<   2016年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

茨城(守谷市):コーヒーファクトリー・守谷店(カフェ・コーヒー豆販売)

b0089578_15374327.jpg
今回の行動の起点となった守谷駅、用事をすませて夕方立ち寄ったのはコーヒーファクトリー
つくばエクスプレスの改札口外を出てすぐの関東鉄道の改札前にあるので気分はほぼ駅構内。

コーヒーファクトリーはつくばで1985年から営業している自家焙煎珈琲店「Specialty Roasteria COFFEE FACTRY」。
そしてここは守谷店、以前立ち寄った時は店長の粕谷哲バリスタが大会の為不在でしたが、今回はお会いできました。

2015年度ジャパンエアロプレスチャンピオンシップ優勝に引き続き、ジャパンブリュワーズカップ2015で日本チャンピオンに。
お店の入口には「祝!哲店長日本一!」の貼り紙が~何とも微笑ましい。
b0089578_15374965.jpg
北欧の器や雑貨などあってキュートさを感じながらのラテアート付のカフェラテ
ラテアート教室に通ってる身としては細かいアートに至るまでの手の動きが気になる~
もうラテアートの大会に随分出ていないとおっしゃってましたが。
b0089578_15375310.jpg
お店にはケーキや焼き菓子も販売されており、店内のみですがコーヒーと共にいただけます。
私が食べたベイクドチーズケーキの他、自家製ティラミス、ガトーショコラなどがありました。
前にここで買ったパンやタルトが美味しかった記憶があるのですが、守谷駅近くのordinary(オーディナリー) のパンだそうです。
b0089578_15375963.jpg
自家焙煎珈琲豆を購入すると1杯コーヒーが無料でいただけるということで、カフェラテを飲んだばかりでもう1杯。
クリスマスも近づいていたのでカップも可愛いサンタさん、クッキー付。

で、これがエアロプレスという抽出方法で粕谷哲バリスタが淹れてくださったコーヒー。
大きな長い筒状の注射器のような器具で上から圧力をかけながら液体を押し出す方式、初めて間近で拝見しました。
b0089578_15380577.jpg
イケメン店長、粕谷哲バリスタ!私が通ってるラテアート教室の高松さんとも面識があるので了解得て貼っておきます。
仕事でなければつくばエクスプレス守谷駅に縁がなかったと思うので、あれも縁。
もう2度と来ることないだろうと思っていたら、二度目の来店でお会いできました、これも縁、きっと縁な松坂慶子。
こじんまりしたカフェですが、かなり濃密な内容で良いお店ですので、お近くに行かれた際にはチェックしてみてください。
b0089578_15523245.jpg
・コスタリカ マエラス ナチュラル

前に2種類のブレンドを購入していったので、今回はバリスタに勧められたのはこのコスタリカ・マエラス・ナチュラル
購入したこの豆の特徴はハニー、チェリー、ラズベリー、レーズン、ラム酒、クリーミィーとあまりにも解読するには複雑な内容ですが、
と~っても香りが豊かでフルーツの芳醇で複雑な味わいが広がって、でも後味はすっきりしてるかな?とても個性的なコーヒーでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-31 23:45 | 茨城 | Trackback | Comments(2)

茨城(守谷市):鬼怒川 竹やぶ(蕎麦)

b0089578_16183021.jpg
去年の秋の関東出張編、新幹線開通以来東京へ向かうには乗り換え時間の心配もなくストレス軽減、でも今回は途中で乗り換えて茨城県へ。
茨城は守谷市はもう3度目になります、出迎えてくれた出先の人に連れられて早速ランチ案内。

車に乗った瞬間に「お蕎麦好きですか?」と振り向きざまに聞かれる意気込みが何か尋常じゃないものを感じる。
以前も守谷駅周辺でお蕎麦食べた時には全く無知の状態だったのですが、
茨城県は蕎麦の収穫量が北海道に次ぐ2位らしく、「常陸秋そば」というブランド品種があります。
発祥の地とする常陸太田市は県北の方なので守谷市とは大分離れておりますが。

おもてなしに身をゆだね、窓を通り過ぎる見知らぬ風景を見ながら着いた場所は鬼怒川 竹やぶ
鬼怒川のほとりにあり木造建ての門構えから何とも風情あるお店、私たちが案内された個室からも川の流れが眺められる。

ここは千葉県は柏市にある蕎麦の名店と言われる「竹やぶ」の暖簾分けのお店。
「鬼怒川竹やぶ」に案内されて千葉の「竹やぶ」の事を初めて知りました、県外者には何かと新鮮な情報です。
b0089578_16185123.jpg
さてメニューを・・と、私にはそんな選択は許されていなかった。
「ここでは食べてほしい蕎麦が2つあるんですよ」
え!?2つ??お蕎麦を連食って意味でしょうか・・・しかも出先の社員たち全員も付き合うという。

お気に入りのお店とは言え2つ連食なんて・・・全然大丈夫です!!!(ラーメン連食でも平気です!!)←ここだけ心の声
かくして5人ほど・・・全員がお蕎麦2食いただくことになった、全員大丈夫なの?

・田舎そば(冷たいお蕎麦)

つゆと辛めの大根おろしと葱、そして蕎麦(写真ボケました)、田舎蕎麦の盛りはやや少なめで成程これならイケそう。
やや濃い出汁がきいたつゆ、蕎麦は歯ごたえがあって香りも漂ってきて美味しい。

b0089578_16185724.jpg
・天せいろ(温かい蕎麦)

メニューには天せいろというかき揚げとせいろのセットの冷たい蕎麦があるが、こちらは温かいかけそば。
この組み合わせ画像、ネットで見つけられなかったけどセットではなく常連の組み合わせ技なんだろうか。

小海老が沢山まとまってかき揚げはカラッとサックサクでと~っても美味しい!茄子の天ぷらも付いてます。
全部食べきるのを我慢して温かいお蕎麦の上にのせ、ジュワーと汁を吸わせて一緒にお蕎麦も食べる。
じょじょに油が溶けてお汁が美味しくいただけました、あらいいわぁ~この組み合わせ。

b0089578_16190475.jpg
・蕎麦カステラ

生地はしっとりしていて口に入れると蕎麦の香りが広がる、どこか蒸しケーキの様な。

かけそばの方が量が多くてかき揚げ分もあって膨満感、この後仕事なのに眠気に注意。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-31 15:44 | 茨城 | Trackback | Comments(0)

金沢(北町):王蘭 北町店(中華飯店)「ワンタン麺、チキンライス」

b0089578_15305097.jpg
ジム行けどジム行けど、わが体重軽くならざり、じっと腹を見る・・・その根源がこれです、ジムアフターラーメン。

どちらかと言えばジム内では特に誰とも話さず、黙々と運動する孤高のファイターだったのだが、
最近は待ち時間の合間に話せる人が増えてきた、その話題は!?というとやはり食べ物の話題が多いのである。

ジムビフォアーに食べるのか、ジムアフターに食べるのか、何を食べに行くのか話し合っている内に皆で食べに行くことに。
友人も間に入って運動バカ一代トリオが加わっての、ジムアフターラーメンは王蘭 北町店

王蘭と言えば、珉来、チューなどに並ぶ老舗中華飯店で、最近知った情報ではかほく店とご兄弟だとか。
年季の入った昭和な店内は深夜まで営業しており、その良心的な価格設定からいつも人で溢れてる。

ジム前にうどん食べたけど2品食べるわ〜という人を横目に、ダイエットしているはずの自分も釣られて2品注文。
ダイエットしているならアフターしないはずだが?という言葉は飲み込んで。

・ワンタン麺:400円

シンプルな透き通った昔ながらの懐かしいラーメンには蒲鉾が、ワンタンの中身の肉が少なめなのはお安いのでご愛嬌。
中細麺な麺をすすりながら入り口近くの雑誌を読みふけるカウンターはいつもの風景。
b0089578_15305608.jpg
・チキンライス:400円

チキンライスなのに入っている肉は豚肉、そのせいなのかやや濃い味付けのチキンライスにはコクがありめっぽう旨い。
周りはオムライスを注文している人が多いが、チキンライスという仮面を被った豚肉炒め飯が中身だと思う。
オムライスも美味しそうだけど、マイルドな卵の皮を脱ぎ去って野性的なチキンライスの濃厚さをガツンと味わうのもいいわ。
b0089578_15310260.jpg
他のメンバーは野菜炒め、肉炒め、焼きそば、オムライス、ワンタンなどを注文していました。
この価格設定だとついつい2品食べてしまうのも分かる気がする、と語るのは胃袋の許容範囲。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-28 23:39 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(広坂):鉄板酒房 haru(てっぱんしゅぼう はる)で新年会+カラオケ

b0089578_11230506.jpg
昨年末辺りにピークに達していたと思われるオケ熱(カラオケ)、その思いは達せられぬまま新しい年を迎えた。
滅多にカラオケ行く方じゃないが、忘年会で抑え気味に2曲歌ったお蔭でオケ熱がヒートアップしてきたわ。

流行りの歌など全く無視、もちろん普通の歌も歌いますが(流行りではなく)叫び系など女を捨てた系に走る為、
ドン引きを避ける為に職場では封印、いっそ1人で・・?と考えてたところで、のっかってくれたのが旧割烹勝一メンバーの友人。

新年早々、いつカラオケする?という申し出に「2日後なら空いてる」と無茶ぶりスケジュール。
了解を得て参加者を募ったところ、何とか4名集合、ヤッホー!オンナ捨て系歌っても気にしない人たちばかりだ。

軽く食べて歌いに行こう!という設定で、じゃあお好み焼きでも・・と選んだのが、鉄板酒房 haru(てっぱんしゅぼう はる)
ん、全然サクッと軽くではないお店選び、お好み焼きはメニューにあるがこれは飲み会!?犯人は私です。
折角、富山の山奥からカラオケの為に出てきた方もいるので、カラオケ&新年会にしちゃいました。

場所は柿木畠の通り「うつのみや書店」の隣の広坂パレス1F、20席(カウンター6席・テーブル14席)
お好み焼き・焼きそばなどの鉄板焼きメニューの他にサイドメニューが豊富に揃っている
ビールや日本酒、カクテル類も多くて飲み放題もあり!の使い勝手の良い鉄板焼き屋さんなのだ。

・パリパリサラダ

山盛りの野菜の上にうず高く積み上げられたパリパリの麺、ドレッシングをかけて混ぜて香ばしくいただく。
ドレッシングは和風、胡麻、黒酢の3種、黒酢ドレッシングはコクがあって後味さっぱりと。
b0089578_11231886.jpg
・塩ホルモン

ビールのおつまみに丁度良い?豚ホルモンをブラックペッパーと塩ダレで炒めたスパイシーな味。
b0089578_11232260.jpg
・蓮根つくね焼き

結構大きめなつくねが半分にカットされていて、中にはもちろん蓮根と玉ねぎ、豚ミンチ。
豚肉だからか味わいにコクがあって、このからめてある和風のタレの味付けが何とも美味しい。
b0089578_11232714.jpg
・黒豚ギョーザ

4人だったので1個遠慮の塊になった大人の団体、フリーズ状態から溶けるキッカケを作るのは私しかいない。
黒豚のギョーザはさっぱりと特製ポン酢タレでいただきます。
b0089578_11233097.jpg
・鉄板チーズとろろ

この店の人気メニュー、以前食べて美味しかったのでリピート。
チーズととろろのデュエット、ちょっとカリカリになったところも含めて、とろろ~んとのびる美味しさは想像通り。
b0089578_11233365.jpg
・とん平焼き

平べったい状態を想像していたら意外に分厚い、豚バラと大葉が玉子でふわっとぐるぐる巻きに。
ソースとマヨネーズがかかってこってり系なのに大葉の後味がポイントのこちらも旨し。
b0089578_11233779.jpg
・にんにく豚焼きそば

半熟玉子がのった甘辛ニンニク醤油ダレの焼きそば、醤油ダレであっさりでもニンニクというコクのある刺客。
玉子を割ってとろりとコクを増して味覚のシーソーゲーム。
b0089578_11234046.jpg
・キムチチャーハン

ごはんパラパラに炒められたチャーハン、キムチの中で玉子がいいマイルドさをかもし出しています。
b0089578_11234471.jpg
・牛すじ玉

お好み焼きは豚、イカ、海老、コーンチーズ、ミックス、もちチーズ、ウインナーなどあって前回はミックスを食べたような。
今回は牛すじで、柔らかい生地の中にプリッと柔らかい煮込まれた牛スジ肉が入っててんまし。

メンバー全員お酒を飲むのでお代わりも幾度となく注文していたけど、お会計は適度にリーズナブルでいい感じ。
カウンター席で1人で飲み食いしている知り合いも発見したということで、1人飲みや夜シメなお好み焼きにもお薦めです。
b0089578_15302681.jpg
さてーお腹もくちくなったしお酒も入ったしで本番のカラオケへGO! カラオケだけ参加の1人も加わって全5人。
本当はお酒入っていない方が声が出るのですが、お楽しみの後なのでそれは気にしない←シラフで変な歌歌えます

年代が似通った団体だったので、自然と選曲は80年代懐かしソングやら、その人の趣味で懐メロやら昭和エロ歌謡やら。
久保田利伸、佐野元春、大滝詠一、聖子ちゃん、いしだあゆみ(コロッケではない)など壁際に寝返りうちたい程なつかしい曲ばかり。

その中での私の選曲、マキシマムザホルモン、筋肉少女帯、岡村靖幸(セリフ付のアレ)、BABYMETAL(踊り付)
動画を取られてて仲間内でアップされてたのを見たら、丁度叫び系の曲だったんで危ない人がそこにはいた。

普段の姿は割と大人しい方なので(マジデス)・・・それでもオンナ捨て系:普通の歌=6:4の割合。
学生時代に聴いていた邦楽が戸川純だったり(昨年ライブ行った)筋少だったりするので、懐かし系がどうしてもそうなってしまう。
久しぶりに歌ったら気分もスッキリ!皆の選曲に受けて大笑いしたりして、大いに楽しめました。

次回、オンナ捨て系を披露するカラオケPart 2へと続く・・・(開催未定、多分別の団体)

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-27 23:25 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(本町):Restaurant N / レストランエンヌ(フレンチ)・ふくよかな会(1月号)

b0089578_13534193.jpg
月に1度の飲む!食う!でも雰囲気は落ち着いてスマートに行こうな大食い集団「ふくよかな会」。
新年初めは華々しくフレンチで幕を開けようと、私以外未訪問でありリクエストがあったRestaurant N / レストランエンヌ(フレンチ)

軽いジャズが流れる中での大人が寛げる空間の中でいただくのは、厳選された食材と常に向き合い食材の旨さを引き出すお料理。
現在ディナーコースは7,000円と9,800円の2つありますが、今回は7,000円のコース。
もう1つの上のコースは大切な人とのディナーへの切符として取っておこう、ということに。

・手前から、自家製ベーコンのグリエ&焼いたブリオッシュ、鱈のグジェール、パプリカとオリーブのケークサレ、豚肉のパテ&オリーブ

自家製ベーコンの上にはドライトマトとバジルソース、ベーコンの芳醇で濃厚な風味が美味しい。
グジェールはチーズが混ざった風味に鱈の旨みが加わって。
b0089578_13534795.jpg
・炙った能登のマグロの魚介のスープ仕立て

グラスの様な大きく丸い形状のガラスの器の中には、スープに浸された炙った能登島で捕れたマグロにお野菜がたっぷりと。
紅くるり、能登娘、紅心大根、ビタミン大根、黒皮大根、マイクロベビーリーフ....などなど
薄くカットされた大根はくるんと巻いて薄い下味がついています、パラパラと黄色のかかった粒は人参を乾燥させたもの。
淡く優しい旨みの冷たいスープにマグロと数種類の野菜が合わさって、味わい豊か。
と思っていたらスープの一番下にとろっとした金美人参のソース、さらにコクが増します。
b0089578_13535140.jpg
・カサゴのポワレとホタテ、丸麦のリゾット

カサゴはゴツゴツとして怖い見た目だけど身は締まって淡泊で上品、あわあわソースは玉ねぎのソース。
真ん中の丸麦はブイヤベースでリゾットにしてあり周りにはレモンのソース。
この丸麦が1粒1粒程よい噛みごたえがあって、魚介の旨みが浸透してとぉっても美味しい!
何しろ全員がほぼ同時にウマッ!って口に出たくらい、レモンとバターのソースを一緒にするとこれまたコクと爽やかさがプラスされる。
ホタテは北海道の4年物、なるほど貝も育つもんね・・ってかなり大きい!サクーーと微妙な圧力加減で切れる固さ。
肉厚で甘みと旨みがあって美味しかった~
b0089578_13535640.jpg
・北海道 蝦夷鹿のロティ、インカのめざめ、のと115

皿が置かれた途端、焼きにうるさいワイン王子が「焼きが・・」と思わず口ずさむほど見事な紅色。
周りにはお肉の出汁のソース、黒い粒はオリーブ。
添えてあるのはブロッコリーニ、黄色人参、芽キャベツに牛蒡のピューレ。
インカのめざめの上にはのと115、と名の知れた食材ばかり。
お肉は柔らかでクセがなく赤身な分、お肉の風味が伝わってきます。
そしてインカのめざめが美味しくて、味が濃くて甘くて・・素材って大切。
b0089578_14423371.jpg

・寒熟いちごと苺のアイス、スープ仕立て

新年会のつもりが誕生日も近かったのでサプライズのデコレーション♪
寒冷な気候で育てた寒熟いちご、大粒で甘みが強いのです、そして苺のアイスにスープ。
この時期にイチゴ味のチョコ、チューハイなどを買いあさっているのは私、密かに苺好きなんですよ。
ココナッツメレンゲの棒がサクサクとアクセント。
b0089578_13540355.jpg
cafe-agre(カフェ・アグレ)さんのエンヌ専用ブレンドコーヒー
b0089578_13540877.jpg
ココナッツのメレンゲ、丸いフィナンシェ、パートドフリュイ

大食いとも言えどゆっくり味わって食べて丁度良い満腹感、
いつも思うのですが食材のうま味と塩分などのさじ加減がピタリと決まってるんです。

スパークリングも白ワイン、赤ワインも飲んで、いい夢エンヌ気分。
新年にピッタリのスタートになりました、今年も待つのは肉の塊かエスニックか、それとも・・・毎月の食探訪は続く。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-26 23:30 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(中橋町):麺屋 達(本店)「ラーメン+まかない丼」

b0089578_11124874.jpg
寒さのせいなのかどうも肩や背中がミシミシと痛くて、休日のお出かけついでに友人にお勧めされたマッサージ屋さんに行こうと
電話をかけるも予約でいっぱい、入れる時間が2時間後と手持無沙汰なことこの上ないので諦める。

不完全燃焼のままドライブは進む、外はしんしんと雪が積もり始めていて身体を温めるためにラーメン求む。
ああ、あちらの・・こちらの・・と考えていたけど、近場で丁度前から2人でと行きたがっていた麺屋 達(本店)

麺屋 達さんの本店、夫は私よりラーメン食べませんが、昔からここのラーメンが好きだそうで味変を好むらしい。
私自身は数年ぶりなのだが、好きなもの好きには逆らってはいけない、その指導の下いただきました。

Aセット:(ラーメン+まかない丼)+のり玉セット(のり3枚と味玉)

基本のラーメンは豚骨醤油ラーメン、まかない丼はキムチとチャーシューがのっかった品。
麺の固さも濃さもスルーでこの上ないノーマルバージョン、のりと味玉は足してるが。
豚骨ベースはさらりと私にはややあっさりめ、麺は中太麺でコシがあってグッ。

私はあまり味変しない方なのだが、夫の言われるがままに普通→胡麻→生姜→豆板醤→酢の順に味変でいただく。
すり胡麻を入れるとコクが増して・・そのまま半分ほど食べた後に生姜を入れるとややすっきり、これは美味しい。
その後に豆板醤を入れるのだが、ちょっと入れ過ぎたようで微妙な味噌味になってしまった、その後の酢もしかり。

最後に酢を入れてさっぱり後味にしたいようだが(夫仕様)、私はクドい味が好きなので生姜ストップでいいかな。
塩加減の好みはお互い似ているのですが、コッテリーナの軍配は私が上。
チャーシューメンにすればよかった、という言葉は寸止めのところで我慢。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-25 23:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(出羽町): ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA(カフェ・ケーキ)

b0089578_15274142.jpg
最強寒波来襲!まだ暗い内から雪すかしを30分ほどして、いつもよりかなり早めに出勤しているのに到着時刻はそうは変わらない。
遅寝早起きな数日間にちょっと眠気も漂う、ランチを少なめにしているので空腹感が眠気覚まし。

誕生日のケーキの事をすっかり忘れてて、前日になって慌てて自分の誕生日のケーキを自分で電話予約。
ネーム入りの部分を自分で言うのも変な気分、受け取りにいったついでに1人カフェ、ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA

KANAZAWA店の方は県立美術館内にあり、ケーキやバームクーヘン、焼き菓子などのテイクアウトが出来、カフェ併設。
ここでは職場用のケーキをまとめて購入している内にポイントが貯まって、バームクーヘンを買う足しにしたことがある。

お気に入りは柑橘系のエーグルやホワイトチョコレートのセラヴィだが、今回はお初のモンブラン。

・ハクサン、辻口ロール(ハチミツ)

ハクサン(白山)という名の五郎島金時のスイートポテトのモンブラン、名峰白山の雪山独り占め。
さらりとした味のスイートポテトの中身はなめらかな五郎島金時のクリームにラズベリーの酸味。
スイートポテトと聞いて芋強めをイメージしていたら、意外にさらりと甘さも控えめで食べやすい。
辻口ロールのハチミツは何度か食べていて、しっとりとした生地にハチミツの甘みが伝わってくるところが好き。

コーヒーは苦みのあるタイプだったが、ケーキを口に含んだ後にコーヒーを飲むと苦みは消えまろやかな印象に。
そのまま飲む、甘みを含むで違ってきますね。スイーツに合うコーヒー。

b0089578_15274592.jpg
オペラマンダリン(4号)
濃厚なチョコケーキはあまり選ぶほうじゃないのですが、こちらは私の好きなコーヒーと柑橘系のマンダリンオレンジ入り。
ショコラクリームとコーヒーにマンダリンの爽やかさ、ジューシーでしっとりしてます。
のっかったマカロンがまた美味しい!上品で大人なケーキをガッツリと・・一応食べたのは半分です。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-25 22:27 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(白菊町):チュー(白菊町店)「カツカレー入り天津飯」

b0089578_16590908.jpg
今季最強の寒気の中、やっとコタツを出しました・・クリスマスパーティーが終わってからと思っている内にズルズルと。
セットし終わったところへ、コタツの電源が入らない・・・もしかして壊れた!?
その下にひいてあるホットカーペットだけが心の綱、とコタツで丸くっていたけど先ほどコタツの熱源が復活。
ホッとしてこれで安心してこたつダメ人間になれる。

寒いとカロリー消費も多くなるらしい、寒さから身を守るエネルギーが必要と満腹目指してチュー(白菊町店)
石川県だとあちこちに見られる昔ながらの老舗中華料理店「チュー」、その中でも人気なこの店舗「白チュー」という愛称で知られる。

・カツカレー入り天津飯

半分が玉子とあんかけの天津飯、半分が昔ながらの洋食屋のカレー、その上にトンカツというボリューミーな1品。
あんかけの餡は和風だしの味付けで酸味はないのでカレーと混ざっても違和感のない味。

カレーを食べたり、天津飯を食べたり、その2つを混ぜて食べたり、さらに結構厚いトンカツを食べたりと
食のメリーゴーランドやぁ〜的な楽しさ。

ご飯の量も結構あるし、サラダも中華風スープも付いてくるのでお腹大満足間違い無し。
満腹感に酔いしれた後に身体は温まり、さらにやがて訪れる睡魔と共に安心して牛になれる1品。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-24 20:41 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(十三間町):Couleur(クルール)フレンチ

b0089578_16140382.jpg
本格的な寒波到来で、毎夜布団に入るたび最初の冷たっ!と心の叫びに震えながら寝ています。
20代前半、仕事後にナイトスキーに駆けつけ、雪まみれで転げまわっていたのが信じられない。

そんな寒さに弱い(年のせいかも)私の生誕日は1年で一番寒い時季と言われる大寒。
寒くとも美味しいものを食べるためなら足は動くぞ三千里、犀川のほとりにあるフレンチ、Couleur(クルール)に行ってきました。

オープンしてから2年3か月ほど、時の経つのは早いものですっかり金沢の地に根を生やしている様に溶け込んでいます。
東京やフランスで修業した経験をもとに伝統的なフレンチの良さを伝えるお店。

この日の夜はシェフのお任せコース、奥にテーブル席もありますがここは対面式のカウンターフレンチという印象がある。
というかカウンターでしか食べていないから当たり前だけど、お店の動きを感じるのが好きなので少人数だと大抵カウンター純情派。

・オレンジピーマンのムース

カラーピーマンにも色や形状から色んな種類があって、こちらはオレンジピーマンのムース。
上に軽くオリーブオイルがかかったムースは、滑らかで自然の味を生かした甘さを感じます。
少し香ばしく感じたで尋ねてみると素焼きにした時の残り香でしょう、と言われました。
刺してあるのはパートブリックの間にハーブを挟んで焼いたもの、サクサク。
b0089578_16141399.jpg
・フォアグラのテリーヌ

添えてあるのは林檎のジャムで品種はグラニースミス、ペースト状のとろとろなフルーツソースになってます。
そしてフォアグラの間にも林檎、ねっとりしたフォアグラに柔らかい林檎特有の甘みと酸味がベストマッチ。
b0089578_16142109.jpg
・コンテチーズのテリーヌ

焼かれたチーズの周りに巻かれたベーコンと共に香ばしく中はとろ~とした状態のコンテチーズ。
フェンネルの蕪をオレンジジュースで煮たもの、柔らかくて独特の香りに酸味をプラスして爽やかにしたような。
横には人参のピュレ、クセのないチーズのお味に人参の甘みや柑橘の酸味など加わってバランスがとれてます。

この間に出たパンは丸い全粒粉のパンでした(自家製)
b0089578_16143353.jpg
・金目鯛のポワレ

魚の下にひいてあるのはちりめんキャベツ、ひたひたになったスープは車海老のコンソメスープ
透き通ったスープの海老の味わいが濃く、ふわっと微かに香るのはエストラゴン。あぁ~スープおいし。
皮の部分がカリッと焼かれた鯛の身をスープに浸しながら食べると、海老の風味とハーブの上品な香りが淡泊な鯛を引き立てる感じ。
b0089578_16144885.jpg
・青首ガモ・内臓のソース

湯湧の青首鴨のメスだそうです、砂肝とささみも添えてあり、その鴨の内臓のソース。
そのお味は柔らかくて脂があるのかしっかりとした旨み、ソースも深みがあって、これは美味しい~~

最初はスパークリングワインを飲んでいたのですが、シェフのおススメ料理と私の好みに合わせて選んでくれたのは、
ブルゴーニュのピノ・ノワール、J.Cacheux et Fils(ジャック・カシュー・エ・フィス)果実味がして香りもよかったぁ♡

私が20代中ほど、そうまだ鳴和に某フレンチがまだ存在していた頃、加賀で青首鴨に網を投げつける坂網猟というのを聞かされた。
その時の印象から青首鴨が出てくると網猟のことを思い出すわ、もう20年以上昔のことです、むか~しむかしのことじゃった!
b0089578_16145983.jpg
・チョコレートのテリーヌ、フルーツのジュレ、キウイのジェラート、そしてコーヒー


シェフの吉田さんは新潟出身ということで、新潟のラーメンの話について花が咲きました←食材の話もしましたけど~
気さくな人柄もあってカウンターの間越しに笑顔が生まれ、素敵な時間を過ごせました。

しっかりとした美味しさを感じさせてるお料理たち、食通たちがよくアップしてるのを目にします。
公式facebookページでは毎日のランチメニューも掲載されていおり、雰囲気は違えど昼も夜もおススメです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-21 23:11 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(四十万):シエスタ (CURRY LOVERS シエスタ)「焼きカレー」

b0089578_14200374.jpg
今年の暖冬傾向な天候に慣れていたら、今季初めてともいえる目に見える積雪。
長靴ブーツの登場に30分ほど早く家から出勤、雪は大したことないけど幹線道路がめちゃ混むので朝から渋滞疲れ。

ブーツを脱ぐと当然ストッキングなので長時間だと足元からじょじょに冷えていく。
冷えた私の身体と心を誰か温めて!そうだ、あのホットなメニューを求めて、欧風カレーのシエスタ

1人で食べに来ている人も数人いて、私は大きなテーブルの男性の真向かいに座る。
お互い真正面でちょっと照れくさい、目と目が泳ぎ合う~♪(by 工藤静香)決して視線合わさず。

なぜわざわざ真正面、理由はない、何となく。
男性も私と同じ注文で先に食べているその図をチラ見して見守りながら、食べ終わった頃に私のお皿が到着。

・焼きカレー(Mサイズ)

冬の間の限定メニュー焼きカレー、サイズはSとMがあり(選択は無料)私はMを選びました。
耐熱容器の中にごはん、キャベツ、カレー、チーズがのせられて焼かれているので器から熱々。

スプーンを入れるとキャベツが口の中でパリパリザクザク、パン粉がサクッ、焼けたチーズとカレーの四重奏。
かかっているカレーにキャベツがマイルドにチーズがコクを加えるベクトル。
カレーはポークカレーでとっても柔らかくスパイスは適度に辛くて、食感と共にとっても美味しい。

私はAセット(カレーとサラダorドリンク)だったので、先にサラダを食べてました(写真なし)
最後の1口まで冷めずに身体がポカポカ、もう1皿食べれそう・・こらっ!(普通の女性が食べるには満足な量)

毎日数量限定な焼きカレーは1月末までの提供、2月からはイカスミカレーだそうですよ。
10年前の2月のブログ記事にシエスタのイカスミカレーの事、書いてました!10年ぶりに食べてみようかしら。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-01-20 23:23 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)