<   2013年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

金沢(泉野出町):ガレタッソ・5周年記念飲むん会

b0089578_14561574.jpg
年末の休みに入ってパソコンのキーを打つべし!打つべし!遅い年賀状作りに精を出してます。
住所録の宛名書きに疲れ目、気分転換にブログ書き、ネタは怒涛のようにあります。

12月10日はガレタッソの5周年記念飲むん会に参加してきました。
今でも平日のジム帰りにちょこっと寄ったりしてるガレ、平日に周年パーティーするよと聞くやいなやその場で参加表明。

今年は結婚式やお祝いともろもろお世話になりました、いかねばなるまい、行く気満々。
夫は夜中の12時開始の飲み会に参加予定だったため、始めは迷っていたものの結局参加。
翌日は寝ないで仕事していたというダイハードな日になったよう。

1品持ち寄りとのことで、自宅で1品作ってからの少し遅れての参加だったけど、まだまだ序盤な飲むん会。
すばらしいオードブルの数々はまだ手付かずのまま・・ニヤリ。
b0089578_14562881.jpg
手前の破壊力抜群な鶏のローストチキンがのっかったプレートはバーカロ。
他のお皿もどこかで見たな?と思ったらバーカロ、ケークサレやクジュールなど炭水化物プレートに
スモークやフリットなどの魚の前菜プレート、肉のプレート、しかも二階に上がるとバーニャカウダーまで。
いつも自分がよく食べてるメニューもあったので、他の人に説明したり。
その奥はシャルキュトリーガリビエ、お肉のスモークやレバーペーストなどお肉好きにはたまらない光景。
b0089578_14563349.jpg
カンパーニュのオードブル、もう1皿あったのですが、種類が豊富で何気に他のお店とかぶっていない。
後、パン屋たねさん、パティスリーオフクさんの2種の香箱がにのキッシュも堪能。
b0089578_14564388.jpg
こちらはスカタン亭の「栗のメンチカツ」
合びき肉に玉ねぎと栗をあわせて、お醤油と砂糖で味付けした和風メンチカツでソースいらず。

意気揚々と2皿かかえて持っていったのだが、ニキさんの反応が「あっ・・」と一瞬微妙に。
その理由、カウンターの上には「天狗中田北安江店」のメンチカツがずらりと並んでいた。

まさかのメンチカツかぶったーーー!!!天狗中田にメンチ切ったメンチカツ対決。
いえいえ、こちらは素人メンチカツ、とても太刀打ちできるものではございません。

・・・がっ!お肉は天狗中田で買ってきているし、ソース漬けの洋風のメンチカツに対して自分のは和風メンチカツ。
一応は腹違いの兄弟メンチカツと言えよう。
b0089578_14565120.jpg
バーカロのローストチキンを捌くグリエジョーさん、皆でシャッターチャンスを逃さずまいとカメラが取り巻く。
その後ジョーさんは店内で女性に囲まれ大もて、ローストチキンも私を捌いて~と本望だったであろうと。
b0089578_14565791.jpg
次々と参加者が訪れる中、ビストロユイガさんのマカロンを私たちのテーブルがゲット。
しかし、自分は写真を撮っただけで食べられず!無念っ、食べ物争いは仁義なき戦い。
b0089578_14570286.jpg
ショウタ君持込のマグロの漬、ちょっとぉ~美味しいじゃないか。後、お肉のトマト煮込み!?もあったね。
このグルメ料理男子は日々発展してきており、料理に凝り始めること半端ない。
何故かライバル心に火がついた・・・この勝負は次回のでぶくろで決着をつける!

夫は次の予定のため先に帰ったが自分は午前様を軽々と越え、
いつもは話す機会が少ない人たちのも会話で盛り上り楽しいひと時を過ごしました。
ニキさんいつまでもお元気で!また来年も無事に開催できますように。

当然のごとく、長時間ワインを浴びた結果、最後の方の記憶はございません。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-12-29 12:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)

金沢(柿木畠):更科藤井で鴨鍋コース!!

b0089578_14254068.jpg
結婚に伴い様々なお祝いを頂き、食品は日々消化して着々となくなり、
記念品は飾ったり使用したりして有難く新生活に活用させていただいています。

そんな中また1つ、お祝いの切り札カードを使用する時がきた。
結婚式二次会の時に目録と共に頂いた、ガレタッソ常連メンバーたちからのお祝い。

「スペシャルラブディナー券:更科藤井

結婚式の記憶が薄れない内にディナー券を使わせていただきました!
有難いことに、かなりの金額が収めてあったそうで、
いきなり何呑みます?で泡物MOE~が出てきました、萌え~
今宵は藤井で無料豪遊!なんていい響き・・ガレタッソの方向に拝んでおきます。
b0089578_14255147.jpg
ディナー券は結婚式当日に贈呈されたいたが、11月末に訪れたのには訳があった。
それは冬季限定の「鴨鍋コース」を美味しく頂く為、寒くなるのをじっと待つの子。

前菜込み鴨鍋コース:1人前6500円~(2人様より、仕入れのため前日予約必要)

前菜と鴨鍋、〆のお蕎麦が付くコース、最初に出てきた小皿に盛られた前菜が
何とも冬の食材満載の豪華さで思わず嬉しいお酒がすすむ君。

この日の前菜は、白子、バイ貝のぬた、かます炙り、のどぐろとしば漬け、
香箱がに、しめ鯖、そしてちぢみほうれん草も入ってたなぁ
b0089578_14260982.jpg
お待ちかねの鴨鍋、ずらっと並んだ食材たち、鴨がネギしょってやって来た~!

下仁田ネギ、エリンギ、シメジ、能登原木椎茸、せり、春菊などのピカピカの野菜に
脂のノリも麗しい厚切りの鴨肉と竹筒に入った鴨つくねっ!!

b0089578_14260316.jpg
胃袋が鴨だけにかも~ん!と待つ時間も惜しいこの瞬間。
横をチラ見しながら、お酒のあての前菜をつまみつつ、おりこうさんに待ちます。
b0089578_14261647.jpg
やはり鍋で食べる鴨は豪快で、肉厚な旨みもあって食べがいがあって激うま~!
口の中でほろっとほどける鴨つくねもまた違った食感と旨み。
b0089578_14262428.jpg
その後、どんどん野菜も投入していくのだが、鴨の脂と旨みが加わったタレで
野菜を食べるとコクが周りをまとって驚くほど美味しくいただける不思議、
野菜が美味しい!どんどん野菜食べる手も進みます。
b0089578_14263211.jpg
盛られたお野菜を全て入れ、鍋も空になりかけのところへ
「また食べれます?」
「はい!」
素直過ぎるぜ、この胃袋・・・

で、またまた野菜と鴨肉投入。

「つくねも食べます?」
「はい!」

棚から鴨つくねを出して投入。

何故かブロッコリーも投入されたりして、自動的に実験君。
b0089578_14263734.jpg
その後の「まだ食べれます?」「はい!」のやり取りが何度あっただろうか。
連続の野菜と肉の投入にも関わらず、鍋はちゃくちゃくと減っていく。

素直すぎるのは罪にもなりうるやも、藤井の野菜を食べつくす勢い!

※ちなみに次々投入出来たのは予めガレタッソの面々が
コース以上のお金を納めていたからでこそ、普通は食べ放題ではありません。
もちろん結婚記念というご主人のご好意もあるでしょう、と勝手な予想。
b0089578_14264471.jpg
ラストの〆は二八のざるそば
b0089578_14265191.jpg
鴨の旨みと野菜の出汁をたっぷり吸ったつゆ、
こちらに冷たいお蕎麦をつけていただきます、蕎麦にこの濃厚なタレが絡んでたまらん。
鴨肉とお野菜も美味しくいただけて鴨好きには超おススメなコースです。

さすがに世は満腹じゃ、で名残惜しいけど終了~♪
皆様またお世話になってしまいました、どうもありがとうございました。

後日談、ご主人によると4人分は食べたそうで・・・アイアンストマック伝説がまた1つ増えました。





[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-12-27 06:34 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(8)

八百屋のうちごはん(その4)

b0089578_16034847.jpg
クリスマスシーズン突入、ホームパーティーも控えており、
メニューに頭を悩みつつ、料理雑誌を眺めながらぶっつけ本番で挑戦する覚悟。

毎回頂き物のワインなどを飲んでいると、
一気になくなりそうで勿体無いと貧乏性の性根がむくり・・・。

酒量販店などで1000円以下のテーブルワイン(500円以下も多々)を
ちまっと買いながら生き延びつつ、しばらくして今日は頂き物のこれ開けようか、わーい!とプチプレゼント気分でありがた~く飲んでます。

今回もお祝いシャンパンは肉肉しい日に合わせました。

・ジャニソン・バラドン ヴァンド・ヴィル ブリュット

ハートラベルが嬉し恥ずかし可愛らしい、まさに結婚のお祝いにぴったり。
シャンパン狂なシリル・ジャニソンという作り手の自然派のシャンパーニュ。
フレッシュな味わいで、きりっと辛口ですっきりしていたかな?

さて、ここ最近食べたものを適当に並べてみました。
b0089578_16041867.jpg
今回のお題は、ベージュさんの結婚お祝い会で頂いた「えりも短角牛」1.6キロ。
デカい、デカいよ・・・隣のスマホと比べてもこの大きさ。

しまったー、こんな肉塊に会えることなぞ滅多にないというのに、
もっと自分と一緒に記念撮影しておけばよかった。←芸能人か!

そもそもここまで大きなお肉を扱ったことがないので、切るだけでシック八苦症候群!
多分、プロが見たらコラーッ!と肉切り包丁で追いかけられそうなほど
適当な切り口だったと思います。
b0089578_16043975.jpg
1回目ミートな日、肉を焼くのは男の役目とか何とか夫が言い出したので、
おぉ!ステーキ、素敵!とこのまま持ち上げて、作ってもらいました。

オリーブオイルに玉ねぎ、ニンニクの細かく刻んだものと、蜂蜜、マスタード、ブラックペッパーを合わせて焼いてたみたいです。
b0089578_16044985.jpg
2回目ミートな日、ここからは私作で和風ステーキ丼!牛肉の正統派で攻める。
にんにく醤油な味付けで焼いて、ごはんの上にレタスを敷き詰めてのせました。
b0089578_13593811.jpg
3回目ミートな日

・牛肉のスパイシーオーブン焼き

牛肉をクミンパウダー、コリアンダーパウダー、チリパウダー、ガーリックパウダー、
ジンジャーパウダー、塩・胡椒+赤ワインビネガー、醤油で1晩漬け込みました。
で、オリーブオイルを少々かけてオーブンで焼き上げたって感じです。

よくスーパーのおつとめ品のコーナーで、これあんまり使わないだろう~
とみられるスパイス類を見つけると、ついつい買い物カゴの中へ。

ここではジンジャーパウダーなんですけど、こんな時ポコンと活躍します。
b0089578_13594689.jpg
上のお肉に付け合せたのが、フライドポテト。
切り方も盛り付けも超適当になってますが、オリーブオイルで揚げた後、
ガーリックパウダーと塩をふりかけてます。

クセのあるスパイシーな牛肉とガーリックの香りがするポテト、パンチの効いた夕食。
b0089578_15234750.jpg
次の野菜のお題:バターナッツかぼちゃ

ひょうたん型で下のぽっこりとした部分に種が詰まってる南米原産のかぼちゃ。
バターのようにねっとりした果肉とナッツのような旨味が特徴で、ソテーやサラダ、スープなどに適しているそう。
皮が通常のかぼちゃよりも薄くて柔らかいのでむきやすいです。
b0089578_15240154.jpg
さてどーしたものかな~と考えていたところ、ムシャリロさんでバターナッツかぼちゃのカレーの献立があったので、
自分流にバターナッツかぼちゃのカレーを作ろうと、ひき肉もプラスして作成。
もちろん、ムシャさんではひき肉は入りません、肉入りが恋しい私だからこそ。

バターナッツをカットして水とコンソメで煮て柔らかくした後、バーミックスでスープ状に。
別の鍋でひき肉のインド風カレーを作って、水の代わりにかぼちゃのスープをイン。

一応、「バターナッツかぼちゃとひき肉のカレー」が出来上がったわけですが、
 夫いわく「カレー!」、いや・・これカレーだし・・ではなく辛いらしい。

私がルーを使用せずスパイスだけでカレー作ると、いつも結構辛くなってしまうのだが、きたか!
ハウス辛さの5段階からすると、最強レベル5のジャワカレー辛口にさらにカレー粉を入れる母親カレーに
育てられた私は辛いカレーが好きなのだ。

あっ・・ヨーグルト入れるの忘れてたな・・と後入れしてややマイルドになったものの、
やはり辛いのでかぼちゃの味はそれほど感じられないとな、うーむ。
次回は、もっとマイルドなカレーで挑戦してみます。

b0089578_16440854.jpg
・ガパオごはん

ジャークジャイタイフードセンターでガパオご飯を食べ、そのまた夕食にもタイ料理を食べにいった結果、
家でも作りたくなり、久しぶりにガパオ!生バジルも八百屋からいただきました。

結婚式のお祝いに金澤もんようのメンバー一同からフードプロセッサーを贈られたので、
早々に試運転するためにも、鶏のむね肉をミンチにしてガパオを作ってみると、
肉噛むと、みっちみちムチムチボディー!まさにジャークジャイのガパオと同じ食感。

後は茄子、ピーマン、玉ねぎ、オイスターソース、ナンプラーなど・・・いつものメンバー。
b0089578_16432639.jpg
・鶏のつくね鍋

最近自分がハマっているのが肉団子、これは鶏ひき肉に生姜、玉ねぎを入れてます。
後は夫がうちに持ってきたロス野菜、大根、しいたけ、えのき、白菜などなど、柚子かけて。
b0089578_16421855.jpg
・おでん、大量仕込みな週

結婚するまでジム通い半端なかった自分ですが最近は週一ペース、そりゃ体重もじわじわ増加傾向になるって。
でも、お金も払ってるし今日はジム!、明日は私が忘年会だわ!って週にはおでんやカレーが便利。
2人なのにめっちゃ仕込んだせいでお弁当にまでおでん弁当・・・。

八百屋で手に入る具は、大根、はんぺん、じゃがいも、ちくわ、卵、サトイモ・・・食べては追加可能。
大和のデパ地下に寄った時に「味の十字家」さんのおでんの具コーナーは1個づつ購入できるので、
2個づつ色んな種類(もちきんちゃく、イカ団子、さつま揚げetc)を買って入れてで便利でした。
b0089578_16422543.jpg
おでんに合わせるのは「たこと生姜の炊き込みごはん」
たこ焼き器ももらったので、夕食にたこ焼きな機会も増えてくるであろう~と、たこがらみで炊き込みごはん。

運のいいことに最近、ヘンケルスの鍋も抽選で当選して送ってきました。
たこ焼き器、フードプロセッサー、道具をそろえるところから始める自分にぴったり。
そして、ワインに肉、鰤、最近、もらい物ばかりで生きている有難い、そして毎日出る八百屋のロス野菜を消化することも忘れない。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-12-25 06:00 | うちごはん | Trackback | Comments(4)

金沢(片町):鮨処あいじ(寿し)

b0089578_15534732.jpg
イベントや年末の大掃除などやることてんこ盛りの12月。
ジムもあまり行けてなにので、体重もじわりじわりと元の体重に近づいています。

この記事は11月、結婚式二次会でお世話になった鮨処 あいじさん、
お礼もかねてお寿司を食べに行ってきました!1年ぶりくらいかな。

通常のネタケースは外された白木のカウンターが広々とした明るいお店です。
流れはつまみから握りまでお任せにしてもらいました。

・香箱がに

うちめし記事で香箱アップはしているが、それより前にこちらが今年初の地元香箱蟹。
なので余計に感動が~家で自分で適当にさばくのとお店で綺麗に詰まれているのとは訳が違う、土佐酢ジュレの出汁の旨みをふるふる浸透させながら、じわじわ味わう。
b0089578_15540264.jpg
イカのお刺身を摘みながら~の間に鍋の支度も準備完了。
お刺身としてそのまま食べてもよし、出汁の入った鍋にくぐらせてしゃぶしゃぶしてもよし。
b0089578_15541388.jpg
・白子
身が固くなりすぎる前にしゃぶっと少しだけくぐらせた白子、十分に熟されていて
口の中でとろけるようにねっとり濃厚さが伝わってくる、ポン酢でキリッと。
b0089578_15541752.jpg
・きじはた、地あら

きじはたは別名「あこう」、どちらも身がしまっていて適度な脂がのってます。
さっと出汁にくぐらせてポン酢で食べると食感があってまろやかで美味しいですね。
b0089578_15542129.jpg
・ぶり

どぉーん、と堪能出来る量で出てきた脂ののった鰤、
やはり北陸人に鰤は見慣れているとはいっても飽きない鰤、大好物。
b0089578_15542878.jpg
・香箱の蒸し寿し

上にのっているのは大葉のベビーリーフ、普通の大葉ほど固くないので
散らせて飾りにするのに最適ですね、香りも赤ちゃんなのかきつくはないので、
蟹の風味にさわやかなアクセントをもたらせてくれる。
蒸し寿しには餡がかかっててあつあつをいただきます。
b0089578_15543207.jpg
・ぼたん海老

ここから握りに移行、あいじさんのお寿司は最初から味が付いているので、
醤油に付ける必要はありません、ボタン海老まったり。向こう側は野菜のピクルス。
b0089578_15543660.jpg
・かつお
脂をたっぷりかかえたかつお、私は山葵が苦手なのでALLさび抜き・・でも職人さんはもう山葵を加えるのがクセになっているんですよね、何度も迷惑おかけしてすみませんっ
b0089578_15544137.jpg
・甘鯛
b0089578_15544517.jpg
・とろ

千葉で337キロのマグロがあがったとか何とか~そのマグロからのお便り。
しばらくトロを食べてなかったな~うまっ
b0089578_15545008.jpg
・こはだ

こはだを食べた回数は少ない方なのですが、どちらかというとさっぱりとしたイメージ。
こちらは厚みが適度にあって脂がのって旨みがあって美味しかったです。
b0089578_15545565.jpg
・うに

たっぷりとのった雲丹、とろんととろける甘味♪
b0089578_15550034.jpg
・きんき
炙ってあるせいかほどよく香ばしい、脂ものっていましたがしつこくないです。
b0089578_15551750.jpg
・穴子
ふっくらと柔らかい穴子
b0089578_15550361.jpg
海苔がたっぷりのお汁で〆っ

結構遅い時間から予約したので、お客さんは殆ど終わりがけの1組と私たちだけ。
ゆ~っくりと時間をかけつつお寿司を堪能しました。
途中で常連の市場の人がお客に加わったのですが、共通の知人がいたことで一緒になって話しが盛り上がり!こんな出会いも楽しいっ

ご主人の対応も気さくで丁寧だし、CPが高いのでも評判のお店です。
久しぶりの廻らないお鮨で表面的には静御前でも内心はテンション上がりまくりでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-12-23 17:43 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(堀川町・金沢駅近辺):麺屋大河(ラーメン)

b0089578_14182708.jpg
毎週日曜の午後は、予定をかっ詰めながら行動しているのでいつも忙しい。
月~土、日の午前中まで夫の仕事があるので、2人揃って日中動けるのは日曜の午後だけ。

この日も前日から日曜の予定は?と、ニコニコ&イライラ日曜計画。
ファックス付電話を買う、タイヤを換える、大和に用事がある、どれを優先する?

答えは「まずお腹を膨らます!」、そうだね、腹が減っていては頭も動かない。

近くでチャチャッとラーメンでも食べよう、ということで向かうは駅近くの麺屋大河
だが、駅前はフォーラスへと続く行列、さらにこれも予想していたが、
大河は人気店なので平日はもちろん休日ともなれば行列覚悟。

味噌ラーメン専門店「麺屋大河」、お店の左側に駐車場があります。

・季節限定・牡蠣味噌ラーメン:980円(+煮卵・メンマ)

野菜ジュースを飲み干して~のお待ちかねラーメン、煮卵と極太メンマはトッピング。
1周年トッピングカードをまだ持っているのでメンマはサービス。

スープの味噌の味はさらっと上品な感じで、他の成分の旨みがじんわりきます。
上の生姜と柚子を混ぜるとスープの味がかなり変わってさっぱりしてきます。

飲んだ後にここで〆る時は、大体半分ほど食べた辺りで生姜を混ぜるのだけど、
この日は最初のスープの旨みを長く味わいたかったので、最後の方に薬味を混ぜるという気分。
味噌が濃すぎる味噌ラーメンは苦手なので、大河は非常に好みな味です。

トッピングは広島産の牡蠣で大ぶり、青海苔と焼きネギ。
プラスした煮卵は温かく中身も黄身にちゃんと味がついてとろ~っと、メンマもうまっ
肝心の中太めちぢれ麺もコシがあって、モチモチして美味しかった。

さて、タイヤ~私の車はすでに交換済みだが、夫の冬タイヤを新しく購入したので、
車屋さんまで行けなければいけないが、夫が仕事が途中ということで私1人で向うことに。

夫の車を運転するのは2回目くらい・・・まずキーを差し込もうと思ったら
自分が通常入れているキーの位置に自然と手が伸びるが、そこにはなにもないっ!!

えっ・・どこどこ・・?右側のダッシュボードのありえないのに下のぞいたりしたけど、
分からないので電話。
「もしもし、キー入れるとこわからないんだけど」
「ハンドルの左の上のボタンの下」

はいはい・・あっ、やっと分かったと、キーを差込み・・・その上のボタン。
いまじゃ、エンジンはボタン1つでかかるんだねぇ~~とどこぞの老人な台詞を呟きつつ
・・・はて、ボタンを押してもかからない。

なもんで、またまた電話
「すみません、ボタン押してもエンジンかかりません」
「ブレーキ踏んだ?」あっ、かかったわーーぷっ←笑いでごまかそうとする奴

この一連の作業で10分は軽くかかりましたよ。

ちなみに私自身の車は、13年連続皆勤賞のレトロカーで、内装はとてもシンプル。
最近は天井の布地がはがれて落ちてきてるけど、それ以外は頑丈ボディー。
今時、カセットまで聴けるので、エアチェック(死語)した昔のテープも聴けるわん。

代車のデジタルスピードメーターでさえ、びびってしまうのに
そろそろ自分の車も引退で、夫の車を乗りこなさなければいけないらしい。

いつ乗るの?今でしょ?
いや、せめて雪がなくなってからにしてください。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-12-22 09:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(6)

ウエディングロード(その5):カフェ・アルコ・プレーゴ→スパイスボックス

b0089578_16302396.jpg
結婚式の記録・ウエディングロード、香林坊のカフェ・アルコ・プレーゴで二次会の始まり。
この店舗は全席貸切だと最大100人まで利用可能です。

季節的にはぎりぎりフルオープンテラス可能な時期、この日の気温は高く
プレーゴ広場を歩き回ったり、自由に飲めて使えてと楽しい宴になりました。

nikiさんのblogでも写真アップされていますが、とあるバーで意気投合して話していたら
偶然にも新郎の同級生だったプロカメラマンの品野塁さん。

二次会・出席者にて久々の再会はもちろん写真も沢山撮っていただきました。
モノクロ写真、本人の了解を得てアップします。
b0089578_16303446.jpg
新郎・新婦席の後方にあったブッフェスタイルのお料理たち。
残念ながら私たちはひな壇に座ってゲストへの挨拶で忙しく殆ど口にせず。

それは新郎・新婦の幹事も同じで、受付・進行・会費の管理など常に動いているので
殆ど食べれなかっただろうと思います、幹事の有難みにつくづく感謝。

新郎幹事:八百屋軍団・平田さん、坂野さん、役山さん
新婦幹事:だるまちゃん、BOW隊長、てんむすちゃん
b0089578_16304131.jpg
こちらは鮨処 あいじさん、普通に二次会出席者のはずだったのですが、
何と二次会でお鮨を振舞っていただけるという・・・恐縮してしまうくらい嬉しい申し出。
ひな壇で大人しくしている姿とは裏腹、やはり気になっていましたわ
b0089578_16304762.jpg
ウエディングケーキはPATISSERIE OFUKU(パティスリー・オフク)さんにオーダー、
当日までデザインは幾つかの候補から選択したものの後はお任せ。
ケーキ入刀の時に最後の飴細工のセットをするパティシェの西川さん。
b0089578_16321004.jpg
カラー画像は私が写したもの、幹事の方がブッフェのお料理を持ってきてくれました。
b0089578_16321977.jpg
あいじさんのお寿司まで持ってきていただき、男性幹事の気配りワンダフルです。
b0089578_16322653.jpg
私のカメラでもウエディングケーキ全体像パチリ、シンプルな三段構えに飴細工が映える。

マイクを持っているのは男性幹事で司会の平田さん、
結婚式当日まで何度も全員このお店に集合して、プランニング練っていたそう。

平田さんはまさに司会のプロを呼んできたのではないか?くらいの大はまり。
とても個性的で面白いです、その個性的な故、女性幹事たちの間では
「平田ショック」と呼ばれていたことを今、暴露しますわ。
司会を引き受けてくれる人は中々いないので本当に感謝しています。

その後、ビンゴゲームのイベントに突入するのですが、結構時間がかかってしまい
司会から腕を回して進行を急げの「巻き」の合図をジェスチャーされる花嫁。
b0089578_16323475.jpg
切り分けてもらったオフクさんのケーキ、フルーツにも非常に拘りのある西川さん、
甘くて十分に熟したイチジクと多分これはシャインマスカット、皮まで食べられ種がなく糖度が高い自分も大好きな葡萄。もちろん、キメ細やかなスポンジもクリームも美味!
b0089578_16325522.jpg
二次会も中盤を過ぎると、プレーゴ広場を縦横無尽に歩き回る人たち続々。
皆さん、お酒も入ってるのであちこちで面白いシーンのフライデー。

ギャグでダスティ・ホフマンの真似をして私を引っ張るKさん、と引っ張り返す新郎。
b0089578_16330671.jpg
最後は新郎が胴上げされてるな~と見つめていたら、私も同じ目に合う羽目に。
ミニドレスだったのでまくり上がってパンツ丸見えっ
b0089578_16332725.jpg
二次会会場を後にするタカマッツォの高嶋さん&新郎、微笑ましいカップルの様。
b0089578_16333495.jpg
怪しい無料案内所がある通りを闊歩して三次会会場へと向かう団体。
b0089578_16334596.jpg
三次会会場は南インド&スリランカ料理のスパイスボックス!!
ここを会場にした選択者は私以外にあり得ないっ

さて、ドレスに付けないようにカレーだ、タンドリーチキンだっ!!!
予定の都合がつかないけど三次会からならいけるっ、と何人か参加。
b0089578_16335954.jpg
奥にも座敷はあるけど手いっぱい人いっぱい、外にも人が溢れ出る。
b0089578_12463097.jpg
結婚式の最後の最後で一番の失敗・・・何か引っかかるな、と思ったら、

なんと、二次会のドレスのタグが付いたまま!!

フェイスブックのタグ付けはOKだが、ドレスのタグ付けは禁止っ

天然のスカタン芸で周辺を爆笑の渦に巻き込みました。
b0089578_16341017.jpg
奥の座敷は新郎新婦よりも早く到着して勝手に宴会を始めていた
チーム金澤もんよう(旧・チーム割烹勝一)、このメンバーでよく昼から夜まで、
夜から朝まで飲み続けて、立ち上がれず死を察した象になったこともありました。

皆、来てくれて本当にありがと~ね~!!
小松からはビストロレアールのシェフも駆けつけてくれて、フランス語でお祝いの歌を披露。
b0089578_16341839.jpg
何人くるか分からないけど~三次会ここでやりたいんだけど・・・と申し出たら
とても喜んでくれたフェルナンドさん、いつも思うけどしみじみ良い人です~

時間遅くにしっかりしたお料理食べたいし、わがまま聞いてくれるし、
我がままな団体も受け入れるし(もんよう集団のことか!?笑)
最近行けてないけど、また行きますので・・←一休さんのお便りの様

そして新婦側の幹事のだるまちゃん、BOW隊長、てんむすちゃん、
特にだるまちゃんは幹事を何回もこなしているとかで、すぐに全体進行表の作成を済ませたり、あまりにもテキパキとしたプランニングの進め方に脱帽。
後の2人も役割分担もいろいろとお疲れ様でした。

私たちは新郎が朝早い為、ここで終了と相成ったわけですが、
この後に場所を変え4次会、5次会・・と朝まで続いたようで恐れ入ります。

本当にこの日は爽やかで暖かな晴天で気持ちよく、穏やかな気持ちと時に楽しく幸せな1日でした。
亡き両親に見てもらいたかったなという想いが何度も心を通り過ぎて少しほろっともきたけれど、これから困難な事態があった時も、この日の事を思い出すと笑顔に戻れるような気がします。
皆さんありがとうございます。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-12-19 05:44 | イベント | Trackback | Comments(8)

金沢(鞍月):cucina italiana Partire(パルティーレ)・イタリアン

b0089578_15552608.jpg
毎度毎度のバースディ会ループ!今回はBOW隊長の誕生日会。
1つ年くってもいいのだ、美味いものが食べれればの男子禁制なる大食い女子たち。

場所は、BOW隊長のリクエストで鞍月のイタリアン、パルティーレ
お店のあちこちに北欧インテリアが華やかに飾られている空間の中で、
地元食材にこだわったイタリアンを提供しているお店。

パルティーレの2軒お隣である吉宗さんというラーメン屋には、
ジムビフォアーラーメンに何度も伺っているのですが、パルティーレさんはランチ2回訪問でディナーはお初。

メンバー:BOW隊長、だるまちゃん、てんむすちゃん、スカタン

・季節野菜のグリル・バーニャフレイダソース

グリルした季節野菜をアンチョビ・ニンニク・オリーブオイルのソースに付けて食べます。

4人の内、酒摂取量が一番多いのは私、後は殆ど飲まない・弱いな3人。
一応、バースデーなのでスパークリングワインを注文しようということになるが、
てっきりグラスだと思ってたら、ボトル!?
皆、飲めるのかーー?想像とおり大部分を私が飲み干すことに。
b0089578_15553208.jpg
・前菜盛り合わせ(2人分)

BOW隊長の情報によると、ここの前菜盛り合わせは量が多いとかで、
愚痴が多い・独り言が多いは遠慮したいが、具が多い・量が多いは大歓迎。

4人なので4人分!?多いですか?の質問にサービスの方は迷いながらも
多いかも・・・との回答だったので、とりあえず2人分で様子をみる。

結果・・・すごい種類多めじゃないかー!思わず目がハート。
あくまでも2人分なので、4人で食べられるよう半分づつカットしました。

ノルウェーサーモンのマリネ、北海道産秋刀魚のスモーク、パルマ産生ハム、
フルーツトマトと水牛のモッツァレラチーズのカプレーゼ・・・その他覚えきれません
福井産天然アナゴのバルサミコ風味オーブン焼きが前菜メニューにあって
盛り合わせに含まれるというから、食べたらかなり美味しかった。
b0089578_15553789.jpg
・石川県産香箱蟹のフレッシュトマトソース

香箱のパスタが食べたいっいっいっぃっ、とBOW隊長の心の声がこだまを反映
するように、この時期だけのスペシャルメニューな蟹のパスタ。

ズワイのオスも豪華だがやはりメスの香箱、赤い身の宝石・・内子。
蟹の風味を消さないようにフレッシュなトマトの酸味に主役の蟹、確カニうまい!
b0089578_15554436.jpg
・アマルフィ風 生ハムとレモンのクリームソース タリアテッレ

イタリアのアマルフィ地方特産であるレモンを使った郷土料理のことを示すアマルフィ風
隊長とだるまちゃんのおススメで注文、確かにクリームソースでコクがあるのに
レモンの風味が鼻にかけあがって爽やかで美味しいわ
b0089578_15554923.jpg
・フラタッキオーネソースのリゾット・・・だと思います、多分。
すみません、これだけネタ帳に記述がなくて。
b0089578_15555451.jpg
・島根県産 マダイのシチリア風アサリと蒸し煮・アクアパッツァ

お皿いっぱいゴージャスなアクアパッツァ、魚介の旨みがたっぷり♪
b0089578_15555913.jpg
・秀麗豚とポテトの香草ロースト アリスタ

秀麗豚、イメージはイケメン豚ですか?なしゅうれいとん、キメが細かく柔らかい。
香草と胡椒ののローストポーク、いけます!
ここまで注文するとは、つくづく盛り合わせを4人分にしていなくて正解。
b0089578_15560473.jpg
BOW隊長用のバースデープレート、チョコ文字の字が綺麗。

パルティーレさん、ランチしか来たことなかったけど、
メニューのラインナップがものすごく豊富で、本日のおススメメニューも合わせると
注文選びに目移りしてしまうほど。
前菜盛り合わせはどれも美味しかったし、その他もとっても満足できましたよ!

プレゼントは相談した結果、拘りが強くて器が大好きな隊長のために
武蔵のアルトラさんで購入した九谷焼きの日下華子さんのツバメシリーズ。

実は私このツバメシリーズの箸置き、小皿、そばちょこを持っているので、
プレゼント買いの時に、じ・・自分も7寸皿や飯椀が欲しいっ!
と一瞬むらむらしちゃったんだけど、お財布事情が厳しかったので我慢の子。

ストップ・ザ・物欲キャンペーン!中身のない財布をいくらふっても何も出ない!
そんな時期はもちろん真面目一徹に守れるが、
ボーナスが入った今は、アルトラさんの周辺行くの危険だな(でも欲しい)

[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-12-18 06:26 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(野々市市):クラ印(ワインショップ)

b0089578_16281545.jpg
結婚祝いに沢山のワイン・シャンパンなどお酒類を頂いてから
ありがた~く少しづつ食卓で味わっている今日この頃。

で、今年のボジョレー2本はこのお店から購入しました、
野々市粟田に今年9月にオープンしたクラ印さん、てんとう虫の可愛いマークが目印。

野々市市粟田2-76 076-256-3796 
木曜定休 11:00~20:00

オーナーの牧さんとはガレタッソやワインイベントなどで知り合いになり、
オープン当初から、「今度行きます!」と言いながらも
なかなか行けずの行く行く詐欺だったが、ボジョレー購入でようやく訪問。
b0089578_16282496.jpg
ここのおススメは何といってもフランス・イタリアから仕入れた自然派ワイン。

無農薬・有機栽培で育てられ、天然酵母を発酵させて作る昔ながらの製法で
作るワインで、酸化防止剤の使用を抑えてあります。
b0089578_16283105.jpg
ワインの知識があまり少なくとも(私のこと)、オーナーが丁寧に教えてくれる。
うさちゃんマークの有名なボジョレーは今年は大人しめな味だとか。

その左のボジョレーはこの前購入したマルセル・ラピエール。
今回は割りとボジョレーにしてはタンニンがあると言われてたラスト1本物を購入。
b0089578_16283734.jpg
海外だけではなく国内ワイン、そしてクラフトビールの種類もかなりの数。

今の時期は季節柄、スパークリングワインなど泡物が増えているそうです。

家庭のお財布事情の情勢により、1000円以下(500円以下も)の
テーブルワインをちょこちょこ飲んでたりするんですが、
1つ1つ説明を受けて購入したワインを味わうのも心地よいですね。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-12-18 01:25 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)

金沢(昭和町):昌徳園(焼肉・ホルモン)

b0089578_16255450.jpg
いつも外食時には、お肉よりも米・パン・パスタを求める自他共に認める炭水化物星人な夫が、
珍しく焼肉行きたいと言い出した。 
「月一回は焼肉食べたい」との申し出に、何でもっと早く言ってくれないのか。
 回数は幾らでも増やしていいから・・というのは私の意見。

金沢中央郵便局から駅に向っていく方向のローソンを左に曲がった所に
 昌徳園(しょうとくえん)という昭和の香りがする焼肉屋さんがひっそりこっそり建っている。
駐車場はローソンとお店の間の大きな駐車場スペースに幾つかお店用のスペースがあります。
b0089578_16260731.jpg
お店の内装はカウンターに小上がりのテーブルが幾つかと、奥にも団体が入れるお座敷がある。
八百屋の忘年会で団体で宴会をしたことがあるそうで、昭和でレトロで懐かしい雰囲気だけど、
お肉がなかなか質が良いと評判なのです。
出てきたのは、あっさり目のタレ、チューハイ&生ビールで乾杯。
b0089578_16261346.jpg
・たん、牛はつ、せせり、サラダ、キムチ

ん?タンって割と量が少ないと一瞬思ったのもつかの間、厚めで柔らかく美味しいのです。
ホルモン苦手な夫に勧めたいのがクセのない牛はつ、こりこりとこちらもぐっ!
意外な美味しさはせせり、柔らかくて旨味があるんだよね。
サラダはキャベツてんこ盛りにワカメ、フレンチドレッシングが懐かしい酸味。
b0089578_16262174.jpg
・豚ばら、しろ
冷凍物を使っていないというシロは分厚い系ではないが旨味があって臭みもなく美味しい。
ここはタレと塩と選べることが出来るので好みの方で注文するべし。
b0089578_16262887.jpg
・カルビ
上カルビもあったが、こちらは普通のカルビ、脂がのりすぎないけども十分にあって
この切り方も好きですね、相手の希望でタレ多し。
b0089578_16263344.jpg
・クッパ(玉子)
なぜまだホップステップ具合の辺りで〆を頼むのか・・と思いきや、相手にとってはこれはおかず!なんだとか。
炭水化物星人の舌にあわせず、私は肉ばかりいただきますよ。
b0089578_16263903.jpg
・えごまキムチ

エゴマとはシソ科の変種で韓国ではナムルやキムチ、かまぼこやサラダに加えたりするそうです。
初めて食べるかも・・シソとはまた違った独特の強い香りが鼻を通る。
これならゴマやキムチなどの強い味と合わせるのも分かる気がする。
b0089578_16264430.jpg
・てっちゃん、ほほ
ほほも柔らかくて旨味があっていい感じ、てっちゃんはよくある脂っこさは控えめながら
噛み締めていくと牛ホルモン特有の脂の香りがあって満足感がある。
この辺りは夫はやや苦手なのでホルモンヌとしての役割をきっちり満たしました。
b0089578_16264963.jpg
・雑炊
クッパと何が違うんだっけ・・・私はクッパを食べていないので分からないが、最後の〆で温まる。

値段と味のバランスが絶妙で、何も知らずにこのお店に入ったら「あぁ、昭和な店だな」とという感想の後に
え!?意外にお肉美味しいっと驚くはず。黙ってはいても色んな拘りがありそう。
バイトの大学生のお兄さんたちがテキパキ、ハキハキとしているのも気持ちよく、
カウンターの上のテレビを眺めながらまったり・・・こんな懐かしくも美味しいお店は長く残ってほしいな。

帰りにハングル文字のガムをもらって、また来よう!と思いました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-12-17 06:00 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)

ウエディングロード(その4):フランス料理・エヴァンタイユ

b0089578_16014886.jpg
結婚式の記録、ウエディングロードの続き。

教会からオープンカーで新竪町商店街などを通りつつ、次の会場へと移動。
フランス料理のエヴァンタイユにて親族との食事会・披露宴でした。

エヴァンタイユではレストランウェディングのプランがあり、
個室とメインダイニングを合わせると、最大人数48名まで収容可能。

料理の食材合わせや、食事内容に制限のある方などの相談にのってもらえるので、
年配の親戚や、アレルギーなど色々対処していただきました。
秋のランチ記事は食事会の打ち合わせに行ってたわけなんです。

2階の個室は新郎・新婦の荷物置きや着替え部屋にも使用出来、
テーマ曲と共にラセン階段を下りながら登場!なる演出をやりました。

食事中のBGMはお店にお願いしましたが(雰囲気的にボーカルがない方がよいので)
後の登場、退場などの各テーマ曲は私が選曲。
ちなみに登場はコールドプレイ、退場はこれまたシガーロスの違う曲を勝手にねじ込み。

結婚式・二次会は自分で写真を撮れないが、ここは人物・お料理共に記録に残せるっ
まずは、特製カクテル・エヴァンタイユで乾杯~♪爽やかな柑橘系。
b0089578_16015310.jpg
ウエディングケーキ入刀、もちろんファーストバイトも!
室内がほぼ白で統一されており、窓からは柔らかい光が差し込み、
クラシックが流れる静寂漂う中での雰囲気は、披露宴のイメージにぴったり合っておりました。
b0089578_16015847.jpg
・魚介のタルタル仕立て、いくらとキャビア添え

ホタテやイクラ、キャビアなど海の幸が詰まったタルタル仕立てを
ドレッシングがかかったお野菜と一緒にいただきます。

二次会は殆ど飲み食いできなさそうなので、ここでガッツリとお腹を膨らませておく。
白ワインも飲んで酔っ払いにならない程度に気分も高揚しておく。
b0089578_16020252.jpg
・オマール海老と香草、松茸の入ったコンソメスープ
コクのあるコンソメスープにオマール海老や松茸の贅沢な素材を楽しみます。
b0089578_16020916.jpg
・真鯛のワイン蒸し、2種のパプリカのクリームソース

真鯛は身がふっくらしており野菜の甘みを感じるソースでした。
b0089578_16021302.jpg
エヴァンタイユのパンは「たね」さんだそうで、お代わりしちゃいましたよ。
b0089578_16021855.jpg
・牛フィレ肉とフォアグラのソテー、ロッシーニスタイル

ジョアキーノ・ロッシーニが好きだった組み合わせから名が付けられたロッシーニスタイル。
フォアグラと牛肉とトリュフ、なんと贅沢な作曲家だろう。
私も大好きな組み合わせなので、人間トリュフ状態から抜け出せません。
b0089578_16022382.jpg
・ウェディングケーキとヴァニラアイスクリーム

偶然にも自分の名前が入った部分、甘さ控えめで旬のイチジクが美味しい。
b0089578_16022834.jpg
・食後のお飲み物

遠方に住んでいる従兄弟にも久しぶりにあって、お互い親戚同士の交流。
この結婚式を迎えるにあたり本当に想いが沢山あるのですが、
スピーチの際には新郎もウルウル・・感動の瞬間。
穏やかに緩やかに優しい時間が包んでいた食事会でした。

さてさて、親戚方を見送った後、私たち2人は二階でドレスを脱ぎ、
家までタクシーで戻って、二次会の準備に駆け巡ります。

二次会用のドレス、アクセ、髪型・メイク直しは全て自分なので、
時間が押し迫る中で結構ドタバタだったな~。

つづく

[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-12-16 01:13 | イベント | Trackback | Comments(0)