<   2014年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

金沢(進和町):華林楼(上海料理)でランチ

b0089578_16352488.jpg
今まで何度となく進和町の華林楼に通ってた私、もちろんチーム華林楼№1ゆうちゃん(自分で名付け親)には遠くは及びません。
1人かりんろー、2人かりんろー、グループかりんろー、貸切かりんろー、全部夜でした。

やっと日曜の昼に2人でかりんろーランチに食べにいった日、
テーブルに座り、後2席で満席のところでガラッと入ってきたのは知人2人、迷わず同席で4人でかりんろーランチ。

・油林鶏定食(ゆーりんちー):730円

お昼の定食セットの中から私が選んだ1品、油林鶏は親がよく作ってくれたメニューの1つで、
昔の色あせたきょうの料理本にも掲載されていたので、揚げが面倒だけどぜひ家庭でも作ってみたい品。
揚げたての鶏肉の周りにはきゅうりとトマト、酸味の効いた中華ソースが食欲をわかせます。
中華タレかけの冷奴、ワカメのとろみスープ、ザーサイ、サツマイモのクリーム和えが付いている。
b0089578_16353233.jpg
・長いもと2種海鮮の四川炒め定食

こちらは日替わり定食(800円)の中の夫が食べていた品、他には台湾ラーメン、加賀レンコンと豚肉のカレー炒めの計3種。
b0089578_16353778.jpg
・麻婆豆腐定食:750円

お隣の知人の注文品、ん・・・真ん中に白子が入ってる!!実は1人はノーマル麻婆豆腐定食、もう1人は白子麻婆豆腐定食だったのだ。
時々みかけるスペシャルメニュー、季節限定ラスト白子でした。
一番人気の麻婆豆腐、初めての人はこれがおススメ、山椒たっぷり深みがある味わいの大人の麻婆です、んまい!
b0089578_16354448.jpg
・台湾ラーメン:800円
野菜たっぷりの台湾ラーメン、もちろん隠れてひき肉も・・そこまで辛くはないです。
名古屋の鼻水でるほど辛い、味仙の台湾ラーメンのイメージが植えつけられている私ですが、安心して食べられました。

なぜ最後にラーメン?実は夫と私は定食だけでは足りなかったので、ラーメンを追加&シェアしたのでした、おしまい

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-05-30 06:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

石川(能美市):シャルキュトリーガリビエ/GALIBIER(ハム・ソーセージ専門店)

b0089578_16340589.jpg
GW中の記事最終章、本当は出張に着るスーツを竜王アウトレットまでお出かけついでに見に行きたかったのだが、予定が立たず。
人から聞いた話によるとインター付近からの混雑ぶりが凄かったらしいです。

で、何の気なくランチを済ませたGW中のある1日、「これからいしかわ動物園でも行ってみる?」と夫。
「えぇっ!!えぇーーーーーーーーーーっ!!!!」
なに、その驚愕っぷりは!と思われるでしょうが、それには訳がある。

付き合い宣言をしてからの初デートへの約束を決めるメールで、「やはりデートと言えば動物園とか?」
と私が推薦したら、「動物園ってまた~」と笑われる。

・・・いい歳こいてですが、私は動物園が好きです。
県外のテーマパーク的なものも経験済みだし、今は飼っていないけど普通に鳥や猫や犬も大好き(鶏が先に出ましたわ、こっちの方がよく使用しているので)
初デートのセオリーとしても動物園は当然範囲内なので、当然のごとく勧めてみたのだが「ぷっ」扱い。

それから何度も動物園に行きたいとせがんだのに、興味がないらしく難なくスルーされてきました。
そんな訳で「このスカタンには夢があるっ!!」←JOJO風

なので、あっさりと「動物園行く?」発言に驚きを隠せなかったわけで。

お昼をかなり過ぎていたせいか駐車場はあっさりと入場でき、久しぶりにいしかわ動物園を堪能♪
施設の中で放たれているオオハシくんを片思いの恋人を見るような目で天井を見つめる私。
ここの食堂のカレーはキッチンユキなのだな、と食の頭をもたげることも忘れず。

ところで同行人の方は小学校以来の動物園だったらしく(金沢ヘルスセンターかしら?)、序盤の猿ブースから「おぉっ!」と興奮状態で
童心に戻っているのはどっちだ!?と分からなくなるくらい楽しんでいた模様。
晴天に恵まれ空気も良く「心が洗われた~」とも、命の洗濯もできる動物園パワー。
b0089578_16341882.jpg
ここまで来たならばあそこへ行かねばならない、動物園の正面道路を突っ切りどんつきを右に曲がると左手に見えてくる建物がシャルキュトリーガリビエ
2013年5月オープンの手作りのハム・ソーセージなどの食肉加工品(シャルキュトリー)を販売するお店で、
フランスで3年修業、岐阜の有名店に在籍したご主人の経験を活かした繊細で滑らかなシャルキュトリーはオープン以来話題に。

今まで頂き物を何度か、後バーカロにはガリビエさんのソーセージがメニューにあるので焼いてもらったりとかで、
幾度となく食べたことはあるが、実店舗に行くのは初めて、というかもう一周年なのかー。

店内にはハム、ソーセージ、パテ、リエット等、豊富にあり、優柔不断な自分にはかなり辛いところ。
b0089578_13164239.jpg
粗挽き燻製ウインナーのフュメはワイルドな味わい、ニュールンベルグは滑らかで、リエットはバケットにつけて食べてます。
何度かいただいた和風ソーセージは紫蘇が入っていて爽やかでお気に入りだし、生ソーセージもまたよし。
場所が場所なのでなかなか手に入りにくいけど、いつ食べても美味しくて満足感。
b0089578_13165329.jpg
ソーセージによってはボイルorソテーに向いているという付属した紙の通りに調理したことがあるが、基本的にはそてーが好み。
ストウブのラウンドホットプレート(蓋付)に油なしの状態でソーセージを放り込み、蓋をして弱火でじっくりとソテー。
裏返して十分に火が通ったなと思ったら、お皿代りにそのままテーブルへ。
他にもスペインオムレツ作るのにオーブンに入れたり、パエリア作ったりと元を取れるように利用しています。

お近くを通ったらぜひガリビエさんでテイクアウト、バーカロさんでも食べられます。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-05-29 06:22 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(長町):岡久(焼肉・お食事)

b0089578_13482025.jpg
まだまだGW中の記事、八百屋の店舗はお休みながら配達が逆に忙しく、午後を過ぎても仕事が終わらなかった日。
私はその間は何をしていたかというと、家にひきこもり炊事洗濯の主婦稼業。
お休みが明けた後の週末にお客様が来る予定だったので、1部屋づつ片づけて掃除して~の1日を過ごした結果、夕方には汗だくどろの子。

今日は疲れたし外で食べよう、どこ行きたい?の声に間髪入れずに「おっかっきゅー!」
オッパッピーなのかオバQなのか、ハッキリさせて欲しい・・いえ、その店の名は岡久(おかきゅう)

片町スクランブル交差点から元車交差点へ行く道沿いの右手側には、ポツンポツンと飲食店が点在している中の1軒です。
すぐそばの「オオハシ」という焼肉屋さんなら何度も行ったことあるのですが、ここはまだ未訪でした。
知り合いの方が夜中に集結して飲みに行ってると聞いたので、行きたいマグマがふつふつ、その日が到達点。
b0089578_13490050.jpg
扉をガラリと開くとモダンなエントランス。。ではなく、外観のイメージを崩さない昭和な雰囲気が漂う。
カウンターが並ぶその奥にはお座敷があり、漫画が本棚にあったりとほっこり家庭的。
焼肉の臭いが店内にくぐもっているので、焼肉フレグランスが付いてもいいファッションがおすすめ。

酎ハイは普通とジョッキサイズがあり、迷わずジョッキ。
焼肉のタレはあっさり目、カウンターちょい奥のコンロで焼きます、この配置だとお皿がいくつも並べられるので便利。
b0089578_13493000.jpg
・シロ(350)、ホホ(500)、豚バラ(500)、キムチ(250)
やや年季の入った店内と出てくるお肉が意外と良くて、ちょっと嬉しいギャップ。
ペラペラではなく、ちょい厚はいったシロ、脂はあるが厚み次郎で男らしい豚バラ。
b0089578_13493956.jpg
・シンゾウ(500)
こちらもなかなか新鮮で角があるシンゾウ、うまーでした。
b0089578_13494976.jpg
・牛バラ(850)
注文すると冷蔵庫からサッと肉を取り出して、ささっと作業に取り掛かる寡黙なおやじさん。
牛バラもいい脂のノリで十分、1人1皿でも食べられるぞぅ~(ここだけの心の声)
b0089578_13503780.jpg
・コロッケ(500)
家庭的な味がするコロッケ、こういう手作り感・おふくろさん大好きです。
b0089578_13511478.jpg
・あさり焼き(700)

焼肉屋のようで魚介系もサケ、サンマ、ブリ、イカ、エビなど焼きメニュー続々。
私は肉食べれません人にも魚、ところてん、野菜いため、月見とろろ、冷っこなどなど・・ほんとお食事処ですな。
b0089578_13514848.jpg
・目玉焼き(300)
卵好きには外せない目玉焼きは2個使いで、まるでウルトラマンのお面の様な出来上がり。
ソース派?しょうゆ派?で喧嘩勃発が起こらない我が家、うちは醤油派です。
とろとろの黄身を崩して、しょうゆを混ぜ混ぜして白身に塗って食べるのがスカタン流。
b0089578_13535657.jpg
・納豆ユッケ、ごはん(200)
これだけ壁に貼ってあったメニューなので正式名と値段忘れました。。。
納豆とユッケとネギのコンボ、ごはんは追加したものです。
b0089578_13564195.jpg
ライスはもちろん、黄身を混ぜて上にのっけご飯するための注文、家で食べたイカ納豆丼も旨いがこれも濃厚民族でうまっ!!
b0089578_13570741.jpg
・焼きそば(650)
炭水化物星人(夫)を連れている大食いパターンの日のシメは2品、焼きそばもまんべんなく。

夫「あんたが飲み会ある日は、俺はここでご飯食べる」
私「逆の場合もそうするっ、1人焼肉するわ」

手際よく料理する親父さんとお母さん、おやじ系が多いと思いきや若者系も結構います、なかなかリーズナブルだしね。
外からは何気ない焼肉屋&お食事処に見えますが、じわじわ来ますわ・・・夜中まで営業しているのも便利なので、また行きます。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-05-28 06:35 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(3)

福井(福井市):レプレジュール 堀の宮店/LES PLAISIR(パン)→ボンタ 大宮店/BONTA(カフェ)

b0089578_14072345.jpg
ソースカツ丼ランチの後は、あてもなき福井市内をドライブ、おやつ代わりのパンを求めてレプレジュール 堀の宮店
天然酵母の生地で作るパンは種類が豊富で、品質の良い材料を大量仕入れで価格を抑えめにしている、現在3店舗展開。

ここの店のパンはどれもサイズが大きめ、お昼過ぎの店内はかなり数が少なめで福井県内でも人気のお店なんですね
b0089578_14074170.jpg
シュークリームメロンパンとチョコドーナツ

どちらもサイズが大きい、チョコドーナツは見た目よりも甘くはない。
メロンパンのクッキー生地の中にシュークリームのようにカスタードクリームが入っているボリューミーなパン。
500円以上購入するとサービスされるコーヒー、1口飲むとこれが意外と美味しい、サービスという頭もあるから余計に。
b0089578_14081204.jpg
バケットチーズ?、バケットカンパーニュ、クロワッサン、チェリータルト

バケットカンパーニュは全粒粉なので香ばしい味わい、クロワッサンはサクサク系。
やはりオーブントースターで温め直すのが良い。
b0089578_14081893.jpg
その後、どこかしらでお茶がしたくて・・でも、福井のカフェはよく知らないので徘徊カフェ難民になる前に
コンビニで情報誌をチェックするとニューオープンなお店に掲載されていたボンタ 大宮店/BONTA

店内はかなり広めで座りやすいソファーと渋めのお洒落系で若者が多くいらっしゃいました。
フード系はデリっぽいランチに夜はメニューの幅も広そうな。
b0089578_14094291.jpg
キャラメルブリュレマキアート、ピスタチオのティラミス

私のブリュレが海外レベルの甘さ、でもちゃんとキャラメルの味はしてました。
前のコーヒーカップ、どこかで見たことがある・・裏をのぞくとIKEAの文字、やはり。
これは私が手にとって買うか買うまいか一瞬の葛藤に陥り、結局買わなかったカップ、ここで再会。

ここで一服した後、夜に仕事がある!とかで、また夕方までに急いで金沢に戻った休日でした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-05-27 23:01 | 福井 | Trackback | Comments(0)

福井(福井市):レストラン・サンサワでソースカツ丼

b0089578_14003839.jpg
まだまだGW中の記事、せっかくのロング休暇に泊まりに行けないのは残念だが、遠くの空気を吸う為にちょいと足を延ばして福井まで。
そういえば福井ってそんなにドライブしていないなぁ~ソースカツ丼、純けい焼き鳥、三国バーガー、鯖街道←食べ物ばかり

あらかじめの予定をインプットしていない脳からは、単純なイメージしか湧いてこないので「ソースカツ丼」でも食べるか、と。
ソースカツ丼と言えばヨーロッパ軒がつと有名だが、なぜか違う店を探してみるマイノリティー魂。
とはいえ、あまりに知られてないお店も不安なので、ソースカツ丼四天王と言われている一軒、レストラン・サンサワ

この店はソースカツ丼だけではなく色んなメニューがバラエティに富むいわば街の食堂的な位置にある。
店内に入った瞬間に何故か感じる、菊地桃子級の既視感・・・・何、このDEJA VU
おぉぉ、思い出した!かなり前の福井出張でランチにきたお店だ!デジャブ、じゃなく実際に来てるじゃないか。
b0089578_14012980.jpg
お店の片隅からそっと店内を見守る、だが存在感は抜群の巨大な高崎福だるま・・しかもネーム入り。
お店の人によると名入れだるま、届いて目を入れたばかりだそうです。
b0089578_14021295.jpg
カツ丼はお肉のボリュームがある特カツ丼もあるが、一番基本のソースカツ丼を注文。
3枚のカツは衣が細かくて薄くも厚くもなく、さらっとしたウスターソースのタレにからまり、揚げたてサックサクでうまい。
サラダ、お漬物、味噌汁が付いて1000円以内(850円くらいだったか)普通の定食感覚が何故か落ち着く。
出張の時も同じものを頼んだはずなのに、味の記憶が消えていたので新鮮味ありました。
b0089578_14022052.jpg
夫は外の見本につられてBランチ
ハンバーグ、目玉焼き、カツ、鶏フリッター、ハム、スパゲティー、サラダ、ライスとバラエティーに富んで1150円
こちらは昔の洋食屋さんを彷彿とさせる銀の器とナプキンに包まったフォークとナイフ。
b0089578_14024691.jpg
エビ命歴=年齢・甲殻類人猿な夫が頼んだこんがり揚がったエビフライ、もちろん自分も1本食らうけど。。。

ソースカツ丼目当てでこの店に来てメニューを開くと、あまりのメニューの多さに迷い心が起きてしまうのも無理はない。
普通にオムライス、カレー、スパゲティー、焼きそば、ランチセット、定食の数が多すぎてかけません的な。
日替わりにサラリーマン定食があるところが、日常に溶け込んでる感が伝わってくるな~会社の隣にほしいです。

お子様ランチもあって奥には座敷もあるので家族連れでも来れるし、ソースカツ丼以外にも色々食べたいものがあるので、またいずれ来訪したい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-05-26 22:25 | 福井 | Trackback | Comments(2)

金沢(泉ヶ丘):パリミラ(pari mira)フレンチ・デぶくろ商店5月号

b0089578_13420775.jpg
月一回、食と酒を骨の髄までエンジョイする4人組のデぶくろ(デ袋)商店。
ここ2ヶ月ほど季節の変わり目の風邪や新年度の忙しさからお休みしていたら、もう5月に。

ねぇねぇ、5月のデブくろどうする?から始まってのスケジュール調整。
たかが4人されど4人、職種がバラバラなのでスケジュールを合わせるのも難しい。

「4日なら空いてるんだけど」のショウタ君の声に、2日後じゃん、でも空いてる!
とほぼ決まりかけての翌日、エミちゃんが行けなくなり「でも、二次会「ひげの店」で待ってるから」
の言葉に、私は完全に片町の「ひげの店」だと思ったのが勘違いストーリー。

幾つか候補があがるお店がどれも片町(ヒゲの店)から遠いな、タクシーで二次会に向かうのだろうか。
結局、ショウタ君が行きたいお店に挙げていた泉ヶ丘のパリミラ(pari mira)さんに決定。

ここでゴールデンウイークの真っ只中、いきなり明日飲みに行くわ!と宣言すると、
ゴールデンウイークだけに1人置いてきぼりだと後々面倒なことになりそうなので、「夫に一緒に行かない?」と誘う私。
元胃袋商店のリーダーだけに違和感全くなし、2人共お酒を飲むのでバスに揺られて現地直行。

メンバー:ショウタ君、ゆうちゃん、スカタン、ヒサナオ

パリとミラノからもじったネーミングの通り、フレンチとイタリアンを両方楽しめるお店です。
内装はモダンでカラフルな色合いに目が引き、輸入ものの鳥かごなども飾られていてキュートなイメージ。

今回はパリミラコース(5250円)で決めさせていただきました。

前菜:イベリコ豚のチョリソー、カプレーゼ、鱒と鯛のカルパッチョ、ホタルイカとたたきキュウリ
b0089578_13421693.jpg
野々市の無農薬のアスパラガス

漫画の世界に入り込んだようなシンプルな1皿、私たちに勝負を挑んできたな。
アスパラは採りたては生で食べられるらしく、こちらは茹でてはあるもののその日に収穫された物らしい。
サッと湯通しされたアスパラに塩とマヨネーズをつけて食べるのだが、何もつけずとも何とも言えない風味と旨さがあります。
b0089578_13422687.jpg
ウニと地元産のアワビと三国産の海苔のリゾット

何とも具が贅沢セレブパーティー、海の旨味がぎっしりつまったリゾットはお米の固さも丁度良くこれはうまっ!
b0089578_13423186.jpg
フォカッチャとバケット
b0089578_13424925.jpg
駿河湾産のシラスと地元のこごみのパスタ

そろそろ山菜も終わり、クセはないが野性味溢れるコゴミとシラスで、あっさりして塩加減のバランスで成り立つパスタ。
b0089578_13425722.jpg
イベリコ豚のグリエ

メインはお肉とお魚からチョイスできるそうだが、全員が肉!!!
イベリコ豚〜ジューシーでうま〜と何とも分かりやすい4人ですよ。
b0089578_13430771.jpg
デザートはチョコタルトにジェラート、お皿のカラーが各自違ってて私は緑。
皆のイメージで、ゆうちゃんがピンク、しょうた君が黄緑、ヒサナオが紺、私のグリーンってニュートラル。
自分自身が抱いているマイカラーと他所からのイメージのずれを感じる。
自分は?イエローと言われたことがあります、色っぽいイメージがないなぁ〜カレーと車のせいだろうか。
b0089578_13431270.jpg
パリミラさん、お料理はシンプルなものもありつつ、ちゃんと味のバランスはまとまっている、お洒落なお店です。

さて、ここから片町の「ヒゲの店」までタクシー?と思ったら、このメンバーだと泉野のガレタッソへ。
なぁるほど、ヒゲのマスターでヒゲの店、自分が勝手に勘違いしていたわい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-05-25 23:59 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(西泉):ホットハウス(インド料理)でランチ→Puni(金沢店)でパンケーキ

b0089578_13384961.jpg
前の九谷茶碗まつり記事からの続き、コメダ珈琲でお互いの戦利品を確認した後のランチ。
事前に「お昼何食べる〜?」とコンタクトとっていたのだが、
てんむすちゃんの「インドゥカレーなんてどうでしょう?」の引導メッセージもあり、
エスニック好きには異論なし!・・・で、どこにする?

待ち合わせ場所から割と近くの、あの王道の店かしら?
もはや自分の中のエスニックの素を育ててくれた店なので神のような存在。
と3人一致であっさり決まったのは、西泉のホットハウス

だるまちゃんは割と頻繁に通っているようで顔を知られており、お店のスタッフがテーブルに来る度に何かしらジョーク言うんですけど。

自分の場合、ホットハウス竪町時代に街に買い物にいくとランチはここ!というくらいマイ歴史に刻み込まれている。
一度20代前半の時にディナー6000円のコースを数人で頼んだら、普通に量が増えただけのようなとんでもないコースになり、お腹がのたうちまわるほど満腹になったことがある。

GWの午前中の仕事を終え、合流した夫と共に4人でランチタイム。

・チキンティッカ
4人でシェアしたチキンティッカ、タンドリーチキンでもよかったがこちらの方が分けやすいので。
柔らかくジューシーでスパイスも充分に漬け込まれて安定した美味しさ。
b0089578_13390167.jpg
・マサラキーマとチーズクルチャ

基本、この店に来るとマサラキーマしか頼まない自分、ライスをナンに変え、しかもチーズクルチャにしてもらう(プラス100円)。
マサラシリーズは基本スパイスが効いた系で他にもチキン、ポークなど揃っている。
じっくりと炒められた玉ねぎにラムの挽き肉が入っており、羊肉と分からないほど。
ラム初心者はこれから始めるとよいかも、自分もこれで門叩きました。

で、これは味が濃いのでライス向きなのだけど、あえてチーズクルチャ。
チーズの魅力に勝てなくて頼んだけどチーズクルチャは単品で食べるのがあっていそうなので、めっちゃ2つとも濃い系。

ふと、隣を見るとマサラキーマに普通にライスにして、さらにナンを追加して付けながら食べている夫。
そうなのだ、普通にライスにかけても美味いんです(ちょっと横取り)

次から注文するメニューが決まりました。
マサラキーマ&ライス、チーズクルチャを追加!欲望のままに、食べ過ぎですかね。

マサラキーマ中毒ですか!?以前、テイクアウトでこのカレーだけ持ち帰ったことも。
他のカレーの味は、他の方々のを横取り味見するのでそれで満足。
b0089578_13391063.jpg
解散した後、用事があったので香林坊へ向かい、お茶したのはPuni金沢店(プニ)
タテマチストリート入ってすぐ右手の地下にあるハワイアンレストラン。
主力のパンケーキはストロベリーやチョコバナナなどのスイーツパンケーキ、
ワンプレートにおかずとパンケーキ付きのミールパンケーキ、
エッグベネディクトやフレンチパンケーキなどのスペシャルの3種類。

ロコモコ、ポキ、ガーリックシュリンプ、ハワイアン肉料理にピザ、パスタとハワイアン料理でウエディングやパーティーもオッケー。
収容人数は80人で昼11時〜夜0時の無休なので時間を気にせずに行くことができる。

・トロピカルマンゴーパンケーキ
運ばれてきたのは、3枚のパンケーキの上にそびえ立つ予想通り迫力充分のドリルホイップ。
山盛りのホイップは軽めで、ふわふわで見た目よりも余裕でいける。
生地はハワイ直輸入のものをココナッツパウダーなどで独自にブレンドしたもの。
ふわふわ感はそれほど感じないけどもっちりしてたかな。
気がつかなかったけど、マカデミアナッツソースパンケーキが気になる。

これを食べた後に「よし、家でもパンケーキ作るぞ!」と宣言したが、今だ作ってないやるやる詐欺。
世界一の朝食のお店でビルグレンジャーの本購入したのに、買ってきただけで満足。
今週末こそはリコッタチーズパンケーキ作るぞ、と書いて念をおしておこう・・・。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-05-21 22:01 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(能美市):ナカトベーカリー(パン)、九谷茶碗まつり

b0089578_13304809.jpg
5月のGW連休初日、毎年5月3〜5日に能美市内で行われるビックイベント、九谷茶碗まつり。
今年はだるまちゃん、てんむすちゃんと待ち合わせて、早朝から会場に向かいました。

到着するとお目当ての九谷青窯のブースの前にはすでに長い行列が出来ており、
マイカゴを持ったツワモノも見受けられる。
開場後は皆それぞれ茶碗だけに目を皿にして、欲しい器を物色する空気はカオス状態。
割れ物だけに激しい動きは見られないが、静かなる闘志がみなぎるバーゲン会場だわ。

2年前に2日目のお昼ごろプラッと来た時とは雲底の差、この空気に当てられて自分も大人買いしてしまった〜。
もちろん、ここだけで終わるはずもなく、各特設店をほぼ全店チェックして回る。
b0089578_13310054.jpg
会場を後にしてお次は、「上出長右衛門窯」で行われている窯まつりへ。

表参道パンケーキの店、めがねの珈琲よりそれぞれパンケーキと豆乳ラテ。
豆乳ラテを注文する時にアイスだということを気づかなかった私とだるまちゃん。
ちょっと肌寒いくらいの日だったので、野外で身を合わせて膝を立てて震えながら飲みました。

二等品販売コーナーもチラチラ眺めながら〜のあ、これあるある大辞典。
何ある?の訳、父親の九谷焼好きにより、家には色々器が残っているのですが、
ここの窯の同じ絵柄を幾つか発見、いったいいつ購入したのだろう?
大量にあった九谷焼関連の書籍も殆ど譲り渡してしまったが、器はたまには使ってあげないとね。

b0089578_13311223.jpg
てんむすちゃんがこの辺りに来ると必ず立ち寄るというナカトベーカリー
40年間、機械ではなく手作業でパン作りを行っているパン屋さんの外観はかなりノスタルジー。
小さい店内には少し大きめの懐かしい感じのパンがギッシリ。
b0089578_13311971.jpg
トンカツバーガー、ちくわパン、きなこパン(小)、ハムマヨだったかな。
スーパーに大量に並んでいる同じ様なパンと違い、温かみと懐かしさがあります。
持ち帰ったパンをオーブントースターで温めるとふわっと感が蘇るので、なるべくこうして食べている。
スタイリッシュなパン屋さんも素敵で美味しいけど、こんなホッとするパン屋さんもいつまでも残っていてほしい。

お次は行ってみたかった「チャレンジショップ一号店」へ。
するとお店の前はすごい行列・・何があるの?
ちょうど知り合いに出会ったので聞くと、1年に1度のセール「チャレンジ祭」があるそうで、開館時間を待って並んでいるそう。
ここの作家さんで好きな人いるのに何も知らなかったわ!イベントベタが垣間見える。

b0089578_13320979.jpg
お昼前にして九谷焼買い付けミッション終了!ということで、お互いの戦利品見せあっこの為、
野々市のコメダ珈琲に寄って行こう!と、待ち合わせ場所より3台各々が店舗に向かう!はずなのだが、
駐車場にてんむすちゃんが一行に来ない・・・途中まで後ろにいたのに、近い距離なのに。
どうやら、てんむすちゃんの極度の方向音痴により、逆方向に向かってしまったらしい。

しばし待った後の店内テーブル、こちらはだるまちゃんの戦利品。
富士山柄のそばちょこは自分も結婚記念に皆から贈られたので同じもの持っている、縁起よくていいよね。
b0089578_13314746.jpg
てんむすちゃんの戦利品、お母さんに3枚づつ買ってこいと言われたのに何故か2枚ケルジャクソン。
インコ飼いなので、どうしても鳥の絵柄が気になるらしい。
リアルインコ柄のカップを見つけたので、非常に勧めたのっだがリアル過ぎると怖いらしい。
b0089578_13315878.jpg
こちらもてんむすちゃんの戦利品、上出長右衛門さんの鳥の箸置き。
b0089578_13321728.jpg
私の戦利品、庄田春海さんの器たち。
一番右のクレムリンのマグカップは欲しかったので嬉しい、かつて三つ葉柄のマグカップを持っていたが割ってしまっていたのだ。
そして三つ葉のご飯茶碗・・初めてこの人の器を購入したのがこの三つ葉柄。
幾つか持っているが、この間夫の皿洗いで三つ葉の小鉢が欠けてしまい大ショック。
ご飯茶碗、怖くてまだ使用してない・・シラフの時限定にしよかな、殆どないけど。

b0089578_13322675.jpg
徳永遊心ちゃんの器、買う買う詐欺でやっと買えた色絵みかん、色絵菊シリーズ。
みかんの湯のみが1個しか見つけられなかったはぐれ蜜柑。
そして、そばちょこがまた増えた、今度はこれで皆でお茶を飲むまいか。
b0089578_13323296.jpg
同じく遊心ちゃわんの蓮根シリーズ、と茨の実の長皿。
一部でパックマンと呼ばれている色絵花繋ぎ、今年は平皿購入。

これからお家パーティーを何度も開催する予定なので、大皿が幾つか欲しかった。
しかし、買いすぎで棚に入り切らず、入るモノあれば去るモノもあり。
まだ使えるので捨てるわけじゃなく、無名のお皿はお店の方で使ってもらうことに。

3人の来年のスケジュールもこれで決まったな、九谷祭り突撃グループ結成です。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-05-19 23:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(10)

金沢(片町):かなざわ馳走・炭火焼肉・次三郎(焼肉)

b0089578_13201671.jpg
記事はようやく新緑の5月、GWの4連休を前にして景気づけに肉将軍が久々に憑依してきた。
閉店後のお店の片付けを手伝いながら、「肉食べたい!」の肉エストに答えてくれたその行き先は、炭火焼肉 次三郎

以前、「焼肉 崔清」があった場所に去年の11月28日にオープン。
厳選された山形牛を中心に仕入れ、赤身の特選カルビや特上和牛ハラミは5等級のみを使用。
お肉以外の野菜やお米、麺などにも拘りを持つお店です。

店内は、カウンター8席、テーブル22席、和風のシックな造り。
24:00まで営業しているのも街飲みラウンド達の強い味方。
b0089578_13203244.jpg
・キムチ盛り合わせ

お疲れ様~と乾杯で肉食の合図、私はチューハイで今回は攻める。
お酒はビールの他、重めの赤ワインがカリフォルニア、フランス、チリなど産地もそれぞれ揃っているそうです。
b0089578_13205476.jpg
・サラダ菜ムンチュ

私は焼き野菜よりもサラダを注文する派なのですが、最近焼肉屋さんのサラダが美味しくなってきる気がする。
塩味のドレッシングの味付けやふわふわのサラダ菜の口当たりもその1つ。
b0089578_13203899.jpg
・ネギタン塩

普通のタンもあるが、こちらは味付けネギを中に包んだネギタン塩。
薄く巻かれたタンをほんの少しだけ焼いて食べると、肉とネギの香りと旨味が一度に入ってくる。
b0089578_13265127.jpg
・豚上シロ

自分にとって豚シロを頼まなくては始まらない焼肉、程よく厚みがあって美味いです。
心臓やレバー、せんまいなど他のホルモンもメニューにありました。
b0089578_13220262.jpg
・カルビ
その日その日に厳選されたものを提供してくれるという特選カルビ。
ところどころさしが入ったお肉は、このところ山菜ばかり食べていた身には刺激的、うまっ。
もちろん山菜も美味しいのですが、肉にも限りない愛情がありますわ。
b0089578_13241752.jpg
・豚バラ
予め薄っすらとタレに漬け込んである様な豚バラ、お肉が柔らかくジューシー。
b0089578_13251655.jpg
・さがり
厚切りのさがりは梅干しとわさびを添えて、柔らかくそこまで脂っぽくなく梅を合わせてさっぱり。
b0089578_13280384.jpg
・ローストユッケ

食中毒の事件以来、焼肉店から消えていたユッケですが、新基準が施行された後の法律を満たすローストユッケ。
久々にユッケ食べました~
b0089578_13282531.jpg
・トマトのキムチ
試作途中だというトマトのキムチをいただきました、違った味の酸味同士でなかなかいけます♪
b0089578_13281413.jpg
・特ロース

薄くカットされたお肉をしゃぶしゃぶ風にサッと軽く焼き、おろしポン酢につけると
口の中でとろけそう、あっさり食べれるので、どれだけでも入りそうな危険メニュー。
b0089578_13283142.jpg
・豚シロ
久しぶりに「シロで始まりシロで終わる」ロード、家ではホルモンを食べることがないので
大好きなシロをまとめ食いか!?
b0089578_13284033.jpg
・冷麺

盛岡冷麺を使った冷麺はつるつるでコシがあって美味しい!
あっさりスープと途中からキムチを投入しての二刀流でいただきました。

食べ終わり頃に少し女将さんとお話しましたが、ハキハキしてとっても明るい方。
一番好きな食べ物が焼肉なんだそうで、それは天職ですね!これには肉好きの自分も負けたかも・・・。

オープンして間もない綺麗な店内に上品な雰囲気があるので、女性同士やデートにも最適。
上質なお肉をゆっくり落ち着いていただけて大満足でした。


二次会
[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-05-19 06:34 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

八百屋のうちごはん(その9)山菜づくし・緑色の食卓

b0089578_16424421.jpg
山菜ツアーで帰宅後は、さっそく持ち帰った山菜たちの処理に取りかかり、夕飯は山菜づくしの緑色の食卓。
全て新聞紙で包んでるのですが、開いた時に時々虫を発見するのにビクつきながらのヘタレ作業。
綺麗に処理して料理するのは面倒だけど、新鮮な山菜料理はこの時期だけの御馳走。

・たらの芽、ウド、コシアブラの天ぷらタワー

やはり一番美味しいのが天ぷら!香り高き三大山菜は食べると鼻から爽やかな香りが抜けて、最高にうまいっ
天つゆも作って、塩と交互に食べました。

・クレソンのおひたし(黒い器)

綺麗な水の傍に生えているクレソン、少量だったので茹でてお醤油味のおひたしに。

・アマナとウルイのレモンとオリーブオイルのサラダ(お花の柄の器)

どちらもクセがないので、茹でてオリーブオイルとレモン、塩で味つけしたサラダ。
アマナはアスパラの様にコリッとしてその名の通りほんのり甘くて美味しいです、ウルイも爽やかで邪魔をしない。
爽やか〜なサラダになりました、簡単にマヨネーズで和えても美味しい。

・センナの塩漬け

今までもらってこなかったセンナ・・だって葉わさびだし(山葵苦手)。
でも相手が食べるので茹でて簡単に塩漬けしてとりあえず放置状態。

・ワラビの灰汁抜き鍋(大きな鍋)

明日のために・・その1、重曹を入れて茹でて灰汁抜き。

b0089578_16425703.jpg
・カンゾウとコシアブラのペペロンチーノ

こちらは夫作、コシアブラの香りにカンゾウが負けちゃった〜い、って感じだけども
山菜特有の香りとオリーブオイルなペペロンチーノが新鮮な季節。
b0089578_16430244.jpg
・ミツバのお味噌汁

ミツバは少量だったのでお味噌汁に使用、あの三つ葉です、ホッとステーションな味。
ゼンマイは面倒なので夫に押し付けました→店直行
b0089578_13115056.jpg
翌日
・ウルイの明太子マヨネーズなサラダ

茹でたウルイに明太子とマヨネーズ、ちょっとオリーブオイルでのばしたソースでからめる

・ベビーリーフとウドのホットサラダ

ベビーリーフはレモン&オリーブオイル、塩・こしょうの味付け、
上にオリーブオイル、塩コショウで炒めたウドをのせた上だけホットサラダ。
ウドは金平もいいけどシンプルな洋風でも香りが引き立って美味しい。

・ぜんまいと生姜入りのおひたし
b0089578_13130361.jpg
またその翌日

・わらびの昆布しめ
茹でたわらびに塩をふって昆布に包んで1日寝かせると、昆布の香りがついたわらびに。
これはなかなかおススメ、スティックセニョールでも美味しくできます。

・ウルイといかなごくぎ煮の和え物

関西の親戚が送ってきたいかなごのくぎ煮が余っていたので、茹でたウルイと混ぜました。

・野ふきの佃煮
b0089578_13121882.jpg
・わらびの炊き込みご飯
b0089578_13411099.jpg
・きゃらぶき

鍋で大量にグツグツと煮て作成、ばあちゃんになった気分。
b0089578_16350733.jpg
・そら豆とキノコのキッシュ

豆乳とカッテージチーズの優しい味にしてみたけど、牛乳とパルメザンのこっくりもいいかな。

冷蔵庫に山菜が溢れていたので、あれやこれやと山菜祭り。
味付けを変えて野菜をたっぷり摂取できたヘルシー週間でした~


[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-05-18 23:35 | うちごはん | Trackback | Comments(0)