<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

おとなの手仕事:味噌作りに参加→あかり家(居酒屋)

b0089578_1154392.jpg
2月上旬、アブさんからの紹介で、有機無農薬で大豆を作る活動をしているまめじんさんの
「2009年マメジン味噌作り」に参加してきました。
この日、参加したのはアブさんのりさんaoiちゃん夫妻プリシラさん、nachiぼん親子
近江町市場内にある消費者会館の調理実習室で本格的に自前の味噌作り。
しかし、マイエプロンを忘れてくるというさっそくのうっかり八兵衛ぶりを露呈。
b0089578_1195324.jpg
当日は参加者全員、「発酵」に因んだ、飲食物を1品お持ち寄りとのこと。
当然ながらお酒が多いので、いっぱい引っ掛けてツマミを食べながらの味噌作り。
お昼ごはん抜きだったので、当然このテーブルに自動吸引。
b0089578_11152842.jpg
のりさん作:いしる風味の生ハム
牛、豚、鶏、鴨をいしる入りの漬け込み液で漬け、周りを少し焼き湯せんして出来上がり。
ここでの発酵食品はいしる(魚醤)
周りにかけてあるのは赤ワインのソースだったかな。
b0089578_11242568.jpg
なちぼん作:ヨーグルトとお豆腐のブルーベリーレアチーズケーキ
ここでの発酵食品はヨーグルト。
ビスケットを底にしきつめたレアチーズケーキはお豆腐とヨーグルトでさっぱり味。
いやぁ~手作りって本当にいいもんですね(水野晴郎風)
b0089578_11314017.jpg
すかたん:カチョカヴァロ、ミモレット、ガーリッククリームチーズ
そして私は、私の食べたいものを買ってきました。
ミモレットはまだ若いのでそんなにコクはないけど量が多かったので。
兵庫県日向牧場のカチョカバロという燻製チーズはあっさり柔らかで香ばしくとても美味しい。
書いてたらまた食べたくなったので、買ってこなくては!
b0089578_1133137.jpg
味噌づくり講師は、ぶった農産の佛田利弘さん。
・大豆19.5キロに対して塩が9キロ麹が13.5キロ。
・大豆を前日から水に浸しておく
・大豆の芯が無くなるまで茹でる(かなり時間がかかる)
・マメにアクをとる(マメだけに!)
・親指と小指で煮豆をつぶすと、柔らかくねっとりとするくらい

この方の持ってきたかぶら寿しが美味しかった~とほぼこの辺の作業は任せっぱなしでした。
b0089578_11345125.jpg
農家のお米でおにぎり!美味しい~食べてばっかり、ここまで。

そして、お味噌を作ってねかせるための容器、最初タッパーか何かでいいのかと思いきや、
みそ造り用の甕(高さが30㎝位で、重し付き)を用意してくださいとメールが届き・・・びびる。

その後、あまりのびびり様かどうかは分からないが、
とりあえず後で移し変えればいいからと、タッパーみたいな容器でいいと変更。

あ、家にあったのを思い出したわ、前にお味噌を買った容器が。
とプラ容器の樽(木製の蓋付き)を持っていった。

お味噌の説明の時に私の樽を手に取り、「このような容器はいいですね」
と言われ、お味噌が入ってたしね~と自信満々だったが、
「一回使ってます?木の蓋は菌が繁殖しやすいので、ダメですね」
と、ダメだしを食らう。
b0089578_11353742.jpg
お次は豆腐作りにも挑戦!2組に分かれます。
こちらはアブさん組。
「おたま取ってくださーい」
「はい」(頭を向ける)
「それはあたまだろ!」
というネタを何度繰り返したか・・・この仕込みは2人1組で完成します。
お豆をミキサーにかける
b0089578_11401275.jpg
豆汁を90度になるまで熱する。魔女ばりにかき混ぜているのはプリシラさん。
私は温度計を差し込む係。←やっと仕事が
b0089578_1604334.jpg
温度に達した豆汁を濾して、カスを取り除きます。
この布に残ったのがいわゆるひとつのおから
出来立てのおからはあっさり美味しくてヘルシーはママの味。

ここでnachiぼんの子供ちゃんAがおからが美味い美味いとスプーンをすくう手が止まらない。
普段何を食べさせてるんだ~と突っ込みが入りつつ、渋い子供ですわ。
これにお酒が飲めるようになったら将来が楽しみ。
b0089578_1612438.jpg
おからを取り除いた汁を再び熱し、
にがりを入れて固めて器に移してお豆腐の完成。
b0089578_1624445.jpg
さて、味噌に戻って、茹で上がった大豆を機械にかけてミンチ状にします。
b0089578_1633098.jpg
塩を混ぜておいた麹を入れて、まんべんなく混ざるように。
b0089578_1644192.jpg
出来たお味噌を容器に入れる前に空気を入れないためにお団子状にする。
b0089578_1651968.jpg
そして丸めた味噌団子は、憎い相手を思い出して、思い切り樽に向かって、
打つべし!打つべし!打つべし!
無論、これは空気を抜くために大切な心構えであります。

後は表面に塩をふりビニールで密閉して、どこかうす暗い場所で発酵させます。
b0089578_167442.jpg
お味噌が出来上がった次は、お豆腐も完成~。
アブさんのは塩を入れた豆腐、もう一方は何も入れない豆腐。
何も入れない方は柔らかく甘みがあって、塩を入れた方は口当たりにややしまりがある感じで
どちらも美味しくいただきました。

最後にこの味噌作りに参加してくださった皆さんで
「いろはにほへと ちりぬるを・・・」の順番で一人一人自己紹介。

参加していた皆はガムテープにマジックで名前を書いて貼っていたのですが、
私は本名じゃなくて「すかたん」って名札に書いて参加。

プリシラさんも本名じゃなかったし、そのまま「プリ名」で自己紹介に行くのかと思っていたので、
スカタンでも恥ずかしくないわと思っていたら、
本名の文字がきたところで自己紹介を始めたーー!
裏切りものぉーー!(最初から打ち合わせてないし!)

あぁ、私の苗字の字はもう過ぎてしまっているし、肝心の「す」は最後の方。
今更ながら私だけこんな名前・・・
「すかたんです」って自己紹介したら、やっぱり笑われた。←失笑?
その名の予想を裏切るような、大人しいマトモな自己紹介だったけど。

殆ど役に立ってませんでしたが、非常にいろいろ参考になった味噌作りでした。
皆様、ありがとうございました。

この日、作ったお味噌は梅雨明けには出来上がっているそう。
それまでにカビが生えてなければいいのだけど・・・空気がちゃんと抜けているか一抹の不安。

出来上がった頃にお前のお味噌汁が飲みたい、と言ってくれる人を希望。

その後の打ち上げ↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-02-26 12:45 | イベント | Trackback | Comments(26)

金沢(武蔵)フルーツむらはた(あまおうパフェ)

b0089578_13393296.jpg
春も近くなれば苺の季節、むらはたもあまおうパフェの季節。
いつものように集まっただるまちゃんてんむすちゃん味噌ちゃんBOWちゃん、ふかたん。

いつもメンバー全員が揃ってからオーダーを受けるので、入店してから待つことがしばしば。
毎月のように団体で食べているので、覚えられている私たち。

「すみません、もう少しで集まります」 
「はい、分かりました~」
「おっ、今月もまたきたな、この団体」
「今月は少し遅かったな」

と、おねーさんの影の声を言ってみて笑わせてみる。
いつもニコニコ笑顔が素敵なおねーさんA、Bです。

卵パックに入っているのは、BOWちゃんお土産の京都・吉田神社のだるまくじ。
だるまの底のシールを剥がすと、「筒状のおみくじ」が出てくる。
b0089578_13414295.jpg
私が食べたあまおうパフェ
「あ」あまくて、「ま」まるい、「お」大きい、「う」うまい、あまおうですが、
このパフェは「巨大」、「危険」、「ころがす」のカ行3Kの崖っぷちパフェ
よほど気をつけないと食べこぼし同盟の活動再開しそう。
あまおう落としてなるものか、だるまみくじを置くと食べこぼしたように錯覚。
大粒のあまおうの下にはバニラアイス→苺のシャーベット→底の最後まであまおう
b0089578_13423273.jpg
あまおうロール
むらはたはケーキも置いてあるので、スポンジもふわっとして美味しい。←恒例:1口食い
去年食べたあまおうよりも大きくて甘くて大満足。
b0089578_1345070.jpg
BOW隊長はカバンまで苺でコーディネート。
可愛くて汚れ目立たず、完璧じゃないすか。私も欲しい。
b0089578_1350440.jpg
2、3日後に偶然見かけたあまおう的ゆるキャラ。
苺だからか、万人受けしそうな愛らしい顔。
これがせんと君顔だったら、頭に枇杷とかのってそうなイメージ。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-02-23 12:51 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(26)

フライドポテト・鰤大根・鶏肉の南蛮漬け・大根のスープ煮

b0089578_15353559.jpg
フライドポテト
最近の料理をまとめてアップ。

子供の頃苦手であった梅干し・納豆など渋い系は、大人になるにつれ自然と好きになっていた。
そして、子供の頃から変わらず好きな食べ物・・・・ハンバーグ、カレー、スパゲチー。
パスタではなく、スパゲティー、昭和洋食世代を絵に描いたような子供。
で、揚げ物も当然好き。

学生って、むやみに鶏のから揚げを注文していたりしますよね?まさにそれ。
そして、むやみにフライドポテトが食べたくなる時・・・・ありますよね?
揚げラーなら当然の事。

マックのポテトでもいいけれど、ここは家・・・
だけど、あきらめたら、そこで試合終了(by安西先生)フライドポテト、作りました。
仕上げの塩・胡椒をかけて、チューハイをぐびっと。
おつまみは半額お刺身だったりして、一人居酒屋。
b0089578_15361998.jpg
ブリ大根
盛り付けはおばんざい風。←どか盛り
ランチョンマットの向こう側は物が散乱しているのでひたすら皿ズーム。
大量に作ったので、ブリ大根弁当にしたりして数日間これだった。
b0089578_146296.jpg
鶏肉の南蛮漬け
揚げ物食べるのは得意でも作るのは不得意だったが、最近揚げ物作ってる。
鶏むね肉に片栗粉で揚げ、シメジと長ネギを素揚げてタレにからめる。
b0089578_1464476.jpg
大根のスープ煮
母親が固い物が食べられなくなってきたので、柔らかい煮物をよく作ってるのだけど、
最近、これがよく作るメニューの1つ。

大根を鶏がらスープの素+ローリエの葉で煮て、その後放置プレイしてしみ込ませるだけ。
そのままだと味が薄いので、粒胡椒をかけたり、ツナや味噌をつけたりして食べる。



12月頃から、車のエンジンをかけようとするとカラカラッと音はすれどかからない
しばらく置いてアクセルを踏みながらかけるとかかる、という車の不調が発生していた。

でも、しょっちゅう起こる症状ではなかったので、行こう行こうと思いつつ、
3月の1年点検までもつかな~と延ばし延ばしに車屋さんに行かないでいた。

そして、ある日・・・用事を終えて駐車場から出ようとエンジンをかけようと思ったら・・・かからない。
いつものようにしばらく置いて、エンジンをかけるも・・・かからない。
そんな事を何度か繰り返して、30分ほど経過。 

「もしもし・・・」  JAFに電話していた。

その日は日曜だったのでいきつけの車屋さんはお休みだし、
「すぐに向かいますが、もしかしたらすぐには動かせない状況かもしれません」、と言われ、
有料駐車場でエンスト、最悪の状況に顔に縦線走る!

JAFを待つ間、冷えている室内で震えながら何度かエンジンをかけていると
ブルン・・・・あっ、かかった。

「すみません、かかりました!」 と、すぐさまJAFに電話。

明日、車屋さんに行こうと誓いつつ、すぐに帰ればいいのに向かったのはスーパー。
エンジンを切ってスーパーでしばらくお買い物。
「また、かからなくなりました、エヘッ」と電話したら、行こうか、行かないか、どしよかなって・・・怒られそう。
その時は無事にエンジンはかかったのですが。

翌日、車屋さんに行って早めの1年点検も予約して、きっちり修理してもらいました。
ただ、修理費込みこみで・・・9万円弱。
バーゲン戦死状態の財政難の体に大打撃!!

「さらに来年の車検ではかなり部品交換しなければいけないかもですね~」
って、中川家の弟に激似のディーラーが言うんです。
毎回、私が「えぇっ!!」と悲惨な声を出すのを楽しみにしているかの様。

金食い虫になってきている状況、車情報をネットで自然とチェックしているこの頃。
でも、今の愛車、とても気に入ってるのでまだまだ乗りたい気持ちで一杯。
ただいま、丸9年目。

次回も中川家礼二が「○○さん、実は・・」と言うセリフにビクつきながらも、
頑張って乗り続けるんだろうな、と思います。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-02-19 12:07 | 料理(独身時代) | Trackback | Comments(19)

バレンタインデー:マンディアン

b0089578_1359327.jpg
今年のバレンタインデーは手作りのマンディアン
ベルギーチョコの板チョコを湯せんで溶かして、スプーンで落として形を作り
ドライフルーツやナッツなどで飾りつけました。
カラフルだけど、とっても簡単!マンディアン、嘘つかない。
b0089578_13593059.jpg
ナッツ(アーモンド、カシューナッツ、松の実、かぼちゃの種)、
ドライフルーツ(マンゴー、クランベリー、ストロベリー、イチジク)
違った味になるようにトッピングを少しづつ変えて。

最後にナッツが余ったので、てんこ盛りビックサイズを作ってみる。
これに当たった人は今年1年、モテ体になることでしょう。
朝からずっと作っていたので私は死に体。
b0089578_13595892.jpg
調子に乗って作っていたら100個ぐらい出来たので次々包装。
本命の分はきっちり分けて、他の袋をまとめてここに渡してきました。
後は任せてあるので、男女関係なく欲しい人は毒見よろしく。
b0089578_1402637.jpg
チョコを手渡した時に貰った「うたた寝屋」の試作品、「カレー茶漬け」
乾燥砂肝や昆布、ゴマ、カレーなどのスパイスが入ったコクのある味。
複雑な味で食べ応えがあって美味しかったですわ。

さて、本命チョコは当日まで暖房の効いた部屋に置きっぱなしだったので、
いざ、当日持って行こうとカバンに入れて少し押されたら、
2個ほどくっついて曲がってしまった・・・マンディアーン、なんでやーん。

形はあれでも家に残したチョコを食べたら、香ばしく酸味があり美味しかった。
これからもテヌッキーで美味しい「スカタン製菓」を目指したい。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-02-17 12:41 | 料理(独身時代) | Trackback | Comments(30)

金沢(西念):三四味屋(居酒屋)

b0089578_14402270.jpg
フレンチな夜から一夜明けて、次の日は大盛りテイストな三四味屋(海鮮料理)
金沢むらむら会(パフェにむらっとする乙女達)の新年会でした。
参加者:だるまちゃんBOWちゃんてんむすちゃん味噌ちゃん、ふかたん。

さて、三四味屋に来たら、まず注文するのがお刺身。
お酒もあまり飲めないのでノン・アルコール、大食いもそんなにいないという
半人前な女子ばかりだったので、お刺身も半人前。

本当はお酒を飲むためにタクシーで来ようとも思ったが、日本人の和の心でぐっとこらえ。
半人前といっても、量はかなりのもの。
お刺身1枚の大きさも1.5~2枚くらい切り身がデカい!
鰤などはもちろん、さわら風なあっさりしたお魚にも薄っすら脂がのってて、
この日は、今まで来た中で一番お刺身が美味しかったと思う。

前日頂いたケーキに付属していたロウソクをお刺身に立てて、バースデー刺身
あぶり焼きになるので火はつけませんよ。
b0089578_1442476.jpg
ナマコの酢の物
白子の酢の物を注文したらすでに売り切れだったので、こちらを注文。
厚切りのナマコがごりごりと歯ごたえがよく、翌日の顔面筋肉痛が期待される。
b0089578_14441492.jpg
ぶり焼き
かま焼きを注文すると山積みされてくるので、普通の切り身を焼いてもらったが、
ロングブーツのようなそいつは大きいお皿にはみ出すほど切り身が大きい。

脂もかなりのっているので2人だと苦しいが5人いればイナバ物置。
ペロッと食べれました。身だけではなく皮好きもいるので跡形もなく。

今更ですが、ブリ大好きです!!
スーパー7時半過ぎのお刺身半額コーナーでは今日は別の、と思っていても、
手が自動的にブリの刺身を取っている・・この手め・・
で、結局、別のお刺身も買ってしまうはめに。
氷見ではブリの内臓のお料理なんかも食べて、すっかり胃袋スプラッタ劇場。
b0089578_14454181.jpg
漬物盛り合わせ
全てが規律正しく直立不動な漬物たち。
これだけ立ちが固まってるのは三四味屋の漬物盛り合わせと、東方仗助のリーゼントだけ。
b0089578_14464493.jpg
味噌汁
味噌汁好きからきている味噌ちゃんが「お味噌汁飲みたい!」と注文。
しかし、その大きさは人数分とは関係なく、どんぷり1杯、具も満タン。
いろんなお魚の出汁が出ているのでお汁が美味しかった。
皆で飲みまわして「結構なお手前で」。
b0089578_14501612.jpg
海苔の天ぷら
きた~!!天ぷらのマッターホルンや~!!
穴子天ぷらや海老天ぷらは10時以降なので、お子様時間ではこちらがお勧め。
生のりの風味がきいていて柔らかく、そのまま食べても塩をかけても。

カウンターでおでんを食べているようなので、気になったが
人参1本丸ごと入っているなど豪快兄貴すぎるのでちょっと断念。
b0089578_145331100.jpg
イカ納豆
そろそろ〆・・と思っていたところに思わぬフェイント。
私は辛子が苦手なので外して混ぜてもらいました。
b0089578_1526614.jpg
お茶漬け
〆のお茶漬けはこれまたラーメンのどんぶりクラスの大きさ。
沢山のお魚の切り身が入っていて、こちらもいい出汁が出てました。

今回は5人全員ウーロン茶という品行方正な会だったので、一人2500円。
これが全員酒飲み&大食いだと雪だるま式に止まらなくなるんだろうな、と思いつつ、
次回はストップ・ザ・大食いのリミッターを外して、タクシーで行こうとすでに計画中です。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-02-15 14:01 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(24)

金沢(北安江):プレミナンス(フレンチ)

b0089578_13255458.jpg
1年に1度、フランス料理を食べる日がまた巡ってきた。
そう、私のバースディにはフレンチを食べると代々決められているのである。
本当は若い頃はフレンチに滅多に行けなかったので、
せめて誕生日だけでもオシャレに食べたい!と誇示したのが始まり。

その歴代の彼氏が全てナイフとフォーク術に長けていたわけではなく、
フレンチの素人が七転八倒する知られざるドラマがあった(何故かプロジェクトX調)

高校卒業前にフレンチの食べ方、化粧の仕方など
社会勉強として教わった記憶があるけど、あれは今でも覚えているので役に立った。

昔は長靴も披露宴がフレンチの時に「箸くれー!」と叫ぶ親父だったが、
今では普通に食べている。←わしが育てた(解説:星野仙一)

前置き長いけど、行ったお店はプレミナンス(フレンチは地下)
敷居があってもう1組がいたのは分かったけど、広い空間は殆ど個室状態。

香箱かにのフラン・コンソメのジュレ
洋風の茶椀蒸しな感じのフラン、香箱かにはやはり地元ならでは。
b0089578_13264020.jpg
魚貝のお菓子仕立て
かぶ、甘エビ、ホタテ、キャビアが重ねられた回りに季節の野菜がトッピング。
ここは河北潟の亀田農園さんの野菜を使っているとか。
b0089578_1327144.jpg
黒トリュフのサラダ、鴨ミンチのラグーソースパスタ巻き、鴨とネギ
鴨!ラグー!パスタ!この三連コンボ巻きが濃厚で美味しかったです。
b0089578_1328185.jpg
ローストオニオンのパイ包みスープ
パイ包みは周りのパイを削って食べるのがまた楽しみ、オニオンスープもまた好きな1品。
私の中の子供の頃の最強スープはあっぷるぐりむのオニオングラタンスープ。
美味しいと感じる味覚の1つに子供の頃食べた、とかノスタルジックに起因するものが
絶対にありますわーザ・シェフのストーリーみたく。
b0089578_1329364.jpg
のど黒のムニエル・パプリカのソース
ソースが濃厚で美味しく感じる農耕民族。
足長ブロッコリーになんとか茸(聞き取れなかった)も美味しい。
b0089578_1331304.jpg

メインを待つ間に赤ワインを追加して、こっそり高速ワイン回し。
さすがにサイゼリアのように勢いよく回す勇気はナッシング。
国産和牛ロース・フォアグラ・ブルゴーニュソース
b0089578_1332178.jpg
フルーツのコンポートが来た後にケーキの盛り合わせ。
b0089578_13325218.jpg
そして、バースディなので、お店からのサービスケーキ・・・・

ふかたん・・・・て誰!?

それまで粛々と食べていたのに、可笑しくて笑いが止まらなくなりました。

その前に何故本名で頼まないのかー!

「ブログに載せると思ったから、スカタンにした」

いや、「ふかたん」だし

「ちゃんとスカタンって頼んだよ」

以下、電話のやりとり

「ケーキの名前は何て書いておきますか?」
「スカタンでお願いします」
「え?」
「スカタンでお願いします」
「わかりました」

単なる聞き間違えかーーーー!

偶然の産物も天からのお告げか。
この日から「ふかたん」に生まれ変わりました。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-02-11 01:58 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(38)

金沢(片町):桃郷酒家(中華)→かりゆし(沖縄料理)

b0089578_16205350.jpg
お昼にハントンライスを食した夜に待っていたのは、おとなの遠足の新年会。
お店はオープンして20年になる中華料理の桃郷酒家(トウキョウチュウシャ)
職場関係、プライベートと何度も足を運び、伝説の虎ペニ酒も体験。
香港料理が主体で改めてリンクを読むと「中国産の子豚や蛇を使った、貴重な一品料理」
なんてのもあるらしい。カエルから揚げなら食べたことあるけど、蛇はないな・・。

この店がある裏路地に足を踏み入れる機会も多く、あのお茶漬けヤッホーもあり、
うどんの権兵衛は職場の〆のご用達。
後の1軒はディーププレイが予想されるお店なので、行ってません。←行けません

新年会のメンバー:のりさん、アブさん、aoiちゃん、ゴルさん、kimさん、nachiぼん、
りかさん夫妻、タケさん、みのっちさん、私。

夜10時から2階の座敷に予約を取り、円卓でスタンバイ。
何故か灯りの1つ違うのは電球が無かったからか、赤いライトでマダムヤン的な怪しい演出か
b0089578_16215385.jpg
単品注文で注文していると、つい同じメニューを選びがちなので、
コース料理にしてみるのもたまには良いわ(今回は4200円のコース)
今回はいきなり「ナマコ酢」和食っぽい1品から始まった。
b0089578_16234573.jpg
前菜
まんじゅ貝、ピータン、チンゲンサイ、鶏、タコ、そしてカジキとブリの昆布締め
昆布締めなんてこれまた和食っぽい・・お正月の名残りかしら。
まんじゅ貝の上にのっている人参は全て蟹の形という芸コマさ。
ピータンは大好きなので、苦手な人の分まで食べました。
b0089578_1627495.jpg
カキフライ、海老ギョウザ、春巻き、香箱蟹のチーズクリーム焼き
名物の甘エビが丸ごと入った海老餃子!
牡蠣フライのソースはさすが何か特製のソースがかかってました。
香箱蟹は酢醤油で食べることが殆どなので、チーズクリームソースは新鮮でしたよ。
b0089578_1612260.jpg
鱈の白子の茶碗蒸し
白子が入った茶碗蒸しの上に透明なベールにかかったあんが中華的。
ん?茶碗蒸しも和食だわ、今回は和食コラボが多いね。
b0089578_16222171.jpg
ホタテ貝の豆鼓炒め
b0089578_16233128.jpg
キンパチ鯛の蒸し物
なんだかミスター味っ子に出てくるような豪快さ、バーン!と活字が付きそうな。
b0089578_16241626.jpg
海老チリ
正統派中華きたー!海老は大きくてぷりぷりしてました。
この他にはお肉のどんぶり、杏仁豆腐、追加で焼きそばも注文。
b0089578_16253157.jpg
私がどうしても食べたいとごねた豚肉の天ぷら
好きなメニューなので肉星人の欲求を抑えられませんでした、すみません。
フリットみたいに衣がサクッと仕上がってます、酢醤油でいただく。

1次会ではのりさんが快楽亭ブラックという落語家さんのネタを話すのだけど、
下ネタが多い落語家さんなので、当然ネタもレベル強!
隣のaoiちゃんの地雷スイッチを押して、噴火させてました。

1次会でシーモネーター化はまだ早いようです。
後、メンバーも大事。
私が思うに少なくともシモネターゼ2人は抜けていた(誰だよ)

二次会以降↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-02-06 02:14 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(28)

石川(内灘):UNIC(カフェ)

b0089578_11622100.jpg
1月中旬、BOWちゃんから、UNICにランチに行ける人いますか?の突撃お誘いメール。
UNICさんと言えば、二代目という名前の可愛らしいワンコがいる。
BOW隊長はワンコが怖い、一人で行けないそうな・・・・・何故行く!ドM?

お目当てはこのハントンライス、ケチャップバターライスの上に薄焼き卵、
タルタルソースのかかった白身魚のフライがのっかっている石川県のローカルフード。
私の記憶が確かならば、子供の頃の舌で覚えているのは「ジャーマングリル」、
「赤なす」、「ジャーマンあき」。現在はグリルオーツカが有名。

ワンコ怖いよりも食が勝つ、愛は勝つ。
心配ないからね 君の想いが~♪という訳で私がボディーガード役として行きました。

予約したハントンライスは、玉ねぎが細か~く刻まれた美味しいタルタルソース。
とろっとした半熟な玉子と一緒にぱっくりと。
b0089578_1192736.jpg
追加した濃厚なバナナジュースとコーヒー(ケニア)

BOWちゃんの心配されていたワンコ怖い病は軽症で、なでなではオッケー。
しかし、抱っこぺろぺろなどのディープ・プレイはNGだそうで。←裏路地のワケありクラブか

バーゲン戦士同士の話題や食べ物の話題でひとしきり盛り上がった後、
BOWちゃんはワッフル屋へ(続・食べる)、私は夜の宴会に備えて帰宅しました。

ところで、私は前に犬を飼っていたので、犬は好き、猫も好き。
特に雨の日に柴犬が合羽を着て散歩している姿を見ると萌えっときますわ。

昨日も駐車場に止まっていた車のボンネットに太っちょの猫を見つけてニンマリ。
今朝も同じ猫が違う車に乗っかっていたのを見て癒された。
でも、私の車の上には乗らないように。

先週、朝シャワーをしている時にふと天井を見ると、何かグレーの小さな塊が・・・
もしかして、ナメクジ!?ひぇぇっ!
前日に空気の入れ替えで窓をあけてあったのが原因か。
ナメクジといえば、中川翔子が「塩をかけられて苦しむなめくじ」のモノマネをしていたのが、
記憶に新しいが、塩を持ってきてかけて眺めてみるほど心のゆとりもなく。

シャワーを浴びせるか、洗面器でお湯をぶっかけるか、迷い迷っておろおろ。
お風呂場で、素っ裸のままオロオロする姿はなんともマヌケ。
しかし、ナメクジの場所がちょうどシャンプー&リンスを置いてある台の真上だったので、
お湯をかけるとステンレス台に落ちる→行方不明になりそう。

と、更なる恐怖を煽ったので、朝の時間がないことでもあり、
「ナメクジはいなかった!」と、見て見ぬフリをしてシャワー室から退避・・・(オイ)

翌日、ナメクジの姿が見当たらなかったので、ホッとしながらも
まだ室内にいるかもしれないというホラー映画のような気持ちでシャワー

更にその翌日、お風呂場に入ると・・・天井にナメクジいたーーー!!
・・・・やっと会えたね。
今度は落ちても被害がなさそうな湯船の上。

まずは身体を綺麗に洗い、心を落ち着かせてから(だが、目線は常に注意を払う)、
洗面器のお湯をバーンと浴びせ倒し。
ナメクジはあえなく落ちて流れて、そのまま排水溝に消えていきました。
その後、畳み掛けるように熱湯だけをしばらく流しました!(鬼

久しぶりに乙女心あふれる出来事であるような気がします。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-02-02 12:38 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(36)