<   2010年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

奈良:平城京跡→唐招提寺→薬師寺→蛸庵(お好み焼き)

b0089578_171299.jpg
早起きして早速やってきたのは1300年祭メイン会場場所の平城京跡
以前、平城京に観光に来た時は、朱雀門の他は草原が広がってるだけだったが、
遷都1300円祭に向けて、資料館・交流広場などが整備されていた。
しかし、様々な展示は11月7日までだったので、全て催しは終了。
せんと君もまんと君もへじょにゃんもいない、寂しい朱雀門←何目的!?
b0089578_1714398.jpg
朱雀門から遥か遠くに見えるのが新しく再建された第一次大極殿。
イベント開催中は朱雀門との移動間にトラムで移動できたんだけど、それも終了。
せっかくの大極殿なので観光をと向かうが遠い!
朱雀門から直線距離で約800mだそうで、前庭の周囲の道を歩くのでかなりの距離。
キャラメルを最低5つ以上は食べなければいけないカロリーを消費するわ。
b0089578_1722625.jpg
次に行ったのが奈良市五条町にある唐招提寺、鑑真が建立した寺院。
前回行った時は平成の大修理の真っ最中だったので、金堂は囲いがかかっていた。
解体修理が完了した金堂を始め、講堂も奈良時代建立らしく古代寺院の趣があり、
素晴らしかったです。もちろん、御朱印ももらいました!
b0089578_1734514.jpg
唐招提寺といえばご近所にある薬師寺も立ち寄っていかねば。
文化財レベルとしては薬師寺保栄的に言うとバンタム級に有名な薬師寺、
最近ではコンサートもよく行われているとか、今年はAKB48も。

さてそろそろお昼の時間、天理ということでやや距離はあるが
papinさんのところでいつも絶賛されているひろっちゃんに行ってみたく、
予約の電話をかけるも・・・誰もでない・・もしかして定休日?

携帯食べろぐを読むと毎月8.14.18.28が定休日と8のつく日が休みが多い。
8が付くと何かあるのか~何処かの芸人のような。
ショックだったのでTwitterで騒いでいたらpapinさんに発見される。
b0089578_1743088.jpg
困った時のために次に考えていた候補がお好み焼きの蛸庵
ちょうど平城京の朱雀門の隣にあり、駐車場も完備しているので立ち寄り易い。
大和路のお好み焼きということで観光地らしく、「朱雀門焼き」、「大仏焼き」
「古都の奈良焼き」など創作お好み焼きメニューが揃っている。
b0089578_1753365.jpg
大仏焼き、塩焼きそば、たこ焼き
最初にきた塩焼きそばは太めの麺が食べ易く旨い、たこ焼きは割りと普通。
大仏焼きは、もちと豚肉のお好み焼きをポン酢で食べるという変り種。
これはこれでさっぱりあっさりして美味しかった。
b0089578_1761866.jpg
すじねぎ焼き
ピリ辛すじこんとネギの上にソース、自家製マヨをつけて。
こちらも相性がよく食がすすむ君、マヨラーなのでマヨの減りが早し。

papinさんにランチの後の予定を聞かれ、東大寺に行くと伝えると、

「鹿に襲われたら、バーラムユーと唱えると大丈夫です!」

「バーラムユーですね!分かりました!」

 と何も考えずに素直に答えていたのだが

これって映画『ベイブ』で主人公の小ブタが
羊たちを手なずけるセリフだったことに気付いたのは帰宅した後・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-12-28 01:22 | 奈良 | Trackback(1) | Comments(16)

奈良(近鉄奈良):酒処 蔵(居酒屋・鶏)→やたがらす(鶏料理)→ハコシタ(居酒屋)

b0089578_15495589.jpg
今更ですが、今年は平城遷都1300年祭!!
マスコミで去年からくどいほどに煽られていたものの、
何故かエンジンのかかりが遅かった自分。

よく考えてみれば次の大きなイベント開催の頃にはこの世にはいないわけで、
すでに主な催しは終わった後ではあるが、湧き上がる駆け込み乗車のように行きたい発作。
1300年の間に奈良に行ったよ、フフンという満足感だけ欲しいのかもしれず。

で、急に思い立って、11月末の土曜の夕方から奈良に向かった。
急に向かったので到着する時間も遅いわ、お店もよく調べてない。
以前、奈良旅行で訪れた酒処 蔵に再び向かう。
昔の呉服店の蔵を利用している歴史のある趣のあるお店で
コの字型のカウンターが特徴的、人気の居酒屋さんで満員になることも屡。
すでに時間のピークが過ぎていたのか、カウンターには殆どお客さんはいない。
b0089578_15524957.jpg
肝焼き(ハーフ)
鶏もつ煮のような焼きというより煮込みっぽく、玉紐・レバー・ズリなど肝パレード。
濃い肝焼きにたっぷりかかった山椒、とっても旨いのだが
いっぺんに食べると舌が痺れるのでゆっくりと食べる。
b0089578_15591369.jpg
生サクラエビ、クエ刺身、おでん(大根、玉子、ごぼ天、いか天)
遅い時間だったので黒板メニューはあれない、これないのないない祭り。
生サクラエビの舌に刺さる攻撃を感じながらあまり食べた記憶がないかも?
おでんだと一番好きなのが玉子、大根なので残っていてホッと。
特に玉子は料理法を変えるの別物と思ってしまうらしく、
出汁巻き玉子がメニューにあったら迷わず頼んでしまうだろう。
自動的にコレステロール右肩上がりに。
b0089578_162151.jpg
焼き鳥
肝焼きと同じタレで煮込まれた鶏の身のほう。
身が柔らかく同じく山椒の刺激が心地よいです。
b0089578_16113557.jpg
次のハシゴは新大宮駅の大和地鶏の店に行きたかったが1駅移動する気力なし。
携帯サイトで大和肉鶏のお店を見つけたので・・ってまた鶏かっ
やたがらすは奈良の地鶏・大和肉鶏料理と
奈良吉野「やたがらす」が味わえるお店。日本酒は飲まれるので飲みませんが・・
b0089578_16122920.jpg
刺身4種盛り合わせ
鶏ガラスープの入った有精卵の出し巻き、テール

うわー予想通り出し巻きを食べてしまった!おでんの玉子はなかったことに。
でも美味しかったので後悔はしていない。
お刺身は(ささみ、砂ずり、ハート、肝)をあっさり系の塩でいただく。
b0089578_162822.jpg
つくね、大和ポークしゃぶしゃぶ、土瓶蒸し
つくねは美味しかったけど、しゃぶと土瓶は普通だったかな。
名物大和肉鶏もも炙り焼きとかジューシー系を頼んだ方がよかったかも。

店員さんに奈良に来たら何を食べたらいいですか?と質問したら、
「奈良漬け、柿の葉寿司、大仏プリン」という答えが返ってきたが、
夜の飲みにはちょっと関係ないかもしれない。
しかも奈良漬けはちょっと苦手かも・・だが、家でお土産にと頼まれる。
b0089578_1630318.jpg
あえて〆を食べずに「やたがらす」を出たのは日付変更線を越えていた。
ラーメンか何かでもとふら付くも、営業しているお店が見つからない。
JR奈良駅の付近をうろついて、地元の男性にどこか営業しているお店を聞いてみるも
もうこの時間だったら殆ど開いてないという、寂しいお返事。
奈良は平和と安眠の地なのかーー!

駅前に笑笑とかのチェーン店のネオンがやたら輝いている。
笑笑のナポリタンは何気に好きだけど、奈良まで来てそれは何かいやだーー!
とさっきのやたがらすで食べておけばよかったと未練魂を起こしつつ、
しつこく歩き回ってると開いているお店を発見!ハコシタ
b0089578_1631037.jpg
店内は白を基調としたシンプルでオシャレな居酒屋さん。
ハコシタ名物は「ちりとり鍋」だそうですが、もちろん〆に突入。
ベトナム風にゅうめん
ベトナム風なのでエスニックなナンプラー味がややしょっぱい味のにゅうめん。
b0089578_16334641.jpg
焼きそば明太子クリーム
焼きそばに明太子?邪道と思いつつ、これが中々旨い組み合わせ。
家でもチャレンジしたくなりました。
〆を食べることが出来て無事に寝れますわ(午前2時)
〆を食べるまでは安心して眠れません。
あ、デザート食べ忘れてた・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-12-22 12:40 | 奈良 | Trackback | Comments(14)

カリフラワーとゴルゴンゾーラのグラタン他

b0089578_15464849.jpg
カリフラワーとゴルゴンゾーラのグラタン
かつて私が三大嫌いな食べ物をあげていたもの:和からし、山葵、ブルーチーズ

山葵:デンジャラス最高峰、山葵せんべいも駄目だから辛いからという理由だけじゃないらしい。
和からし:マスタードは辛くなければいける、だがサンドウィッチに入っている和からしは
どんなに薄く入っていても敏感で、食べた途端にサンドウィッチィィィイイイ!状態。

だがバーカロで食べたカリフラワーとゴルゴンゾーラのグラタン
前はゴルゴンゾーラが入ったパスタも駄目だったがこれは旨い。
何度も食べたい!という訳で家でもチャレンジしてみることにする。

カリフラワーって最近スーパーであまり見かけないような、こいつは市場で購入。
本当は生クリームを入れるといいのだが、ケチッて牛乳を少し煮詰めてコンソメin。

カリフラワー、牛乳、ちぎったゴルゴンゾーラ、上から溶けるチーズでオーブン行き。
全て目分量で適当、てきとう主義なので1回目は牛乳の量が多すぎてシャバシャバに。
2回目は成功。カリフラワーは茹でより生の方が歯ごたえがあっていい。
うまいわーゴルゴンゾーラ旨し、山を1つ越えたね。
b0089578_154855100.jpg
ひよこ豆とカリフラワーのカレー風味
グラタン以外にもカリフラワーで料理を何かしようと思って作ったのがこれ。
神戸で買ってきたひよこ豆、クミンシードを使って、
さらにベーコン、玉ねぎ、にんにく、カレー粉、コンソメ素でくつくつ煮る。
インド料理屋でカリフラワーのメニューがあるからカレー味はよく似合う。
ひよこ豆のほっこり感と合わせていい組み合わせだわー
b0089578_15511699.jpg
骨つきチキンカレー
神戸のインド料理店の自家製カレー粉をさっそく使おう!
具は鶏手羽元、玉ねぎ、トマト、ヨーグルト、クミンシード、その他薬味
元のカレー粉がかなりスパイス効いていたので、結構あちら風に出来上がった。
スパイシーで辛くてうまーーい、と自画自賛。
会社でチンしたら臭いがもわもわ、しかも骨持って最後の肉を食べきる女。
臭いは断てませんが、姿は書類の山でガードしています
b0089578_1552177.jpg
手羽元のコーラ煮
ペプシにイッタラマグネットが付いている時期がありましたね。
欲しい!!→全部集める→コーラが余る図。コラー!
一時期、ウォッカで割ったりしていたが、まだある・・のでコーラ煮。
ゆで卵も入れて醤油味で煮た記憶、砂糖の代わりのペプシ。
b0089578_1629955.jpg
チキンラーメン・イタリアン風
賞味期限切れのチキンラーメンがあったので、トマトジュースと湯でスープを作り
溶けるチーズをのせてイタリアン風、C級グルメな休日の昼ご飯。
b0089578_16305394.jpg
カップヌードルごはん
関西限定のカップヌードルごはん、少し前にちら関西してきた時に購入。
普通にコンビニの棚に並べられていたので、お土産にちょうど良いわと
何軒か回って買い占めてきました。
b0089578_16314638.jpg
水を入れて電子レンジでチンして蓋を開くと
出来上がりすぐはやや水分が残っているので、ちょっとリゾット風
食べているうちに吸収されていくのでピラフ風な食感です。
味はカップヌードル味そのまま、カレーのように分かりやすくはないが、
ちゃんと味がついていてなかなかいけます。

関西限定なのでなかなか手に入りにくいのが難ですが
カップヌードルの余ったお汁に生米入れてチンしたら簡易版出来ないかな
とC級グルメ脳は思考中です
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-12-20 19:57 | 料理(独身時代) | Trackback | Comments(16)

金沢(東山):極楽屋(食堂・Cafe)

b0089578_10543571.jpg
10月末、BOWちゃんとのランチは東山にあるカフェ食堂の畑の食堂CAFÉ「極楽屋」
東山内の町屋と民家の間に隠れ家のように佇む無農薬野菜をたっぷり使ったCafe。

場所は観光の中心である東山茶屋街よりも奥、卯辰山寺院群方面だが、
これが迷路のように道が入り組んでおり、しかもかなり狭い。
前に自転車で偶然見つけた極楽屋さんの場所も記憶になく何度も迷う。
車1台分が通れる細い道で奥まった場所にあります、アクセスなどはこちら
b0089578_1123715.jpg
2階ではインドのコンサートや色々イベントも行われているそう。
1階には野菜や雑貨などが販売されている。
akaneチンの「akane.no.ko.」も取り扱っています
b0089578_1183681.jpg
8月中旬~11月中旬まで開催されていた収穫感謝祭ブッフェ。
自家農園産(長野県大鹿村より)を使った野菜中心のメニューが食べ放題。
残念ながら現在はおかずブッフェは終了してしまっている。
b0089578_11151671.jpg
フライドポテト
外の「フライドポテト」の旗に「ご一緒にポテトはいかがですか?」
と言われてる気がしてついつい2人で追加注文。
じっくりと揚げてあるポテト。
フライドポテトってたまに急に激しく食べたくなる時がある。
前に発作に襲われて鍋で揚げて作ったが、待ちきれなくて少し薄揚げだったことが。
b0089578_11191556.jpg
太陽のめぐみランチ
・本日のカレー(ブロッコリーとカボチャのカレー)
・雑穀つぶつぶごはん(玄米)
・自家製パン

・・・・と、自家農園野菜のおかずブッフェ

カレーは優しい味だと思ったら意外にもスパイシーな香りがして美味しい。
歯ごたえのあるご飯と共にいただく。下の焼き飯はBOWちゃん注文。
前日に沢山食べてたのでブッフェは控えめに・・と思いつつ、野菜ばかりだからとやはりお代わりしてしまった!ビーツの煮物やポテサラなどオーガニック野菜がふんだんに。
b0089578_11205978.jpg
セロリ・バナナ・アップルジュース
セロリバナナジュースに林檎を追加してもらって、より爽やかに。

久々に中華やラーメン連続画像じゃないような記事になりましたね。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-12-16 12:35 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(16)

大阪(京橋):まるしん(立ち飲み)→RINCON CATALUNYA (スペインバル)→岡室酒店直売所

b0089578_16111422.jpg
癒しの花鳥園を出る頃にはお日様もかなり西に傾く時刻。
ラストピンポイントは癒しから煩悩発散!大阪は京橋駅に降り立つ。
BOWちゃんが出張で京橋に立ち寄った際、立ち飲みハシゴを経験してハマッたのだとか。
殆どお酒は飲まないBOWちゃんだけど、この溢れる活気と昭和な雰囲気に痺れたのかな。

さっそく立ち飲みストリートを練り歩き、目的のまるしんさんへ。
酒の肴では鮮魚が充実している立ち飲み屋さんだそうです。
しかし、すでに満席なんですけど・・と入り口をうろうろしていたら
お客さんだよ、はい横の人詰めてー!と角っこに無理矢理詰め込み乗車。
b0089578_16122543.jpg
親父率1000%の中に女性2人、しかし中身は親父指数99%。
で、場所が確保できた途端に隣のおじさんが「今日、阪神負けたなーあかんなー!」
と、猛烈な勢いで長靴に話しかけ始めた。
無理矢理会話がとまらんので、いきなりおっさんと隔離される長靴。

浪速パワー炸裂や~と思いながらも、そちらはほっといて
私らはマイペースにおつまみを食べながら反対側のおじさんとまったりお喋り。
お店の親父さんにこの店初めて?と聞かれ、初回限定プレゼントつゆだく豆腐が出てきた。
まぐろブツウマ~運転する心配のない私はサワーをグビッと。
b0089578_16202422.jpg
生レバー、フグ刺し、出し巻き玉子
気さくな親父さんがこの日のお勧めを教えてくれた、生レバーは臭みもなく旨い。
相変わらずおじさんに怒涛の会話を求められている長靴を見かねて、
「こちらは3人で来てるんだから邪魔せんように!」と中村指導されるおじさん。
でも、なんだかんだ言ってお隣同士盛り上がってましたぞ。
b0089578_16222911.jpg
お次は「Blanc(ブラン)」というスペインバルのお店に向かったが満席だったので、
同じ系列でお隣にあるバル、RINCON CATALUNYA(リンコン・カタルーニャ)へ。
ブランはスペイン南部の料理、こちらは北部のカタルーニャ地方の料理を出しているそうだ。
b0089578_1626357.jpg
タコのマリネ、そら豆とイカのなんとか、コロッケ・・と、
ネタ帳に書いてないので何を食べたか忘れているがタパスを色々。
私は自家製サングリアで二次会に乾杯!

と・・和やかに盛り上がっている私たちのテーブルにふっと人影。
いきなり見知らぬおっさんが着席してきた!
????一瞬、目が点。

「あんたら、さっきの店におったなぁーーー!一緒に混ぜてやー!」
えぇぇえええええええええ!???

聞けばさっきの店(まるしん)で同席しており、店の前を通ったら見かけたからだとか。
しかし、いきなりそんなんありかぁーーー!
しかも反対側で離れてて気づかなかったしまったく喋ってないやん

「赤ワインおごるわ!!」とグラスワインを人数分オーダーするおっさん
完全にペースに引き込まれてしまった、浪速のおっさん恐るべし。

しかし、そのまま何事もなかったようにおっさんを受け入れて
会話が盛り上がる私たちも何と言うか。
b0089578_1649174.jpg
フィデウア(パスタのパエリア)
細いショートパスタが入ったパエリアはイカ入り、濃厚でとっても旨い!!
パスタが底に焦げてこびり付いた部分が香ばしく、根こそぎ食べつくしました。

乱入おっさんは自称社長と語っており、適当に会話をすすめるうちに
友人の愛人にコスタリカ人がいるとかなんとか・・・

友人!?おっさんの事ではないのか!!
噂のコスタリカ人の話はシモネターゼな方向に進んでいった←書けない

ひとしきり話すのに満足したのか、ワインを飲み終わった後に出ていったおっさん。
そのマイペースで強引なパワーと赤ワインのせいで自分は酔いが回り始めてきた。
b0089578_1627303.jpg
まだ続くハシゴは立ち飲みストリートの岡室酒店直売所
鮮魚メニューにおでん、肉にサラダにちょっとしたおつまみと種類が豊富で
安いという、いつも満席状態のお店です。
b0089578_1628465.jpg
くじらのさえずり、カマンベールフライ
相変わらず隣のおじさんとしばし盛り上がる私たち、立ち飲みは色んな出会いがあるね。
私たちの言葉を聞いて「四国の人?」
語尾は関西に近いものが一部あるけど、イントネーションは違うから想像しにくいか。
b0089578_16293057.jpg
ごぼうのから揚げ、焼き鳥、何かの貝刺身
気さくなマスターと気さくな常連さんとの会話で楽しい雰囲気でした。
そして、帰りに今回定休日で行けなかった居酒屋とよの前を通り、
「まってろよ、とよ!」と捨て台詞。

帰りの車の中では完璧に酔いが回ってしまいS.A.でも起きることなく爆睡していた。
どうやら日付変更線ぎりぎりに帰宅できたようで、
非常にハードな日帰り旅行は無事に終わったのだった。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-12-13 12:40 | 大阪 | Trackback | Comments(20)

兵庫(ポートアイランド):神戸花鳥園

b0089578_16215388.jpg
ランチのインド料理にはお代わり自由だったが、約女性2人がデザート不足。
神戸のカフェで優雅にティータイムとこぎ付けたいとこだったが、
お代わりタイムが長すぎて時間を消費してしまったので、
ブランジェリー コム・シノワまで移動して走ってパンを買いに行く。
車の中で食べてミッション終了、チーズケーキはレモンが効いていた。
b0089578_16245842.jpg
スケジュール時間指定(その3):神戸花鳥園は閉館17:00なのでそれまでに堪能。
神戸に行きたいのはIKEAともう1つが花鳥園でした。
ポートアイランド南駅すぐにある、花の中で鳥と遊べるテーマパーク。
というか、IKEAもポートアイランド内にあるのでランチを食べて出戻りです。

以前、静岡の掛川花鳥園にも訪れたことがあるが、中の構造は大体似通っており
花鳥園グループが経営している園は現在全国に5つある。
そのうち花鳥園は4つ、島根と富士もいつか行って完全花鳥園制覇を目論んでいる。

中のガラスゾーンは頭上から大輪の球根ベゴニアが垂れ下がっている花の楽園。
フクロウ、ペンギン、インコ、中庭池の水鳥、沢山の種類の鳥がいますが、
目的はやはりオオハシさん、オオハシさんに会いにきました。
b0089578_1626623.jpg
入場すると壁沿いにフクロウやミミズクなどの猛禽類が沢山展示されている。
ミミズクやコノハズクなど目が大きくて可愛い鳥たちもいれば、
メンフクロウは目を閉じている姿がのっぺらぼうの様でトラウマになりそうなほど怖い。
さらに公式ブログによると人に甘える時の鳴き声が「ジェァァァアアア!!」だとか。
無表情な顔をしているので、活字にするとさらに怖いんですけど。
「メンフクロウ」で検索すると「メンフクロウ 怖い」のキーワードが出てきて受ける
画像はメンフクロウだと怖いので違う鳥にしました。
b0089578_16283346.jpg
ガラスハウス前にペンギンや水鳥が飼育されている池がありとても人間に馴れているよう。
ペンギンも大好きなのでしばらく眺めていた後、心のメインのオオニシさんのゾーンへ。
b0089578_16293759.jpg
キターーー!オニオオハシさんのゾーン。
さっそく出会い頭に水道にとまっているオオハシさんを発見。
水が飲みたいらしく蛇口を見ながら何度も頭をかしげている姿が超可愛い。
こんなに近くに生のオオハシさんが・・かわいい、やばい~とアイドルに会った様。
今、蛇口開けてあげるね~とつい普通に語りかけながら近づくと近くの枝に移動してしまった。
b0089578_16303730.jpg
ふれあいゾーンにはお客さんからのおやつを頂こうと待っているオオハシさんが沢山。
1カップ100円のフルーツの入ったカップを持って腕を伸ばすと、
オオニシさんが腕まで飛んできて器用にフルーツを食べるのだ。
爪が皮膚を傷つける恐れがあるので、布の腕カバーを巻いて腕を保護。
前に行った掛川花鳥園では夏だったので半袖状態、
鳥が私の肩から腕まで一気に滑り降りてきて、爪あとで血がにじんでいたものさ。
しかしこの可愛さはすでに犯罪~と背後からオオハシさんににじりよる
↑自分の反応が犯罪くさい
b0089578_1632647.jpg
自分もさっそくオニオオハシさんのおやつ上げに挑戦。
メロンの入ったカップを手に持つと、オオハシさんが腕まで飛んできた。
1粒ごとに蟹の足のようなクチバシを上に向けて食べる仕草がユーモラスラブ。
しかし、食べるオオハシさんとても可愛いのだが、
こちらの顔にクチバシを向けられると突付かれるのではないかという意識が働き
つい顔を反対方向に向けてしまう。←そんなことしないそうだけど
そんな事が何度かあり、後で動画を見せてもらうと磁石の同じ極の反発のよう。
b0089578_16333273.jpg
お客さんの方に降りてこない他のオオハシさんも頭上に沢山います。
掛川花鳥園よりもオオハシさんの数は多い模様。
出口の方で1羽だけオオハシ君が網の中に隔離させられていた。
係りのお姉さんによると、他の鳥を苛めてしまうのでとのこと。
中からキャーンという鳴き声、これまた想像していなかった意外な声。
そんな説明をしてくれた係のお姉さんも可愛らしい女性だった、大橋さんだろうか。
b0089578_1635022.jpg
オウム・インココーナーは普通に可愛いですね。
これは団体おしくらまんじゅうなコガネメキシコインコ
b0089578_16381973.jpg
おやつのカップ回収箱の前では回収番長が陣取ってました。
b0089578_1640084.jpg
ガラスハウスの大きな中庭にあるのは中庭池と呼ばれている広大な池。
様々な種類の鳥が放し飼いにされており、白鳥、孔雀、鴨、雉、と数え切れません。
b0089578_1640554.jpg
細く長い足でチョコチョコ歩くクロエリセイタカシギはBOWちゃんのお気に入りだった。
b0089578_16444999.jpg
全部見終わったというのにオオハシソーンにリターン。
こちらはヒムネオオハシだったかな?
オニオオハシの数が多いので少し遠慮した感があったよう、種の掟か。
b0089578_1654176.jpg
こんなに至近距離まで近づいても逃げないオニオオハシさんのドアップ。
触るといやがるので触りたいけど触れない萌えのジレンマ。
大人しくて愛らしいオオハシさんにとっても癒されて、インド料理も消化しました。

すでに時刻は夕方、次は癒しの時間からガラッと変わります。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-12-09 01:18 | 兵庫(神戸) | Trackback | Comments(26)

兵庫(三ノ宮):クスム本場家庭料理(インド料理)

b0089578_165427100.jpg
「ちょっと日帰り旅行まで行ってきます」
金沢から少し遊べる余裕のある日帰りドライブの限界は何処までだろう?
BOWちゃん、長靴、私の3人、ピンポイント活動で神戸に行ってきました。

1日の始まり深夜0時から自然に瞼が下がる深夜24時までだと楽しめる時間も長いが
体力が限界突破の壁をブチ破れないと踏んだ年齢熟カレーな団体は朝5時出発。
S.A.で大きな焼きカマよっちゃん銀行「100000000 YEN」と一緒に写真を撮り、
通りかかった子供に「なんやこれー?」と早朝から指刺されながら一路神戸へ。

スケジュール時間指定(その1):神戸IKEAで9時30分に朝食。
IKEA朝食が目当てではなく、早い時間にIKEAを回りたい為、ここで朝食。
スウェーデン近海で捕れたスモークサーモンは脂がのっててなかなかいい。
しかし、99円モーニングプレートのソーセージが今一つ。
ん~不味いもう1本!というわけにはいかなかったが「でも99円だから!」で全て解決。
b0089578_1656227.jpg
スケジュール時間指定(その2):ランチは13:30にクスム本場家庭料理
思わずクスム伊達?と聞き返しそうなその店は、BOWちゃんお勧めのベジタリアンのインド料理屋さん。
インドの家庭料理、日本語が通じない、メニューは1つだけ、笑顔はゼロ、
お皿が空になるともういいと言われるまで勝手に継ぎ足される
など、かなりディープな口コミで賑わっているらしいお店。

渋滞上等の三ノ宮の道、予約した時間に行かなければ!と焦る。
神戸ハンター坂を登っていくと、割と最近出来たらしい「クスム本場家庭料理」の看板。
看板が立ってないと分からないごく普通マンションの3階に店はある。
b0089578_16572518.jpg
看板に従いエレベーターを上がると、ここだよ!と言わんばかりの半開きのドア。
お隣のドアの飾りはインドの方の住宅スペースでしょうか。
b0089578_16581248.jpg
店内に入るとテーブル・椅子・絵が飾られ、マンションの1室は簡易インドレストラン。
しかし、ベランダに目を向けると鍋が山積みだったりして家庭臭がちょっとツボ。

サリーを身につけた日本人スタッフがメニューは1つしかないことや、
お皿が空になったら気軽にお代わりの声をかけて下さいと伝えてくれる。
日本語が通じずを期待していたのでちょっと残念←ディープチャレンジャーなので
b0089578_16585220.jpg
ランチセット(¥980)
・マンゴジュース
・サラダ
・サモサ 
・カレー2種・スープ 
・チャパティ&ライス 
・マサラチャイ

まず出てきたのは某カシミールで最初に出されるような甘い濃厚マンゴージュース、とサラダ。
サラダにパラッとかかっていたのはサラダ用ミックススパイスのチャットマサラ。

食卓の味塩を同じ感覚でサラダにかけるスパイスで、家庭によってミックス分量など違ってくると思うが、パッケージ販売されているものには、食塩・マンゴー・クミン・メロン・胡椒・ざくろ・コリアンダー・ミント・しょうが・ナツメグ・チリ・キャラウェイ・レースフラワー・クローブ・アサフェティダ・・とあらゆるスパイス&フルーツが配合されている。

わずかな酸味とスパイシーな塩の味付けがかなり気に入りました。
ゆでたじゃが芋なんかにかけても美味しそう。
b0089578_16594957.jpg
次に出てきたのはベジタブルサモサ、揚げたてサクサク中ほこほこ。
2個付いてるので充分だが、これもお代わり出来るらしい。
メインはお盆にのせられてきた2種のカレー&スープ。
右からスープは細かく砕いた豆が入ったあっさりした味
中央はじゃが芋とひよこ豆のカレーでやや辛い
左はマイルドなインゲンやグリンピース&人参などのミックスベジタブルカレー
後は薄く焼かれたチャパティとインディカ米。

どれもいつも食べに行くインド料理屋さんと比べるとシャバシャバしてあっさり味。
これがインドの家庭の味なのね、全てベジなのでとてもヘルシー。
あっさりしてヘルシーなのでお代わりがいくらでも出来そうな予感。

日本人スタップの方が時々見に来てくれて、お代わりを勧める。
最初は来てくれるのを待っていたけど、アイアンストマックな3人のこと、
「すいませーん、お代わりお願いします」のお代わり連続攻撃で何度も呼ぶ。

後ろの座席ではこの店のオーナーらしき恰幅のいいインド女性が
苦虫を噛み潰したような顔をして手で豆をつかみながら食べていた。
普通の顔だろうけど彫りが深いのと笑顔がないので迫力があるわ。
b0089578_1702853.jpg
お店を出た正面にあるインド食材の店、「INDIANPROVISIONSTORE」
知らなかったら入る勇気が起こらないようなダンジョンの入り口のような扉。
b0089578_1712494.jpg
扉を開けるとそこはスパイスと食材のパラダイスだった。
安い!量が多い!種類が豊富!と吉野家のように三拍子揃ったお店で
日本語堪能なインドのおじさんが対応してくれる。

どれを買おうか迷った中で購入したのはオリジナルスパイスミックスのカレー粉、
クミンシード、チャットマサラ、黒いひよこ豆、普通のひよこ豆など。

まだ色々買いたいものがあったけど予算の都合でこれだけで勘弁しておくわ
カレー粉はもっと買えばよかった、どこでもドアが欲しい。

先のインド料理店の方はかなり雰囲気的にも通っぽくて好みが分かれるところ。
帰りぎわに「美味しかったです」と伝えると、目力120%の視線で笑顔を向けてくれた。
かなり面白くてハマる地帯です←エスニックな香りが階に漂ってるしもう地帯

ベジカレーでヘルシー、だが食べすぎ注意を無視してお腹は満腹。
そして次のピンポイント活動に向かって移動する私たち・・

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-12-06 12:33 | 兵庫 | Trackback | Comments(20)

金沢(松村):サンポン亭(中華)

b0089578_16311089.jpg
比較的早い時間にジムを終えての帰宅途中、時々通る道、
暗闇の中ぼんやり灯りが通るたびに見えて何年も前から気になるサンポン亭
一度、BOW隊長にむらはた二次会に行こう~と誘っていたけど、
暗闇のコの字型の奥まった界隈から発する妖気!?から何となく躊躇されていた。
そんな話題をガレタッソでしていたら、あっさりとだが勇気と根性を見せてくれたnikiさんの記事を読み、餃子巡りの旅の次の日に勢いで行ってしまった。←9月上旬
b0089578_1632049.jpg
カウンターのみのこじんまりした店内は常連さんがぎっしり。
カウンター内ではお母さん1人で忙しく切り盛りしており、
冷蔵庫がカウンター外にあるのもあって常連さんが勝手にビールを出して飲んでいた。
ラーメン:300円
昔の中華そばっぽいシンプルな味だけど値段のことを考えると美味しいし安い。
赤いぐるぐる蒲鉾がまたノスタルチック。
会社で近くに住んでる人がいるのだが、近所の人の間では食堂代わりらしい。
b0089578_16352019.jpg
鶏のから揚げ、餃子、焼飯
ちゃんと味が付いていたから揚げが美味しい、焼き飯は割りとあっさりしていた。
食べてから時間がたってしまっているので、もう一度色んなメニューを試したい。
満席であれこれ注文が飛び交ってる中、お母さん1人で中華鍋を振って頑張っている姿が印象的。

実は学生の時にこの近くの自動車学校に通っていたのだが、
お昼は歩いて毎日てきさすでカレーピラフばかり食べていた。
今年42年目を迎えるサンポン亭はより近くで営業していたはずだが記憶にない。
まだ乙女1人で中華に入る勇気がなかったか(だがカレーはいい)
その時、勇気を持って入っていれば青春の1ページに残っていたはず。

最近の出来事↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-12-03 12:35 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(10)