<   2013年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

金沢(柿木畠):更科藤井(蕎麦)

b0089578_13435137.jpg
基本的に日曜の夜は、1人で過ごしていることが殆どで、
次の日のお弁当の仕込みの為におかずを多めに作り、夕飯を食べて寝るのだが、
外でお1人様サンデーナイトを過ごしたい時もある!
日曜日の夜は始まったばかり、と山下達郎もおっしゃってまする←それは土曜日

でも、意外とお1人様で飲みにいけるお店って少ないの・・といきなり乙女節。
ジム帰りすっぴん・お1人様と言えば、バーカロ、笑吉、スパボ、ガレタッソ、各ラーメン屋。
ジム帰りではない1人飲み過去もあるが、恐怖のすっぴん地獄をさらす勇気はまだない。

この間、広島1人旅でさんざん飲み歩きしたおかげで、更なる余計な自信がつきました。
新たなお1人様開拓を広げるため勇気凛々、向かうのは柿木畠の更科藤井
日曜日に行きたいお店もあれど、定休日だったりするので日曜営業の貴重な1軒。
単なるお蕎麦だけじゃなく、飲んで居座って食べ続ける気満々。
b0089578_13442135.jpg
玉子焼き
そんな意気込んで行った藤井さんだったが、カウンター満席でテーブル席も埋まっている中、
奥のテーブルがかろうじて空いていた、予約しなかった自分のバカバカ。

お1人様はカウンターだとしっくり決まるが、テーブル呑みだとやや心に隙間風。
「混んでてごめんね~っ」て藤井さんにも気ぃ使わせちゃったよ。
お1人様呑みなので、おつまみは少量づつ出してもらいました。
ふわっとした玉子焼きは出汁がきいていて、最初に注文した梅酒を飲みながらちびちびと。
b0089578_13444470.jpg
季節の野菜の天ぷら
タケノコ、空豆、しいたけ、芽キャベツ、後なんだったかな・・・。
3月に入ったばかりだったけど、春の息吹を天ぷらから感じます。
b0089578_1344589.jpg
焼きとり
ここでカウンターのお客さんが席を立ったので、片付けが終わった後カウンターに移動。
カウンター純情派としては、目の前に店主が存在すると、ホッとしますわ。

焼きとりの注文時はまだテーブルで、「量は少しにしますか?」と聞かれ、
「ガッツリ系で」と自動的に口から言葉が出てしまうほど、焼き鳥好き。
コクのあるタレでいただく焼き鳥ウマー、芽キャベツがタレに絡まって野菜も旨くなる。
b0089578_13451355.jpg
そばがき
出来立てのそばがきは温かく、ふるふるして柔らかい。
b0089578_13452958.jpg
せりそば(冷)
最後に普通にお蕎麦を1杯、シャキシャキしたせりの独特な香りが清涼感漂う。
うーん、歯ざわりと共に、冷たいお蕎麦を一気に味わって早春の香りをいただきました!

1人飲みふらつき経験値がまた数段アップ!そして成長と肥満は比例する・・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-03-28 12:40 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)

金沢(新保本):大阪ホルモン・うら屋(焼肉ホルモン)

b0089578_13243671.jpg
自称「歩く影響を受けやすい奴」の夕食タイム記事。
影響を受けやすいといっても繊細でスピリチュアルな精神を持つ方とはまた違う思考回路。

今回はMさんのほぼ同じような構図の画像↑を偶然見て、ホルモン値が上昇。
「肉食べたいっ、ホルモン食べたい、がっつり食べたい」、まるで矢野顕子の歌のような、
食物連鎖の頂点に立つ流れるようなセリフと情熱がふつふつと。

ホルモンがやや苦手な彼氏を引きずって、Mさんの画像を確認するため、
去年の12/13にオープンした金沢市新保本の「大阪ホルモン・うら屋」に行ってきました。

場所はリカーショップ「チャンス」がある西南部交差点を「クスリのアオキ八日市店」方向へ。
新保本交差点をすぎて少し進むと左手にあります。
オープンし立てなので内装は綺麗でカウンターと小上がりテーブルが3か4(記憶が・・)
七輪の炭火焼のビジュアルが魅力的、上からは大きなロースターが下がっている。
b0089578_13245256.jpg
ホルモン盛り合わせ(400g):1480円
お店の推薦指定を受けた盛り合わせ、ミノ、小腸、アカセン、テッチャン、ハート、しま腸など各種ホルモンがミックスされています。
ウルテ、サンドミノ、アゴ、ツラミ、テールなどの他の部位を食べたい場合は単品で。

しま腸のまるいプリッと脂のりのり感と、ハートの新鮮さがタマランチ!
もちろん、テッチャンや小腸も得意分野、その部位ばかり食べるお腸婦人
どーも、彼氏はしま腸が苦手らしく私がアブラギッシュ担当で、全部いただきました。
b0089578_1325889.jpg
上タン塩:980円、白菜キムチ:350円、ネギサラダ:320円
分厚くて脂ぎっしりなタン、じゅわわ~~お野菜部門はネギサラダとキムチにまかせた。
ゴマ油たれ系のサラダはシャキシャキ、口臭ネギフレグランスになる可能性あり。
b0089578_13252649.jpg
バラ(カルビ):840円
分厚く大きな切り身で出されるのが特徴のようです、食べ応えある牛バラ。
スーパーでは豚や鶏ばかり買っているので、本日牛肉食べてる感ありありっ
b0089578_13254011.jpg
上ハラミ:980円
横隔膜の背側の部位であるハラミも同じく分厚くて脂のってます。
内臓肉だけど殆ど赤身みたい、カルビより柔らか。間違いなく肉星人だわ~~パワー充電。
b0089578_13255465.jpg
チヂミ:590円
パリパリと香ばしくてこれはなかなか美味しかった!早速、家でも真似っこで作りました。
b0089578_1326720.jpg
ビビンバ:630円
大根や他の野菜にほぐれたお肉がかかって、意外にあっさり感、わしわし胃袋に入る。

豚肉、鶏肉がメニューにないので、あれこれ食べたかったりたまにあっさり系に移行したい人には
メニューは物足りないかもしれない。
でも、分厚く切られた脂ののった牛肉と、ボリューム満点の牛ホルモンがここの特徴なのだと思います。
特にホルモン盛り合わせは初めての人におススメ!久々に牛肉いっぱい食べたモ~!!

お店のメニュー↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-03-28 06:26 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

富山(高岡市):ザイカ・カレーハウス (パキスタン料理)

b0089578_13463973.jpg
あるネットのページで目にした「男子が本当に喜ぶ料理 6選」、
1:豚のしょうが焼き、2:味噌汁、3:肉じゃが、4:カレー、5:ハンバーグ。
意外と凝ってないものを望んでいるのね、1+2+3だと普通に定食になる事実。

4番のカレーは家庭的カレーは微笑ましく懐かしい洋風お袋の味、だが凝り始めると、
スパイスを少しづつ買い足し始め、マニアック道アリ地獄にはまってしまうジャンル。
私も最近ではルーを使わずにスパイスを駆使しているが、配合具合は中々に難しい。

自分で作ってもいいけど、本格的なカレーを無性にに食べたくなる発作が起きた日曜日。
行きたかったお店にようやく行けた!な富山のザイカ・カレーハウス

あの有名なパキスタン料理、カシミールの通称サクラーンさんがオープンしたお店。
私がカシミールに行き始めたのが、2006年くらい?富山のパキ料理の中では大御所的存在。
さすがに隣の県だけあって、さっと行ける場所にないので頻繁にはいけず。

ザイカは殆ど新湊の海岸&カシミールも近くなのに、なぜか住所登録は高岡市。
カシミールから富山に向かう8号線からツタヤを左に曲がり、ダーッと進んで右に曲がる。

初訪問なので心持お店が分かるか不安な気持ちを一掃、元事務所かと思われる建物が、
カレー屋以外に何するものぞ!と訴えかけるような真っ黄色。
(この日は自分のキモチ前線、ココロの気圧配置の影響で写真はこれだけ)

土・日はバイキング形式で、3種類のカレーが食べられるランチは1000円。
この日のカレーは、マトンカレー、チキンカレー、エッグカレー

カレー食べ放題の他にサラダ、ビリヤニ、ライスが取り放題。
スープとマンゴージュース、ナンが付いてきます。
ビリヤニはジャーに入っており、こうしてみると業務用電子ジャーってすごい便利な代物。

マトンカレーは骨付きマトンがごろごろ入ってて、深みのある濃ゆい味でウマーッ!
ヒツジ子なのでたまりませんわ、誰も褒めないのに3回もマトンをお代わり。
ジャガイモも大きなサイズでごろっと入っているので、お腹が膨れる注意。

チキンカレーもチキンごろごろでマトンよりもあっさり系でもコクはあります。
一番マイルドなのはエッグカレーかな、やや甘口でゆで卵とひよこ豆だらけ。

ビリヤニも好きなので、ビリヤニ、マトンと繰り返しお代わり攻撃する私に
彼氏が「すっきやなぁ~」と、おぬしも好きよのう的なお代官様顔負けの呆れ顔。

最後にチャイが出てくる頃には、肉と炭水化物で満腹撃沈状態。
野菜も食べなさいっ!でも、ここのカレーの魅力には逆らえず。

やっぱり夜に来て好きなだけ食べたいな~こんな時は富山がうらやま鹿。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-03-27 06:00 | 富山 | Trackback | Comments(2)

金沢(木倉町):乙女寿司(寿司)

b0089578_16405017.jpg
昔から有名人に似ているね、と言われた経験が殆どない私。
大昔に石原真理子に眉毛の辺りが似ているといわれたことはあるが(眉毛太かっただけ)。
似てると言われても、その芸能人により微妙なことも少なからずあり、
綺麗な女優なら良いが、気に入らん系(しかも異性)だったら迷惑メールを送られた気分だろうな。

その反対に私の彼氏は、よく芸能人に似ている!と言われてきたそうで、
激似一番が若い頃の「峰岸徹」、某ハリウッド俳優の時は皆で「ハァッ?」と三連発お見舞い。

最近では、Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)に似ているとよく言われるそうです。
え!?ブルーノのデビューCDを購入したり、PV見たりしていたが何も感じなかった私がいたが、
本人は結構気に入っているのか、「新竪のブルーノ・まーつ」として、
人参をマイクに見立ててネタ写真撮ったりしてました(カメラマン:スカタン)

で、2月下旬に「ブルーノ・まーつ」の誕生日を祝うために、リクエストを聞き出し、
冬の金沢の魚を堪能するべく、まだ未訪問のあのお店に行ってみたい!
と、木倉町の乙女寿司さんに行ってきました。
b0089578_1641683.jpg
乙女寿司さんと言えば、北陸の新鮮なネタの繊細な美味しい正統派のお寿司を目当てに
地元客ははもちろん、遠方からもリピートが多いという有名店。

金沢に観光に来た人のブログの乙女寿司の記事を眺めながら、いいな、いつか行きたいな、と
ふつふつ湧き上がる欲望と行くタイミングを狙っていただけに、まさにドンピシャ。
街中の歓楽街の間にひっそり佇む店構え、敷地に足を踏み入れると空気がやはり違いまする。

大勢の人達で賑わう土曜の夜の繁華街、数日前に予約電話を入れると、
カウンターは既に満席のこと、「離れ」になることを聞かされ、
手仕事を目の前で見れないのは残念だけど、次回にカウンターに行けばいいじゃないか!
というリベンジを目論むポジティブシンキング。
b0089578_1641223.jpg
お店はカウンター10席、「離れ」と言われるお座敷1室があり、お座敷は6名ほど入れそう。
ここに2名とは贅沢だわ、落ち着いた雰囲気で記念日に語り合うのに良いとポジ子は思う。

私の懐具合の玄界灘から考えたご予算、夜は6,300円~との情報をある所から得る。
2人は胃袋商店、デ袋商店の看板をはる大食いペア、滅多に来れないし堪能したいという気持ちから、お寿司までのお酒のおつまみも考えて、1人12000円おまかせで予約。
まさに給料日前の清水の舞台飛び降り、12000円蒲田行進曲階段落ちっ!

花びらような形の醤油皿、さっぱりとした辛味のガリをいただきながら、ビールと焼酎で乾杯。
b0089578_16413679.jpg
お造り:ヒラメ、バイ貝、ぼたん海老
2人共、お酒はさほど強くはないが、酒肴が大好きなので、握ってもらうまでのお造りや酒肴を楽しみにしてました。まずは、お醤油でも塩でもお好みで食べるお造り。
ぼたん海老は、ねっとりとした身がプリッとしていて甘味があって濃厚な味わい、
歯ごたえのあるヒラメと、バイ貝はコリッとして固くて美味しい、ほぼ塩と酢だちで食べる。
b0089578_16414849.jpg
鱈の白子
この冬幾度も白子を食べてるけど、外皮を破ってとろんととろける濃厚な味、最高♪
合わせ酢の味も酸味強すぎずで好きだったな。
b0089578_1642143.jpg
カワハギの肝和え
淡泊なカワハギの身に濃厚でクリーミーな肝が美味っ、酒肴ワールド全開。
b0089578_16421985.jpg
加能蟹(かのうがに)
加賀・能登で水揚げされたズワイガニのオス、かに身の甘さと濃厚な味噌を味わう!
柚子が浮いたカニ酢につけても美味しいけど、そのままでも十分。
b0089578_16423479.jpg
お箸もお酒も順調に進んで、エンジン全開アクセルローズ。
b0089578_16424762.jpg
ノドグロ(喉黒)の焼き物
脂ののってほろっとほぐれる滑らかな質感ラブ、いつもお店屋さんでしか食べていないな。
b0089578_1643029.jpg
にぎり醤油に漬けたホテルイカ
丸々と肥えた大きなホタルイカ、醤油の味で濃いがそれが日本酒を飲むのに拍車がかかる。
b0089578_16431340.jpg
トロとヒラメの昆布〆
ここから握りの部、お寿司には予め味付けがなされており、醤油に漬ける必要なし。
お店に入って最初に「実はワサビが苦手で」と、相変わらずのお子ちゃま仕様!
でも、食べれないし美味しく食べたいので、ワサビ入り、入れないと分けてもらう。

「こちらがワサビ入り、こちらがワサビ抜きです」と持ってきてもらう1皿1皿に説明を受ける。
お喋りしてて、どちらがワサビ抜きだっけ!?と一瞬分からなくなる時も。
食べてみれば分かるわーって、ロシアンルーレットか!?めくればいいのではっ。

優しくとろけるトロは筋の部分が歯ごたえとなっていい感じ、昆布の旨味が加わってるヒラメ。
シャリはふわっと握られていて、ほろっと崩れる感じです。
b0089578_16432796.jpg
白子のすり流し
温かい白子のすり流しはクリーミーで深い味わいがあり!柚子の身がチラホラ。
b0089578_16435314.jpg
ウニ
俺はウニだ、文句あるか!?と主張している様にピンと立っているウニ。
ねっとりとして濃厚な旨みがありました、旨い~~。
b0089578_16443844.jpg
しめ鯖、鯵
ちょうど良い具合に〆られた鯖、鯵は軽く〆られており上に昆布がのっていた。
旨みの相乗効果、青みの魚はいぶし銀的存在んまい。
b0089578_16445614.jpg
こはだ
着物の衿を合わせた様なこはだ、〆具合がやっぱり好き、美味しい。
b0089578_16451598.jpg
牡蠣の煮びたし
軽く煮てあるような味付けの牡蠣は上に甘いツメが塗ってある、これは初めて。
b0089578_16454394.jpg
加能蟹
再び、蟹と味噌付き、香箱は何度も食べたけど雄はそういえばそんなに食べていないな。
大きい身のせいか、ほろっとほどけますね、冬の味覚を堪能。
b0089578_16461737.jpg
うなきゅう
海苔がパリッとして磯の風味がよくって美味しい、鰻は焼かれていて香ばしいです。
b0089578_1646321.jpg
鉄火巻き
海苔がやはり旨いのを確認、マグロも舌触り滑らかでいくらでも入る宇宙空間腹。
b0089578_16465422.jpg
蟹シンジョウのお椀
三つ葉が入れてあるあっさりしたお椀には優しい味の蟹しんじょう。

美味しい美味しいと言いまくってたけど、寿司バスターでもうんちく語るほど通ってないので、
普通に素直に美味しい!と言わせていただきます。
たまにはスッシーナイトもいいねぇ~

そういえば、ブルーノ・マーツが来日した時は、お寿司を食べてる写真見ました。
お寿司好きなのね・・・しかも回転寿しで食べてるという気楽さだった。
ブルーノに食べさせてあげたいこの美味しさ、会計は自腹でお願いしたいが。
食材の宝庫と言われる北陸の海の幸を味わえて大満足な夜でした。

↓バースディケーキ?
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-03-26 06:29 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(4)

金沢(泉が丘):リストランテ ラ・ヴィータ(イタリア料理)で福光屋の日本酒コラボの会

b0089578_15462694.jpg
2月24日(日)、金沢の本格イタリアンであるリストランテ ラ・ヴィータで行われた
「ラ・ヴィータのロンバルディア料理と福光屋の旬な日本酒」というイベントに参加しました。

日本酒、父親が食事時に熱燗と共に塩辛などをつまんでいる懐かしい風景、
元職場の宴会で骨酒を飲みすぎて、トイレでぶっ倒れて運ばれた苦い思い出横丁。
懐かしくもほろ苦い記憶と共に長らく封印をしてきたが、
最近同行者とつられて飲むうちにだんだんと飲めるようになってきました。

今回は日本酒とイタリア・ロンバルディア地方の料理とのマリアージュで新たな可能性を探ります。
金沢の老舗酒蔵、福光屋さんの日本酒に合わせて、お料理も特別にアレンジしたものになっている。

まずは最初に出されるおつまみに合わせて、アぺリティーヴォ(食前酒)「酒炭酸 old」で乾杯。
長期熟成酒に炭酸ガスを封じ込めた、発泡性の日本酒。
スパークリングで軽い呑み心地の中に、熟成の香りが漂っています。
b0089578_15464191.jpg
ストゥッツィキーノ(おつまみ)
思わず、スティッキー・フィンガーズと空耳アワーズ(JOJOネタ)。
黄色のビーツ、イタリア産グリンピースのピューレ、グリンピースを茹でたジュースをゼリーに。
ピンク色の立てかかっているのは、生ハムをドライにしたもので、
パリパリサクッと少量なのに旨みがぎゅぎゅっと。
b0089578_15465511.jpg
カルネサラータ・クレソン添え(牛肉のワイン漬け)
牛肉をワイン漬けしたものを薄くスライスして、下にはマッシュルームがひかれている。
熟成されたお肉が口の中でとろっと溶けて、ほんのり甘みがあってとっても美味しい~~。

元職場の慰安旅行で、松坂に松坂牛すき焼きを食べにいったことを思い出したわ。
1人前の肉は2枚まで!後、もう少し食べたい・・・心の手が伸びていた・・・それに似ている。

合わせた日本酒は、「加賀鳶 純米大吟醸 吉祥」
特別栽培米・山田錦を精米歩合40%まで磨き上げ、低温醗酵させた純米大吟醸の原酒。
b0089578_1547878.jpg
ピッツォッケリ・トリュフ風味・トリュフ入り
ロンバルディア州ヴァルテッリーナ地区の名物である蕎麦粉のパスタ。
蕎麦粉を使っているからか食感が独特のショートパスタは、蕎麦の味とトリュフの香りで懐かしいような、でも、甘いキャベツとソースでこっくりとコクのある味。

合わせた日本酒は、「福正宗 黒麹仕込 純米完熟辛口」
コクのある豊かな味わいと、さらりとした後味のキレのよい色んな料理と相性が良い純米酒。
b0089578_15472520.jpg
オッソブッコ・アッラ・ミラネーゼ(子牛スネ肉のトマト煮込み)
仔牛のすね肉を煮込んだ、州都ミラノの郷土料理。
すね肉はほろっと崩れるくらい柔らかかったフレッシュなトマトの味付け。
その他に人参や他の香味野菜も加わって、風味がアップグレード。

合わせた日本酒は、「加賀鳶 山廃純米 超辛口 無濾過・生 原酒」
純米酒を、火入れ、濾過をせずにそのまま詰めたしぼりたて生・原酒、超辛口で酸味がきいている。
お料理に合わせてるとはいえ、冷酒でこれだけ一気に飲むのは久しぶりなので、
ヨッパー具合がK点越えしつつある、そこまで酒豪じゃないので他の飲める皆がしゅごうぃ。
b0089578_15474015.jpg
ズブリッゾローナ(とうもろこしのトルタ)
とうもろこしの粉で作られたポレンタのタルト、素朴でほろっとしたクッキーの様な味わい。
サラ・レミというビスコッティ入りのチョコレート、何のか忘れたけどギモーヴがとっても美味しかった!

合わせた日本酒は、「福正宗 純米吟醸にごり酒・生しろき」
にごり酒を瓶詰めした後、醗酵させ、炭酸ガスを封じ込めた発泡性の純米吟醸生酒。
b0089578_15481836.jpg
丁度、彼氏の誕生日の次の日だったので、
みっちゃんからパティスリー Ofuku特製のバースデーケーキが!うわぉ、素敵っ!!
マカロンが可愛くチョコレートにメッセージ入りです。
b0089578_15475691.jpg
裏にまわすと「今年こそ...」に大爆笑!

何を言わんやっっ

周りから外堀埋め立られまくり!!今年になってからもネタにされまくり。

もっとあってもいいです、面白いです、リアルです、現在皆様からの外堀埋め立て、絶賛募集中。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-03-23 11:54 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(堀川町):BLanco(ブランコ)スペイン料理

b0089578_16425923.jpg
記事は2月のバレンタインデーに戻ります、聖バレンタインだったけど、この日は仕事が忙しく、
戦闘バレンタインデー!なもんで、前々から予約などはしていなかった。

やや遅い時間に偶然にも2名席をゲットできたのは、スペイン料理のBLanco(ブランコ)
金沢駅近くに最近出来た現二ツ星レストランシェフの元で修行したというスペイン料理屋さん。
お店に入ると長野の御柱祭の木が突っ込んできたような長い1本の木のテーブル!
ここに老いも若きも相席で座ってわいわいと、活気のあるバルの雰囲気。
二階には行ってないけど、ソファーとテーブル席のある落ち着いた空間らしい。

オリーブ盛り合わせ:380円
まずはパッとサングリアで乾杯、1階はほぼ満席で盛り上がっておりました。
タイム・ローズマリーでマリネされたオリーブと、スペイン産唐辛子のピクルス、西洋きゅうり
b0089578_16431337.jpg
トルティージャ・スペイン風オムレツ:500円
分厚いスペイン風オムレツは口当たり滑らかで、アイオリソースで食べるとアクセント。
私もよく玉子が余ったらメニューでスペインオムレツを作るのだが、
フライパンでひっくり返し時に失敗したり中身がぼこぼこだったりするので、
最近はオーブンで焼くようになりました。
b0089578_16434156.jpg
生ハムとチーズの盛り合わせ:1480円
スペイン産生ハムはアンダルシアでハモンセラーノだけこだわり作りつづけている一品で、
あっさりしているのにコクと甘み、そして旨みが凝縮されています。
スペイン産サルチチョン・イベリコ、パプリカでマリネされたスペイン産チョリソ・カセーロ
香りがあるサラミや、スペイン産のチーズなどでワインにシフトしたグラスが進む君。
b0089578_16214145.jpg
季節野菜の新鮮スペインサラダ:680円
スペイン食材、数種のビネガー、アイオリソース、マンチェゴチーズを使ったサラダ。
肉ラブ女と炭水化物男の心配する行き先、ベクトルは野菜の方へ。
もちろん野菜も好きだが、注文しなくてはいけない使命感ありなのでたっぷりで嬉しい。
b0089578_16435710.jpg
21世紀かぶら寿し:821円
金沢21世紀美術館を模った1品はスペイン風にアレンジ、お値段も21世紀にかけている。
野菜が混ざったマリネされたライスの上にお魚とかぶら寿し。
もうちょっとライスに酸味があればもっといいと思ったが、これは面白い。
b0089578_16441448.jpg
あおさのりのブニェエロ:680円
白身とじゃがいもをペーストにして、あおさのりを混ぜた揚げもの
ふわふわして揚げたてで、海苔の香りがふんわりしてこれはついつい手が出る1品。
b0089578_16443050.jpg
ピルピル:840円
王道頼んでみましたわ~、脂がピルピルいってて熱々をパンに付けて食べます。
そこまでドロドロに溶けてないので鱈の味わいが残ってる、乳化してトロトロなのも好きだけど。
b0089578_16444325.jpg
魚介のパエジャ:2680円(2~3人前)
手間隙かけたという魚介のスープ入りで炊き込んだスペインバルセロナ仕込みのパエリア。
パスタのパエリアも気になったが(過去に京橋のリンコン カタルーニャで食べました)、
今回はご飯が食べたかったので基本のパエリア、出汁が染みてて美味しいっ
30~60分くらい時間がかかるそうなので、頃合いを見て注文しよう!

まだまだ食べてみたいメニュー(がっつり肉等)が色々あったので、再訪問したいな。

バレンタインチョコ
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-03-21 23:17 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(武蔵):フルーツパーラーむらはた(限定フルーツ:デコポン)

b0089578_14133714.jpg
まだまだ記事は2月の途中ですが、ここで横やり3月。
毎度、フルーツむらはた、2Fのフルーツパーラーで行われているむらむらの会。
3月の限定フルーツは「デコポン」
今回はデコポンパフェの他に、デコポンとパンナコッタ、デコポンとシフォンケーキ
デコポンと自家製プリン、デコポンタルトとデコポンが各種スイーツとお見合い婚活。

最近、むらはたの新鮮フルーツにムッシュむらむらされている女性が多いのか、
前は平日夕方18時には、むらむらの会オンリーだったのが、
今では何グループかいつの間にか増えている!11人いる!萩尾望都みたいな。

メンバー:BOWちゃん、すずゆきちゃん、わかさま、スカタン

デコポンパフェ:1400円
酸味よりも口に入れた時の強い甘味と爽やかな香りに味の濃さ、
食べやすく美味しく、確かに柑橘の王様と称されるのが分かる。
底の方までデコポン詰まっているので、大きなパフェだけどもたれないんですよ。
アイス部分はソフトクリームとバニラアイス、柑橘系シャーベットがなかったのがちと残念。
b0089578_14135517.jpg
デコポンとパンナコッタの組み合わせ:1100円
私が注文したのがこれ、ちょっと寒かったのでアイスは避けた今月。
パンナコッタは滑らかで甘さも控えめ、デコポンも堪能できて満足感。
b0089578_14141576.jpg
チョコレートパフェ:780円
チョコパフェ頼んだのは、すずゆきちゃん、1人だけ裏切り者がでました。

すずータスお前もか!

いやいや、好きなもの食べていいんですよ、食べてください、むしろ食え!デコポン女王風。

いつもパフェを食べているけど、たまには元祖メガケーキも食べてもいいかな。
学生の頃はむらはたのケーキをよく食べていたので。
しかし、あれを食べると夕飯いらないくらいになってしまいそうで・・・ラーメンくらいしか。←入るやん

※3/18(月)~3/24(日)は、お口直しWEEK期間中なので、『タイマンゴー』のパフェ。
デコポンパフェは食べれないそうなので要注意!だけどマンゴーも食べたいね。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-03-19 12:41 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(10)

金沢(窪):衣や(居酒屋)

b0089578_16463942.jpg
2月の大食い活動(いつもやろ?)、いや大食い集団の活動であるデブくろ商店。
最近は窪周辺に行動範囲が活発化してるのを受けて、居酒屋衣や
山側環状をちょっと上に登った場所にある金沢を一望できる眺めのよい居酒屋さん。
メンバー:ショウタくん、ユウちゃん、エミちゃん、スカタン

お店の場所が窪ということで、「窪のファミリーマートで待ち合わせね!」と連絡メール。
自分は片町から南部車庫行きに乗り換えて、山側環状入る手前の窪のバス亭で下車。
当然のように一番近い円光寺通りのファミマに向かう、しばらくしてショウタ君が合流。
が、後の2人が一向に来ない。

しばらくしてからユウちゃんから電話があり、
「窪のファミマに向かってとタクシーに言ったら、遠い場所に連れていかれた!」とのこと。
もう一つ大通りの日赤の近くにもそういえばファミマあったな~と調べたら、「窪四丁目店」
確かに運ちゃんは間違ってないな、窪のファミマに連れていったわけだし。

じゃあ、ここのファミマの場所は?と調べると・・・「山科一丁目店」
・・・・・窪じゃないやん!!!
衣やの住所が窪なんで、一番近いファミマが窪だと思い込んだら節だったわ
待ち合わせ場所としてはここで合ってるんだけどね、って前置きなげーっ

場所は坂をちょっと上に登った・・確かに車から距離にすると大したことは無いのだが、
道路勾配はかなりなようで、前日に「凍結だったら厳しい」と通告されるほどの急勾配。

いや、ほんと急な坂なんです、ヒール靴で登れるのか、冬はソリで降りてくるのか、と
だんだん嘘おおげさ紛らわしい、と古いCMセリフが出てくるくらい。

でも、それを登りきってお店に着き、中からの眺めは極上!金沢中の夜景が見渡せる。
ロマンティックが止まらない、今日は大食いメンバーだけども。

今回はコースで予約してあり、メニュー名などは自分が分かる範囲なんで、
雰囲気などは画像から伝わってくるオーラで嗅ぎ取ってください(むちゃぶり要求)

先付:いくらの醤油づけ、鱈の子煮付け、芋まんじゅう、揚げ海老、ごま豆腐ETC...
b0089578_16465912.jpg
銀だらのゆうあん焼き、白子の昆布焼き
醤油などを割りいれたつけ地にじっくりとつかった銀だらは脂がのっており、
箸でほろっとほぐれてとっても美味しい、ゆうあんって美味しいってゆうやん!
昆布の旨みがうつった白子も付いて、お酒のすすみも上々、ラブ白子!
b0089578_16471457.jpg
造り盛り
その日に仕入れた魚を独自の方法で鮮度を保っているらしく、とっても新鮮で美味。
鰤とサーモンは分かるが、白身も適度に脂がのってて甘味がありどれもんまっ
b0089578_16473256.jpg
海老だんご・揚げ出し
うーむ、こいつは失念、揚げ出汁なんだっただろう?
香ばしい揚げ物が出汁を吸って美味しかった記憶はあるんだけども。
b0089578_1647466.jpg
海老チリ
揚げてある身がぷりっとしていた海老は少しピリッとしたソースにからんで刺激っく。
b0089578_1648486.jpg
生ハムサラダ
何故か、最後の方にサラダ、お前ら落ち着け!ってことでしょうか。
生ハムが添えられているサラダ、さっぱりとして確かに酔っ払い具合が落ち着く。
b0089578_1648305.jpg
焼きおにぎり茶漬け
おこげを崩しながらあっさりとした焼きおにぎり茶漬けが〆っ!
b0089578_16484298.jpg
りんごアイス
最後にシャリーンとさっぱりした林檎のシャーベット、貨幣チックなフライが銭形五平を彷彿。

景色の見えるガラス窓は壁全体にわたり非常に大きく、夜景を見ながらの食事は特別なもの。
いつものこれんまいわっ!!なんて言いながら酒飲んでる集団でさえ、うっとり。
あぁ、次回はぜひ違うメンバーと・・・と思っていたことだったでしょう(失礼)

夜景ばかりじゃなく、お料理もジャンル問わずバラエティーに富んでいて美味しい。
お刺身も新鮮だし、他の味付けもどれも気に入りました。
5250円のコースだったけど、1人1皿出されて食べていたらお腹膨れましたよ。

落ち着いた雰囲気の居酒屋さんでデートに最適です。
予約困難かもしれないけど、花火の時にぜひ予約したいお店。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-03-19 06:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(もりの里):欧風食堂Cerchio(チェルキオ)イタリアン

b0089578_16495720.jpg
2月中旬の平日の夜ごはん、グッタリーナで夜飯作る気力なし子で外食に。
どこいくどこいくで急に決めるのは難しいが、気になってはいたが未訪問の欧風食堂チェルキオ

山側環状の卯辰山側、鈴見橋から若松橋の間にある2011年秋にオープンしたイタリアン。
大通り沿い、しかもよく通るのにこの界隈だと丸亀、じゅん、MOSなど入りやすいとこばかり。
それは休日のお一人様仕様だから仕方ないか、この日はお2人様で。

オープンキッチンからはカウンター、テーブル席と全て見渡せられるような配置で、全20席。
ネットでは男性シェフ2人と記載されていたが、平日なのかこの日は男性シェフ1人に女性スタッフ1人。
団体客が入ってテーブル席は満席で、カウンターに2人で座りました。

前菜盛り合わせ
本日のおススメの黒板に美味しそうなメニューがたくさん並んでいたので、シェフにお任せを願って盛り合わせに!ワインと合わせてゆっくりと夕食開始、サラミやハムなどどれも好き、ゴマサバのスモークが特に美味しい。
b0089578_16501138.jpg
牡蠣の香草パン粉焼き、シーザーサラダ、フォカッチャ
大きめの殻の中には幾つかの牡蠣がまとめて入ってる、香草のかりかり感が香ばしい。
とりあえず野菜摂取でシーザーサラダ、生ハムが入っていた。

そういえば家でもシーザーサラダを作ってるのだが、IKEAで買ってきたシーザーサラダドレッシングが旨くて、また欲しいわ~クルトンは冷凍にしているフランスパンで作ってまする。
b0089578_16502515.jpg
豚フィレ肉のベーコン巻き
淡白な豚ヒレ肉にベーコンの塩気と旨みが染みた1品、マッシュポテトと合わせて。
b0089578_16503835.jpg
ピッツァ・マリナーラ
高温石窯で焼き上げるナポリ風ピッツァは生地はふかふか、トマトソースのボリューム感などは割りと抑え目。
b0089578_16505155.jpg
赤えびのシチリア風トマトソース
フレッシュなトマトの味が口に広がる美味しいパスタでした、アルデンテ具合もグッド。
シェフは優しそうな雰囲気でお店の人の対応も良かったです。
今回は車で行ったのですが、徒歩圏内にもっと気軽な欧風食堂が欲しいもんです。
カウンターの位置が気に入ったので、今度はお1人さまランチかな。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-03-19 00:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):勝一(割烹)で白子づくしコース

b0089578_16355038.jpg
冬になると大好物のせいか、お店での摂取量がうなぎ上りに増えてしまう鱈の白子。
今年も恒例のプリン体キャンペーン、割烹・勝一白子づくし会席に行ってきました!

メンバー:白子、豚のシロ、美白大好き!ホワイト家族のエリソンさん、だるまちゃん、スカタン

カウンターで料理について突っ込みを入れようと目論んでいたのに、今回はお座敷。
うざい3人を葬りやがったなっ、単に予約状況が混雑していたらしいが。

前菜:白子の南蛮漬け、白子のポワレ、鱈の肝のソテー
白子のポワレはバターの香りがふんわり、南蛮漬けの酸味と肝のソテーのコクのあるまったり感が最初のお酒のおつまみにぴったり!
b0089578_1636350.jpg
白子のグラタン
今回の白子コースにあたり、何かリクエストある?と聞かれていて、まず思い出したのはこれ。
何回か食べているが、白子のとろとろ感とホワイトソースのマイルドさ、
こんがりチーズの組み合わせは万人に受ける味!んまいっ

白子惑星直列で喜びを示す
b0089578_16361672.jpg
炙り白子
生の白子の回りをバーナーで少し炙ってお刺身のようにいただく。
中が生のままなので、とろ~んとしています、レモン醤油でさっぱりとして美味しい。
b0089578_16363093.jpg
白子のはす蒸し
加賀レンコンを使った蓮蒸し、粘りがある生地の中から白子が顔を出す。
もちもちとした食感を楽しむ、温かくてほっこりとした金沢の味覚な1品。
b0089578_16364365.jpg
白子の天ぷら~たこ焼き風
天ぷらだけど不思議な料理がやってきた、食べるとお好み焼きかたこ焼きのような!
衣に青海苔、紅生姜、塩昆布が混ぜてあって、ソースには天つゆベースのウスター風味。

最初に噛んだ食感はサクサクのたこ焼きのような味なのに、中から濃厚な白子がとろ~り。
和風ソースとの相性のばっちりの意外な美味しさ!これヒットだったね。
b0089578_163708.jpg
白子酢
定番中の定番だが、だるまちゃんの「これさえあればいい!」と懇願してた白子酢。
人生初の白子は確か「白子の石焼」を居酒屋で食べた時だったが、
いつのまにかより生に近い白子酢に好みが移行、濃厚とろとろ感と三杯酢の酸味がタマランチ。
器も何とも可愛らしい、一気に白子を食べようと顔を近づけると刺さるバリケードの様な。
b0089578_1637144.jpg
焼き白子茶漬け
〆はあっさりとお茶漬け、浮かんでいるのはぷかぷかと焼き白子。
焼き白子は水分が抜けて口に入れた時に多少もちっと感が増えている。
b0089578_16372974.jpg
苺とチョコ、キウイのアイス
最後は自家製のアイス、さすがに白子アイスではない(前も期待していたような、いらないような)
今回もあますところなく、白子を堪能!冬期の分全部食べたかな。

微妙に違うお料理もあるけど勝一blogでも白子コース紹介されていました。

カウンターもいいけど、お座敷に座って女子オンリーの会話に花咲かせており、
これはこれで特に「婚活」について超盛り上がっていたので楽しかったです。

嫁にこないか♪と言われるために、婚活を積極的に行ってるという人の話だったが、
あまりに失敗が続いて、婚活疲れが出てきてしまったという。
婚活していない、トンカツ食べてる派の自分は聞き役だったが、
毎回知らない人に会い、会話してという行動は、それ相当のエネルギーを消費するとのこと。
こればかりは偶然の出会いを待つか、疲れと言わず自分で運命を切り開くしかないか。

二代目のりさんの仕事もそろそろ終盤になったところで、合流して2次会に突入。

二次会↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-03-18 12:26 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)