<   2014年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

金沢(片町):tawara(たわら)フレンチ

b0089578_14234026.jpg
1年で一番我が侭を言ってもよい日だと勝手に勘違いしているマイバースディ、外でも内でも祝う所存。
お外は前々から行きたかったフレンチのtawaraさんでのお祝い。
京都祇園「おくむら」やフランスで修行した経験を持つ俵さん、お店ももう一周年ですっかりこの界隈の人気店です。

長町は武家屋敷を流れる大野庄用水に沿った場所にあり、ロケーションは和の雰囲気も漂うフランス懐石にぴったり!
お店の内装も和モダンと北欧を掛け合わせたような落ち着いた空間で、入店するなり「自分の家もこんなんだったらなぁ~」と何度もため息、そこで「その前に家の片付けが先だろ!」と夫に突っ込まれるのは馬耳東風。

コースは月替わりで毎月2日からがその月のメニュー、ランチもディナーも1コースのみ。
乾杯はスパークリングのグラス、クレマン・ド・ブルゴーニュ
b0089578_14234839.jpg
・甘海老とパプリカのスープ

クリーミーでポタージュのようなパプリカの甘みを感じるスープは、食べてると甘海老が出てきます。
そして濃厚な味わいのインカのめざめのピュレ。
b0089578_14241954.jpg
・蟹サラダ

その名の通り蟹身を細かく崩して和えてあります、四角いのはコールラビ。
キャベツに似ていて蕪のような茎を持つキャベツカブ、うちでもよくサラダやお味噌汁などに入れたりしています。
周りはベビーリーフにディルで香りを添えて。
b0089578_14243345.jpg
今回は全てグラスワインを次々と変えて飲みました、2人とも以外と強くはない、弱くもないが。
リースリング・ロシュタイン2011、ブルゴーニュ・ピノ・ノワール・ロシニョールトラベ・・・一番気に入ったのが、このル・カノン・ロゼ、すーーっと喉の奥に自然に流れていく・・・正に葡萄を飲むと言った自然派ワイン、軽い微発砲を感じます。
b0089578_14244769.jpg
・鯛の昆布締めのサラダ

鯛の切り身に昆布の旨味、和出汁に柚子をプラスした柚子ドレッシングで爽やかに。
赤かぶと紅心大根でまるで和食の境界線にいる1品。
b0089578_15124942.jpg
・白子のソテー

この季節ならではの食材、鱈の白子!こんがりトロッと、2日前に白子周遊巡りツアーをしてきたのに飽きませぬ。
野菜は白菜、モロッコインゲン、青海苔、おたふく春菊が白子を囲みます、こちらもやさしくとろろん。
b0089578_14245553.jpg
・牡蠣のグラタン

牡蠣のグラタンと聞いて牡蠣がごろんっと入ってると思いきや、中は舞茸・・?
実はソースに牡蠣が使われているそうで、旨味のエキスが抽出されてコクがあって美味しい。
ソースはレタスを混ぜて生臭さを消しているそうです。
b0089578_14250892.jpg
・ホタテのソテー

何品出てくるのか知らなかったので、次がメインディッシュと心構えていたら嬉しい誤算。
ホタテの貝柱と雲丹にチリチリに揚げられたジャガイモ、海の幸のうまみのウェーヴ!
周りは葱のピューレにエシャロットのソース。
b0089578_14252451.jpg
・フォアグラのソテー

片面がカリカリに焼かれたフォアグラが香ばしく中は柔らかくと焼き加減が絶妙、カリフラワーのピュレと。
さらにオレンジのコンフィチュールをのせるとフルーティーな甘味が相性抜群、横にコロンと転がるのはブロッコリーロマネスコ。
b0089578_14253086.jpg
・牛肉イチボ肉のステーキ

和牛の一頭から2キロしか取れない貴重な部位、割とさっぱりしてるのに肉の甘みもあって柔らかいです。
横にはほりかわ牛蒡、里芋、金時人参、きくいものピューレ。
ソースに添えられてる粒は生のブラックペッパーの塩漬けで山椒のようなピリッと感がアクセント。
b0089578_14254054.jpg
・甘鯛とみぶなのリゾット

京都の伝統野菜のみぶなと甘鯛のリゾット、お米の粒々感を楽しみながらあっさりと和の様な優しいリゾット。
b0089578_14254644.jpg
ワインが残っていたのでチーズを追加、ここの器はどれも素敵でお店にしっくり溶け込んでいる。
b0089578_14255203.jpg
・ココナッツのフィナンシェ・アールグレイのアイス、金柑のソースにピスタチオのクラッシュ
b0089578_14255839.jpg
コーヒータイムにはカヌレが添えてありました、仔犬印のステンレスティーポットがかわゆい。
フランス地方菓子でもあるカヌレ、俵さんはまさにカヌレが作られていた地方で修行していたそうで、そりゃカヌレも美味しいわ。表面はカリカリで香ばしく中はしっとり柔らかく。
b0089578_14260443.jpg
誕生日ということでサプライズケーキが!誕生日だけど想定外!ハッピーバースディの文字が苺に立てられてオシャレ~。


1皿分は少量でも品数が多い懐石料理の様、ワインもお料理もゆっくりと頂きお腹は満腹に。
静かに話される俵さんの人柄が優しいお料理と通じて、金沢ー京都ーフランスの季節感溢れる柔らかい融合を体験しました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-01-31 06:03 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

小松→成田→タイ(バンコク) ソフィテル バンコク スクムビット

b0089578_11574452.jpg
記事は12/31~1/3までのタイ旅行の記事、現行食べ歩き記事もあるので1つ飛びづつ更新できれば。
結婚式の後もお店は普通に営業しつづけるので、まとまったお休みが取れるのは年末の数日のみ。

今年の始め頃からベトナムに行くといい続けていながら、結婚式の準備やらでバタバタしていたら
旅行会社に足を運んだのは、10月中頃、年末シーズンは旅行客で溢れてて予約は殆ど埋まってた。

何処でもいいから東アジアで空いているところをお願いします!!とあらゆる検索でようやく取れたのが、
12月31日にバンコク着(夜中・元旦越え)、しかも1月2日の夜中にバンコク発で3日の朝に成田という、1泊3日の弾丸ツアー。

慌しいったらありゃしない!1分1秒が惜しいので走りまくらねば!一応、新婚旅行なのだが。
しかも、12/31は午前中まで配達があるので、14時50分頃のフライトに乗り遅れるんじゃないかと数日前からえも知れぬ嫌な予感。

もちろんあらゆる工夫を凝らした結果、何とか13時には仕事が終了、何かに追われるように逃避行さながら高速をバビューン!
着いたぜ、ここは石川の空の玄関口「小松空港」。
成田へは、小松-成田空港間をIBEXエアラインズとANAのコードシェア便が1日2往復運航されており、成田発着の国際線が利用できる。

最初、ANAに乗ると思っていたので、機体のサイズが小さいので間違えたかと思ってしまった(IBEXエアラインズに気づいておらず)
b0089578_11581685.jpg
さて、場所は変わって成田空港は第1旅客ターミナルビル 南ウィング 3Fにある「Tokyo Food Bar」。
日本の食をテーマにしたフード&カフェで蕎麦・ラーメン・カレーなどの食事で、ひと時の日本食離れを懐かしむ。

離陸後に機内食がまもなく出ると分かってはいるが、大晦日に年越し蕎麦を食べねば年が越せぬ・・・歳末の風物詩を味わう使命感にとらわられた日本人のDNA。

大江戸そば・成田空港店には、せいろ・かけそば、山の幸そば、かけ揚げ天そば・せいろ、海老天そば・せいろ、五目そば、蕎麦から離れて天丼セットなどご飯ものも揃ってる。

注文は任せたので、カウンターに取りに行く彼が何を持ってくるのかはお楽しみ。
b0089578_11582846.jpg
・海老天そば

さすが甲殻人類海老星人、海老天がのっかった蕎麦だと思っていたよ、写真を待てずに食べ始める。
私も分けてもらう一杯の天そば、うんそんなもんかな、汁が地元のより多少濃いか。

成田国際空港からタイ・バンコク、スワンナプーム国際空港までは、ANA便だと18:10発→23:20着の7時間10分のフライト時間。
入国審査などの時間を考えるとホテルに着くのはどうみても元旦越えそうだわ、カウントダウンも出来なさげ。

年末に向かって年賀状やクリスマスなど行事や仕事に追われていたので、旅行本もあまりチェックしておらず飛行機の中でやっとこ地球の歩き方やまっぷるをチェックする始末。
先にフィガロジャポンのタイ特集買ってあったのに忘れてた、オシャレな店のってたのにバカバカ!私のバカ!

それではタイ料理屋さんでタイ人に間違えられた夫と、タイ旅行に行ってきます。
母国か!?こらー!
b0089578_11583671.jpg
機内食も記録のうち和食と洋食より選択で、洋食にしました(和食はうなぎだった)。
鶏肉の洋風煮込みな味付けに何故かお米はカレーじゃないけどターメリックライス、スモークサーモンにサラダ、とオーソドックス。

小松ANAコードシェア→成田ANAだと、荷物を小松からバンコクまで成田の乗り継ぎで搭乗手続きなしで運んでくれるから楽なんだけど、タイ国際航空でタイ料理の機内食も食べてみたい気もする。
搭乗手続きわざわざしてまで、機内食食べたいのかー(人の声)

食べ終わった後は夜中に行動する予定なので、少しでも睡眠補給~。

寒さで凍える北陸の地からバンコクはほぼ30℃、コートの下をバッと脱いだらTシャツ~という技をするにも寒い自分。
ホテルに行ったら着替えようと空港に着くと・・なま暖かいけど熱くはない、だが自分の格好は十分に暑い。

全然関係ないが、ブルーノ・マースの「 Gorilla」がちょうど流行ってる時期で、
曲のPVでのサビにストリップクラブのダンサーが上着をバッを脱ぎ捨てるシーンがあって、
それに今の心境が重なるのか、何度もコートをバッを脱ぐシーンを再現する夫(中薄着)・・・自称、ブルーノ・まーつ。
b0089578_11595546.jpg
アジアのハブ空港でもあるスワンナプーム国際空港は世界一の広さを誇るだけあって、
広い広い広い!入国審査エリアまでのコンコースがどれだけ歩かされるんだろうという長さ。
それにしても壁にかけられている装飾品やあちこちに飾られている花など、どことなく華やかでオシャレな空港です。

出口を出たところでツアー会社の人を見つけたので、声をかけるも私たちは送迎のリストに入ってないから、直接タクシーでホテルへ行ってくれと言われる、去年の台北の時とは違うな。
タクシー待ちでホテルまでの値段を了承して乗り込む。<高速使いました

途中、ビルから花火があがっているのが見えて、ハッピニューイヤー!と運転手さんと言い合う。
夫と運転手さんが英語でやり取りしているうちに、夫が20代の頃にバックパッカーでタイに滞在していたことがあるという話に入ってくると、運転手さんが急にハイになってきたー!

後方の座席に座っているのに、運転席から手をのばして笑いながらバンバン!と夫の膝を叩く。
よ、陽気なサザエさん!!明るく楽しい運転手さんで幸先よさそう!
b0089578_12001533.jpg
ソフィテル バンコク スクンビット(SOFITEL BANGKOK SUKHUMVIT)
スクンビット通り沿いに2012年4月にオープンした5つ星ホテル、旅行会社さんで一番ランク上ではなく中より少し上のレベルとお願いしたら、ここを推薦してくれました。ソフィテルの本国はフランスです。

バンコクの中心部スクンビット通りのソイ13と15の間に位置し、高架鉄道BTSスカイトレインのナナ駅とアソーク駅の中間で地下鉄MRTのスクンビット駅も近くてとても交通が便利です。

玄関ホールにツリーに見立てたようなオブジェがあり、周りにはニューイヤーを祝った後と思われるクラッカー類の残骸が転がっており、掃除されないまま放置されたままになっていたのは、年明けの余韻をしばらく置いておくためか、それともゆっくり後からというタイ風なのか。
b0089578_12002220.jpg
雰囲気は近代的でラグジュアリー、客室はなかなかに広くて落ち着いた色彩のファブリックやインテリア、アメニティーは「ロクシタン」とさすがフランス。

やはり新しいホテルは清潔感もあっていいですね、だがしかし!ウォシュレットではないのです。
お尻を洗う用のホースは付属はしていますが、やはり毎日ウォシュレットを使用しているので何となく不便を感じるお尻偏差値が高い日本人。

とはいえ、村のトイレが床に穴ぼこ1つ、という海外旅行も体験しているこの身、なければ必要ないけれど、あれば越したことはない。

バスルームはバスタブとシャワー室が別で、シャワー室のシャワーヘッドが蓮の実のように巨大!
スコールの様に水滴爆弾をお見舞いしてくれるのでトトロの世界にでも入ったような気分。
b0089578_12003917.jpg
ホテルに着いて部屋で夏仕様の服に着替え、時間はAM1:00・・・
ホテルの周辺は地元の屋台がたくさん繰り出しているので、今からそちらを探検にかかります。

ニューイヤーもあって眠らない街を体力の限界まで遊び倒す所存!!

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-01-28 23:37 | タイ | Trackback | Comments(6)

金沢(大野):宝生寿し(寿司)

b0089578_16171897.jpg
季節は大寒に突入したというのに、今年は雪がさっぱり積もらないので拍子抜けというか、有難いというか。
金沢の空はいつにもなく暖かくとも、月末の我が家の財布の中身は極冷え状態。

新婚旅行、新年会、誕生日会などイベントラッシュで、財布の中身はどんどん減るのに体の大きさは反比例。
今週は、朝からグリーンスムージー、昼は脂肪燃焼を促す野菜スープでダイエットモード。
買い物はなるべく控えて、お店の野菜と、家に残ってるお餅や麺類の処分じゃー!

その底冷え状態に陥る前に行った週末のお出かけ、金沢港近く大野醤油の蔵が立ち並ぶ大野町。
その大野町で地元客から観光客まで多くの人たちが訪れる宝生寿し、かなり有名なお店ですがまだ未訪でした。
周りの風情ある町並みに溶け込んだ歴史ある建物は、金沢大野こまちなみ保存建造物として証明されている。

1階はカウンター21席、後ろに小上がりテーブルが3、4だったかな、2階は団体客も対応できる広間や個室が用意されている。
会席の場合は要予約ですが、基本ふらりカウンターは予約は受け付けてないそうなので、早めに行って席を確保しなければ・・・椅子取りゲームだな。
b0089578_16173642.jpg
コの字形の広いカウンターを見上げると天井が吹き抜けになっており、目の前の漆黒な輪島塗?の壁掛けも重厚感。
中は職人さんが何人も待機して自分たちの注文を待っているのだが、そんなに見つめられてもすぐに決められないわ、ドキドキ。

お品書きを開くとお寿司はもちろん、1品物メニューが非常に豊富で、焼き物・酢の物・蒸し物・揚げ物・煮物・鍋・フルーツ、季節メニューと寿司割烹の様に使える自由さ。


・お造り盛り合わせ(2人前)・お通し
鰤、マグロ、バイ貝、がす海老、しめ鯖、蛸など、お任せで盛り合わせてもらいました。
追加で鯨の赤身も。お酒のつまみにはやはり最初はお造りで。
b0089578_16174665.jpg
・海老フライ、たら白子塩焼き、椎茸焼き
目の前の車海老を海老フライにしてもらう海老好き星人、後は白子ツアーでは食べなかったシンプルな焼き白子、椎茸は能登115?かなり大きめのサイズをカット割り。
b0089578_16181985.jpg
・鯵、どじょうから揚げ、蓮蒸し
どじょうのから揚げはやや細め、冬の温かい1品蓮蒸しであったまる、鯵は新鮮で美味しかった。
b0089578_16182679.jpg
・玉子、白海老、いくら、穴子、山葵巻き

私はいつも玉子はつまみで注文するのです、海老はねっとり旨し。
山葵巻きは絶対食べれないのでもちろん夫用、自分用は全てさび抜き仕様。
ここから何故か軍艦と巻きばかり注文祭り、軍艦マーチの始まりです。
b0089578_16183436.jpg
・おしんこ巻き、鉄火巻き、うなきゅう巻き、巻き巻き三銃士!
お造りで結構お魚を食べちゃったせいか、巻き上等になっている注文。
海苔の磯の香りとごはんのマッチ具合が大好き。
b0089578_16184177.jpg
・うに
他に1貫食べていたはずですがとり忘れ、普通に美味しいです。
b0089578_16184926.jpg
・岩のりのお吸い物
今気づいたけど海苔摂取量半端ないですね、あら汁より最近海苔のお吸い物に惹かれる。
b0089578_16185702.jpg
後方の小上がりには県外から来たと思われる屈強な男性方の団体で盛り上がっており、
ゆっくりと食事をしている間に席はいつの間にか満席(この日は6時半ごろに到着)。
お造りや1品物を結構食べているしお寿司も食べて、お酒もビール・日本酒・焼酎と結構飲んでいたので、
お会計の時に3万近くいったかも・・と、びびっていたら2人で17000円ほどでした。

厳格と言うには団体も受け付ける気楽さを持った雰囲気ではあるが、歴史的落ち着きもあるし、食事後に外の風情ある町並みを眺めつつしばらく歩く・・それも全部ひっくるめての伝統ある地元のお寿司屋さん。

数日前も友人がランチに来ていたけど、ランチは選べる気軽なお値段だし、
お昼に観光に来た人ならお寿司だけじゃなく、お醤油蔵巡りもぜひお勧めします。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-01-27 01:03 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(金石):金石餃子店(中華)

b0089578_14042311.jpg
嫌な季節恒例と言えば、昨年末からインフルエンザ流行シーズンが到来したとこのこと。
自分もインフルではないものの、正月休み明けから風邪を引き始め、ずるずると二週間ほど長引いていた。

そうなると何とか週一で頑張っている運動もできず、動きは鈍るわ代謝も落ちるわで体重が増えてしまいました。
風邪でやつれるなら心配されもするが、何故か食欲だけは衰えず!・・・この体が呪わしい。

ジムで湯船にゆっくりつかってサウナでもしてくるかな平日、その前にどこかで腹ごしらえ。
本当は別のお店に向かっていたのだが、金石餃子店の前を通ると「営業中」・・・営業してるっ!!!

大盛りがっつり定食で有名なのは何をいまさら、中華系家族が営むかなぎょーは、
ハッと思い立って食べたくとも、不定休の洗礼にあった人は山ほどいるのだ。

なので休業日でもかなぎょーだからしょうがないと半ば諦め、営業していたらラッキー♪
18時を過ぎたばかりの店内は、まだ自分を含めてお客さんは2人だけ。

親父さんはいなくて息子さんとお姉さんだけで営業してる・・・もしかしてとうとう全メニューを任されたのか!?
親父さん、途中でひょこっと顔を出して忙しそうではなかったので、また奥にひっこんで行きました。

・12番:ラーメン・チャーハンセット(800円)

ランチの間だと定食は600円なので同じものを食べるならお昼がお得だが、食べたいのは今。
ラーメンもチャーハンも普通の量なので、当然量は多めです、風邪ひいても腹元気!
一番注文してしまうのが12番だけど、鶏のから揚げ定食やマーボーも好き。
ごはん物の定食の方が問答無用に量は多い。

この独特の八角の香りがするラーメン、好き嫌いが分かれるだろうけど、
台湾旅行を経験した後、余計に八角好きになってしまったのでたまらんち。
この日のスープはやや塩分強め・・チャーハンは家庭的な味。

息子さんがこのまま継ぐのならかなぎょーは安泰だね、いつまでもガッツリ系で安くて庶民の味方でいてほしい。

※この前壊れかけのレディオならぬPCは、HDDを交換して無事に復活しました。
 Macbookと合わせてこれからは二刀流。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-01-24 06:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(6)

石川(七尾市中島町):かき処 海(かい)で牡蠣づくし!→(かほく市):カフェマダムルロワ

b0089578_16425990.jpg
毎年冬の恒例となっているのが、能登へ牡蠣食えば~炉端焼き焼き、中島町。
以前は、穴水牡蠣まつりに行く方が多かったが、ここ数年は養殖場が多いエリアに。

今年は何処に行こうか?「中島町 牡蠣」で検索すると必ず上位に上がるのが、かき処 海(かい)

こんな人気店は当日に電話しても駄目だろうと思いつつ、ダメ元で電話すると、
「14:00頃に空きそうですか?」
「何とも言えないですね、周辺には牡蠣料理のお店が沢山ありますから、そちらも検討してみては?」

そう、確かに中島町~穴水町エリアには牡蠣を食べさせてくれるお店が沢山ある。
でも、とりあえずお店まで向かってみて、ものすごい行列だったら他の店に行こうと決めて
のと里山海道を徳田大津ICで降りて中島町へ。

お店に到着すると、やや遅い時間だからか外には誰も行列が付いていない・・が、駐車場は満車。

外観撮るの忘れたけど、店構えは黒を基調とした和風のちゃんとした店構え。
ちゃんとしたというのは、去年行ったお店は養殖場と連結した倉庫を改造したお店だったので、お店らしい内装も人気の1つなのかな、店内もそれほど広くないけど暖かいし。

店の外に行列はなかったが店内に入ると、入り口に待ち人がぎっしり!
外待ちが寒いので無理やり中に入ったと思われる件、仕方ないし待つわ~と予約カードに名前書き。

30~40分ほど待ったのかな?オープンの11時に予約すると待たずに入れるのがベストだけど、どちらにしろ予約必須。

大きな長いテーブル、中くらいのテーブル、小上がり席とあって、少人数だと基本相席。
とにかく待っている人が多いので、お店の人も効率よく座れるように座席を決めてくれます。
b0089578_16432790.jpg
メニューはコース2種と単品それぞれあり、カキフライ定食(1000円)なんてお手軽なメニューも。

・海コース(4000円):焼き牡蠣(10個)、かきフライ、酢の物、かき釜飯、かき鍋

・波コース(3000円):焼き牡蠣(10個)、かきフライ、酢の物、かき釜飯

※酢の物は酢がきではありません

単品だと、焼きがき、かきフライ、かき蒸しやき、かき鍋(みそ)、かき菜あげ、かきどんぶり、かきぞうすい、かき釜飯、かきごはん・・・・えびフライ

海老フライっ!?っと、甲殻類人猿は海老星人の夫がピクリと反応。
かき鍋(みそ)はいらないから、フライ物にしよう!と、2人一致したところで決まったのは、
波コース(3000円)+ミックスフライ(鶏・牡蠣・海老の3種:800円)

ちなみに前に相席となったご夫婦は、単品で焼き牡蠣、かきフライ、かき釜飯。
好みと量に合わせて色々チョイスできるのが便利です。

お酒も日本酒、ビール、焼酎、チューハイ、ノンアルと揃っているので、
昼酒推奨派の自分はチューハイ・レモン・・・夫はノンアルビールで我慢の運転手。


左手に軍手、右手に牡蠣専用ナイフを持ち、いざ出陣!
自分で牡蠣を網にのせ、飛び散る殻の攻撃を避けながら、火が通るのを待つのだ。

いつも迷うのが牡蠣の焼き具合、蓋がパカッと割れたらナイフで開けてしまって、
まだ生っぽかったら剥いて反対にして、戻して焼いてくださいな~と言われる。

あれ!?いつもの焼き牡蠣より焼けるのが早い気がする・・・と思ったら、横にミニ扇風機を設置して、炭に風を送っているおかげで火力が強いのだ!

b0089578_16434638.jpg
いい塩梅に焼きあがった!と野生の感で殻を開けると、むぅ~結構小ぶりな牡蠣。
全部で20個ほどの牡蠣のうち大きめは2個ぐらいで後は小ぶりな大きさ。
海の塩気を含んだ牡蠣はそのままでうまいっ、レモンも必要なら別注文~♪
b0089578_16435711.jpg
コースについてきた小鉢たち、枝豆と牡蠣のひらひらの佃煮と、イカ?の南蛮漬け
b0089578_16440575.jpg
牡蠣フライは、カリッとした揚げ具合で、ふっくら良い感じに揚がっていた。
タルタルはマヨ少な目のさらっとしたソースで、自分はソースと交互に食べました。
b0089578_16441943.jpg
別注のミックスフライは、鶏のから揚げ2個、カキフライ2個、海老フライ1本。
海老フライ1本っ、がるるるる・・・もちろん仲良く分けて食べました(想像)
b0089578_16442998.jpg
最後の大御所、かきの釜飯のおなり~このビジュアルだけで心惹かれる
昔バス旅行で、峠の釜飯を食べ終わった後に釜だけ持ち帰って、家には10個ほど保存しておいたが特に使用しなかったという・・・釜飯ロマンの謎。
b0089578_16460353.jpg
牡蠣は沢山入ってるわけではないが、牛蒡や人参が結構入ってます
b0089578_16461506.jpg
今まで食べてきたかき釜飯に比べて、味付けがはっきりしていて美味しいかも。
釜で炊いてあるせいか、お米もふっくら、お茶碗2杯強あるので、これを食べている間にお腹が膨れてきた。

奥のトイレで用を足そうと扉を開けると、奥に牡蠣の剥き場がガラス越しに見えて、
マンガの様な山盛りに盛られた牡蠣の身をおばちゃんたちがセッセと剥いていた。
生牡蠣取り扱ってるから現場も寒いだろうに・・・皆さんお疲れ様っす!!

牡蠣の灰が飛び散ったり臭いが付いたりするので、服装は気楽なものがよいでしょう。
焼きながらの臨場感を味わいつつ食べるのはやっぱりいいものです、来年も牡蠣食いに能登に行くわ。


帰りに見つけたカフェ
[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-01-23 06:47 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊・せせらぎ通り):金澤もんようでスーパー白子祭り!

b0089578_13423373.jpg
冬将軍が猛威をふるう頃、あいつも旨味を増してやってくる、通称ホワイト将軍・・・・その名も「鱈の白子」!

毎年、割烹・勝一で白子祭りを開催してきたが、一体何度開催しているのかちょっと調べてみる。

2010は全部ではないものの白子料理は3品くらい出ているので準白子コース、
他にも鰤しゃぶメインで白子が3品とか、2008、2009辺りに開催しており、今ではすっかり定例化。

金澤もんようをオープンしてからも、もちろん白子メニューは存在するので今年も白子祭りを要請。
過去記事で白子祭りを1度堪能したいと、カッキー、ミカちゃんも参加のスーパー白子祭り。

メンバー:カッキー、ミカちゃん、エリソンさん、ヒサナオ、スカタン

少人数だったらカウンターで料理についてのツッコミを入れたかったが、さすがに5人だとテーブル席。

・前菜

白子の赤ワイン煮、サバスモーク、黒豆のチーズあえ、自家製チャーシュー、数の子わさび

白子の赤ワイン煮、赤ワインソースが行凝縮されて美味しい。
定番の鯖スモークや自家製チャーシューも前菜にプラスされていました。
数の子わさび・・わさび!うぉっ地雷っ!だけど、そこまで山葵の風味が強くなくてホッ
b0089578_13424779.jpg
・白子のブラックスープ

ブラックスープです、としか言われなかったので、5人で色々憶測を立てながら食べてみる。一番の候補は牛蒡・・・八百屋が言うのだから間違いないと思ったら、なんとヒジキを裏ごしした黒いスープでした。
コクや独特の風味はあってもヒジキというのは分からなかった、上にはソテーした白子。
b0089578_13425679.jpg

・野菜の昆布締め白子巻き

お造り、この形だと普通、白子の昆布締めを想像するが、菜の花・蕪の葉・タケノコ白菜の3種の葉っぱを昆布締めにして、生の白子が巻いてあります。

それぞれの葉っぱに昆布の旨味がしみ込み、噛むとシャキッとした歯ざわりの中から濃厚な白子。

b0089578_13430808.jpg
・白子田楽

焼き物はゴルゴンゾーラ入りの味噌がかかった焼き白子田楽。
かなり濃厚なお味でお酒に合いますな、上には大葉のベビーリーフで仄かな爽やかさ。

ちなみに皆さん、最初はビール、サングリア、日本酒サングリアなどグラス攻勢だったが、
どうせ飲むだろうと白ワイン(シャブリ2011)のボトルをあけました。

b0089578_13431775.jpg
・白子の香草蒸し

なんと白子とパクチーの思いがけないカップリング!中には鱈の身と白子の親子が一緒にパクチーとセロリと生姜で蒸されています。
ラー油風味の酢醤油でいただく何ともエキゾチック白子、香りと白子の旨味が効いてこのフィーリングカップルなかなか美味しいですよ。
ちなみに・・香草は松田久直商店で仕入れていただきました。
b0089578_13433745.jpg
・白子のパン粉焼き

エスカルゴバターでパン粉焼きにした白子、ニンニクが効いて香ばしい。
b0089578_13435503.jpg
・白子煎餅

カリカリに揚げられた衣の中から、とろりんと白子が出てくる揚げ物。

胡麻とミックスナッツの衣の2種類。

b0089578_13443742.jpg
・白子ポン酢

酢の物は王道の白子ポン酢、色々巡ってお帰りなさい的な定番の白子料理、うまっ!!
b0089578_13464607.jpg
・白子雑炊

白子がプカプカ浮いた雑炊は、加賀蓮根のすりおろしに柚子の香りが。
とろとろ熱々の蓮根と白子、どちらもとろ~りであったまります。
b0089578_13465334.jpg
・チョコと胡桃のムース

今回の白子会席のお料理は6000円でした。
白子会席は1人前5000円から(2人以上のグループ)から予約を受け付けているそうです。
単品での白子料理もメニューにありますよ。

翌日、白子会席を味わった人の画像を拝見したら、白子蕎麦があって羨ましらこ!!
こんなに白子を食べたのに、まだ飽きないという魅惑の海の幸。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-01-22 12:40 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(西都・県庁周辺):客野製麺所(ラーメン)

b0089578_14030848.jpg
パソコンを購入して以来、すっかり周辺機器にも視野が広がり電機屋に取り付かれている電波主婦。
休日に家電量販店に出向いて~のランチはお近くの客野製麺所
休日のお昼は半端ない激込み、しばらく北風ひゅる~の外に立っていた時は、早く中に入りたいとドアをじっと見るマッチ売りの気分。


・冬季限定:白味噌チーズラーメン(煮玉子トッピング)&ミニパーコー丼

白味噌ラーメンに更にコッテリーナ推奨なチーズ白味噌、更にコッテリダッシュで煮玉子プラス
さらにさらに林家パーコー丼は遠慮がちにミニにしつつも外せないですね。

白味噌風味が普通の味噌より味噌味噌してなくて上品でお気に入り、チーズでコクをガツンと。
麺は中太麺で食べ応えがっつりモチモチうまっ。


細々したものは家電量販店で購入しても、結局はネットで買うことが多いのです。
早速手に入れたのがAirMac Time Capsule←まだ設定してません
外付けハードディスク←まだ設定してません・・だ、大丈夫か!?

そして諦め悪く、お陀仏したはずのPCを復活させようと、5000円ほどの内臓HDDを購入。
夜中に裏開けて交換、リカバリ中・・時間かかり過ぎなのでインストール途中でほったらかしてきました。
帰宅後に復活してるのか!?Mac買う必要なかったんじゃ・・と夫に言われるのがこわい。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-01-22 05:55 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(尾張町):地球屋台山チャン(たこ焼き・バー)

b0089578_14113485.jpg
体調不良なショウタ君を帰宅させ、飲み足りないデブくろ女子メンバー3人、ゆうちゃん、えみちゃん、スカタンの3人は、
東山からほど近い地球屋台山チャンへ。場所は主計町側の橋場町のバス亭並びにあります。

店内に入ると、あれっ!?前来た時と内装が変わって広くなってる!?
以前の記憶からの変化、カウンターのみで奥は仕切られた謎のゾーンがあったが、
謎をパーンととっぱらい、カウンター、奥にテーブル席。

特筆すべきはその店の雰囲気、主計町のすぐそばなのに何故か新世界的にいるような。
薄暗い店内、ミラーボールにあちこちアート!?「書初め出来ます」なテーブル。
BGMはパソコンから趣味的に流しているようだ、ビョークの後に少し前のマドンナ・・・
なんとも言えない独特な第三世界的雰囲気が漂う稀有な存在。

片町や新世界にある分にはあぁ納得・・なんだけど、この辺りでは珍しいので。
でも、お酒が目的なだけじゃない、たこ焼き、焼きそばなどフードが目当てな女性群。

とりあえずビールやカクテルを注文して、たこ焼き待ち
b0089578_14114178.jpg
・たこ焼き

たこ焼きは数を選べたと思う、数種類のメニューがあったと思う。
すみません、酔いの回転レール状態であまり記憶がありませぬ。
でも、覚えているのは、熱々ふわっとろっとたこ焼きだったこと!美味しいのです!!
b0089578_14114917.jpg
・シロコロホルモン

お味は味噌ダレ、マルチョウ好きの私が来ましたよ~噛んでも噛んでも噛み切れない、そんなあなたが大好きです。
b0089578_14115589.jpg
・野菜炒め

塩焼きそばが売り切れで、野菜炒めか何か作ってもらったのだと思う(記憶曖昧)
メンマや葱やら、お肉も入ってたか!?いいお酒のおつまみです。
b0089578_14120163.jpg
・たこ焼きリターンズ

でも、1番最初とは違うたこ焼きだったような(もう記憶が曖昧)、たこ焼き旨し!

マスターに「カレーってあります?」と聞くと、「それってかなり前に来ましたね、もうやっていないんです」とのこと。
確かドライカレーがあったはずだが、現在はメニューから抹殺。

超個性的な店ながらマスターのお肌はツルツル・・・若いっ!!しかし、客層はバラバラ。
この界隈のお店で仕事を終えたどこかで見たお方も後からご来店、いつの間にかお店は満席。

カウンター三つ巴で女3人しゃべくりまくってたのだが、瞼が重い・・眠い・・・眠い・・・

もう、午前様だ~!!!夫の起床時間が早いので、自分も以前より早く就寝するようになったらシンデレラにも耐えられない身体になってきた。←単に年寄りなだけ!?

「眠いよーーー」と2人に言い渡して、二次会は終了。
ご近所にこんな雰囲気のお店があることが嬉しい、また来ますわ!

ここに向かう途中店名がうろ覚え、色々間違えていて失礼千万しかり。

「たこ焼き山チャン」←もっと複雑だったような
「世界の山チャン」←それは名古屋だ!
「世界屋台山チャン」←言い間違い世界NO.1レベル。

正しくは「地球屋台山チャン」でした、もう覚えましたよっ


[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-01-21 06:39 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)

金沢(東山):東山 ロベールデュマ(フレンチ)・デブくろ商店1月号

b0089578_14085774.jpg
新年明けましてのデブ会、年末旅行からの正月太りと新年会で体重が戻らないどころか、
右上がりストッパー必要!とシャレにならない状況に陥っています。
バースデーが過ぎたら痩せモードにギアチェンジすると固く誓う。
その一因となっているデブくろ商店、今宵もデブるっ

メンバー:ゆうちゃん、えみちゃん、ショウタくん、スカタン

12月は忘年会など各自多忙なこともあって、デブ会はお休みしていました。
二ヶ月ぶり&新年会なので、豪華にいっちゃおう!と東山ロベールデュマ

昨年4月に泉が丘から移転、出格子が立ち並ぶ茶屋街の一角に町屋を改装したデュマは周囲の風景と溶け込んで、和と洋の風情漂う落ち着いた空間。
1Fはオープンカウンターとテーブル、2Fはお座敷にテーブル席が2部屋。

20時というやや遅い時間スタート、お店は満席で私たちはカウンターに4人横並び。
お店の人の気遣いで、横のカップルとの間に1席空けて座ることになる。
この4人の喋りはカップルの妨げになりそうなのは自分たちでもがってん承知。

今回は8000円のコースなり
b0089578_14090843.jpg
・赤ピーマンのムース仕立て

赤ピーマンのムースの上にはコンソメジュレ、一番上はオマール海老の剥き身。
ピーマンの甘味と濃縮されたコクがあって舌触りもクリーミー♪
b0089578_14092509.jpg
・カルパッチョ盛り合わせ

才巻海老のカクテル仕立て、厚岸の生牡蠣、スモークサーモン、鯖のマリネ、水たこのカルパッチョ

一年を通して生牡蠣を出荷出来るという北海道は厚岸(あっけし)の牡蠣、
生牡蠣久しぶりに食べました、ぷるっとして甘味を感じます、幾つも食べたい(笑)
b0089578_14091945.jpg
・パン 今回はお代わりをいただかなかった、デブくろ会なのに少食ね。
b0089578_14093155.jpg
・フォアグラのポアレ
ソースはポートワインとバルサミコソース、お皿が大きいので分かりずらいけど比較的大きめのフォアグラで食べ応え十分、柔らかく濃厚で定番のコメントだけど、美味しいわん。
b0089578_14093641.jpg
・海老とスズキのムースパイ包み
周りをパイで覆われた海老とスズキのムース、魚介と海老の旨みと優しい味。
原木しいたけのクリームソースに下にはちぢみ法蓮草。
b0089578_14094280.jpg
・仔羊と豚足のソテー
仔羊はフォンドボーのソース、豚足はトマトソースで!かりっと焼かれて中はぷるっと弾力が、豚足を避けている夫のお陰で最近食べられなかったので久しぶり!どちらも大好物。
添えてあるのはポテトのグラタンです。
b0089578_14094615.jpg
ワインが残っていたのでチーズを追加、ハード・ウォッシュ・白カビ。
b0089578_14095100.jpg
・自家製デザート盛り合わせ&コーヒーor紅茶
グランマニエショコラ、ファーブルトン、りんごのケーキ

こちらカウンターが広いので、奥の方にカメラ・メモなどの私物を置く余裕があっていいわ
鞄などはカウンターの上に置くスペースがあります。
正統派だけど味付けが安定してしっかりしているので安心感たっぷりのデュマ。
外へ出れば茶屋街の灯りがともって特別な時にぴったりなシチュエーション。

ゆうちゃんの転職話に盛り上がって、仕事話への活力をたっぷり浴びせられました。
さて、まだ飲む気満々の女子3人に対して、ショウタ君はやや体調不良!?のため離脱。
二次会は女子会になって秘密のトークショーへの予定。

つづく

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-01-20 06:05 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(米泉):秋生(しゅうせい)ラーメン

b0089578_14592865.jpg
日頃、Facebookなど見ているとすぐに人の食べている画像に影響受けまくりなのですが、
一番行きやすいのはラーメン、ジム近く界隈ばかりが便利なのでそちらばかりでしたが、
限定ラーメンを求めに、休日に夫を誘っての横川交差点近くのラーメン屋さん、秋生へ。

・台湾まぜそば(並):800円(プラストッピング・めんま)

辛く味付けされたひき肉に、ニラ、ネギ、玉ねぎ、海苔、黄身、炒めたニンニクのトッピングが入った汁なしのまぜそば。
あの台湾ラーメンのまぜそば版ってことですよね?!台湾って聞いただけで惹かれるわ。
メニューにトッピングを残してご飯と混ぜるのがおすすめとあったのでライス(普通)も追加。

まぜそばなので一気に器の中身を混ぜ合わせ〜ネギと生の玉ねぎ・ニラの薬味が複雑ミックス。
ひき肉の炒め物は結構辛くて、混ぜ合わせると極太麺とよく絡んでバランスよい味で美味しい。

最初、ご飯の上に残ったトッピングをちまちま乗せて乙女食いしていたが、面倒になってやはり全部ガッ!と混ぜて食べました。
この時は2日限定のメニュー、お店のFacebookで情報がアップされていますよ。



さて、年末にPCがお陀仏したまま旅行に逃避、1月に突入してからどのパソコンを購入するか迷っていたが、
周りのおすすめがじわりじわりと影響というより洗脳され、まさかのMacBook Proを買ってしまいました!

初めて付き合った・・もとい買ったパソコンはPowerMacintosh 8500/150。
その時も周りがMacばかりだったので、職場がWindows3.1だったにも関わらず可愛いとか面白いとか言う単純な理由で購入してしまい、インターネット始まる前だったのでちまちま絵を描いたりゲームしたりと今とは用途は随分違っていました。

その後、Macは持ちつつもPCも手に入れ、両刀使い→Macご臨終→PC乗り換え時代、
と自分家のパソコン戦国時代の歴史がつらつらとあり、再びMacをお迎えすることになったのですが、すっかり浦島太郎。

iPadは持っているのでアイコンに見覚えはあるけど、いろいろと設定とかまごついてます。
少しディスプレイの大きさも前とは違うので、ブログのデザインも変更してみました。
シンプルとそっけないのボーダーラインにいるので、また変えるかもしれないけど、とりあえずは。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-01-19 09:30 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(6)