<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

新潟(長岡):フレンド(イタリアン)→みかづき(イタリアン)→関要肉店(精肉店)

b0089578_16442351.jpg
その土地に根付いている知られざる地域限定食、各県にそれぞれ存在しているだろう。
最近はケンミンSHOWなんかで取り上げられ、急にブームになったりもする。
私たちにとって、サラダパンなんかがそれ。調子にのってTシャツまで買う始末(アホ)

さて新潟は名産が多く、へぎ蕎麦なんかも心惹かれたけど心はB級家族(意味不明)
かなり前から気になっていたy_flugelsさんの新潟遠征のところで何度もみた「イタリアン」
新潟県独自のファーストフード、焼きそばの上にミートソースという代物。

焼きそばもミートソースも大好きなので、自分的にイタリアンは気に入るに違いない。
昔、キッチンユキでベーキライス(焼き飯)にカレーをかけたら(独自トッピング)、
ベーキの味が消されてカレーの味しかしませんでしたが。

ちなみに「長岡・イタリアン」で検索すると、
イタリア料理ではなくB級グルメ「イタリアン」が上に来るのはさすが。
イタリア料理を探している県外の人が間違って行かないか心配・・はしていない。

フレンドは長岡市を中心としたチェーン店、こちらは普通のスーパーの中に入ってます。
b0089578_16455824.jpg
イタリアン
麺はややソフトな感じで、単品で食べるとあっさりとしたソース焼きそば。
ソースは昔なつかしいミートソースな味。
焼きそばとソースをからめるとツルッと食べられ、ちょうど良い濃さになって美味しい。
何故かセットメニューには餃子、これは焼きそばの中華の部分のウエイトが大きいのかしら。
b0089578_16471622.jpg
そしてイタリアンのハシゴ、新潟市を中心に展開するみかづき
長岡では圧倒的にフレンドが多いが、最近出店したらしいみかづきの店舗があったのでそこへ。
皆、マックを食べるような感覚でイタリアンを食べるのね。
いいなぁ~会社の近くにこんなイタリアン焼きそばな店があったら、
しょっちゅうテイクアウトの嵐になってしまいそう。
b0089578_1652963.jpg
イタリアン
麺は太めでもちもちとしており噛み応えがあります、これは好きかも。
ソースの味はフレンドとは違って、トマトソースっぽい感じかな。
基本のイタリアンの他にカレー、ホワイト、トマトツナなど季節のバリエーション多し。

2つを食べ比べてみて、どちらが美味しいと感じるかはその人の好み次第。
昔風のミートソースが大好きだった自分は、ソースはフレンド、麺はみかづきが好みでした。
再び、新潟方面に行って全種類制覇してみたい思いがふつふつと。
b0089578_16574422.jpg
フジロックに行く前に立ち寄った関要肉店に再び。
誰か止めるものはいないのか、ハシゴの嵐、やまあらし(エコバニ)。
揚げたて枝豆コロッケがウマー。
写真にはないけど、グラタンなどもホワイトソースにチーズが濃厚で旨味。
b0089578_16585087.jpg
関要肉店の人に聞いた新鮮な長岡野菜が販売されているJAでお買い物。
その時、地元野菜のアイスを見かけたのでついカッとして食べる。

さて、フジロックのおかげですっかりミューズ脳になった長靴、BGMは当然MUSE。
長岡からの帰路、金沢に向かって順調に向かっていると思っていたのだが、
しばらくして、高速道路の標識を見上げると「新潟西まで何キロ」の文字が!

なんと、また逆方向に爆走していたーー!!
しかも長岡から三条燕の標識まで気づかないとは、2人ともどれだけボケてるのか。

「ごめん、ごめん、今度はどうしようか~」←行く時の逆走でTシャツを買ってもらう
「別にいいよ、そんなの」
といいつつ、夕飯はおごってもらいました。

新潟の旅、オワリ
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-10-29 12:42 | 新潟 | Trackback(1) | Comments(22)

新潟(長岡):青島食堂(ラーメン)

b0089578_15565252.jpg
翌日、お土産&ランチの立ち寄り処はやはり長岡。
長岡に行ったら食べたいものがあったのだが、些か軽めの食べ物なので
とりあえずハシゴすることに決めて、まずは青島食堂(曲新町店)でラーメン。

新潟には特徴的なご当地ラーメンが幾つかあり、代表的な4つを称して、
「新潟4大ラーメン」と呼ぶらしい。
・あっさり極細しょうゆラーメン
・燕三条背脂系極太ラーメン
・ショウガ風味の濃厚しょうゆラーメン
・割りスープみそラーメン

青島食堂は3番の「生姜風味の醤油ラーメン」。
長岡市を中心に新潟中越地方で食べられている。
あっさり系なら昼ハシゴも大丈夫な予感、朝ごはん抜きで開店前から並ぶ(張り切りすぎ)。
行列が付いていたこともあり、開店直後にはほぼ満席状態。
b0089578_15592489.jpg
青島ラーメン
麺は中細のストレート、やや柔らかいけど弾力あり。
スープを飲んでみると、醤油ベースの味に生姜の風味が口の中に広がる。
ほんのりとした程度なのでキツイ感じはせず、あっさりさっぱりとしたいい感じ。
生姜効果で寒い時期は体が温まりそう~美味しかったです。
b0089578_16151330.jpg
帰りは雪だるま式に増えていくお土産行進、洋菓子はガトウ専科(本店)
去年は「ラ・フランス」以外の洋梨を初めてむらはたで食べた、種類は「ル・レクチエ」。
大半は新潟県で生産され、中でも新潟市南区では特産物に認定されている。
ここでは、ル・レクチエの果肉入りゼリーを購入。
本店前に車を横づけした状態でささっと買ってきたので、はよせんか、ガトウ専科だったわ。
b0089578_16232890.jpg
そのガトウ専科で「笹団子売ってるところないですか?」と教えてもらったのが江口だんご
↑地元民に聞け
よもぎが混ざった生地の中に北海道小豆の粒餡が入っていて笹で巻いてある。
親の好物なので、これをお土産に持って帰れば文句は言うまい。
いつも新潟から送ってくる笹団子(別の店)はプレーンの他に桜餅や栗入りなどもあったり。
b0089578_16273368.jpg
そして新潟は米処、越後といえばお煎餅。
というわけで越後の菓子処「あられ・おかきの専門店」瑞花
b0089578_16314018.jpg
ここ最近、お土産で幾つも頂いているうちにハマってしまった「うす揚げ」
うすい生地をからっと揚げた煎餅で、口の中でサクッパリッ食べやすい。
種類も豊富で、青のり、柚子こしょう、チーズ、チリ味、海老、塩味、大学いも味(期間限定)。
自分が一番美味しいと思える好みは基本の塩味な気がするけど、皆さんの好みは~?

このお煎餅、値段が手ごろなのでお土産にわんさか買う、そして頼まれた分を買う
・・な結果、とんでもなく車の中でかさばりました、プッ

まだランチは終了してません・・つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-10-27 01:11 | 新潟 | Trackback | Comments(10)

フジロックフェスティバル10(その3)→(湯沢):菜具も(居酒屋)

b0089578_1547055.jpg
さて最終ライブ、MUSEでは思い出し暴走文になるのは予想できるとして、
怒涛の雨からグリーンステージのKEN YOKOYAMAに戻ってくると、
シートは泥だらけ&水たまりで座ることできず、携帯用椅子1コを交代で休憩。

そしてそろそろラストのトイレ休憩、何のために水分摂取少な目にしたのか、
これからモッシュピットに向かったら最後終わるまで帰れない戻れない、って演歌のよう。
長靴はベースキャンプでゆっくり見るとのことで、1人モッシュピットに向かう。
b0089578_15502998.jpg
Them Crooked Vultures(ゼム・クルックド・ヴァルチャーズ)
次のライブの場所確保のために早めに金網内モッシュピット入り~。
しかし、すでに後ろの方まで満杯状態で、背の高い男性が前にいるだけで
メトロノームのように隙間をフリフリしなきゃいけないのがつらい!!

こちらも某レンタルショップになかったので予習出来ず(youtube見る時間がなかった)、
フーファイターズもあまり興味ないのでメンバー名もその場で知ったくらいだったが、
自然に流れるままロックを聴いていてなかなか楽しかった。
ドラムの人がガットゥーゾみたいで迫力があったわ。
この間、ずっと雨は小降り、時に激しくを行ったりきたり・・MUSEの時も雨かなぁの不安。
b0089578_1552695.jpg
Them Crooked Vulturesが終わって人の入れ替わりと共に人類の大移動。
なんと今まで降り続いていた雨もMUSEのライブ前にはすっきり上がっていた。
私はマシューの定位置を目指して、やや左側の前らへんに移動。

だいたい前から10番目くらい!?人と人は触れない程度の隙間があるから
これくらいで大丈夫だろうか・・・周りには結構小柄な女子も多め。

が、出演時間を過ぎてそろそろ登場か!?と会場の雰囲気がうぉっ!
と盛り上がるたびにどんどん後ろからの圧迫感が強くなってきて、
気がつけばぎゅうぎゅうではないものの、前と後ろとの距離感ゼロ!ぴったりこ。
・・・・大不安。

照明が暗くなってメンバー登場してExogenesis : Symphony Part 1が
流れだすと一気に後ろの人たちが前に殺到。
ぐわーー苦しい、すでに密着感ありありの動けない状態に。
学習しているつもりが、毎回こんなこと繰り返しているような気がする。

限りなく隙間~から見えたメンバーは、マシューがド派手なピンク?のジャケットに
きらきら光る電光眼鏡・・なんだか今まで見た中で一番派手なような。
晴れの舞台だからなのか?お母さんは嬉しいよ。
ドミニクは上から下まですっぽりと銀色のスーツに包まれた、「もじもじ君」のような出で立ち。
(実は虫除けだったらしいが)そしてクリスはいつも通り普通(笑)

そしてデンデデンデデン・・のUprisingが始まると興奮大で更に前にぎゅぎゅーーっ!
縦ノリは我慢できるけど、横へのウェーヴには対処するだけで精一杯。
全然前の人に押しつぶされメンバーは見えなくなるわ、曲を聴いている余裕がなくなってきた。
不安、大的中。

密着した左右に人の流れが移動するので、足元がおぼつかない状態で倒れないように必死。
もし、ここで倒れたら群衆にふんずけられて圧死かもー!
それはなんとしても回避すべき、と前の男性のリュックにしがみついて防ぐ。
斜め前に男性の肩に必死に手をかけてしがみつく。
斜め前の男性は私のアイアンクローをバシッと跳ね除けるのだが、
こちらも必死なので「すまん放すと死ぬし」な思いで、何度も肩掛けアイアンクロー。

そんな状態の女性は私だけではなく、左斜め前の小柄な女性も同じで
必死に倒れないように踏ん張っていたように思う。
はっきりいってこのまま全曲耐えれる気力がないので、曲が終わったら後ろに下がる決意。
(後で知ったがさらに前列で失神して運ばれた女性がいたらしい)

Uprising終了の後、この密着状態で後ろに抜けるのも大変だったが、
何とか1人の空間が余裕で保てる場所まで脱出。
すると右隣には、私の左斜め前にいた女性が!
「あれ~私の前にいたよね?」
「うん、必死で抜けるのを一緒に付いてきた」
お互い顔を合わせて笑って、曲の合間にちょこっと話をしたりして最後まで一緒に見てました。

ようやくステージ上のメンバーの姿を見える位置で、曲が聴ける余裕が出てきて、
Supermassive Blackhole 、Map Of The Problematiqueと続き、
特徴的な始まりのNew Born ~Hysteriaとハードな曲で一気に大盛り上がり。
真っ暗な山の中に緑のレーザーが飛び交って綺麗だった。

ユナイテットステー♪とピアノを弾きながら歌い上げるUnited States Of Eurasisの後、
再びマシューが電飾ギターを持ってUndisclosed Desiresへ。
この曲の途中で「Trust me」、「Please me」と力を込めて歌う箇所があるのだが、
その部分にくるたびにマイクから顔を横に瞬間、激しくのけぞらす。
あまりにのけぞる角度が激しいので、ネタか!!!と心の中で突っ込んでしまうほど。
そこに気をつけて映像を見ると、多分笑ってしまいます。

真面目そうなバンドなのに全部が真剣に大げさにやってくれるので笑わせるわ。
非ファッショナブルなバンドと言われているのが分かる(褒め言葉)

好きな曲、Time Is Running Outの後、爽やか系なStarlight。
パン、パパン、パン、パパパの1・2、1・3リズムの合いの手が会場に響く。
決して、「パパンがパン」のクックロビン音頭ではない。←パタリロ

その頃、後ろの長靴エリアでは、外人団体がビールを片手に手を振り回しながら
チューの嵐のオンパレードでうるさいくらいだったらしい。
最後のハード系のStockholm Syndromeは大好きな曲でめちゃめちゃ盛り上がった!
この曲を最後に3人はステージから去る。

そしてアンコールはでたぁー!のPlug In Baby。
と同時に鬼太郎の目玉親父みたいなバルーンが横から次々と流れてきて、
皆でバレーボール状態。全員がサビを合唱していて感動したわ~。
最後の曲の終わりにスモークが立ち込めて、メンバーの姿が見えなくなって終了。
すごい壮大にトリらしくマトモに終わったわ~前回はギターを壊していただけに・・・。

後ろで待っていた長靴の場所まで戻ると、野外ロックフェス初体験だった彼は
音の迫力にすごく感動していたようで、ちっと涙でたとか。
MUSEはCDよりもライブの方が絶対良いバンド。

【SET LIST】
1. Exogenesis : Symphony Part 1
2. Uprising
3. Supermassive Black Hole
4. Map Of The Problematique
5. New Born
6. Interlude
7. Hysteria
8. United States Of Eurasis
9. Undisclosed Desires
10. Resistance
11. Time Is Running Out
12. Starlight
13. Stockholm Syndrome

(encore)
1. Plug In Baby
2. Knights Of Cydonia
b0089578_16162297.jpg
駐車場までの民族の大移動の途中で買ったホルモン。
全てがよれよれの状態なので写真にもブレが・・・腹ペこのお腹にシロが吸い込まれていく。

このライブで得たもの:好きなものならつぶれない精神力、音楽への感動

このライブで無くしたもの:
akaneチン作のトリコロールきのこのストラップ
・21美で購入した横尾忠則の「魔除猫フィギュアストラップ」

どちらもライブ中に吹っ飛んでいったみたいです・・・
きのこストラップは前回のアートザマーケットで可愛らしくて一番に買った品だったし、
横尾忠則展の弥勒猫はキモかわいくて気に入っていたのに残念。

↓真夜中の晩ごはん
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-10-23 18:36 | 新潟 | Trackback | Comments(18)

フジロックフェスティバル10(その2)

b0089578_16114540.jpg
無事にお腹を満たしてベースキャンプに戻ると、
グリーンステージ3組目に登場していたのはのはTHE CRIBS。
イギリスのインディーっぽいロックサウンドが特徴。
実はこのバンドよく把握してなかったので、ジョニー・マーが加入してたんだって後から知った!

スミスはそこまで聴いてなかったけど、バーナード・サムナーとのお仕事、
ELECTRONICのアルバムは3枚とも持っている(New Order好き)ので、
生ジョニー・マー確認しとけばよかった~。
じゃあ、「ハジメテノフジロックデス」はジョニーと一緒という意味?
「ミンナデ・ウタウ・クダサイ」という慣れない日本語のMCも可愛らしかった。
b0089578_1614970.jpg
THE CRIBSの途中だったが、 アーティストグッズ売場(GREEN)へ。
ここで約束していたMUSEのTシャツをゲット!サイズはキッズL。
アメリカーンサイズなので、キッズLで上等でした。

3年前にここで購入したキュアーのTシャツはレディースXS、
ウエストラインがややシェイプしており、今着ると圧迫感ありすぎできっつ。←太った
さらにその時、着れるだろうとフジロゴTシャツ「Sサイズ」を購入したら、
家で試着するとボンレスハム状態・・・それが3年前なので現在はもっと無理。←売りました
b0089578_16163879.jpg
ホワイトステージに行く途中の光景、皆で川遊び。
天気自体はここまで降ったりやんだりだったけど、気温は高いから気持ちよいだろうな~。
3日間いられるなら気持ちにも余裕があるので川遊びしてみたい。
テクテク森の中を歩いて着いたホワイトステージはライブ終了後・・。
トイレ(これも長い行列)をすませてまた戻ることになる。
b0089578_1619353.jpg
自然の中を散策できる木道「ボードウォーク」。
ちょうど人気が少なかったので慌てることなくマイナスイオンを吸い込みながら。
b0089578_16242364.jpg
MUTEMATH (ミュートマス )米ニューオーリンズ出身の4人組。
以前のサマソニ出演ライブを衛星放送で見ていたけど、生ライブはお初。
確か、サマソニではボーカルがキーボードの上をでんぐり返ししまくるという
とんでもない無駄パワー炸裂ライブだったような記憶~と思ってたら、
またもや、逆立ちといい大暴れなライブが相当おかしい。
相変わらずボーカルのポールがセクシーだが、それがふっとぶほどパフォーマンスがヘビー。
でも、ちゃんとCDでは聴いていません、近く○UTAYAに置いてないし、頼むよ!
b0089578_16252125.jpg
ちょっとトイレに行ってくる・・と言い残し、お土産は「越後もち豚」
もちっとした噛みごたえのある豚肉串の屋台はいつも盛況。
ついでにHMVで抽選してタオルをゲットしようと思ってたが、
ほぼハズレなしで周りの人たちがタオルを持っていたにもかかわらず、
私はエゲレス国旗のシールタトゥー・・
「これってハズレですよね?」「いや、当たりですよ」とか会話を交わしながら
手の甲にシールを貼ってもらった。タオルが欲しかったからやっぱりハズレだ~
b0089578_16391294.jpg
小雨がパラついてきたので、屋根があるRED MARQUEE に移動。
すでにBROKEN BELLSのライブが行われていたが、満員御礼で前に行く隙間もなし。
そのうち雨が激しくなって横の柱から滝のように流れてくる水。
どんどん雨宿りのために人が集まってきてあまり曲を聴く余裕がなかったな~。
外人の団体に囲まれていたので、ちびっこの自分は何も見えないってのもあったが。
b0089578_16406100.jpg
ライブ後もとんでもないどしゃぶりの襲われる、雨がラングドシャー!
今こそ問われることとなるポンチョと長靴の必要性。
何も用意していなかった外人さんはゴミ袋を頭からかぶり緊急カッパ。
こうなったら夕飯のご飯でもお腹に入れておくしかないですね。
b0089578_16411323.jpg
ジャスミン・タイ
東京は六本木と四谷に店舗があるタイレストラン。
買うのは普通のタイラーメン。辛いトッピングもテーブルに揃っていたが、
現地のお兄ちゃんが「一番美味しい配合にしてあるから入れなくていい」
と、入れなくてよし!のお墨付きをもらったのでそのままで。
b0089578_1642685.jpg
タイ風ラーメン(バミーナームムゥデン)
雨が凌げる木陰で食べてるつもりだが、雨粒がボタボタ入った状態に。
優しく微妙にエスニックな味と大好きなパクチーの香りに癒されました。
これ以上、今以上(玉置風?)トッピングは入りません。<雨だけ
頭から雨をかぶり、雨入りラーメンを食べて足元もぐしゃぐしゃ。
でも、そんなものと思えば大したことではありませんでした。←柔軟性あり&食欲は勝つ

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-10-20 12:25 | 新潟 | Trackback | Comments(6)

フジロックフェスティバル10(その1)

b0089578_1685215.jpg
フジロックフェスティバル会場が開催される越後湯沢の苗場スキー場。
ここに向かうまでの間の高速道路は、雨が降ったりやんだり時折強く。
さらに湯沢駅→苗場(車で約30分)までの間に山の天気は女性の心のごとく豪雨地帯。

で、苗場に着くと、あれだけ激しかった雨もやみ少し青空も。
ここにいる女性全員が「私は晴れ女ね」、と思ったとか、思わないとか、適当に書いてるとか。
しかし、相変わらず空の具合はどんよりこ。

もちろん雨を想定して、長靴履いてBOWちゃんからポンチョを借りてきた。
ポンチョならどしゃぶりでも自信が持てます(アクロン風)
b0089578_16121653.jpg
さっそく、チケットをリストバンドに交換する列に並んだのだが、
苗プリ前画像↑を見てもわかるようにとんでもないネバーエンディング蛇行行列。
前よりも随分待たされているような、天気と到着時間と人の流れの微妙な関係。

1時間か越えるくらいは待ったのじゃないだろうか、
遥か彼方から聴こえてくるライブの音をBGMにずっとヒューマンウォッチング。
グリーンステージはすでにスーパーフライは終わっちゃって、Ashに変わった模様。

というか、すでに12時を回ってお昼ご飯の時間じゃない!?
朝はコロッケ実質的に1個しか食べてないから、お腹が減ったわ。←ライブ二の次か
ゲートに入る前の屋台、ピザ、ホルモン、サワーの文字を目を伏せてみないようにしなければ。
b0089578_16142683.jpg
ここがフェスティバル入り口、入場ゲート。
とりあえずここで記念写真を撮るのは皆の定番。
b0089578_16222143.jpg
前回1人で来た時は、1人であっちこっちと適当に回っていたのだが、
長靴はのんびり座りながら楽しみたいというので、ちょっと小高い位置にベースキャンプを張る。
私だけ非常に見たいものは、1人でモッシュピットに突入という、ドックラン状態。

ちょうどグリーンステージでのライブはAsh。
結構昔からいて日本によく来ている印象があるわ~。
ストレートなギターサウンドが持ち味な北アイルランドのバンド。
もうちょっと見ていたい気もするけど、お腹のリクエストにお答えするために飲食店エリアへ。
b0089578_16244120.jpg
フェスティバル最大の飲食店エリア、オアシス。
苗場採れたての山の幸を使った「苗場食堂」、世界の様々な料理の「ワールドレストラン」
越後もちぶた串、カクテル・ビールなどの屋台とケータリングカーが集まった観客ホスピタリティエリア。
すでにライブのことは頭にはなく、何を食べようかと迷うのみ。
小さなエリアの方が選びやすいので、「ワールドレストラン」方向へ移動。
b0089578_16273176.jpg
エチオピア料理(クイーンシーバ)
ワールドレストランには他にもハワイ・スペイン・イギリス・フランスの定番屋台が立ち並ぶ。
エチオピア料理のイメージが湧かないな・・ロバくらいしか。
↑ドンキーではなくマラソン選手の。  カレーがメイン料理らしい
b0089578_16353496.jpg
スペイン料理(EL GOBLIN)
前回食べたのはここの巨大鍋で作ったパエリアとサングリア。
ご飯全体に味がついているので、計算しないでカレーを食べていてご飯が余った!
という白米VSルーの法則も必要ないので楽というか、美味しい。
かなりの行列で人気でした。
b0089578_16381546.jpg
ジャマイカ料理(Jamaica one stop)
ここはそういえばあまりチェックしてなかったから興味あり。
ジャマイカ人の売り子の人に声かけられたら迫力で思わずハイと言ってしまいそう。
b0089578_16395597.jpg
サモサとポテトフライ
立ち上がりはエチオピア料理から、そしてドリンクはパッとサングリア。
揚げたサモサの中身はカレー味でした。
b0089578_16413325.jpg
ジャマイカ料理の定番、ジャークチキン&ライス。
ジャークチキンはハーブの味と香りがかなりスパイシーで強烈。
色んなハーブがMIXされているようで味も濃く、これはご飯がすすむ。
b0089578_16433436.jpg
さらにオアシスのメイン屋台のトルコ料理屋さんで、シシケバブを購入。
こちらは牛肉っぽい、普通に大きくてシンプルな味付けの牛串。
越後もち豚串も気になるが、気になったら長靴残して三千里になりそうなのでここは我慢。

しばらく食べるのに夢中で、またもやライブはどうした!?状態に陥ってますな~

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-10-15 12:44 | 新潟 | Trackback | Comments(6)

新潟(長岡):関要肉店(精肉店)

b0089578_11395145.jpg
朝目覚めた後、とっとと越後湯沢方面に向かわなければいけない。
コンビニでおにぎり買って車内で~はなく、私のリクエストは関要肉店
「皆さん、朝からお肉、召し上がりますでしょ」と叶姉妹のように言い放ってもいいのだが、
セレブステーキではなく、コロッケなどちょっとしたお惣菜希望で。

色々ネットを調べているうちにたどり着いたのですが、
地元では有名なお店でテレビ等のメディアにも多数取り上げられているみたいです。
お店の前の道路は車の通りが結構激しいので、駐車場に必ず停めるのがベスト。
b0089578_11472163.jpg
早朝なのでケースにはまだお肉類しか並んでないですが、
コロッケ、メンチカツ、モツ煮やサラダ等のお惣菜が豊富にあるそう。
店員さんが何人もいて作業に取り掛かっていていました。
家で揚げる直前の状態で販売されていますが、
すぐ食べるためにコロッケはその場で揚げてもらいました。
それにしても、ラム肉、越後もち豚、各種ロースとか・・目の前でバーベキューがしたくなる。
b0089578_11493853.jpg
村上牛コロッケ
普通のコロッケでもよかったが、せっかくなので村上牛のコロッケ。
揚げたてなので持つだけで熱い、かじると口の端が熱い、口の中も熱いーー。
コロコロと刻まれた肉が結構大きめで食べ応えがあって旨い。
b0089578_11533788.jpg
メンチカツ
衣がカリッとしていて見るからに美味しそうだが、歯でかみ締めるのが熱いわ、怖いわ。
噛むとジューシーな肉汁がこぼれてきます、大きめな玉ねぎ片もまとめて熱ウマー。

ここのご主人がお肉の色んな説明をしてくれたり、とっても気さくで親切な方。
少なからず金沢に縁がある話もして、帰りにまた立ち寄ることを約束。

朝ごはんのコロッケを食べ終えたところで、湯沢へと車を向かわせる。
長岡I.C.からしばらく走っていると、「大積PA」の文字が・・
あれ・・?
なんと金沢方面に逆戻りしていた!

次の西山I.C.で一旦降り、引き返して東京方面へ軌道修正。
これは結構時間ロスしたな~。

「あーごめん、間違えたわ。何か好きな物買ってあげんなんかなぁ~?」

何っ!!他人の親父ギャグは無視しても、聞き逃してはいけないその一言。

そしてオフィシャルショップでMUSEのTシャツを買ってもらうように約束したのだった。
ニヤリ

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-10-13 11:55 | 新潟 | Trackback | Comments(14)

新潟(長岡):かちんこ(居酒屋)→青龍庵(居酒屋・うどん)

b0089578_11155161.jpg
長岡の夜ハシゴ車3軒目。
今回の旅の店は全て私が色々ネット等で調べたお店、選択権は我にあり!
大抵、初めての土地だと、地元の知り合いでもいない限りネットに頼るしかない。

昔だと雑誌やグルメ情報HP、今だとblogなどで地元の情報を仕入れていく。
しかし、長岡の駅前・・和食屋さん多すぎて候補が多いな~と迷っていたところ、
何だか気になるお店を見つけた、それがかちんこ
このお店はどうも臭う、臭うわ!と居酒屋本能のアンテナが立ちまくり。

このカテゴリー別に分けていないメニューのシャッフル感。
しかもメニューはあちこちに張りまくられているのでかなりの数。
ドンキホーテみたくあちこち探しまくってしまうわ・・・だが、それがいい!←雰囲気的に
お値段も明朗会計リーズナボー。
b0089578_11204077.jpg
馬刺し
久々食べる馬刺し、脂がのっていて旨い。
ここのお店も日本酒の種類が豊富・・ですが私は焼酎を頂きました。

店名の由来は、映画で使用する道具 蝶番式の拍子木に小さな黒板をつけた「かちんこ」。
マスターは元俳優さんだったそうです。
b0089578_11264149.jpg
ネバネバ袋パート2、皮はぎ(肝つき)、イワシ、生秋刀魚
謎なメニュー、ネバネバ袋パート2の中身はネギととろろいもが入ってる。
ちなみにパート1は納豆とネギ。
お刺身はどちらも新鮮で美味しいです~肝がうっまい。
b0089578_1135733.jpg
小上がりの壁に貼られていた「悶絶くらげ」のポスター。
一応、自主規制をかけときました!乙女ブログなので←誰も信じてない
さらにポスターの周りにもメニューの嵐、シークレットポテトとはなんぞ?

実はこの店のマスターがこの「悶絶くらげ」に出演しています。
店の別の壁にそのワンシーンの写真があったけど、これがすごい・・すごくて載せられない(爆)

そして長靴が当時の出演エピソードに始まって、話を進めるうちにどんどん下ネター方向に。
マスターとのシーモネーターなディープ会話がフリーフォールのように急降下!
とても書けない内容ばかり~詳しい内容は本人に聞いてもらうしか。←私に聞くなよ

沢山のメニューの中から少ししか食べられませんでしたが、美味しかった。
マスターもママも気さくで話しやすく、また長岡に来たら訪れたいし、
近所にあったら絶対に通ってしまいそうなお店です。
b0089578_11363492.jpg
最後の〆に考えていたのは麺もの、居酒屋・うどんの青龍庵
2軒目の串屋さん、3軒目のかちんこからも通りを挟んだだけで近い場所にあります。

居酒屋さんだけど、表にはかすうどんを始めとして、カレーうどん、えび天うどん、
ぶっかけ、山ぶっかけ、肉うどん、激辛うどん、山芋うどん、
と1品料理よりもうどんメニューの方が多いかな。
b0089578_11422760.jpg
シロコロホルモン
深夜も過ぎているからか、酔っ払い度が増してるせいなのか、隣の客がかなり変。
客3人(男2、女1)のうち、女性はうわーーっと号泣、男性1人は呆然顔、
もう1人は酔っ払って倒れこみ、私たちの席まで体が無断侵入。

さらにむくっと起きたかと思ったら、長靴のクロックスを履いてトイレに行ってしまった。
おいおいおいおい!

そして私といえば、シロコロホルモンうま・・・・・とつぶやいて
ホルモンを食べながら箸を握ったままの状態で寝ていた。

○○ちゃん!と起こされると、うーん・・と目を覚まし、
ホルモンを口に入れてうまー・・・と言った後、またこっくりの繰り返し。

何だかこの光景どこかでみたことがあるぞ
その後、しばらく寝ていたそうだが、ガンとして箸は離さなかったとか。
b0089578_11554437.jpg
かすうどん
○○ちゃん、うどんきたよ!と言われるとムクリと起きて写真を撮るブロガーの性。
ここでも1口食べては寝るの繰り返しで、汁が頭につくかと思ったわ!
と後で言われたものの、しっかり味は覚えてました。

居酒屋のうどんとあなどるなかれ~麺は讃岐うどんなので結構コシがあり
大阪から取り寄せた「かす:乾燥した牛の小腸」は、
何か乾いた油揚げが肉の味がする?という感じで、噛むと旨味がじんわり伝わってくる。
うどんの汁と混ざってなんとも不思議な旨味。美味しいです!でした!

長岡の夜オワリ→フジロックへとつづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-10-08 12:40 | 新潟 | Trackback | Comments(16)

新潟(長岡):魚仙(割烹)→せん(串・焼き鳥)

b0089578_16425762.jpg
もう10月ですが、記事はようやく7月末のフジロックに向かう旅。
フジロックは3年前に1人雑魚寝ツアーでTHE CUREを観にいって以来(カテゴリー:新潟参照)。
今回も色々な事情で滞在期間は1日だけだったけど行ってきました。

今年はMUSEが出演するから、それを目当てに1人で行こうかな~画策していたが、
やたら車のBGMにしたり、CDを貸したりと正攻法の堀攻めしているうちに
じょじょにマインドコントロールされMUSE脳になった長靴がフジロック行きたいと。

始めは丑三つ時頃に出発して、最初のライブ時間に間に合うようにだったが、
それだと真夜中まで寝れない→寝不足でモッシュピットの中で死亡!になりかねない。
若者ではないので、夕方出発→長岡泊→苗場という計画にすることにした。

夕方に金沢出発で長岡に向かう途中のこと、S.A.で食べたコシリカリソフト。
お米味のソフトと勝手に思い込み、微妙な香りに自分の舌が試されるのか!
と美味しんぼを彷彿とさせたが、バニラソフトに米粒が投入されている、
米の堅さを味わうバニラソフトだった。(よく見たら・バニラ・コメ粒入りと確認不足)
b0089578_16481496.jpg
かなり遅い時間の長岡着、すでにお腹は加賀太鼓状態、ドンドン。
そして、お空の具合はものすごいどしゃぶり・・・明日が不安だわ~。

初めての長岡、まず気が付いたことは駅周辺の歩道には屋根が備え付けられているので、
雨が降っても快適な歩行空間。金沢と比べると積雪量の違いはかなりあるでしょう。

1軒目はやはりお魚が食べたい!と宿近くの割烹魚仙
店内は年季の入った落ち着いた佇まい、太田和彦のニッポン居酒屋紀行にも紹介されたお店。
大正時代から続いているそうで、今のご主人は三代目。
新潟は酒処とあって地酒だけでも50種類以上あります。
b0089578_1649049.jpg
この店でキング・オブ・なめろうと名づけられているブリのなめろう
さっぱりした味が好みの人は鯵や鰯の方が美味しく感じられるかもしれない。
私はブリ大好きなので、この濃厚さがタマランチ会長。
b0089578_16495658.jpg
お刺身盛り合わせ、さごしの焙り焼き、サトイモのキノコよせ、特選油あげ
お刺身盛り合わせ(花鯛、こち、しまあじ、バイ貝)、鯛は身が柔らかいので湯引きされている。
体長50cm以下のサワラをサゴシといいます。
油あげはとある若い職人のお店から仕入れていて、まきで焚いた火で揚げているそう。
とっても薄くて軽くて美味しかった!!
b0089578_16504472.jpg
珍味盛りあわせ
自家製イカの塩辛→にしん?→ホースラディッシュの梅和え
ふぐの皮→鮭の鼻→はなまたたび
かつおのはらわた→山桜→ヒラメのからすみ

日本酒好きな人ならこれだけで延々と長居してしまう盛り合わせ。
私は日本酒は飲まないので(苦い過去が?)、乙女酒&焼酎でちびちびと。

ここのお店では藻塩と呼ばれる古代塩を使用しているとのこと。
藻塩(もしお)とは、かつて玉藻と呼ばれていたホンダワラなどの海藻から作った塩のこと。
もしお~私が~家を~♪もしお~ピアノが~♪とネタ歌が止まらなくなった。
b0089578_16522380.jpg
長岡茄子の天ぷら
巾着なす(丸なす)は、大型の丸い形で果肉が堅く煮崩れしにくい長岡の伝統野菜。
ふかして生姜、芥子あるいはゴマをふって醤油で食べるふかしナスという郷土料理があるとか。
煮付けや味噌炒めもあるが、天ぷらが美味しいとのことでこちらを注文。
ほこほこっとして、味はとうもろこしのような爽やかな味で旨い。
b0089578_16532767.jpg
お腹が膨らむ前に店を出て恒例のハシゴ車まわす旅、
目当てだったお店が閉店時間になっていたので、近くの串屋さんせん
b0089578_16571292.jpg
つくね、砂肝、ハツ
カウンターとテーブルが少々あるこじんまりしたお店。
カウンター上に串焼きが冷めないように七輪が置いてありました。
b0089578_1721494.jpg
手羽先のから揚げ
二軒目でちょこっと寄った程度だったので、これだけしか食べませんでしたが
歯ごたえがありしまった砂肝、あっさりしたつくね、なかなか美味しかったです。

ものすごく平和に進んだ1軒、2軒目だったが、翌日傘をお店に忘れてきたことに気づく。
忘れ物大王ですわーボケの第一歩。
フジロックの後に再び長岡に立ち寄るので、その時に取りに行こうと。

で、お魚がまだ食べたかったので、まだハシゴ車は継続中。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-10-05 06:51 | 新潟 | Trackback | Comments(12)