<   2015年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

うちごはん:ボジョレーヌーボーと最近のうちごはん

b0089578_11404493.jpg
あっという間のクリスマス強化週間、自宅ごはんから外食へと流れ者な日々なわけだったが、
最近のうちごはんの画像が溜まっていたので、過去の記録のためにもアップ。

今年のボジョレーヌーボーは毎年恒例、野々市のクラ印 さんで自然派ヌーボーをお買い上げ。
リストが幾つもあるので迷うんですけど、この時期だけの奮発祭り、3人の作り手を選びました。

・ジャン・フォワイヤール
・フレデリック・コサール & ケヴィン・デコンブ
・M ラピエール

ピュアな果実味が魅力的なヌーボー、ボジョレー解禁日すぐに1本開けたのだが、
普段飲んでるワインよりややエクスペンシヴッなので、後は美味しい料理を作った時のために取っておこう~と思っていたのです。

だが、いつも飲んでるテーブルワインに紛れて置いていたら、いつのまにか勝手に飲まれていた!ショック ザ ベイビー。
一緒に置いていた私も悪いんだけど・・・残りの1本はクリスマスまで隔離され箱入りヌーボーになりました。

b0089578_11405691.jpg
・うちごはん①

ボジョレー開栓は突然に...であけられてしまったボジョレーと共に、
グラタンと鯖と野菜のタジン、うちには各種スパイス揃ってますので、タジンと言えばモロッコ料理♪
やさぐれたポルチーニ茸があったので夫がリゾット作ってくれました、だが何故か怪しい色。
b0089578_11404908.jpg
・うちごはん②

鶏ひき肉で団子を作っての鍋、ポン酢でさっぱり。
一番野菜を消費&摂取できるメニューで簡単・・・鍋は冬メニューの王様。
自然薯をすってとろろにして酢醤油&海苔で食べました、ねばりが半端なし。
b0089578_11405266.jpg
・うちごはん③

鮭とキノコの和風あんかけ蒸し、スモークサーモンのサラダ、カブのサラダ、ハタハタの煮物
気合いが入った日です、ダイエット心がけているが垣間見えます。
b0089578_11410342.jpg
・うちごはん④

鯵とキノコの蒸し焼き、先月どでかい鮭をさばいてからスーパーで魚を買っても調理してもらわずに家で捌くようにしています。
これも一種の修業と思って・・でも1度は刺身を捌いたりプロの教えを乞いたいな。
蕪のはす蒸しは旦那作、色々素材を使いながら和食の勉強をしているようです。
b0089578_11410014.jpg
・うちごはん⑤

冷蔵庫が入りきらなくなるコストコ症候群、チーズにソーセージに占領されておかずを入れる隙間なし。
パストラミビーフが値引きされていたので購入したものの期限日までのカウントダウンまで消費するのが大変です。
そんな時はパストラミビーフとチーズのホットサンドで楽々。
チョップドサラダにはミックスナッツ、スモークチーズ、ミックスビーンズ入り、全てコストコ。
b0089578_11411120.jpg
柚子ピールが家にあったので果汁は酢橘を使っての柚子マフィン。
さっそく毒見役に夫とスタッフに配りまくり、甘さ控えめなのでまたやってみよう。
b0089578_11411630.jpg
クリスマスパーティーへの序章、牛肉の赤ワイン煮の仕込み。
コストコで(またか!)ビーフのどでかい塊を購入して赤ワイン、ハーブと野菜と共に漬け込みます。
出来る事なら和牛で作りたいけど、1キロ以上だったので値段を考えるだけでおそロシア。
大量にお肉を消費する時は結構便利だなぁ~


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-12-26 14:43 | うちごはん | Trackback | Comments(2)

金沢(本町): Table NICO(テーブルニコ) ロティサリー&イタリアン

b0089578_11174084.jpg
忘年会シーズンで街に飲みに繰り出す、家に引きこもりになって一日中作業する、私にはどちらも苦にならない。
って飲みが苦になるわけはないが、年賀状作りもクリスマス宴会への仕込みも楽しんで取り掛かる自称ヒッキー体質。

土曜日は丸一日かかって家の大掃除、人を家に呼ぶ時に行われる年末大掃除の早番みたいな感じです。
いや~掃除も体力仕事なんで疲れるっ、そんな夜のご飯はお出かけに決まり!ロティサリー&イタリアンのTable NICO(テーブルニコ)

金沢駅前のポルテ金沢の地下にあり、金沢駅東口から地下で直結しており便利なアクセス、
明るい雰囲気の気軽なイタリアンバルながら、加賀野菜や北陸の魚介など旬の食材を使用し凝った料理も数多くあります。
土曜は込み合ってるので中々予約が取れないのですがカウンター2席分だけ何とか確保、スパークリングと付き出しで乾杯。
b0089578_11174792.jpg
・香箱ガニとトマトのサラダ

本日のおススメメニューの中からカウントダウンが始まってる香箱ガニ、見つけたら逃しません。
トマトと蟹の身が内子共々混ざり合ってさっぱりした風味、バルサミコ酢を和えていただきます。
b0089578_11180134.jpg
・白子とネギのアヒージョ

こちらも本日のおススメメニュー、今年はまだ白子酢食べていないわ~と何気に白子不足、注文せねば!
とろとろ白子と葱が良い組み合わせで文句なしうま~い、底にたまったアンチョビとオイルを塗りつけるのにパン追加必要。

b0089578_11180585.jpg
・旬野菜の揚げマリネ

芽キャベツ、パプリカ、カリフラワー、さつまいも、ロマネスコ、その他色々な野菜が揚げた状態でマリネされています。
揚げてあることでコクが出てタレがよくしみ込んでます。
b0089578_11535000.jpg
・海の幸のブイヤベース

サフラン風味に白身魚、あさり、芽キャベツ、フレッシュトマト、じゃがいもは2種。
特にインカのめざめが濃厚な味わい、魚介スープがしみ込んで優しい味付け。
b0089578_11181082.jpg
・ロティサリーチキン(ハーフ)&ロティサリーポテト

ロティサリーマシンでじっくりと焼かれる雛鳥と一緒に中でローストされたじゃがいもを付け合せに。
1羽だと多いけどハーフにすれば2人でも問題なし、柔らかくやけてジューシー。
b0089578_11181560.jpg
・香箱ガニのペペロンチーノ・フェットチーネ

本日のおススメメニューより、ここまで行くと香箱ガニのストーカー。
ペペロンチーノで味付けのシンプルさの中にカニの旨みが氾濫中~内子愛が止まらない。

早い時間のお客の後は二次会の団体グループの予約が入っているなど、ほぼいつも満席な印象。
それでも壁向かいのカウンターがあるので、1人でも2人でも気にせず料理を楽しむことが出来る。
ほぼカウンターばかりの純情派、まだまだ未食のメニューがいっぱい、今宵もごちそうさまでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-12-23 22:58 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)

石川(白山市):キッチンユキ(洋食)「カレーベーキ とんかつのせ」

b0089578_17220752.jpg
今年の夏に地元にオープンしたコストコ、職場帰りに立ち寄りやすい場所にあるので平日の夕方に立ち寄るのですが、
先週、日曜の午後に行ったら、カートが移動できないほど人の山でメガスーパーの底力みた。

オープン日の混雑っぷりは知ってるけど、最近空いていてカート高速移動しっぱなしだったので軽いストレス。
この日も午後からパーティーの仕入れの為にコストコ入り予定で、パワーをつけるべくキッチンユキ

・カレーベーキとんかつのせ

以前はカレーとベーキが同皿に並ぶメニューはなかった。
でもカレーもチャーハンもラブな私は時々、ベーキを注文して単品カレールーを頼むというオリジナルな注文をしていた。
カレールーを頼むと、魔法のランプみたいな器(グレイビーボード)で出てくるので、
周りからみると高級感あふれる別のメニューに見えていたに違いない(妄想)

そんなロマン溢れる組み合わせが現在はメニュー表にのっております。
そもそもカレーの存在感が強すぎるので、普通のチャーハンだとただの脂っこいカレーになりかねないところ、
ここのベーキは割と薄味なのでカレーと一緒に食べてもちょうどよい加減です。

それでもカレー>ベーキなのでカレーがかかったベーキは存在感が薄れがちだけど、カレーもベーキも堪能できる嬉しさ。
スーパーカロリーなとんかつも加えて、パワー充電なランチでした。

しかし、昔の銀皿と比べるとオシャレな器に変わりましたね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-12-23 17:57 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(片町): Bottega di Takamazzo (ボッテガ ディ タカマッツォ) イタリアン忘年会

b0089578_16193467.jpg
今週からクリスマス強化週間、パーティー準備のため一足早く自宅の年末の大掃除が始まってます。
料理の準備を考える傍ら、先週はこの時期に奇跡的に予約が取れた!?素敵女子からお誘いを受けて女子会に行ってきました。

犀川新橋の傍にあるイタリアン、Bottega di Takamazzo(ボッテガ ディ タカマッツォ)
今回はアラカルトではなく予算を決めてお任せのコースで予約してあったのでお皿は1人分です。

前菜盛り合わせ:金目鯛のカルパッチョ、パルマ産プロシュート、サーモンマリネ・リコッタチーズのせ、
イタリアンオムレツ・モルタデッラ、水牛のモッツァレラ、甘海老...等、
1つ1つ丁寧にハーブなども添えてフレッシュさと素材の良さが漂う前菜、華やかで最初から気持ちが高マッツォ!
とっても丁寧に説明してくれるのですが、余りにも説明が多くて全部覚えきれず。
b0089578_16193866.jpg
花ズッキーニのフリット
花の部分にモッツァレラチーズとアンチョビが入ったフリット、衣が繊細でうす~くサクッと絶妙な揚げ加減。
中からチーズとアンチョビが広がってとっても美味しい、私的にはこの微妙なサクッと感が命!一番印象的だったな。
周りはフルーツパプリカのソースで、香ばしい旨みの豚バラ肉燻製ブリアンゼッタがかけられています。
b0089578_16194463.jpg
自家製フォカッチャは黒オリーブ入りでしっとりとした水分含有量、パスタの時のソースをぬぐうのにお代わりしました。
b0089578_16194815.jpg
茸とトリュフのリゾット
リゾットの上にのっかってる大きな切り身はアワビ茸、食感がアワビに似ていることから名づけられた茸。
火は通っているけどその歯ごたえのコリッと感は保ったまま。
リゾットにはマッシュルームとチーズが絡んでコクがあるけどトリュフの香りも楽しめます。
b0089578_16195347.jpg
香箱ガニとグリーンアスパラのフレッシュトマトのパスタ
出た!冬の必殺兵器。もうカウントダウンが数えられているので、香箱ガニが出てくるだけでテンションストップ高。
身も外子も内子も全部バラしてコクのあるソースになってちょっと平たい形のパスタに絡んでいる。
トマトソースはフレッシュ感あふれて強すぎないので蟹の旨みが生きています、アスパラしゃきしゃき感もプラスされて旨し!
b0089578_16195731.jpg
メインは左が鴨むね肉と右が和牛ロース、下にはイタリアの冬野菜タルティーボ、アーティチョーク。
真ん中にはポレンタと何か(失念)で和えたもの、レモンとフィンガーライムが添えてあります。
b0089578_10295886.jpg
私たちは白ワインのボトルを飲んでいたのですが、メインを食べた後も少し余っていて、
デザートが出てくるまでこんなチーズを出してくれました。

カステルマーニョ、北イタリア ピエモンテ州で生産量が少ないことから幻のチーズと呼ばれてるそうです。
ハード系で口の中に入れるとほろほろとした食感があります、塩分は丁度良い感じ。
b0089578_16200145.jpg
デザートはメレンゲのケーキ、ラムレーズンのジェラートとマチェドニア。
ケーキはふわふわと柔らかく上品な甘み、こちらにコーヒーorエスプレッソが付きました。

平日にも関わらず満席で超忙しいので中々高嶋シェフに話しかけられないけど、帰り際よくやく目と目で通じ合う~♪
相変わらず気さくな笑顔が魅力的で、もちろん美味しいお料理も堪能~
いつもアラカルトですが、まな板の鯉の様にお任せコースも良いですよ。
女子会の会話の花が咲いて雰囲気も穏やかに盛り上がりました、誘ってくれてありがとね!


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-12-21 22:45 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(野々市市):サニーベルコーヒーで第二回「リアルマジコーヒーサミット」

b0089578_15525956.jpg
クリープを入れないコーヒーなんて・・・私は生まれて長らくコーヒーにはミルクと砂糖を入れる派でした。
甘党というよりブラックコーヒーが飲めない舌だったのですが、少しづつ豆に凝り始め、
最近は特にスペシャルティコーヒーをいただく機会が多く、自然とブラックコーヒーが飲めるようになってきた。

それでもまだ毎朝買うコンビニのドリップコーヒーにはミルクと砂糖は入れるし、缶コーヒーは微糖。
要するに焙煎した豆の深いコクやフルーティーな香りを楽しむことを覚えてブラックを克服したということでしょう。

豆の種類や煎れ方でコクや香りも様々、これはフルーティーな香りがするね〜と感じつつも何のフルーツかは表現できない。

某コーヒーのコミュで香りを例える討論、食べ物での表現が思いつかない人もいたりして、
じゃあフルーツを食べながら香りを確認して、各種コーヒーを簡易カッピングしてみない?
と、ゆる〜いイベント話が持ち上がりました。

ここは焙煎豆販売されてるので珈琲を議題にするのは正当なイベント理由、リアルマジコーヒーサミット。

メンバー:高松さん(サニーベルコーヒー)、竹田さん(C8LINK)、ことねこさん、スカタン女王
b0089578_15530513.jpg
今回飲み比べの対象となったコーヒー豆

1・コーヒーファクトリー(茨城):コスタリカ マエラス ナチュラル
2・タカムラワイン&コーヒーロースターズ(大阪):コロンビア・ウラオアンティオキア ベジャ・ビスタ農園 ウォッシュド
3・タカムラワイン&コーヒーロースターズ(大阪):エチオピア イルガチェフエ
4・サニーベルコーヒー:ニカラグア サンタマリア ローデス農園ナチュラル
5・サニーベルコーヒー:エチオピア グジG1 ウォッシュド

茨城出張で私が購入したコーヒーと、ことねこさんが大阪で購入したコーヒーを
サニーベルさんにある似た系列のコーヒー豆と飲み比べてみました。

b0089578_15531119.jpg
私が持参したフルーツ類、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、ラ・フランス。

実際にラズベリー食べた後にコーヒー飲んだら、ラズベリーの香り残像が残りすぎてコーヒーの香りわからん!
とお笑いになり、ほとんどフルーツうま!な感じで進んでいったような気はしますが、フルーツの風味を体験することも良い経験。
生のブラックベリーは糖度は低いけれどとても大人なベリーの味で、かなり気に入っていただけたようで。
b0089578_15531528.jpg
1・コーヒーファクトリー(茨城):コスタリカ マエラス ナチュラル
(特徴:ハニー、チェリー、ラズベリー、レーズン、ラム酒、クリーミィー)
皆の感想はおかき、チェリーコーク、ラズベリー、チェリーコークってのはベリー系のフルーツの甘さを感じることかな。
かなり複雑でフルーツの芳醇な香りがするジューシーな酸味がある。

VS

4・サニーベルコーヒー:ニカラグア サンタマリア ローデス農園ナチュラル
(特徴:オレンジの風味、キャラメルのような甘み)
これも感想におかきが出ました、香ばしいって意味ですよね?洋菓子やオレンジの風味。
このコーヒーは二層の別の香りが別次元で漂ってる感じで特殊な味ですわ~

2・タカムラワイン&コーヒーロースターズ(大阪):コロンビア・ウラオアンティオキア ベジャ・ビスタ農園 ウォッシュド
(オークション1位の一番高級なコーヒー、浅煎りでコクと甘さと酸がバランスよくバターのように滑らか)
こちらの感想はワインのような風味、葡萄の種類はデラウェアより巨峰のような大粒のもので渋みもちょっとある。
バターを溶かしたような香りもします、一番高いので比べるコーヒー豆はなしということで。

3・タカムラワイン&コーヒーロースターズ(大阪):エチオピア イルガチェフエ ウォッシュド
(特徴:紅茶のような軽やかなコーヒー、グァバ、パパイヤのようなフルーツ、ピーチの様な甘い余韻)
そもそもグァバを日本で味わえるとしたらグァバジュースくらいの連想で、台湾で固いの食べたことくらいしかないですが、
南国のフルーツの香りというのは何となくわかるような気がしました。

VS

5・サニーベルコーヒー:エチオピア グジG1 ウォッシュド
(特徴:ほんのりティーフレーバー、ほんのりレモン風味)
レモンと言われて確かにレモンの風味を感じました、こちらも割と軽やかなコーヒー。

単体だと分からないが飲み比べると香りの違いは理解できる、ただ細かいアロマはまだまだ経験値が浅いので判断するのは難しい。
今回は思いつきなサミットでしたが、次回はティスティングや珈琲の表現などより明確化したいです。

今回もFMかほくで放送中の「出張FAB屋のカフェタイム」の収録をいたしました。
この番組では高松さんが1フレーズ歌ってから会話が始まるのですが、その歌う曲のリクエストをいただき、
「あんたのバラード」「リンダリンダ」2曲をリクエスト・・私の趣味というより高松さんをイメージして。

これがキッカケでもないけど、カラオケ行きたい病にかられてます。
流行りの歌の選曲ばかりだと、歌いたいけど歌えないジレンマがもんもんと心の中に溜まってきているところ。

歌いたいのはオンナを捨てれる変な歌ばかりなので、カラオケ行くにもメンバーが限られそう。
筋肉●●●やマキシマム●●●●、岡村●●を歌っても引かないメンバーを選定中。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-12-19 23:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(香林坊):六角堂 せせらぎ通り店(ステーキ・鉄板焼き)

b0089578_09592204.jpg
11月にスーツを新調したのだがお支払はニコニコボーナス払いってことで、手ぐすね引いてお待ちしていた念願ボーナス。
久しぶりの懐ほくほく具合に気を良くして、日頃お世話になってるあの方にお歳暮代わりのゴチロード。

あの方って言っても夫なんですが、家計から出ることあれど自分のお財布からフルゴチすることは滅多にありません。
特別な食べ物を想像すると肉?ステーキにすき焼き?発想が昭和、でも清く正しいステーキが食べたくて六角堂 せせらぎ通り店

幼い頃から卯辰山を見上げてみるとすでに存在していた金沢のステーキ専門店の老舗、「六角堂」。
金沢の中心地である香林坊109に香林坊店はあり、より身近にステーキを楽しむことが出来ます。

週末予約とあって店内は満席、私たちは食材が鉄板の上で調理されていく様子を間近に見られるカウンター。
落ち着いて食事を楽しめるボックス席もあります。
b0089578_09592818.jpg
前菜はカジキマグロ、ヒラメ、バイ貝のカルパッチョ、上にかかっているのはからすみと山葵のソース。
実はお肉だけではなく加賀野菜を始め北陸の新鮮な魚介類など豊富な食材が提供されます。
食べている間にこれはもしや山葵かも!?と敏感察知したのですが、ほんのり風味だったのでセーフでした。
b0089578_09593260.jpg
香箱蟹の甲羅蒸し
実はFacebook等の公式ページをチェックしておらず冬季おすすめ魚介が何が出てくるのか知らず、香箱でビックリ。
水揚げの期間が短い香箱ガニ(メス)、かかっているソースは魚介の旨みを凝縮したような濃厚な味。

綺麗に重ねられた身と内子、外子の下にはご飯が詰まって蟹の風味がしみ込んだリゾットの様に。
内子のとりこなので完全無欠の美味しさに、味わおうとする動きがスローモーション過ぎて隣に視線を送るとすでに食べ終わっていた。
b0089578_09593557.jpg
白子のムニエル
小麦粉をまぶして表面をカリッと焼いた白子はナイフを入れるとトロッと、柚子と醤油バター&ケッパーで熱々をいただきます。
添えられた加賀の丸いもをすりおろして九条ネギを混ぜ、薄い団子状にして焼いたお焼きが目からウロコ。
強い粘りと共に青みの葱がとっても合うので家でもチャレンジしてみたい位、冬の地元の味覚満載です。
b0089578_09593899.jpg
活アワビと金目鯛の鉄板焼き
鮑はお刺身より火入れの方が好みかもしれない、柔らかいのに弾力がある鮑と金目鯛はディル入りのフレッシュなトマトソースに
バジルソース、バルサミコソースをお好みでつけながら、肝焼きが磯の香り!
添えてある旬の加賀野菜の鉄板焼きは五郎島金時、蕪、小坂蓮根など。
b0089578_09594241.jpg
野菜サラダを食べながらじっと待つの子、見つめる視線の先には鉄板の上で焼かれているステーキ肉。
ちなみにドリンク類はグラスワインを白→赤で飲んでおりました、ややアルコール控えめ傾向。
b0089578_09594646.jpg
黒毛和牛:ロース(能登牛)
私はロースで夫はヒレ、ロースはお肉が柔らか~くて脂が口の中で溶けていくコクのある味、美味しい~ステーキ万歳。
ガーリックチップがカリッカリで香ばしく、家にポテチの様に常備しときたいくらい。
焼き梅干しは酸味が和らぎ味がまろやか、もやしと共に丁度良い味のアクセント。
b0089578_09595048.jpg
タレは右から珠洲の塩、チリソース、醤油ベースのタレ(西洋わさび)
チリソースは自家製でご飯にぬって食べてもいいほどのピリッと複雑な味、もやしと絡めるとこれまた旨し。
b0089578_09595448.jpg
ご飯は追加500円で六角堂名物ニンニクライスに変更できます、もっとガーリックエアー求む!もちろん変更します。
程よい醤油の香りとニンニクが香ばしいガーリックライス、お肉も食べた後なのに食欲が湧きすぎる、食欲の鬼。
お味噌汁と香の物付。
b0089578_09595810.jpg
シェフ特製デザートは3種類あり、その中からティラミス。
しつこすぎないチーズのコクとさっぱりしっとりしたティラミスとコーヒーにてコースは終了。

ステーキはもちろん北陸の魚介の美味しさが詰まったメニューを堪能できました。
落ち着いた雰囲気で客層も若い人から年配の方々まで幅広いので、家族で利用される方々も多いとか。
また美味しいステーキが食べたい、と思ったら足が向かうと思います。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-12-17 22:52 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(柿木畠):bistro Ensemble (ビストロ・アンサンブル)で忘年会!

b0089578_09515936.jpg
今年の後半は初対面ラッシュが続いており、自称「人見知り」を掲げている身としては数回会った方が自然に振舞うことができる。
と、家馴れを待っている猫のようだが、人見知り関係なく誰もがそうであるでしょう。

ラテアート教室の時に初対面でも緊張しないのは目的意識が同じせいだろうか?人見知りの定義も揺らいでくる今日この頃。
12月初めにお誘いしていただいた忘年会は半分近くが初対面の方々、場所はbistro Ensemble (ビストロ・アンサンブル)

フランス料理だけども肩肘はらずにアットホームな雰囲気で楽しめる人気店、ご主人のほんわか雰囲気もプラスされています。
今回はお店を貸し切って、飲み放題付大皿コース、5000円。
飲み放題付!ビール、カクテル、ワインも飲み放題なんて自分のたがが外れそうで嬉し怖い。

・野菜のテリーヌやハムなどの前菜
b0089578_09521418.jpg
・ホタテの貝柱がサーモンに包まった前菜
b0089578_09522143.jpg
・生ハム・サラミのサラダ
b0089578_09522659.jpg
・魚介の香草バター焼き
b0089578_09523708.jpg
・トマトベースのパスタ
b0089578_09524110.jpg
・本日の鮮魚にサーモンムースを詰めたパートフィロ焼き
b0089578_09524773.jpg
・ラストスパートのお肉巻き

お喋り夢中の大宴会だったので写真を撮るだけで精一杯、レポートなしをお許しくださいませ。

ここは普段でもワインは3,000円~とお手軽価格なのだけど、飲み放題のワインも中々良いのです。
でもってコースは初めてですが、アラカルトのホルモンメニューがまた旨いのです!とお勧めするホルモンヌ。
もちろん普通のメニューも色々あってカウンターでお1人様飲みも既に体験済み、女性1人でも気楽に来れますよ♪

ついつい、会話のお供に赤ワインをグビグビと調子にのって飲んでたら、
1次会は無事だったけど、次に向かったお店でどーしても辛くなり限界を感じて会話も半ばで途中帰宅・・。
限界が分かる内に帰れただけいいのですが、テレビの途中下車の旅は楽しいのに飲み過ぎの途中下車は苦しい!

ご一緒させてもらった方に申し訳ない、この埋め合わせはきっと・・。
これ以後、お酒をものすご~く控えめにしています、家でも禁酒が続いてますが後忘年会がまだ幾つか控えている身。
あわわ・・

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-12-16 22:38 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(白山市鶴来):八尾家(大阪お好み焼き)

b0089578_16172999.jpg
休日に家に引きこもるのは決して嫌いじゃない、ブログの為にパソコンとお友達&キッチンにひっつき虫で何かしら料理をする。
12月初旬の休日も朝からパンを焼いて、お昼は手づくりハンバーガーなるものを作った。

ひとしきり自己満足の塊が解放された後は、夜の事も考えなければならないがそこは私の野望が暗躍。
実は前日のガレパーティーにてイカ焼きを食べていたのでお好み焼きマグマがふつふつ湧いていたところ。

「夜は美味しいお好み焼き食べに鶴来までドライブしない?」10月に「ふくよかな会」で食べに行ったのも記憶に新しく、
その時はまだメニューになかった牡蠣のお好み焼きを食べるために 向かうは八尾家

大阪風ではなく、大阪出身のご主人がほんまもんの大阪のお好み焼きと焼きそばを食べさせてくれる石川では貴重なお店。
夜の予約をいれ鶴来街道をひた走る、川のほとりに佇むぼんやり浮かぶ灯りが目印。

運転手のさだめにて私はノンアルコール、チューハイや大阪ワインが飲めないのは残念だが、
注文したゆずジンジャーの炭酸強めの刺激が心地よく十分これで満足できました。

・イカ焼き

夫は初来店なのでまずは主役が焼きあがるまでのお楽しみ、粉もの文化を象徴するようなおやつのようなおつまみのような。
シンプルですがイカと卵とソースが絡んでちょいモチっとしたような生地をつつきながら待ちます。
b0089578_16173403.jpg
・カキのお好み焼き

冬の風物詩、牡蠣のお好み焼きはマヨネーズもこのメニュー専用に変えてあるそうでこれ食べたかった。
牡蠣の火入れが絶妙でぷっくりしたまま火が通った牡蠣は海の香りが口にドッと広がります。
生地は相変わらずふかふかでトッピングは何もなしでストレートに牡蠣を味わう、美味しい1品。
b0089578_16173949.jpg
・八百家のお好み焼き・ざぶとん(ねぎ・玉子付き)

八百家定番のお好み焼きは豚・貝柱・海老入りで、トッピングには葱、玉子のせ、全部のせなどがありますが、
そば・うどんをトッピングした通称「ざぶとん」に今回は挑戦!麺はそばを注文しました。

大阪では焼きそばを漬け玉子に浸して食べる独特の食べ方があって、
ざぶとんは上にそばと玉子が落とされているので味的には似たようなものになりそう。

見た目に少し巣ごもりみたいね、厚さからしてかなりのボリューム感!ワクワク。
玉子を崩すと予想通りの黄身のまろやかさがドッキングした焼きそばに、生玉子ラブな人なら分かるはず。
そのまだ黄身とそばが残った状態でお好み焼きを切り分けて一緒にいただくと、前とはまた違った味わいが待っている。
b0089578_16174416.jpg
・八百家の豚玉(葱のせ)

最後は焼きうどんと私の中では決まっていたのに、葱のせお好み焼き食べたい!のリクエストきた。
ん〜じゃあ、お好み焼きの後で食べれたら焼きうどん追加、と言ってたけど膨れっぷりは半端なく無理でした。

豚肉入りのお好み焼きの上には九条ねぎがたっぷり!
葱の白い部分VS青い部分だったら圧倒的に青の方が好きです、鍋やすき焼きの白い葱も美味しいけどね。

シャキシャキと葱の清涼感が爽やか〜、お好み焼きはふわふわというより、とろとろでもなく、
しっとり感と野菜のシャキッと生地のほわっと表現難しいけど、とにかくお箸がすすみます。

キャベツの切り方を変えたりなど常に美味しいお好み焼きを提供する姿勢で進化している八百家。
今回もやっぱり全部美味しかったです〜お腹が膨れてるけど帰宅して欲したのは甘いもの、次回は誰か運転手モトム!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-12-15 22:23 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(野々市):中華そば 響 「冬味噌中華そば」

b0089578_10332439.jpg
日曜日午前中のミッション、宅急便が届くのを待つ間に料理に洗濯と家事をこなす星となる。
お昼は家で食べようかと漠然とおかずを用意していたら、仕事から帰宅した夫が外でラーメンでも食べようと。

ラーメン食べれて嬉しいのか、ダイエット計画を崖から突き落とされて悔しいのか、うん・・やはり前者が正しい。
密かに訪れてるラーメン屋の数は私の方がダントツに多い、もちろん私が今回のラーメン案内人。

食べたいリストの優先順位に並んでいた限定ラーメンを目指して、野々市市の中華そば 響

・期間限定:冬味噌中華そば(追加トッピング:煮玉子、ネギ)

具材は海苔、メンマ、ネギ、胡麻、チャーシュー、フライドオニオン。
スープは味噌仕立てなんだけどそこまで前面には出ておらず、マー油の香ばしさとのベストバランス。
フライドオニオンも混ぜながら感じるコク深さが大人の味。

ネギたっぷり増量でシャキシャキと爽やかで、煮干しの味わいととにかく香ばしさが際立ちます。
中太麺もスープにうまく絡んで美味しい1杯~~♪

公式ページにもお店にも貼り紙がしてありましたが、店舗移転の案内がありました。
場所は白山市8号線小松方向沿い(アピタ松任近く)白山市乾町40-3
現在の店舗は平成28年1月24(日)で閉店し、2月4日(木)に新店舗オープンの予定だそうです。

8号線沿いということで場所は分かりやすく駐車場も出入りしやすそうです。
職場にぐぐっと近くはなったけど、普段のランチタイムで行くにはちと遠くて昼休みには無理そう。
やっぱり外仕事の時ですかな、移転しても美味しいラーメン食べに通いますよ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-12-14 23:15 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(泉野出町):ガレタッソ7周年パーティー

b0089578_10403880.jpg
いつものジム帰りすっぴん立ち寄りに始め、あらゆる多くの友人と知り合いの出会いの場となったガレタッソ
オープンからちょうど7周年という日に、お祝いを行うというので参加してきました。

気合いを入れていったら何と一番乗り!皆がつまむ前に画像を撮っちゃおぅ~っと。
私らしくほぼ食べ物オンリーの画像ばかりです。
b0089578_10404372.jpg
見知ったメンバーが集まり始め、ゆるゆると開始にいたろうかという時間・・ジャスト8時を過ぎた頃。
まだアルコールも微量摂取でマトモな内に自分が会費の集計係を務めることに、後から一抹の不安をかかげた会計女子。
b0089578_10404742.jpg
パン屋たねさんの大きなパイ、厚みがあってバターの香りがしてサックサクで激ウマ。
その下には胡桃がたっぷり入ったカットされたバケット、何とこの器自体もパン生地で出来ている。
上のパンを食べ終わった後、このパンの器ははたして調理されたのだろうか。
b0089578_10405112.jpg
クルールさんの鴨やパテなど肉肉しいフレンチ惣菜、どれも旨し。
ちょうど自分の目の前にあったので赤ワインを飲み飲み思い切り堪能しました。
b0089578_10462049.jpg
豪快な盛り付けはバーカロさんのオードブル。
バーニャカウダーの器でソースを温め、各自お野菜をソースに付けていただきます。
チーズやリエットはたねさんのパンに付けたりして合体。
b0089578_10462453.jpg
バーカロ、魚や燻製部門

店舗でも食べていますが、くんたまやタラコの燻製はヤバい美味しさ。
b0089578_10462720.jpg
バーカロ、肉がっつり構成・・食べたかったのに食べれなかった大皿。
b0089578_10463408.jpg
風天さんの餃子、何もつけずとも美味しいんですな、これが。
b0089578_10463727.jpg
恥ずかしながら自作のキッシュも差し入れ、ベーコン・しめじ・カリフローレのキッシュ。
カリフローレとはスティック状のカリフラワー、今回はアンチョビも入れて炒めてみました。
これまでも何度も作っているのですがパート部分がもうちょい上手く成形できればいいな、味は結構お褒めをいただき自画自賛。
b0089578_10464249.jpg
遅い時間に登場したのはタカマッツォの高嶋さん、厨房に入ってリアルパスタ作りに取り掛かる。
もう結構ワインも身体に浸透しており、心の帰宅時間も気になってはいたが、
「高嶋さんのパスタ食べるまで帰れん!」と宣言し、微妙なプレッシャーを与える。
b0089578_10464546.jpg
フレッシュなトマトソースにバジルのパスタ、この後にチーズをたっぷり削ってのせて。
運びま~す!食べま~す!うまい!おかわりもう1皿。
b0089578_10465059.jpg
さらに大箱を持って現れたのは八尾家のスタッフの方、何度たくさんのイカ焼きを差し入れに持ってきてくれた。
おお!これを食べるまでは帰れん!!←一体どれだけ食べるんや
これを食べると更にお好み焼きが食べたくなってきたわぁ・・・

大いに賑わっていたけれどシンデレラタイムを過ぎた頃、後ろ髪をひかれながらタクシーで帰宅。
今回はワインに飲まれずほろ酔い気分な状態で無事カエル。

賑わってはいたものの騒がしいというほどでもなく紳士淑女の7周年パーティー。
食べ物画像ばっかりですけど、会場内は親しみわくあったかい雰囲気で心はホットモット。

自身の結婚もここからの繋がりと繋がりが点と点で結ばれたので、ご縁と感謝は尽きません。
また来年、再来年、5年後、10年後と周年祝いができるように健康であり続けてくださいね!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-12-14 22:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)