<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

富山(魚津):魚づ鱒寿し店(ますの寿司)→諏訪神社・魚津神社→河内屋(蒲鉾)

b0089578_228521.jpg
今年の冷夏、各地で作物に影響が出ているようですが、
自身の体調も7月はやや下向き傾向、飲み会でトイレの番人なんてのもあったし。
(単に飲みすぎ?)
そこでETC1000円と利用して、今度は富山県魚津に湯治に行ってきました。

湯治はWikipediaによると、「温泉地に長期滞留して温泉療養を行う行為である。
日帰りや数泊で疲労回復の目的や物見遊山的に行う温泉旅行とは、本来、区別すべきである。」とある。
つまり湯治を軽んじるな、要するになめんじゃねぇ!ということですね。
私の場合、当初の目的を外れてお土産・食事にスポットライトがあたり、まさに歩く物見遊山!
お前が区別されるべきである、と言われてるような気になるわ。

さて、日帰り湯治と名を変え、最初の物見遊山は鱒の寿司の魚づ鱒寿し店
地方発送も行っている持ち帰り専門の鱒寿司のお店。
b0089578_229276.jpg
以前、大人の遠足仲間のひとひらさんが飲み会の席で鱒寿司を皆に振舞ってくれたのだが、
「こ・・これは・・ふむぅっっ」と味皇のような反応が出てしまうほど美味しかったので、
魚津に出かけた際にはぜひ手に入れたいと思っていた鱒寿司なのだ。

富山には沢山の鱒寿司のお店があり、皆それぞれのお気に入りの店があるのだとか。
私も富山に行った時に何種類か購入して食べてみたりしているが、
なかなか魚津までは買いに来られないから貴重だわ。

石川で販売されている鱒の寿司と言えば、のますの寿司が殆ど。
うちも昔から普段のますの寿司と言えば源だった。
鱒の寿司は好きなので、コンビニのおにぎり型のも食べていますぞ。

店内入り口横で鱒を丁寧に包丁を入れていたお店のご主人。
顔は恥ずかしいから手だけだったいいよ、撮らせてもらった写真はすでに手タレの風格。
b0089578_2291263.jpg
鱒の切り身が透き通るような色合いで、ご飯の量に対して厚みがある。
柔らかくて旨味~食べごろは押してから8時間後だそう。
1段なら1300円というお手ごろ価格なのも魅力的。
電話で予約しておくのがベター(何時頃に食べられるかも聞いてきます)
b0089578_22932100.jpg
最近では、その土地に神社があらば御朱印帳を持って走れ、と記念スタンプ的なノリ。
↑こちらもスタンプとは区別するべきなので、朱印なめるな!ですな。

こちらは海沿いに向かって建つ諏訪神社
豊漁を祈って毎年行われる「たてもん祭りの神社」、
また「蜃気楼(しんきろう)の見える神社」として広く親しまれている。
神社内にはこの日は誰もいませんでした・・・。
b0089578_2294082.jpg
神社を振り返ると目の前には、だ~れもいない海♪(by 南沙織・・・・ハッ森高)
写真では分りづらいが、海平線上にしんきろうの陸地のようなものが見えます。
蜃気楼と聞いてクリスタルキングを思い出した私は昭和歌謡市場か。
b0089578_2295054.jpg
今度は魚津の商店街の中ほどにある魚津神社
元々は神明社という名前の神社だったがその地区の大規模な火災によって消失し、
4つの神社を統合し、魚津神社となったそうです。
b0089578_22102631.jpg
富山は細工かまぼこ、昆布巻きかまぼこなど蒲鉾も有名な土地柄。
と言うわけで立ち寄った河内屋
b0089578_22103625.jpg
店内は基本の板蒲鉾から変わり蒲鉾まで種類が豊富。
焼きかまぼこ、白海老かまぼこ、枝豆かまぼこ、カリー蒲鉾(海老)
カリー蒲鉾は油断して食べてるとそのピリ辛さに驚き!結構辛い。
夏季限定だそうで、海老の他にはホタテ・玉ねぎ、ほうれん草・チーズもあり。

と、HPを読んでると石川にも2軒支店があったわ!(金沢百番街店、徳光車遊館店)
お土産のつもりで買ったが、金沢駅に思い切り売ってたりして・・

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-08-31 12:38 | 富山 | Trackback | Comments(24)

金沢(松村):てきさす(洋食・カレー)

b0089578_23442261.jpg
先月、毎度帰郷しているはむ(F.I.L.O)と食事に行くことになったが、
「手持ちがあと1000円しかない!ランチは1000円以下で頼む!」
と言われたので、私たちがウロついていた近場にあったてきさすへ。

カレーピラフ:750円
鉄板の上に玉子を落とし、その上にピラフ&カレー、サラダと味噌汁付き。
ここのカレーは多種のスパイスが組み込まれ、こだわった喫茶店の濃いカレーで昔から大好き!
学生の頃、近くの自動車学校に通っていた時にランチをいつもここで食べていた。
ウォークマン(テープの時代)でthe cureを聴きながら、自動車学校のバスに揺られ
ゆるゆる通っていました。多少、この店までは徒歩だと距離があるが、若さと食欲には関係なし。
b0089578_23443250.jpg
自家製シソジュース
食後にコーヒーか自家製シソジュースを選択出来る。

自分の昔からの定番はカレーピラフだったが、周りのお客さんが次々と注文するのは
やさ玉カレーというカレーの上に炒めた野菜の玉子焼きがのっているメニュー。
次々「やさ玉」「やさ玉」と相次ぎ、店内はやさ玉音頭な勢い。
次回はやさ玉カレー頼んでみよっと、焼きカレーや鉄板スパも気になる木。

1000円以下を大きく下回る値段で無事にランチを終了させた私たち。

「次来る時もお金がないんだーーーじゃあ、次回は500円以下で!」

500円以下ランチ?かなりハードルが高くなった。
しかも量は少なめではいけないのよ、多めか普通で。←特に私が

しかし、ここまで他力本願寺にお参りされては、次回は意地でも安い店を見つけるわ!
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-08-28 07:18 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(24)

滋賀(大津):日吉大社→比叡山延暦寺→(木之本)平和堂

b0089578_21444062.jpg
今回の日帰り旅の最大ポイント、滋賀県大津市坂本にある日吉大社
日本全国に約2000社ある日吉・日枝・山王神社の総本宮であり、
長靴が住んでいる街の神社が日吉大社系列で一度総本宮である日吉大社に来てみたかったとか。
写真は西本宮楼門、建造物の殆どが安土桃山時代の建立。
b0089578_21445665.jpg
写真は西本宮本殿。
400,000m²と広い境内を西本宮と東本宮、白山宮と歩きまわったが、
さすがに奥宮(牛尾山頂上)まで登る気力はあらず。
b0089578_2145944.jpg
山王祭に御子神(子供の神様)の幸福を願って供えられる「福楽寿々米(ふくらすずめ)」。
日吉神社は猿を神の使いとして崇拝しているので猿の土鈴も並んでいたが、
ふっくらしている雀の方が好み。←神使いよりビジュアル専行
b0089578_21452679.jpg
水色ともみじの赤のコントラストが爽やかな日吉大社の御朱印帳。
もみじ祭(11月)の頃はすごく紅葉が綺麗なんでしょうね。
b0089578_21455045.jpg
まだ時間がありそうだったので比叡山ドライブウェイを登って
紅葉の時期に訪れて以来久しぶりに比叡山延暦寺へ。
写真は大講堂。
b0089578_21455988.jpg
荘厳さが漂う根本中堂、ここで阿闍梨(あじゃり)さま達も日々修行を重ねているのだな、
とテレビで阿闍梨さま修行の特集を観て以来、最近にわかアジャラーな長靴。
b0089578_2146896.jpg
写真は阿弥陀堂、東塔。
比叡山延暦寺は山に東塔、西塔、横川と車で移動しないと拝観できず、
午後からしかも日吉大社を観て周った後ではまったく時間が足りません。
受付時間ギリギリで東塔地区に駆け込み寺したものの、西塔、横川に行く前に閉館時間。
奥比叡ドライブウェイの料金2000代が勿体無い!←物欲の鬼、修行が足りぬのう
b0089578_21462175.jpg
パーキングから望む琵琶湖の景色、次は半日余裕を持ってきますわ。
b0089578_21463634.jpg
お昼のデカ盛りもいい感じにこなれてきて、そろそろオヤツの時間。
セブンイレブンにて滋賀県限定の「滋賀県産アムスメロンのホイップメロン」を発見。

守山産のアムスメロン果汁が入っているそうで、
なるほどメロンの香りが袋を開けた瞬間からふわ~っと漂い、別腹がアップを始めた。
外はメロンパン風のカリパリ食感、間にメロンクリームとなかなかの満足感。
b0089578_21464785.jpg
琵琶湖の湖西沿岸を北へ移動し、目指すは木之本インター。
高速に乗る前にある目的のために平和堂・木之本店へ。
なちぼん一家と京都日帰り旅の時にも立ち寄った、平和堂の中では小規模の店舗。
だが、スーパーの中の地元特産品を見つけるのが土産ハンターの楽しみの1つ。
b0089578_2147174.jpg
スーパー内の最大目的、つるやの「サラダパン」を買いに走ったが、すでに売り切れ!ガビーン。
(つるや本店に行ってもよかったが、日曜の営業時間をすでに過ぎていた)

サラダパンとは、コッペパンの中に刻んだタクワンとマヨネーズ
コラボレートされているという渋茶をすすりながら食べたくなってしまう奇妙なパンの事。
タクワンをサラダと言い切るところが・・・でも一応野菜か。

ケンミンショー、行列のできる法律相談所などで紹介、
TMレボの西川くんからも愛されているとあって一度食べてみたかったのに。
b0089578_21471155.jpg
サラダパンは買えなかったが、残っていたサンドウィッチ、あんマーガリンをゲット。

サンドウィッチは、まるい食パンにマヨネーズと魚肉ソーセージ。
あんマーガリンは、ソフトフランスパンにあんとマーガリンをはさんだパンで、
名古屋の小倉トーストを食べているデジャヴ感!

実につるやと奇妙な仲間たち、ここへ来たのは無駄無駄ではなかった。ドドドド
いかし、木之本にサラダパンの心の借りを残したままなので、また行くと思います。

その他のお土産
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-08-25 06:52 | 滋賀 | Trackback | Comments(28)

滋賀(大津市):美富士食堂(食堂)

b0089578_0532225.jpg
日帰り滋賀県の旅、ランチは大津に移動して、
いろんなマスコミに滋賀のアイアンストマック共の聖地と取り上げられている美富士食堂
京阪石山坂本線、膳所本町の駅前にあり、湖畔公園の前にある無料駐車場に止めろと勧められたので、そこからお店に向かって歩いていると、ん・・?
前の家族の団体も後ろの若者グループもある方向を目指してひたすら歩いているような。
これは全員、美富士食堂に向かう人!?
若者がすぐ後ろに迫ってきたので、早歩き変換すると前の家族もこの歩きにピンときたら一直線。
3グループが心に冷や汗でザカザカと早歩き、ムカデの団体か。
全員入店したところで満席になりました。
b0089578_0533736.jpg
味わいのある店内には食堂のメニューがずらり!どれも良心的な食堂の値段です。
すぐ傍の膳所高校の野球部の部員もおり、安くて量の多いメニューは運動部員の胃袋の支え。

カップルがオムライスを2人で分けていたが、北野食堂の2倍以上な量で苦しんでいたので
ご飯ものを2品注文するのは自殺行為と悟り、1品は麺類に焦点を合わせる。
なんたって先にロールケーキを食べているというハンデもある(私だけ)
b0089578_0534768.jpg
ざるそば
軽めのざるそばを注文したつもりが、予想していたとはいえざるそば大盛り!!
というか、この山盛りのかき氷は・・・ざるそば界のマッターホルンや~!(彦麻呂調)

暑いからかき氷?上の氷をそのまま食べてしまったが、つゆに氷を入れてもよかったかも。
ちなみにつゆの器はお味噌汁くらいの大きさ。
b0089578_0535925.jpg
カツカレー
きたーー!カレー汁はこぼれる為にある、当然のようにお盆必須。
下げ底のお皿にはご飯が山盛りぎゅうぎゅうに詰め込まれていて、いくら食べてもなくならない。
味は昔ルーがなかった頃の小麦粉とカレー粉から作ったような懐かしい味。
カツは分厚くてジューシーで美味しいのでカツ定食もお勧めかも(他の人が食べていた)。

隣の席の人はお好み焼きで、どんぶりの器に具がてんこ盛りで
混ぜ合わせるたびに周りにボロボロこぼしまくっていた。
それぞれ大盛りなので周囲を観察するのもまた楽し(私たちは合い席の子供からガン見)
レバーフライなど一品料理も激しく気になります。
b0089578_0541112.jpg
食べ終わった後におばちゃんに金沢から来たことを告げると、
息子が金沢の大学に行ってて前に近江町市場のお寿司屋さんに連れていってもらったわ、などとしばし楽しくお喋り。

スピードアップでお腹が膨れる前に全て平らげたが、時間が経つにつれ訪れる圧迫感地獄。
コーラを買って飲んだのが輪をかけて苦しく、しばらく琵琶湖を見ながら放心状態。
ここまでまだ本当の旅の目的には達してません。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-08-20 12:45 | 滋賀 | Trackback(1) | Comments(26)

滋賀(彦根):クラブハリエ・たねや(洋・和菓子)→彦根城→三中井(洋菓子)

b0089578_2151952.jpg
初めての御朱印帳は滋賀県の日吉大社のものを所望!
と前々から公言していた長靴と共に7月中旬に日帰り滋賀県ツアーへ。
北陸熟女会でのkasumixさまの御朱印帳巡り以来、すっかり感化されておりマッスル。

その計画、私が行きたい場所をはめ込むと最初の予定より食にベクトルが傾きがち。
早朝から出発して、朝の10時開店に間に合うように到着したのはたねや「彦根美濠の舎」
「たねや」といえば「クラブハリエ」のバームクーヘンでおなじみ、
他には和菓子・パン・アイスやショコラの各専門ショップも併設されている。
b0089578_21511995.jpg
開店と同時で余裕で買えたバームクーヘンは自分へのお土産120%。
年輪との間がふわっとしてしっとりとした生地が美味しいですね。
家族はこの手のお菓子は食べないので全て私が平らげた。
食後のデザートや朝ご飯代わりにしていて、バームクーヘン全部くえへんということはあらず。
b0089578_21512995.jpg
バームクーヘンだけなら他にも店舗はあるが、彦根に来たのは彦根城観光のため。
初彦根城!かつての彦根藩主、井伊家の居城へと潜入。
表門橋から入って表門から天守閣へはやや急勾配な道が続く。
b0089578_21513913.jpg
美しい三層三階の天守閣の最上階から彦根の町の眺めを一望。
展望を満喫した後にはお待ちかねのアレです、アレの登場時間まで天守閣の周りをうろちょろと。
b0089578_21514957.jpg
でた!ゆるきゃら代表格のひこにゃん、既に武道館ライブもできそうな風格。
実物を見るまでは、ひこにゃん何となく可愛いね、という程度だったが、
実際のひこにゃんの動きがとってもユーモラスで可愛い。
ひこにゃんダンスにひこにゃんポーズ、皆緻密に計算されたような中の人の・・ハッ中の人などいない!
何故かひこにゃーーん!と声援を送っているのは大人が多かったりして・・・。

見終わった後には「ひこにゃん、ひこにゃん、ひこにゃん、にゃん♪」と自然と歌ってしまったり、
ひこにゃんポーズはかつて一世風靡した「命」のポーズにも心なしか似ており、
カメラを自分に向けられるたびにひこにゃんポーズをしてしまうという、すでにひこにゃん中毒。

地元にもこんなにラブリーなゆるキャラがいればいいのに。
なんでも能登にはのとドンというゆるキャラがいるらしいです。
プリン?と見間違えそうな形態。「と」を抜かすと物騒な名前になりそうな(爆
金沢にはゆるキャラいなかったような?適当に犬をモチーフにして「かなワン」とか。
決めのセリフは「こりゃかなワン!」ですな、当然。
b0089578_2152931.jpg
彦根城を後にして、お堀のすぐそばに町屋風のお土産屋、食事処などのショップが立ち並ぶ
夢京橋キャッスルロードに向いました。
b0089578_21522050.jpg
その中でも趣のある創業昭和24年から続く洋菓子の三中井(みなかい)へ。
昔ながらのケーキや洋菓子は懐かしさ溢れるものばかり。
b0089578_21523065.jpg
このお店で一番有名なオリンピアは、柔らかいシュー生地に覆われたロールケーキ。
中の生クリームとピーチの味わいは甘さ控えめで、さくっと食べられました。
まさにランチ前だったので、さくっとランチの前菜をいただいたわけです。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-08-19 00:49 | 滋賀 | Trackback(1) | Comments(28)

金沢(武蔵):フルーツむらはた(赤肉メロン)

b0089578_16182348.jpg
毎度の月一集結、フルーツむらはたでのパフェむらむら会、8月は赤肉メロン
この日のメンバーはBOWちゃんだるまちゃん味噌ちゃん、わかさま。

私、BOWちゃん、わかさまが食べた北海道赤肉メロンパフェ ¥1,380
赤肉いメロンが底までどっさり、真ん中はソフトクリーム、その下は赤肉メロンシャーベット。
毎回、隠れたフルーツシャーベットが密かに楽しみ。

ちょうど昨日、ぴったんこカンカンで北海道夕張メロン特集をしていました。
メロンもいいけど、ロケの高田純次(62歳)のやりすぎ感あり過ぎなギャグに釘付け。
純次と誕生日が1日違いなニアミスデーな私、ちょっと親近感、適当感。
b0089578_16192735.jpg
赤肉メロンと石川アールスの盛り合わせ ¥900
味噌ちゃんが食べた赤肉と青肉メロンの2種類の盛り合わせ。

実はここに食べに行く前にだるまちゃんがデパ地下でダチョウ倶楽部の肥後さんを見かけたそう。
肥後さん、と言われても今一つピンと来なくて、「ドリカムの人だよね!」でやっと理解しましたわ。
正確にはドリカムの物真似、ですが。
ドリカム、腕噛む、どこ噛むねん!←それは村上ショージ
b0089578_1620475.jpg
だるまちゃんが食した赤肉メロンヨーグルト ¥450

そうそう、最近18きっぷで金沢に来てむらはたで食べた人がいるんだよ~
という話をしていたら、「え!?18禁きっぷ?」と味噌ちゃん。
ちょっ・・18禁きっぷとはどんな切符だ!とツッコミ集中。
※味噌ちゃんは女性らしい大人乙女な人です
b0089578_1623839.jpg
だるまちゃんは歯の治療中でアイスなど冷たい物を食べると歯にしみるので、
パフェは諦めてヨーグルト。
だけどせっかくの月一の厳選パフェ、諦め切れなかったらしい。
「アイスを歯に当たらないように、のどちん●まで、運べば大丈夫かな」
ちょっ・・乙女がいきなり何言うん!とまたもやツッコミ集中。
「でも、それ以外で何て呼べばいいのー」「そういえばそうだよね」と周りもうなずきトリオ。
「じゃあ、乙女らしくない人はそういう発言をしなかったと」とBOWちゃん
※だるまちゃんは乙女な外見のちょっと面白女子です

閉店間際のむらはたでこんな会話をしている私たちを生温かい目で見ているマスター
また来月も食べに行きますのでよろしくです。

※8/15.16.17はお盆休みだそうです
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-08-15 18:54 | 石川(金沢) | Trackback(3) | Comments(30)

金沢(片町):北京(中華)

b0089578_0521115.jpg
金沢市役所裏の柿木畠通り中程にある中華の北京
会社のおじ様に言わせると学生の頃からあったらしく、わしが育てた!感ありありで、
私の場合も酒心ついた頃(学生の頃)には存在していたと認識。
定食を食べにカウンターにずらりと人が並ぶ家庭的な雰囲気のあるお店の中、
ランチ単品荒らしの面々で向かいました。
b0089578_0522418.jpg
小エビの天ぷら
単品には普通皿、小皿の2種類があり、数多く食べたい人には小皿がお勧め。
普通皿600~900円代を小皿にしてみても結構量は多め。
b0089578_0523539.jpg
焼き餃子、春巻き
手づくりの焼き餃子は普通に美味しく、6個250円でテイクアウトも可。
昔、中華に行くと必ず春巻きを注文していました。
家で作る確率が限りなく低いメニュー、だから余計に注文したいのかも。
b0089578_0524599.jpg
ホイコーロ
小皿、揚げ物が多いので野菜を摂取。
b0089578_0525846.jpg
豚肉の天ぷら
これも小皿。春巻きのタレが好みだったのでエビも天ぷらも何でもつけて食べていましたわ。
b0089578_053828.jpg
チャーハン、ピリ辛・タンタンメン
一番人気はマーボラーメンらしいが、人気急上昇かなのタンタンメンを注文。
このスープ、鶏がらやトンコツ?っぽい味なのにあっさりした後味が残る。
ページを見ると魚貝のダシや野菜が入っているそうで、なんだかクセになります。
スープだけ何度も飲んでお腹がスープ腹になりました。

コレステロール減らすと宣言したのに、外食では食べたいもの食べる傾向で改善は見られない様子。
それならと、家での食事は青魚類、大豆、野菜を増やす方向にしている。

だがここにきて親戚がハーゲンダッツの詰め合わせセット、
近所の人がヨックモックの詰め合わせ、お中元のマンゴーゼリーセットなど
まるでダイエットを邪魔するかのような贈り物攻勢。
ちまちま食べてたら週明けにやっぱり体重大変動きました!当然、運動するべし。

私のジムで着るウェアを選ぶ時、ランニングでもTシャツでもややウエストをしぼったタイプを選択。
ウエストは絞ってはいるがわき腹にはぴったり密着せず、
わずかなゆる感があったり、着用時に横っぱら肉が目立たないことが大事。
上級者用のピッタリウェアは雲の上ウェアなので、隙間着やせ法が大切だなぁと・・・ごまかし!?

そして、ヘアーは髪が長いので結んでいるが、よく見かける頭のてっぺん近くでお団子に結ぶやつどうやったら出来るのか、綺麗にととのったポニーテールでもいいけど。
どうやっても貧乏たらしい浪人風になってしまいオサレに結べません。

最近、パーマからストレートに戻したので余計に浪人風に拍車がかかっている。
オサレな髪のまとめポイントがあったら教えて欲しいかも・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-08-11 07:21 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(20)

石川(七尾):ごはん処・一歩、梅もぎ&バーベキュー

b0089578_6571536.jpg
ほぼ1ヶ月前、今年もきみちゃんのご好意により梅もぎに行ってきました。
梅もぎ仕様の服装にてaoiちゃん、ゆんちゃん、なちぼん&なちるどれんも向かう。
待ち合わせ場所で、秘密裏に大阪発ETCトリップしてきたアロハちゃん夫婦を見つけて驚き。
沢山の熟れた梅の実が落ちている土の上を見て、ハナちゃんも哲学的な顔。
b0089578_6573022.jpg
枝に実っている青梅を次々ともいで袋に集め、手の届かないところはハシゴにて。
常に視線は上にあるので、下に落ちている梅を踏みよけるなんて器用なことは出来ず、
しばしばオレンジの梅をふんずけてブチィッ!グシャッ!と妙な感覚。
あぁ、私の中の勿体無いオバケが蠢く。
b0089578_6575049.jpg
収穫した袋の中は甘い梅の香りでいっぱい。
「つまみ食い、葉陰に隠れし、梅の実を」・・なんてことはしてません、よろしく哀愁。
b0089578_658222.jpg
お昼ご飯は七尾の定食屋さん、ごはん処・一歩
このお店は地元で人気でいつも満席になるらしく、前日に私たちが予約した時点で満席に。
近くには七尾港を控え能登から新鮮なお魚、量も充分でしかも値段が安い、となれば人気も出ますよね。
開店前に駐車場に着いてお店の前に並んでいると、続々とお客さんが集まってくる。
予約してあるというのに何故か緊張感漂う空気。←バーゲン開店時似!?
b0089578_6581420.jpg
おまかせ定食
私たちが注文した殆どが800~1000円でこれは人気の一歩おまかせ定食(1000円)。
お刺身、豚しゃぶ、焼き魚、茶碗蒸し、お漬物、ご飯、お味噌汁と盛り沢山。
なちぼん&子供1号、2号、3人でこれを食べていたが、なちぼん(少食)子供達も小さいとはいえ
やっぱり3人では足りなかったようで、これが後の悲劇を生む(ウソ)。
b0089578_6582616.jpg
天ぷら定食
ゆんちゃんが食べてたいろんな種類が入った天ぷらは800円くらいだったか。
なちるどれんのリクエストで天ぷらをあげるも、イカは渡さん!という意気込みはしっかりと感じた。
b0089578_6583876.jpg
お刺身定食
きみちゃんが食べていたお刺身定食は並・上とあり、これは上かな。
おかずの量が多い定食もあるが、ご飯のお代わりも出来ます。
b0089578_6584970.jpg
海鮮丼
私が食べた海鮮丼(900円)、予想以上に下げ底の大きな器でご飯も多かった。
なちるどれんの「玉子焼きちょーだい」のリクエストに「えぇっ!いいよ」と、快く?応じる私。
嫌そう~の声に、ふっ今から食の生存競争の厳しさを教えねばならんしね。
とっても満足いたしました、平日ランチがお得らしく行けないのが残念。

この後はアロハちゃん家の近くになく行ったことないというので、ファッションセンターしまむらへ。
即席しまむー、熟練しまむーもそれぞれ服選びに熱中タイム。
私はしまむらに限らず、会議中にふと足元を見られると「おやぁっ!」と思われるような靴下をよく好んで買います。ニョロニョロ、バーパパパとか食べ物系とか・・・いくつだ
b0089578_6593055.jpg
スーパーで買出しを済ませて夕方からはバーベキュー。
下ごしらえにベテラン主婦たちが台所で大忙し!お疲れさまです。
私は料理のベテランでもなくうろうろしてるだけで役に立たないので、お任せしてゆったりと役立たず役を満喫してました。
b0089578_6594227.jpg
パオたん一家も勢ぞろいして、肉だ野菜だキノコだ、シロだ、豚足だーーー!パオちゃんの作ったシフォン、子供ちゃんが作ったバナナケーキもばくばく食べました。そういえば最近、ケーキ作ってないわ~。

私は長靴を呼びつけたがその日も仕事で忙しく、都合がついて到着したのは
皆がほぼ食べ終わった薄暗くなりかけの時間。
一気に食べる長靴に肉などいろいろ焼くのを手伝っていたら「あの何もしないスカタンちゃんが」のゆんちゃんの声が。
いやいやー意外とする時はするよ~この日はしなかったけど、プッ。←フォローにならん

この日の梅は梅干しにするべく、今は塩漬けしていた梅を天日干ししている最中。
去年漬けた梅干しは毎日会社への日の丸弁当、梅酒は寝酒用に常備。
来年の日の丸弁当の中は、今年作った梅が入っていることでしょう。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-08-06 12:39 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(16)

お弁当用:カジキのつくりおきおかず

b0089578_6435113.jpg
(左)カジキの中華風ムニエル、(右)カジキの梅煮
左はカジキを表裏焼いて、オイスターソース、醤油、ゴマ油、酒、水の合わせ調味料を煮立たせた中に入れ少々煮る。
右はカジキを裏表焼いて、梅干をほぐしたもの、醤油、みりん、砂糖を合わせたものを加えて少々煮る。

少し前に健康診断で「コレステロール値が高いですね」と指摘され、
ハッとしてコレガ女王、ただいま完璧でないコレステロール減量キャンペーン実施中。
何故完璧でないかといえば、パフェ食べたり飲み会に行ったりするので。
お弁当ならばこれしか食べるものがない!と思いきや、コンビニでホットケーキ買ってきたり(まさに今)。

それでも一応、お弁当から玉子焼き・お肉の頻度が減り、増えてきたお魚類。
切り身で売られてるカジキを朝詰め簡単!な作りおきおかず化。

Wikipediaのサワラの項目で、「石川県の方言では「サワラ」はカジキを指す」となっているが、
自分は今まで知らなかった。ツノのあるタイプもないタイプも一緒にサワラというのかしら?
これはjかんちょにでも聞かないと、はたまた方言に長けた人か、
魚をいつも扱ってるお魚屋さんとか・・・サワラをよく知るためにサワラせてもらわないと。
b0089578_6444111.jpg
(左)カジキのユズみそマヨ焼き、(右)鶏むね肉のポン酢醤油焼き
左はカジキに柚子胡椒ペースト、味噌、マヨ、小麦粉を混ぜたものを塗って焼く。
右は鶏胸肉をハチミツ、ポン酢、醤油、砂糖、胡椒、ゴマ油の合わせ調味料で30分ほど漬け込んだ後、焼く。

家で食べる鶏肉は脂ののったもも肉からむね肉へとシフト。
だが、外で食べる焼き鳥屋では気にせずに皮やもも肉をセレクト、特にシロは外せない。
b0089578_6455988.jpg
完全ベジタブルカレー
市販ルーを使わずにカレー粉、ガラムマサラ、クミンなどがベース。
中身はパプリカ、茄子、キノコに油はオリーブオイル。
お肉を入れたカレーよりコクがなくさっぱりしてるけど、これもコレガ圏外脱出のため。
b0089578_6463576.jpg
ところでベランダで育てていたズッキーニ、
7月の雨風の強い日に耐えられず、根元近くからポッキリと。ガビーン!
これは少し前の写真で今はもう枯れ始めています。
b0089578_6464830.jpg
こちらは赤ピーマン、順調にいくつか生り始めているけど、
赤くなるまで倍の時間かかるとか?もう今結構大きいので取りたい気持ちで一杯。
b0089578_647143.jpg
上が市販のズッキーニ、下がなり始めていた赤ちゃんズッキーニ。
今年の収穫はこの赤ちゃんズッキーニ1本でした・・・来年はどうしようかな。



前の記事↓の悲劇の三次会の翌日に湿疹が消えていた数日後、
完全に治ったわけではなかったので、改めて皮膚科に行ってきました。

診察室にて、発症からそれまでの経緯を話す自分。
「この間、飲み会で吐くまで飲んだんですけど・・・・その翌日にはかなり湿疹が消えてたんです」

吐くまで飲んだんですけど・・のくだりで先生がブフォッと吹き出し、
「もう1回吐いた方がいいんじゃない?」
それは一応、的確なアドヴァイスとして受け取っていいのでしょうか、先生。

確かに自分が死にそうな状態になり湿疹まで傘下に置いた体当たり療法から調子はよくなっている様子。
でも翌週の飲み会で流石にワインを飲む勇気は出ませんでした・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-08-04 12:44 | 料理(独身時代) | Trackback | Comments(24)