<   2011年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

金沢(武蔵):フルーツむらはた(紅ほっぺ、サン富士林檎)

b0089578_16324919.jpg
久々のフルーツむらはたのまとめ記事、1月は「紅ほっぺ」。
紅ほっぺは『章姫』と『さちのか』を交配させ2002年に新しく品種登録されたの苺。
ちなみに2月は「あまおう苺」だけど連続するのでお休みに←財布の都合か!?

メンバー:BOWちゃん、わかさま、味噌ちゃん、スカ子
私は食事も兼ねて「紅ほっぺのサンドウィッチ」、食事その2は帰宅後に。
この苺、なかなか甘くて美味しい、生クリームとの相性もバツグン。
b0089578_1633339.jpg
後は他の方々の苺ギャラリーをごらんください、苺のケーキ
b0089578_16352298.jpg
苺のタルト
b0089578_16383736.jpg
ビジュアルが素敵な苺のプリン
プリンと苺のシャーベットが魅惑的、隣のお皿のものは全て。
b0089578_1641738.jpg
この写真は12月、「サン富士林檎」が限定フルーツ。
リンゴのピザが美味しそう、でも1人じゃお腹が膨れそう疑惑だったので、わかちゃんとシェア。
薄めに切られたリンゴピッツァはパリパリで甘くて旨いデザートピッツァ。
薄かったので1人でも余裕で食べれたわ、と多分もう1人も思ったと思う。
b0089578_1644851.jpg
リンゴのパイ、焼いてあって熱々でしたか!?←人のなので記憶なし
横に付いている林檎、遠近法で迫ってくると見せかけて単に切り方が厚い。
b0089578_16463914.jpg
リンゴのホットサンドは何気なく味噌ちゃんが注文したらかなり量が多く驚き。
リンゴとカスタードがたっぷり詰まって旨そう。
この後、女子会が控えていたのだが、影響が出たことは言うまでもなかった・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-02-28 12:44 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(16)

兵庫(明石):今中(明石焼き)、喜楽(日本料理)のたこ飯

b0089578_16574480.jpg
グッバイ四国、ここはすでに兵庫県南あわじ市の淡路島南PA
屋上展望台から大鳴門橋を望むと鳴門の渦潮が見えるような見えないような。
階段を下りて売店に足を踏み入れると旅行帰りのお客さんで大混雑。
もうお土産も買ったしトイレ休憩だわと思いつつ、淡路玉ねぎスープだけはしっかり試飲。
b0089578_16582863.jpg
旅も終盤に近づくと人並みのお腹に戻ってきたのか、夕方になっても皆(一部?)は腹減らず。
でも、せっかく淡路島から明石海峡を渡って素通りで帰宅するのは勿体無い。
明石といえばタコ!明石といえば明石焼き!はい、決まった!
夕方以降、日曜営業のお店を携帯で目を充血させながら必死に探す。
静かな住宅地の中にある明石玉子焼きの今中
b0089578_1701768.jpg
玉子焼き:600円
1人前20個とかなりのボリュームでリーズナブル。

運ばれてきた玉子焼きをお出汁につけて口にほおりこむと・・・熱くて無言。
予想していたけど1口で一気にほおばるのは危険、ふーふー必須。
とろ~っとしてふわふわしていて玉子の風味も感じられて美味しい!
何もつけずとも上品な旨味は感じられます。

「柚子」「柚子胡椒」「一味唐辛子」さらに「ソース」もテーブルに用意されていて
味の変化が楽しめる。
昆布の出汁オンリーでも美味しいけど、柚子胡椒もぴりっとして爽やかだし
あっさりに飽きてきたらソースもなかなかグッド。
b0089578_1721928.jpg
明石焼きを食べたらタコ熱が止まらなくなってきたので、明石・魚の棚商店街へ。
しかし商店街は午後6時を過ぎると殆どのお店は閉店してしまうので、
吹き抜ける風だけを受けながらシャッターが閉まった商店街通りを歩くことになる、ロンリー。
干しタコを買ってしゃぶりたかった、たこ飯が食べたかった。
b0089578_1741891.jpg
すると商店街の西の端にある日本料理喜楽にテイクアウト用のたこ飯を販売しているのを発見!
タコ飯を1つテイクアウト。
炊きたてのたこ飯はほんのりタコの旨みと出汁の味がしてほかほかうまーい。
1杯のかけそばのように大事に車内でまわし食べしました。

これで何も思い残すことなく帰路につける、増えた体重の心配は明日に持ち越して。

おわり
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-02-26 00:19 | 兵庫(神戸) | Trackback | Comments(14)

徳島(徳島市):いのたに(徳島ラーメン)、ニュー白馬(お好み焼き)

b0089578_16402595.jpg
お腹のランチ時計が鳴り出す頃、うどん国香川の県境を越え徳島県に移動。
今回私にとってお初な四国、徳島県もまた初めて足を踏み入れた場所なのだが、
見事なほどに何故かうどん屋は少なく、その代わり目立つのがラーメンの看板。
やはり隣の県同士だとライバル心ありで郷土料理もそれしかりなんだろうか。

徳島県のB級グルメといえばB級グルメ本の受け売りだけど「徳島ラーメン」
地元では中華そばと言われており、スープは豚骨ベースの濃厚醤油。
具には甘辛く煮込まれた豚バラ、プラス生たまご。
濃厚なのでご飯と一緒に食べるものだそう。
そんな知識を蓄えて、一行は中華そば・いのたにへ。
b0089578_16423145.jpg
ちょうどお昼時だったせいか、豚バラとかけてトンでもない行列。
こんなに人気なのも昔からのお店で徳島ラーメンの草分け的な存在と、
新横浜ラーメン博物館にもお店があって全国区なせいなんですね。

私は新横浜ラーメン博物館はまだ未訪、前に出張で横浜に行った時は中華街にすっ飛んでってしまったし、一度は行ってみたい気はするけど。
食券を購入してから座席の後ろにずらっと並んだ人たちを、おばちゃんたちが空いた席から順番にテキパキとさばいていく。
b0089578_1645910.jpg
中華そば肉玉入(中)
卵は別売りだけど、入れる人が圧倒的に多し。
スープは色よりはややすっきりしてる印象だけど醤油の味がかなり濃い目。
中太麺の麺はほどよい堅さで食べやすくなかなか好きなラーメン。
卵をくずすとマイルドになり、甘辛く煮込まれた豚肉を一緒にご飯にかけて食べたい!
でも後の事を考えてラーメンオンリー。
b0089578_16463267.jpg
ラーメン屋を出て、すぐやってきた後の事はもちろんランチのハシゴ。
スキー場の民宿を彷彿とさせるお好み焼き屋さんのニュー白馬

何故徳島でお好み焼きの謎をとく、それは金時豆入りのお好み焼きがあるから。
讃岐うどん屋でもみかけた金時豆の天ぷら、四国全体か一部かは分からないが、
徳島ではちらし寿司にも甘く味付けされた金時豆を入れるらしい。
b0089578_16481419.jpg
阿波尾鶏(あわおどり)の塩焼き
徳島地鶏の「阿波尾鶏」は飼育日数(80日以上)が条件とされ、
のんびり育てられるので肉色がこく、コクがある旨味があるそう。
あっさり塩味でいただきます!黄色はすだち。
b0089578_16502361.jpg
鳴門金時と豆のお好み焼き、牛肉と蓮根のお好み焼き
豆オンリーのお好み焼きにするはずが、うっかり間違って(私が)豆・芋入りに。
鳴門金時芋、金時豆、豚、玉子。
甘い金時豆が入ったお味は・・塩味に甘い味で・・これは・・結構いける。
でもなくても別にいいかも(爆)

牛肉と蓮根のお好み焼きは外の看板に記載されていた限定メニュー。
蓮根の歯ごたえがシャキシャキと。
マヨネーズが自家製だそうでまろやかで酸味があって美味しいです。
4人で2つ、多くありませんね?←誰に確認?
b0089578_16512168.jpg
これだけではとどまらず、駅チカお土産コーナーで徳島土産を探していたら
特産品フードについ手が伸びる美人亭3人、ぷっ

私が食べたのは一番したの徳島ソウルフードの「フィッシュカツ」。
太刀魚やエソなどのすり身にカレー粉や唐辛子などを混ぜた魚肉練り物を
薄くのばしてパン粉でからっと揚げたもの。
魚肉の味にカレー風味のピリ辛がなんかクセになりそうな?
ハムカツみたいにB級チックなおつまみ宣言。
b0089578_16521075.jpg
そして徳島名産として欠かせないのが「すだち」。
生のすだちはスーパーでもお土産屋でも高かったので買わず。

すだち酢、すだち焼酎、すだちポン酢、すだちジュース、すだちジャム、すだち醤油
とすだちまみれのお土産になりました(半分以上自分のお土産だったり)
すだち焼酎飲まなくっちゃ~~

しつこいようですが、つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-02-23 12:40 | 徳島 | Trackback | Comments(12)

香川(高松):田村神社で「日曜市うどん」

b0089578_16124847.jpg
香川を離れる時間が近づいてきた、その前に立ち寄ったのが田村神社
香川、というか四国といえばお遍路さん、四国八十八カ所を巡ることはできずとも
食い荒らし集団にもようやく神社に行くことで癒しの心が湧いてきたか?
と思いきや、目的は毎週日曜日に開催される日曜市の「うどん店」。
社務所隣接の建物がうどん店として営業している。
b0089578_16154811.jpg
境内には讃岐七福神の石像など、石造物が多々ある。
おばあちゃん達の朝市のお店で買ったのは小ぶりのみかん。
沢山入っていて110円だったので購入してみたら、これがとっても甘くて激ウマ。
ダンボール1箱分買えばよかったと後悔するも車には積めれそうにもなく。
神社で飼われているワンコと戯れた後に「田村神社日曜朝市の讃岐うどんの場所へ。
b0089578_16211251.jpg
地元のボランティアで支えられている日曜市うどんは、
自家製のイリコ風味のだしに麺は末広製麺所とマルタニ製麺。
うどんはもちろんバラ寿司や天ぷら、名物ばくだん揚げなどサイドメニューも沢山。

かけうどん:150円
営業時間:6:00~13:00
b0089578_16223436.jpg
私のうどん:かけうどん、トッピング:コロッケ、野菜の天ぷら

今まで我慢していた分、トッピングを2つ注文したらちょっと(?)大盛り。
神社のうどんもやっぱり讃岐うどん、しこしこもちもち~
b0089578_1624201.jpg
皆様方のトッピングはじゃがいもの天ぷら、田村神社名物ばくだん。
人様が食べているものが旨そうに見えるのは基本、後からツマミ食い分に
ばくだんやらさつま揚げをテイクアウト。
b0089578_16254138.jpg
香川うどん巡礼の旅で最後に立ち寄ったのが天然温泉きらら
全身リフレッシュと共にこれから向かうランチのためのお腹減らし。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-02-21 12:36 | 香川 | Trackback | Comments(12)

金沢(間明):ボンテ(Bonte)フレンチ

b0089578_11121132.jpg
ボンテ

ボリュームがあってシンプルであり美味しい!

肉コースと魚コースの2つに分かれたランチをいただきました。

先に画像だけのせておきます
b0089578_11181050.jpg
b0089578_1113134.jpg
b0089578_1114179.jpg
b0089578_11152082.jpg
b0089578_11171351.jpg

[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-02-21 11:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

香川(高松):ビジネスホテルアサノの朝食で讃岐うどん、巴堂(菓子処)

b0089578_11394936.jpg
また香川の記事に逆戻り2日目の朝、
私たちが宿泊したのは高松市内の繁華街にほど近いビジネスホテルアサノ
ここは朝食が無料なんですが、朝食バイキングを取り仕切っているのが名物おばあちゃん。
おばあちゃん手作りの和食を中心としたメニューが用意されており、
「ごはん食べてね!」「うどんもあるよ!」と寝る子も起こす元気な掛け声とテキパキとした物腰。
b0089578_15331646.jpg
とりあえず写真のために?遠慮がちに取ってきたようなおかず群←1皿目
讃岐うどんがあるのに白いご飯があるのはおばあちゃんが勧めてくれたから・・
などといいつつ、卵かけご飯が食べたい理由づけ。
b0089578_15341256.jpg
おばあちゃんが持ってきてくれたうどん、普通に1杯分の量がある。
普通の人ならばこれだけでお腹がいっぱいになってしまいそうな予感。
天かすとわかめが入ったうどんはお店とはまた違った感じの優しいおうどん。

この後、帰り際におばあちゃん元気でね~と挨拶していったら
駐車場までダッシュで駆けつけてミカンをお土産に持たせてくれた。
いやー有名なるみばあちゃんといい、四国のおばあちゃんはパワフル
b0089578_15351564.jpg
前日に酔った勢いで購入したスイーツ達、古婆ロールケーキは朝食後に。
四国の降り注ぐ太陽をイメージしたのか、マカロンの色彩が激しく鮮やか。
ちなみに水色は塩キャラメル・・・だったか

ホテルのフロントの人たちも色々親切に高松の街案内について教えてくれました
エレベーターに乗る際に「お気をつけて」と言われた後に
エレベーターのドアに挟まるという漫画の1コマをやらかしたのは私。
b0089578_15362581.jpg
ホテルを出た後、御菓子処巴堂に立ち寄る、目的は「ぶどう餅」
ぶどう餅は香川、高松・坂出のご当地名物。
b0089578_15372338.jpg
ぶどう餅というから葡萄味の御餅かとイメージしていたら、
こし餡を丸めてお餅で包んだ小さな団子状のお菓子、葡萄じゃなくて武道なんですね。
b0089578_15381552.jpg
1泊2日なので早めに香川を出なくてはいけないが、その前に高まるうどん熱。
お目当てのなかにしうどん・・は日曜定休!!日曜定休のお店は結構多し。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-02-18 19:54 | 香川 | Trackback | Comments(18)

バレンタインデーカレーチョコDX、(小松)デリカテッセンレアール

b0089578_11381672.jpg
香川の記事が続いてますが、ちょっとストップしてバレンタイン記事。
今年の手作りチョコは去年と同じく、カレーチョコ。
でも、去年よりさらにスパイシーさをパワーアップしたカレーチョコDX
黄色いチョコに怪しさと胡散臭さと美味しさ(?)が混ざり合っています。
こちらは白いカレーチョコとダークチョコが半々のハーフ&ハーフ←キッチンユキ風
b0089578_11382970.jpg
こちらは120%カレーチョコ、最大限に味わってもらえると思います。
肝心の中身:ホワイトチョコ、神戸のインド料理屋さんで購入のオリジナルカレー粉、
ガラムマサラ、ターメリック、クミンシード)

感想は色々いただいたのですが面白かったのは、始め「美味しい」→少したって「うーん微妙」→食べ終わって「なんか辛い」という三段階の味の変化。
まるでトップ、ミドル、ラストと変化する香水のフレグランスノートのよう。
b0089578_11384641.jpg
そんん画期的かつバツゲーム的なチョコを持って訪れたのは小松のデリカテッセン・レ・アール
今年からレアールナイトと称して、金曜と土曜の夜は24時まで営業しています。
b0089578_11385919.jpg
ランチはチキンコンフィとキノコのパスタ、ミネストローネ、デザート、コーヒーのセット
ミネストローネ、野菜たっぷりのやさしい味で美味しかった。
b0089578_11391360.jpg
ランチセットのパスタを食べ終わったのに、お腹がまだ欲求していたので
ローストポーク・オニオンソースを追加・・これ大好き。
最近は大盛りを我慢して普通にしていたら、体重やや減少傾向だったけどついカッと。
b0089578_12381885.jpg
デザートはコーヒーシフォン小豆サンド、夏みかんのコンフィチュール・しゅーづめ
夏みかんのコンフィチュールは限定だそうで。
小さなシューがかわいい~と言うと、すかさずシェフが「俺は?」。
もちろん基本です!
b0089578_11392826.jpg
その次の日は乙女やのイベントへ。ニューハウス工業で雑貨やカフェなど可愛らしい乙女のお店。
写真はフクマメヤさんのコーヒー、fraiseさんのガトーショコラ。
マダムレアールフクマメヤさんmamaクマさん風花さんのぅもりぃさんなどとお喋りをしながら、かなり居座りました。ここにもカレーチョコ持参で・・ぷっ
勝一さんにもカレーチョコ持参、ちょっとスパイシー過ぎるという感想をもらう、カレーチョコだし。
b0089578_1139404.jpg
さらにBACAROにもカレーチョコを持参、どれだけバツゲームを広げるのか。
写真はテイクアウトのグレープフルーツのコンフィに自分でチョコをコーティングして
パンプルジェットに。勝手にコラボ、ネタとして見せました。
b0089578_1139564.jpg
近年のバレンタインといえば義理チョコ、逆チョコ、さらには友チョコなど、
目的がバラエティーに拡散しすぎてますが、意外に多いのは自分チョコだったり!?
自分で自分を褒めてあげたいのでバレンタインデーの名を借りてチョコ三昧。

テオブロマのオランジェット(オレンジの皮が濃厚。他のものだとショコランジュが好き。ネットで購入したが、地元のデパートで限定販売していたのを後に知る)
・DEAN & DELUCAのココアボン・ダークチョコレートピスタチオ(ピスタチオ好きなのですぐになくなります。)
・レアールのトリュフチョコ(ブランデーの香りが効いていて口の中でとろけて美味しい)
ここまで自分チョコ、買いすぎ?
SAINT NICOLAS のオランジェット(オランジェット好きの自分へのいただきもの、甘夏の皮のほろ苦さがちょっと大人の味)
cacaoté のアマンドショコラ(アーモンドをチョコとキャラメルでコーティング、香ばしくて美味しい)

しばらく寝る前のつまみ食いには困らなさそう。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-02-16 12:39 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(18)

香川(高松):五右衛門(讃岐うどん)、欧州屋(ケーキ)

b0089578_11424664.jpg
香川1日目の夜、とっくに終了したと思ったでしょうが、〆がまだ。
最後にとどめの讃岐うどん9軒目は五右衛門
深夜3時まで営業しているので飲み会の最後にちょうどよい。
b0089578_11474045.jpg
カレーうどん、納豆カレーうどん、黒カレーうどん
「カレーうどん」が評判のお店らしいのですべてカレーうどんで。
4人いるのにカレーうどんは3つ、お腹が膨れているのか食べたいのか、
そこんとこ矢沢ははっきりさせたい(意味不明)
京都でも〆ではカレーうどんだったなと思いつつもあれはあんかけ。
こちらは濃厚なカレーです、そして麺は讃岐・・・好みです。
でも、眠いし酔っているので記憶は曖昧。
b0089578_11502423.jpg
ホテルに戻る途中、ケーキの姿?が見えたのでふらりと勝手に入ってしまったのは欧州屋
〆の〆はスイーツと脳内変換されているせいだろうか。
午前3時まで営業しているそう、年中無休だそうで、そりゃ勝手に入ってしまいますよね。
b0089578_11545033.jpg
な、なんと「○っぱ○」に激似なケーキが!!!誰かがその語句を連呼していた(誰?)
ふるばばチーズケーキというそう、古婆じゃなくてふるふるなババロア?
深夜の香川はなかなかジョークに飛んでいて、金沢にも深夜ケーキ屋がほしいところ。
b0089578_11585411.jpg
もうおどうしてもスイーツ熱が収まらず、カラフルなマカロンが目に付いたので
欲しい、買いたい、買うとき、買えば!でいつくか適当に購入。
しかし、勢いで買ったにもかかわらず、口に入れることなく即爆睡してしまったのでした。

長い1日・・おわり
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-02-13 23:35 | 香川 | Trackback | Comments(10)

香川(高松):一鶴(骨付鶏)、四角家餃子本舗(餃子)

b0089578_1630412.jpg
お次は夜のハシゴ2軒目。
香川に旅行することが決定してから購入した旅行ガイド本は2冊。
香川本にはうどん100軒と1回では制覇不可能な情報、
そしてもう1冊は西日本B級グルメ本。
その中で注目したのは香川ではうどんの次に有名なご当地グルメ、「骨付鶏」

鶏のもも肉をギャートルズよろしく骨付きのまま、オーブン釜で焼き上げた豪快な料理。
香川の焼き鳥屋さんでも普通の焼き鳥と骨付鶏があるなど、かなり浸透していてそそられる。

でも、うちのBOW隊長は鶏が苦手だったな、と候補を外していたが、
強制るるぶabuさんの「一鶴にはぜひ行ってください!」メールに再び行きたい発作マグマ。

「鶏が苦手なら鶏以外のメニューも頼めばいいじゃない」と急遽決まり、
色んな魅力的なお店はあれど、まずは基本のキで一番有名な骨付鶏の店、「一鶴」へ。
b0089578_1636195.jpg
しょうゆ豆、もろきゅう、カレー豆腐、ねぎさば
ヘルシーに見えてお酒のつまみオンパレード、頼んだチューハイが濃いんケスギ。
しょうゆ豆は香川県の郷土料理、そら豆を砂糖・醤油・みりん・唐辛子に漬けたもの。
甘くないのでご飯のお供に食べやすく帰りのお土産屋さんで購入。
b0089578_1638748.jpg
骨付鶏(おや)
骨付鶏には「おやどり」と「ひなどり」があり、今回はおやを注文。
ひなは身が柔らかくてジューシーだそうでこれは好みですね。

おやどりはワイルドにかぶりついて噛み切らねばならぬほど、すごい肉の歯ごたえ。
表面がカリッとして塩・胡椒味が効いているやや濃い目の味。
ガーリックの香りが食欲をそそり肉食ってるな、とひしひしと感じる。

隣のテーブルの外人さんが食べ終わった骨を豪快にしゃぶっているのが目に入る。

すごい!!肉食人種のスピリットが伝わってきた!!!
b0089578_16411315.jpg
鶏めし、鶏スープ
上には錦糸玉子と紅生姜、鶏の出汁で炊いてあり普通に美味しい。
皆さんちょっととりめっし、などといいながらいただきました。
b0089578_16423194.jpg
3軒目は路地裏にある創作餃子専門店の四角家餃子本舗
オシャレで落ち着いた感じの店内は全席座敷でくつろぎながら食べられます。
四角い餃子と焼豚の専門店でちょっとつまんで餃子ブレイク。
b0089578_1643316.jpg
珍包(ちんぱお)、海包(はいぱお)
珍包はキャベツと豚肉の餃子、海包は海老とクワイの餃子
後は牛肉と大根、鶏肉とれんこん、鴨肉と白ネギの餃子などがある。
皮が薄くて上品な味の餃子だったと記憶。
b0089578_16443771.jpg
たかちゃんの焼豚(しょうゆ)
焼豚には味噌・醤油・塩がありオーダーを受けてから焼き上げる。

そして、焼豚の味の感想は・・・記憶なし。

濃い目のチューハイの酔いがまわって畳にパタリと倒れこみ、しばらく寝るギブソン。

その間、皆さんの楽しい会話が繰り広げられていたと思う。

しかし、寝ているはずなのに料理が運ばれてくるたびにムクリと起き上がっていたとか。

誰も料理きたよ!とは言ってないのに・・・まさに野生の感!!

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-02-10 12:40 | 香川 | Trackback | Comments(14)

香川(高松):美人亭(瀬戸内小魚料理)

b0089578_16101067.jpg
日中のBOWうどん添乗員に代わって、夜の水先案内人は私←ちと怪しい
色々探したけど、私たちにぴったりのお店を見つけましたわ。
ビルの一階奥にひっそりとある瀬戸内小魚料理がメインの居酒屋・美人亭
脂ののった(お腹に)美人3人+1がちょっと入りますよ。
b0089578_16111828.jpg
カウンターと座敷2テーブルの店内はお母さん1人で仕切っており、
その日仕入れた新鮮なお魚を好みの調理法で料理してくれる。
もちろん、私たちも瀬戸内の新鮮な魚が目当て、お母さんにお勧めを尋ねながらまずはお刺身。
b0089578_16143494.jpg
かわはぎのお刺身、たこぶつ
最初に注文したのはかわはぎ、お刺身がすごく新鮮で美味しい~
かわはぎの肝もねっとり濃厚、たこぶつもプリプリ。
お刺身に添える柑橘類は四国なのでレモンではなくスダチ。
乙女3人は焼酎、他2人は薄く作ってもらうが、私だけ「普通」にしたら結構濃い。
体を揺すってボクシング体操したら一気に酔いそう
↑酔ってボディコンバットの真似事したら酔いが倍増した過去あり。
b0089578_1615436.jpg
ふぐ刺身
小ぶりの河豚はあっさりとして新鮮でこれまた美味しかった。
ワサビの付いている辺りは他の人にどうぞ。
b0089578_1617967.jpg
何かお魚の煮物をと頼んだ2品、おこぜ、舌びらめの煮つけ
これが身がふわっと煮込まれていて、味付けも丁度よく絶品!
美味しい~こんな美味しい煮魚食べたの久しぶり
こんな美味しい煮魚作れるようになりたいね、
「これを作れるようになったら嫁にいける!」
と何故か根拠のない確信を宣言して盛り上がる女3人。
b0089578_16175268.jpg
穴子の素焼き
こちらも素焼きにした穴子がふんわり感をのこしながら香ばしくとっても美味しい。
お箸が一気に集中してすぐになくなる乙女ピラニア軍団。
昼間の出来事はなかったようにあっさりしたお魚なら胃袋に入る。
b0089578_1620916.jpg
お母さん1人で切り盛りしているので混雑時はやや時間かかりますのでゆったりと食べましょう。

お魚が新鮮な「美人亭」、美人同伴でどうぞ。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-02-08 06:30 | 香川 | Trackback | Comments(14)