<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

京都(南区東寺):東寺餅(和菓子)、東寺

b0089578_213071.jpg
京都での仕事が午前中に終わったので、観光することにした。
時間があまりないので、京都駅から近くの東寺を観光することに。
東寺に行くのだったら、それにちなんで東寺餅でお餅を食べるのが定説ですよ!と計画的誘導。
仕事の計画はうすらぼんやりでも、こんな地図ならインプットレデー。
b0089578_213846.jpg
1912年(大正元)に創業の「東寺餅」の名物、よもぎ大福も美味しそうだけど、
食べたのは、求肥にこし餡を包んだ東寺餅。作りたてなのでもっちもち。
ちなみに食べたのは私だけ。お餅なんて食べたらお昼食べられないからだとか。
お菓子を食べても、ランチの量は普通に変わらないのがスカタンクオリティー。
b0089578_2131764.jpg
東寺
東寺は延暦15年(796年)に創建され、最初に金堂が建てられたと伝えられている。
正式名称は「教王護国寺」だが、通称名である「東寺」のほうが一般にはよく知られている。
「南大門」をくぐると、正面に「金堂」、「講堂」、「食堂」が一直線に配置されている。
b0089578_2132714.jpg
金堂の東側には東寺のシンボル的存在である五重塔がある。
現存のものは徳川家光の寄進により寛永21年(1644年)に再建したものとされている。

こういう五重塔を見ると、「リングにかけろ」の阿修羅五重塔!!とか、1階ごとに敵がいて、
そいつを倒すと次の階に進めるアクションRPG的なものを感じてしまうわ。
b0089578_213369.jpg
純和風建築様式で建てられている「講堂」には、「大日如来」を中心に
合計21体の仏像が安置されていて、15体は国宝に、5体は重要文化財に指定されている。

入り口に貼られている入館する際の禁止事項。
「しずかに・スケッチ」で、静かにスケッチするようにと一瞬勘違いした私はアホ。
スケッチは禁止でございまする。

そして、扉を開いて、中の仏像に注意がいってしまったその時、
ハイヒールのかかとの部分が入り口の段に引っ掛かって、
「あぁーーーーっ!!」という大声と共に講堂の床に転がりこんでしまったっ!!!

新品の黒のスーツは白いホコリがつきまくりんぐ。
文化財保護法により館内は「しずかに」

皆の痛い視線がカイザーナックルとなって集中攻撃を受け、冷や汗かいた瞬間でした。。。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-05-30 08:03 | 京都 | Trackback

マンゴークロワッサン、コーヒーシフォン

b0089578_10101428.jpg
毎月いやおうなしに送られてくるパンキットでパン修行。
マンゴークロワッサンは、爆発スプラッタ劇場あり、ホッキ貝かと見間違うものあり。
クロワッサンの形になったのはごく僅か。それでも焼きたてはなかなか美味しい。
b0089578_10102775.jpg
この間、いとちゃん絶対に失敗しないシフォンレシピを極秘ファイルとして受け取る。
レシピの中身は「プレーンシフォン」
・・・・・・コーヒーでも入れてみようかな(←レシピ通りに作れや!)
で、コーヒーシフォンを作ることに。(レシピの水をコーヒーに代えるだけ)

インスタントコーヒーの瓶を逆さにして、軽く底をポンと叩いたつもりが、
ドサーーーーーーッ!!っと、軽量カップに入ってしまった。
水100ml加えるところ、7割がコーヒーの粉。

デルピエロもまっつぁおな濃ゆいコーヒーを混ぜたところ、こんな真っ黒に!
でも、つぶれもしないし、ふわふわ感もあってコーヒーの香りもかなりする。
かなり良い手ごたえ。これは成功バージョン!?
b0089578_10103776.jpg
家でシフォンを作っても、家族は1切れ食べるだけで、後は私が全部消化することになる。
またいつ成功するかわからないので、ここで皆の者に分け与えてきた(女王様ぽいセリフ)

シフォンとうた種屋のつくだにの物々交換。
なかなかよいお褒めの言葉をいただいたので、そろそろつくだにを入れたりとか
オカズになる創作シフォンでも作ってみて、皆の手の届かない高みにのぼっちゃおうかしら。
目指せ、オルタナティブシフォン(激マズの予感)
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-05-26 19:37 | 料理(独身時代) | Trackback | Comments(48)

京都(祇園):おかる(うどん)

b0089578_211143.jpg
食べる為に歩きまわるのか、炭水化物を摂取するのが正しいハシゴ車の〆方。
行ったのは祇園に昔からあるうどん屋さんのおかる
カレーーーうどん
あんかけ風なとろりとしたカレーが京風っぽいカレーうどん。うどんは少しやわらかめ。
名物はチーズカレーうどんなので、名前だけでもそそられたのだけど、
さすがにラムとネギが、リバーブローのようにじわじわとボディーに効いてきたので食べられず。
次は絶対!チーラーの名にかけて食べるわ。

この日はいろいろ説明を聞くために座っていることが多かったのだが、
スーツのウエストのラインがやや引っ張られぎみでシワがよっていて苦しい。

サイズはきちんと合ってるはずなのに・・前日に焼肉食べてたからかしら・・(テグ)
とかなんとか気にしながら、その日の予定が終了。

立ち上がってスーツのシワを整えていると、
ジャケットの後ろのスリットの糸が結んだまま
そりゃキツイわ!というか、イッパツで新品のスーツってバレてしまうわね。

b0089578_2114584.jpg
京都ネタなので。手ぬぐいコンプリート。一番好きなのはやはりお茶菓子付き
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-05-25 00:41 | 京都 | Trackback | Comments(30)

京都(下京区西木屋町):葱や平吉(ネギ料理)

b0089578_22174047.jpg
うっかり八兵衛でラム料理の店に片足突っ込んでいたのを引き抜いて、
飯・本・番な店な時間帯になったのでお店に移動しました。葱や平吉(高瀬川店)
ネギがメニューの主役に躍り出ている料理屋さん。やっぱり京都は九条ネギだから!
と思っていったけど、東京にもお店が何軒もあるのを記事書いてる途中で知ったり。
でも、ネギまみれになるために行ったのだから、それでよし。

お店の前にディスプレイとして置かれているネギは本物。
お店の在庫がなくなったら使うのかしらん?飾りじゃないのよ、野菜は、フッフ~♪
b0089578_22175584.jpg
いきなりの付き出しはマスに入ったネギてんこ盛り。4人で行って、これは2人分の量。
何にでもネギをかけ放題、ネギ放題。
b0089578_2218583.jpg
ネギの黒焼き(軟白ねぎ・北海道)
最初に何も知らずに黒焼きを二つ注文したら、ネギだらけになりますよ~
とアドバイスをいただいたので、まず一つ。
群馬の下仁田ネギ、茨城の赤ネギはお声がかかって、すでに売切れ。
柔らかく甘いネギに味噌をつけたり、付き出しのネギかけたり。
b0089578_22181782.jpg
ねぎ入りだしまき玉子
コレガ大好きだし巻き玉子!すでに最初からネギがかかっているけど、
玉子が見えないほど付き出しのネギを更に上からかけたりしてネギ地獄に。
これだけ、ネギが沢山あると何にでもかけたりして、ネタが満載。これぞ万能ネギ。
b0089578_22182826.jpg
せせりとネギのにんにく炒め
かける必要のないほど、最初からかけられているネギ!
ニンニクとネギがとっても口の中でよい香り・・・ん?
この辺りから、婦女子の息とは思えないほど、口がネギ臭い予感。
明日も絶対にネギ臭いオーラが漂っているような悪寒。
b0089578_22183970.jpg
砂ずり、つくね
そうそうお酒にはネギ焼酎というものもあったので、ここはやはり注文。
付き出しのネギが減らないので、焼酎の中にネギを入れちゃえ!とばかりにネギ割りに。
普通のつくねにもネギのシャワーで使用前、使用後。
酔ってきて、ネギの臭いも大ジョブ、グッジョブ。←気が大きくなるのはいつも通り。
b0089578_22185358.jpg
やわらか豚の黒酢仕立て
少し甘めの黒酢仕立ての豚肉は柔らかく、とっても美味しい。
これにももれなくネギシャワー。

オヤジーズに囲まれているせいか、親父ギャグの応酬になるカウンター。
最後の会計はネギるしかないな!

ネギバウアー!(意味不明)

ネギーエンディング、スト~リ~♪と、私もだんだん酔ってきて親父魂がチラリズム。

次の日も仕事がある身なのですが、ゆっくり食べて今日の疲れをネギらいたいわ。

変なギャグで知恵熱を出しながら、まだ続く・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-05-22 12:26 | 京都 | Trackback | Comments(46)

京都(下京区木屋町):カオロウ館(羊料理)

b0089578_1625012.jpg
ちょいと京都に仕事に行ってきました。
日も暮れる頃、オヤジーズと一緒に先斗町や木屋町をうろうろ。
1次会の場所は予約してたけど、まだ大分時間がありちょいとツマミ程度にどこかに寄ろうかと。
ちょいとお前さん、ここに良さそうな店がありますよ、
と変わった店にはいりたガールで急に決まったカオロウ館でよかろうかん。
ラム肉料理が専門のお店。

メニューには、ラム唐揚げ、ラム湯引き、ラムカツレツ、ラムマリネーとラムてんこ盛り。
最後にラムー菊池桃子と付け加えたい。
ラムのタタキ
新鮮じゃないと食べられない生ラム!二杯酢で食べるラムはさっぱりとして美味しい。
b0089578_16306.jpg
ラムの唐揚げ、ラムシチュー
塩をつけて食べるから揚げ、そんなに味はしないかな。。
ラムシチューはデミグラが濃厚でラテンの恋の味!(意味不明)
b0089578_163922.jpg
ラム炭焼きステーキ
今から飲みに行くのに肉肉しい前菜。でも、カルニチンだからよきにはからえ!?

この日の日中はとある場所で、いろいろと仕事の話を聞いていのだが、
説明をしてくれるあちゃら側の会社の方の顔が、どーも誰かに似ている気がする。
・・・と心の端で少し気になる木。

誰だろう・・・とぼんやり思っていたら、急に降りてきたアンサーは綾小路きみまろ!
そう思ったら、心の呼びかけはもう「きみまろ」しか浮かばない。

きみまろったら、分かりやすく丁寧な説明と流れるようなトークで人の心をわしづかみ!(仕事の)なんだけど、ちょっと気にかかるところがあってある部分をチラチラ見ちゃいます。

それは、髪の毛はふさふさなんだけど、色がやや明るい茶髪。
その年齢にしては、やけに髪の色が茶髪過ぎるのではないか?きみまろよ。

きみまろは真ん中分けをしていたのだけど、よく見ると根元は白髪。
白髪を隠すための茶髪だったのね、きみまろ。
でも、真ん中分けをしてるために、さらに根元の白髪が目立ってしまうのよ。
それでいいのかきみまろ!私は短髪をお勧めするわ!

・・・・と、仕事中ですが、ちょっと熱いテレパシーを送ってしまった。

そういう私も最近おでこの生え際に白髪を見つけちゃったりして、おさつドキッ!

うちの母親が昆布好きで年齢の割には白髪が少なかったり、
他の昆布好きの人の話も聞いていたので、急遽昆布摂取キャンペーンをすることにしました。

朝食はいつもパンだったのだけど、おにぎりに変えて中身は昆布!
海苔が多いけど、より摂取のためにトロロ昆布!!
沢山食べて磯の香りを身にまといたい。 そのうち磯野家の一員に!?

あ、でもまだこのぐらいの低速キャンペーンだから効果薄そう。。。。
今欲しいのは昆布焼酎、飲んだくれながら、髪生き生き。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-05-20 21:49 | 京都 | Trackback | Comments(40)

名古屋(栄):いば昇本店(ひつまぶし)、Cheese Cake Cafe(カフェ)、「若冲と江戸絵画展」

★やや長編です。

先週の日曜日の出来事。
ただいま名古屋の愛知県美術館で開催されている「若冲と江戸絵画展」に行ってきました。

今回は諸事情により私の車だけど、私はとあるトラウマで高速が運転できない身。
(過去記事に書いたかな)皆さんに交代で運転をお願いモード。
金沢からはのりさんいとちゃん、私の3人で出発。

しかし、福井まで向かう道中のこの3人。
「縄文博物館には行かなくちゃな」、「ミッドスクエアーにいきた~い」、
「そんなフォーラスみたいなとこいきたくない」、「朝ごはんどこで食べるの~?」
好き勝手な事の言い合いで、まったくまとまりが足りません!(井原正巳調)
ちなみに3人とも水瓶座。
福井でプリシラさんが合流してまとめてくれるのかな~と思いきや、生温かい目で放置プレイ。
b0089578_2121041.jpg
とにかくお腹に物を入れなくては頭がフリーズ状態なので南条(ナンジョウ)SAで朝ごはん。
いとちゃんが夜なべして、シフォンケーキとパンを作ってきてくれた。
私も前日パンを作ろうと思ってたけど、夜遅くなると睡魔が降りてきてザセッツー。

いとちゃんには「絶対失敗しないシフォンのレシピ」のコピーをいただいたの。
これでスカタンシフォンを今度作ってみよう、絶対に失敗しないのよね・・
プレッシャーが頭に圧縮ボンバーのごとくのしかかったり。
b0089578_212225.jpg
私の朝食(ソースカツ丼(ミニサイズ)・たこ焼き越前バージョン醤油味)
福井名物と言えば、ソースカツ丼!!
朝からボリューミーなところを、たこ焼きの醤油味で味だけコレガ低飛行のつもり。

本当は、朝食・ソースカツ丼、昼食・味噌カツの2段カツスライド攻撃を予定していたけど、
いつのまにか「ひつまぶし」に変更していた。しかし、鰻も好きなので無問題。


本当は名古屋の前に若狭三方縄文博物館にいきたがっていたのりさん。
車に乗るなり、縄文式火起こし体験しちゃう?しちゃう?とあげあげ縄文テンション。
この方、資料館や水族館にあるような「解説ボタン」が脳内にあるらしく、
一言でも質問するとスイッチが入り、解説レンジャーの怒涛の攻めが待っている。

縄文時代のうんたら~~がしばらく後ろから聞こえてくるBGMだったが、
いとちゃんが、カラメルソースの作り方を質問したので、カラメル解説うんたらBGM。
そのうち古戦場付近を通ったので、古戦場解説スイッチが勝手に入り延々と解説。

いとちゃんの「へー」「へー」という返される返事に
どこかの番組のボタンみたいな返事だよね~と突っ込むと、
もっと高低差をつけろ!と解説レンジャーからの指導が入った。
興味のない話でも「へぇ~↑↓↑↓」と高低差をつけることが、聞き上手への第一歩!?

すでにやさぐれたおしん状態になっていたので、「じゃあ、関が原の戦いは~?」と質問すると
「俺はマイナーな古戦場のみだから」と返ってきた。 
全部のスイッチ用意しとけよ!!

ところで、縄文博物館に寄り道していると、メインの名古屋に着くのはかなり遅れそうなので、
解説レンジャーは泣く泣く断念。若狭の鯖が食べられるなら次回行ってもいいかな。
b0089578_21233100.jpg
岐阜に入ったところで、またもやSA巡り。にゃごやも近いので、手羽先!
私はイチゴソフト。

私の車は、ワイパーとウィンカーの位置が逆なので、運転手さんにはあらかじめ言っておく。
しかし、頭ではわかっていても、体がいつも通り反応してしまうらしく、
何度もプリシラさんが車線を変更するたびにワイパーを動してしまう。
はた目から見ていると、ウィンカーも出さずに蛇行運転を繰り返す、デンジャラスカー。
そのうち箸が転がっても笑う人のように、ワイパーが動くと笑う乗車メンバー。

ようやくお昼近くになって一宮ICに到着。
ここのインター周りは、やたらきらびやかなお城がたくさん目に付くムッシュムラムラ付近。
すかさず、いとちゃんが「あーあれあれ、すごーい!インド風の建物。私あれがいい!」
明るく爽やかタッチのコメントには「じゃあ、さっさと彼氏作ってあそこにいけ!」
とちゃんとした掛け合い漫才の〆的ツッコミが必ず入る。

と思ったら、急に「そういえば、あなたはアサヒ芸能を読んでるんだから、ああいうのに詳しいよね?」と乙女を貶めるツッコミ発言が向けられた。
失敬な!アサヒ芸能は会社の人が購読してるだけよ!読んでるのは事実だが(漫画がおもろい)
b0089578_2124234.jpg
こちらが栄のど真ん中にある愛知県美術館。高層ビルの10Fに美術館があります。
最初、エスカレーターで10Fに上がろうと途中まで登るも挫折。
美術館などを見るために遠出するのは久しぶり。(ひつまぶしのためではないのよ)
そういえば昔、こういうのも観にいきました。
b0089578_2125154.jpg
今日のメインイベントタイトルマッチ。「若冲と江戸絵画展」
ジョー・プライス氏のコレクションの中から101点が展示されています。(コレクションブログ
私は伊藤若冲のこの絵が気に入ったので、マグネットを購入。
この時ばかりはスイッチを押した後の解説レンジャーの説明は大変勉強になりました。
ありがとうございます!←本気と書いてマジ。

ここに入る前、携帯をマナーモードに設定しておくのを忘れていた私。
薄暗い展示室で静まり返る中で、チャンチャカスチャラカ、スッチャンチャン!
と、笑点のテーマが鳴り響き、思わず大慌てで訳もなく走り回ってしまった。。
b0089578_2132100.jpg
あらかじめ決めてあったランチの場所は日曜日でお休み。
のりさんが本能のままに先をザカザカと歩いて行くので、レディーの足は小走りぎみ。
細い怪しい路地に隠れた名店があるもんだ、との持論に基づき、
夜のうっふんな店があるとある路地の一角に偶然見つけたいば昇本店

古い佇まいのお店で店内にはタイル画があり、伊藤若冲帰りの私たちにはタイムリー。
ちなみに最初の予定はこの店だったので、なんといば昇違い!
さすがに食にこだわりのあるプロの勘は違うわ。
私の食い意地の張った勘もバカには出来ないけど。
b0089578_2131992.jpg
ひつまぶし:2200円
少し堅めに焼かれた鰻がのった丼とお吸い物、お漬物。
初めはこのままお茶碗に持って食べる。
私はお店でひつまぶしを食べるのは初めて。
家では夏に鰻、シソ、ミョウガを混ぜてそのまま食べている。
b0089578_2133037.jpg
その次は薬味のネギをのせて1杯、最後にダシ汁をかけて1杯。
ご飯の量が多いけど、最後にダシ汁をかけてかっこむからするっと入っていった。

いやーご飯を食べたら、お土産も買わなくちゃね!と密かにオサレビルへと誘導する私。
栄のど真ん中にあるファッション&グルメ、インテリアのラシックへ。
そういえばここにも、みそかつ専門店「矢場とん」があるんだよね~。
エレベーターで窓からカニ道楽?のモニュメントに「大阪みたい!」と声を出すと、
「田舎者かよ恥ずかしい」「声がでかい」とお叱りが・・・。ふ・・複式呼吸ですからぁ・・。
その後は皆でデパ地下散策、お土産探訪。
b0089578_2134245.jpg
お土産ゲットした後は、ケーキが食べたい!お茶がしたい欲求モード。
また、二代目の本能のまま街を闊歩するけど、カフェの勘はなかったようで見当たらず。
思わず、アップルストアに入りそうになったり、恐ろしくどーでもいいレトロカフェに
入りそうになるのを鬼の形相で止めたり。

結局、名古屋地下街をうろついていたら見つけたCheese Cake Cafe 名古屋栄店
私が食べたマンゴーチーズケーキは、マンゴーのおかげでさっぱり爽やかなお味。
b0089578_7132818.jpg
帰路は、名古屋・岐阜から富山までをつなぐ東海北陸自動車道で。
お土産を買うために入ったサービスエリアには、たこ焼きマニアにはたまらないジャンボたこ焼きを発見!メジャーボール級の大きさのたこ焼きは1個300円。
1つでお腹いっぱいになりそうだし、かなり熱そうなので、
かぶりついているとこぼしまくっている自分のマヌケっぷりが想像できる。

自分の車なのに私の運転は最初に金沢駅までの移動だけ。
のりさん→プリさん→いとちゃん→プリさんと代わる代わるの高速運転ルーレットで
絶対私よりも運転上手になっているに違いない。でも、ワイパーは間違えないよ。ニヤリ。

いとちゃんに車がいないから運転してごらんよ、と勧められたが、
これから一車線でトンネルが続くので、それは完全無理MAX。
まず晴れた空を見ながら、車がいなくて、道路の脇が思い切り広い道路で練習します!
目標:レアール。(冷や汗てんこ盛りな顔で店に行きそう)
b0089578_71337100.jpg
第二の休憩エリアひるがの高原SA
ここはひるがの高原牧場が近くにあるので、ソフトクリーム、ミルク、パンが有名なの。
ご当地ソフトマニアのいとちゃんは、さっそく試食。ミルクたっぷりでウマーよ。

東海北陸自動車道は、高山近辺がまだつながっていなくて、下道を通っていく。
日も暮れだして、じょじょに暗くなっていく中、周りの景色は山山山・・・湖。
気がついたら1人増えていたりしてね~テヘッと、余計な会話でさらに寂しい道中に。
そんな物悲しい雰囲気にも「トイレがしたい」で、全て呪縛から解放してくれるあの方の一言。
(実際は、前の座席はプリさん&私で70~80年代の洋楽、のりさん&いとちゃんは恋愛について?で喋っていたので、怖いものなしだったと思われる)
b0089578_7134922.jpg
そして一気に金沢に帰ってきて、お疲れ三下!パッとサイゼリアで宴会。
いとちゃんは先に帰ってしまったので、お店の人が無意識にその分のビールを間違えて持ってきてしまったのか。(私はビールは飲まない)
b0089578_714897.jpg
高速ワイン回し!
最初、グラスを手に持って回していたが、テーブルに置いた方がいいというアドヴァイスを受ける。
しかし、この後見事にワインをこぼす。
一応、回した後のワインのかほりを嗅いではみるが、酔っているのでわからず。
b0089578_7141719.jpg
プリさんと一緒にダブル高速ワイン回し!
だいぶ高速ワイン回しにも自信が持ててきたわ、我こそと思う人はいつでも小池栄子。

さて、ヨパライの末路は代行でお帰り。
私の車を全て運転してもらっていたので、代行の旅と言ってもよかろう。
あくまでもこの記事のメインは「若冲と江戸絵画展」。
それ、お忘れなく。

●のりさんの記事

●いとちゃんの記事・その1その2
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-05-17 17:03 | 愛知 | Trackback | Comments(57)

金沢(東山):テグ(焼肉)

b0089578_6243525.jpg
4月下旬のある日、いつも富山に住んでいるレゴやんが金沢に戻っているということを聞く。
ご近所焼肉の石焼肉・テグでも行こうかーと急計画。
カエマちゃんゆんさん、そしてテグ初体験のきみ犬さんが来てくれた。
私は臭いがついてもいいように、こき使われていたシンデレラの服装で。後で服は死んでれら。

が!!レゴやんは高熱風邪ひきモンスターにやられて撃沈で欠席。
食べる前にテグに顔みせだけにきてくれたが、その後寝込んでいたらしい。
レゴ・・・かわいそうな子!(ガラスの仮面風)

写真は私が編んだヘイホー用のコサージュを身に付けたきみ犬さんヘイホー(名前は?)。
預かっていたゆんさんの四次元かばんの中から中々出てこなかった代物。
b0089578_6244894.jpg
さっそく注文する始まりはシロ!そして、ハツ、ミノ、トントロ。
肉厚のシロはもちろん美味しいけど、ゆんさん推薦のミノもクセがなくて美味い!
今まで結構見落としていたわ~。そしてトントロがすこぶる評判がよい。
生センマイのやや辛めのタレもぐー。

カエマちゃん、ゆんさん、きみ犬さんはどうも「腹黒い」のを売りにしていて、
腹黒シスターズとでも名づけようか、と話していた。まとめてガレッジセール!
私が3人だからトリオじゃないの?と聞くと、「お笑いじゃないんだから!」と返された。
えぇっ!笑点とか好きなんだけどなぁー私。
じゃあセレブな主婦たちだから、ハラグローーゼ!!ドリンク剤だとハラグロンサン!!
b0089578_6245933.jpg
そんな話で盛り上がって肉をほお張る時間が空いてしまう腹黒シスターズ。
私がこの間やや大人しかったので、腹黒パワーに押されていたと思われていたらしいけど・・・

肉焼くの気になりますから!一刻も早く口に入れたいですから!

焼肉奉行じゃないけれど、シロが焦げるのは許せないわ。
でも、皆話しに夢中になっててもいいのよ。私が余分にその分ほお張っているからね。
くっくく・・・←リアル腹黒!?
b0089578_625936.jpg
塩・胡椒のお肉を味わった後は、石が汚れてもいいように今度はタレで。
コブクロ、トントロ、シロ・・・だったっけ!?
シロで〆るのは忘れないから、これだけは覚えているのだけど。

シロ好き、白子好きな私だから、表面上は黒派よりも白派ね。(コレガなので腹肉はシロ)
スノーホワイトにかけて、ミートホワイトとリングネームを授けてもいいわ。
腹黒シスターズ達にはいくらでも、ハッスルブラックとか名前を付けてあげられるのだけど。
b0089578_6252081.jpg
お勧めの温麺。
普通にオーーメンと注文すると、シンプルな塩っぽい麺が登場するので、
辛いやつでお願いします!と付け加えると、真っ赤なオーーメンが出てくる裏メニュー。
麺を食べた後のお汁も美味しいの。

この店のお母さんが、ご飯が余ったからお汁の中に入れて食べてみて、
とご飯を茶椀1杯分くれたの。ありがとう!ご飯が余っている時のみのサービス。
他の皆は先にライスをお茶碗別盛りで食べちゃっているから、
お腹がいっぱいになってきてオーーメンの雑炊は食べられなくなっちゃってる。

私だけは肉に専念するために、ライスは食べてなかったもんね。
この事を無意識に予感していたのか?いっぱい雑炊を食べました。
くっくっくっ←桜田淳子風リアル腹黒
b0089578_6253228.jpg
レゴやんお土産のオレンジケーキを食べてまったり。
この日もシロで始まり、シロで終わる、美味しいテグ日和でした。
レゴやん、今度こそ元気な体で参加して、お肉とご飯山盛りを食べまくってね。
余ったお肉は全て私が平らげてあげるからね。 ふふふ・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-05-15 02:01 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(40)

石川(小松):デリカテッセン・レアールでバール

b0089578_5584226.jpg
デリカテッセン・レアールでは月1回、土曜の夜にレアール・バールが開かれます。

1月のバールでは、仏の心を持つ私が運転手を引き受けたため、お酒は口にせず
皆のはみだしテンションも生温かく見守っていたけど、そんな仏ゾーンも限界に。
今回のバールでは飲みます、やってみせます(何を?)

今回は、ゆんさんの車で、カエマちゃんtakeさん、nachiぼん、私が先発隊。
車に乗った途端、「家から車で飲むお酒持ってきちゃった、テヘッ」と、
乙女カクテルを皆に配り、運転手のゆんさんには黒豆茶を渡す。
この心くばり!澪つくし!単に自分が飲みたいからという陰謀は隠そうとしても隠し切れない。
b0089578_5585574.jpg
今回はかなりの人数なのでビュッフェスタイル。
ショーウィンドーに並んでいるあの品、この品、どの品がテーブルに。
会場に着けば、またもアロえもんドアを使ったのか、アロハちゃん夫妻が!
バールは夜更けまでなので日帰りじゃなくても大丈夫。安心してワインに溺れてください。
b0089578_559477.jpg
秘儀・高速ワイン回し!!

この店で、高速ワイン回しを見て以来、ワインを飲む時に試してやろうと思っていた。
いつのまにか、ワインに空気を含ませて香りを楽しむ事よりも、
いかに洗濯機のように早く激しく回せるかに主旨が変わってきている。
さっそく周りから、「危ない!」、「こぼれる!」の声が飛ぶ。(まだそんなに酔ってない)
b0089578_5591384.jpg
店内ではあつこさん含むアカペラ室内混声合唱団ザ・タロー・シンガーズの生ライブ!
この方たちも大阪からレアール・バールにワープしてきたのです。
声楽家の方々は本当に声が楽器。間近に聴けて迫力満点、盛り上がり最高潮!

その後、後発隊メンバーが続々登場。
のりさんいとちゃんパオたん夫妻、chiquitaさん、パオ子ちゃん、kim-nagamachiさん、
カオナシさん
ミッドナイトパーティーを意識してか、パオたんの足元は屋根にも登れちゃう?鬼瓦権造スタイル。
いとちゃんは脱げば闇夜に紛れるくの一スタイル。
ちなみに私はレアールで売っている「抹茶ムラング」スタイル。全身グリーンのレディーボーデン。
b0089578_5592333.jpg
次々と出来上がると出されるお料理たち。
シェフが出来上がったばかりの鶏の丸焼きを切り分けてくれます。
あぁ・・昔漫画でお金持ちの家に遊びに行くと必ずこんな大きな鶏の丸焼きが出てきたものね。
いつも読みながら、かぶりつきたいと思っていた幼き日のドリーム。
b0089578_5593286.jpg
人数が多くなってきて込み合ったきたので、「ムッシュ~外へ出て食べましょうか?シルブプレ~?」と自主的に外のテーブルに食べ物を運んで移動することにしました。
うるさいので、「やい、てめえら表へ出ろ!」(時代劇風)と言われたのではありません。

実際、お店の中でいくら騒いでも歌っても音は大丈夫。
しかし、外だと結構声が響いちゃうのよね。
私、「声が大きい」と言われちゃった、ショボーン。
地声がデカイのは元演劇部ですから、複式呼吸ですから。
b0089578_5594271.jpg
さぁ、食べ物を外のテーブルに運ぶわよっ。
裸エプロンのゆんさんヘイホーよろしくメイド化してさっさと運ぶわ。
うわっ!肉ばかり取ってきてしまったわー。無意識のうちのコレガ行動。
(コレガ=コレステロールガール)
にく、にく、にく、にく、ココナーッツ♪(意味不明。でも、チャゲ&石川優子←ふるっ)
ブタ?のレバーパテが激ウマ!!
b0089578_5595251.jpg
いとちゃんとchiquitaさんが持ってきたロシアンルーレットオムスビ
この中の2個だけに、オニギリの中身半分くらいの山葵が入ってるらしい。。。
山葵大嫌いの私にはバツゲームかよ!!と思ったけど、
こんなに数があるんだし・・と思って適当に選んで食べたら・・・・当たってしまった!
ひでぶっっっ!!!酔いが急ブレーキ!!! もう一人当選者はカエマちゃん。
こんなに運がいい私たちだもの、そのうちビックな物が当たるわね(食中毒はいやよ)
b0089578_60110.jpg
デザートタイムもいろいろ、大好きな桜シフォンも登場。
私も自分のシェフ直伝レシピによる抹茶シフォンをお土産用に持っていきました。
どなたかがシェフの桜シフォンとシフォン比べをしていたので、ガラスのハートには酷だったわ。
でも、この頃には何度も「目がすわっている!」と指摘されていたので、
鋼鉄のハートになって暴言吐いていた・・・吐いてない・・・きっと、たぶん、少しだけ。

そしてデザートタイムが過ぎても、牛すねの煮込みをいつまでもほじくり、
さらに店内のピラフを食べに行く私。ビバ!食欲。

バールは2時すぎ?までいたと思います。
本当にシェフの美味しい食べ物と楽しい雰囲気と仲間に出会えたことを感謝。
またバール行きの計画あらば、荷台に乗り込んでも参加します!!

その後↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-05-11 02:55 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(48)

石川(小松):デリカテッセン・レアール(フレンチお惣菜)

b0089578_13053.jpg
4月中旬のある日、アロハちゃんから早朝、一声に警戒警報発令メール。
そこには大阪からふらりと石川県小松市にあるデリカテッセン レ・アールによるとの情報が。
いつから、大阪と石川の間にはどこでもドアが付いたんだ!?
私は1つのミッションを終えてから、向かった。
すでに店内にはカエマちゃん&カオナシさん夫妻が。

右のワンコはアロハちゃん夫妻の愛犬「はなちゃん」
めちゃくちゃ可愛いーー!この落ち着きのなさに親近感を覚えるわ。
ボーダーコリーは大好きな犬種で、好きになったキッカケは「ベイブ」←単純
好きなのは大体、シベリアンハスキー、レトリバー系とか、柴犬を除いて大きい犬が多い。
b0089578_1311100.jpg
ショーケースに並ぶ美味しそうなお料理の数々。
旦那さまはハナちゃんの散歩に行き、アロハちゃんは・・・・・いない?ニンニン。
と思ったら、いつのまにか厨房に入ってシェフと一緒に写真撮っていたー!
チューボーですよ化。
b0089578_132112.jpg
やっと会えたね・・と、辻仁成チックに写真に納まる二人。
加山 雄三 「君といつまでも」
顔は噴出す寸前なので、ハートマークで正解。魂とられちゃいます!?
b0089578_133271.jpg
桜シフォン・豆乳ゼリー
豆乳ゼリーはやわらかく優しい味。
桜シフォンは何度も食べてるけど、桜の風味がして身がしまって美味しい。
b0089578_134263.jpg
この店に行く前に終わらせたミッションとはこれ。
命知らずの私が持っていったケーキの顔色が悪い貧血ケーキ
ちまたでは「クランベリー・カシス・バターケーキ」との説もある。
レアールの奥様にまで試食毒見してもらって、大恐縮!
b0089578_135119.jpg
皆で楽しく談笑の後、パオたん夫妻も加わって、短かかったけど楽しい時間を過ごせました。
アロハちゃん、また遊びにきてね。ワープの方法考えてほしい。
その後、バビューンと家に戻った私には、
ケーキを作った残骸のしっちゃかめっちゃかな台所が出迎えてくれました。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-05-09 06:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(40)

金沢(片町):勝一(割烹)→中村堂(バー)

b0089578_2315263.jpg
4月上旬のある日のこと、金沢出張の度に忙しくてスケジュール調整が合わず、
なかなか合えなかったやっすんさんと念願叶ってお会いすることができました。
やっすんさんとは前のブログの頃からちょこちょこと交流しておりました。
その時はまだ大学生!・・・って、当然やっすんさんが。私はすでに真性おばー。

初めて会ったやっすんさんは、ほっそくて鼻すじがスッと通った綺麗な浪速っ子。
ヤング(死語)な知的オーラが溢れておりました。

初めて会うやっすんさんの目印が「赤い薔薇のピアス」
私の目印、「スカタンコサージュベージュ・通称アンモナイト」
「牡丹と薔薇」愛憎の花、咲き乱れる!?
お腹は空きまくりだったので、ボタ薔薇→ブタ薔薇→ブタ腹への三段変換への可能性大。
さっそく割烹「勝一」と突入します。

蛸の小倉煮、クルマエビのオカラ(サラダ味)寄せ、〆サヨリ、サヨリの骨せん
べい、白子のポワレ

蛸の小倉煮ってかなり新鮮な味だった。骨せんべいはパリパリでウマーとゴン太状態。
b0089578_232371.jpg
お刺身盛り合わせ(まだい、甘エビ、メジマグロ、、ブリ、アカイカ、アカニシ貝)、
シメサバ、のどぐろの塩焼き

アカニシ貝は初めて食べたけど、身がしまっていて美味しい。
やっすんさんは金沢食の陣ということで、のどぐろの塩焼きをチョイス。

やっすんさんに若く見えると「ご飯山盛り3杯分」の褒め方をされたのが嬉しくて、
思わずカウンター越しに「今の聞いた?」と某2代目に尋ねると、
「エイプリルフールは過ぎたはずなんだけど」と一言。
くっ・・、ちょっと喜んでみたかっただけだいっ。
b0089578_2321487.jpg
天ぷら盛り合わせ(白エビ、ホタルイカ、白子、カボチャ)
ホタルイカの天ぷら!!富山の「あら川」で食べて以来、恋焦がれていたわ!
ホタルイカを揚げる時はぽんぽん油をはじくので、「ぽんぽん揚げ」と言うらしい。
だから火傷をしやすいのだけど、二代目はコツを掴んだそう。
お塩をチョンとつけて食べると中からイカミソが口の中で広がって美味しい~。

スカタンボトルを取り出して、やっすんさんに飲みねぇと勧める私。
やっすんさん、お酒はいける口なんで、ビール・焼酎・日本酒と次々とコップが手品のように空に。
私にとって日本酒の思い出と言えば、20代半ばから開けてはいけないパンドラの箱なので、
ずっと避けてきたのだけど、せっかくなので天狗舞をいただきました。
おぉっ、結構美味しい。やばっ・・体の中に新たな日本酒専門チャンネルが設立されそう。
b0089578_2323055.jpg
桜蒸し、フグの子のお茶づけ、リンゴ・パイン・マンゴーのアイス
やはりお勧めで食べさせたかったフグの子のお茶漬け。
濃厚なタラコといった感じで美味しいんだ~。
やっすんさん、出来る女のクールなイメージだったのだけど、
浪速のあきんどっ子の一面もあり、とっても気さくでポンポン話しが弾みました。
お互いの仕事の話から、体養成ギブスの話まで。←部位はもちろん・・
b0089578_2323954.jpg
そして、そろそろ次のお店に行こうかしら、という雰囲気になり、
いつもの調子で「次はたこ焼きでも食べに行くかしら?」とナチュラルハシゴ宣言。
しかし、やっすんさんに「いえ、もうお腹いっぱいですから」と返される。

飲み会でハシゴ車回すのは、誰でもデフォじゃないのね

と、再確認したので、落ち着いた雰囲気のバーに行くことにしました。
中村堂石川県金沢市片町1-6-6(076-263-3838)

ここで付き出しを喜んで食べていたのは私ですが、何か?
この日は、杏酒→焼酎→日本酒→カクテルと、かなりヨッパモードが脳内に広がっていたけど、
一生懸命に頭の中のナイチンゲールが抑えておりました。
一応、初対面の金沢ナビなので、倒れるわけには行かない。

そんなこんなで威厳はないけど体の平衡は保ちつつ、無事に別れたのでした。
やっすんさん、楽しかったです。また会いましょうね。


●やっすんさんの記事
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-05-07 00:28 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(40)