<   2007年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

金沢(広坂):21世紀美術館内「フュージョン21」→サイゼリア

b0089578_1341524.jpg
浪速のスマイリーことアロハちゃんご夫妻、金沢来訪2日目。
前日、酔ってグロッキー早退した私は、この爽やかな太陽の下、完全二日酔いモーード。
脱皮状態の洋服たちをかき集めて装着したので、タイトスカートにハイヒールと
これからお寺に向かって坂を登っていくというのに、まだ飲み会の続きのような格好。

事前に予約して午前中から行ったのは、金沢では忍者寺として名高い妙立寺
メンバー:アロハちゃん夫妻、のりさん、nachiぼん、私。
特に私は堂内では静粛モード(二日酔いだから?)
b0089578_1342527.jpg
その後はお昼ご飯の場所に向かうために金沢21世紀美術館へ。
ぽっかりと天井に開いた穴がキャンパスになっているジェームズ・タレルの部屋
「ブルー・プラネット・スカイ」は、無料ゾーンにある常設の作品。
この部屋に入った途端、「ここで皆でバーベキューできるな」というアロハちゃんのお言葉。
b0089578_1343398.jpg
ランチは美術館内のレストラン、白い内装がモダンなフュージョン21で。
ここは前菜が食べ放題で、値段も3段階あります。
私達はメイン料理、デザートがあったから一番上のやつだったかな~?
白いパレット型のお皿に自由にアートして盛りつけていきましょう。
あなた色に染めて・・ウフ。

ここからの参加者:カエマちゃんgorukichiさんいとちゃん葵ちゃんsyousyouさん
松虫さん、パオ子ちゃん
b0089578_1344219.jpg
パレット・タイトル「ご利用は無計画に」
アートのアの字もないような盛り付けよう。他の皆さんの作品はここ
b0089578_1345131.jpg
お代わりパレット「プチトマトタワー」
プチトマトがすっごく食べたくなってので、てんこ盛りに取ってくる私。
たこ焼きタワーなら簡単だが、プチトマトタワーは転がるので周りを他の料理で固める。
アボカドと海老のタルタルが美味しかったのでそちらを土台に。
3回目行かなきゃ気がすまないバイキング魂。ドライトマトがとっても気に入った。
b0089578_135095.jpg
メインは魚料理。しかし、それよりも前菜の方が気に入っていたかな。
誰かがセレクトしたハーブティーにはクリアガラスにハーブの葉が浮いていてオサレ。
昭和な面々が茶柱が立っていると大騒ぎ。
アロハちゃんの旦那さまがスイーツ食べないというので、来るものは拒まずで頂いた。
b0089578_135854.jpg
ヘイホー&編み子のラブラブ画像は、恋愛運アップ!と勝手に決め付けて、
後ろから羽交い絞め状態ポーズをさせて、携帯の待ちうけに。
心キレイ!ってどこかの恋愛成就の神社代わり。
お土産にいただいたのはパオ子ちゃんお手製のシフォン。
紙コップシフォンのアイディアはこの人から。
b0089578_1351715.jpg
その後のご一行は、かつての藩士が住んでいた屋敷跡がある長町武家屋敷跡へ。
まいどさんがいないので、誰も説明が出来ないので、
ぞろぞろと歩いただけだったけど、雰囲気は味わえたかな?

アロハちゃんたちを駅まで送ってお土産散策の後に涙のお別れ。
あわただしく過ぎた1泊2日の旅だったけど、出会いが沢山あったね。
まだまだ紹介しきれてない場所もあるので、ぜひまた遊びにきてください。
シロ食べようよ!!!
b0089578_1352685.jpg
残った面々は駅前ポルテ地下にあるパッとサイゼリアで打ち上げ。
朝の二日酔いがなかったようにチューハイを大ジョッキで飲みはじめる私。
サイゼリアったらリーズナボーなんで遠慮なしに飲めてしまうところが魅力。

大昔なんか羊肉の料理があったのにいつのまにか消えていたりする。
「終了しました」「当店では扱っておりません」
いつだって食のマイノリティー派には、メニューから厳しい別れが突きつけられる。
そんな寂しさも吹き飛ぶような大好きなミートドリア。

打ち上げ魂が染み付いた団体のエンドレストークで、この日の宴も楽しく盛り上がったのでした。
オワリ
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-04-30 12:17 | 石川(金沢) | Trackback

金沢(片町):割烹・勝一(割烹)→ぢどり屋(薩摩地鶏)

b0089578_1445856.jpg
大阪の巨星アロハちゃん、金沢に現るの続き。(夜編)
アロハちゃん夫妻の夕食その1は割烹「勝一」でと言うのはあらかじめ決まっていたこと。
本来ならばアロハちゃん夫妻にゆっくりお食事を味わっていただき、
たまに声もかけながらなんてのが某二代目の希望だったと思われる。

その夜は、一人家でオンリーロンリーな私を気遣って夕食に誘ってくれた、アロハちゃん。
「いや~私が行ったら嫌がるんじゃないかな」
「電話してみーな。大丈夫やって」
と言われつつ背中を押された感じで電話してみると、「来なくてもいい」とのお言葉。
まさにお邪魔ンボ。

そうだよね、2人分用意してるんだもんね・・・といいつつ、そこを押して行ってしまう私。
猫の皮は50匹分かぶっているが、面の皮は100人分と人材バンクぐらい層が厚い。

前菜:花まつも、クルマエビのポテト詰め、蟹と生クリームの葛よせ
b0089578_14511100.jpg
左の綺麗に盛り付けられたお刺身群。
わ~美味しそう~と思ったら、これはアロハちゃん夫妻の分だった。ガーン。
勝一のお父さん「スカタンちゃんも食べるの?」
私「た、食べたいです~」   お代官さま・・・お慈悲を。。

これを食べて待っておれと、のりさんから与えられたのは右の小鉢に入った白子の天ぷら。
ありがたや、ありがたや・・・でももっと何か食べたい。
b0089578_1452097.jpg
私の分のお刺身盛り合わせ。とり貝とかホタルイカetc...
さっそく預けている女王ボトルを飲みだす私。
アロハちゃんにも私の酒を飲めないか状態でそそぐ。
お返しに日本酒をいただいたり。←これで未来予想図が決まったと言える。
b0089578_1453142.jpg
左側ののどぐろの塩焼きはアロハちゃんたちの物。
大根おろしが雪だるまになっているのがキュート。それをさらにモヒカンにするアロハちゃん。

隣ののどぐろの塩焼きが美味しそう。。。
お刺身も食べてしまって、ひもじいーひもじいー何かください!
と、ねだりん坊になってみたら、これを食べとれと出てきた芋3個!
お邪魔ンボに対するこの仕打ち・・・骨の髄まで染みたわ。
b0089578_1454079.jpg
今出すから!と恋焦がれて待っていた白海老の天ぷら
あっさりした白海老の天ぷら、大好きです。ふきのとう味噌でいただく。

よく考えたら10時から、地鶏焼きのお店に行くことが決まっているので、
そこで腹いっぱい食べればいいだろう!という話なのだが、目の前にあると全て欲しくなってしまふの。
b0089578_1455010.jpg
左はアロハちゃんたちが食べていた蒸し物。
右は昆布柚子アイス。アイスの中に昆布が入っているという画期的なアイス。
さっぱりとした柚子の風味の中に昆布の食感が不思議な感じ。
これで白髪が少しは生えるのが抑えられるかしら?
b0089578_1455891.jpg
ここで寿司屋のおかみさんがアロハちゃんのために北海道から届けてくれたプレゼントを開く。
マリモ羊羹、昆布チップス・・ワサビ風味!?げげっ
そして、おかみさん手作りのヒト型のクッキー。

ヒト型のクッキーの手の部分が折れているものを発見したので、
骨折クッキー!と名づけてほおばる。おかみさん、とっても美味しかったです!
そおいえば、私は今までクッキーというものを作ったことがないわ・・・。
青春時代何をしてきたのかしら。お菓子修行、ABCから始めますっ!!
b0089578_146819.jpg
そして10時頃、場所を移動して、皆でアロハちゃん歓迎会!
場所は薩摩地鶏焼きのお店、ぢどり屋
鹿児島の産地からマイナス40度で直送される薩摩地鶏を特製ロースターで焼いていただく。
もも鉄板焼とか、いろんなお肉を食べたけど写真は一部。
薩摩地鶏、本当に肉に弾力があって美味しいです。

参加者:カエマちゃんgorukichiさんのりさんプリシラさんゆんさん、nachiぼん、
チキータさん、kim-nagamachiさん、私。
そして、途中から颯爽と現れたレアールのシェーーーーフ!←サウスパーク風
b0089578_1461846.jpg
竹筒に入っていて自分で作るつくねはナンコツが入っていて歯ごたえコリコリ。
焼き物以外でもカルパッチョや薩摩地鶏の湯引き、鶏スープといろいろ。
一応、チェーン店だけど博多中洲で創業30年の味は心にぐっと響いた。

この後の二次会はとあるジャズバーへ。
生演奏もやっているお店で、なんとチキータさんとプリシラさんが歌声を披露。
いろんな芸風持っているヒトたちだわ~~。

ん・・なぜここで写真がないのかしら?理由はもちろん酔っ払モードだから。
せっかくシェフから、ありがたーーーいフランスのお話しを聞かせてもらったのに
今となっては記憶は砂嵐ばかり。。(本当はチキータさん達の歌も聴こえてない聴いてない

酔っパーにもいろんな状態があるが、この日はバイオリズムの関係で酔いの調子は悪い方。
三次会のお店の席を先に取っておくねーーーと、次のお店に場所取りに行って座った直後、
鳴門の渦潮のごとく意識が薄れて、机につっぷして爆睡!
どなたかの記事に爆睡の写真が晒されていたような。。。

その後、皆が到着で起こされるも、気持ちが悪くなってきて、またまた早退!
皆がこの後、まだ盛り上がっていたと思ったら残念でならぬ。

うふ、昔のヨッパーはこんなもんじゃなかったわね、と自らを慰めるも宮本むなしなので、
次回から気をつけますわ(何度目?)

キョンシー早退女王って名づけられたくないもの! パンイチ女王は定番でもいいけど。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-04-26 12:33 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(28)

金沢(近江町市場):かいてん寿司・大倉(回転すし)→(東山)久連波(甘味処)

b0089578_1817434.jpg
3月下旬の週末、大阪のお笑い美白マダムCことアロハちゃん夫妻が金沢にやってきました。
マイハイヤーを横付けして待っていた毎度セバスチャンな私。
改札口に出迎えたのは、カエマちゃん、カオナシさん、gorukichiさん
nachiぼんとその子供1、2。んで、私。

アロハだけにネタとして、私は借り物のアロハを装着。
nachiぼんの子供たち2人は、アロハちゃん夫妻にレイを首からかける役。
改札口だけ常夏の国マリネラのような陽気なムード。←アホの団体?
次はカメハメハ大王のふんどし姿を誰かに希望。

まずはお昼ご飯を食べに近江町市場へ。ここでパオたんと子供ちゃん1人が追加。
土曜日の近江町市場は、観光客で海鮮丼や寿司屋はどこも行列。
市場の回転すしで地物の新鮮な魚を好きに食べようと思って、かいてん寿司「大倉」へ。
b0089578_18171914.jpg
天然ブリ、のどぐろ
のどぐろのお寿司を初めて食べた。
歯ごたえはやや柔らかいけど、あっさりた身に脂がのっていて美味しい~!!
ハンパでない大きさがかけ布団のよう・・ラブ抱きしめられたい。
ブリももちろん旨いわ。ブリ子見てる?

とても込んでいたので、2つのグループに分かれて座った私たち。
私が「さび抜きで!」と言うと、向こうの席からドッと笑い声が・・・こいつら。
私が恥ずかしい人みたいじゃないか!

※某まいもん寿司でさび抜きを頼んだら、私の座席から離れた場所で握っていた店員さんが
「はい、お子ちゃま用はどこ~?」と持ってきた声が、いまだにエコーで頭に残っている。
b0089578_18173291.jpg
活バイ貝、生サバ、ホタルイカ、がす海老
市場のお魚はどれも新鮮で、回転すしーーと言っても北陸は侮れない。
がす海老はねっとりとして、甘エビに負けず劣らず甘いの。

どうも金ピカのお皿を見ると、高価なお皿かと思ってビクッとしてしまう体が憎い。
実際、バイ貝のは大したことないんだけど。紛らわしいわっ←自分の体が。
b0089578_18174665.jpg
お店を出たアロハちゃんは、地元産のウニに釘付け・・と思ったら、もう食べておった。
今、手が早い選手権決勝に残るのはマギー司郎か、アロハちゃんか。
モザイクは尾山神社のステンドグラス風にしてみました。

そして食べた後は、市場でのお土産をゲットするため、ぶつよくマシーンへと変わるのです。
この辺りでプリシラさんが合流されました。
b0089578_18175745.jpg
そして一行はひがし茶屋街へ。途中でゆんさんが合流です。
茶屋街の写真を撮りながら基本の金拍のお店とか、お箸や、手ぬぐいの店を渡り歩く。
この辺りで休憩するまでは帰れないとばかりに甘味処の久連波へ。
抹茶をつかった甘味が多く、2階の和室でまったりくつろげる。
b0089578_18181072.jpg
抹茶アイスヨーグルトとコーヒー(私の分)
酸味のあるヨーグルトと抹茶アイスが口の中で混ざり合ってさっぱり。

抹茶アイスヨーグルトか、コーヒーか、どちらにするか迷っていたけど、
そういう時はどちらも注文。物欲(食欲)の鬼なの。
そしてメニューの中には、謎のシイタケ丼というのがあって、これがまた謎。
シイタケのどんぶり?わざわざシイタケを?何か由緒正しいいわれがあるのかと勘ぐったり。
誰か食べてみてよ、と皆あおっていたけど、勇者はいなかったわ。。
b0089578_18182298.jpg
東山で古都の情緒を味わった後は、これまた情緒の楽園、兼六園へ。
閉園も近づいていたので観光客も殆ど見かけることもなく、
ギャグを言い放つ団体でなかったら一句でていたかもしれない雰囲気。
↑その原因の一人・私。75%アロハちゃん(濡れ衣?)
b0089578_18183995.jpg
唐崎松
琵琶湖畔の唐崎松から種子を取り寄せて育てた黒松。
雪の重みによる枝折れを防ぐため、冬にほどこされる雪吊りをクリスマスだから?と言ったのは別の団体の時だったっけ?
b0089578_18185326.jpg
根上松
根性の曲がった根っこが、土の中にいるのはいやだと、もりもりと根を這い出してきた
ど根性から「こんじょうまつ」と名づけられました。

嘘です。

もうええっちゅーんじゃな具合まで、「ねあがりまつ」を「こんじょうまつ」と読み間違えた
エピソード1を披露する私。
横で職人パオごんぞうが、ちゃんと成長後に土が流れて根があらわになったと
正しき説明しておりました。
b0089578_1819313.jpg
梅林
全国の名梅、約20種、200本の梅が植えられています。
ちょうと梅が咲きほこっていて、やや薄暗くなる空の中、とても綺麗だった。
中を通れば梅林ギャル、苔の上を転がればバイキンガール。


この後、アロハちゃんご夫妻は割烹「勝一」でお食事に行く予定だったのだけど、
私がこの日の夕食、家で一人ということで誘っていただきました。
しかし、2人分の用意をしていることもあって、某二代目に「来なくていい」と言われる↓↓
そこを無理矢理押して、3人で行くことになったのですが。。。

つづく。。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-04-25 00:52 | 石川(金沢) | Trackback(1) | Comments(26)

抹茶シフォンケーキ・その2

b0089578_302365.jpg
今まで何度もシフォンケーキに挑戦しているが、まだシフォンケーキ完全体は1つもあらず。
あまりの散々な取り組みを見かねたレアールのシェフにレシピを伝授してもらいました。
これで出来なきゃハラキリもの、私の腕はミュータント。

ふふふふ・・・膨らんでるっ
落ちないかしら、落ちないかしら・・・・。
何度も失敗しているので繊細な私の心にトラウマが発生していた。
凹む、落ちるは禁句状態←受験生かよ!
b0089578_303554.jpg
抹茶シフォンケーキ、完・全・体
へ、凹んでない。わ~いやっと成功だ~!!
自らを祝って、おめでとうございま~す。(海老一染之助風)

見た目、抹茶のグリーンが、新手の生け垣に見えないこともない。
周りのカスカス状態を刈り込みたくなる。
b0089578_304755.jpg
過去の抹茶シフォンケーキと比べても、誰がみてもシフォンケーキと言える外観。
大きめの気泡がまた愛らしいわ、と出来の悪いところも片目をつぶって。←有頂天?
味は普通に美味しく出来たと思う。

シェフ、レシピありがとうございました!!
次はまた自分なりのアレンジをしてみようかな~という思いがまた失敗逆コースターへの道。
b0089578_305895.jpg
小さく切って、紙コップに入れてパーティーのお土産用に持参しました。
皆、つたないシフォンを食べてくれてありがとー!(というか押し付け)
レアールの桜シフォンと比べられた時は、金とサビ鉄くらいの差に脳内延髄切り状態でしたが。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-04-23 06:46 | 料理(独身時代) | Trackback | Comments(44)

グリッシーニ、クランベリー・カシス・バターケーキ

b0089578_151934.jpg
レッドピーマン入りグリッシーニ
毎月送られてくるパンキットにてグリッシーニを作りました。
何しろ毎月送ってくるのでうたた寝してる間にあっちゅーまにたまって行くんですわ。
グリッシーニと言えば、細長くてあらあら生ハム巻いちゃうわよ、というイメージだけど、
私のはミニこん棒。やや太短い。

実際の見本は細長ーーーくして、6本を2回に分けて焼くのだが、
面倒臭いのでやや短めにして12本分全部をオーブンへGO。
ものぐさ道ここに極まれり。

もちっとしてフォカッチャみたいで、なかなか美味しい。
カレーに突っ込んで食べたら、何本もお腹に入ってデブの元。
b0089578_1512199.jpg
クランベリー・カシス・バターケーキ
シフォンとの闘いは一時休戦状態としてバターケーキを作った。
ドライクランベリーをレモン汁でちょいと煮て、生地にカシスソースをちょいと加えてみる。
焦げ目なんて気っにっしないわっ←キャンディキャンディのノリ。
b0089578_1513176.jpg
焼きたてを切って見ると、ケーキの顔色が悪い!
つい、大丈夫ですか?と声をかけたくなるような色の悪さ。

たぶんカシスソースの色が貧血ケーキの原因らしい。。
味はそう悪くはないけど、しっとり滑らか感はないなぁ・・・。
こんな出来でも献上品として持っていくあたり、小心者の心臓は毛深い。

最近の出来事↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-04-20 12:16 | 料理(独身時代) | Trackback(1) | Comments(39)

石川(小松):デリカテッセン・レアール(フレンチお惣菜)

b0089578_130895.jpg
3月も半ばに差し掛かったある日、午前中はお休みでランチ買いに走る必要性あり。
コンビニ?マック?いつものパン屋?今日はリッチィにフレンチお惣菜を求めて小松までワープ。
日中に来るのは初めてなデリカテッセン・レアール
フランスで修行したシェーフ手作りのフレンチお惣菜のお店。
ボンジュール、ながじゅば~ん、さるぼぼ~ん。←フランス語のお約束
b0089578_1301853.jpg
玄関脇にはシェーーーフの分身のジュニア君が。
なにか下らないダジャレを言ったら、ツッコミ入れられそうな手の角度。
b0089578_130289.jpg
美味しそうな料理がガラスケース越しにずらりと。
右下の透明なエアフードお願いします!!←ウソ
この日は開店直後にお邪魔したのだった。。
b0089578_1303725.jpg
レアール風オムレツ、チキンとキノコのマリネ
スペイン風のオムレツのように野菜がたっぷり入ったオムレツ。
チキンコンフィの身をほぐしてキノコと混ぜたマリネが美味しい!
酸っぱいものが欲しくなる身・・やや最近お疲れぎみ。やずや?

カニクレープ煮クレープファルシ、サバのハーブパン粉焼き
クレープにベシャメルソースで煮たカニ身が包んであるカニ!
料理にうといのでベシャメルソースって名古屋のこの店で初めて聞いたカニよ。
サバは南フランス特産のハーブ入りパン粉をふって焼き上げてあるカニ。
サバ香ばしいです。サバーーは大好きなお魚。どんな料理でもサバイバー。
サバーーの一夜干しでもトルコのサバーーーーサンドでも。
サバーーーーと伸ばすとバーブ佐竹と言いたくなってしまふわ(意味不明)
b0089578_1304660.jpg
ハンバーグキノコソース
デミグラスソース&キノコがかかったハンバーグは温めればレストランの味♪

お皿に移しかえれば綺麗なのだけど、職場で食べたのでパック包装のまま。
お店の料理の1つ1つに合うワインアドバイスも書かれています。
今流行りの(自分の中で)高速ワイン回しで食べてみたい。。。

メレンゲのお菓子、桜ムラング・抹茶ムラングは職場で分け与えました(女王的)。
桜ムラング、お気に入りです。やっぱり春限定なんだろうなぁ?

って、↑上の画像、お昼に全部食べてしまいやがった・・・食べすぎ!?(他におにぎりも・・)
b0089578_1305666.jpg
そして、また別の日にもランチを買いに走りました。この日は可愛らしい奥様も初対面。
職場なので、ランチョンマットはティッシュで!!

イカスミリゾットのコロッケ、小海老とポテトのタルタルサラダ、
牛肉の欧風デミグラスソース6時間煮込み

自家製ピクルス入りのタルタルソースで混ざったサラダ、好み~。
肉将軍なので牛肉の煮込みがめちゃお気に入り。職場の電子レンジ大活用。
b0089578_131579.jpg
加賀棒茶のムラング、桜シフォン
桜シフォン、ついスポンジと間違えて洗い物に使ってしまいそうなほど形が整ってる。
キメが細かくて桜の香りがふんわり、これ好きです。

あぁ・・シフォン、シフォン、と言えば・・この辺りでややトラウマに。
でも、シフォ~ンの修行は諦めてないので、また頑張りますわ。
あえて毒見役をつのるよりも、無理矢理押し付けるのが吉。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-04-19 04:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(22)

金沢(片町):タベルナ・ガッパ(イタリア料理)

b0089578_257463.jpg
3月9日(金)
だるまちゃんスピコちゃんBOWちゃんとで、フラワーデザイン in 石川を観にいきました。
そのの会場に展示されている味噌ちゃんの受賞作品「a lovely smile」はとってもラブリー。
肝心の主役の味噌ちゃんはお仕事で不在だったけど、綺麗な作品たちに心も武豊。
いつか味噌ちゃんにはみだし海鮮丼ブーケを作ってもらえる日がくるといいんだけど。
b0089578_258060.jpg
頭はお花畑、お腹は野獣な4人は、なだれ込むようにイタリアンのタベルナ・ガッパへ。
このメンバー(私以外)はお酒がそんなに得意ではないので、乙女酒でかんぱーい。
私も乙女酒派なのだが、エンドレス乙女酒なのをT.P.O.でこの日は控えめ。

BOWちゃんが韓国のお土産の靴下をプレゼント。
韓国製の靴下って丈夫らしく、この間もジムで掃きやすさを確認。
このデザインオシャレ!シャネル!ヴィトン!と書かれた靴下よりこっぱずかしさナッシング。
対抗できるのは鶴橋で見かけたヨン様靴下ぐらい。
b0089578_2581092.jpg
前菜盛り合わせ(スモークサーモン、ブルーチーズ?バゲットのせ、生ハムサンド、
ラタトゥイユ)

このお皿は2人分。生ハムサンドがおいしぃーー前菜ってすぐになくなる。
本日のお勧めが黒板にかかれてるんだけど、普段は裸眼でオッケーだけど少々目が悪い私。
黒板の前に座ってるお客さんにガンたれてるように、しばし見入ってしまう。
b0089578_2582042.jpg
のれそれと菜の花のフリット
のれそれ、誰それ? のれそれとは、あなごの稚魚の事。高知県での呼び名だそう。
白魚みたいでのったりしているのれそれのフリットはあっさり。
b0089578_2582911.jpg
トリッパと白いんげん豆のトマト煮こみ、野ゼリとスモーク生ハムのサラダ
中まで愛して内臓ラブな私とだるまちゃんが注文したトリッパ、私たちの食べ方はご立派!?
私はこの店でよく注文するメニュー、クセはあまり感じない。
ハチノスということもあって、野菜大好き・昆虫BOWちゃんは、野ゼリの方をお求め。
b0089578_2583936.jpg
アスパラとパンチェッタの網焼き、小好(ほうなご)のトマトスパゲティ
アスパラが瑞々しくてジューシィ♪
自分だけだと、ついコッテリーナな選択になってしまうからちょうど良いわ。

あの・・額にシワよせて黒板見てるけど、小好がよく読めません。
「なに?小さい女?」とか「婦女子」とか読んでしまう私たち。
そのまま「婦女子スパ1つ!」とか注文するのを止めてくれてよかったわ~。
まったりこってりトマト味が深くて美味しい。
b0089578_2584751.jpg
白金豚ロースの網焼き
普通の婦女子は、この画像の上までのお料理で結構満腹度があがってきたらしいけど、
肉将軍の私とだるまちゃんは、まだまだ許さなくてよとばかりに追加。
シロガネーゼ豚はジュースィでコレステロールたっぷり、コレガネーゼ。
と~~っても、美味しかったよ!!←明らかにテンションの違い。
b0089578_2585651.jpg
バニラアイスにエスプレッソをかけたアフォガード、リモンチェッロのアイス、リンゴ焼きの上にアイス・・か?←いきなりテキトーになる。
隣のデザートは欲しくなるもの、中華テーブルのようにぐるぐる皆で食べまわす。
b0089578_259651.jpg
金柑のコンポート、アイスのせ
金柑食って、また食って~♪金柑のコンポートがとっても美味しい。
これはさらに追加したデザート・・・どれだけカフェ化するのか。

そうそう、私たちと離れた席に男性一人のお客さんがいたのだけど、
赤ワインを入れたグラスを回しては香りを嗅ぎ、味わって飲んでいた。
ワインを回すと、空気中の酸素とよく触れ合うためにさまざまな香りが流れてくるそう。
相当なワイン通な男性のようね。

しかし、あまりにも激しいそのワインのグラス回し。何故か洗濯機を思わせるようなその動き!
つい、チラチラとそちらを振り返っては見てしまったわ・・。
後日、私たちの間でその人が「高速ワイン回し」とあだ名が付いたのはここだけの秘密。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-04-17 12:20 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(28)

金沢(片町):勝一(割烹)→ナンチャンラーメン

b0089578_12192941.jpg
3月のとある日、某長靴のバースディな日。
クリスマスにタイ料理を食べ損なったので、タイバースディな予定だったのだけど、
そういえば「勝一」にボトルが半分ほど残っていることを思い出したので、
ボトルがなくなる小一時間くらい寄っていこうか、ということになる。
酒飲みを連れていくと瞬時になくなるという想定もしながら。

前菜:花まつも(酢締めのアジ入)、梅干し味のジャガイモを詰めた才巻きエビ
(車海老の小さい時)、竹の子の葛寄せ炒り粉かけ

b0089578_12194162.jpg
お刺身(ぶり、はた、ばい貝)、シメサバ、白子の酢の物、あん肝
こういうお店に来ると注文してしまう3種の神器。
去年の終わりから今年にかけて、何回食べているだろう白子。
白子好きとしては是非訪れてみたい千葉県長生郡白子町。(関係なし)
これだけ食べていたら、あっという間にボトルはなくなったのだけど、
なんだかもうちょっといいよね、と言いつつ1本スカタンボトルを投入して根をおろす。
b0089578_12195224.jpg
お刺身(くろだい、きんぱち、ぶり)、白子の天ぷら、とり貝、カレイの唐揚げ
仕切りなおしのように再びお刺身を注文。唐揚げがパロパリでおいしぃ~♪
お父さんお勧めのとり貝を食べながらまったりと。
ここまで食べたらもうタイ料理に行く気ナッシング。
b0089578_1220286.jpg
めだいの西京焼きとアイスオランジェット
オレンジの酸味とチョコが爽やかなアイス、美味しい。
もうすぐバレンシアオレンジがスーパーに並んだら、また自作オランジェットを作ろうかな。
何故か、途中から長靴は隣のお客さんと喋りっぱなしで大盛り上がり。
私、ほっとけーーーき状態なんですけど。。
1時間で帰るつもりが、結局閉店近くまで。やっぱり居心地がいいからかな~。
b0089578_12201242.jpg
〆はナンチャンラーメン・片町店で九州産万能ネギをふんだんに使ったネギラーメン
石川県金沢市片町2丁目3-6   076-231-5512
昔、屋台だったナンチャンラーメンではワンタンだったけど、この店ではほぼネギラーメン一筋。
飲んだ後にさっぱりモード。松村店にはまだ行った事なし子。

ここで長靴の携帯に電話。外に出て話し込んでもめた様子(私は店の中にいて気付かず)で、
戻ってきてから何やら機嫌が悪く、私から問いかけても一向に返事がかえってこない。
酔っていたのと電話の件で頭が集中モードだったのだろうけど、
私も酔っていたのもあって、プチ切れし出しました。(あくまでプチ。プチだとかわいい?←アホ)

店の外に出ても揉め事は続き、「もう帰れ!」とタクシーの中に長靴を一人押し込み、強制送還。
(訂正、レベルはやっぱりブチ切れモード)
翌日、何も覚えていない長靴に、ウソ、大げさ、紛らわしい誇大広告のような
昨夜の出来事報告を済ませた後、反省文メールを書かせることにした。
(なんだか喧嘩の記事なんで淡々と書いちゃうわ・・)

ところで、喧嘩の元ネタの電話の主、長靴の知り合いのおじさん。
お腹が超メタボ状態のせりでたお腹の持ち主だそうで、
何かのかがんだ拍子にベルトが切れてしまったそう・・・おそるべし。

そのベルトがグッチだったのだけど、切れた時もグッチッて音がしたのか気になるところ。

これは先週のこと↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-04-16 00:55 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(26)

金沢(近江町市場):銀の風(ラーメン)

b0089578_913565.jpg
3月初めに市場を歩いていたら、見かけないラーメン屋さんがあったので、うっかり入る。
中華そば「銀の風」でロンラー(ロンリーラーメン)。
場所は近江町市場の十間町口から入ってすぐにある。
自然派にこだわっているらしく、天然の昆布・煮干・鰹節・野菜などで仕上げ、
化学調味料・糖類なしの無添加だそう。
b0089578_914583.jpg
中華そば:700円(煮卵はトッピングで追加)
煮干香る醤油味と書いてあるだけあって、魚系のあっさり味。
かなりスープがあっさりしているので、飲んだ後系!?
近江町市場内にあるということで、魚系がマッチトシチャンするのかはまだ不明なところ。。
b0089578_1140888.jpg
先週、こちらの桜は満開御礼でした、兼六園などは花見客で大盛況。
外仕事の機会が多かったので、ランチはお弁当を買って河原でプチ花見。
お弁当と言いながらたこ焼きも乱入追加、熱さが決め手。

桜を見ながら食べていると、穴場とはいえお弁当を食べる人も多いのかカラスが1羽出現。
お弁当を狙ってか、オカズをあげる人がいるのか、私たちの周りへじょじょに近づいてくる・・。
3メートルくらいの距離に近づいたところで、手を振り上げて「カッ!」と叫ぶと
ビビッたのと、これは期待薄とそれ以上近づいてこようとしなかった。。。

ま、何度も近づいてきたんだけど、だるまさんが転んだ風に目で威嚇すると、
後ずさりしていくの。 自然界の辛さを教えたわ、視線で殺す!(ゴルゴ?)

そうしているうちに、カラスよりもやっかいな強奪魔トンビが出現。
私たちのお弁当を狙ってか上空を旋回している。。
なんとなーーーく狙っているのは分かったけど、
箸を持った手を上にあげてぶんぶん振り回したから、こいつらは手ごわいと感じたはず。
↑傍から見ると変な女?

すると、私たちの割りと近くの位置にビジネス親父3人が弁当を持ってきて食べ出した。
おお・・酒も飲んでいるわ・・うらやましい・・それはいいんだけど、
親父の1人がオカズの1つを旋回しているトンビにあげようと、地面に置いたの。

たちまち狙っていたトンビが置かれたブツ目掛けて急降下したのだが、
何か柔らかいものだったらしく(しかも細かい?いり卵か何か?)
とり損ねて、私たちのすぐ近くにバーーーッ!と細かく無数に飛び散った!

「うわーーー!せっかく追い払っていたのに、大迷惑なんじゃ、ボケーッ!!」
と仕事モードの時は大人しい私は、叫ぶのは心の中だけにしといたわ。

細かく飛び散ったブツを狙って、トンビの数が増えるわ、さっきのカラスも戻るわ・・
自分たちの座っている近くなので、弁当も狙われると思い気になってしかたがない。。
「あげるなら飛び散らない、メタボリック予防に唐揚げにしとけよっ!!」
と、今度はちょっと口の端から、心の空気が漏れたかも。。

黄色の謎のブツを求めて、今度は一気にたくさんの数のハトが集まってきた。
細かく散ったブツをハト達が全て食べつくしてくれたので、河原は元通りに。
ハトって掃除屋さんだったのね。。。

残ったのは磯辺貝のキムチ漬けだったけど、お礼にあげるのはやめておいたわ。。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-04-15 12:45 | 石川(金沢) | Trackback

金沢(尾張町):やきとり大吉(焼き鳥)

b0089578_3241039.jpg
ちょうどオレンジピールとパン作りに勤しんでいた2月末の休日。
酒は「芋で始まり芋で終わる」というnachiぼんから一家で焼き鳥を食べに行くけど
一緒に食べない?というお誘いを受けた。
誘われたら行かないでかっ!!さっそく場外乱入しに行ったのはやきとり大吉・橋場店
おやっさんのハキハキ口調と何気にまったりとした雰囲気が気に入ってる。
b0089578_3242236.jpg
お店に入るとnachiぼん、旦那さま、子供ちゃん2人は先に食べていた。
テーブルの上に並んでいたのは、子供たちが大好きそうなチーズ焼き、とり皮揚げとか。

「シロに始まりシロで終わる」私としては、当然、シロ注。
子供たち2人はシロは初めてらしく、恐る恐るシロをほおばって見る。
シロ初体験の味はどうやら美味しかったみたい。
この年でシロの味に目覚めるとは罪なことをしてしまったかしら・・大きくなれよ(ハイデホー)
b0089578_3243395.jpg
豚バラは肉汁ジュー、間の玉ねぎがコレボの心休め。
そして私が注文したハツに、さすがの長女ちゃんも「気持ち悪い~」と言って手を出さなかった。
「これは心臓だよ、うへへへ・・」と脅かしながらうまそうにほおばる私(魔女)
しかし、梅ペーストをテーブル上に食べこぼししたのを、
子供ちゃんにこぼしてる~と指摘されて大人の威厳まるでなし子。
b0089578_3244345.jpg
修行の成果がやっと出た、マトモなおしぼり鳥。
右は子供ちゃん作、おしぼりコサージュ。おしぼり鳥が卵を温める巣にもよさそう!
b0089578_3245470.jpg
ちょっと湿った感じのおしぼりコサージュがまたフレッシュな感じ!?
これでスカタンコサージュ作って、プレゼントしたら喜んでくれるかな?
右は焼きおにぎりを撮影したら、食欲に飢えた子供ちゃんたちの手までご一緒に。
b0089578_325474.jpg
子供ちゃん作、「焼きオニギリ福笑い」(鼻:シイタケ)
後1杯チューハイを追加していたら、同じレベルで騒いでいたかもしれぬ、ドクターストップ。

その後、帰りのバス亭で鬼ごっこらしきことをしてはしゃぐnachiぼん一家を
生温かい目で見守った後、バスへと送り出してやりました(ハイパーえらそう)。
楽しかったよ、またご一緒させてね。

これ最近↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-04-13 07:54 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(31)