプルに伝わる1品。

私1人でラー活することが多いので(しかもこっそり)、今夜は2人で同じメニューを制して満足感あふれた夕食でした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-30 22:47 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

大阪(梅田):はなだこ (たこ焼き) 「たこせん」「たこ焼き」「ねぎマヨ」

b0089578_15130825.jpg
電車の乗車までの待ち時間、オシャンティなお土産を買うよりもラストスパートの買い食いに走る粉ものロード。
駅からあまり離れたくないけど近い場所にもあるぞ!美味しいたこ焼きで既にリピーター、はなだこ

JR大阪御堂筋改札口から横断歩道を渡った角の位置、新梅田食堂街入口にあります。
せま~いカウンターエリアにて、基本立ち食いにご希望ならば立ち飲みもどうぞ。

往来の激しい通りに注文をまってたむろする人たち、皆たこ焼き好きだねぇ~お前もだ。
最初に食べたのはスナック感覚で食べる「たこせん」、ここは生たこを使用しているそうで新鮮。

プリッとした歯ごたえのタコと、パリッと懐かしい煎餅、ぐにゅっとしたたこ焼きは食感のメリーゴーラウンドや~。
お煎餅の欠片やマヨが口の端に残ってしまうのもご愛嬌、スーツに口元クズカスは出張食べ歩きの勲章。
b0089578_15131252.jpg
シメのラーメンならぬたこ焼きはノーマルな「たこ焼き」とネギでたこ焼きが見えないほどの「ネギマヨ」。

焼きたてならよくあるある中が激あつ、1口丸ごと頬張りたいが非常に危険。
とろんとして出汁の風味も感じつつ、ソースと鰹節、マヨのトリオを従えてふつーに旨いです。
ネギタコはネギのシャリシャリ感とシャキッとさっぱりさせながらのコクリターンなマヨ効果。
こちらも捨てがたい~~。
大阪には色んなたこ焼き屋さんあるだろうけど時間に限りがある身、改札口から近くて便利だしこれだけ美味しければ大満足。

後は金沢駅が終点なので寝て帰るだけさ。


前回の記事

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-29 22:00 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

大阪(鶴橋):新楽井(アライ)焼肉・ホルモン

b0089578_15135008.jpg
やっていると思っていたはずのお店の再営業は翌日からとは!
桃谷の商店街の真ん中でホルモン難民に陥る私たち。

地元民じゃないからよりディープなお店も知らず、新しいお店を探している時間もない。
そうだ!去年鶴橋で訪れた店があるじゃないか~そこに行きましょう!とまた鶴橋方面へと逆戻り。

鶴橋の住宅街のど真ん中にある焼肉・ホルモンの新楽井(アライ)
さっき食べたオモニからは何と道路を挟んで数10メートルの距離、めちゃ近いじゃないの!
分かっていたら最初からここに来ればよかったんだけど、リベンジで次回のホルモン候補も決められたしよしとする。

b0089578_15135860.jpg
もやや新楽井(アライ)名物!人数が多いと煙が立ち込めて視界が悪くなるので、無料で貸し出している水中メガネとゴーグル。
これで煙がしみる心配もせず安心してホルモンが食べられる!
今回は早い時間帯で誰もいなかったのでまだいいかな。
b0089578_15135419.jpg
締め切った空間にフローリングの床がまるでホルモン道場のような佇まい。
そして特徴的な低すぎる過ぎるローテーブル、ダンスはローテーブルでは踊れない♪

いやがおうにも臭いはついてしまうので、これまた親切にビニールを貸し出してくれます。
最初からこの予定だったので、汁飛びOKな黒いブラウスを着用してきたのだけど
スーツのジャケットと鞄はビニール袋に入れました。
b0089578_15140398.jpg
お肉は七輪に炭火焼、座布団座りに七輪だとこのローテーブルが丁度良い高さなのです。
これで焼肉焼いて締め切った部屋だったら、そりゃ煙も充満するわ~換気も追いつかないのね。
b0089578_15140689.jpg
アカセン(テッチャン)、ミノ

メニュー表の1人前は200gに設定されており、量が多いしお値段も高いので少人数ならハーフを注文するのが無難。
・・・ということを忘れてて、そのまま1人前で注文してしまったら、ミノ多っ!!

そしてデザートでも盛るようなレトロお上品なお皿にミノのギャップ。
アカセンなら多少多くても好きだからいいけど、ミノはハーフでもよかったかも。

よし食うぞ!これはホルモンから胃袋への挑戦なのだ、セイヤソイヤ戦うんだ♪ by ベビメタ
ミノはコリコリ度バツグン、味は淡泊でもタレの旨さで引き立ちます

アカセンは甘辛いタレに漬け込まれており、この味付けが自分好みで美味しい。
プリプリとして脂のりもたっぷりで濃厚、噛んでいる間に旨みを感じつつ噛みきれない幸せを味わいながらゴックン。
b0089578_15140973.jpg
シマチョウ

こちらもアカセンと同じく甘辛いもみだれ、焼いた後はサラッとしたこれまたやや甘い付けダレにつける。
ぷるぷるコラーゲン焼いてしたたり落ちる脂、食べると何ともいえない歯ごたえ、うまうま!それにつきます。
b0089578_15141340.jpg
ツラミ(ハーフ)、ハラミ(ハーフ)

どちらもよーくもみダレに漬かってます、そのせいかお肉がやわらかい。
ツラミはほほ肉、シマ腸などと違ってちょいお肉系で適度に脂ものってるし、歯ごたえもなかなか。
ハラミはやや厚みもあって食べごたえもよし、タレにたっぷり漬かっていて旨い!
b0089578_15141655.jpg
食べている間に団体客が入り始め、煙の充満度も増え始めた。
これ満席になったら燻製されてしまうんじゃない?というくらい七輪から煙が立ち上る。

人数が多ければ、生もの(桜ユッケ)や焼きセンマイなども食べたかった~
やはりここは肉質もさることながら、もみダレと付けダレの絶妙感のある美味しさもあるね。

住宅街にありながら次々とお客さんが訪れるというのも分かる、さすが60年以上?続いているという老舗の焼肉屋さん。
スーツのジャケットも鞄も無事だけども、顔や髪はホルモンフレグランスと煙まみれ。

さーて、そろそろ電車時間が心配になってきたので徒歩ダッシュで鶴橋駅に向かいます。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-28 23:33 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

大阪(桃谷):オモニ(お好み焼き)「赤井英和スペシャル」

b0089578_15374950.jpg
日中の用事を済ませてそろそろ夕方に差し掛かる頃、私たちは電車の時間までのギリギリ浪速ハンターと化す!
ここんところ、大阪に来るとにホルモンまみれか立ち飲みかの二択で、オヤジ熟女の経験値が高まり熟成の極み。

JA鶴橋駅で下車して、間違えて近鉄奈良線の乗り換え口に向かうのはいつものこと、
鶴橋駅改札口を出て高架下の韓国商店街の中で、いつもの鮮やかな韓国生地屋さんの店先でなんちゃってヴィトンの靴下を買う。

実はこの商店街に来る度に靴下を買う、モノグラム柄にチェリーの絵が追加されて可愛いだけじゃなくて結構丈夫。
いつもスニーカー丈を買うんだけど、カゴを見るとちょっと長いショートソックスしかない。
「短いのはないの?」
「短いのは夏じゃないと出てけえへん、これでも十分短いで!」
くるぶしよりやや上だから短いっちゃー短いが・・・冬はこれでもいいな、とお土産分も合わせて購入。

さて胃袋の訴えを満たすために駅から歩くこと10分ほど、JR桃谷駅からもかかる時間はほぼ同じと思われるお好み焼きのオモニ
あれっ!あれっ!?なんか店構えが新しくなってるーー!!

2007年に訪れた時はこーんな懐かしい店先で 、店内の様子は撮ってないけど昭和レトロな雰囲気でお座敷に上がって
ところかしこに有名人のサインが貼られてあった。

現在は小奇麗になってカウンターと複数のテーブル席と小上がりがあるスタイル。
夕方の早い時間帯だったので1組しかお客さんがいなかったが、夕食タイムに突入すると満席・行列もいつものことらしい。
b0089578_15375494.jpg
・とん平焼き

まずはお疲れさん!とチューハイでプハッと喉をうるわす。
昭和シェルを彷彿とさせるラインが綺麗なとん平焼き、上にはソースと欠かせないマヨの全体的のまったりとした濃ゆい味。
豚肉にからんだ玉子とソースの香ばしい臭いで食欲が増す、おつまみというにはボリュームがあるけど1人でもペロリと食べられそう。
b0089578_15375824.jpg
・イカ焼きそば

テーブルにある粉カツオと青のりを上からパラパラと。
麺は太めでソースはコク深い味、かけ具合の塩梅が丁度よくお好み焼きに比べて地味な存在だけども何気に旨い。
b0089578_15380139.jpg
・赤井英和スペシャル(なに友)

芸能人が多く訪れる有名店ゆえなのか、注文した我ままメニューが芸能人のそのままの名が付いたメニューがズラリ!
久本雅美、西村和彦、田中康夫、まえだまえだ、など数多くあるが、
昔、好みのタイプに赤井英和を挙げていた自分は迷わず「赤井英和スペシャル」、浪速のロッキー、ワイルド好きだぜぇ~

中身の具はブタ、スジ、イモ、ゲソ天、キムチ、ネギ、玉子内外、とトッピングの多さ半端なしに形もガンコ山盛り。
そんな見た目は野性味溢れる形だけども、1口食べるとキャベツがたっぷりふうわりで生地が美味い。
ブタ、スジの旨味もいいけどゲソ天の濃厚な味わいと、キムチの変化やほこほこしたジャガイモ、味わいがカラフルでうまー。
b0089578_14312800.jpg
焼いていたのは男性でカウンターにちょこんと座っていたのが、オモニ・・前に見たおかあさん。
ドリンクを持ってきてくれた時に少しお話してたらおかあさん特製のキムチを出してきてくれた。
お店で焼いているのは息子さんで、他にも娘さんが支店を経営しているとのこと。
そうかオモニは次世代まで継がれていくのね、足元は少し弱くなったけど何となくおかあさんには安心感が漂っていたように思う。
b0089578_14313629.jpg
シェアしたにしては少ないオモニでの量、当然ハシゴ車回すためにキリのいいところで切り上げ目指せ次の目的地。
さて、桃谷や鶴橋まで来ているのにホルモン食べないのはどーーーなん?と年配のおばちゃんがやってるホルモン屋を目指す。

オモニから桃谷商店街を通り抜ける途中にあるホルモン屋に、胸踊らせ肉湧き立たせてきたのだが、
お店の到着すると入り口のは無情なる「4月からの営業」の張り紙。✳︎この記事は3月末の出来事です。
b0089578_14314223.jpg
お店の前で「何でやーーー!」と叫んでいると、
「美味いからや!!」といきなり返してきたのは、家の前を掃除してた隣の家のおっちゃん。

私の551の保冷バッグを見て「それ天王寺の551かーー?」
「あ、これ入れ物だけ、中にキムチが入ってる」←鶴橋商店街で買ったやつ

「なんや、箱だけか!は〜るばるきたで箱だけ〜〜〜♩」

もし飲み物飲んでたら吹き出してたわ!!大阪のおっちゃんの気さく度どんだけーー!!

そう、ここで私たちはホルモン難民に陥ったのでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-27 23:32 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

大阪(守口):麺や しき 「しき麺」「支那そば」

b0089578_15332885.jpg
3月の大阪編スタート、守口駅には仕事で何度も訪れているが、大抵は大阪駅や乗り換えの京橋でサッとランチをすます事が多い。
今回は時間の都合により守口でランチ、となれば事前調査は必須!出張めしにはいつでも全力投球。

京阪線の守口駅から外に出ても土地勘がないのでビル群を見ても見当つかず、現代にナビがあって良かった感。
駅を京阪国道方面へと進み、途中で守口市役所の裏手を通りながら・・って庁舎がめちゃ古くないですか?
窓からのサッシ部分がえらい曲がってるなぁ~という印象を持ってたら、耐震基準を満たさないため2017年に移転予定だとか。

そこから50mも行かない裏通りに目的地はありました、麺や しき
看板メニューのしき麺を筆頭に、支那そば、太麺和そば、つけ麺、美白白湯つけ麺、券売機は中々バラエティー。
手作り水餃子なんかもあって、カウンター5席と2人がけのテーブルが3つほどのこじんまりしたお店です。
b0089578_15335222.jpg
・しき麺(+濃厚煮卵)

麺は細麺ストレートと中太ちぢれ麺を選択でき、綿sいは細麺ストレート。
自家製旨味醤油を使用したスープは鶏ガラと魚介系の旨みが混ざり合い、醤油のまろやかさも相まって奥深さを感じる中華そば。
1口1口スープを飲んで、あ、うま♪と言いながら麺をすする。
トッピングは海苔、チャーシュー、ネギ、昆布、穂先メンマ、トッピングした味玉はとっても濃厚でコクがあってうま!
うま!ばかり行ってますが、スープが美味しいと飲み干せますね。
b0089578_15271900.jpg
支那そば

同僚が注文していたのがこちらの支那そば、トリレアチャーシューは自家製のタレに漬けて低温調理されているそう。
他のトッピングは糸唐辛子、ネギ、海苔、穂先メンマ、昆布。
細麺ストレートを選択した同僚、すっきりした塩味なのに奥から深い味を感じるとの感想、うまかったそうです。
2つのラーメンとも綺麗な顔してます。

あまり食べ過ぎると激眠症候群になってしまうので、ごはんは2人ともNG。
それにお腹を減らしたほうが終わった後のプチ打ち上げごはんが美味しく感じるのさ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-26 23:24 | 大阪 | Trackback | Comments(0)

金沢(長土塀):らーめん樹 (ITUKI)「濃厚とろトンコツ」

b0089578_11590243.jpg
ROLLONG ROLLONG 延髄突き割るコンバットとサウナで1キロ痩せた後の安定のジムアフターラーメン。

前日にSNSで達 武我の「明太子まぜそば」を見て心にクリティカルヒット、
これ食べたい!と痛快ウキウキ通りで向かうもお店閉まってるやん・・・。
無休のはずで閉店時間よりも早いぞーと思ったら、どうやら5月から火曜定休になったらしいジュリアにハートブレイク。

気持ちを切り替え、家に戻りがてらいつもカバンには君と一緒さ「ラーメンクーポン」を握りしめ、らーめん樹 (ITUKI)

・濃厚とろトンコツ(煮卵トッピング)

煮卵クーポンによるとこちらは新作らしい。
濃厚なるとろみのきいたトンコツ醤油をベースに魚介がチラリズム、ポリリズム。
口の中でトンコツに漂う魚介の風味、あの状況が甦るの♪
さらし玉ねぎがシャリシャリが甘みを増して、後は海苔と葱、一味もデフォ。
極細麺でつるりといっちゃってー

カラオケ脳な文章でごちそうさま

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-24 23:31 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

うちごはん:山菜ちらし寿し、パクチー満載タイ料理、バターチキンカレー

b0089578_13065700.jpg
久しぶりのうちごはん記事、ちまちま平日適当に作ってますが写真撮ってないので残っているやつを記録の為にアップ。

・山菜ちらし寿司

4月にホームパーティーを開催した時に作った山菜たっぷりのちらし寿司、元々持っていた桶が小さいのでビックサイズを購入。
6人分のちらし寿司を盛り付ける巨大なお皿は、元親所有の輸出用の九谷焼きのお皿をひっぱり出してきました。

こごみ、蕨、菜の花、木の芽、竹の子、椎茸、山の幸たっぷりな春の味覚の山菜ちらし寿司。
レシピは安定のきょうの料理・土井善春さんレシピ。
b0089578_13064854.jpg
ちょっとやさぐれかけたパクチーを一束(かなりある)貰ったので、足の速さに対応するように大量消費はタイ料理。
生春巻き、ヤムウンセン(春雨と海老のサラダ)、豚肉の香菜ソースがけ、キノコや野菜のナンプラー&シーズニングソース炒め

パクチー嫌いには地獄の宴会、香り高いパクチー臭が口から鼻孔へ抜けてテンションMAX。
タイ料理やベトナム料理のレシピ本を複数持ってますが、一番活用してるのは味澤ペンシーさんの「10分で本格タイごはん」
b0089578_13065263.jpg
・バターチキンカレー

エルアターブルBOOK(2014.NO.72)の平野由希子さんレシピ、使われてるスパイスが
ガラムマサラ、コリアンダー、チリペッパー、ターメリック、クミンシード、カルダモン、全部うちに揃ってた。

具は鶏肉とマッシュルームというシンプルなもの、ターメリックライスのバスティマ米は手に入らなかったので通常のお米で。
鶏肉をスパイスでマリネして、トマトの水煮と生クリームとバターでこっくりクリーミーでリッチな味わい。

ナンまで手作りする時間がなかったので既製品だけど、オレンジページのカレー特集でレシピがあったので次回作ってみよう。
b0089578_11585531.jpg
5月3日の九谷ちゃわん祭りでゲットした「九谷青窯」の器たち、器が飽和状態なので厳選してこれだけ。
遊心のが多いけど色絵種子は初めてだし、清水直子さんの色絵しずくはオーバル皿が欲しかったので丁度良い大きさ。

しかし、年ごとに混雑ぶりがエスカレートしてますが、今年は7時半過ぎに到着すると青窯のテントは既に満員電車状態。
何とかテント内に入り目の前に見えるだけのお皿を選びつつ、移動したいけど身動きできないほどの込み合いぶり。

器を持ってるから無理に通れないし気を使う人も多いでしょう、選ぶ際のカゴもとても人数分は足りてないし。
ここ数年毎年行ってる経験からマイかごを持参しました、器落とす心配もないし。

そしてお会計が今までの茶碗まつりで経験したこともないあり得ない列。
かなり時間かかってしまい午前中に自宅に戻らなきゃいけなかったので、他のテントを見る時間がなくてかなり残念っ

そして早朝から吹き荒れていた強風は私たちが帰った後、もっとひどくなりテントが倒れ危険な為、
午後から中止(翌日も)になったそうで後からニュースを見て驚き、100年強の歴史で初めてだったのだとか。
怪我人などでなかったのだろうか心配だったし、心を込めて作った器が割れている画像も悲しく映りました。
b0089578_11585846.jpg
その足で上出長右衛門窯へ向かい、今年はラブリーな九谷シール小皿と箸置きをゲット。
上出さんの伝統の柄の器は親が昔購入したものがあり、食器棚の奥に鎮座したまま・・たまには使わないとね。

そしてチャレンジショップ1号店に行くも、今年はチャレンジ祭は開催しておらず。
今年の器祭りが終わって、午後から八百屋バーベキュー→カラオケ→ラーメンなめまぐるしい日なのだった。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-24 22:00 | うちごはん | Trackback | Comments(4)

金沢(畝田東):タージマハール(金沢店)「ターリーSPセット」

b0089578_13381200.jpg
お仕事帰りのスーパー、陳列されている棚の隅っこに設けられている期限間近コーナーに引き寄せられる割引マニアの性。
そこで度々見つかる少々マニアックなスパイスたち、うちに来る為にここにあるのねとばかりにそのつどお買い上げ。

エスニック好きである所以に家でもカレーやモロッコ料理を作る為のスパイス収集、ちゃんと役立っています。
夏に向かって更なる欲求が高まってきていた週末の夜、ラーメン予定が急にカレーに変更してタージマハール(金沢店)

富山県に本店を持つインド料理「タージマハール」、富山を中心として数店舗ありここ金沢にも畝田東に金沢店があります。
私の記憶が確かなら富山本店に行ったのは20年以上前のこと、日本人の舌に合わせたインド料理店として老舗なお店。
本店の記憶は殆どないですが、金沢店はオープンした当時に数回行ったきりで、今回はめちゃくちゃ久しぶりの訪問。

・ターリーSPセット

タンドリーとティッカカバーブ2種類の肉料理が楽しめる贅沢なターリーセット。
カレー2種、白ごはん、サラダ、ヨーグルト、2種の肉料理がついてきます。

ナンはインド料理によく見られるような涙型ではなく丸くて楕円形、水分量がやや多いのかしなっとしてお布団みたいね。

2種のカレーはベンガルカリー(辛×2)、ブラックカリー(辛×5)を選択。

富山のスーパー「フレッシュ佐竹」でブラックカシミールカリーのレトルトを購入したことがあるけど、
「超激辛」の表示よろしく辛さに耐えれたのか、耐えれなかったのかイマイチ記憶がない。

その記憶を呼び覚ますための「ブラックカリー」、さてどんなもんだろうか。
ナンに付けて食べると・・うわっ辛っ!!複雑な配合の中でもある香辛料の強さが前に出ていてインドというより日本っぽい。

ちょっと辛さに耐えられないかもっ、後悔!ナンよりもライスの方が吸収してくれるのでライスにかけて食べよう。
具は入っていないスープカレーなのでしみ込み、ライスをお代わりして何とか食べきりました。

それに対してベンガルカリーはトマトベースの女性に人気のカレー、ややマイルドな辛さでホッとする。
やや辛さは物足りなく感じたので私の限界レベルは3か4だな。

b0089578_13381731.jpg
ナンをペロリとめくると顔を出す肉料理、タンドリーチキンと茹で?チキンにスパイスで煮込まれた玉ねぎソースがかかった2品。

タンドリーチキンはヨーグルトや香辛料に漬け込んであって焼いてあるのだけど、ジューシーでふっくら。
柔らかいし程よいスパイス具合でボリュームもあって美味しいです。
右側のチキンはもっとシンプルでマイルド、優しいスパイスの風味がきいた玉ねぎソースを絡めて食べます。

柔らかいナンをちぎってチキンとサラダなどの具を巻き、トルティーヤの様に食べるのがおススメと書いてあったので実践。
b0089578_13382088.jpg
プーリー

インドの揚げパンであるプーリーも追加、2個で1セット。
プクッと膨れ上がったプーリーは中が空洞で、カリッと揚がっていて柔らかく薄いお煎餅のよう。
そのまま食べたり、タンドリーチキンやカレーソースに浸したりして食べました。

しかし、ブラックカリーで舌いてーー!になったので次回はこちらは頼めないわ。
某スパイス好きがスパイシーな唐揚げイチオシなので、次回はこちらにシフトする予定。

今夜も毛穴からスパイスフレグランス、満足です。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-23 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢( 新保本):麺屋 夕介 「ブラックとんこつ」

b0089578_10202325.jpg
5月は週末にイベントが多くて、各イベントの用意や試作などで時間を取られがちでイコール家が片付かない。
そんな週末の家業手伝いの後のランチ。

事務用品で必要なものがあったので「事務キチに行ってくる」と言い残して、その事務キチを通り過ぎて麺屋 夕介
ラーメン食べた帰りに事務キチに立ち寄るので無問題、丁度3周年の数日前な日でした。

・ブラックとんこつ(中)半熟たまごトッピング+明太子ごはん(小)

お腹の空き具合を考慮して、中は1.5玉、さらに明太子ごはんの小をプラス。
とんこつ醤油の中でも醤油の度合いが強いスープ、ガツン!とくるコクがクセになりそう、んまい!
中太麺のほどよい歯ごたえとマッチしてもっと食べたい、大盛りでもよかったかな、こらっ

半熟たまごの中身がとろ~んとしてて味が染みて美味しかった。
チャーシュー丼もいいけれど夕介では明太子ごはんが好きかな、大にすればよかった、こらっ
大盛り希望を寸止めして、デブ化ローリングを阻止したつもり。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-23 00:03 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)