<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

スカタン家・常備菜(ひじきの煮物、切干大根の煮物、他)

b0089578_1119028.jpg
最近の料理、スカタン家の常備菜の一部。
母親が食べれそうなものを中心に作成、お弁当に入れることも考えてんこ盛りの量!

いつも料理は適当アレンジャーなことをしてしまうので、今更ながら基本のキを勉強。
hug all wholeさんで習った「ひじきの煮物」を復習。

うちでは大豆や揚げを入れるんだけど、習ったのはアスパラガスが入ってる。
アスパラだとシャキシャキして彩りも良いね、煮すぎてシナッとしたけど。
b0089578_11221683.jpg
鶏団子の甘酢あんかけ
本当は豚ひき肉なんだけど、スーパーには鶏ひき肉しかなかったので代用。
玉ねぎを混ぜて肉団子を作り、本当は揚げるんだけど面倒なのでフライパンで油多めで焼き!
トマトとピーマンなどの甘酢あんかけでとろっ
b0089578_11245469.jpg
切干大根の煮物
ヘヴィーローテーションな煮物、いつもは煮干し入れるんだけど、
うっかり八兵衛なので入れ忘れてて、昆布の粉を緊急追加。
b0089578_11262277.jpg
ポトフ
期限切れ近いウインナーが大量にあったので・・っていつも言い訳料理が多いような。
b0089578_11273245.jpg
ココナッツカレー
豚肉が余ってるなと頭に思いつつ、本屋でココナッツカレーを見かけたので
覚えたつもりで帰宅したが、分量などすっかり忘れた鶏あたま。

豚肉、ココナッツ缶、オイスターソース、カレー粉・・後は?
冷蔵庫に余った野菜などを入れて、ナンプラーやら味付けて一応完成~
適当に作っていれば何とか食べれるものが出来るカレーって便利で高田純次のよう。


ついでに最近の出来事:

昨日、会社のパンフレット作成のために撮影があったのですが、、
そのモデルになることを朝言われるまですっかり忘れていた自分。

最近はドマーニな女を目指すためちゃんとした格好してたんだけど、
その日に限って、ロンTにジーンズ。
靴下は鶴橋商店街で購入したヴィトン・モノグラム柄のパッチもん。←だがこれが可愛い

やばいーーっ!と叫んでいたらカメラマンの人に笑われる。
でも化粧はしっかりしてますが(アンバランス?)
真っ青状態だったけど上は仕事着を羽織ればいいし、下まで写さないので大丈夫と分かってホッ。

モデルっていってもモデルウォーキングする訳でもなく
機器とPCの前でポーズとるだけなんだけど。

当たり前だけど撮影までにはあれこれチェックが入りまくりで、
美しい姿勢になってるか、ロンTの裾がチラ見してないか、
微動だにしない姿勢がかえって不自然な奴になってないか気になりまくり。

会社の人も「一生残るぞ!」とかプレッシャーかけるし。

写真は斜め後ろから撮影したので、顔は見えるか見えないか(残念なのかどうなのか)

無事に終了した後、「あーモデルの仕事って疲れるー」
とちょっと言いたかった台詞を言ってみました・・。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-04-26 12:02 | 料理(独身時代) | Trackback | Comments(14)

金沢(兼六町):堤亭→(片町):赤玉(おでん)→スパイスボックス→レギャン(インドネシア)

b0089578_16412633.jpg
今年の桜は土曜日に少し雨に打たれる日があったものの、
ほぼ一週間を通して好天に恵まれ、良き花見が出来た人が多いのではないでしょうか。

そんな桜が咲き始めた4月10日(日)
恒例、勝一主催の(大人気ない人たちの)「花見」の会が行われた。

去年は犀川で桜並木をぶら見した後、もんじゃ焼きで作り方が分からず
どてを作らずダム決壊で汁が洪水になって、雑言罵倒の嵐だった。

今年は兼六園の桜を眺めた後に、兼六園にあるお食事処・お土産処堤亭で宴会。
創業は明治21年だそうで、随分由緒正しい花見場所というか、ザ・正統派。
この辺りだと、子供の頃に縁台で花見団子くらいしか食べたことないかも。
b0089578_16432872.jpg
2階の座敷では治部煮定食をはじめ、金沢の郷土料理が愉しめるとあって観光客の聖地!?
場所も10数名なのにとっても良い場所を確保できました。

メンバー:のりさん、アブさん、kimさん、なぁさんたけさん、たけさん家のチビちゃん、
akaneチンヨシさんミントンさんaoiちゃん、nachiぼん、エリソンさん、チキータさん、
スカタン
b0089578_16482672.jpg
その2階の窓から望む店の前の眺めは桜並木が並ぶ絶好のロケーション。
まだ桜は3部咲きくらい、宴会が始まる前の一瞬の窓からの花見。
b0089578_1655161.jpg
堤亭の加賀料理コース、お刺身・鴨ありの中で目立つのが鯛のから蒸し
写真では角度により分かりにくいが、鯛のお腹におからを詰めた金沢の郷土料理。
婚礼に際して供されるおめでたい料理です。

とはいっても、今までの友人の結婚式で唐蒸しを見た記憶がなく。
結婚式は県外が多かったことと、金沢でもホテルでの今風の洋食スタイル、
そして・・地元の親しい友人たちは未だ独身ばかり←お互いに思っていそう!
b0089578_1649448.jpg
もう1つの郷土料理の「じぶ煮」、蓋を開くと一番苦手な山葵さまが鎮座しておられた。
最近、お酒を控えているのでかなり弱くなったのか、チューハイ2杯で顔もお花見状態。

ちなみにメニューにはチューハイはなく、下の自動販売機で購入してこなけばならない。
銘柄を見て「これは安いやつだ!」と口走り、「声が大きい」とのりさんからチェック。
すみません・・元演劇部なので地声は大きいです。
b0089578_16563697.jpg
実は会社の人から、被災者の元へ支援物資の一部としてカレンダーを集めるのを頼まれており、
事前にのりさんから連絡をしておいたので、皆さんがカレンダーを持ってきてくれました。
沢山のカレンダーありがとうございました!

チキ姉にいたっては、100枚入ったダンボールのがあるよって持って歩けないし!
皆が二次会に向かう中、私はチキ姉に車でカレンダーを家まで運んでもらいましたよ、感謝。

二次会は片町のおでんの赤玉本店
なんでも日曜のお昼なのでおでんしかないそうで、おでん屋さんだから納得。
牛すじと茶飯があるけど、おでんはない!だったら・・それでもいいけど。
実は二次会に行きたいお店があったのだけど、予約でいっぱいだそうで断念したそう。
b0089578_16574946.jpg
三次会はまた二次会に駄目だったお店にかけて・・またいっぱいで断念。
いや、片町に来たらフェルナンドさんの顔を見ずには帰れないだったよね?
というわけで午前3時まで営業しているので、何時にきても安心、もはやこのグループの定番。
南インド&スリランカ料理のスパイスボックス

アルコールはこのグループが育てた!なラッシーサワー多数。
前菜の3種盛りタパスはチキンパコラ、ひよこ豆サラダ、スプリングロール。
エリソンさんが私飲みたいの!とココナッツのスープ、これが濃厚で旨い。
で、私が食べるから・・と勝手に羊のタンドリー。
のりさんがアレ、アレ、魚介の・・・とイカタンドリー。
ヨシさんがカリフラワーのカレーで炒めた・・と説明したらアルゴビだった。

ところで、3次会まで来たものの、もう殆ど食べれない組、まだ食べれる組に分かれました。
もちろん私はまだ食べれる組。
b0089578_165973.jpg
メニュー外なスリランカ風焼き飯!これがめっちゃ旨い!が辛い~。
辛いの苦手なaoiちゃんが食べれるものじゃないと苦しんでました。
いささか量が多くて余ったので、テイクアウト容器に入れて持ち帰ることにする。

※スパボでは頼めばテイクアウト容器をいただけます。
私はよくテイクアウト用にマイタッパー(お弁当箱のときも)持っていきます(笑)
b0089578_17023100.jpg
4次会はスパイスボックスの近く、インドネシア料理のレギャン
ここは全てアブさんにまかせました!
サテアヤム(バリ風ヤキトリ)はピーナッツソースがかかった定番。
ガドガドは、温野菜のピーナッツドレッシング
アヤムゴレン・ケチャップは、鶏のから揚げ甘辛ソース

途中で登山帰りのBOWちゃんも臨時参加、お店から花見団子を頂きプチ夜花見気分。

帰りはエリソンさんの旦那さまに送ってもらう予定だったのだが、
いきなりエリソンさんの電話からブーッブーッと外国パニック映画に出てくるような緊急音が鳴り響く。

聞くと旦那さま専用の着信音だそうで、これには絶対でなくてはダメということで
緊急音にしてあるらしい・・すごい・・というか、受ける。
旦那さま、ありがとうございました、私もそんな着信音欲しいなぁ。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-04-23 02:44 | Trackback | Comments(16)

石川(珠洲):寿司一(すし)→レストラン浜中(レストラン)→国民宿舎・のとじ荘

b0089578_1024343.jpg
珠洲焼きでかなり居座っていおかげで、おやつの時間もなく腹へり子。
能登丼めぐり、本日の2軒目は海岸近くにお店がある寿司一
お店に行くまでナビを使いながらもちょい迷い、何故か私の第六感働き、店まで道案内。
そのココロは昔、ランチに訪れた店だったから。
b0089578_10254599.jpg
創業40年、珠洲で一番古いお寿司屋さんだそうです。
珠洲ならではの食材が楽しめ、お座敷もあるので30名までの宴会も出来ます。

ちょうど店のテレビは大桃美代子とのワイドショー講座の真っ最中。
私たちもカウンターでその話題に集中、さらにおかみさんもぐいぐい入ってくる。
「こういうのは男が皆悪い!」とまとめたおかみさんに無言を突き通す、お店の男性陣。
ここで逆らってはいけないと勘が働いているのか
b0089578_10263580.jpg
白身魚の山かけ丼:950円
とろろご飯の上にその日に揚がった新鮮な白身魚が盛られている。
お味噌汁には地元でとれた茸がin。

紫蘇が散らしてあり、あっさりさっぱり美味しく、ペロリとすぐ完食。
鰻も食べたい欲求がムクッと湧いてきたけど、次の店があるので我慢。
b0089578_10273154.jpg
本日の能登丼3軒目はレストラン浜中、よくあるドライブインのような外観。
いしる鍋、能登和牛、岩牡蠣、能登丼など奥能登の味覚が味わえる。
b0089578_1028405.jpg
香箱カニ丼
:1260円

ごはんの上には香箱カニが2ハイ分、それに汁物、香の物 、デザートつき。
この値段ってかなりリーズナブルではない?
b0089578_1030761.jpg
内子とカニ身をごはんと混ぜて、3人とも真剣な目つきでいただきました!
うまー
b0089578_10311781.jpg
牡蠣フライ
限定季節メニューの牡蠣フライがあったので、ついうっかり追加注文。
皆が食べないというので私オンリーで注文したら・・てんこ盛りだった!
食べきれないので、だるまちゃんに手伝ってもらう。
b0089578_10333649.jpg
食べた後のカロリーを少しでも減らすために珠洲温泉・国民宿舎・のとじ荘にて日帰り温泉。
外来入浴は12:00~21:00(20:30迄に入場)で露天風呂からは暗闇の中、見附島が望める。

いつもながらにBOW隊長の計画はダイハード、思えばこの時の体重がMAXだった気がする。

おわり
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-04-19 12:27 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(12)

石川(珠洲):珠洲市陶芸センターで珠洲焼き陶芸体験

b0089578_16164188.jpg
BOWちゃん、だるまちゃん、スカの能登巡り、食べまくりばかりではございません。
ちゃんと文化的な活動も計画に組み込まれておりまする。
それは珠洲市陶芸センターで、珠洲焼きの陶芸体験!

「珠洲焼」とは、12世紀後半頃から15世紀末頃に生産されており、
1977年(昭和52年)に復興された珠洲市の伝統工芸。
釉薬を使わない「焼き締め」の器特有の黒くてざらざらしているのが特徴です。
b0089578_16263261.jpg
体験は初心者でも扱いやすい信楽土を使い、
粘度を紐状にして輪っかにして積み上げていく手びねり形式。
b0089578_16302597.jpg
まずは指導員の先生が見本をみせてくれます。
説明しながら当然ながらあっという間に造ってしまう。
先生の手さばきに見ほれた後は自分たちで実際に手びねりで造ってみる。

その間の雑談・・・先生に珠洲焼きの極意や作品作りについて質問すると思いきや、
先ほど食べてきた中華「ひろし」の話に始まり、
先生が金沢で食べたラーメンで話が雪だるま式に転がっていき、
あそこのラーメンはお勧めです!とか、ラーメンの話ばっかり!!

結局、陶芸体験でも食べ物から頭が離れることがなかった私たち。
ちなみに先生は「ひろし」を知らなかった、地元民でも知られてない、ひろし。
珠洲市内で暗躍する中華。←ウソ普通の家です
b0089578_16413042.jpg
形は自由なので、私はイッタラのティーマプレートのような縁に立ち上がりがあり、
汁物を盛りつけても大丈夫、しかもオサレに見えるデザインを希望。

・・のはずが、力の入れ具合が難しく何度やっても綺麗に縁が立ち上がらないので、
いちいち「先生!!先生ーー!」とヘルプを呼び、代わりに手伝ってもらう。
奥の作品が先生との合作!?、綺麗に出来上がっている。

2回目は先生の手を借りずにチャレンジしよう!と挑んだら、
手前のような血液ガタガタッな作品に。
b0089578_1642919.jpg
だるまちゃんの作品はこれまたイッタラのティーマボウルのように美しい!
だけど、先生ヘルプを連続していたことをここに報告いたします、ぷっ
b0089578_16424449.jpg
BOWちゃんの作品は本人と同じく(?)超個性的。
カフェでケーキがのっかってそうな、四角いプレートや。
半月版ゴーフル?のようなお皿はBOW模様、さらに骨の形の箸置き。
b0089578_1644822.jpg
そしてつい先日、私たちの作品が焼きあがったので、鏡開きをガレタッソで。
BOWちゃんとダンボールを持ち込み、机の上でバリバリ開放。

前に益子焼き体験をした時はかなり縮んで、
かなり重い大リーグ養成茶碗を作ってしまったことを思うと、
黒くてざらざらした手触りが素朴な印象で、思ったよりも縮んでない。

しかし、皆の作品から比べると自分のイメージの貧困さが惨いわ~と感じつつも
自分で作ったものだからどんな形でも可愛い!とすぐに脳内変換してしまう。

珠洲焼き、渋いです!和食からケーキ、重厚感が熟女っぽい。

旅はまだつづきます
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-04-15 12:44 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(8)

石川(珠洲):ひろし(中華)

b0089578_16452057.jpg
3人がやってきたのは珠洲市内のある住宅地・・・のとある一軒家。
お店の看板もなく普通の民家のようであるが、どうやらラーメン屋さんだという噂。

そのお店の名前は・・・「ひろし」です。

玄関には飲食店営業許可のプレートが提示されているとです(ネタ古?)

ひっそりと佇んでいます探さないでください・・ひろしです。

さて、訪問販売も難攻不落な雰囲気漂う扉を開けて入ってみましょう。
b0089578_16471198.jpg
扉を開けて目の前にはカウンターに5席ほど、後は2人ほど座れる小さいテーブルが1つ。

左に顔を向けると、小上がりになっている部屋がある。
畳敷きに床の間がある和室で、コタツでおばーちゃんがテレビを見ながら・・って、
自分ちの居間じゃないか!

でも、一応ここでもラーメン食べれるんだよね、とおばーちゃんの食べた後の器が物語る。

見上げてごらん的なメニューを皆で眺めると、ラーメンが350円・・安!
b0089578_16481012.jpg
ラーメン:スカ
透明で綺麗なスープはあっさりで、何だか懐かしい昔食べた感じのラーメン。
でも、うまっ!だった気がする←12月の記憶だし、熟成されてるし
b0089578_1649338.jpg
五目ラーメン:だるま
ラーメンの上に酢豚?と思われそうなくらいたっぷりの具とボリューム。
とろ~り感が膜をはりかなりあつあつ。
b0089578_16502493.jpg
塩やきそば:BOW
あっさり系の焼きそばだったかも
b0089578_16521594.jpg
焼き飯
なぜか、焼き飯も気になって3人で追加注文。
中華屋さんの焼き飯という感じ、旨いよ。
外観はびびる(笑)が昔なつかし街の中華屋さんな味でシンプルで結構美味しいですよ。

しかし、奥深くにあるトイレに行くとあまりにも奥ゆかしくてもっとびびる。
というか、先の能登丼、カレーパンに引き続きのランチ+追加、私たちの腹にお互いにびびる。
b0089578_1653421.jpg
お店の片隅に置かれていた岡持ちを目ざとくみつけたのは、BOWちゃん
岡持ちを誰よりも愛すオカモッティーだ。

キラキラと目を輝かせて店主に岡持ちについて質問する様子は、すでに恋する乙女。

すると「小さい方の岡持ちはもう使わないから持っていっていいよ」

なんと、岡持ちに異常に興味を示す人が珍しかったのか、
オカモッティーは岡持ちをGET!

もう幾つ家に岡持ち(とヘルメット)がコレクションできましたか?
あれ以来みていないのだけど、ビジネスバッグにでも使用したらどうでしょう。

これもってうちの職場に訪問販売にきてください!!

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-04-13 20:05 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(22)

石川(輪島):曽々木食堂(民宿)→(珠洲)古川商店・シャンボール(パン)

b0089578_1391822.jpg
BOWちゃん、だるまちゃん、スカ子の能登日帰り旅。
輪島から珠洲方面に移動して、千枚田から約10分にある民宿・曽々木荘
ここの1階の曽々木食堂で能登丼を味わうことにする。

曽々木荘の通常の能登丼は1800円(汁物、香物、小鉢付き)なのだが、
ランチをハシゴ車回すので、コンパク丼を予定。

コンパク丼とは通常よりやや小ぶりな大きさでお値段はリーズナブル。
1人前では多すぎる!という少量を希望する人にオススメ。
提供しているお店はにここの各ページに「コンパク丼あります」と赤丸が示されている。
b0089578_13115414.jpg
宿泊される人たちも食事をするという食堂、パッと目に付いたのが左側のコタツ!
12月中旬、当然寒いので真っ先にコタツ席に直行。
b0089578_131559.jpg
BOWファミリーもまったりとくつろぎ始める。

実は曽々木食堂の息子さんが金沢でレストランを経営されているそうで、
独身やぞ!わしに似てイケメン、という発言に3人とも反応して、
行く時はお父さんのお店に行ってきました!って言えばつかみはOKですね!
といきなり話が盛り上がるコンカツ3人組!?コンカツよりトンカツが似合う。
b0089578_13183947.jpg
ミニ能登丼:1000円
能登産のお魚をいしるを使った特製のタレにつけたづけ丼。
いしるとは、能登半島北部で作られているイカの内臓や、
イワシを丸ごと塩漬けして発酵させた魚醤油のこと。

特製タレにはイカいしると地元の甘い醤油をMIXさせているとか。
新鮮な白身魚やイカがいしるの旨味が相まって旨味~柚子の香りも爽やか。
潮汁には珠洲の天然塩が使用されている。

他のメニューにはサザエ・エビ・イカが入った特製カレーライス、
いしるとあおさのり、さざえを玉子でとじた日本海丼などがあって、
思わずカレーライスに軌道修正されかかりそうになったわ
b0089578_13231053.jpg
お次は珠洲方面に移動し、飯田町の(古川商店)シャンボールへ。
古い建物の一見地味な外観、その実態は天然酵母で作る美味しいパン屋さん。
町のパン屋さん的ですが、おしゃれでこだわったパンが沢山。
道の駅にはこのお店の「黒糖コゲパン」を見かけることがある。
b0089578_13263128.jpg
レジ前で写真をビシッ!カレーパン、あんぱん、能登栗入りクリームパン
柚子クリームが挟まったミニフランスパン
ドーナツ型の甘いクロワッサンのようなパンが香ばしくて美味しかった~。

HPでは玄米米粉の食パン、大浜大豆のきなこパン、能登果実のパンなどが購入できます。
b0089578_13504736.jpg
お店のお隣には購入したパンを食べるスペースがあり、レトロカフェのようでオシャレ。
b0089578_13592697.jpg
辛抱できなかったので(最初から食べるつもり)、カレーパンを食べました。
ランチとランチの間の中休め、味の濃いグラニテ。←口直しになってない

ランチ2軒目につづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-04-11 12:35 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(14)

石川(輪島):輪島の朝市→ねぶた温泉→(珠洲):奥能登塩田村

b0089578_1118154.jpg
去年の12月の記事です!

BOWちゃん、だるまちゃん、スカ子の3人で能登に日帰り旅行に行く旅が持ち上がった。
目的は「能登丼」巡り!
しかも、昼・夜ハシゴを決行するという、香川うどん巡りの後遺症みたいな計画。
後、珠洲焼き体験も予約←ついでじゃないよ

能登丼の定義とは、能登の米(コシヒカリ)、水、地元の食材、能登産の器を使用した
奥能登らしいオリジナリティにあふれた丼。

ちなみに能登には「のとドン」というゆるキャラが存在する。
いつみてもプリンにしか見えないが。

さて昼ハシゴのために朝食ヌッキーに耐え、早朝に出発しまずは輪島に向かう。
時間に余裕があったので輪島名物の輪島の朝市に立ち寄ってみた。
b0089578_11205343.jpg
一千年以上もの歴史がある輪島の朝市、
午前8時には海産物、干物や野菜、民芸品などの露店が店開きしています。
私も新鮮な大根を1本GETし、サザエさんのように小脇にかかえながら見て回る。
b0089578_11234471.jpg
地元の潮風で作られた干物王国な露天、店主はどこへ?
種類はあじ、さば、めばる、ふぐ、のどぐろ、かわはぎ、ささがれいなど。
b0089578_11264630.jpg
朝市で購入した「えがらまんじゅう」が朝ごはん代わり。
えがらまんじゅうは、潰さない状態のもち米の中にこし餡をくるみ、蒸したおまんじゅう。
栗のいがらに似ていることから「いがら」→「えがら」になまって名づけられたとか。
黄色はくちなしの花で染めてあります。朝、蒸したてで超うま~!!

子供の頃、この黄色は何か味が付いていると信じ込んでいて、
黄色だから旨いと勝手に思ってた~何も入ってないのに・・プラセボ効果みたいな。
朝から何も食べてないので五臓六腑に染み渡る(酒かよ)
b0089578_11275616.jpg
ランチ前の飢餓状態に拍車をかけるために日帰り入浴が出来るねぶた温泉へ突撃!
お風呂に入るとカロリー消費してさらにお腹が減りますね。
能登の庄という旅館の温泉施設で外浴OKなのです。

露天風呂は小さな日本庭園に囲まれ、池には鯉も泳いでいたり。
指を水面に向けると餌だと思って顔を出すので秘孔を突きたくなる。
b0089578_1130535.jpg
輪島から海沿いを珠洲方面に向かう途中に見つけた奥能登塩田村
能登の仁江海岸の「塩」の資料館、体験施設、塩グッズなどを取り扱っている。
普通の塩の他、しおサイダー、ハーブ塩、いしる塩とかわり種も。
b0089578_11395246.jpg
ここでは昔ながらの揚げ浜式の塩づくりの体験コースがあるそうです、要予約。
係員の人が潮撒きの見本をみせてくれた、腰の回転が半端ない。
私たちも体験したかったが、ランチ時間が迫っていたので断念~腹具合も半端ない。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-04-07 00:19 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(18)

京都(上京区):清明神社→(下京区):本家 第一旭 たかばし本店(ラーメン)

b0089578_16164081.jpg
一般的に神社は閉館時間が早くて、16時半~17時などが多いので、
たら~っとお茶をしていたら、巡れる神社が限られてしまった!
でも夕飯にするには微妙な時間なので、清明神社に行ってきました。
京都市上京区にある平安時代の陰陽師「安倍晴明」をお祀りする神社。
b0089578_16214187.jpg
一時期、陰陽師「安倍晴明」ブーム異常なほどありましたね。
私も夢枕獏さん「陰陽師」と漫画バージョン:岡野玲子さん「陰陽師」読んでました。
岡野さんのはすでに売ってしまいましたが・・ぷっ 最近、連載再開してますね。

境内に社紋である五芒星がいたるところに施されていて独特な雰囲気。
ショップにやたら魔よけのお守りがあり、星マークの「魔除けステッカー」が利きそう!
b0089578_1623819.jpg
日帰り京都なので夕飯もI.C.に向けての寄り道、本家・第一旭 たかばし本店
かなり年季の入った昭和なムードたっぷりのラーメン屋さんな有名店。
こちら5:30~翌2:00とおやようからおやすみまでの驚きの営業時間。
朝食、ランチ、深夜OK、日曜営業といったいいつ休んでいるのか。
b0089578_16244880.jpg
ラーメン(ねぎ多め)
あっさり鶏がら醤油のスープに中太ストレート麺。
奇をてらってるとか派手なことは何もないけど、シンプルで美味しく飽きないお味。
私はリクエストのネギ多め、九条ネギたっぷりネギだく最高!

決して少量じゃないけどお腹のスペースが納得しなかったのか、
密かに餃子を追加してしまった。

コンパクトな日帰り京都コース、食べた量もいつもよりコンパクトだったかな。

おわり
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-04-04 12:44 | 京都 | Trackback | Comments(14)

京都(左京区):下鴨神社→グランディール(パン)→ポワン プール ポワン(ケーキ)

b0089578_15544215.jpg
京都に旅行すると何処かしら神社仏閣を観光してるけど、
観光ガイドに掲載されている場所を順繰りに巡っていくと、
まだ見逃している観光地はどこだ?と、地図塗りつぶしの旅になってくる。

もちろん小さな名所は数知れず、でもまだ参拝していない有名処があったはず。
あった、ありました!下鴨神社・・・超有名じゃないか~っ世界遺産!
正式名は「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」で賀茂神社の総社。
今回も東京熟女2人とのツアーの時に触発された御朱印帳持参。
b0089578_15592334.jpg
本殿の前には干支ごとに神様が祀られている社がある。
下鴨神社では一年の最初の干支の日に「初えと祭」というお祭りがあり、
それぞれの干支のお守りが販売される。
陶器の干支の置物の中におみくじが入ってるそう。
b0089578_1604613.jpg
さざれ石
下鴨神社の「さざれ石」、 国歌「君が代」にも歌われた石で鳥居の手前に祀ってあります。
「さざれ石」とは小さな石という意味で、火山の噴火により石灰岩が分離集積して凝固した岩石。
 「さざれ石」は、年とともに成長し岩となると信じられている神霊の宿る石。
b0089578_1615573.jpg
さざれ石を見ていたら、似た形を思い出したのか出町ふたばの豆餅を駐車場でパクリ!
甘すぎない餡子と柔らかい御餅が美味しかった~。
一応、お土産なので1つでセーブした自分が偉い。
b0089578_1633595.jpg
下鴨神社のついでに近くに美味しいパン屋さんがあればお土産にと
立ち寄ったのが、アロハちゃんのとこに載っていたグランディール(下鴨店)
b0089578_1684112.jpg
午後もかなり過ぎていたので、パンは残り少なく限られていた中でのセレクト。

ベーグル:普通のプレーンなベーグルしか残っていなかったのでこれ。
ぎゅっとしまっててもっちもちで美味しい!
ベーグルで有名なブラウニーも行ったけど定休日だったので嬉しい。

クリームが挟まった長細いフランスパン、チーズパン、ブリオッシュ
記憶がすでに宇宙空間なので細かいことは記憶なし、でも味はGOOD。
b0089578_1611568.jpg
京都には素敵なカフェが沢山ありますが、今回は調べる時間ナッシングだったので
グランディールを出た後、繁華街ならいざ知らずこの辺りにカフェってあるかな、
と、一瞬、途方に暮れ大沢誉志幸チックになりかけたが、近くのカフェをすぐ発見。
通りを挟んでもう1軒ケーキ&カフェのお店があったけど、こちらにしてみました。

何やらとっても可愛らしい雰囲気な、ポワンプールポアン
内装も可愛らしく、ザ・乙女と思われる服装の女子が1人カフェしていたり。

京都美山の牛乳、卵、京都大原のブルーベリー、丹波の栗、広島瀬戸田町のオレンジ、
愛媛県南宇和郡の「晩柑(ばんかん)」など地元や全国からこだわりの素材を使って
ケーキやコンフィチュールなとを手作りしているそう。

京都はカフェの数が違うのか、道を通ればカフェに当たるのか、やはり勘?
ポアン~としていても最後は野生が勝つ。
b0089578_16123739.jpg
イチゴのショートケーキ
タルト、美山ロールも気になったが、意外なショートケーキの形に惹かれて。
サンドされているような上の生地はふわっとしたアーモンドプードル?
間はクリームは生クリームとカスタードの2種クリームと苺。
下の生地はややしっとり系でスポンジの変化が楽しめて美味しくいただけた。

この記事を書くためにWebページを探したら、なんと私が行った北山店は3月末日で閉店!
うわーもう閉店してしまったわ・・・しかし、お店があるうちに行けてよかった。

ちなみに「府庁前店」は営業しているとのこと。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-04-01 12:42 | 京都 | Trackback | Comments(12)