<   2015年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

金沢(広岡・金沢駅西口):VINI DEL CIELO(ヴィーニ デル・チエロ)イタリアン・ワイン酒場

b0089578_14194215.jpg
毎日暑いので帰宅したらすぐにクーラーのスイッチを入れるのが習慣、タンクトップと短パンとジムと同じ格好をし、
ワインには氷を入れ、イタリアのベリーニという桃とスパークリングのボトルを買ってきて氷を入れてガブガブ、真夏の1コマ。

夏はエスニック、いやさっぱり和とか!?でもイタリアン・バールも捨てがたし!と週末はVINI DEL CIELO(ヴィーニ デル・チエロ)
実は三枝シェフが故郷に帰るためにデル・チエロを辞めると聞いたので、その最終日の前日に伺いました。

数日前でも7時半頃のゴールデンタイムは予約で埋まっていたさすがの週末、空いたら連絡をお願いしますと頼んで、
フォーラスや駅でお土産でも見てぶらつこうと思っていたら、8時過ぎに電話がかかってきてラッキー。

お店の入口にはオープンテーブルが並び、今の季節だと開放感があって気持ちよく外飲みできます。
すでに店内は賑わっている中でのカウンター席、まずはハウスワインのスパークリングをお互いグラスにて乾杯。

基本の料理は手元のメニューにて、本日のおススメなどはカウンター上の黒板に書いてあります。
ワインはお得価格なハウスワインから本日のグラスワイン、各イタリアワインのボトルも揃っています。
b0089578_14194776.jpg
・ゴルゴンゾーラのポテトサラダ

後ろのお皿はお通しのマリネ、おかひじき、海老、烏賊、押し麦などが入ってる、押し麦の食感もよくおかひじきとは渋い。
ポテトサラダはゴルゴンゾーラが入った大人のポテサラ、お酒に合うイタリアンおつまみは400円~と気軽に注文できる。
b0089578_14195565.jpg
・揚げニョッキ

周りに粉チーズをコーティングさせており、熱々もっちもちな上にチーズのかほり・・これはヤバい、手が止まらない。
もう1皿頼もうと言うのをお腹膨れるから、と阻止したが密かにお気に入り。
b0089578_14195168.jpg
・ナポリ風タコのマリネ・夏野菜ソース

オリーブオイルでマリネされたタコの上には刻んだズッキーニ、パプリカ、ケッパー、パセリ、粒マスタード。
この夏野菜ソースと一緒に食べてさっぱりと、白ワインに合いますね。
b0089578_14200532.jpg
・2種のソースで楽しむトマトスライス

長いお皿に紅白綱引き対決のような2種の色違いソースがかかったトマトスライス。
片方は玉ねぎと胡瓜のピクルス、もう片方はオリーブとケッパーでタプナードっぽいソース。
b0089578_14200122.jpg
・ズッキーニの肉詰めオーブン焼き

半分に切ったズッキーニに肉を詰め込んでオーブンで焼いたイタリア家庭料理の定番。
ズッキーニの柔らかくなってさっくりした水分とお肉とチーズのボリュームが相まって、これは好きな人が多いはず。
b0089578_14200887.jpg
・仔牛とナスのとモッツァレラの重ね焼き

メインに選んだのはこちら、仔牛肉に茄子とモッツァレラを重ねてやいてトマトソースをかけたもの、相性抜群でうまっ。
横に添えられたベビーリーフにはルッコラも入ってピリッと名脇役が利いていた。
b0089578_14201544.jpg
これだけメニューをメモ書き忘れたけど、どうみてもカルボナーラの顔してます。
自宅では何故かカルボナーラを作らないので、貴重な摂取カルボナーラはソースが多めでなんか嬉しい、上にサマートリュフ。
b0089578_14202020.jpg
・ほうじ茶のジェラート、夕張メロンのセミフレッド

ラストのデザートは2点、和なほうじ茶のジェラートでさっぱり。
アイスクリームケーキを半解凍させたようなセミフレッド、夕張メロンの風味がシャキッとした中に感じて美味しいです。

満席の賑わいが奏でる喧噪が逆にお店の活気を演出するBGMとなっており、連れとの会話も落ち着いて話せるのが不思議なところ。
お店のライティングなども含めて、これがバールだという明るいイメージが伝わってきて好きです。

いつもよくしてもらってありがとうございます。
三枝シェフお疲れさまでした、新天地でもさらなる活躍を期待しています!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-30 00:06 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(有松):麺や 福座(フクゾ)で「冷やしコーンとんこつラーメン」

b0089578_13383362.jpg
小矢部アウトレットに続いて富山と石川にいよいよ来月出来ますね、大量仕入れ&大量販売のコストコ。
オープン前にカードを作っておけば1000円OFFということで、休日に野々市の店舗に出向きました。

自営業な夫はビジネス会員になるつもりだったけど、なんと証明するための名刺を忘れてカード作れず。
急に行くことに決めたので準備していなかったのもあったが、とりあえず住所など記載だけしてカードは後日。

今ですらコストコ裏の住宅街の細い道には誘導する人たちが何人もおり、オープンしたら賑わいを見せるというレベルではないでしょう。
仕事帰りにちょろっと寄れるようになるにはどれだけかかるのか、渋滞が心配でもありオープンが楽しみでもあり。

で、その日のランチはサンドウィッチ食べると言ってた夫をイメージ洗脳で軌道修正させて、麺や 福座(フクゾ)
あの冷たい~のが味わいたかった、に反してオープン仕立てでも満席・待ち人ありな店の熱気はいつものこと。

・冷やしコーンとんこつラーメン

今年の夏季限定の冷たい麺第二弾は「冷やしコーンとんこつラーメン」、大盛りは替え玉で対応しています。
コーンと豚骨を合わせたというスープは、トウモロコシと豚骨の味がまんべんなくまざっており、意外にさらっと。

バターの風味がすると思ったらガーリックバターが入ってるんですね、洋風と見せてそこはかとなく和のような。
麺はややストレートな細麺といったところか、トッピングにはレタス、もやし、つぶこーん、ペティトマト、チャーシュー。

好みでレモンペッパーを入れるのですが、私はこれを入れた方がより好みの味になりました。
もう少し味に変化が出てレモンの爽やかさとトウモロコシの甘みが冷たい麺にピッタリ。

横にとんがり丼が隠れています.....


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-29 22:18 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(竪町):Steady(ステディ)カフェ・バー・雑貨

b0089578_16382874.jpg
夜ご飯後、身も心もエスニックに取りつかれてはいたけれど、後の〆は甘いものを欲しているPM:9:00過ぎ。
立ち寄ったのは、竪町ストリートに5月14日にオープンしたカフェ&バー&雑貨のSteady.(ステディ)

場所は竪町ストリートの真ん中ら辺、ローソンの真ん前あたりに建つ二階建てのお店。
「カウンターカルチャー」をコンセプトとしたカフェバー&雑貨のお店で、1階は立ち飲みカウンターと奥に雑貨スペース、2階は22席の客席フロアがあります。
b0089578_16383217.jpg
早速、1階のカウンタースペースを陣取ってみる。

バータイム(18:00~)メニューには400種類を超えるのカクテル、サイドメニューやパスタの他、1プレートメニュー、
私たちが求めていたスイーツはもちろん、ソフトドリンク&コーヒー類もあります。

奥の雑貨スペースには国内外からセレクトされたデザイナーズプロダクト、アンティーク等が販売されており、
Tシャツやアクセサリーや雑貨など並んだスペースを注文を待つ間に眺めるのも楽しみの1つ。
b0089578_16383687.jpg
私が飲んでいたヨーグルトベースのカシスなカクテル、甘酸っぱくヨーグルトの風味でお口さっぱり。
お酒を飲んでいたのは私だけで、夫はアイスチャイで火照った体をクールダウンさせていた。
b0089578_16384005.jpg
7
キャラメルパフェ、先月からちょいクセになっているパフェを食べながら酒を飲む行為。
カラメルがかかったバニラアイスとまわりのバナナやクッキーを食べながら、遅い時間に甘いものを摂取できる充実感。
b0089578_16384416.jpg
夫のチョコパフェ。

ここで使用しているコーヒー豆は野々市のサニーベルコーヒーさんで焙煎されたスペシャリティーコーヒー。
厳選された産地、生産農家から仕入れている豆を焙煎仕立てなフレッシュな状態で飲むことが出来ます。

営業時間が12:00~25:00で、17:00まで設定しているランチタイムや、15:00~18:00までのカフェタイム、
それから25:00までのバータイムとあらゆるシーンで活躍しそうな、雑貨もありのハイブリッドな空間。

とりあえず私はこの通りにバーはもちろん夜カフェ的使い方が出来るお店が出来たことが嬉しい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-28 23:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(柿木畠):リトル スパイス (Little Spice)タイ料理

b0089578_16372171.jpg
小矢部アウトレットの激混みフードコートへは一歩も立ち寄れなかったので、金沢に帰ってから夕飯タイム。
疲労なのか何かが体に訴えかけてくる、すすす、酸っぱいものが食べたい!それがエスニックを選ぶ自然な方向へ。

行ったのはタイ旅行前という随分ご無沙汰していたせいか、胃袋が呼んでいた柿木畠のリトル スパイス (Little Spice)
店内は赤と青のカラフルな椅子やプラ皿など、タイの屋台をイメージしたチープ感な演出が効いていてお洒落。

ドリンクはタイのビールやカクテルなどかなり揃っているのですが、自分が大抵タイ料理で飲むのはSPY(スパイ)というシリーズのタイのワインクーラー。
ワインをソーダ水で割ったワインクーラーで、赤ワイン、白ワイン、ロゼなど数種類あって飲みやすいんですよ。

・ソフトシェルシュリンプ揚げ

ソフトシェルシュリンプとは脱皮したての殻の柔らかい海老、そのまま丸ごと食べれる海老をサクッと揚げてあります。
噛むとムギュッと微妙な歯ごたえが新食感、辛さより甘さの味覚の割合が上なスイートチリソースに付けていただきます。
b0089578_16372604.jpg
・イサーン・ソーセージ焼き

イサーンとはタイの東北地方のことなので、イサーン地方のソーセージってことですね。
豚肉と麹発酵させたお米を腸詰めしてあって、発酵されているので独特の酸味を感じるソーセージ。

タイでもイサーン料理のレストランへ行ったのですが、ここの料理の特徴は辛くて味つけが濃いということ。
ということは付け合せのピーナッツ、生姜、生唐辛子・・・ソーセージと一緒に食せ!ということなのか。

単品でソーセージをいただくと、じんわりくる豚の脂身とほのかな酸味が絡み合ってなかなか絶妙。
次は生姜、ピーナッツ、生唐辛子など薬味と一緒にソーセージを口に入れると・・・

ぐはぁ!!きた!!ドンパッチ以来の衝撃!!生唐辛子の種が脳天にスーパーメガヒット!!
辛さにほどほど耐性がある私でもこの刺激は危険、後はソーセージとピーナッツ、生姜を交互にほうばるのみ。
b0089578_16373036.jpg
・レモングラスのサラダ

挽き肉、赤玉ねぎやそれぞれ野菜などが細かく入っていて、香りの成分はパクチーと主役のレモングラス。
味付けとしてはレモン、ナンプラー、砂糖とかかな?酸味と甘みと辛み、そしてレモングラスの香りがとても爽やか。

干し海老、などの脇役も一役かっていて、これを大きめに盛られた葉っぱに包んで口いっぱいにほおばって食べる。
ぐわし!手づかみ&唇のわきに汁がはみ出てもチャームポイント。
b0089578_16373399.jpg
・豚のレッドカレー炒め

一番上の極細切りの葉っぱをかじると柑橘系の爽やかな香りが広がる、これ・・こぶみかんの葉(バイマックルー)かな?
豚肉と玉ねぎ、タケノコなどの具材をレッドカレーの味付けで炒めてあり、ピリ辛程度でそんなに辛くなく豚肉が合いますね。
b0089578_16373796.jpg
・インスタント麺のサラダ

これ、家でも作ったことあります、インスタント麺なので炭水化物だけど、味付けがサラダなのであくまでサラダ扱い。
でもここのはトマトや魚介だったかな、色々な具が追加してあってカラフル。

インスタント麺にクラッシュピーナッツ、干し海老、上にはパクチー。
やはりナンプラーやレモンなどの甘酸っぱくて甘みもある味付けがクセになる。
b0089578_16374133.jpg
・汁なしトムヤム麺

麺パート2、一見パスタ!?にも見えそうな汁なしトムヤム麺、海老やイカと魚介の具でヘルスィ~。
味はトムヤムなのですっぱ辛いのだけどココナッツも入ってるのか、ややマイルド。
もちろんパクチニストなのでパクチーは欠かせません。
b0089578_16374442.jpg
・タイ焼きそば(パッタイ)

麺パート3、ごはん系と迷ってこちら、奇しくも炭水化物祭りになっている現実、でも味付けは全て違う。
麺にからみついた複雑なナンプラーの味と甘みと酸味、こちらもクラッシュピーナッツ、干し海老は定番だが、
麺の間の玉子やもやしがマイルドさ、揚げ豆腐がまたアクセント、ナッツの香ばしさと、ん~美味しいわ。

メニューが1枚1枚写真なので分かりやすくて種類が多いのでいつも迷ってしまう、まだ全種類食べていない。
久しぶりに来たらスタッフは全員男性でした、満席だったけどスムーズに流れていたし、久しぶりのタイ料理に満足!
やはり夏はエスニックを欲します、パクチーLOVE。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-27 23:58 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

富山(富山市高屋敷):ドッグハウス (DOG HOUSE)でラーメン(鶏白湯)

b0089578_15050222.jpg
富山に待望の小矢部アウトレットがグランドオープンし、激混みと分かっているのに新しもの好きへの吸引力が止まらない。
オープンした週の週末は連休、夫へアウトレットに行きたいと提案してみたらマッハで帰ってきた却下の言葉。

じゃあ連休の真ん中日にどこに行きたいのかと聞くと「富山にラーメン食べにいきたい」とまるで私が発したような行先。
富山っつーと、帰り道にアソコへ誘導する下心を隠しながら、向かうは富山市のドッグハウス (DOG HOUSE)

入店したのが午後2時だったので割と空いていた、テーブル席の椅子がカラフルポップな物が幾つか。
ここの定番ラーメンは鶏白湯、他にはつけ麺、ブラック、平日限定メニューにまぜそば、期間限定の犬二郎はまだ先だった。
券売機の前でしばし考えた後、基本のラーメンに。

・ラーメン(鶏白湯)(トッピング:味付玉子+九条ネギ)

白く乳化したスープは濃厚でややトロッとした鶏白湯風味に魚介の味もしっかり感じてさすがの看板、美味しい。
太麺の麺がよくスープにからんでトッピングした九条ネギが多めだったのもあったか、特にしつこくなくな薬味パワー。

いつもなら大盛り!とかライス追加!とかマシーン化されているのだが、半端なダイエット心により基本のラーメンだけ。
鶏白湯ってコクがあってとろっとしてるけど脂っこさが前面に出てなくて食べやすいんです。
b0089578_15050770.jpg
・DOG式ブラック

夫はDOG HOUSE流の富山ブラック「DOG式ブラック」、黒いスープの中に鶏の旨みを感じるところがDOG式なのか。
味はかなり醤油が濃く塩分高めに感じる、富山ブラックの基準的な濃さのボーダーラインが知りたいぞ。

麺は太麺、夫はライスを頼んでいたから口の中で中和されているのかしら。
つけ麺も旨いと聞いているので次回はそれか、平日は中々難しいのだけどまぜそばにも挑戦したい。





で、その後はパフェで有名なお店に行ったのだけど完売にて営業終了、まだ午後3時前なのに。。

がっかりする夫を横目に、これはアウトレットに行って暇を潰すしかないな!と無理やり提案。
アウトレットで暇を潰すというより、混雑ぶりの待ち時間で暇が潰れると言った方が正しいのだが。

結果、分かってはいたけど駐車場は入れず、臨時駐車場も満車でどんどん離れた場所に誘導されて行く。
どこまで離れるんだ!と思っていたら、初めてみる小矢部の大きな病院の駐車場が多分最終臨時駐車場。

ラッキーなことに周回していた直行バスがちょうど到着し、地元にしか分からないような裏道を大型バスがすり抜けて
バス専用入口から無事到着!渋滞も回避してたし早かった、オープン時期だけかもしれないが。

いつもアウトレットでは集合時間と場所を決めてお互い別々行動。
大体バーゲンとかって1人で見る方が楽ですよね、集合した時に選んだものを見てもらうということもあり。
今回は1時間、自分は出張に着るブラウスばかり探していたので時間足りなかったのだが、もう回るの飽きたと言われる・・。

2階はほぼ見てないし、キッチン用品のお店も見たかったのに~しかしフードコートはほぼカオス状態。
結局、買ったのはIENAで白の長袖ブラウス1枚、80%OFFというこれぞアウトレット的納得価格。

しかし必要だったのは半袖ブラウスだったので、後日ネット注文でポチ買い・・セール除外品。
白い半袖ブラウスがなかったわけではないが、アウトレットだとプレーンなデザインがあまりなくて。

おっ!と思ってもアウトレット用に作ってるブランドですっ、と言われると割引感に欠けるし(元々割引されてない?)
ヒラヒラ付いててもう着れません・この年齢、と勝手に俳句してみたり、アシンメトリーだったりするナナメ上なデザインに吹いたり、
心の中での1人つぶやきシローが非常~~に濃密な1時間でした。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-26 23:14 | 富山 | Trackback | Comments(2)

金沢(増泉):TRATTORIA QUA QUA(トラットリア クアクア)イタリアン

b0089578_15025879.jpg
夏だ、祭りだ、ビアガーデンだ!と、あちこちで休日になるとイベントが開催されており、この時期の楽しみの1つでもあり。
夫が経営するお店でも1つ夏飲み会でもしよう!ということになり、とある週末に企画を立てる。

だが学生バイトたちそれぞれに予定が合わずに人数集まらず、集合したのは大人な女性バイト2人に夫と私。
男性1人に対して女性3人、これはハーレムだね!と言うと、いや怖い・・ってガールズパワーに負けそうってことか。

学生三昧なら居酒屋でもよかろうが、女性が多いのでイタリアンでもいかが?と、TRATTORIA QUA QUA(トラットリア クアクア)
11年もの間、フィレンツェのトラットリアでシェフとして活躍していた有田さんは、実力もさることながら太陽の様な明るさの持ち主。
増泉で繰り広げられるトスカーナの郷土料理にファンもすでに急上昇中から安定の人気店へ。

・本日のトスカーナ風前菜の盛り合わせ

初めての人もいるのでメニューをチラ見しながら何にしようか、と伺ってるところへ、間髪入れずにここは前菜盛り合わせで決まり!
ここに来るたびにこれにしてしまうのだが、決めるのが面倒なのと種類豊富な前菜たちが到着すれば、
しばらく飲み食いしながら他のメニューを選ぶ余裕が生まれるのだ、さてガッツくぜ!ウルフルズ。

生ハム、イタリア産のサラミ、カポコッロ?など4種、フリット、トルティージャ、カポナータ、クロスティーニ、
真ん中は、夏野菜のトマトマリネ、ズッキーニのマリネ、特にズッキーニのマリネにミントが入っていて爽やかで旨。
b0089578_15030380.jpg
・インペパーダ ディ コッツェ ムール貝の黒こしょう蒸し

ムール貝の黒こしょう蒸しには仕上げに刻んだイタリアンパセリがかけてあり、カットレモンを搾って食べます。
胡椒をきかせたムール貝はいくらでも食べられる!にじみ出たムール貝の煮汁とオリーブオイル、黒胡椒のスープがまた美味しい。
b0089578_15030899.jpg
・スルメイカと海老のフリットゥーラ

素材の新鮮さとサックサクな衣が旨さの秘訣なフリットゥーラ、すぐに手が出て減ってしまったのでアップで誤魔化す。
たっぷり絞ったレモンとからりと揚がった海老とイカ、魚介のシンプルな旨さと調理法が日本人に合うね。
b0089578_15031327.jpg
・ラグービアンコの自家製ピチ シエナ風

何故かここで食べたものにリピートするものが多いです、ムール貝もピチもその1つ。
豚肩肉・鶏胸肉、ドライトマト、黒オリーブで作った白いラグーソースで、麺はシエナのうどんのような生パスタ「ピチ」。

このピチが、ほんと太さもモチモチ具合もうどんの様で、ピチピチと生きがいい!!ピチだけに。
歯ごたえがクセになって、この豚と鶏の合体により適度にコクがあるけどさっぱりしているラグーソースがよく合う。
b0089578_15031793.jpg
・仔羊肩肉の香草オーブン焼き・こちらにもお芋さま付

オーストラリア産仔羊の肩肉を香草マリネにして焼きあげたオーブン焼き、適度に脂がのった仔羊は歯ごたえはなかなか柔らか。
b0089578_15032140.jpg
・金沢諸江産 契約農家のトモさん家のポロねぎと、熟成パンツェッタ、グラナタパダーノチーズのリゾット

こちらもリピートというか3回目?カルナローリ米という地元で作られたイタリア種を使ったリゾット。
リゾットの中にまんべんなくとろけたチーズとパンツェッタの旨みがじんわり、程よいお米の歯ごたえもLOVEなお気に入り。

御飲物はもちろんイタリアンワイン、食べる飲むのデットヒートでついついボトルをあけましょうよ~の一声で3本目。
ノンアル女子が1人いたので、実質的に1人1本・・自分の許容範囲を越えてる。

いつもリピートしている品以外にも食べたいものあるのですが、内臓系は夫が食べられないので(トリッパとか)別の人とこなければ。
今回も安定の美味しさ、明るく迎え入れてくれる雰囲気が大好きです。


二次会
[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-25 23:58 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(東山):ちょう吉(焼き鳥)

b0089578_16430474.jpg
カウンターで焼き鳥を片手にお酒を一杯、私の愛するソウルフードと共に理想的な構図。
私が初めて焼き鳥を食べたのは何時なのか?外食嫌いだった父のため、高校卒まで居酒屋・焼き鳥屋に行った経験なし。

大学時代に覚えた焼き鳥の味はチェーン系、それはそれで美味しかったがそ大人の階段へ押し上げてくれたのが東山のちょう吉
最初の頃は先生などに連れられてメニュー表に値段が明記されてないので当時ビビッていたが、学生でない今は普通に払える身分。

徒歩で気軽に行ける距離でありながら最近はご無沙汰していたな、と久しぶりに訪問。
浅野川大橋そばの派出所の横道を入るとすぐ左手にある焼き鳥屋さん、東山茶屋街はもう一歩裏手です。

カウンターと小上がり、そして奥のお座敷と昭和っぽい落ち着いた内装は全く昔と変わらない。
多少古くなったのかもしれないが清潔さを保っているせいかもしれない、時代の移り変わりをあまり感じない。

息子さんが加わり3人体制になっても焼き場は相変わらずお父さん、お客さんは常連客ややや年配客が多い・・て私も入るかな。
観光地のど真ん中にあるのに地元常連客が多いという、予約をしないとほぼ入れない。

メニューは焼き鳥の他におでん、干し魚の焼き物や1品と色々あるのだが、京都で修業をしてきたという息子さんの影響か
レバーパテ、くんせい盛り合わせ、自家製プリン、賀茂茄子のとろろあんかけなど目新しいものが増えている。

最近はワインに傾倒していたが、ここでは迷わずチューハイを頼みます、夫はビール。
過去にはいいちこのボトルをインしてそのまま放置プレイになったり。

・シロ(たれ)

まずは私の代名詞であるシロ!塩とタレがあるが、夫はタレ派なのでほぼタレに統一されてしまっている。
シロ派としては最初に塩を食べて後からタレという二部構成にしたいのだが・・・心の声。
ほどよくプリ感が残ったシロを噛む噛む噛む・・・思い出と共に旨味が倍増、ザ・シェフの世界。
b0089578_16431141.jpg
・かしわ(たれ)

ここにもタレ原理主義の影響が・・塩とタレで選べるかしわ、大振りなネギと共にタレでもむろん美味しい。
b0089578_16431441.jpg
・豚バラ

こちらは塩、脂の旨みを味わうにはやはりシンプルに塩かな~。
ところで売り切れだったのが「なん骨」、これは豚のなん骨で串ではなくお皿で出てくるのですが、
私が初めて豚のなん骨を食べたのがちょう吉、へーの連発でした。鶏とはまた違ってもうちょっと肉っぽくて旨い。
b0089578_16431960.jpg
・しそ巻き

豚肉に大葉を挟んでくるくる巻いて焼いてある1品、紫蘇のさっぱり感と豚の脂具合がなんともぐーっど!私的なお勧め。
b0089578_16432341.jpg
・うずら

焼き鳥を食べ続けている間にすっと入る重要な脇役、口の中をマイルドにまとめてくれるなくてはならない存在のうずら。
単に私が卵好きだからなのか、焼き鳥屋さんではいつも食べてます。連れがいらないと言えば1人で食べます。
b0089578_16432747.jpg
・トマトのオニオンドレッシング

息子さん作かな?トマトの酸味とオニオンドレッシングでさっぱりといただけました。

b0089578_16433102.jpg
・賀茂茄子のとろろあんかけ

賀茂茄子の上にとろろがのった冷たい1品、出汁がしみて美味しい。
b0089578_16433581.jpg
・手羽先

ボケてますが、みちみちに皮が張って脂がじんわりの手羽先、旨し!!私的、おすすめ。
b0089578_16433943.jpg
・つくね

やや平たい状態の肉肉しいつくね、濃いタレで1つづつ味わい味わい。
b0089578_16434363.jpg
・長芋

久しぶりにお肉以外のメニュー、焼くとサクサクとした歯ごたえの長芋
b0089578_16434913.jpg
・スペシャル巻き

牛肉の中に紫蘇とチーズが入ってる万人向けしそうな1品。
b0089578_16435374.jpg
・茶そば

〆のメニューには茶そば、ごはんセット、おにぎり、焼きおにぎり、お茶漬け、雑炊、ざるうどんと各種あるが
私は夏はだいたい茶そばかざるうどん、王道っすね。
b0089578_16440115.jpg
・焼きおにぎり(こんぶ)

〆パート2は焼きおにぎりと自家製プリン、備長炭で焼かれる牛ステーキや豚足も余裕があれば食べたかったな。
昔からある焼き鳥とおでんや1品に新しいメニューも加わり、相変わらず焼き鳥も美味しくこの店の造りと賑やかだけど落ち着いた雰囲気に和む。
食べ終わりの雰囲気をゴルゴ並みに察知して、お母さんが持ってきてくれるのはうずら卵を割りいれたお吸い物、これ定番。

お店に来ていても焼き場に立つお父さんにいつも話しかけているわけではなかった私、
本日は夫が何やら喋っていたので私もつい「20代前半の頃から来てるよ」と告げると「知ってる!」。

連れは友人だったりその時代の彼氏だったり相手は変わってるけど(こらっ)、自分の歴史の中にしっかり組み込まれているお店。
息子さんもいらっしゃることだしお店も安泰、ばーちゃんになっても元気に焼き鳥食べに通いたい。

最近はランチも始めた様で親子丼が人気とか、私はまだ未訪のまま。
近いけど観光地だし知ってる人もいそうだし、一応化粧していかなくてはーーー・・・が、やや面倒。
しかし、今度その面倒を乗り越えて、そのうち1人様土曜ランチに向かうつもり。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-22 23:15 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):昔ながらの中華そば たくちゃん でラーメン

b0089578_15310036.jpg
お酒を飲んだら帰りたいのに帰れない・・何故だ!それは満腹中枢が麻痺されているから。
自らのアイアンストマック度に自信と信頼を重ねて、〆のラーメンは昔ながらの中華そば たくちゃん

場所は犀川大橋のたもと片町伝馬町商店街をまっすぐ進んで、口福よこ山の横道を曲がるとすぐ左手にあります。
山中温泉で長年親しまれてきた「中華飯店 姑嫁(くーにゃん)」の姉妹店で、店主の南出さんは息子さんにあたります。

1階はカウンター5席ですが、2階は6~7人座れるテーブル席が2卓あるので数人で訪れても可。
b0089578_15310428.jpg
・ラーメン

スープは醤油ベースのあっさりした味なのに適度にコクもあって、少し縮れぎみの麺も相まって懐かしさが湧き上がる。
メンマ、チャーシュー、ネギ、もやしに蒲鉾が渋い、するする~っと入っていくまさに酒飲み〆のラーメン。
b0089578_15310815.jpg
・緑のギョーザ

かなり薄い皮ですね、中には野菜(白菜)がたっぷり入っていてニラの香りも。
さすが緑と名を付けることはあってヘルスィ。
b0089578_15311139.jpg
・俺のチャーハン

昔ながらの街の中華料理屋でよく出てくるチャーハン、山中温泉のお店は創業40周年でしたっけ。
焼き飯好きとしては一回り巡ってやはり普通の味がいいと思える、添えてあるのが紅生姜ではなく福伸漬けなのもらしいというか。

〆がちょっと多すぎる気がしますが、アンコールということで。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-21 23:17 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):レストラン 彩(さい)和食・鉄板焼き

b0089578_15045519.jpg
夏本番といえる時期に突入、この暑苦しい時期に私はほぼ毎朝、朝風呂入ってます。
熱い湯に浸かってあがった後も背中から吹き出る汗、これが結構カロリー消費するのか地道に結果が付いてくる。

7月上旬、日暮れ時も暑さ指数も高まっている中、ぶらぶらと片町まで徒歩で向かったレストラン 彩(さい)
和食と鉄板焼きをメインに旬の食材を活かした会席仕立ての料理が特徴の大人な雰囲気のお店。

ステーキの肉は近江牛の処女牛、天然の魚と有機栽培の野菜など随所に拘りが。
カウンターとお座敷からなる総席数は20席、3つの個室があるので接待やプライベートの食事会にも最適。
b0089578_15274503.jpg
今回はちょっとした用事もあって立ち寄ったのでお任せで少しづつ出してもらいました。もちろんコース料理もあります。

・じゃが芋の冷製スープ
この季節ならではの冷たいスープ、ほんのりした野菜の甘みとさらっとしていながらコクがあって美味しい。
b0089578_15275210.jpg
・八寸
左上から穴子のエスカベッシュ、人参と玉ねぎ、赤ピーマンのマリネ、甘海老昆布〆、胡瓜の浅漬け、鯖の押しずし、枝豆、海老とのど黒の子
甘えびの昆布〆の上にはとろろと雲丹、エスカベッシュの上には鮑のラビゴットソース肝入り、マリネはほんのりカレー風味
いつものごとく最初の1杯は自家製梅酒ソーダ割り・・の後の白ワインにてお酒が進む最初のお料理の数々。
b0089578_15275510.jpg
・お造り:赤西貝、しま海老、鱧、鯵、こち
こちは身がしまっていて歯ごたえがよく、赤西貝はコリコリとした食感で甘みがありました。
b0089578_15280051.jpg
・花ズッキーニの天ぷら
ズッキーニの花の中に鯛の身と雲丹を入れて揚げてあります、サクッとした仕上がりでバジルソースでいただいてイタリアン気分。
b0089578_15280506.jpg
・サラダ!サラダ!サラダ!正式名称は分かりませぬが、そう叫びたいほどのたっぷりなサラダが登場しました。
素揚げしたバジルの下には、ビーツ、うずまきビーツ、オクラ、スナックえんどう、ブロッコリー、ズッキーニ、
コーン、トマト、素麺かぼちゃ、黄色にんじん、青トマト・・とまさに野菜の宝石箱や~~
b0089578_15280865.jpg
・焼き岩魚
淡白な味の風味にまだワインが残っていたが心の中では日本酒がアップしそう。
b0089578_15281284.jpg
・漬物盛り合わせ
水茄子やキュウリなど大量に出てきて今日の野菜摂取はこれで万全。

残念ながらここでストップをかけてしまいましたが、実は本番はここから。
近江牛のステーキや海鮮焼きなど鉄板焼きのメニューがメイン、でもそれまでに創作和食が楽しめるのも魅力の1つ。
お座敷で食事会もいいですが、カウンターでしっぽりと2人でディナーにもお勧めです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-21 22:06 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(進和町):上海料理・華林楼で「冷やし麻婆茄子麺・定食」とラストday

b0089578_16202430.jpg
冷たい麺の連打、7月上旬に家業手伝いの後に進和町の華林楼にて「冷やし麻婆茄子麺」!!・・・の定食。

冷やし麻婆茄子の単品は食べたが、まだ麺での状態ではいただいていなかったので。
そして1人3食限定(昼3食・夜3食)のため大盛り不可だと思ったので、定食に量を格上げしました。

・冷やし麻婆茄子麺

麻婆茄子なので茄子とひき肉、こっくりと冷たくなった麻婆茄子はまるで中華風ミートソースの様に濃厚で奥深い。
味付けがやや濃い分、下の極細麺をかき混ぜるとちょうどよい具合に。

食べ終わると麻婆茄子のタレが残っている、そこに後はザーサイと豆腐とスイカの包囲網から逃れたまだ温かいご飯を投入。
冷たいものと熱いものの、混ぜるとフフフ・・・そこは生暖かく見守っていてください。
b0089578_15291799.jpg
7月10日(金)華林楼の営業ラストディ、ラストとは言っても高木大介シェフが移転してお店を新規オープンするので、
華林楼はまた他のシェフが交代してお店自体は残るわけです。という訳でただ今休業中のはず。

夫がこの日は別の用事があるという事で目がペカーン!これはラストディに行ける!もちろんの1人飲み。
お近くのコンビニでウコンの力を飲み干し準備完了、喜び勇んで行くとまだ誰もイナイ....

ラストディと言うことで食材もあるものだけ出来ない料理もあるということ、先に予約していた人たちで埋まっていたこともあり、
お店に電話かかってきたり来店した人に申し訳ないけど断っておりました(私は事前に予約済)
b0089578_15292982.jpg
・冷製前菜三点盛り

飲み始めの前菜だけにまず冷製になれ!ないつも注文するとりあえず的な三点盛り。
内容は郁度変わるのだが、私の場合のパーフェクト三点がこちら、まだお店に在庫あってよかった。
むちもちピュルピュルなくらげ、噛みしめるほどにロンリー鴨肉のスモーク、大好きな黒い誘惑ピータン。
b0089578_15293449.jpg
で、その後に出されたのがこちら・・・えび玉と点心3つ(自動的お1人さまバージョン)は頼んだものの、
その後の団体客などの登場によりあっという間に繁盛店の賑わい、何を頼もうかと思案していたところ、
テーブル客から注文を受けた料理を少し多めに作って、私の分を取り分けてプチ小皿分づつ出してくれました。

茄子のチリソース、辛味シロ炒め、青菜炒め物、麻婆豆腐、山芋と青菜の炒め物、牛肉黒酢炒め・・でいいですかな?
何が出てくるか楽しみでもあり、しかしお会計はどう計算したんだろう?
b0089578_15293839.jpg
だらだらとカウンターで飲み食べして21:30をまわり、友人が「まだいる?」確認の上にてお店に登場。
お客さんが帰り始め、さらにもう1人追加でテーブル移動、シェアのため再び麻婆豆腐リターン。
山椒たっぷりの濃厚な大人の麻婆豆腐、このスタイルに麻婆ファンが増えて皆がシビれた!山椒だけに...。
b0089578_15294208.jpg
・台湾ラーメン
ここまでグダグダ食べておいての移動なしの〆ラーメンはお任せします!と言ったら出てきたのは台湾ラーメン。
あっさりとしていてそこはかとなくピリ辛モード、逆にスルスルっと入りやすい。
b0089578_15294667.jpg
いつもは梅酒ソーダと飲んだ後にワインボトルハーフをいただくのだが、ハーフがなかったたイタリアのビオワインのフルボトル。
ウコンの力を先飲みして正解、これを1人でかかえて飲むのだが・・・それでも飲みきれずに友人に託しました。

さて、これにて華林楼での高木シェフの営業は終了しました。
次のお店は金沢市寺町にて「中国料理 麟(りん)」として7月下旬に新規オープン予定です。

住所は寺町3丁目、以前「さくら坂」というお店があった場所で、寺町通りに面しています。
新竪町商店街を抜けて橋を渡って坂をのぼればすぐなので、これからバスで行けるのが嬉しい。
駐車場はお店の前に6台と第2駐車場は4軒隣の善隆寺横の駐車場の右奥に3台駐車可。

気になる正式オープン日はまだ未定ですが、次なる展開が楽しみですね!近くなって通う頻度が増えそうです。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-07-21 00:29 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)