<   2014年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

富山(小矢部市):おやたま食堂(ラーメン&たまごがけごはん)

b0089578_11365547.jpg
8月は週末にイベントに参加したり向かったりと、家を空けることが多かったので段々とホームパーティーが出来ない状態に陥りそう。
お盆の前辺りに台風一家が暴れまくっていたけど、その後もぐずつき模様が続いていた日曜日(お盆突入頃)。

午前中の仕事を終えた夫とあてもなく富山方面へ、美味しいケーキを食べたいという頭はあったのだがランチはその途中経過。
2015年7月開業を目指すアウトレットモールを建設中の小矢部市、インター近くにあるおやたま食堂

小矢部市は養鶏が盛んで県内の約8割をシェアしており、地元の食材を食べて育った特産品の卵はブランド認定もされている。
その卵を使ってのたまごがけご飯(TKG)がメイン、もちろんラーメンも。
b0089578_11370024.jpg
早速入店すると食券販売機が待機、火ね鶏ラーメン(塩)(醤油)、おやべホワイトラーメン、カレーラーメン。 
単品でもたまごがけごはんのセットでもお好みで、ひなみに日替わり丼も魅力的でこの日は火ね鶏親子丼とおかずがデミグラスハンバーグだった。
b0089578_11370592.jpg
 床鍋養鶏の卵たち3種類。
マリンエッグ:DHA・EPAは普通の卵の3倍、ビタミンEは約5倍。海藻や魚粉を使用した飼料で育った卵。とても濃い味だそう。
とこたまα:必須脂肪酸であるαリノレン酸を多く含むエゴマを飼料に配合。さらりと上品で味も濃厚。
くりからハーブ:オレガノ・シナモンを飼料に混ぜ、卵独特の臭みを消したさっぱりとした味わい。 

せっかくなので3種類とも味わうために、ラーメン+たまごがけご飯セットを2人分、たまごがけご飯セット1人分、これで卵3個。                 
b0089578_11370894.jpg
テーブルには卵に合うお醤油が数種類用意されており、他にはカツオ節、刻み海苔が常備されていた。
b0089578_11371362.jpg
火ね鶏ラーメン(醤油)+たまごがけごはん

スープは透明なあっさりしたシンプルなスープだが、鶏の出汁がよく出ていて素直に美味しい。
具はくりからハーブ親鶏そぼろとネギ、水菜、ゆでたまご、メンマ、特にそぼろがもちもちこりこりとした食感。
麺はちぢれ中太麺でわりと固めで全体的にほっとするやさしいラーメン。

これをお互い2人分黙々といただく。
b0089578_11371884.jpg
第三人目・・じゃなく、二人で分けるためのたまごがけごはんセット、お味噌汁と漬物付き。
ごはんは小、中、大とサイズがありお値段の差は50円、中を選択したがラーメンの他にごはんも中なのでお腹いっぱい。
b0089578_11372288.jpg
3つの卵のお味は、そのまま何もつけずに試せばよかったものの、どれもお醤油と海苔をかけての試食だとよく分からず。
うーん、さっぱりしてるような、これが一番濃いと言われればそうなような・・と交代に食べていたら、
ど、どれがどれか分からなくなってしまった~~もういいわ!普通にTKGうまいです。

玉子ソムリエは到底無理な様だが、とりあえずラーメンの卵も入れてコレステロール制限、卵は1日2個ラインに到達したようだ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-08-31 22:10 | 富山 | Trackback | Comments(0)

石川(能美市):こびり(焼き菓子・カフェ)

b0089578_15053535.jpg
下のラーメン記事の後に能美市方面へ、GW中に行ったつもりが道を迷ってなかなかたどり着けなかった「能美市チャレンジショップ1号館」。
「能美市チャレンジショップ1号館」では工房あめつち、季器窯、たくまポタリ―などの複数の作家さんたちの共同作業場があるのですが、その一番右手にカフェへ続く入口があり、廊下を奥へどんどん進んでいくとあるのがこびり

この日はとんでもない土砂降りで駐車場からお店入口まで走って入ったので、全く外観などは撮っていないけど、
入り口が隠れ家のようだったりその続く廊下に作品が飾られていてシュールだったり。

今までの各種イベントで「こびり」さんの焼き菓子を購入したり、頂いたりしてて
どこかホッとするような身体にも優しそうなお菓子、そのイメージがそのままカフェになったナチュラルな雰囲気。
b0089578_15054398.jpg
アグリス珈琲(ホット・アイス)、穀物珈琲、加賀棒茶、季節のシロップジュースなどのドリンクメニューに
マフィン、ブラウニー、天然酵母スコーン、そしていつもの小さく包まれた焼き菓子など。
b0089578_15054768.jpg
お菓子に使用されている食材は、北海道のてんさい糖や小麦粉、沖縄の黒糖、国産の米油、国産大豆の無調整豆乳など主に国産。
バナナとクルミのマフィンは豆乳入りで生地がやさしい風味。
b0089578_15055068.jpg
桃のコンポートソーダ
b0089578_15055499.jpg
パイナップルシロップのソーダ

季節のシロップはパイナップル、しゅわっと溶けた炭酸水にほのかな甘さ。
一段上がった窓側の小上がり席はお庭が見えて、小雨が降り続いていたけれどそれさえも心地よく落ち着く。
もちろん、お土産に焼き菓子を買って来たけれど、写真撮る前に食べられちゃったので画像はなし。

横のチャレンジショップの入り口で製作中なのか器が幾つか見えたのは、しんたて祭りへの出品なのかとちょっと期待しながらのほのぼのカフェ巡りでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-08-30 22:49 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(三馬):ラーメン凌駕堂(ラーメン)

b0089578_16592424.jpg
現在うちの米びつには米粒ありません、買い足してないのはストック賞味期限切れ近しのうどん・そば・素麺を無理やり消費するため。
エブリディ麺・麺♪そして休日のランチも麺、加賀方面に向かう前に食べたランチ先、ラーメン 凌駕堂

黒板メニューを見ると、上の方に書いてある文字がどうやら消されているよう。。
多分、限定の「アボカドとサーモンのまぜそば」が売り切れちゃったのかな、「鰹の油そば」だけが書いてある。
アボカド・サーモンどちらもLOVEだけども、確か数年前にアボカドペーストには山葵が練り込んであると知って断念した記憶。

・ラーメン+鴨スモーク(トッピング:塩焼きメンマ+味玉)

ここの基本ラーメンは貝だしトンコツ、大盛りにしないけどトッピングだけは複数チョイス。
スープは豚骨にありがちなギトギト感を感じさせない塩・トンコツ、そして貝だしは貝貝と表だって出てはいない気がしますが、トンコツスープの中に旨みとしてうまくドッキングされているのでしょうね。
中太麺はもちもちで自分好み♪葱の上に散らされた大葉がときおりさっぱり感を演出してくれるのでそれも結構好き。
b0089578_16593058.jpg
・鰹の油そば

夫は黒板の油そばの大盛り、しかもチャーシューごはんをプラス、あなた大食いだね←人のことは言えないが
写真が「あっ」という間に箸が入っちゃったのでちょい崩れてしまった、麺は全粒粉入ってる?かなりの太麺です。
1口食べさせてもらったけど確かに鰹の風味がすごい、柚子の香りもします。
細かく刻んだ海苔とネギ、焼きメンマ、チャーシューが見えまする。
b0089578_16593686.jpg
・チャーシューごはん

夫のプラス分、味見はしてないけどごはん、チャーシュー、ネギ、マヨは選択できる。
さらにこれを食べ終わった後にライスを追加、「明日からダイエットする」っていっていたはずだが?そのセリフは挨拶代わりか!?

人のことを食べ過ぎとゆるモラハラしておいて、実は足りなくて後からパンを購入してしまった、自分が憎い。
休日お出かけ時はどうしてもダイエット心が緩くなってしまう、平日の朝・昼は平常心で管理できるのだけどね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-08-29 00:18 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):旬魚季菜・とと桜(魚介系居酒屋)

b0089578_15033085.jpg
3日前ほどに肉をガツーンと喰らうイベントに参加してきましたが、お魚さんだって分け隔てなく大好物。
8月中旬、そんな新鮮な魚介を求めて向かった先は、片町は旧ラブロ裏の旬魚季菜 とと桜

地元の食材をふんだんに使った旬な魚介や野菜を、国産備長炭で焼いた炉端焼きやお刺身、1品料理などがいただけます。
古民家を改装した店内に入るとまず目に付くのがL字型のカウンター、オープンキッチンで開放感のある造りで奥にはテーブル。
1階32席、2階最大70名まで収容でき各種宴会も可能、私も2階は宴会で訪れたことがあります。

・海老・温玉・夏野菜ゼリー寄せ

これをみておやっ?と思った方、そうです!しんたてのお祭りの時に出店で出していた品はこれにインスパイアされました。
一番下に温玉が沈んでいてその上に海老・トマト・きゅうりなどの夏野菜がゼリー寄せされています。
温玉を崩して混ぜて食べるとさっぱりした野菜とゼリーにとろっとした黄身のコクが混ざって美味しくて気に入っちゃいました!
夏野菜だし涼しげだから多分限定なのかな?とと桜に行ったらぜひ試してみてください。
b0089578_15033431.jpg
・刺盛、コハダ、しゃこ、イカ、カツオ、マグロ、ブリ 

私たちの行った時は台風の余波か夏枯れか、とにかく水揚げが少ないようで、七尾港まで仕入れに行っているという話を聞きました。
鮮魚がなければ魚介系居酒屋さんは大変ですもんね、そんな貴重なお魚さんのお刺身うまっ♪
b0089578_15033838.jpg
・石崎海老フライ・タルタルソース

七尾湾内の石崎漁港内で獲れる石崎海老の丸ごとフライ、海老好き星人が見逃すはずもなくサクサクっと頭までかぶりつく。
b0089578_15034238.jpg
・ガンドカマ焼

自宅じゃ焼き魚ってあまりしないなぁ・・でも秋は秋刀魚焼く様に幅広い蓋付フライパンを購入しました(グリル古くて使えない家)
しかもカマ焼きとか家で皆無、こういうシンプルなのいいですね。

b0089578_15034976.jpg
・加賀太胡瓜もろきゅう

普通のきゅうりよりも果肉が柔らかくてしっとり、そして味噌で食べてるせいなのか太胡瓜の性質かあんまり青臭さを感じません。
b0089578_15035307.jpg
・薩摩どり・せせり黒焼き

やはり肉きたー!鶏の首まわりの部位で柔らかくて弾力があるっ、身しまってるね。
b0089578_15034521.jpg
・蛸、鯛の子旨煮

蛸の子はもちもちと実山椒煮、鯛の子も旨みがあってどれもお酒にあうおつまみ
b0089578_15035611.jpg
・おばけのサラダ

おばけ(尾羽毛)、さらし鯨とも呼べるこの白いひらひらな物体は鯨の尻尾の皮をスライスして茹でてあるもの。
関西ではよく辛子酢味噌などで食べるらしいですが、これは酢味噌の他にレモン、オリーブオイル、塩、黒胡椒のドレッシングで和えたサラダ、シャレオツ。
このおばけ、ふわふわして適度な歯ごたえがあります。
b0089578_15040032.jpg
・茶そば

最後はさっぱりと茶そばで〆っ!!氷使いが半端なく豪快。

魚介のお刺身や炉端焼きはもちろんのこと、打木赤皮栗南瓜や加賀太胡瓜などの加賀野菜に地酒も品揃えがあって地産地消を感じられる。
私たちのいる間に外国のお客様なども入店してきたりと、観光客利用にも適しているお店。
お肉もいいけど魚もねっ、普段近江町市場に寄れないので仕事帰りのスーパーで半額刺身を買っている身には有り難い、魚尽くしでもいいような夜でした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-08-28 06:33 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(松村):ジャークジャイ・タイフードセンター(タイ料理)でトムヤムヌードルランチ

b0089578_17004727.jpg
先週のことなんですがちょっと県庁に行く用事があったので、頭の中ではすぐそばのラーメン屋でランチしてから県庁入りと完全に予定組み、
だが、お店はまさかのお休み・・・予定調和の中にぃ~♪by 筋少、のはずがHPをちゃんと確認しなければいけませんね。

麺で固定されていたので幾つか候補があがった中から、金石街道沿いのジャークジャイ・タイフードセンター
夜は何度もあるが平日ランチに来れることは滅多にない、前回はガパオだったが今回は麺にしてみよう。

・トムヤムヌードル:870円

他でみた夏の平日ランチ限定「冷やしトムヤムヌードル」はすでに終了していたので、普通のトムヤムヌードルランチ。
トムヤンクンをベースとした辛口ヌードル、麺はセンレックという米粉のやや細めの平たい麺。

スープを1口飲むとまさにいつもの辛酸っトムヤンクンの味!でも、やや自分には少し甘めに感じたので、横にある卓上調味料セット(クルワンプルーン)で味を調節、トウガラシ、ナンプラーをちょいちょいっと。

すると丁度良い具合になったので順調に食べ始めるが、当たり前だがなかなか辛いがレベルアップ。
つるるとすべる麺ともやし、愛するパクチーを食べながら一休みのサラダ、だがライスには手を付けない。

かなり辛いのでだんだん額から汗が・・あ、顔全体・・あ、背中も熱く、いつのまにか恐ろしいほどの滝汗状態!
ハンカチで何度も汗をおさえながらもスープを飲むのはやめない、そして麺とサラダが終了。

ライスはおもむろに残ったスープの中へ、トムヤンクンを全部飲み干すためのチェンジギア、トムヤンクン雑炊。
リゾットの方がスプーンでダイレクトに辛さが伝わったせいか、何度も咳き込む、しかも滝汗。

雑炊にしたらかなりお腹膨れます、化粧も落ちました・・・が、その後お直しして県庁へと向かいましたとさ。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-08-27 22:00 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

タコス de 八百屋のホームパーティー!メキシコ料理を食べつくす!

b0089578_15073263.jpg
5月にうちに集まり餃子パーティー を開いた時、次は「タコスパーティー」とお題はすでに決められていた。
タコスだけじゃ物足りないのでメキシコ料理も数種類作ろう!
いつ開催するかは全員の予定次第、だけどタコスやメキシコ料理だったらやはり夏がいいよね?と、8月上旬の週末に決定。
メンバー:BOW隊長、だるまちゃん、てんむすちゃん、ヒサナオ、スカタン

ええっと、タイ料理の調味料は家に色々揃っているのだが、メキシコ料理関係はあまりというか・・ないな。
仕事帰りに8号線沿いの松任やまやによく立ち寄るのだけど、そこはサルサがなかなか種類が選べて、さすがに激辛は怖かろうとマイルドの大瓶、タコスシーズニング、トルティーヤチップスなどを購入。

当日は午後から女子メンバーだけで買い出しに出発、お野菜はもちろん新竪町商店街の八百屋松田久直商店でゲット。
何でも私たちのためにへたれライムを避けてあるとかで、色々必要な野菜を物色した後はエムザ地下のカジマートへ。
タコスは絶対ソフトシェル!とのだるまちゃんの天からのお言葉により、カジマートでソフトシェルを見た!家政婦は見た!の情報が元。

一か月ほど前にスーパーで買い物中、突然夫から「タコスが食べたい!」と無理難題言われて急きょやまやに。
ハードシェル(タコスの固い生地)しか見当たらなかったので、それで作ったらバリッと割れてこぼれるのでちょっと食べづらいかなと感じていたので丁度よいわ。
なのでソフトシェルが売っているお店を探していたのだよ。

皆で買いこんだ材料を持ちこんで、早速うちのキッチンでのメキシコ料理への戦い、うちの夫が仕事から帰宅する頃にパーティーがスタート。

器は、ちょうどその時発売するエルア・ターブル(elle a table)NO.75に遊心の器が掲載されるというので、かき集めて徳永遊心まつり。
b0089578_15074001.jpg
・妄想スープ(BOW隊長作)

・・すいません、これメキシコ料理ですか?
なんでも、BOW隊長が仕事中にパーティーに出す料理を考えていて、こんなの飲みたいと妄想しながら考えたレシピらしい。
レシピと一応書いてみたが、頭の中の妄想でできているので、多分レシピはないんではないか?←失礼

でも、ライム汁たっぷりとコンソメに野菜・・というところで、メキシコ料理のソバ・デ・リマ(ライムスープ)というやつでしょうか。
トマト、パプリカ、オクラ、玉ねぎ、ズッキーニ・・と野菜たっぷりのお出汁にライム汁の酸味が爽やか。
b0089578_15074699.jpg
・たたききゅうり(BOW隊長作)

・・・これは完全にメキシコ料理から軌道を外れているが、美味しければそれでよし。
なんでも、今一番BOW隊長がハマっているのがS&Bのシーズニングミックスだそうで、これは「韓国風たたききゅうり」の素。
たたききゅうりにごま油とシーズニングを混ぜるだけで、にんにくの香りのピリ辛たたききゅうりが出来上がるのだとか。
簡単でなかなか美味しいです、チョレギサラダの素とかその他いろんな料理があるのね。
b0089578_15080116.jpg
・チリコンカン(だるま&てんむす作)

買ったお肉の半分はチリコンカン、チリミートへの2つの分かれ道、中身は牛ひき肉、玉ねぎ、トマト、にんにく、オリーブオイルなど。

前からのやりとり「オレガノ、チリパウダー、クミンパウダー、コリアンダーパウダー、カイエンペッパーが必要なんだけど」
「それ、家に全部あるわ!!」って、うちはどんなスパイス館やねん、八百屋とは関係なしに個人的に色んなスパイス常備してます。

チリコンカンは各種スパイスとキドニービーンズ、チリミートの方がタコスシーズニングで味付けしました。
チリコンカンは単品で食べるのだが、タコスにのせるチリミートが足りなくなったら、チリコンカンのせようそうしよう。
b0089578_15075367.jpg
ナチョス(てんむす作)

メールでやり取りしている段階から「私はナチョスを作る!」と意気込んでいたてんむすちゃん、何でもカナダ時代によく食べていたとか。
作り方はトルティーヤチップスの上に炒めたパプリカをのせ、溶けるチーズをのせてオーブンで焼く。

オーブンの簡単に使い方を説明して、後は任せたっ!と離れようとしたら、温度設定のデジタル文字が「350℃」
私「ちょっ・・・温度高くない?何つくるん?」
だるま「普通は180℃とか200℃とかでいいんじゃない?」
てんむす「えっと~~オーブン温度って普通どれだけだっけ?」
次々に横からツッコミが入るので不安になったらしい。。。

うちはあの石釜ドームオーブンで350℃までいけるやつだけど、まだ過熱水蒸気使ったことないし、ちゃんと説明書を全部読んでいない。
チップスはノーマルとチーズ味を混ぜてあったけど、溶けたチーズがチップスにかかってこれは美味しい!
b0089578_15075734.jpg
・アボカドと魚介のセビーチェ(スカタン作)

セビーチェは柑橘類(ここではライム)で味付けしたシーフードのサラダ、キリンのレシピから作りました、
海老(ボイル)、まぐろ(生)、たこ(ボイル)、鯛(生)、アボカド、紫たまねぎ、にんにく、ライム汁、パクチーなどを使います。
作ってから冷蔵庫で冷やしておくのですが、その間に少し汁が出てしまっていたな・・・。
魚介がよくドレッシングに浸かってアボカドのまろやかさと、にんにくとライムの香りとパクチーが混ざって自画自賛ですが旨い。
b0089578_15081248.jpg
今回のメインのタコス、横にホットプレートを置いてソフトシェルを温める間に、溶けるチーズも一緒にのせてとろけさす。

ハードシェルで作った時には何かと凝りまくる夫がチェダーチーズを削ってかけなきゃなりませんというので、←削る作業、私なのだが
わざわざチェダーチーズ買ってきてタコスの上から削り落としていたが、団体だとチーズ削るのも面倒、安い&簡単これでいい。
b0089578_15081654.jpg
タコスの上にのせるもの
・レタスの細切り
・チリミート:味付けはタコスシーズニング
・トマト角切り
・ワカモレ(アボカドディップ):アボカド、レモン汁、玉ねぎ、塩のシンプルな味付けで作りました。
八百屋にへたれアボカドを幾つかもらってきたので、ディップに丁度よい熟し具合。
b0089578_15082455.jpg
てんむす風タコス:溶けたチーズ、レタス、チリミート、トマト、ワカモレ、サルサソース、サワークリームをのせて食べます、うまっ!!
b0089578_15082828.jpg
さらに天狗のあらびきソーセージ、ガリビエのソーセージを使ってソーセージタコス。
上のてんむす風タコスにソーセージ、チップスを割ってのせて食べるとより複雑さと香ばしさが増すっ、うまうまっ!!

セビーチェ、スープ、チリコンカン、ナチョス、たたききゅうり(笑)があるので、1人タコス何個食べられるだろうか?
と買い出し中も話し合っていたのですが、夫に聞くと10枚!!って、人外の胃か!?

結局、ソフトシェル20枚買って、1人3、4個というところ。
それでも手のひらよりやや大きめのサイズなので、3個でも少食とは言えないな・・4個だと大食いに足を突っ込むレベル。

手巻き寿司のように作りながら、食べながら、喋りながらでボトルワインも飲んで、アミーゴたちと大盛り上がり。
いやぁ、ホームパーティーって本当にいいものですね、by水野春郎。

そういえば昔、映画館が二本立て興行の時代に、観たサブ映画が「サボテン・ブラザーズ(スリー・アミーゴス)」。
メインが「プラトーン」という気持ち切り替えるのに差がありすぎな組み合わせだったよなぁ・・・・

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-08-27 05:58 | うちごはん | Trackback | Comments(6)

金沢(東山):東山PIZZARIA PERCHE(東山ピッツェリア・ペルケ)ピッツェリア

b0089578_14424253.jpg
下の海水浴記事からの続き、泳ぎ疲れ・お風呂疲れのダルい身体をしょって夕方に帰宅。
もはや夕飯の支度をする気力もなく・・・初めからその魂胆か否かは置いといて、近場で夕飯しようということに。

もう化粧する気はさらさらなく、どすっぴんのまま徒歩で向かうは、まだ訪れてなかった東山のピッツェリア、PERCHE(ペルケ)
ナポリ直輸入の釜で薪をくべて焼く本格ナポリピッツァのお店、東山らしい町屋風の外観です。

入ってすぐに一枚板の大きなカウンターがあり、夜のせいか薄明りの照明が落ち着いたムードを演出。
カウンターは埋まっていたので、私たちは奥の少し明るめのテーブル席へと案内されました。
b0089578_14425991.jpg
私はグラスで泡もの、向こうはビール、この後はハウスワインのグラスを1杯づつとこの日は割と控え目。
b0089578_14432669.jpg
・オリーブ盛り合わせ

芳醇な味わいの濃いオリーブにフレッシュな緑色のオリーブ、大粒の黄緑色のオリーブが特に美味しい。
お野菜料理のメニューもあったが、今回はピッツァだけを注文しました。
b0089578_14435278.jpg
・ディアボラ
水牛のモッツァレラ+チェリートマト+バジリコ
サルシッチャピッカンテ(ナポリの辛いサラミ)、ペペロンチーノ(イタリア産唐辛子)

最初注文する時に1人1枚づつ食べれますか?と尋ねたら、結構大きさがあるのでまず1枚食べてから考えてみてはどうですか、と勧められる。
確かに大皿にのったピッツァはかなりの迫力、他のお料理を頼んでいたら1人1枚は難しいかも!?

チェリートマトを埋め尽くすようなトマトソースとトマトのフレッシュさ、時折感じるサラミの香辛料や唐辛子のピリ辛加減が食欲をそそります。
周りのふちがもこっとあがって、その部分を食べると特にもちもち具合が分かるかも。
b0089578_14441612.jpg
・フィレット
水牛のモッツァレラ、フレッシュトマト、チェリートマト、バジリコ

上の画像で1人1枚を不安視していたのはやはり幻、「もう1枚食べようか?」と結局1人1枚。
丁度オーナーさんがテーブルにいらっしゃったので、やはり基本のおススメはマルゲリータですか?と尋ねると、フィレットがお勧めとのことでそちらを注文。

トマトソースのマルゲリータとは違い、モッツァレラが主役のように一面に広がってそのうえにフレッシュトマト。
おおおお・・チーズ好きにはたまりません!ディアボラもよかったけど、こちらはより生地の美味しさがシンプルに伝わる。

ランチ営業もされており、夜は18:00~深夜1:00まで営業。
普通の時間に行ってもいいけど、お酒を飲みながら遅い時間のピッツェリアも魅惑的な雰囲気・・。
今度はカウンター席をぜひトライしよう。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-08-25 23:15 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(加賀市):橋立ガラポン温泉

b0089578_14405593.jpg
ここ最近特に大気が不安定なこともあり、日本の広範囲で大雨が発生していますが、気温も低めでもう9月の様です。
そんな中でも8月始めのことなんですが、かなり暑かったこともあり、
夏に1度は海水浴するのがモットーなので、福井と石川の県境にある海水浴場に行ってました。

完全オトナ世代のボディーは誰も見たくないだろうがビキニ、多少お腹がプルンと揺れても気にしないっ
一通り泳いで海の家でかき氷食べてと、夏のイベントを1つづつこなす。

行く前に100均に立ち寄り、ビーチボールとボディーマット(小)の浮き輪を1つづつ買っていったけど、
膨らましたはいいがビーチボールでうふふあはは・・とバレーするわけでもなく、浮き輪代わりにするにはツルッとすべる。
お互い各自でプカプカ浮かんでいる行動をしているので・・・これは失敗。

ボディーマットがビート板代わりになってかなり役立ちました、遠浅じゃなく近深でおっかなびっくりな海だったので。
大き目の浮き輪やボート買うほどじゃないので、来年はボディーマットを1つ増やすことにしよう。

ジム用のスイムゴーグルも持っていたので、海底を覗くと時々お魚さんの姿も!来年は耳栓も持って行って海女さんしようか。

付き合い始めの頃は海に入るの一瞬拒まれた時も(逆じゃない?)イベント引き回しの刑のおかげで今ではすっかり海水浴は定番化。
b0089578_14411268.jpg
海水浴場のシャワーがかなり混雑していたので、水着にラッシュパーカーを羽織ってそのまま銭湯へ直行。

橋立ガラポン温泉:〒922-0554 石川県加賀市橋立町に80

ガラポンって、あのガラガラ回して玉が出る抽選器のこと?なるべく近場で検索したら出てきたのだが、かなり不思議な温泉名。
入口には海水浴後のお客も多いのか、足を洗うようにホースが用意されていた。
b0089578_14413151.jpg
入店すると目の前にまんまガラポンが置いてある。
入浴料を払うとガラポンを1回回せて、ハズレなしらしく横の景品棚からもらえるという仕組み。
b0089578_14413936.jpg
景品棚、ざっと見て欲しいような、欲しくないような、欲しいものがないような、ないような・・・
一番下の段と二番目の段の景品の差が分かるような、分からないような、ないような、ないような・・・
b0089578_14415002.jpg
お互いにガラポンして貰ったのは、タイ製のメモ帳と紺色のきんちゃく袋。
少なくともアイドルカードや、カラフルなスーパーボールよりは私たちらしい、というか。
b0089578_14420077.jpg
どうも元温泉旅館を利用した銭湯っぽい、食堂の様なスペースが休憩所。
お風呂は年季が入っているけど温泉だし、小さいけどサウナもあるし、ガラポンの漠然とした魅力に心惹かれるわけで。

・・・と思って記事を書いていたら、2014年8月17日をもちまして営業を終了致します、というお知らせが。
ラストガラポン。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-08-24 21:46 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町界隈・十三間町):Hitch Ark (ヒッチアーク)・雑貨・お酒・食事

b0089578_14390138.jpg
新品のエアコンの温度を巡って体感温度が違う夫婦のボタンの争いで、もうよかろと風邪をひきそうな私。
記事はまだまだ暑さも本番な7月末、仕事とお店の片づけを終え、何となく平日だけどゆっくり飲みたいと感じていた日。

犀川大橋からデイリーヤマザキ横の道を入って、ずんずん奥へ・・・十三間町エリアに入った左側にある白い建物のお店、
旅する箱舟という名のHitch Ark (ヒッチアーク)に行ってきました、コンセプトはご飯が食べれる雑貨屋さん。

私たちが入ってすぐにとてもファッショナブルな女性2人組がお客さんで来店し、カウンターのお隣同士に。
かたやお互い仕事終わりました的な顔ありありお疲れさんモードの中年夫婦。
店内を入ってちょっと奥に入った場所にカウンターが、ちょっと繊細さがあるデザインの椅子と共に伝わってくる独特な空間。
b0089578_14390445.jpg
・前菜盛り合わせ(1人分)
チモシーという加熱タイプのまろやかなチーズ、チーズの味噌漬け、ブラックオリーブとアイコトマトの串、スペインサラミチョリソー。
北海道にいた経験をいかして北海道直送のチーズがメニューに並んでいました、その他も1つ1つ拘りが。
b0089578_14390781.jpg
夫の最初の1杯はまずビールという、とりあえずビール法則にいつも従っているのだが、メニューを見て「おっ!」あるビールに目がとまる。
スペイン最高級ビール「イネディット」、シャンパンの様なビールの概念を覆すような存在と言われているビール。

私は実はビールが苦手な人で、昔の職場の宴会にてとりあえず最初の1杯で全員渡されて乾杯の音頭を取って飲むビール、
下っ端だったのでつがれつがされ・・・飲めないわけじゃないけど美味しいと思って飲んでいる方ではなかった。
今では焼酎やチューハイでお願いします!と最初のビールを拒むマイロードな奴になってますが、今の若い世代の方がそんな人が増えている気がする。
苦みが強くない、ビアカクテル、黒ビール、ベルギーのフルーツビールは大丈夫。
そんな私がイネディットをお味見、あらフルーティーな香りで泡が繊細でハーブかフルーツの様な爽やかさ、美味しいわ。
さらに夫の分を飲もうとする私に「そんな奴はイネディット」な態度で拒まれる。

私が飲んでいたのはヒッチアーク・モヒートとコッリロマーニョというビオワイン、こちらイタリア・サンジョベーゼでメルローと表記されていたのですが、
これが1口飲んだらとても美味しくて好み!す~っと自然に喉に通っていく感じは、やはり前に飲んだビオワインと同じ。

・北海道プレート(期間限定8月末)

ドリンクの話が長くなったが、この画像は、江別トンデンファームの骨付きソーセージとチーズの盛り合わせ。
江別市のトンデンファームは、牧場経営から手作りハム・ソーセージの製造、レストラン経営もしている会社で、
よくデパートのオンラインショップのお中元・お歳暮の時期にハム・ソーセージ詰合せで見かけるので名前は知っていました。
豚の肋骨と一緒に腸詰されたソーセージ、骨がある分、肉と一緒に旨み成分が増加しているような味です。

チーズは大樹町「半田ファーム」、興部町「チーズ工房アドナイ」より直送のチーズから好みに合わせて色々チョイスしてくれます。
ミモレットや白カビ系のチーズにベリーソース付、タスマニア産粒マスタードは大粒でプチプチ。
b0089578_14391062.jpg
・ホタテのバター醤油焼き
オーナーの奥様の出身、北海道オホーツクで捕れたホタテを直接仕入れ、焼き目をつけてオリジナルバターソースで。
ホタテがやわらか、そして底にたまったソースが魚介の出汁とバターでなんとも自然な旨みたっぷり、これにフォカッチャを浸して食べました。
b0089578_14391334.jpg
・自家製フォカッチャ

ホタテのソースがたっぷりあったのを炭水化物星人が逃すはずもなく注文。
ちょっと揚げてある?感じの自家製フォカッチャ、香ばしい。
b0089578_14391656.jpg
・ボロネーゼソースパスタ

パスタは私が選んでもいい、と言われたので、多分エビのトマトクリームソースを食べたかったと思うのだが自分的にはこちら。
最後の晩餐で何が食べたい?と聞かれたら、「母親の作ったミートソース」と、ザ・シェフの世界か!と突っ込まれそうなほどミートソース、ボロネーズソースが好きです。
あの味を再現しようと思って、自宅でもミートソース作ってるんですよ。
こちらのボロネーゼソースも自家製の手作り感たっぷりのよく煮込まれたパスタ。

ランチではスープセット、パスタセット、豚丼など気軽なカフェメニューっぽいのですが、
夜は色んな前菜からサラダ、パスタにピッツァと「ご飯が食べれる雑貨屋さん」の想像以上、特にお酒の部類は世界中のビールやワインも赤・白さまざまあります。
b0089578_14392033.jpg
お客さんが誰もいなくなってからオーナーに店内を案内してもらいました。
1Fの奥には雑貨販売のスペース、アジア系のもの、日本の作家さんのもの、それぞれ温かみがある雰囲気のものばかり。
b0089578_14392307.jpg
2Fはテーブルとソファーがそれぞれあり、楽しくおしゃべりをしてゆっくりとくつろげる空間を心がけているそうで、
昼間の2Fの写真を他で見ましたが、光が差し込んできてよりゆったり出来そう。
b0089578_14392611.jpg
真っ白な壁には綺麗な花や風景の写真などが飾ってあります。
b0089578_14392989.jpg
ちょっとドリーミーで異国的なアートな絵も描かれていたり。
b0089578_14393369.jpg
帰り際、オーナーに見送っていただいた時に写真をパチリ。

店内のディスプレイにオーナーの拘りを垣間見たり、カフェだったり雑貨屋だったり、夜はちゃんとご飯を食べてお酒を飲めたり、
あ、昼飲みもできるのかな?なんだか色んな顔を持つハイブリットな空間です。
1人でふらっと来てカウンターでゆるゆる飲み食べするのもいいし、友人と一緒にランチでも夜訪れてもいい、素敵なお店です。


近況♪

続・ダイエット話なのですが、うちの食卓は上のオーダーでもわかるように、毎日チーズが出されるほどチーズ好きな2人です。
デパ地下のチーズが並んだコーナーの美味しいチーズ大好きですが、エブリディ高級チーズが食べられるほど財力もなく。

そんな家族の味方、スーパーで買うのも食べるのもお手軽なQBBのベビーチーズのヘビーユーザー、あ・・切れてないカマンベールもね。
ちまちま色んな味のベビーチーズを食べてましたが、その甲斐あってかQBBの第三回ベビーチーズ総選挙に応募して見事当選!
昨夜、9種類ものベビーチーズセットが郵送されてきて小躍りしまくり。

昨日の夜の食卓は、サーモンとディルの葉っぱサラダ、具材たっぷりの食べるトマトスープ、松茸のホイル蒸し←へたれ松茸利用
というダイエットメニューだったのだが、当選小躍りと共にここにチーズが割って入ってきた。

チーズと言えばワインだろう・・とアルコール我慢の頭はどこへやら、晩酌始まってしまいました。
結果、体重は0.3キロ増、くっ・・まだ元の体重から離れてしまった。
木曜日はどうなるかなー?

QBBのベビーチーズに限定商品として、マスタード&チョリソー、レモン&ペッパーが出ていて、レモン&ペッパーお気に入りなのですが
スモークチップ入り、贅沢アーモンドのプレミアムベビーチーズが販売しているらしいけど、スーパーで見当たらない。
もし、売っているスーパー知っていたら、こっそり(堂々とでもいい)教えてほしい・・・

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-08-21 06:16 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(片町):笑食酒処・くし家(串カツ・串揚げ)

b0089578_14365142.jpg
スーパーお盆太り解消の為、ジム後のラーメン断ち、某バー、某イタリアンでパスタも避けて、大人しく家で野菜飯ダイエット中です。
そして、記事は7月末、初めて大阪に行ったのは大学2年の頃、スティングのライブだったのですが、
当時はまだお子ちゃまだったので、友人と夕食にお好み焼きを食べてお酒も飲まず(未成年だったな)食もまぁ控え目。

20代の頃から友人の下に遊びに行くようになると串かつを覚えだし、フェスティバルゲートが出来る前のディープさが残る新世界へとたびたび連れて行ってもらったものでした。
揚げたての串かつとさらっとしたソース、二度づけ禁止令を習う、最近は大阪だと何故か京橋立ち飲みが多いですが久しぶりに串かつもいいなぁ。

金沢には昔はほんっと串揚げ屋さん少なかったのですけど、最近はちょこちょこ増えてきている傾向にありますね。
今回行ったのは「笑食酒処・くし家」、金劇パシオン1Fと金劇ビルと裏道への通り道沿いにあるまさに片町の中心地。
串かつの他にお魚や野菜など1品メニューも多数揃って、気軽な居酒屋使いが出来るお店です。
※9月に同じ片町の近くに移転予定
b0089578_14365545.jpg
串揚げメニューはメニュー兼オーダー表があり、どれを何本希望かチェック印を記して渡せばいいので団体だと特に頼みやすい。
おまかせセットやお肉セット、海の幸セット、野菜セットとセットオーダーもあるが、私たちは好きなものをチョイス。

・うずら、小たまねぎ、ささみしそ

串かつはどれもなかなかキメの細かい衣なので口に入れた時に、あのガサッと感が少なくサクサクっと揚がって美味しい仕上がり。
串かつ屋でも焼き鳥屋でもとりあえず必ずうずらは頼む、そして玉ねぎは小玉ねぎにすることで食べやすい。
b0089578_14365948.jpg
・厚焼きピーナッツ味噌焼き
b0089578_14370334.jpg
・紅生姜、豚かつ

大阪名物と言っていいのかな紅生姜の串かつ、平たい状態で揚げてあってあの紅生姜の味!豚かつ定番!
b0089578_14370723.jpg
・カマンベールチーズ

普通にソースでもいいけどブルーベリーソースでほんのり甘酸っぱい組み合わせ、チーズがとろんと溶けた状態の甘みプラスで私は結構好き!
b0089578_14371545.jpg
・大海老、活ホタテ

この~大海老が~歩く甲殻類人猿こと海老王子が大変気に入って、お替りしてました。
確かに海老が大きいので食べごたえというかプリプリ感が増しますね。
愛は勝つ!ホタテは活!なので柔らかさと歯ごたえ感あり。
b0089578_14372502.jpg
・カリカリポテト(スパイシー)

珠洲塩orスパイシーから選べるポテトは通常より細切りでスナック感覚、お好みでケチャップ&マヨネーズ。
b0089578_14372877.jpg
・牛かつ、いか、ベビーコーン、生ふ、鮪ねぎま、大海老

二回目の串かつ注文、今度は2本づつじゃなくお互いに好きなものを1本づつ、画像はまとめて1枚だけ。
ベビーコーンがほんのり甘くて旨、鮪ねぎまもあっさりしてなかなか、大海老を食べたのは言わなくても・・・
b0089578_14373247.jpg
・キス

お肉も好きだが淡泊なお魚の味わいもいただきます。
b0089578_14380997.jpg
・大阪イカ焼き

阪神デパ地下で何度か食べたイカ焼き、イカぶつ切り入っててもちっとして甘辛いソースとマヨネーズ、軽いお好み焼き感覚。
b0089578_14381257.jpg
・名物くし家焼きそば(ハーフ)

ソース味の焼きそばはハーフでも少なくないかも、1人で来てハーフにするのは他に串かつ食べているので量的に丁度いいかな。

串かつの他にお刺身、おつまみ、揚げ物、焼き炒め物、サラダ、〆系のごはん・焼きそば系もありメニューは豊富。
塩ホル焼きそば、山芋と海老のふわとろ焼き、牛ホルモンの串かつを注文するのを我慢して食べれなかった心のこり細川ひろしな品3つ。
テーブルには激辛ソースと珠洲の塩が添えてあって、細かいところにその店の拘りが感じられるお店でもあります。

さらに毎月9と4の日は「く・し(串)の日」として串かつ25種類以上が100円とな!!!
こここここれは端から端まで制覇したくなる魅力的な企画!

9月に同じ片町のご近所に移転すると聞いたんですが、日にちは聞いてないですがそちらも楽しみ。
9月4日はものすごいダブル串の日ですね、やはり9と4の日を狙いたい気が満タンになってきたかも。



近況♪

先週のお盆の間、友人たちとの飲み会、自宅ベランダで炭火焼き肉、親戚の集まりの宴会、お出かけ先でラーメン、お土産お菓子、
などの食の暴虐の限りを繰り返していたら、月曜の朝、毎朝の習慣・裸体体重チェックで、なんと一週間で3キロも増えていた。

3キロっておい・・すごいな、と思わず感心するほど・・全身鏡を見ると先週の自分よりも明らかな変化が。
背があまり高くないので如実に表れてくるわ~、白いジーンズを履いた自分に「太ったな」と素直なセリフを吐きかける夫。

そんなセリフよりも体重計の測定値の方が、マトモに突き刺さったので、月曜朝から本気と書いてマジダイエット進行中。

月)
朝:生フルーツ+水(本当は珈琲とか飲まないつもりが、飲んでしまった)
昼:お弁当の野菜サラダ+スープ(白い食べ物禁にしようと思いつつ、ついパンを食べてしまった)
夜:家で野菜サラダ+野菜スープ(夫が食べているポテチに手がのびてしまった)

なんかところどころ抜け穴が多い。

火)
朝:生フルーツ+水(やはりコーヒーは欠かせず、砂糖入り)
昼:お弁当の野菜サラダ+寒天入りリゾット(おやつにケーキがあたる)
ジムでコンバット+サウナ
夜:家で野菜スープとお刺身、お豆腐

・・・っで、2日で2.6キロ痩せました、早っ!!!友人によると、増えた体重は早めのパブロン、早めの処置が大事とか。
戻るの早かったけど、ここからですな勝負は。

そして2日アルコール抜きにしているのも勝因だと思われる・・・・・・が、正確にはそうでなかった。

夫が「俺も太ったからダイエットする!」って言い出したので、月曜は私と一緒に野菜サラダ+野菜スープ
いつもいつも「明日からダイエットする!」というのが定番セリフだったのが、ようやく本気印だしたか。

ま、野菜スープお代わりしてたけど、それは別にいいか・・と思ってたら、おもむろにポテチを食べたした。

夫はビール、私はアルコール我慢していたのだが、「白ワインが飲みたい」と言うので用意すると
1人で飲んでてもつまらないから1杯だけ飲んで~と言われて、つい飲んじゃったじゃないか!!

この場合、どちらが悪いのだろう?・・・断れなかった、我慢できなかった私ですね、しかもポテチに手がのびてしまったし。
でもいつもよりワインも1杯だけなので、飲んでいないに等しいな←飲んでるし

そんなわけで水曜日も家でダイエット飯の予定、アルコール抜きでいられるかどうか。


ちなみに野菜スープの内訳は、かぼちゃ、きゃべつ、玉ねぎ、人参を昆布と水で野菜の出汁が出るまでじっくり煮て
塩、胡椒を加えるだけです・・・のはずだけど、さみしいのでソーセージを薄切りにして足しちゃいました。
ストイックに!を目指すもなかなかに脇が甘いと自覚しております。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-08-20 06:22 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)