<   2014年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

福井(武生):ヨコガワ分店(洋食)でボルガライス oishii

b0089578_13560667.jpg
10月連休中日の武生へのドライブ、先の越前蕎麦の大盛りはグッと我慢してランチハシゴ車を回す2人は食の大回転。
福井県越前市武生地区のご当地グルメ、「ボルガライス」を食するためにJR武生駅からもほど近いヨコガワ分店へと向かう。

オムライスにトンカツをのせ各店独自のソースをかけた料理がボルガライス、ソースはドミグラスソースが多くカレーソースは不可なのだとか。

現代レトロオサレ風なカクカクフォント看板が目印のヨコガワ分店は、総社大神宮の境内にある昭和44年創業の昔ながらの洋食屋さん。
数年前にリニューアルしたらしく外観も内装も古いイメージはありません、入口右横にお座敷がありL字型カウンターは10席ほど。

オープンカウンターな構造なので親子二代でキビキビと調理しているのが見えるので、それを眺めながら待つのが楽しい。
b0089578_13561115.jpg
・ハンバーグオムライス

夫はお互いに違うものを味見したいという意見でハンバーグオムライス、割と新しいセットメニューらしい。
オムライス、ハンバーグ、トマト胡瓜付キャベツと洋食の王道な形、ハンバーグはふわふわ系。
b0089578_13561505.jpg
・ボルガライス

私はご当地グルメ食いの使命感に駆られてボルガライス、かなりのお客さんがこれを注文していました。
オムライスにトンカツとはザ・B級まっしぐらだが、この玉子の薄さでの巻きは技術と経験がいるわ、訓練つんでいない自分には絶対に真似できない。

トンカツもドーン!と言うよりちょっと失礼します的な寝転び方、カラッと揚がっていてその上にデミグラスソース。
オムライスの中身はチキンライスで鶏肉、グリーンピース、玉ねぎがケチャップソースでまとめてある。
デミグラスソースが恐ろしく濃厚ってわけではなく割とさっぱりしているので、どちらかというと全体的に優しい味わい。

量的には多いというわけではなく普通の女性に丁度良いくらい(私は基準にはしないでください)大盛りを頼む選択肢もある。
多分、先にお蕎麦食べてなかったらハヤシライス、スパゲティーも追加していただろうな予想。

この辺り一帯は、改築しないままのお店や昔っぽい飲食店が点々として、いい意味でのんびりした地方の街中を味わえていいね。

さて、目的地はランチの他にもありました、つづく

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-10-29 23:36 | 福井 | Trackback | Comments(0)

福井(武生):そば蔵 谷川(蕎麦)で越前蕎麦

b0089578_13543511.jpg
10月連休真ん中の日曜日、夫の仕事がやや早めに終了したのでランチ時間に間に合う様にと私の希望で武生へとドライブ。
私の希望が何かはまた後ネタとして、食も行きあたりばったりにはさせません。

この辺り嶺北地方一帯の名物と言えばやはり越前蕎麦、永平寺近辺で何度か食べているが今回は武生I.C.から車で近いそば蔵 谷川
武生I.C.から降りて2号線を海方向へ、越前第一中学校手前の信号を左に曲がった住宅街のど真ん中にあります。
b0089578_13544713.jpg
「営業中」と看板が掛けられているのは立派な建てがまえの民家の門、そのお庭の一角にお店が建っています。
駐車場はお店の斜め前と民家の裏手側、純和風の落ち着いた店内にてよく手入れされたお庭を眺めながらお蕎麦をいただけます。
b0089578_13543901.jpg
おろしそば:670円

低温貯蔵している福井丸岡産の玄蕎麦を石臼で自家製粉し、つなぎを加えず蕎麦粉と冷水のみして手打ちしている十割蕎麦。
メニューはおろしそば、おろしとろろそば、もりそば、やまかけそばとシンプル構成、そばがきもあります。

削りたてのカツオ節、ネギ、辛味大根がのったおろしそば(夫の分)、コシがあり蕎麦本来の香りがしてとても美味しいそう。
b0089578_13544291.jpg
・もりそば(手挽き太打):900円

おろしの辛味大根は自分にはやや辛レベルが高いので、私はシンプルなもりそば、もりそばは手挽き太打、太打ち、細打ちの3種類。
平太な手挽き太打ちの中に蕎麦の粒が沢山見える、長さは短くつるつるっとすするより、しっかり食べるというごわごわした食感。

ざらっと力強く蕎麦の香りがふわっとして美味しい、つゆは鰹の風味が強く濃くて甘みは少ない。
夫のおろしそばも1口味見してみるとこちらはやや違って太打ちかな。
量的にはやや控え目でお上品、「大盛りもできますよ」と言われましたがここは我慢。

腰を下ろして落ち着いて食べる十割蕎麦、雰囲気も味もなかなかツボに入りました。

さて、みなぎる食欲をあえて我慢の先には何が・・?つづく

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-10-28 23:34 | 福井 | Trackback | Comments(0)

金沢(柿木畠):ビストロ アンサンブル(フレンチ)

b0089578_13503491.jpg
この間、とあるパーティーにて髪プロから頭のてっぺんから見下ろされ「やばいな・・」と呟かれた私です。
髪の毛が細くぺったんとしているので、将来的にやばいのかor今ヤバなのか聞かずじまいだったが、とりあえず必要なのは頭皮に良いシャンプー。

ジムだとJMOなどのオーガニックシャンプーなのに、家だとついついメーカーが結構バラバラだったり大容量の特売なんかを買ったりする貧乏嫁。
ジム後に夜な夜な8号線ドンキに買いに走ったりしてますが、最近配置が変わりましたよね!?

1階2階が逆になって整然と並んでてドンキじゃないみたい、オープン直後からの配置に慣れているのでポッカの寒天入りリゾットを発見できず。
シャンプーも慣れない位置になっていたので、結局ノンシリコン大容量を在庫限り格安!につられて買ってしまったぁー

記事はやっと10月11,12,13の連休に突入、3連休ともなると旅行客が増えるので飲食店は忙しい、よって配達がある八百屋もそれに準ずる。
自分はまかないを持って行った後は家事に勤しんでいたわけですが、店の方は閉店してからの片づけでかなり時間かかっちゃったらしい。

今日はもう遅いし、お店にする?お外にする?それとも、が・い・し・ょ・く?

その問いは1ッこも作る気ないだろうがぁーー!!まぁまぁ3連休初日ですし、旅行もいけないので楽しみましょう。
ってなわけで新竪町からぶらぶら歩いて柿木畠のビストロ アンサンブル

突然の電話予約でのカウンター席が空いていてラッキー、テーブル席も私たち横も埋まっておりさすがの連休初日。
この日は金沢城プロジェクションマッピングも開催されていたので、街には人が溢れて活気づいていたこともあり、
1シェフ+1サービススタッフのお2人で、こちらも片づけも追いつかないくらいのてんてこ舞い。

・前菜盛り合わせ

野菜のテリーヌ、生ハム&メロン、スモークサーモン、フランス産鴨の燻製ハチミツマリネ、自家製ハムetc...

店は忙しくともこちらはワインでゆるゆる始めます、お店の間取りや雰囲気が何となくアットホームで
フレンチでも気兼ねなくいただける感じでいいんです、アラカルトでわいわいと、ワインはボトル一律3000円。
b0089578_13503000.jpg
・魚介の香草バター焼き

白ワインで火を入れて香草バターと一緒にグラチネした1品。
香ばしい魚介がもちろん、旨みがしみ込んだエキスが底にたまっているのでパンをいただく炭水化物星人。
b0089578_13503861.jpg
・和牛の赤ワイン煮込み

牛肉を3日間赤ワインに漬けこみ5時間ほど煮込んだ仕込み帝王のような1品、たしか~に柔らかく旨みが凝縮していて美味しい。
これは赤ワインだねぇ・・とこの日は白→赤のグラスワインを幾つか。
b0089578_13504194.jpg
・パスタ・アルモンデ

その日あるもんでシェフのお任せパスタが出てくることから「パスタ・あるもんで」
ホタテとバジルソースだったかな?のクリームソースなパスタ、こちらのソースもホタテの旨みがもったいないのでパン追加。

激混み具合に「めっちゃ、流行ってますね~」と声かけると
「今日だけです、平日の暇な日があると潰れるかと思っちゃいます」とぼそ~っと、独特の癒しオーラを放つシェフ。

メインのお肉にはホルモンを使った料理がいくつも並んでいるので、興味のある方はぜひ。
夫はホルモン苦手なので普通のメニューを注文しましたが、もちろんそちらもずらりと揃っています。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-10-28 06:12 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊・せせらぎ通り):金澤もんよう(創作和食居酒屋)で日本酒チャートのお手伝い


b0089578_13171356.jpg
10月上旬、夫が八百屋の集まりで不在な月曜日、台風なのに大人しくしておらずお1人さま金澤もんよう してきました。
割烹勝一時代からの流れで勝手知ったる雰囲気で行きやすい、創作系和食居酒屋シェフとして日々奮闘中ののりさん。

最近は石川テレビ・リフレッシュの料理番組に料理の先生として出演しており、すでに4回目というレギュラー扱い。
とか書きながら放映時間中は仕事なので実は観れなかったりするのですが、誰か録画DVD持っていないかな。

ワイン会や日本酒の会も開催されているので、オープン当初よりお酒の種類はかなり増えました。

・ブリのたたき薬味じょうゆ

ブリをアジのたたき風にネギや茗荷、金時草などを添えて、柚子胡椒入りの醤油でいただく。
ガンドとブリの間位の冬ほど脂はのっていないので、薬味を加えてのさっぱり感がある食べ方も合いますね。
b0089578_13172140.jpg
・だし巻き風オムレツ

だし巻の味付けだけど形はオムレツ、そのままですね。
b0089578_13172400.jpg
・モツモツグラタン

グラタンメニューが幾つかあったので、一応好きな白子グラタンを考えていたら「ここはモツモツグラタンでしょ!」と勧められる。
ホルモンヌだから抵抗はないし未食だったので注文、モツモツの内容は砂肝、ハツ、レバー、シロ。
モツモツものは内臓だ~というコトワザがあったかどうか、部位が様々だから食感が楽しくシロは確かに美味しい。

b0089578_13173354.jpg
・白子のソテー

グラタン飛ばされたのでソテーで白子を攻めてみる、ズッキーニや人参、サニーレタスなどの野菜を添えて。
一番上は大葉のベビーリーフ、レモンをかけてすっきり。

勝一時代に毎年食べていた「白子祭り」、もうそろそろ開催されるとか?白子づくしの「白子祭り」、
1日限りのプリン体大量摂取コースをぜひ堪能してほしい。
b0089578_13173940.jpg
カウンターにお客さんが誰もいなくなったところで、今度、お店の日本酒ラインナップの中に「池月」と「白菊」を加えるので、
「日本酒チャート」のどの位置にいるか飲み比べて欲しいとのこと。
b0089578_13174310.jpg
金澤もんようの「日本酒チャート」、観光客も多いことから石川県の地酒を中心とした品揃えとしており、
甘い、辛い、コク・旨み、淡麗・あっさりと初心者にも分かり易くチャート化、その微調整を兼ねての飲み比べ。
普段、日本酒をそんなに飲んでいないので役に立つかどうか分からないが、プチ利き酒ほろよい日本酒祭り。
b0089578_13174835.jpg
並んだ日本酒を飲み比べ、立山本醸造はやや辛口ピュアで冷だとすいすい飲めてしまって一番分かりやすい。
池月と白菊の差が・・うーん、割と軽快な感じはするけど、と2つを飲みつつ、他の日本酒も少しづついただく。
b0089578_13175505.jpg
奥からまだあるわ~と追加を出して横に並べていく、天狗舞純米酒がほろ甘くて口当たりがよい。
何度も左から順番に飲みながら素人には難易度高いがそれなりに考えながら、しかし酒だけ飲んでいたら酔っ払いそう。
「ちょっとお冷くれる?」
b0089578_13180372.jpg
飲み比べながらチャートも訂正しつつ、うーん池月と白菊の位置はこんなもんでしょうか?
b0089578_13181441.jpg
あ、まだあるわ日本酒と追加、あぁ~まだあるわ日本酒と追加。

ちょっ・・・最初から全部並べてほしいんですけど!!!

そのつど端っこから飲み比べているから、段々と酔いが回ってきたわわわわ~ん。
「池月はぁ~この辺りじゃないかねぇえええ」

喋り方のトーンもおかしくなってきて信憑性が疑わしいことこの上ない。
これ以上はデンジャラス、ある程度飲み比べしたので退散いたします〜〜

※新しいチャート出来上がってるそうです

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-10-27 06:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(元町):BACARO(バーカロ)イタリアン居酒屋

b0089578_13491498.jpg
10月上旬、土曜日のサケマルシェにも出店していたのも記憶に新しい、久しぶりのイタリアン居酒屋、BACARO(バーカロ)
久しぶりとは言っても記事をアップしていないだけで、ちょくちょく訪問しております。

結婚後は回数は減ったものの、ジム帰りのお1人様風呂上り恐怖のすっぴんカウンターは継続しており、
アルコールは控えてトマトジュースにサラダ、パスタなどの夕飯メニューをガツガツ食ってさっと帰宅、こんな使い方もしてます。

この日は2人で訪問、赤サングリアと蓮根のピクルスで中村始動!
b0089578_13491887.jpg
・くんたま

これを見るたび家にある桜チップで作ってみなくちゃな、と思い起させる燻製玉子。
ゆで卵にやや黄身にトロ感が残っていて燻した香りがよきおつまみになってます。
b0089578_13492254.jpg
・イノシシの生ハム

定番の生ハムですがこちらはイノシシの生ハム、頭にメニューがまとまらなかったらとりあえずコレ。
b0089578_13492589.jpg
・グリーンサラダ

この店ではビック定番であるバーニャカウダ―を私たちはほぼ頼まず、大抵は何かしらのサラダ。
夫は野菜たっぷり食べたいからとグリーンサラダを注文、期待を裏切らず山盛りのグリーンサラダ来たー!!
b0089578_13492911.jpg
・マコモダケのグリル

イネ科の多年草「マコモ」の茎に食用菌である「黒穂菌」が寄生して肥大化したもの、その茎の柔らかい白い部分がマコモダケ。
中華の高級食材としても使われるマコモダケは石川県では9月下旬~10月下旬が収穫期だそうです。

シンプルなマコモダケのグリルは、クセのないタケノコとコーンの間のような味でサクサクとして仄かに甘い。
b0089578_13493472.jpg
・ソーセージの盛り合わせ

肉ガッツリを希望していない夫の注文の中に何とか肉類をねじ込もうとソーセージの盛り合わせ。
シャルキュトリー・ガリビエさんのソーセージとバーカロ自家製ソーセージのミックス。

どれがガリビエかバーカロか、深く考えないで下さいと言われました・・・探さないでください・・・ひろしです。
野生味溢れるソーセージ、和風味が繊細なソーセージ、1本1本全部種類は違ってました。

バーカロではガリビエさんのソーセージ、注文だけではなく販売もするそうです。
b0089578_13493718.jpg
・あさりと岩海苔の炊き込みごはん

私たちには珍しく炊き込みごはん、時間がかかるので早めに注文しましょう。
ストウブ鍋で出てきたご飯は、あさりの出汁と岩海苔であっさりとほくほく。
b0089578_13494172.jpg
・きのことベーコンのペペロンチーノだったか、ちょっと失念!!!さらにパンも頼んでいたような糖質家族。

いつもガッツリとワイルドな量はあるのにリーズナブルな価格で提供してくれるバーカロ、育ち盛りの胃袋を持つ中年夫婦には有り難い存在です。
女性同士やカップルの他に会社の飲み会でもよく使われています、野菜をがっつり食べたい時に(肉もね、〆もね、全部ね)また行くぞーー!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-10-26 21:41 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(桜田):焼肉冷麺 しちりん家・桜田店(焼肉)

b0089578_15095517.jpg
クラフトビア金沢の後の夜ごはん、「焼肉でも食べに行くか?」と言われ、満面の笑みになったらしい分かりやすい自分。
お店のジャム作りやその他ちまちまやっていた時期だったので、エサ・・もとい、ご褒美的なお肉なのだ、ほとんど動物的。

車を走らせ、8号線近くのしちりん家・桜田店、以前来た時はiPhoneで数枚写しただけだったので記事にはならず。
しちりん家グループは有松店、野々市店、桜田店、と現在3店舗展開している大型店舗の焼肉店ですが、
主に国産牛を使用し自家製麺の冷麺や個性的な野菜メニューなど、家族でもグループ、カップルでも利用できる便利で美味しいお店として、特に週末の夕食時は激混み待ち状態が続く。

個人的に一番多く行ってるのは有松店、その店を語ると自分の交際の歴史にまで遡ってしまうという。
あれは20年近く前にもなるかも!?有松店オープンの時期に当時の彼氏と食べてた懐かしい記憶がよみがえり、あっ今の夫とは3店とも行きましたってフォローなのか不明。

今回も入口で名前を書いて待ちの子です、通されたのは大きな丸いテーブルを4つ切りにし、2人が横並びで4組座れるという通称円卓カップル席(私の中だけです)。
男2人、女2人、お1人様でも大丈夫だろうけど、一応いまのところはカップルしか見ていない、通常はたぶんお2人席ですな。


・ネギタン塩
1番人気!薄切りの中にネギを巻き込んだ形になっており、食べると薬味のネギの味がお肉と一緒に伝わってくる。
タレはレモン汁、他の肉のタレは2種類でさらっとしてる通常のタレとポン酢。
b0089578_15095991.jpg
焼肉屋での基本的な私たちの特徴

私:ホルモン・カルビなど部位は分け隔てなく愛する肉食家、一番好きなのはシロ、もちろんキムチ等野菜や炭水化物も大好きです。
  たとえ全てが肉で始まり肉で終わっても大丈夫なことはまだ明かしてはいない。

夫:シロ、タン以外は基本ホルモンが苦手でハツは私がレバーより食べやすいから!と教育、豚バラ愛好家、普通のカルビ等は大好き。
  八百屋だからか野菜好きだけど、炭水化物好きは異常レベル。

だいたいは私が遠慮する形で豚足とか付き合ってから一緒に食べたことなし、
他の変わった部位を頼む時もありますが、夫が食べれない場合は私が全部1皿食べなきゃいけないので内臓系ばかりは食べれない。

友人の話を聞いていると焼肉の好みも人それぞれで、肉とごはんを一緒に頼んで定食セットにする人、カルビしか食べれない人など。
ちなみに夫は時々途中にライスを頼みます、〆の麺やごはんも食べます・・炭水化物星人な故。
私は途中にライスは頼みません、その分の胃の隙間は肉で埋める派。最後に〆は食べるけど。

・中落ちカルビ、ナムル盛り合わせ、白菜キムチ

野菜付け合せ2つ注文は夫ペース、厚みのある肉で中がレア状態をいただくうまっ
b0089578_15100338.jpg
・上シロ

私が好きなので2人前なのは私ペース、どんどん焼いて食べていくので配分に不公平が生まれてると文句を言われる。
b0089578_15101582.jpg
・豚バラ

最初から2人前分頼んでおけばいいのでは?私も豚バラ好きなので枚数確認は怠りません。
b0089578_15101868.jpg
・特選カルビ、豚バラ

やはり追加豚バラ、ホルモン頼まずともカルビでも何でも肉があればご機嫌な私、カルビうまー
b0089578_15102267.jpg
・豚コリコリ、牛ハツ

そう言いながらも、そろそろホルモンと頼まんといかんぜよ!私のペース、焼肉屋での駆け引きデットヒート。
「ポン酢で食べると旨いよ!」とアドヴァイスが書かれているお皿が面白い、さっぱりしてホルモン苦手な人でもいけるかも。
b0089578_15102646.jpg
・白ムンチュサラダ

実はしちりん屋さんはサラダが美味しい、一番気に入ってるのはこのサラダ。
胡瓜の薄切りにサラダ菜と白ネギ、松の実やゴマがコクを出していてゴマ油香るタレ、サラダ菜が柔らかで食べやすくてモリモリ食べれます旨い!
b0089578_15103096.jpg
・カリカリサラダ

サラダを2種頼むのが夫ペース、細切りポテトフライの下にはレタスなどの野菜、混ぜて食べるとポテトのカリカリ感と塩気具合が一緒に味わえてグッド!野菜が苦手な人にもお勧め。
b0089578_15103709.jpg
・盛岡冷麺
ソフトに見えてモチモチする盛岡冷麺もおススメ、付きあわせのフルーツ夏はスイカで今はパイン。
b0089578_15104949.jpg
・中落ちカルビ

〆を頼みながらも、さ、最後の晩餐に肉をもう1品・・と中落ちカルビを注文、私のペースになったのはシロも追加でと言い出して同時多発注文。
b0089578_15110978.jpg
サービスのソフトクリーム

ファミリーな雰囲気なのにお肉も美味しくサイドメニューも充実している焼肉屋さん、肉食星人もお肉だけではなく満足いたしました。
こんな記事を書いていたらまたお肉が食べたくなってきたな~~なんて。

また「焼肉行こうか?」と言ってくれたなら、天女のようにその日は優しく振る舞います(限定!?)
実際は天女というよりも肉女(にくじょ)なのだけど。

アルコールを飲んでいる私たちはお会計を済ませた後、ニコニコ安心の代行家族にて帰宅しました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-10-23 23:48 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(安江町):中華蕎麦 御輿(みこし)でつけ麺、まぜそば

b0089578_15081063.jpg
最近、火が付いたように自動的に予定に組み込まれているサタデーラーメン、八百屋にまかないを作りに行った後のお1人様ランチ。
帰宅途中にスーパーに立ち寄らなきゃという考えの元、その中間地に・・引き寄せられるぅううう・・・また入ってしまった中華蕎麦 御輿
金沢表参道の真ん中辺りの位置にあるラーメン屋さん、街中にありながら駐車場が7台駐車できるところはデカい。

つけ麺:830円+豚めしセット:200円+半熟煮卵:100円

冷もりで注文、つけ汁は魚粉香る魚介豚骨系、でもそんなに魚粉の風味はクドくなく、かつとろみのある濃厚な旨味。
ここのトッピングも中華蕎麦と同じく岩海苔、玉ねぎ、小口葱・・やはり玉ねぎを噛んでいると甘みが増すようです。

ややちぢれぎみの太麺があっという間になくなってしまう、自分には並だと少ないかな・・つけ汁が余ったわ。
中華蕎麦、つけ麺はスープを特濃にすることが出来ます、これで丁度良い感じだが特濃はまだ食べたことないので試してみよう。
b0089578_15081382.jpg
つけ汁にのっかっている半熟煮卵を豚めしの上にお引越し、これをまぜまぜしてレンゲで食べるのが定番化してきた。
b0089578_11321110.jpg
翌週、またまた八百屋にまかないを持って行って~のサタデーラーメンランチ、ザ・お1人様。

まぜそば:630円+豚めしセット:200円+半熟煮卵:100円

中にごろっとしたチャーシューが入っているのに豚めしも注文してしまう奴。
メンマ、岩海苔、小口ねぎ、玉ねぎ、メンマ、たっぷりの具で麺が見えないほど、まぜそばらしく濃いタレとやや甘みがある味。
もちろん、この煮玉子の行方は豚めしへ移動して、ぶたまご飯としてまぜまぜ、汁もちょっとかけてみたり。

これで中華蕎麦、つけ麺、まぜそばの3麺を経験、自分の好みは中華蕎麦>>>>まぜそば=つけ麺
中華蕎麦のスープと玉ねぎを一緒に味わった時の甘みやバランスのとれた味が好きみたい。

夫が1人で御輿に食べに行ったら駐車場の空きがなく入れなかったそうで、その間に私は9月から毎週のようにこれで4度目。
今度一緒に行ってポイントカードを見せたら「いつの間にこんなに行ってるんだ!!」って問い詰められそう。
そして夫の影に隠れてこっそり大盛りを注文してみよう、もちろん豚めし付で。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-10-22 22:45 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

クラフトビア金沢

b0089578_13311181.jpg
10月は毎週どこかでイベントが開催されているようで、土曜日午後はほぼヒッキ―となり掃除洗濯に勤しんでいる私もむずっとお出かけしたくなる。

10月4日(土)-5(日)クラフトビア金沢、場所:しいのき迎賓館 石の広場

昨年も開催された国産クラフトビールのイベントがしいのき迎賓館で開催、ビールがすすむフードメニューもあるとのことで、
土曜の午前中のうちに八百屋にまかないを持って行った後のお1人様クラフトビア祭り、ひとりでできるもん!
b0089578_13311633.jpg
ここを読んでいる人なら知っている人もいると思うが、私はビールの苦みが苦手でほぼ飲むことあらず。
飲めないほどじゃないんだが、就職仕立ての頃の一気よろしく&ビールお注ぎしましょうか攻撃を喰らってもなお慣れない身体。

チューハイ、乙女酒を経て、今はある意味川島なお美を目指すワイン好き、ビオワインからサイゼリヤのマグナム持ち帰りまでというレベル庶民派。
そんなビールを避けている自分ですがフルーツビールは好きなのです、子供と言われてもこれなら飲める。

まずは、ハーヴェストムーン(千葉)のグレープフルーツビール、爽やかで柑橘系の香り漂うフルーツビール。

この日に飲んだのは、サンクトガーレン(神奈川)のアップルシナモンビール、焼きリンゴを使った香りも味もアップルパイなビール。
城端麦酒(富山)の楓というカシスを使用したやや甘いビール、どこか忘れたけど柚子味のビール、と見事にフルーツビール揃い。
b0089578_13313398.jpg
チェコ料理DUB:カマンベールチーズのオイル漬け

ビールのおつまみファーストは、まずはチケットが一番安いというスタートラインのハードルを低くして選んだチェコ料理DUB。
デブくろ商店で一週間前に食べたのですが再び、スパイスとオイルがしみ込んでいるカマンベール。
b0089578_13314640.jpg
シャルキュトリーガリビエ:ソーセージ盛り合わせ

華林楼のブースの裏手に回ると折りたたみ椅子を貸してくれた、よし!ここを拠点にして色々飲み食いするぞ!!冷蔵庫がテーブル代わり。
ガリビエさんのソーセージ盛り、1つは粗挽きもう1つは白いソフトなソーセージは名前を聞いたけど失念、酔っ払いは3歩で忘れる。
どちらもとても美味しい、ザワークラフト付。
b0089578_13315055.jpg
華林楼:焼き餃子・焼き小龍包セット

ハイパー常連M君のヘルプ、姉妹スタッフ(2人揃うの初めてみた)を従えてのイベント初出店。
その場で焼くので多少時間がかかる、が焼きたてを食べれるのは有り難い。
もちろんお店で食べる方が美味しいけど、イベントで中華・餃子の類って意外と少ない気がする、ジャンル分け的にちょうどよし。
b0089578_13315915.jpg
パーラーコフク:自家製さばスモーク

久々にコフクさんの鯖スモーク、ここの鯖スモは鉄板!身がしまっていてんまい。
途中、エヴァンタイユの大久シェフにばったり、この場所に留まってもらい会話のお付き合いしていただきました。
長坂のエヴァンタイユさんは9月末に閉店、結婚式の親戚食事会を行った記念の場所なので非常に寂しいです。
b0089578_13321192.jpg
鳥珍や:金澤手羽先

手羽先が4本、甘辛い味付けで食べごたえある~、鳥珍や片町店のオープン仕立ての頃に何回か行ってたのですが、場所もよくバリエーション豊かで結構好きです。
その後、ふらっと入店してみるもいつも満席で入れず、かと思えばラストオーダー近しだったり。。人気ですよね。

ここまでの私、チーズ→肉→ほぼ肉→魚→肉、メガタンパク質星人
肉のにおいのするところに私あり、本能のダンジョン、夫が一緒だとここまで肉食べれないから~
b0089578_13321993.jpg
この日は天候にも恵まれて、後ろの芝生ゾーンはこれ以上にレジャーシートの海に溢れてほのぼの日より。
b0089578_13331398.jpg
翌日の日曜日、夫がクラフトビア金沢に行きたい言うので、イベント2連チャン。
だが、この日は酷い雨で前日の客足とはほど遠く、一応テントブースは設けてあるけど雨だと出足がまず鈍くなる。
参加人数が天候に左右されるしいのき迎賓館・石広場、野外会場の宿命みたいなもんですね。

シャルキュトリー・ガリビエ:四角形のソーセージ、なんとかケーキだったかな?
華林楼:焼き小龍包
パーラー・コフク:鶏肉と砂肝のコンフィ
ひらみぱん:キッシュ

本日の私のビールも相変わらずフルーツビール、ハーヴェスト・ムーン(千葉)の「舞浜レモネール」
レモン果汁とレモングラスを使った酸っぱくてレモンの香りが爽やかなフルーツビール。
後は南信州ビール(長野)のアップルホップ、リンゴの味わい。
b0089578_13331762.jpg
アシルワールド:ひよこ豆のドライカレー・ライス付
チェコ料理・DUB:カマンベールチーズのオイル漬け

ドライカレーは半分の量です、もしかして前日に1人で食べた量と同じくらいではないか(これで2人分・たまには少食)

ご近所のMさんカップルとバッタリ!でしばらく歓談の花。
その会話の中で「AKB48の冷たくて愛想のない対応の表現て何?忘れてしまったので知らない?」と尋ねる夫。

そんなの知らんわ!いつもAKBに興味がないとか言ってるのに何故に?
きっとバイト君たちから知識をいただいたので披露したいが出来ない、という恥ずかしい状況に陥ってるとふんだ。
※バイト君たち(大学生)はAKB好き

結局、その場で答えは出なかったのですが・・(答:塩対応)

イベント会場を去る時にまだチケットが余っていたので、記念にクラフトビアのグラスを2個購入・・・・最初から購入してビール飲めば美味しいのに!という後先後悔。


その後は、柿木畠で開催されていたカレー博に後ろ髪ひかれ隊だったが、「好奇心のあじわい好奇心のミュージアム」他、展示を観に21美に行って午後は終了しました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-10-21 23:24 | イベント | Trackback | Comments(0)

金沢(柿木畠):更科藤井(蕎麦)

b0089578_15084546.jpg
記事はやっと10月突入、更科藤井さんで新蕎麦が始まりました!のお知らせを受け、次々に麺ジョイしている画像がSNSに拡散。
うーん、これは久々に秋の夜長を楽しみながらしっぽりとお酒と蕎麦を堪能したい!と行ってきたのは、10月初め。

江戸中期、お蕎麦屋は職人さん達の憩いの場で、お酒と肴で一杯やりながら最後に蕎麦で〆るというのが庶民の飲食文化だったそうです。
そういえば幼少~高校時代にかけて時代劇っ子だった私が覚えているシーンの中に、お忍びの将軍さまが昼間から蕎麦屋で酒を飲みながら談義に花を咲かせてるというのがあったなぁ。

東京の老舗「更科堀井」で修業をした藤井さん、金沢ではあまり馴染の薄い蕎麦屋で酒を楽しむ流儀を根付かせたと言ってもいいお店。
もちろん食事としてのお蕎麦も楽しめるし、そして小腹を満たす為の蕎麦にあう肴など色々揃っています。

日本酒で始めるのが粋だろうが、梅酒ロックで1人ちびちびと人待ち、その15分後、仕事を終えた夫が来た・・待ち人来たりて生ビール。
お通しは蕎麦を揚げた「揚げそば」ポリポリと自然と手がのびて止まらない。
b0089578_15084915.jpg
・甘鯛と金時草の酢の物

軽く炙った鯛と金時草の酢の物をさっぱりと生姜風味で、しば漬けを少し添えてあります。
b0089578_15085241.jpg
・玉子焼き

「好きなものを食べていいよ」と言われると、毎度頼んでしまうマイ藤井コースになってしまうではないか、と思いつつ、玉子焼き必須。
出汁のきいた玉子焼きを食べつつ、お酒をちびっと。
お酒の入れ替わりは、Cono sur(コノスル)スパークリングブリュットというチリのスパークリングワイン。
b0089578_15085561.jpg
・イクラ醤油漬け

新物の生イクラを醤油に漬けこんだ1品、近所のお寿司屋さんでもよくイクラ醤油漬けを頼んでお酒のアテにするのが好きなのです。
b0089578_15085999.jpg
・焼き鳥

そして再びマイ藤井コースへ、私の場合小腹を満たすためのちょこっと食べではなく、ガッツリ食べてほどよい飲み。
かえしで仕上げた焼き鳥の中は、鶏肉、玉ねぎ、イチジク、栗、オクラ、やっぱり旨。
b0089578_15090231.jpg
・季節の野菜の天ぷら

これもいつもの注文、栗、茄子、アスパラ、蓮根、ズッキーニ、茗荷、安納芋、オクラと季節によって変わる野菜の天ぷら。
1つ1つがサクッと揚がっていて種類も豪華でうまうまです。
b0089578_15090559.jpg
・変わり蕎麦・栗切り

この時の季節的黒板メニューは冷やし揚げもちそば、きす天そば、みょうがそば、カレー南ばん、栗切り。
やはり限定変わり蕎麦を選んでしまう、細くて繊細な手打ち蕎麦を噛みしめると薄っすらと栗の風味が鼻孔を伝わっていく、栗の甘さがほんのりと。
蕎麦つゆでも塩でもお好みで。
b0089578_15090995.jpg
・みょうがそば

夫はこちら、私も夏の間に1度食べた時は、店内がみょうが蕎麦連鎖が発生してました、シャキシャキしてさっぱりして美味しい。

ちょうど季節の移り変わりで温かいお蕎麦も欲しくなってくるし、冬季の鴨鍋も楽しみな藤井さんです。
今宵もごちそうさまでした!!!


[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-10-21 06:31 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

八百屋のうちごはん(その11)

b0089578_14165463.jpg
八百屋でこれもらったから編

・秋刀魚の塩焼き
・あさりとプチトマトのパエリア
・アボカド、ベビーリーフ、ルッコラとレタスのサラダ

ある日の夕食、仕事帰りにスーパーに立ち寄ると、あさりが半額&秋刀魚が割引価格となっているのを発見したので釣られてご購入。
やはり秋は秋刀魚の塩焼きを1回以上食べないと気が済まない、目指せ季節感のある食卓。

ここで秋刀魚メニューは決定したが、あさりはどうしよう・・酒蒸しかな、などと考えながら夫のいる八百屋へ向かう。
もう商品価値のなくなったヘタレ野菜、これをもらってから夕飯を考えるのがだいたいのいつもの日常。

始めからレシピ本のあれ作りたい、あれを作るぞ!と目標決めてることもあるけど、ほぼ食材をもらって帰宅後にメニューを決める。
iPadをキッチンに置いてレシピを検索しながらメニュー決めるのが楽なので殆どこれ。
料理本からメニューを探してという作業、憶えているメニューならサッと取り出せるけど、時間がない時が多いしね。

この日の食材はプチトマト、ベビーリーフ、ルッコラ、アボカド、これだと冷蔵庫にあったレタスを使ってサラダが簡単。
あさりはどうしよう・・と森田検索するとパエリアがあったので、トマトとあさりのあっさりパエリア。

ストウブのラウンドホットプレート、2人分のパエリアを作るのに丁度良い大きさで重宝しています。
焼き秋刀魚とパエリアとかジャンルがバラバラだが、うちではよくあること、この日の夕食費は500円以下でした。
b0089578_14170341.jpg
・ビーフストロガノフ

八百屋でヘタレたマッシュルームを沢山もらって、牛肉切りおとしを購入したので頭の中は「ハヤシライス」
帰宅途中のコンビニで買ったクラビズムにフレンチの「クルール」さん直伝レシピ「ビーフストロガノフ」が掲載されていたので、そちらに変更。
ビーフとマッシュルーム、胡瓜のピクルスは家にあったが、サワークリームだけなかったので買いに走って、レモン汁を輪切りごと入れて煮込んだ。
バターライスを添えて、ピクルスとサワークリームの酸味がいい感じに・・ヘタレマッシュルームなので肉とやや色が同化。
b0089578_13271665.jpg
・栗と豚肉とレンズ豆の煮込み

八百屋でお店で茹でた栗をもらう・・茹でた栗ってかえって皮が剥きにくいわ!←くりくり坊主使用
レシピはこちらを参考にアレンジ、豚バラと栗、レンズ豆、玉ねぎ、大黒しめじをオリーブオイルで炒めて、塩・胡椒で味付け。
ハーブはタイムとローリエ、白ワインも入れました。
味付けはシンプルだけど、肉のエキスや野菜がそれぞれに染みわたってじわじわくる美味しさ。

黒ひよこ豆、ひよこ豆、大豆など乾燥豆を常備している私、ひよこ豆は茹でたのを冷凍していたりするけど、レンズ豆は一晩戻さなくていいので楽で便利。

b0089578_13270482.jpg
いつもは「今夜は何が食べたい?」とも聞かずに夕飯を用意し、時に味付けの批評に曝されながらの毎日ですが、
夫が「ホットサンド」が食べたい、と珍しいことを言ってきた、こんな時の為にあれを持っている、私はバウルー 持ちのバウラー。

久しぶりに使いたかったので思い出させてくれてありがとう、みたいな。
非常に道具に踊らされる輩なので、少し前に流行ったな~的なタジン鍋、ビタントニオのワッフルメーカー、ガスたこ焼き器、マルチグリル鍋、その他の道具たちが今か今かと使われるのを待っております。

久々のバウラーが冷蔵庫にあるもので、バウルーのレシピを検索して作った3種類。

・ツナマヨエッグサンド

ツナ缶、ゆで卵、玉ねぎ、マヨネーズ、溶けるチーズ、オレガノ。
食べた味が分かって安心、玉ねぎとオレガノで多少欲張り感アップ!
b0089578_13270849.jpg
・しらすと海苔のチーズホットサンド

美川のしらすを冷凍していたのが残っていたので、しらす、きざみ海苔、溶けるチーズ。
あべかわ餅を想像させる味、しらすの自然な塩気がシンプルでいい。
b0089578_13271253.jpg
・カレーヴルストサンド

ソーセージ、たまねぎ、カレー粉、ケチャップ、溶けるチーズ
炒めた玉ねぎとソーセージにカレー粉をかけ混ぜたものに溶けるチーズとケチャップをのせて焼く

一番気に入ったものはツナマヨエッグだそうで、やや手のかかったカレーヴルストサンドは別に。。。なエリカ様。

以前、エル・ア・ターブルのレシピを見ながら「きのこのマリネ&キャロットラペのホットサンド」、「ポークソテー&りんごのホットサンド」を作った際、
あと1品は適当にと、ソーセージと適当オムレツにケチャップ、マヨネーズ、チーズをのっけたホットサンドを追加したら、
1番好きだったのが、その適当ホットサンドだったという・・・カレー、ハンバーグ、スパゲッチ世代か!!

ひねった物を作っても喜ばれないという例、難しい。
でも私も好きだからソーセージと卵、マヨ・ケチャップにしたのですけどね・・お前もか!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-10-20 23:13 | うちごはん | Trackback | Comments(0)