<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

石川(内灘):りゅうもん(居酒屋)

b0089578_1158390.jpg
久しぶりにイエローちゃんとご飯を食べにいくことになった9月下旬。
暗黙の了解で中華になることは決まっていたが、当日朝までお店は決まらず。
そんな時、以前パオたんが美味しいと言っていたお店をお気に入りにいたのを思い出し
内灘の中華・居酒屋りゅうもんに行きました。

りゅうもんは数年前まで中華料理屋さんで、今は普通の居酒屋。
それもあって中華のメニュー数は多くその味も本格的で評判だとか。
b0089578_12461869.jpg
シロコロホルモン
今日の黒板のお勧めメニューを見ると、B級グルメを一世風靡したシロコロホルモンがある!
シロを愛すべき私はまずこちらを注文、居酒屋でもシロに始まる。
うーむ、歯ごたえがあって噛むほどに旨味が・・・この噛み切れなさがたまらない。
アメリカ人がガムなら私はシロ!あぁ、ずっと噛んでいたい・・・。
b0089578_12474262.jpg
ピータン豆腐
イエローちゃんも結構マニアックなもの好きなのよね、似てるわ。
と書いたところで、いつも集まってる殆どがマニアックな食べ物が好物だったことに気付く。
さっぱりサラダの代わりのピータン豆腐。とおくで、食べてる、音がする(パーマン調)
b0089578_12524118.jpg
激辛麻婆豆腐
激辛大丈夫かと心配になったが日頃唐辛子系は鍛えているせいか大丈夫だった。
これでも学生の頃はピザにタバスコかけるというと、いやっ!と身もだえしていたものだが。
未だに山葵と和辛子食べられないのは辛いよりツーンとくる系が苦手なのだ。
b0089578_12573945.jpg
生ホタテ貝柱のネギソース
数日後に聞いたのだが、ここはお刺身も美味しいそうで知らなかった・・
黒板に書いてあったけどお勧めが多すぎて迷ったわ。そんな噂の生ホタテは当然新鮮。
b0089578_1302766.jpg
水ギョーザ
水餃子の中身のお肉が非常に弾力があって美味しいーお店でお肉叩いてるのかな?
細く透明なのはフカヒレ?予想外の美味しさでした。
b0089578_1352065.jpg
海老マヨ
お店メニューにもお勧めマークが付いていた海老マヨ。
海老はもちプリッとしてるが、なんといってもこのマヨソースのコクと酸味が美味しい。
このタレをサラダにつけたりしていましたわ、舐めたり。このタレで酒が飲める。
b0089578_1373968.jpg
焼きそば
ラーメンにしようか、焼き飯にしようか・・と思うところを何故か焼きそば。
こちらは普通に美味しかったです。

殆ど頼み終わった後に隣のテーブルのおじさんが「大将!このアンコウの唐揚げうまいなぁー!」
と大絶賛をしているので、つい即効注文したくなったわ!
しかし追加は無理め、もっと早く聞きたかった・・・次回を待てということか。

大体何を注文しても美味しく、メニュー数も多い、肉も魚も中華も食べられる。
噂では冬は白子の唐揚げ(中華風揚げ)が絶品だとか!?白子祭りな頃に行きたい。

この日は私だけアルコール摂取をし、一応遠慮してチューハイを1杯か2杯だけ(覚えてない)
それだけで顔が真っ赤になり、はた目には酔っ払いに見えるのだから、得なのか損なのか分からない。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-29 07:29 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(24)

金沢(平和町):餃子屋あき(餃子)→パティスリーヴェルジェ(ケーキ&カフェ)

b0089578_22112285.jpg
はむ(F.I.L.O)が午後の電車に乗る前にランチをするというのが
ここ1、2年の間に定番化されてきたが、ここ最近になってある法則が産まれつつある。
「おやつは300円まで」は子供時代の遠足の法則で、
私はアポロチョコ(苺部分ラブ)やびっくりマンチョコなどを購入して楽しみにしていた。

最近の2人のランチショーの法則は「ランチは500円まで」
大貧民の法則かよ!と突っ込まれそうだが、
園芸店でついうっかり植木鉢や飾り物を購入している盆栽王なので、そうでもないらしい。
お金が厳しいのは事実らしいが←フォローにならず
で、今回はいろいろあちこちで聞いていたこちらに行きました、餃子屋あき
b0089578_22113213.jpg
餃子定食:500円
ハルピン帰りのご主人が昔食べた味を再現して作った手作りの水餃子は
皮が厚めでモッチモチ。
ご飯はどこどこ、お肉はどこやら・・と書かれてました(メモれ)要するに国産。

春雨スープには野菜とお肉が入ったあっさり味、他にも小皿が沢山並んでいて
小松菜お浸し、広島から取り寄せたキムチ、オニオンスライス、タクワン&茗荷・・
と500円とは思えないほどの品数。
焼き餃子もあるそうでそちらも今度食べてみたいな。

お店はご主人1人で切り盛りしているので、大人数で行くとちょっとお店は大変そう。
実際、私とはむ、他2人の合計4人だったのですが、
それなりに時間はかかりましたので、その辺りよろしく哀愁。
b0089578_2211429.jpg
規定内の500円でランチは収まったのに、次に出る台詞は「お茶しよっか」。
ちゃっかりケーキも食べて、乙女のスイーツ好きには財布の中身も想定外。
近くを通っていたら偶然見つけたパティスリー ヴェルジェ
最近カフェコーナーが併設されたそうで、座席まではセルフサービス、ジェラードもあり。
食べたもの忘れましたわ・・・ムースの中にババロアだったかな。
お土産で買ったマロンパイとスポンジにチーズクリームが挟んであるものが美味しかった。

そういえばこの間のアートザマーケットの時、
友の会のメンバーに多肉植物を無料で配っていたのでもらってきた。
私が頂いたのは初恋、ポッ
その話をすると多肉スキーなはむは羨ましがることしきり。
植物市や花屋でうっかり買いしたりして、ベランダの許容範囲を越えそうだとか、
ベランダにとまりにきた雀に萌えてフライデーしてるとか、とにかく生き物好き。

そんなはむに職場の近くの田んぼにカエルが生息していたので携帯からメール。

す「アマガエルでも送ろうか?」←冗談
は「アマガエル欲しい!」←本気
は「・・・けど、餌用意できんからいいわ」←本気と書いてマジ

す「ベランダに残飯置いといたらコバエ(餌)がたかるんじゃない?」←冗談
は「ベランダが狭いから、ハエ発生装置おくとこない」←超本気
は「●ちゃん、家でぜひ飼ってみてくれ!でも今から冬眠じゃない?」←超超本気

当然、カエルを飼う気はありません。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-26 12:43 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(24)

金沢(片町):SpiceBox(南インド・スリランカ料理)→MONSTERA(カフェ&バー)

b0089578_2265064.jpg
9月の連休に帰郷したはむ(f.i.l.o)と久しぶりの飲み会デー。
フルーツむらはたのパフェ食べたいと前々から宣言されていたが、
私と違ってはむは貧弱ゥゥゥ(DIO風)な胃袋なので、パフェは腹膨れるとタルトに変更。
9月の限定フルーツは「イチジク」でした、私はイチジクロール。
b0089578_227026.jpg
夜の宴会は長靴プラスで南インド・スリランカ料理のSpiceBox
この3人での飲み会は結構歴史が古く、お互いの酔っ払い伝説が1冊の本になりそうだが
細かく書くとリンク抜くぞ!と言われてるのでここは伏せておく。

写真は料理が来るまでと出してくれたナッツとカレー味の揚げ粉のおつまみ。
b0089578_2271170.jpg
前菜(タパス)の盛り合わせ
パコラとホットスパイスなジャガイモサラダにカレーコロッケ。
タパスは300円でいろんな種類があるが何故かいつも面倒なのでお任せにしてしまう。
b0089578_2272157.jpg
タパスの中から選んだが、ネタ紙紛失のためこれが何だかよく分からない。
b0089578_2273113.jpg
イカのタンドリー
スリランカは島国で魚を多く食べるので魚介のタンドリー料理も多い。
特に北陸は魚好き集合体なので嬉しいわ、ヘルシーだし。
はむは旨い旨い!これで酒がどれだけでも飲める!を連発。
b0089578_2274248.jpg
SULAというインド西部の都市ムンバイから北東に移動した位置の街のワイン。
「SULA」「ワイン」で検索すると世界のソムリエも絶賛!などのページが出てきます。
赤か白ワインを注文しようかと思ったけど、品切れでSULAのロゼ。
2人は渋い系のワインが好みだけど、自分はやや苦手なのでロゼでよかった。
いや、酔ってくると渋いのも平気になるが・・プッ

はむは酔ってくると、自ら手酌になり止まらなくなるので注意が必要。
今回もその法則は守られていたので、先行き不安である。
b0089578_2275317.jpg
ケバブ
とりあえず定番のケバブも注文、野菜ミックスのチキンだったかな。
b0089578_228314.jpg
白身魚のタンドリー
こちらも魚介のタンドリー、3人のうち酒担当:長靴・はむ、食担当:長靴・私。
私は意外にもお酒の量は2人に比べると、そんなに多くはない。
長靴は飲む、食う、打つ(バッティングセンター)の3本ぞろい。
b0089578_2281445.jpg
ラムのトマト煮?
オープンより何度か通うたびにメニューにはないが「羊肉って入る?」と尋ねてきたが、
「たぶんもう少し」、「もうちょっと」と、じらされつつも、
だるまさんが転んだ如く見えないけど近づいてるような予感はしていた。

今回も同じ質問を投げかけると「羊肉あるよ」、ついに来たー!
メニューにないラムがスパイスたっぷりで煮込まれた物体がうまーーい。
これをスリランカの地元ではよく食べているとか。
名前を失念したのは、ネタを書いた紙をなくしたため。
よくミニノート状のネタ帳を忘れた時に箸袋やチラシの裏に書き込むのだが、
たぶんカバンの中に散乱しているレシートと一緒に捨ててしまうので、行方不明に。
b0089578_2282558.jpg
ラムのビリヤニ
続いてビリヤニもラムに出来るというので作ってもらう。
某イスラム店のビリヤニのように思わずタッパー電撃隊になってしまうような量はないが、
街の深夜営業エスニック店としてはこれで充分。
リクエストに応えて土日のランチも始まったとかでこれは嬉しい。

以前、街にホットハウスがあった時は買い物に行くとそこでばかり食べていたが、
今はラーメン屋(しかもお1人さま)が多く、ランチ難民に陥っていたのだ。
あ・・タイ料理もあったか、とハッとしてfood。
b0089578_2283881.jpg
ラム肉カレー
こうなるとカレーもラム肉を所望してラム肉祭りだっちゃ!←うる星やつら・・

沢山注文して食べた飲んだーーと、ふと横を見ると・・はむが寝るギブソン状態
肩貸しよぱらい状態でタクシーに押し込みました、めでたしめでたし。
はむは家に着いた後めでたしでは終わらなかったらしいが、
細かく書くと苦情殺到するのでこのくらいに・・・もちろん翌日は二日酔いだったとか。
b0089578_2284928.jpg
はむをタクシーに押し込んだのを見届けた後、2人でまだ飲み足りないと2次会。
私が何度か行ったことのあるカフェ&バーMONSTERAに行きました。
ここは生ワインを480円で飲ませてくれるお店、角にあるので出会い頭に入りやすい。
80年代の洋楽が流れていたり、以前行った時にはテレビの画像がエヴァだったり、
ファミコン時代のマリオのゲームがあったり・・懐かしくもあり気軽な雰囲気。

このグラス、うちにもあるわ・・フランス製の業務用?なのか頑丈で、
何度か倒しても割れない。←家でね!まさに酔っ払いに最適のグラスかも。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-24 02:47 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(20)

ツナマヨ昆布ご飯、手羽先から揚げ、Perfumeライブ

b0089578_11384269.jpg
いつのまにか定番になっていたC級グルメ、「ツナマヨ昆布ごはん」
「パン工房のツナマヨ」と「昆布の佃煮」をほかほかご飯にトッピング。
ツナマヨのコクに昆布の旨みが加わって、ビックウェーヴなコクになる。

2人の出会いはお弁当でした。
元々、コンビニのツナマヨおにぎりが好きなので、お弁当でもあの味をと
スーパーでトースト用のチューブのツナマヨをご飯に塗って食べていた。

ツナマヨは会社の冷蔵庫に置いてあるので、食べたい時だけプリッとな。
たまたま昆布の佃煮を入れてある時に、昆布とツナマヨが混ざった部分を食べたら旨味~。
それ以来のお気に入りで、いつのまにか職場で定番のトッピング。

お弁当のおかずがろくでなしブルースな時に最適です!
b0089578_11415319.jpg
名古屋旅行で食べられなかった「手羽先のから揚げ」
心残りだったので家で作りました、もちろん全部自分の分。
骨があるとハイエナの様な食べ方になるので、お弁当にはいれなかった。

何を思ったかこだわりの作り方が掲載されていた本を参考にした。
鶏肉の汚れやアクを取るために酒でとにかく洗う洗う洗う・・ダシが抜けないか心配なほど。

お酒、みりん、醤油を混ぜいれた中に1日漬け込む。
だが、ここでレシピを読むと混ぜるのは「みりんと酒」だけで、醤油は後から肉に刷り込むとある。
ガーン!ここですでにこだわりのレシピ通りにならない!よく読め。

翌日、鶏肉にレシピ通りの分量の醤油をしつこいこほ揉み込むとあるが、
テンションがやや下がっているせいかテキトーに刷り込み。
そのせいで何となく薄味になりましたわ、ポジティブに考えればヘルシーとも言う。
b0089578_11503096.jpg
上の話題と関係ないが8月末にイチゴ姫とPerfumeのライブに行ってきた。
テクノ好きに年は関係ねぇーと思っていたが、会場は若者多数。
Perfumeより若いイチゴ姫は、細くて顔が小さくて背が高い、仮名:木村カエレ。
これが現代の若者スタイルなのね・・・と昭和の女はつぶやく。

youtubeから好きになったPerfume、バラエティでの喋りは殆ど知らないけど、
PVやライブの動画を限りなく見ていたので、なんとなく踊りや観客のノリも覚えてる。
だが、斜め前の男の人の手の動きの完璧さ、合いの手、掛け声の間の取り方にビックリ!
気づくと、そんな男性ファンがいっぱいいるのだ~
うぉぉーーと地鳴りのような野太い掛け声に改めてアイドルのライブに来ているのだと悟った。

3人が同じ動きで同じダンスをするのに見惚れ、カラオケ状態で歌を一緒に歌い、
長いMCで息を抜きながらすごく楽しめました。
capsuleの時のような押しつぶされそうな状態と違って座席があるのは年寄りにはいいわ

だがHed kandiのビーチハウスに収録されていそうな軽快なハウス、「The best thing」
を最後まで待っていたのにやってくれなかったのはショック・・好きな曲なのに。

その場の雰囲気でグッズコーナーにて、Perfumeのバックと汗かいたのでタオルを購入。
あ~ちゃん的にはビームス風に作りました、な一見Perfumeと分からないデザイン。
コンサートの記念的に購入するグッズとしてこれはいいですね。
昔友人が光GENJIもろ分かりタオルを持っていたが、今では闇グッズになっているのだろうか。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-21 07:10 | 料理(独身時代) | Trackback | Comments(12)

国際交流祭り2009

b0089578_22134250.jpg
こちらも早々に書いておかなければ、とアートzaマーケットからさかのぼること1週間前。
毎年、金沢市役所前で催される国際交流祭り2009に行ってきました。
国際色豊かなブースには各国の食べ物や雑貨など、ステージではライヴ。
この異文化交流で毎年自分の胃文化の幅を広げさせてもらってます。
b0089578_22135290.jpg
朝10時過ぎから食べまくるの分かっているのに朝食を食べてきてしまう胃袋の呪縛。
トルコのドネルケバブの準備がまだ整ってないようで、あんなに肉を見せつけられるのは目の毒。
b0089578_2214246.jpg
1人でチャリで朝からふら付いていると、なちぼんとのりさんを発見。
数多く食べるには知っている人を見つけて味見をするのが1番。
これはインドブースのカレーらしい・・まずは基本で舌を整える。
b0089578_22141214.jpg
パオたんカエマちゃん、カオナシさんを発見したので、机を1つ確保。
ロシアのボルシチヘルシーブームなのか野菜オンリーだったとか。
フィンランドのスープムーミンのクッキー付き。フィンランド製かと思いきや北陸製菓
ここのハードビスケットをいつも親が食べているわ、ムーミンの工場まで買いに行きたかったり。
台湾のビーフンあっさりウマ味。ちまきも美味っす。
韓国のトック沈んでる?これは味見してないわ。

伯母が中国ブースの方と知り合いで来ていて、私を探していたが見つからなかったとな。
思い切り下向いて食べてばかりだったしな・・
b0089578_22142282.jpg
韓国のキムパッバングラデシュのカレー&タンドリーチキンはマイルドな味。
タイのトムヤムラーメン毎年食べてしまうパクチーかけてトムヤムラブ。
辛さを調整できるのだが、パオたん用は火の海地獄のように真っ赤になっていた。
インドネシアのピーナッツソースサテー、ベトナム揚げ春巻き

ちょうどそこへヨツボさんが家族と共に来ていて、面識のあるのりさんを見つけて近づいてきた。
コメントでは何度かお邪魔していたがお互いに初対面。

のりさんが「そうだ、スカタンちゃんを紹介するよ」というので、
すかさずカエマちゃんを指さして「この人がスカタンです」と紹介。
「いやいやこの人です」、とこちらに向いたので、「実はこの人です!」となちぼんを指差す。
「誰が本物ですか!」・・・それは私です、初対面から失礼しました。

ヨツボさんはお酒が売ってないはずのイベントで何故かビールを持っていました。
スタッフが個人的に購入したビールを発見したのでその場で買ったとか?
さすが酒豪レディー、しゅごーい(プッ)飲み会期待してます。
b0089578_22143587.jpg
食べ終わって皆と別れた後、携帯にカエマちゃんからメール。
柿木畠でスペイン料理のカザデリブが出来立てパエリア販売している、という内容。
すぐにすっとんで行ってテイクアウト用に購入。

帰宅してから食べようと思ったが、我慢できずに途中の公園のベンチで一休み。
出来立てのパエリアのご飯の歯ごたえとコクのある味がたまりません!

あー旨かったとベンチでお食事した後、変な感覚がしたので足元を確認すると、
ふくらはぎを季節外れの蚊に3箇所もお食事されていました・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-19 12:37 | イベント | Trackback | Comments(30)

アートzaマーケットⅪ:1日目、2日目、3日目

b0089578_16551536.jpg
10月9日(金)~12日(月)に金沢21世紀美術館で行われた
アートzaマーケットⅪにて、「はんこ堂」と「石ころアート」のダブル出店をしました。
製作者&売り子:のりさん、イチゴちゃん、スカタン。

メインはのりさんのハンコ用の石に篆刻露天彫りをする「はんこ堂」
石代込みで1文字500円、毎回注文が相次ぎ売り子が叱咤激励して
馬車馬のように働かしている。
この3日間に彫ったハンコ作品はこんな感じ

ハンコに関する記事はのりさんのブログ(1日目2日目3日目)で、
こちらはうっかり出店3回目まできちゃったよ、な「ストーンアート」(←と書くとかっこつくか?)
オンリーで攻める私とイチゴちゃん作品の話題で。

前回までは自分のお遊び程度な手芸も出していたが、毎回売れ残って身内で買い取ることになるので、これ以上はた迷惑なものを出品するわけにもいかず、今回は断念。
途中まで毛糸のシュシュを作っていたが。←諦めが悪い
b0089578_16574961.jpg
サブの石ころアートがメインのように陣取っている販売ブース。
今までのりさんの娘ちゃんと記事に書いてきたが、「何かニックネームを付けた方がよくない?」
と本人に聞いてみると、「イチゴにして下さい」との事。
すかさず私が「ブリーチかよ!」と突っ込むがイチゴちゃんはポカーン。
あのね、週間JAMPでブリーチて漫画の主人公が黒崎イチゴで・・って説明がかっこ悪い!
自慢ですが小学生男子と話が合いますからな。
b0089578_171226.jpg
ペーパーウエイトにもなるストーンアートは大きさ別で100円~300円。
左の女の子の顔や唇がイチゴちゃん、右の表情豊かなだるま群がのりさん、
奥全部と猫水玉やふくろう、林檎が私。
女の子顔シリーズは雑貨系として、かわいい~と評判で女の子がよく買っていきました。

3人共製作者であるので、お互いを敬うという意味でこの3日間、敬称で呼ぶことにした。
のりさんは「大先生」、イチゴちゃんは「姫」、私は「師匠」
「大先生、ハンコの注文入りました~!大先生!」
おお、何か威厳があり気でもあり、うさんくささがプンプン漂っている。
私は「師匠!」と呼ばれても慣れてないので、振り向くまで何度か連呼されることになる。
b0089578_1723966.jpg
かなり大きい石のシリーズ、これは全部スカタン作。
カエルをちまちま描いていたが、デンジャラス・パンダが気に入ったのでいくつか追加。
やっぱり自然とキモキャラ系に方向転換。

関西系のおばちゃんが「もっとほっとするような癒し系のカエルが描けんの?」
ダメだしされつつもデンジャラスパンダを買っていかれました・・どっちや!
3日間石を見に来てくれていくつも購入してくれた某喫茶店のマスターも奇特な人だった。
きっと、家は石や変わったものだらけに違いないわ、ありがとうございます。
b0089578_174751.jpg
このイベント中、お昼ご飯を食べに行く暇もなく大先生共々、製作と店番に追われている。
自分でお弁当を作るという甲斐性も全くないので、
かわるがわる遊びにきてくれる方々の差し入れを期待するという図々しさ。

大先生の奥様のパン、イチゴちゃんの先生の大福、
イエローちゃんの手づくりクリーム林檎パン、ヨツボさんの玉子型プリン。
どれも美味しかったです、ありがとう!イエローちゃんのパンは出来たてでまだ温かかった。
他にはパオたん、なちぼん、たけさん、ゆんちゃん、
いろいろな人が遊びにきてくれて賑やかな初日でした。
b0089578_1752385.jpg
夢中になっているとトイレに行くのも忘れるのですな。
午前中からトイレにいかず、午後もかなり時間経ってから人として危険になってきたのでトイレに。
こんな大きなオブジェが沢山飾ってあるのです、すごくツボ。
桃や葡萄は分かったが、これは何?連れ去りたいような可愛さ。
b0089578_1764043.jpg
茸採りに行ってておすそ分けをくれたのはアブさん
家に持ちかえったが、どう処理していいか分からなかったので、直接本人に電話。
30分ほど塩水に漬けるとゴミや虫が浮かんでくるということ。
白いのがブナハリタケ、天ぷらやバター炒めによいそう。コリコリとした食感。
茶色いのがナラタケ、醤油やみりんなどで煮て佃煮などに。

そして作ったのが、ナラタケのお味噌汁~なめこのように滑りがある食感。
面倒くさいので、ブナハリタケとナラタケを一緒に昆布を細切りにして
醤油や砂糖、酒などで煮て佃煮にしました。
b0089578_1601365.jpg
2日目
1日目に半分以上が売れてしまったので、帰宅してからイチゴ姫と私は必死の創作活動。
また新しい石がブースへと並ぶ。女の子顔、お猿さん顔がイチゴ姫作。

そう、1日目に半分以上売れたと書いたが、実は殆ど売れ残っていたのが大先生のだるま。
売り子としての私たちも(自分を棚にあげながら)「これ気持ち悪いから売れないよね」
「おばあちゃんが1度手に取ったくらいだったよ」と散々の言い様。

そこで、このだるま群を「福だるま:100円、買うと福がついてくるかも」
と取ってつけたように縁起担ぎの福だるま命名。一種の詐欺ですな・・

すると、ある男の人がいきなり5つも購入していったのです。
「あの男の人はお金持ちに違いない!500円も買っていったよ」と、イチゴ姫
「500円ぐらいで金持ちかぁー?」大先生(父)
「だって、あのだるまを5つだよ!」←あのが説得力ありますわ。
それ以来、福だるまを手に取っていく人が増えて、3日間の間に全て売り切れました。
うーん、あの男の人が福を呼んできてくれたに違いないわ。
b0089578_1664863.jpg
こちらが私が新しく描いた石、雑貨系の葉っぱとか、ハンバーガー喰いうさぎとか。

売り子をしていると「あっ!」という声、よく見るとお客さんはよく行く焼き鳥屋のマスター。
「これ本業?」「まさか!」というやり取りがありつつ、ハンコ注文と石を買っていかれました。
ありがとうございます!思いがけない人に出会ったりするのが面白い。
b0089578_1685415.jpg
さて、この日も皆の差し入れが沢山ありました。
ミントンさんの手作りラスクとクッキー。
なちぼんのお稲荷さん、大量に作ってきてくれました!自慢ですがお稲荷さん作ったことない。
カエマちゃんとカオナシさんのバングラデシュカレーとロングホットドック。
りかさんのドイツ土産のオーストリアチョコをおつまみに。
他にも遊びにきてくれたデコパさん、ゆんちゃん、私の胃袋の弟子ワイルドターキーさんなどなど。

ミントンさんはその場で石もペイントしてくれて、雑貨系の可愛い絵を描いてくれた。
それを置いたところすぐに売れたので、私も次回は見習わねばと心に誓う。
でも、また変な趣味に戻ってしまうと確信してはいるが。
b0089578_16131413.jpg
ブースの1番前に座って売り子をしている私とイチゴ姫だが、
普段大人しい私は(ここ重要)セールストークがあまり上手くない。
2人して売り子のくせに下を向きながら石にペイントしつつ、
たまに顔を上げては「こんにちは~」と声をかける程度なので、
後ろから大先生が「お前らもっとちゃんと客の呼び込みをしろよ」と怒られる始末。

あぁ・・酒を飲めば・・別人28号なのに・・とポパイのほうれん草よろしく
隠し持っていたチューハイを1本飲み干した。が、1本くらいじゃあまり変化は見られなかった。
b0089578_1181810.jpg
3日目
新たに描き足してきた石たち、帰宅してから寝不足ぎみで製作してるので、
この3日間に耳の脇の白髪が1割増えたわ!真っ白に燃え尽きたみたいな。
アクリル絵の具でも塗っとかないと。

すぐ売れたのは赤いだるまちゃん。「マトリョーシカだ~」と言われたが、
「いや、だるま、これは絶対だるま」とあえて強調。マトリョーシカの模様わからんし。
クマーは大先生の描いた石の上から色をつぎ足して顔も変えてリニューアル。
しっかり、石の裏のサインは私のに換えときました!
ちなみにサインは「SKQ」←スカタンクイーンね。

怖いパンダは子供の受けが悪くって、人が一生懸命描いている間にも
横から「なんでそんなに怖いパンダにするの?」と子供からツッコミが入る。
それはね、私の心が真っ黒だからさ・・とは言いませんでしたが。

タケムーチョさんの子供からも「絶対に牙かかんといて!」と注文つきで
一応かわいい系のパンダを描かされました。買うのは親です。
b0089578_1616542.jpg
事前にブログで宣伝していたお陰か、何人かの方が「ブログ見ています」と訪問してくださった。
どうも、見にきてくれていただきありがとうございます。
その中の1人が買ってくれたのがこのデンジャラスパンダの石2つ。
これはその場で描いていたやつです~
会社の書類留めようのペーパーウエイトにするそうで。
こんな石机に置いといて変な人!と思われても責任は取れませんぞ。

さて、この石を売ったあたり(午後)は、飲まなきゃやってられねぇぜ!とばかりに
チューハイを3本ほど空けていて、ようやくセールストークが絶好調になってきたところだった。

とは反対に大先生は連日のハードなハンコ彫りに疲れもピーク。
私たちがどんどん注文を頂いて馬車馬のように働かせたせいでもありますが。
そこへだるまちゃんとてんむすちゃんがブースに遊びにきてくれた。
てんむすちゃんが「ハンコを彫ってほしい」と注文したが、大先生は殆どやる気なし。
すると「この人に彫ってあげなきゃどーするよ!」と酔っ払いの勢いで突っ込む私。
「は、はい・・」と素直に従う大先生。
この思わず出た女王っぷりにてんむすちゃんは一生付いていこうと思ったそうです。
b0089578_16231919.jpg
この日の貢物(プッ)ミントンさんのレアールのアンチョビを使ったアンチョビバターのガーリックトースト。
なちぼんのドーナツ、甘納豆かわむらのいよかん、五郎島金時、ありがとうございます!
たけさんからワッフルの差し入れがあったのだが、写真がない。
手に取った覚えがあるのだが食べた記憶がない・・・酔っ払いだからか?食べたのか?
イベントが終わりに近づいた時間になり、宅配ピザを頼んでその場で宴会。
『廣』のお客さん夫婦もご一緒に、実家のミカン農園のミカンを持ってきてくれた。
キムさんの持ってきたお魚?食べてないぞー。

結局、ハンコ石は連続注文で最後には6時間待ちでほぼ大盛況のうちに終了。
石アートの方も「血の付いた指&指輪セット」を1つ残すのみで全て完売しました。
全ての訪問してくださった皆様、片付け・差し入れしてくださった方々、ありがとうございました。
イチゴ姫、大先生も3日間、ありがとう。
b0089578_1624725.jpg
最後に顔出しOK牧場ということで堂々と“き楽寄席/金沢落語情報”主催者のなぁさん
宣伝です!10月17日(土)午後1時半より、金沢駅前の音楽堂にて
『笑福亭小つると桂勢朝のき楽寄席』があり、まだ席に余裕があるそうです。

私も明日いきますわ~土曜日までにこの記事アップしないと、なぁさんの顔出し損になってしまうっので、勢いつけて書きました。


さて、マーケットも終わって帰宅した後、疲れて横になっていると大先生から電話。
売り上げの分け前をどうするかということだった。
イベント前は終わった後は分け前に血の雨が降るね、と物騒なことを言っていたが、
3人がどれだけハンコを彫ったか、石を描いたか、まったく記録していなくテキトーだったので、
結局、なんとなく働いた分を適当に分けることになった。
3人とも純次気質があるのでは!?

そして、私は着ていったジャケットがないことに気付き、
「ジャケットがない!ARMENのジャケ高かったのに!」と電話口で騒ぎ始めた。
「分かったこっちも探しておく」と一旦電話を切られた後、
21世紀美術館にも電話をして、落し物がなかったか確認の電話。

電話を切った後、ふとパソコンの椅子を見ると・・ジャケットがかけてある。
大先生に「ごめん、ジャケット部屋にあったわー」と連絡すると
「バカヤロー!!!」という返事が返ってきた。
どうも酔っ払いですみません。

おわり
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-16 07:41 | イベント | Trackback | Comments(52)

名古屋(熱田):熱田神宮→(大須):Rossi Mango(アイス)

b0089578_0243743.jpg
今回の名古屋旅、フードファイターばかりしているわけではない。
御朱印帳に新たな朱印を加えるため、三種の神器の一つ草薙神剣の御鎮座に始まる
熱田神宮に行ってきました。
ナビに従いJR熱田駅近くに移動、「熱田神宮があつた!あつた!」
と由緒ある神社への親父ギャグの奉納も欠かしません。(写真は東門)
b0089578_0245389.jpg
だが、なんと本宮は修復中だった!ガーン。
一応、御朱印は頂いてきたもののかなりの消化不良。
ちゃんと調べておけばよかった・・
b0089578_025779.jpg
境内には名古屋コーチンが放し飼いされており、人に馴れているのか近づいても逃げない。
コーチンの卵が転がっているのでは?とつい茂みに不届きな視線を送ってしまった。
b0089578_0251983.jpg
再び矢場付近へ戻って、長靴をラシックの地下に待たせてしばらくお店を見て回った。
一瞬よ、一瞬、とか言いながら、ラシックを見回った後、
パルコまで走っていってジャースタ見に行ってました。←戻った顔に大量の汗

その後は大須商店街をぶらぶら散策、ブラジル料理店や古ぼけた飲み屋に鰻屋さん、
また入ったことないお店に心躍るも日帰りなので今回は寄れないわ~残念。

最後に食べるのはデザート。
商店街の横道を入った場所にあるRossi Mango(ロッシ マンゴ)
韓国ヨーグルトアイス専門店の日本1号店。
b0089578_0253026.jpg

パッピンス:500円
シロップをかけたかき氷の上にヨーグルトアイスがのっていて、
好きなトッピングを4種類かける(小倉・マンゴー・キウイ・ピーチ)
サイズはかなり大きいので2人分くらいありますが、
甘いもの苦手な長靴はヨーグルトソフト1口だけで充分、後は私が全て平らげた。

お土産は頼まれていたのもあって、大須ういろう、青柳ういろうなどの1口ういろうや
1本丸ごとういろう、塩キャラメルういろうなどいろいろ購入。
日帰りでも名古屋グルメ旅、充分楽しめました。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-14 11:50 | 愛知(名古屋) | Trackback | Comments(20)

名古屋(矢場):味仙(台湾料理)

b0089578_23572264.jpg
名古屋で矢場とんを食べた後の昼ハシゴの店として決めてあったのは、
角を曲がって数軒歩けばいいだけの台湾料理の味仙(矢場町店)
名古屋フードとして進化した「台湾ラーメン」で有名なお店ですな。
今池店には何度か足を運んだことはあるがが、矢場店は初めて。
ネットでの矢場店の雰囲気が殺伐としていると評判!?だったので、気になっていた。
日曜夜8時の殺伐戦国時代に萌えるプチ歴女ですから。
b0089578_23573531.jpg
これは帰り際の1階の店内の様子。
ランチタイム終了時間なので余裕が見られる写真だが、私たちが入店した時間は1階は満席。
2階に行くように指示され、階段を登ると聞こえてくるのは叫び声の嵐!
それは中華系のおばちゃん店員同士の注文のやり取りだった。

店内がざわついていつせいか、「ホニャララ!!!」「ホニャラララ!!!!」
とお互いに叫ばないと聞こえないのかもしれないが物凄い迫力、感嘆符祭り。
「本場だよ、本場の空気の店にきちまっただよ」と多少吉幾三げにビビリながら、テーブルにつく。
b0089578_23575946.jpg
ナス炒め
ひき肉と茄子の炒め物はやや塩味が強く、結構辛味がある。
今回も運転手は長靴なのだが、さすが仏の長靴と呼ばれるだけはある。
テーブルコショウを5回回転させて「飲・ん・で・い・い・よ」のサイン(ウソ)
飲んでよしの御達しが出たので、慎み深い私は遠慮してチューハイ1本だけ飲みました。
おばちゃんがドーン!とコップとチューハイの瓶そのまま持ってきました。
b0089578_755846.jpg
ホルモン炒め
来たよホルモン、待ってたホルモン。これは茄子炒めよりも辛い。
連休のせいか、1階も2階もほぼ満席状態でまさに戦場。
ドタドタッと走り回る音やガシャーーンというお皿の割れる音が響きわたったせいか、
1階からオーナーらしき人がどなりに来ましたよ。まさに殺伐としている・・

午後2時にランチタイムが終了なので、おばちゃん達の片付ける気合がすごいっす。
隣の若人たちのテーブル共々、食べ終わって片付けるお皿がないかしょっちゅう覗きにくる。
半端ない叫び声のお店のおばちゃん達に圧されているのか、若い男性店員の方は静かだわ~。
b0089578_23593036.jpg
台湾ラーメン
きたきた、お待ちかねの台湾ラーメン・・・・と、さっそく1口すすると・・
ゴホッ、ガハッッ  あまりの辛さにむせて咳が止まらん!!
スープも熱い上に辛さで口の中が火の海になりそうっ。
他の料理でお口直ししようとするが、茄子炒めもホルモンも共に辛いのだった・・ぐあああ!!

浮いている唐辛子の量もさることながら、底に沈んでいる刻まれたニンニクの量は半端じゃない。
味はちょっと塩味が強めかな~今池の台湾ラーメンの方が美味しいかも。
しかし、この殺伐とした雰囲気と超辛いラーメンがツボに入る人はいるかな・・私たちのことか!
b0089578_7552235.jpg
ピータン
最後にきたピータンがお口のオアシスになろうとは・・ピータン好きです。
辛い辛いと騒いでいた台湾ラーメンも全部ではないが、殆どスープも飲んで
2人ともニンニクたっぷりの素敵な息に。これぞ息ピッタリ!
小袋炒めや気になる料理がたくさんあったので、今度は夜に食べにきたいです。
b0089578_7553559.jpg
マイお土産に買った味仙のふりかけ。
これがまた海苔の他にてんこ盛りの唐辛子とニンニクが入り放題。

皆に味わってもらおうと職場に持っていき、何が入っているか言わずにふりかけて
食べた後の自分のニンニク臭さに一部の女子の不評を買いました、プッ
気に入ったおじさまの中には私のふりかけを時々借りて、お茶漬けにして食べている。
おじさま曰く冗談で「ニンニクで加齢臭がごまかせるな」と評判です。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-11 21:14 | 愛知 | Trackback | Comments(34)

名古屋(矢場):矢場とん・矢場町本店(味噌かつ)

b0089578_1853861.jpg
名古屋は何度も旅行に来ているので、地元民しか知らない裏通りの店にも心惹かれるが
とりあえずその道の王道の店も制覇しとかないと比較のしようがない。

「ザ・王道を行く!」
手羽先の山ちゃんは本店を制覇、味噌カツの叶は遥か昔に行った記憶。
今回は味噌かつのあの本丸を攻めることにした、矢場とん・矢場町本店
本店に向かって車を走らせると、お昼ともあって大通りにトンでもない行列!矢場とんだけに。
店の後ろに10台ほど停められる駐車場があり、行列を管理したり車を整理したりする係もいる。
b0089578_185321100.jpg
横道まで何列にも行列が出来てるので、ディズニーランド並の待ち時間かと心配したが、
回転は早いようで30分ほどで1階のカウンター席に案内される。
目の前で作るのを見学するのは好きなのでこれはラッキー。
両隣はいずれも味噌かつ丼や定食を注文していたが、実はランチのハシゴを考えていたので、
ここはご飯は食べずに、主要なメニューを一通り単品で注文することにした。
b0089578_18533322.jpg
特製どて煮
濃厚な色ほどにくどくはないどて煮、うぅっ、思わず1杯やりたくなる品っ。
酒を飲むと別人28号、5時から女の愚弄さんにとって単品注文なのにノンアルコールは辛いわ。
b0089578_18534792.jpg
ひれ串かつ、ロース串かつ
みそかつの元祖といわれる串かつをひれ、ロース共に1串づつ。
衣は味噌かつのとは違うようで、甘味をおびた独特の味噌味。
b0089578_18535777.jpg
矢場とん汁
野菜とお肉がたっぷり入ったトン汁。
b0089578_1854837.jpg
鉄板とんかつ
お肉が見えないほどの湯気立ち!
鹿児島産の黒豚が柔らかくてジューシーで、タレのかかったキャベツが香ばしい。
今まで食べた味噌ダレは見た目と同じ通り濃厚で、お店によってはくどく感じる味もあったが、
ここの味噌ダレはその中では割りとあっさりしている方だと思う、美味しかったです。

長靴は「トンカツは3切れまで」をポリシーとしている胃腸なので、2人で分けるくらいが丁度良い。
私はエブリデー揚げ物推奨委員会なので、まだこれくらいではお腹の隙間は埋まらない。
という訳で次のお店にハシゴです、つづく。

b0089578_175036.jpg
今週末に出品するアートzaマーケット XIの石ころアートの続き。
「カエルとキノコ」の評判がよかったので、もっと描こう!と思い追加。
なんだかリアル系になってしまい、気力悪い系に・・・。
しかも、私の中のキノコはスーパーマリオに出てくるスーパーキノコのイメージしかありません。

前は子供が思わず親にねだってしまうような可愛い系キャラも必要だと言ってたが、
描いてしまったのは、思わず子供が泣き出しそうな「デンジャラス・パンダ」。
知らないうちに自分の趣味がじわりと出てきてしまうわ!

Francfrancやunicoみたいなシンプルですっきりオサレな部屋にしたいのに
気がつくと「ぬりかべ」のヌイグルミなど、変な系アイテムが増えている・・みたいな。

これから台風が近づいてきますねー当日は晴れるといいな。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-07 22:55 | 愛知 | Trackback | Comments(24)

名古屋(名古屋駅):コメダ珈琲→サロン・ド・モンシュシュで堂島ロールセット

b0089578_644448.jpg
ETC1000円効果でいつもがら空きの北陸自動車道でさえ、休日は車が走っているそう。
ETCを付けている長靴は取り付けたからには活用しなければ、活用、小林かつ代!
というわけで、日帰り名古屋旅に行ってきました。

日帰りで名古屋だと殆ど名古屋飯を巡る目的に絞られ、
しかもがっつり系中心に計画が練りあがるので、オサレ系は蔑ろにされがち。
それならばモンシュシュ・サロンに開店と同時に入って、堂島ロール朝定食を食べに行こう!
と早朝から出発して、9時過ぎには名古屋駅地下街に潜入。

しかし、甘味が苦手な長靴は堂島ロールは食べられない。
なので先に長靴用の朝ご飯はコメダ珈琲(エスカ店)で名古屋モーニング。
コーヒー1杯に付いてくるトースト半分&ゆで卵。
すぐに堂島ロール食べるはずの私も何故か食べている事実、プッ。
b0089578_6441511.jpg
ミッドラランド・スクエア地下にあるサロン・ド・モンシュシュ
ヨーロピアンな家具が揃ったエレガントな空間のサロン、ミッドスクエア限定のデセールも頂ける。
10時開店だが30分前に行くとすでに行列が出来はじめていた。
でも、こんなことでは動じないわ、堂島ロールだけに。

並ぼうとすると堂島ロール購入者用、サロン用と列が分かれていたので、
「向こうに並んで」と長靴をサロン用に並ばせる、私はお土産用の堂島ロール列に。
サロン列は女性達ばかりの中でおっさん1人が並ぶ図。

開店時間にはロール待ちはかなりのすごい行列、1人で6本も買う人がいたりして
連休だったし、1日限定うん百個は午前中にはなくなってしまうのではないか?という勢い。
私はプリンセスロールと迷ったけど、普通の堂島ロールを1本ゲット。
サロンは席が少ないので即入るならやはり並ばねば。
b0089578_6442720.jpg
長靴の注文したアイスティーには、店頭でも売られているバームクーヘン、
堂島ストーリー(いちご)が付いてきました。
長靴は甘味が苦手なので、バームクーヘンはもちろん私が頂戴した。
お前のものは俺のもの。 俺のものは俺のもの by ジャイアン
堂島ストーリーはしっとりとしてほのかな苺味がおいしゅうございました。
b0089578_6443930.jpg
季節限定のプリンセスロールはサロンの中でカットケーキとしてメニューにあると思っていたら、
なんと店頭での1本買いしか出来ないという・・あぁ勝手な思い込み・・もうあの列に並ぶ気はしないし。

気をとりなおして、堂島ロールとお好きなケーキのセットを注文。
堂島ロール&オランジュパッション、乙女はケーキ2個が基本。

以前、地元のデパート催事の際に頂いて食べたことのある堂島ロール。
スポンジ、生クリーム共に濃厚な味なので美味しいけど1切れで満足だわ~。
もう一つのオランジュパッションはオレンジババロアにパッションフルーツのジュレを合わせた
酸味のある爽やかなケーキなので、濃厚なロールとの組み合わせに丁度良かった。

その後、地下のDEAN & DELUCAでマンゴー&バナナのジャムとチリパウダーを買った後、
ジャム裏のシールを見ると、なんと製造が地元のケーキ屋さんだった!
ケーキ屋さんが悪いわけじゃないが、お土産気分はいささか崩れたりして・・・

そうこうしているうちにお昼ご飯の時間に近づく。
日帰りは時間が貴重なので次の予定地に移動しなければ。
お腹の都合はどうとでもなるので。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-05 12:45 | 愛知(名古屋) | Trackback | Comments(26)