<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

三重(松阪):たこやん(焼肉・ホルモン)

b0089578_2324395.jpg
スピリチュアルな伊勢神宮から高速で松阪に移動。
松阪といえばなんといっても避けて通れないのが「松阪牛」、というかそれが目的。

昔、職場からの伊勢志摩バス旅行ツアーで、松阪に昼食のために立ち寄った時、
老舗のすき焼き屋さん(多分ここ)のお座敷で、テーブルを囲んですき焼きを食べたのだが、
世話を焼いてくれる仲居さんの言い放った言葉、「お一人さま2枚までです!」

積み立てしているとは言っても、ランチにそんな贅沢出来ない社員旅行。
松阪肉の老舗の高級すき焼き思い切り食べられるなんて、思っていません・・えぇ。
その2枚の松阪牛の霜降り肉はあっという間に口の中から消え去り、
食欲旺盛な20代だった私は(今も?)「足りない」と何度呟いたことか(テーブル全員)。

それから時が経ち、個人旅行で何度か三重県に旅行に行くようになる。
目的は幾つか、昼の部は伊勢神宮or水族館、他周囲の施設観光。
夜は伊勢・志摩の民宿に泊まって海鮮三昧、or・・・・松阪牛のホルモン

松阪駅の裏にはホルモン屋さんが多いのですが、7、8年前辺りまで
松阪牛のホルモンを食べる目的で、松阪駅に隣接した老朽化したビジネスホテルに泊まり、
ホルモンを食べてハシゴして泊まってました。
ブログを始める以前から筋金入りのホルモンナ。
昔とは違って今はルートインなど新しいビジネスホテルも建っていました(次回はここだな)。

ちなみ駅前の細い路地に4、5軒飲み屋があるのですが、
ふらっと入った「さつま」というお店で、初めて焼き芋の香りのする焼酎を飲んで、
焼き芋焼酎ファンになりました。

今回ランチで行ったのは何度も訪れている松阪ホルモンの老舗「たこやん」
b0089578_23241659.jpg
今回初めてお昼、しかもオープンと同時に入って一番のり。
以前来ていたイメージは、いつもお客さんは満席、店内はもうもうとした煙に霞んでいる。
ホルモンがめちゃ味噌濃いタレで味付けされており
焼いた後にさらに濃いタレにべっとり付けて食べている地元のお客さんを見て驚いたもんでした。
名古屋の味付けと三重は繋がっているのでしょうか。
b0089578_23243029.jpg
この分厚い松阪ホルモンを塩・胡椒だけのシンプルな味で食べてみたい。
と儚い夢を持っていた私。
でも、これがこの土地の文化の味なのよね・・・と呟きつつメニューを開くと、
おお!?以前はなかった塩だれというメニューがある!
ホルモン(塩だれ)、タン・塩、ハツ(塩だれ)
やはりタレではちょっと濃いということで、塩メニューも取り入れることにしたのかしら。
でも、塩・胡椒じゃなくて塩だれなんだ・・・あくまでタレ。

ホルモンは牛だからテッチャンになるのかな、かなり分厚い。
お肉はやっぱり美味しいな、とろりとした塩だれはちょっと好みが分かれるところ。
b0089578_2324446.jpg
お酒のつまみに最適なピリ辛豆もやし
お酒を飲んでいいよと言われたのでドライバーの目の前で昼酒する私。
お店には沢山の有名人さんご来店時の写真が飾られています。
b0089578_23245688.jpg
ホルモン(タレ)・ハラミ
これこれ、これが前からあった濃いタレーーのホルモン。
以前は濃いと思っていたタレ・・・焼いて食べてみると濃いけど美味しい!
塩だれよりもこっちの方が好みだわ~名古屋に食べに行くうちに鍛えられたか。
年齢と共に味覚にも柔軟性が出てきたらしい。
b0089578_2325625.jpg
上カルビ
いつもはホルモン上等ですが松阪ですからカルビも食べないと。
ちょっと遠慮がちにかかったタレ、お肉はかなり脂がのっていてジューシーで甘かった。
b0089578_2325174.jpg
このお店は老舗店ですが地元の人も多く来店しておられるようであり、
松阪牛ホルモンをリーズナブルに食べられるという意味でお勧めのお店です。
でも、全身臭いまみれになるので着替えは持っていきましょう。

もちろん、私も上のシャツワンピから下のレギンスまで全ての着替えを持ってきたが、
ホルモンナとホルモン男の名にかけて、
まだだ、まだ終わらんよ(by シャア)と、次のホルモン店にハシゴ車まわしました。

つづく

※ホルモン好きな女性が「ホルモンナ」、ではホルモン好きの男性は何と名称されているのかと
「ホルモンナ」「ホルモンナ・男」「・男では」「・男だと」と変えて検索してみると
自分の記事がいくつか見つかる結果になりました・・・そんなホルモンナ言ってたっけ。
(結局、男性のは分からず)
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-01-29 07:11 | 三重 | Trackback | Comments(12)

三重(伊勢):伊勢神宮→おはらい町:お伊勢屋本舗・磯揚げまる天

b0089578_22573999.jpg
また去年の記事ですが、日帰りで三重県までドライブに行ってきました。
「心身ともに浄化と肉と物欲の旅」という
人生の縮図ともいえる相反するテーマを掲げて、夜が明ける前から大移動。

無事に7時半過ぎには伊勢神宮の外宮に到着、写真は外宮正宮。
お伊勢まいりは外宮を参拝してから内宮を参るのが正式な順序。
杉の古木が林立する参道は朝早いこともあり、一層空気が澄んだ静かなたたずまい。
b0089578_22575642.jpg
正宮の前に紐で囲まれた石に何やら皆が手をかざしている。
自分も同じように手をかざしてみると、何となく温かい波動を感じるような・・不思議。
スカ子は外宮で聖なるパワーのお土産を頂いた。
b0089578_2258720.jpg
外宮の土地の神様を祭る土宮。
b0089578_22581720.jpg
駐車場への帰り道、神職に伴われて参道を歩いてくる神馬にばったりと出くわす。

毎月1日、11日、21日に行われる「神馬牽参」の朝は菊の御門入りの馬衣を纏い、
ご神前に御参りに行くために参道を歩く姿が見られるそう。
まさにこれがそうなのね!何て運がいいんだろう。
b0089578_22583450.jpg
続いて内宮へ、20年ごとの遷宮で架け替えられた宇治橋が朝日で輝いてとても綺麗。
8時頃だと入り口の宇治橋前の駐車場(無料)に停めることが出来たが、
帰りの9時過ぎにはすでに道路は渋滞で、近くの有料駐車場に入る車もちらほら。
b0089578_22585445.jpg
五十鈴川の紅葉、鳴きっぱなし放し飼い鶏などあちこりシャッターを切るカメラ小僧。
私達の前を歩いていた中国人観光客ご一行も、同じく行く道中で写真を撮っていた。
自分を含めた景色の写真を撮っているのだが、
撮る時全てにいちいち小林旭のようなポーズを決めていて受ける、なんてマイトガイ。
b0089578_2259539.jpg
樹齢数百年の木々が林立する階段の上に建つ内宮正宮。
そういえばこの旅でもちゃんと御朱印帳を持っていきました。
朱印の殆どの部分が判子というのが寂しいが、参拝客の多さから考えると仕方ない。
b0089578_22592355.jpg
「心身ともに浄化」という第一のテーマをクリアした私たちは、おはらい町へ。
伊勢の味処とお土産が立ち並ぶおかげ横丁とおはらい町。
夜明け前から行動し、朝ごはんを食べていない私たちに取っては素通り出来ない街。
まずは伊勢名物赤福で基本のお土産ゲット。
b0089578_22593764.jpg
伊勢釜めし、おとうふソフト、もうちょっと時間が経てば伊勢うどんなど、
味わいたいものてんこ盛りなんですが、お昼に壮大(無謀)な計画をしていたので、
2人の本能を抑えるくらいのつまみ食い程度に我慢しました。

お伊勢屋本舗で伊勢ぶたの串とんか、松阪牛のしぐれが入った福まんと迷った結果、
後で食べるお肉のことを考えて、伊勢ぶた「串とん」。
普通にジューシーで美味しいです。
b0089578_22594915.jpg
お次は磯揚げまる天でたこ棒。
揚げ天系だとかなりの確率でタコを選んでしまうこと多し。
この間の日曜は母親のバースデーで、お寿司のテイクアウトを取りに行ったのだが、
ついたこ焼きまで買って帰ってしまった、タコ好き(しかも全部自分が食べる)。

串とん、たこ棒を一杯のかけそばのように2人で分けました、少食ですね。
この我慢も次のランチのため、うなる胃袋を説得するのに大変でした。

つづく


この前、ジムで着替えていると隣のロッカーのおばちゃんが私のニットワンピを引っ張って
「これ、あなた自分で編んだの?」と。
その時着ていたニットワンピは編み目が大きく色はグレーの地味色半そでワンピ。

そう、編み目の大きさから一見編んだ風にも見えなくはないのだが、
マフラー編むのに1年かかって出来上がったブツが、漫画のようなほつれっぷりで
挙句の果てに高岡駅で飲んだ時に落としてなくした実力を持つ自分。

「まさか~自分で編んだ物じゃないですよ」
「そうなの~?さっきから気になって横目で見ていたのよね、いいわね、これ」
褒められるのは嬉しいが、そのおばちゃんどう見ても60代以上。
自分のセンスっておばあちゃんテイストなのかしら・・
確かにこの日はほっこりひょうたん村的な格好ではあったが。

後、やたらレギンスが楽なのでついつい履いていて腹を甘やかせぎみな方向。
今日もレギンスキー活動しています、6色ボーダーのレギンス。
この前、急に本社に行く用事があり「それ、まずいやろ」と言われたので、
持っていたレッグウォーマーを膝まで上げて見えなくし、
物凄く足の太い女を装い誤魔化しました。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-01-26 12:45 | 三重 | Trackback(2) | Comments(26)

金沢(香林坊):紅の格子(ステーキ・お肉料理)→(片町)たま屋(うどん)

b0089578_1693152.jpg
去年に遡りクリスマス記事、本当のクリスマス日は都合つかず別の日に食事会。
別日でもいいが、クリスマスの雰囲気的な盛り上がりは潜在的にやや欠ける。
別で良いのは「別腹だけ!」、だが飲み会なので気分は良好←どっちだよ

今回行ったのは北国新聞ビルの隣にある紅の格子
牛、豚、鶏、鴨、羊、鳩、鶉など色んなお肉の種類が揃っているステーキレストラン!・・年末までは。
リンクを読むと、1月の後半に「鉄板びすとろ紅の格子」にリニューアルするみたいです。
小皿料理とお酒がメインのお店へチェンジして、アラカルトやお酒のメニューも増えるらしく、
これは私のより私好みに近づいたお店になりそう。
b0089578_16103983.jpg
五郎島金時と小坂蓮根のソテー
今回はコースではなくアラカルトなので、メニューにまず集中。
正統派肉食女子である私が、肉に集中するのは目に見えているので、
先に野菜類を注文しておくのが好ましい。
もっちりした蓮根とほっこりした金時の食感が好き!
自分のもっちりほっこりした肉はどうにかしたいが。
b0089578_16123587.jpg
鉄板でソテーした山羊と牛のチーズ
白っぽい青かびチーズが山羊で、黄色が牛のチーズ、多分。
黄色のチーズは燻製されていて柔らかくカチョカヴァロみたいな?クセもなく美味しいです。
ブルーチーズ系はやや苦手なので、クセ大歓迎の長靴に殆ど贈呈。
b0089578_16133385.jpg
よく煮込まれていた和牛トリッパ(第二の胃)のトマト煮込み
トリッパの煮込み、自分の中で自動的に注文するメニューリストに入ってますな。
上位には出汁巻き玉子、シロコロホルモンなどが競っておりまする。
b0089578_16143898.jpg
ローストビーフ
ガレタッソの1周年パーチーにここの方がローストビーフを持っていったとか(聞きました)。
今回は注文しなかったけど、普通に和牛のメニュー(ステーキなど)も食べてみたいです。
b0089578_16171426.jpg
肉ばかり続くとアレなので(ないけど)キノコのトマトソースオムレツ
b0089578_16183431.jpg
フランス産仔鴨胸肉のポアレ
確かコンフィもあったはず、下に轢きつめられていたのは記憶が正しければ洋梨。
確か、多分、などネタ帳に記載されてないと記憶が曖昧。
b0089578_16271246.jpg
ラム肉のパン粉包み焼きだったか←こいつも自信なし
パン粉だけどローズマリーなど香りのあるハーブが練りこんであって、殆どパン。
羊のお肉と合わせて食べるとボリュームがあって結構お腹が膨れます。
やっぱり羊肉旨味~以上!クリスマス肉祭りでした。
b0089578_1628591.jpg
ガーリックライスは注文しなかったので、炭水化物不足。
〆のシゴ車はスクランブル近くのたま屋のうどん。
極太でお餅のようなもっちもちの食感のうどんが特徴。
朝5時まで営業しているので飲んだ後の夜明けのうどんに使えるわ。
「穴子押し寿司と釜揚げうどん」と名があるので、穴子寿司も食べてみたい。
かけうどんは長靴、シンプルあっさりな〆。
b0089578_16292540.jpg
カレー好きな私はついついカレーうどん

「肉肉しい料理ばかりだったのによくカレーうどん食えるな」

「京都ではカレーうどんで〆がポピュラーだよ」

ここは京都じゃないが無理やり自己正当化させました。
不条理な根拠を示して説得する方法、酔っ払いにはよくあること。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-01-22 12:30 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(12)

金沢(片町):SpiceBox(南インド・スリランカ)→笑酎道楽→パドル(カフェバー)→ぐる~ん(カフェ)

b0089578_15523077.jpg
「大人の遠足」よりも「大人げない宴会」の方が正しい団体の新年会が
17日、日曜日のお昼から行われました。いわゆる1つの昼酒会ですな。
メンバー:のりさんカエマちゃん、キムさん、nachiぼん、みのっちさんタケさんりかさん
アブさんmintonさんデコバさんヨシさんyo2boさん、すか子。

1次会は片町の南インド&スリランカ料理、SpiceBox
片町からインド系のお店が消えて数年、郊外に美味しいお店は何軒もあるけど、
繁華街に久しぶりに出来たこの1軒、この火は消しちゃいけねぇ・・と去年からよく通っている。
b0089578_15534849.jpg
この日はコース料理は頼まず、単品で注文することになっていた。
まず、どうする?タンドリー料理とか、カレー、ドーサも・・・と先走る皆々方へ
まてまてまてまてーーぃ!と時代劇の助っ人のように分け入り、
ドーサを最初に食べるってドーサよっ!などと、しばしメニュー議論。

結局、まず注文したのは前菜の盛り合わせ(3品)と、タンドリーMIX
ここの前菜(タパス)は300円、500円とかなりお手軽。
お豆のサラダ、サモサ、インド風コロッケの他、別のお皿には違った前菜。
タンドリーミックスにはタンドリーチキン、ヨーグルトチーズチキン、ケバブなど。
烏賊タンドリーチキン&ベジタブルパコラカリフラワーのサラダ

私たちはスパイス料理に慣れているが、他のメンバーの中には辛いのが苦手な人も。
何を食べてもスパイスが入っているので、舌も休まることもなく辛さが積み重なってくる。

みのっちさんはビールを飲んでいたが、余計に舌が刺激されるのだとか。
私も超辛いタイ料理を食べた時にビールを飲んだら、舌が刺すように痛かったことが。

そういう時はラッシーですよ!あ、これはソフトドリンクだから
カルピスサワーなんてどうです?と勧めるも、ちょうどカルピスが切れてしまったそうで。

フェルナンドさんへ「ヨーグルトで何かお酒作れます?」←多分、スカ&みのっちさん同時発言
「出来ます!!!・・・つくったことないけど」
でも、ラッシーに使うヨーグルトと焼酎?でアンディ・サワーも驚きなお酒を作ってきてくれた。
フェルナンドさん、やればできる子。

始め、ヨーグルトドリンクに焼酎を混ぜたようなそのままな味だね~と言っていたが、
そのうち、慣れてくると美味しいやん!とメンバーの大多数がヨーグルトサワー?を注文しだす。
これはもう新メニューに加えてもいいのでは。
b0089578_15584580.jpg
誰かが「酢豚きたぞー!酢豚!」と。
いいえ、これは酢豚ではありません、デビルベジタブルという野菜炒め。

途中からリカさんの旦那さまも加わって、奥の板間で飲むわ食うわの大宴会。
私が注文をしに席を離れているうちに、誰かがその辺りに鎮座していたので
てっきり、のりさんだと思い頭をはたくと・・・ふりむけばリカさんの旦那さま。
お互いポカーン・・・すすす、すみませんっ!しかも座席も違っていたし。
しっかりしろ、酔いは浅いぞ!
b0089578_1601463.jpg
羊の何かカレー(汁)でない料理
何度もこのお店に行って「羊、羊」と言っていた私はすでに覚えられているらしく、
この間、ランチに行った時は自動的に羊のカレーになっていた。

さて、ここでまたメニューにない注文をする私。
(去年オープンしたメニュー表に羊はないけど、今は言えば作ってくれる)

「あのーー、カレーじゃない羊の料理、何か出来ますか?」
「出来ます!!!」

この「出来ますか?」、「出来ます!」というやり取り、去年から何度繰り返されたことだろう。
むらはたでは「なんですか」攻撃のなんですかマン、
スパイスボックスでは「できますか」攻撃のできますかマンですな。
最近では「テイクアウト出来ますか?」「出来ます!」というのがあったらしいです。

色々リクエストに答えてくれて、
時にスリランカの知らない料理を教えてくれるフェルナンドさんに感謝。

さてこの料理は羊のカレーとは別の羊と野菜の炒め物っぽい料理。
基本、カレーのスパイスの味もしますが、とっても美味しい!
b0089578_161521.jpg
そして終盤にかかって出てきたよ南インドの料理ドーサ
このドーサは中にスパイシーなじゃが芋料理が詰めてあり、
それにさらにカレー、お好みでココナッツやミントのスパイスをかけて食べます。
b0089578_1663583.jpg
最後のカレーは海老バターカレー黒豆のカレー
キーマカレー羊のカレーにナンやガーリックナンを一緒に注文。
なんというスパイシー&ボリューミーな1次会、お腹いっぱいになってオヤツの時間頃に終了。
b0089578_1684842.jpg
2次会は持ち込みOK牧場な焼酎バーの笑酎道楽
まず勧められた焼酎、お湯割りで注文しようとしたら、冷やのストレートがお勧めとか。
冷やストレート、飲んで大丈夫かしら・・と思ったら、やはり急激に酔いが体を駆け巡る青春。
はっきり言ってここでの発言は殆ど記憶にございません。

ただ目の前にあるヨシさんが持ってきてくれた殻つきマカデミアナッツを
クラッカーでひたすら割り、食べる、割り、食べるのに没頭していた。
(しかも隣のアブさん、ヨシさんに手伝わせる)
帰宅した後のカバンの中にはマカデミアンナッツの殻の残骸が入っていた。

この殻付きマカデミアンナッツ、味も何も付いていないそのままの味ですが、
ほんのりバターの香りがしてとっても美味しかったです。
b0089578_1695583.jpg
3次会はa.k.aの地下にあるカフェ&バーのパドル
別ルームでクラブイベントも行われている気になっていたお店。
いつの間にかお腹に空きが出来たらしく、いっせいに注文したベトナム肉まん
職場の忘年会の2次会などに使うと良さそうなお店です。
b0089578_16282653.jpg
4次会は私の勧めでジャマイカ・カフェのぐる~ん
ところ狭しと置かれているグッズやCD、かかっている音楽はもとより
ここの初老なレゲエのおじさんのかもし出す雰囲気がいいんです。
前に来た時には仙人さん、とレゲエさんの2人がいたが、
今日は仙人さんだけ←勝手に名づけ親
b0089578_1621412.jpg
とりあえず、お酒や紅茶、ココナッツチャイなどで乾杯。
メニューにはジャマイカっぽくないメニューが沢山。
アブさんが、伊勢うどん食べましょう!伊勢うどん!とまず注文。
ただし、伊勢うどん・・ですからね。

次は和風焼きそば・・・・。
フライドライスを注文しようと思ったら、中国・日本・アメリカ・もう1つの中からアメリカを。
卵がのっかったチキンライスのような味でした。
本格志向からちょっぴり外れたりしてたり、ジャマイカだけどスリランカカレーがあったりするが、
そのなんとなく怪しさ漂う中途半端さがいいんです!
でも、確か珈琲は南米の農家から直接仕入れていると前に聞いたような。

そういえば、蜂の巣帽子のレゲエおじさんは今日はいないね、と尋ねると
「あの人は来たい時に来るよ」、このgdgd感。
この仙人おじさんと、お店の雰囲気だけでふらっと寄りたくなるお店です。

今回の新年会はお昼の1時から夜の10時まで、次の日はもちろん仕事。
でも最後にアルコールを抜いたお陰で、ほぼ意識もはっきり健康的に帰宅出来ました。

ふつーにパジャマを着て寝ることの幸せ。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-01-21 00:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(26)

金沢(武蔵):フルーツむらはた(ピーチマンゴー)→(野々市):一鶴(ラーメン)

b0089578_15572592.jpg
1月、フルーツむらはたでのむらむら始めはオーストラリア産・ピーチマンゴー!
メンバーはいつも通り、だるまちゃんBOWちゃん味噌ちゃん、わかさま、スカ子。
ですが、今回は初の男性参加、ガレタッソのnikiさんです。

あれは去年のクリスマスイブ、ガレタッソにBOW殿と行った時、
「一度、君たちがむらはたでパフェを食べている姿を見てみたい」と
ジョルノ・ジョバァーナには夢がある!みたいな事をポロッと口走ったが最後、
あ、それじゃ、来月のむらむらに参加しますか?ととんとん拍子に事は進み、
いつの間にかnikiさんを囲む会として、
トゥの立った乙女たち(プッ)に囲まれる形に座席を用意。←ほぼ嫌がらせ?

今回のピーチマンゴーは1階のフルーツショップでは1個1500円で売られている。
それを大胆にも1個使用しているマンゴーパフェのお値段、2000円。
1月上旬からバーゲン戦士により財布は戦死状態になっている私にはちとキツイが、
だがマンゴリアンの誇りにかけて清水の舞台から飛び降りる覚悟で注文。
財布が戦死状態になるのは、カード払いが終わった後だし。

マンゴーパフェ:BOWちゃん、nikiさん、すかたん

うむ、ピーチマンゴーと言うだけあって、口当たりがピーチのように滑らかで
メキシカンマンゴーのように酸味は強くなく甘くて、鼻に抜けるような香りも芳しい。
海原雄山風に語ってみたが、要するにうまーっ。
間にマンゴーシャーベットも入って、底の方までマンゴーっぷりは続きます。
b0089578_15595618.jpg
いつもは、渋いマスターが喫茶部門を取り仕切っているのだが、
この日はマスターの姿は見られず、代わりに初めて見る青年スタッフが応対。
閉店1時間前に6人の団体が一挙に押し寄せて、あれこれ注文するので慌ててる様子。
「今日、マスターいないね、あの人初めてみるよね」
「二代目かしら?」「新入りか?」←お前ら何者だよ

マンゴー・プリン:だるまちゃん、わかさま
b0089578_1692365.jpg
マンゴー・プリン・デラックス:味噌ちゃん

「ご注文はパフェが3つ、マンゴープリンが3つですね?」
「いいえ、1つはデラックスです!」
ノーマルバージョンはマンゴー&プリンの組み合わせだが、
デラックスはマンゴーとマンゴープリンが並々と入った組み合わせ。
お味見でぷるぷるのマンゴープリンが旨味!さすがデラックスクオリティ。
b0089578_161344.jpg
2つ下の記事の洋梨パフェがマスター、マンゴーが二代目疑惑青年盛り付け。
ソフトの盛り付けに個性が出ますな、マスターはしゅっと、青年はぽったり。

閉店時間も近くなってマスターがお店に戻り、私たちのテーブルまで。
「そろそろ来るかなと思っていたよ」
そして、来月のむらはたの限定フルーツを教えてくれました。
毎回毎回、来月はなんですか?なんですか?と聞いていた私たち、なんですかマン。
何ですかー、何ですかー、世界の国から♪
どうやら、マスターなんですか攻撃に慣れてしまったようで、聞かれる前に答えてしまった。
b0089578_161912.jpg
むらはたの後はだるまちゃん、BOWちゃん、私とでラーメン一鶴へ。
工大近くのラーメン屋さん、冬限定のチーズ味噌ラーメンが食べたくてやってきた。
ちぢれ玉子麺にあっさり味噌スープの上にはイタリア&オランダのチーズMIXの粉がどっちゃり。

がっつり食べている途中に「明日からダイエットするわ」は耳タコな定番セリフ。
一応、宣言は守って次の日はジムで運動、数日だけ朝はSOYJOY。
本日、お昼から新年会で夜まで飲む予定なので、「明日からダイエットします」。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-01-17 11:30 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(24)

金沢(片町):池田町バルバール(バール)→五郎八(海鮮居酒屋)→粉(Kona)(お好み焼き)

b0089578_1640380.jpg
あけまして2010の記事です!
大晦日、元旦は家でいろいろ準備や掃除など用事があったので引きこもり。
2日は朝からバーゲンのために8時半にはフォーラス前に並んでいた。
新しい年の活動は、バーゲン戦士の出撃でもある。
この日はバーゲン→初詣→夜飲み会のダイハードなプラン。

思えば学生の時からバーゲン戦士だった自分、森光子な年になっても老戦士でいたいわ。
バーゲンでの戦いを繰り広げた後、しばし休憩をとるべしと腹からサインを得る。
レジは30分待ち、トイレも廊下まで行列、そしてレストラン階も当然行列。

どうしようか決めかねていると、
BOWちゃんが今から池田町バルバールでランチをするというので、ご一緒させていただいた。

まずはランチセット・・の前に何故か前菜を頼む2人。
鯖のスモークと前菜三種盛り
前記事のBACAROさんはバルバールで働いていたそうで、鯖のスモークのお味は似ています。
いきなりお初詣に備えてお神酒代わりのお酒を飲みたくなったがここは我慢。
b0089578_16465579.jpg
ランチセット:ハマグリのパスタ(トマトソース)・キャベツのスープ
パスタのアルデンテ状態がグンバツでした。
b0089578_1648919.jpg
ランチセット:お豆のカレーとポテトサラダ
結構スパイスが効いたカレーだったそう。

この後、長靴と合流して尾山神社で初詣。
さて年明けエスニック始めとして、スパイスボックスを予定していたが、
電話をかけると「4日カラデース」の答え・・・・ガーン。
さらにタイ料理、マレーシア料理にかけるも答えは同じ。
あぁ、このエスニック脳を切り替えなければ。
b0089578_16492124.jpg
たどり着いたのが昔の記憶が生きてます、な五郎八
20代薄給時代から職場の人によく連れられてきたお店です、久しぶり。
多分、白子の生状態と、どじょうのから揚げはここで初めて食べたような?

今年の「白子始め」は白子の石焼き
半生の白子とこんがり焦げた部分が香ばしくて、今年も白子マスターは健在です。
b0089578_1642973.jpg
たこのから揚げ
地味だがメニューにあるとつい注文してしまうたこ唐。

お店の子供と見られる小学生低学年くらいの男の子がいたのだが、
子供店長に何故か似ている気がしたわ、手を振ったら振り替えしてくれて可愛かった。

以下、食べたもの画像をどんどん配列。
b0089578_16472185.jpg
馬刺し
b0089578_16485267.jpg
氷見の寒ぶり
b0089578_1651115.jpg
大ばい貝のお刺身
b0089578_16531564.jpg
あんこうのから揚げ
b0089578_16544519.jpg
げんげの炭焼き
b0089578_1656235.jpg
明太子だし巻き
b0089578_16581613.jpg
串かつ
焼酎お湯割りを飲み始めてから記憶が怪しくなってきて、この辺りは覚えてない。
b0089578_1764316.jpg
牛タン石焼き
b0089578_1793828.jpg
〆を食べるのをくっと堪えて、今年のハシゴ初巡りへGO!
旧シネマ通りの入り口付近にある京祇園ねぎ焼 粉(Kona)
カウンターと小上がりがあるが席数が少ないのもあって、よく満席で入れないことが多い。
じゅんけい焼き
〆と言っていたのに何故か肉肉しく、親鶏は歯ごたえがあっていいですな。
b0089578_15373176.jpg
テッチャン
またまた肉・・・テッチャン食べる?と言われて、断れない私。
だが、うっ・・どうしたことだ・・お腹が膨れてもう食べれそうにない。
少し食べたが。
b0089578_15392091.jpg
お好み焼き(豚)
〆のはずのお好み焼き、満腹で食べれなかったので、テイクアウトにしてもらう。
酔っ払いの親父のようにお土産として持ち帰ったが、
酔っていたのでそのままテーブルに置いたまま、ベットに転がり朝まで爆睡。
お好み焼きは朝ごはんになりましたわ。

今度はあつあつのお好み焼きを食べに再びリベンジしたい。
あ、この日はパンイチではなく無事にパジャマを着ていた<朝気づく


--------------まとめて、つぶやき

今日は昨夜から積もった雪のせいで、いつもより早く出勤したのだが遅刻ぎりぎり。
帰りも道はのろのろ、遅くなるので余り寄り道は出来ない。

そろそろ美容院に寄りたいのだが、降雪のせいでなんとなく面倒くさい。
今の髪型は前髪ありストレートロング、ちょうど日本人形が1晩で髪が伸びたような(こわいわ)

お腹の調子を整えるためにヨーグルトを食べていたが、お皿に分けるのが面倒だったりして
いつも冷蔵庫に残ってしまう。
最近、大きめサイズの飲むヨーグルトに変えたら、さらっとして飲みやすく予想外に美味しいので、
ついつい飲むようになってしまった。今、寝る前にコップ2杯で腹タプ。
全ては面倒くさいから始まる。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-01-12 15:42 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(13)

金沢(武蔵):フルーツむらはた(洋梨)→(元町)BACARO(イタリアン・バール)

b0089578_21374133.jpg
そろそろ1月のパフェ会なので、12月の分をアップ!
むらはたに集うものたちが12月に食べたのは洋梨。
メンバー:味噌ちゃんBOWちゃん、わかさま、てんむすちゃん、スカ子。

この洋ナシパフェ、ル・レクチェという種類のものだとか。
洋梨=ラ・フランスと思っていたが、ラ・フランスもの品種の名前の1つ。
甘くて柔らかい口当たりのル・レクチェのパフェは超ビック(ソフトが?)
ル・レクチェの出番で今回ラ・フランスは洋梨(用無し)じゃー!
b0089578_21375129.jpg
私と味噌ちゃんが食べたル・レクチェ、プリンセット。
手作りプリンがいつもより大きい気がする、大きいことはいいことだ。
ル・レクチェのシャーベットがまた爽やかティスティ。
b0089578_2138230.jpg
プリンの中に洋梨のコンポートが、だから大きかったのね。
b0089578_2138106.jpg
これは洋梨のケーキセットだったかな?
これだけフルーツが野村満載だと、何故か太らない気がするのは錯覚?

今年は8月からずーーっと梨を食べ続けていました(和梨・洋梨)
8、9、10月は幸水、豊水、途中からラ・フランス。
11月になってからは新興を大量買い、お正月すぎてもまだ冷蔵庫にあります。
そして、むらはたのル・レクチェ祭り。
梨大好きっ子なんです!!映画シシリアンをもじってナシリアン襲名披露。
b0089578_2145516.jpg
むらはたの後はだるまちゃん、BOWちゃんとで、イタリアンのBACAROに突入。
最近オープンしたこのお店、帰宅途中に何度も見かけて気になっていたのだ。

ただ正しい発音がよく分からなかったので、やり取りのメールの中でも
「バーカロ」、「バカーロ」と、ついには「バカヤロー」とか、まちまち。
さらには裏に「バロー」というスーパーもありますな。

正しくは「バーカロ」でヴェネツィア地方のワインとおつまみを気軽に楽しめる居酒屋を意味するとか。

小坂蓮根のフリット
加賀野菜・小坂レンコンのフリットはもっちもちな食感でとっても美味しい。
b0089578_21451461.jpg
ラ・フランスと生ハムのサラダ
残業でむらはたに来れなかっただるまちゃんのためにラ・フランスメニュー。
どんどん洋梨食べてもいいよ、その分生ハムいただきます、プッ
b0089578_21452530.jpg
コロコロホルモンのガーリックソテー
私がいるところホルモンあり、メニューにあらば注文しなくてはいけない使命感にかられる。
ホルモンもローズマリーとガーリックの香りでおしゃれな1品に。
でも味はしっかりシロだったそう(BOW談)
b0089578_21453651.jpg
キノコとトリュフの高級オムレツ
メニューに高級って書いてありますよ、旦那・・・と思ってたら豪快にフライパンごときたー!
味はもう忘れたが(オイ)、ふわふわな食感だった。
毎回、トリュフというと昔のスヌーピー本のしょうろ(トリュフ)って女の子のこと思い出すわ。
b0089578_2145456.jpg
エビマヨぴざ
定番から離れて注文してみたが、温かいマヨが美味しい<マヨラー推奨

最近のマヨラー活動としては、明太子屋さんの作ったマヨネーズを購入。
昆布佃煮と混ぜて、昆布明太子マヨご飯を食べようと思います、会社で。
これで昼の楽しみが1つ増えたわ
b0089578_21455584.jpg
むかごとベーコンの炊き込みごはん

小ぶりのストウヴ鍋で炊き込まれた炊き込みご飯、これがうまーーい。
むかごホクホク、ベーコンの塩味がおコメに染みていて、ご飯の焦げがまた美味しい。
このメニューのお陰で、炊き込み魂に火をつけられ、翌日同じメニューを家で作ることになる。
b0089578_2146458.jpg
カリフラワーとゴルゴンゾーラチーズのグラタン
ブルーチーズはやや苦手なのですが、これは大丈夫でした。
b0089578_21463799.jpg
自家製ベーコンと玉ねぎトマトソースのアマトリチャーナ
そろそろ〆・・・と数種類のパスタの中からアマトリチャーナを。
b0089578_21465257.jpg
〆が終わったのに、再び注文。
鯖とタコのスモーク
これが美味しい!1杯飲みたくなります、〆が終わってまた振り出しに戻った感じ。
b0089578_2147239.jpg
さらに蕪?とパルミジャーノ和えで満腹ストップ。
正確には満腹というより、メタボストップか。

タパス感覚の値段の小皿から色々注文して、3人で2000円ちょっとだったかな<ノンアルコール1杯づつ
気軽に行けそうだし、割と近所なのでまた行くと思います。

ところで今月のむらはたはマンゴー!マンゴリアンとしては外せませんね。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-01-12 12:38 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(22)

金沢・野々市・白山市:ラーメンまとめ、げたや、かすみ屋、客野製麺所、もきち、神やぐら

b0089578_16142282.jpg
去年の記事は続くよ、どこまでも、最近の仕事中外出時のランチ事情。
以前は数人であれこれ見繕って皆で分けて食べるパターンが多かったが、
最近は少人数さらにここ昨今の経済状況にもより、ラーメン店に行く回数が増えている。

とある日の野々市にあるラーメンげたや
カレー好きな私はこの店で話題の石焼きカレーラーメンに挑む。
出てきたカレーはなんというボルケーノ!

なんといっても、まだ箸に手もつけていないのに、
あまりの熱さにカレー汁が自分に向って飛散攻撃をしかけてくるのだ!洋服が汚れちゃう。

注文時に店員さんが「紙エプロンいりますか?」と聞いてきたので、
そのままつられて「はい」と言ったが、
この状態では「ぜひください!絶対ください!」と全力で言う必要があるわ。
b0089578_16172499.jpg
器も熱いし麺を気をつけて食べなければカレーが飛び散る。
カレーは割りとマイルドな味でチーズがかかっている。
ご飯を混ぜて、カレーライスというよりカレー雑炊にして食べるのはいいですね。
お汁も残さずに食べきってかなり腹まんぷく。
b0089578_16263153.jpg
同僚が食べていたもやしラーメンはシンプルで餃子もなかなか美味しかったそう。
メニューがバラエティーに富んでいるので、注文時にあれこれ迷って悩ましい。
b0089578_16334898.jpg
また別の日、ランチタイムに同僚とかすみ屋へ。
職場のラーメン屋案内係になりかけているので、もっと開発しないと。
淡口ラーメン・ランチセット
炙ったチャーシューがのったチャーシュー丼をプラスしないとお腹が満足できない私。
醤油ベースあっさりのスープ、このお店の麺の歯ごたえが好きです。
b0089578_1637492.jpg
あっさり塩ラーメン
昔、都ホテルの地下にあった「金龍」の塩ラーメンに似ていると感激していた同僚。
若い頃、都ホテル地下にあったキッチンユキでカレージャンボを食べてから、
金龍のラーメンを食べて帰るのが定番だったとか・・・喰いすぎだろ!

ともあれ気に入ったようなので、また機会があればランチに行きます。
b0089578_16394986.jpg
休日にお1人様ランチは、県庁近くのお気に入り客野製麺所で坦々麺。
この前日にこの方からの画像テロにあい、
気になってちょうどこちらに用事があったので、食べにいった。
独特のスープの味はゴマの香り?すごく濃厚でスープを残すのがもったいない。
いつもならば、美味しいスープの時ご飯追加で全部食べきるが、
この後ジムに行く予定だったので、横っぱら痛野郎になるのを予想して我慢の子。
b0089578_6463610.jpg
平日、1人ランチは産業道路沿いのもきちで塩チャーシュー。
昔なつかしい感じのラーメンであっさり目だけどなかなか美味しいんですよ。
客層はかすみ屋や客野より年配の人が多いです、もち女1人ラー。
b0089578_6465486.jpg
二郎系ラーメン神やぐらで野菜増し増しを食べてきたら、
職場の人が行きたいというので外仕事の時に。
前回、山盛りのもやしの下の麺を食べるのが大変だったので、今度はつけ麺を注文。
もちろん、野菜増し(無料):650円。

しかし、野菜大盛り、肉もがっつり極太麺のいわゆるボリューミーなラーメンは、
ゆっくり時間をかけて食べていると満腹になってしまうので、追い詰められながらの戦争。
太い麺をひっぱり出したりして結構食べるの疲れます。

でも、肉増し増し最高レベルの「神」をチャレンジして食べてみたいと思ったり、
そこに山(ラーメンの)があるから食べる・・・みたいな心境はありますね。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-01-09 18:37 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(16)

石川(かほく):天神橋こなぼうず、ホリ牧場・夢ミルク館、駆け込みウエンディーズ

b0089578_15413876.jpg
2009年に未練を残さないために、食うべし:ウェンディーズ。

ウェンディーズ日本撤退のニュースを受けて、食べ納めへとイオンかほくに行ってきた。
丁度ランチ時間に行ったが、多少いつもよりは並んでいる人が多いとは思ったが、
ネットニュースに書かれているような、そこまで長蛇の列とか肉売り切れという様子はなし。
もしかして、そんなに売れんディーズ?時間帯かしら。

ベーコンデミグラスチーズバーガー、ウェンディーズチーズ、チリチーズフライ、サラダ。
デミグラバーガーはちゃんとデミの味がしましたわ、最後の新メニュー。
チリチーズフライのチリビーンズが好きだった。

大抵、イオンかほくに行く時は一人なので、食べるところはフードコーナーが多し。
KALDI行って輸入食材を買い、お気に入りのセレクトショップに行って、ウェンディーズ。
短い間だったけど、お世話になりました。

追記:今回は1人で食べたのではありません。
b0089578_1550549.jpg
天神橋こなぼうずの
もちろん何も食べないで帰ることも多いので、フードコーナーもまだ攻め込みが浅い。
ここは大阪の屋台をイメージしたと見られるチェーン店、天神橋だし?
だけど、たこ焼きではなく明石焼き、ぼっかけそばは神戸で食べたけど大阪でもデフォ?
メニューにそばめしもあったような・・?
そこんとこ詳しく知らないんでどうなんでしょう?関西の人にお聞きしたい。
b0089578_16135970.jpg
明石焼き
ふわふわ玉子焼き~激激熱いです。
最初の2、3個で顔が危ない人になるので、周りに人がいない状況で食べたいわ。

追記:これはどちらも別の日に食べました。<1人で
b0089578_16154975.jpg

ぼっかけそば
牛スジ肉とこんにゃくを甘辛く煮込んだものを蕎麦と合わせてある感じ。
お蕎麦が太麺で食べ応えがあり、なかなか美味しいです。

ファーストフードでも何でもそれなりに美味しく頂ける方ですが、
不味いものは食べるのが苦痛なのは当たり前田日明のスープレックス。←プロレス
この間、ものすごく不味かったのが、2つ前の記事にある自分で作ったレッドカレー(自分かよ)
何故か、すごく変な香りの味がするカレーに出来上がってしまった。
レッドカレーパウダーに野菜と肉を混ぜて煮込んだだけなのに・・・。

これは絶対に肉のせいに違いない!と言ってたら、肉のせいにするなと返しがきたけど。
お弁当にも持っていったのだが、仕事中の一番の楽しみが苦痛の時間に。
b0089578_15444552.jpg
帰りは河北潟のホリ牧場へと立ち寄る。
私がイオンかほくに向かう場合、8号線を使った大通りからではなく、
木越団地→食肉センター近くの橋を渡って、このホリ牧場の前の道を通ることが多い。

距離は多分遠くなるけど、渋滞がないので心理的プレッシャーが少ないのと、
広い牧場の敷地の風景を眺めながら運転するのが好きなので。
この辺りで河北潟干拓地産のほうれん草などを生産しているのだ、などと思いつつ。

夏の季節は本当に気持ちがいいです~が、今は冬。
当日はものすごい寒風吹き荒む中、動物たちを観にいったが速効で「夢みるく館」の中に。
b0089578_15481754.jpg
ソフトクリーム・エスプレッソがけ、試供品のクッキー

ソフトはミルクが濃厚でかため、エスプレッソが苦い分甘すぎずで美味しかったです。
よく考えたらイオンかほくの中にもこのお店あるんだわ、
と気が付いたが、まぁ、景色を見ながらだし。
だけど、夏が絶対いいわ、今度は夏にまた行こうと思います。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-01-06 11:54 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(17)

金沢(駅東口):シャルマ(インド料理)→(内灘)りゅうもん(居酒屋)

b0089578_20193242.jpg
去年の記事がまだ沢山残っているが、とりあえず年末最後のお出かけ。
はむ(F.I.L.O)が帰郷したので、バーゲンの偵察も兼ねて金沢フォーラスへ。
いつもならはむの金欠をネタにして、500円ランチいい飯銭気分に繰り出すところ、
「今回はランチ、500円じゃなくてもいいよ」と年末スペシャル発言。

6Fにあるインド料理シャルマにてカレー納め。←京都にも支店あり
カレーランチ:950円(日替りカレー2種 + サラダ +ライス or ナン)+200円(ドリンク)
山芋と筍のカレーと、もう一つは失念・・野菜のカレー。
いつもならマサラキーマなど肉肉しいカレーを求めるが、たまにはヘルシー。
そんなに辛くないマイルドで口当たりがまったりとした優しい味でした。
b0089578_20194138.jpg
ここのチーズナンが美味しいのでランチとは別料金で追加。
ナンの内側にあつあつのとろ~りチーズが挟まれていて、すごくうまーーい。
出来たてのうちに食べないとチーズが固くなってしまう。

この後、バーゲンの偵察をしていたが、お目当ての店で一部セール商品を見つけてしまい、
2人ともバーゲン戦士の血が抑えきれず、ショッピングしちゃいました!
支払いはもちろん今はニコニコカード払い
b0089578_20194958.jpg
夕食ははむのリクエストにより、内灘の居酒屋りゅうもん
元中華料理屋さんで今は居酒屋さん、地元の人に人気のお店です。
昼間のチーズナンが今頃ボディーブローのように効いてきたのか、
はむはお腹が空かないらしい。
お酒を飲んでいればそのうち減ってくるよ、とマイ持論を通して注文をオーダー。
お刺身:ブリ、しめ鯖
中華が得意な居酒屋だけど、お刺身もお勧めなこのお店。
ブリの切り身はかなり大きく新鮮で美味しいわ。
b0089578_20195810.jpg
白子の中華風天ぷら
フリットのような固めの衣に包まれた白子の天ぷらは、塩とネギ入り中華ソースの2種で頂く。
かりっと揚げられた衣にとろとろの白子が旨味~。
私は塩を付けて食べる方が好みだった。
だが、ネギ中華ソースはこの後、きゅうりに付けたり即席創作料理としてタレだけ残しておく。
b0089578_2020747.jpg
もろきゅう
もろきゅうとお漬物があれば幸せなはむ、
食欲がないのにカマンベールチーズ揚げを欲する動きを見せるがフェイントだった。
もろきゅうは大きめブツ切りでお味噌も幸せな事に量が多い。
b0089578_20201663.jpg
シロコロホルモン
これ頼んでいい?頼んでいい?と私がシロ納めしたいがために注文した品だったが、
旨い旨いと喜んで食べてくれてよかったわ。
今年、最後の晩餐(飲み会)に白子とシロを食べれるなんて幸せね。
b0089578_20202446.jpg
エビマヨ
このお店で前に食べたエビマヨソースの味が忘れられず、カムバック注文。
プリプリの海老に酸味の効いたソースが美味しいのです。
野菜も海老も食べきった残骸のお皿でも、このソースが残っている限り、
お店の人が片付けようとしても「まだ食べてます」といえる自信あり。
これだけで飲める(私はウーロン茶だったが)

既にはむのお腹が満腹のチャイムがなっちゃいむ、全部食べれません。
少しづつ残ったお皿の料理は全て私が平らげました。
b0089578_20203279.jpg
ラーメンはシンプルであっさりとした味。

〆の炭水化物を食べなければどうにも落ち着かない自分。
が、はむはお腹がいっぱいである。
「頼んでいいよー」という優しい言葉につられて、1人で食べるためにラーメンを注文。
当然、お店の人は取り皿を2つ持ってくる。

私が取り皿にラーメンを取り、黙々と食べていると、
「私食べないから、直接ラーメンの器で食べればいいのに」と、はむ。

「だって、私一人でラーメン食べてるみたいだもん」

「1人で食べてるやん!」と激しく突っ込まれる。

実質的には私1人でラーメンを全部食べるのだが、
お店の人にはあれだけ食べたのに、まだ1人でラーメン全部食べてやがる、プッ
と見られたくない乙女心、分かってくれい。
これは森光子くらいの年になっても守りたい見栄だわ。

といいつつ、職場の忘年会で1次会のコース料理の後に2次会でがっつり食べてしまい、
アイアンストマックを披露して驚かれる・・・乙女心など秋の空よ。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-01-02 00:27 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(20)