<   2006年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

金沢:佃の佃煮、甘味まつざわ、第七ギョーザ

金沢ナビ旅2日目
b0089578_2347314.jpg
早朝からまず行ったのは佃の佃煮の本店。
金沢銘産佃煮といえば、ごりの佃煮と、くるみ煮。
昭和21年の創業のこのお店はホタルイカや佃煮ワッフルなどいろんな種類の佃煮を扱っている。
b0089578_23474223.jpg
加賀野菜のクッキーに大好きなくるみ煮、他の佃煮も試食、試食。
勧められるがままになんでも試食、目の前にあれば試食マシーン。
そこに試食があるからさ。

私が購入したのは、9月限定販売の「海老入ちりめんくるみ」
いかなごに川えび&唐辛子、くるみ。今のご飯の友。
b0089578_23475156.jpg
暗がり坂、主計町を通って、ひがし茶屋街へ。
ミユキちゃんが「あぶら取り紙」が欲しいというので、大通りのお店へ。
その他、お土産を買うためにお店をしらみつぶしに順番に入る。

コラーゲン、アロエ、金箔入りなどあぶら取り紙お試しロード。
そういえば、他の地域ではよく知らないけど、ここでは粗品によくあぶら取り紙がもらえるの。
あのキッチンユキでも、あぶら取り紙を貰った。

b0089578_2348015.jpg
金箔専門店の箔座で金箔の蔵をパチリ。
あの椅子に座ることが出来たら本物の女王さまね!と憧れの視線を送る私。
だれか削る不安があるのか、中へは立ち入り禁止。
入れるのはゴールドライタンのみ(ウソ)
b0089578_2348938.jpg
私とミユキちゃんと甘味まつざわへ。築120年の 旧家を改築した甘味処。
おばーちゃん手作りのきなこ餅、おしるこ、お抹茶などがいただける。

でも、今日は甘味を食べにきたのではなく、
ここの80過ぎのおばあちゃん手作りの和小物をお土産にどうかな、と。
おばあちゃんが大切に保管していた昔の着物から作った巾着は知る人ぞ知る品。
b0089578_23481913.jpg
↑この店で買った自分の巾着。裏地も綺麗な着物で縫い付けてある。
その他にも友禅や、しぼり染め、沖縄の着物などいろんな柄があってとても綺麗。
アンティークとはいえ本物の着物なのに、お土産屋さんで売っている巾着と同じくらいの値段。
私はよく県外の子用のお土産に買っている。←当然顔も覚えられ・・
b0089578_23482712.jpg
お昼ごはんは車を走らせて第七ギョーザへ。
ミユキちゃんは栃木は宇都宮の子。宇都宮といえばギョーザな町。
私も栃木への旅の間は1日3回ギョーザを食べて吹き出物を出したほど餃子巡りをした。
ミユキちゃんが旅の間に禁断症状が起こると心配なのでスケジュールに入れてみた。
ちょうど一年ぶりだわー(その時もナビ)。

●ホワイト餃子
ここはかなり皮が厚くて歯ごたえがある餃子。ニンニクは入っていなくてニラが多い野菜系。
昔はシナモンの香りがして苦手だったけど、今回食べたら何故か香りはしなかった。

人気店なんだけど、ここの餃子は好みが分かれる。
私は小立野にあった(改装の前の前)20年ほど前によく来ていて、
その頃はホワイトも冷凍ではなく、焼き餃子が美味しいと思っていたのだけど。
b0089578_23483642.jpg
●焼きギョーザ、豚汁
焼き餃子の方がニラの臭いがしなくてあっさりしている。
豚汁はあっさりしていて味噌汁のように飲めて好き。ネギが太くて美味いわ。

餃子2連発で、鼻の頭からオデコにかけてアブラギッッシュ。
こんな時こそあぶら取り紙が活用される。
額からつゆだく状態、2枚は必要~。

この後は、激甘党党首のミユキちゃんのリクエストに従って、スイーツの旅へ。

つづく

今日の出来事↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-09-29 12:28 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(32)

金沢(片町):焼味尽本舗(牛たん)、うちな(琉球居酒屋)、権兵衛(蕎麦・うどん)

金曜の夜の出来事
5月の大人の遠足:寺町界隈に続いて、第二回・大人の遠足の計画を練るために
皆で夜の片町に集まったのでした。
参加者:のりさんgorukichiさんカエデママさまももちゃん、まつ虫さん、
みのっちさん、プリシラさん、私。
b0089578_19562240.jpg
場所はぶつぎり牛たん焼 焼味尽本舗、大阪が本店の牛タンが名物のチェーン系の店。

写真は豚ミノ、やみつきキュウリ、本家ぶつぎり牛タン焼、血管。
まだまだハラミ、生レバ、ミノたたき、なんかの春巻き、なんかのサラダとか
いろいろ注文してるけど、自分の好みの分だけUP。
血管はなんだかコリコリして淡白な味でイカみたいだった。
b0089578_19563255.jpg
新鮮どきどきハート様(←そんな名ではなかった)
私は何度も「心臓きてない?きてない?」と何度も言っていたような・・・。
レバーよりもクセがなくて私は心臓が好き(はぁと)。
北斗の拳のハート様のセリフでも言おうかなと思ったけど、誰も知らそうなのでやめたわ。

大人の遠足は皆の楽しいお喋りに何も決まらまいまま(はぁと)。
b0089578_19564136.jpg
次の店で計画を練るぞ!と向かった先は琉球泡盛古酒処 うちな
金沢市片町2-31-31 ソシアルレジャックビル5F
(076-261-0850) 22:00~7:00 金・土・日・月曜のみ営業 
どうやら、2つのお店が中でつながっているらしい。

食べたのはゴーヤチップス、そーきソバ、ゴーヤチャンプルー、ミミガー、ポークランチョンミート
ここで泡盛と生シークワーサージュースと自分量で勝手に混ぜて飲んでたんだけど、
これが非常に濃い!一気に酔いがまわったわ。
ハタからみると自然体に見えてるけど、酔っている。それが怖い。

お店のおにーさんが沖縄三線を弾いて歌ってる姿がかっこよかった。
0コンマ2秒くらい惚れた。
b0089578_195649100.jpg
また何も決まらないままで権兵衛へ。ここは昔からよく行ってる蕎麦屋さん。
うどんは柔らかめだけど、冬にワカメうどん、玉子うどんとか食べるのが好き。
食べたのは「とろろ蕎麦」。
ちょっと酔っているせいか、いつもは呑まないビールの味が、
ただの炭酸味に思えてグビグビと喉を通っていった。

ん?結局、この日に決まったのは15日開催ってことだけだったような。

夜明けのコーヒーが飲めるくらいの時間に帰宅してバタンキュー。
後日、「きっとパンイチで寝てるに違いない」という噂が流れてきたわっ!
失敬な!そんな過去は・・・・いくらでもありますのよ(はぁと)。

残念!!パンイチでは寝ておりませんでした・・期待に答えられなくてすまぬ。
いつか「まっぱ」で寝ることを期待している!という友人がいるのだけど、それはない!たぶん・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-09-27 12:23 | 石川(金沢) | Trackback(1) | Comments(30)

金沢(片町):勝一(割烹)、桃郷酒家(中華)

ミユキちゃんと金沢ナビ旅の夜はまずは割烹・勝一へ。
b0089578_17301439.jpg
イクラの押し寿司、万十貝のソテーとジャガイモ(インカの目覚め)
蟹と生クリームを葛で混ぜたものと桃


ミユキちゃんが「海の無い所から来ましたー!」と言うと、
「ロシアの内陸かどこか?」と答えるのりさん。
そうか・・・栃木はロシアくらいに海が遠いのね。
お寿司の上にのっている星がかわゆい。星の子カービィとか思い出した。
b0089578_17302420.jpg
お刺身盛り合わせ(ほうぼう、めじまぐろ、ぶり、赤イカ、甘エビ、平目)

やはりこちらに来たからには甘海老を食べなくちゃね。
美味しそうに甘エビ、ブリを食べていました。
私はブリも好きですが、イカも好きです。イカしてるかしら。
b0089578_17303190.jpg
じぶ煮

金沢ならではのものを味わって貰おうと、郷土料理の「じぶ煮」を選択。
鴨肉とお麩、野菜などが入って、粉をまぶした肉から出るとろみのあるスープが特徴。
だし汁がなんともいえず美味しいね、もちろん鴨も。
b0089578_1730408.jpg
あんこうのシロ、皮、胃袋の炒め
これは私の好みの品♪シロがなければ終われない。
ぷるぷるの皮でコラーゲンも摂取できたぞっ。

さてそろそろ次の店に・・・私といるからにはハシゴは避けられないのよっ
私よりも食べないミユキちゃんなので、この辺で切り上げました。
お次の店は定番の桃郷酒家でございます。
石川県金沢市片町1丁目10-12(076-231-6998)
b0089578_17304810.jpg
春巻き、海老ギョーザ
海老が1匹丸ごと入った海老ギョーザに春巻き。ん~美味しい。

ところで事前に桃郷酒家に行くと言っていたところ、
何人かに「虎の●●●の酒を飲んでこい!!」という指令が出されていたが、
私はジャスミン酒だけ注文した。

え~だってぇ~私乙女だから~(はぁと)
・・・・じゃなくて、酒豪の人が一緒じゃないと、飲めなくて残した時にもったいないし。
b0089578_17305612.jpg
塩豚バラ肉・厚切り焼き
勝一で食べてる時にのりさんがこれ美味いよ!と言っていたので注文。
写真は小さく見えるけど、かなりの肉厚な豚肉ですっごく食べ応えがある。
まさに肉肉!!とってもジューシィで美味しい。塩加減もバッチグー!
額に脂が浮きまくりよ!!

人のお勧めを食べてみるのもいいものね、これじゃなかったら肉の天ぷらを注文するとこだった。
それが私の定番。そいつも額に脂が浮きまくり、マッチ1本火事の元。
b0089578_1731625.jpg
にんにくチャーハン
〆は私の定番!ニンニクと芽が一緒に入っていてやみつきちゃん。
このチャーハンの殆どを喰ったぜぃ・・・フフフ。
余ったものは全て片付けてみましょう!人間バキュームカー。
b0089578_17311446.jpg
帰宅してからのマイ・デザート。
神戸のフーケの凍香芒(マンゴー)ぷりん(ヨーグルトソース&タピオカ入り)
マンゴープリンがとろけるような舌ざわりだった~。

この日はお酒を2杯しか飲みませんでした。非酔っ払いデー。
たまにはこんな日もあってもよかろう、平穏に寝ることが出来る喜び。

1日目オワリ。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-09-26 07:12 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(32)

金沢:尾山神社、長町武家屋敷、野田屋茶店、ちくは寿し

b0089578_10373956.jpg
ランチの後、体力無視の怒涛の徒歩の旅をミユキちゃんと共に。
武蔵から歩いてまずは加賀藩祖前田利家を祀る尾山神社
神門にある五色のギヤマンが綺麗ね。
私は元旦の初詣にはこの神社に参拝に行っています。誕生日別のおみくじは必ず買い。
帰宅してから開くので結果が悪い場合でも捨てないで1年しょいこむの。
b0089578_10374841.jpg
お次は王道の長町武家屋敷跡界隈といきたいのだけど、
金沢に住みながら武家屋敷界隈を歩くのは初めてなふるさと不足。

「確かこの辺りを曲がれば・・」とガイドブックの地図を見ていたら、
通りかかった地元のおじさんが「次の通りを曲がれば武家屋敷だよ!」と声をかけてくれた。
うっ・・・地元難民状態

加賀藩士の中・下級武士の屋敷の跡が並ぶ風情ある通りを歩いた後は、
この近辺のお菓子屋さんで一通り試食ノルマを果たした後、武家屋敷跡野村家へ。
b0089578_10375872.jpg
前田家入城から廃藩まで12代続いた由緒ある野村家の武家屋敷跡。中は撮影可。
総檜造りの天井やギヤマン入りの障子戸や2階のお茶室から庭園を眺めてほっこりさん。

ここで石川県民は割引じゃないですよね?と聞いてみましたがだめでした。
ダメ元でも一応聞いてみるのが、値切り倒しのおばロード。
何でもないような事が値切りだったと思う♪(一部・虎舞竜)

その後はギャル館109、デパ地下巡りなどを経てシアトルズベストで休憩。
b0089578_103878.jpg
さらにスイーツを求めるべく、竪町通りの野田屋茶店へ。
創業1859(安政6)年の老舗茶店で挽き立ての抹茶を使ったデザートが食べられる。
名物は抹茶ソフト、夏は抹茶アイスが入ったかき氷や冬はぜんざいなどもある。
b0089578_10381655.jpg
抹茶ソフト(カップorコーン)
クリーミー滑らかな口当たりの抹茶ソフトが美味しい!
カップで注文したけど、意外とたっぷり目にあるので少食の方はお気をつけあそばせっ。
案の定、ミユキちゃんがここでお腹一杯に。
b0089578_10382535.jpg
さらにさらに新竪町商店街をずずずいっと入って真ん中辺りにあるちくは寿し
金沢市新竪町3丁目120 (076-222-6034)
ここはテイクアウトのお寿司屋さん。
その場で巻いてもらって、学生さんなどがもぐもぐ食べながら帰る姿がよく見られる。

えぇ・・単に私が食べたいのでやって来ましたよ。(ガイド?もちろん食べたのは私だけ)
食べたのは「げそ紫蘇巻き」、確か120円くらい。
巻きたてで香ばしい海苔とゲソ&シソの味が美味しいわー!その場で完食。

その後は西茶屋街まで歩いて、甘納豆「かわむら」でお土産を買ったり、
寺町までぐるぐる歩き倒して足が棒のようになりました。
ちょっと靴づれも作ってしまうほどの強行ナビ、ご利用は計画的に。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-09-24 17:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(30)

金沢:兼六園、不室屋、廻る近江町市場寿司、世界の食品ダイヤモンド、フルーツむらはた

b0089578_7183592.jpg
連休中、去年の栃木の旅でお世話になったミユキちゃんが金沢旅行にやって来ました。
もちろん私は役に立たない金沢ナビ決定版、覚悟はよい?
早朝到着のミユキちゃんを連れての朝ご飯は石釜パン工房・ジョアン(リンクは三ツ屋町店)
焼きたてアツアツのパンを食べ、無料の珈琲を飲みながらこの日の予定を確認。

いろいろ計画しているけど大丈夫かしら。
だって、ミユキちゃんは私の半分くらいしか食べないし・・・・
お腹をこわす、もしくは腹肉増量キャンペーンの旅にならなきゃいいけど。

b0089578_7184586.jpg
金沢と言えば、なんつったって(巨泉?)兼六園を思い浮かべると思うので、
金沢王道ロードの第一歩は、金沢城公園兼六園から。
水戸の偕楽園、岡山の後楽園 とともに、日本三名園の一つに挙げられる兼六園は
百万石前田藩の庭園として造られた江戸時代を代表する池泉回遊式庭園。
ことじ灯篭の写真もいいけど、雁行橋からの眺めもなかなか美しい。

いつも桜が咲く時期に行われる無料開放ぐらいしか行かないのだけど、
その他の時期も土曜日、日曜日は石川県民に限り無料!
地元の恩恵を受けるのは嬉しいわ。

私ほどの落ち着いた年寄り熟女になると、庭園が似合うようになるのね。
と勝手解釈しながら、13代藩主斉泰が母・真竜院のために建てた成巽閣では、
ゲタ箱の鍵を入り口の木製階段の隙間に落としてしまい、
係りのお姉さんと木製段をどかして、殆どもぐって箒でえいえいと取る始末・・すみません。
あぁっ!落ち着かない熟女だこと!
b0089578_7185317.jpg
バスで武蔵まで移動して、麩まんじゅうを買いに不室屋へ。
お土産分を郵送してもらった後、1つだけお店で食べることにするとお茶を入れてくれた。
私が食べたのは秋限定の「くりあん」、麩まんじゅうの中には白餡と栗。
つるんとした食感と上品な甘さの餡子が美味しい。
b0089578_719274.jpg
お次の王道ロードは近江町市場でお買い物。
お土産買ってこん会の指令を受けていたミユキちゃんはいろんなお魚をチェック。
この日は台風が近づいていたこともあって地物のお魚はあまりなかったのだけど、
甘エビとハタハタなどをパック郵送していました。
b0089578_7191169.jpg
ランチは近江町市場内の廻る近江町市場寿しで海鮮丼。
ここはガイドブックに必ず載っている有名所なんだけど、
自分は入ったことがないので、どんなものか行ってみたかった。←お前が観光客か。

写真は私の特上:1680円(あら汁付き)、ミユキちゃんは上:1380円(あら汁付き)
丼が小さいわけではなく、あら汁の器がデカッ!!沢山のお魚の身も入っていてこれはいい。
隣のミユキちゃんの丼の方が青み魚の切り身が多めでうまそ~

もっと刺身てんこ盛りはみ出し豪華な丼を食べたいなら他のお店もあります。
ここはリーズナボーに抑えたい人・他にも食べ歩きしたいので抑えたい人向き。
b0089578_7192011.jpg
さっそく後者な私は丼を食べた後に市場内の世界の食品ダイヤモンド
甘エビコロッケを買い食い(私だけ)。
甘エビと玉子が混ざったコロッケは揚げたてを貰ったので、
物凄く熱かったけど微妙な塩味で美味しかった。

そして喉を潤すべく市場内のフルーツむらはたでフルーツジュース。
私にはまだ浜松メロン病が取り付いているので、メロンジューース。
メロンジュースが爽やかティスティでウマー!

ん~今まで近場の近江町市場で何かを食べるってあまり経験がないので新鮮だった。
ガイドブック食をちゃくちゃくと制覇しているエセガイドの腹を満たす旅に変わってきたかも。

つづく。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-09-22 12:38 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(35)

金沢(橋場町):真味(居酒屋)

夕方、夜ごはん前にハムと浅野川の河原をたらたら歩いていると、
鴨が何羽か飛来してきて水辺にちゃっぷん。

ハムは鳥が大好きな鳥オタなので、すぐさま写真を撮ろうとカメラをかまえる。
なんの変哲もないデジカメだけど、狙う目だけはレースクイーンを撮るような萌え目になっていた。

鴨を撮ってムッフーとなったところで、浅野川の川沿いにある真味へ。
ここはブログを始める前から時々食べに行っている常連的なお店。
奇をてらったものはないけれど、和風の作りで落ち着くし、気軽な値段だし、なかなか美味しい。
着物をきた女将さんも気さくで毎日通える居酒屋さん。
スポンサーである長靴が到着して、3人で宴会の始まり!
b0089578_1552948.jpg
お造り盛り合わせ
甘エビ、平目、かんぱち、まぐろ、しめさば
肉星人だけどお魚も大好きです。かんぱち、〆サバが旨味ぃ~。

お盆に行ってきた浜松・浜名湖の旅についていろいろ語っていると、ハムが物凄く羨ましがる。
犬、ハムスターは好きなのはもちろんこの日を境に?
目指せ新沼謙治をスローガンにハト&鳥族を愛する女になったハム。
私たちが行った掛川花鳥園は彼女が死ぬまでに一度は行きたい場所なのだ。

「じゃあ、今度一緒に行こうよ!」と言うもなかなか仕事を休む暇がないのであったが、
何か理由つけて休んで行こうね、と言ったお互いの目の奥に邪悪な光が見えたような。
インコに引っかかれて傷だらけになった腕の理由も、財産の骨肉の争いで・・とか。
b0089578_15522176.jpg
たこ酢、真味サラダ、手羽ギョーザ、串(シロ、豚タン、砂肝)
必ず頼む串はやはりシロを食べなきゃ始まらない。
手羽ギョウザも好きなメニュー。

この日の話題はハンカチ王子について。甲子園で優勝して、まだ騒がれホヤホヤの時です。
とは言っても、私は濃ゆいメンズ、ハムはメガネ男子が好み。
「カツカレー大盛りとは言わないタイプではないかな~」
「いやいや、トイレットペーパーを三つ折りするタイプ」
と冷静に面白がって分析することにとどまっていたけど。
b0089578_1552294.jpg
むつ西京焼き
うわ~むつが脂がのっていて激ウマ。 むつ最強焼き
酔ってくると心根が正直に出るもんですわ。殆ど独り占めのように食べていたかも。
しかしウマーウマーばかり言ってる私って・・。

そして、最初は少し遠慮しながらビール頂きますと言っていたハムも
じょじょに酔ってくると、注文した日本酒を手酌で独り占めするように。きたよ・・。
b0089578_15523782.jpg
タコから揚げ、はたはた?、シロ!!!、焼きオニギリ、茶そば
タコが大好きな私の涙のリクエストに〆はやっぱりシロで終わる。
今回はハシゴもせずここでフィナーレを迎えました。

さて、気心もしれた仲だと酔っ払い最強アホMAXになっても別に驚きはしません。
過去の数々の伝説もあるし、酔っ払い姿も見慣れているもの。

河原に降りて、ボンボン!バカボン!バカボンボン!とバカボンの歌を歌う私。
バカはお前だという事を証明しました。

一方のハム、かなり酔っ払っていたのでタクシーに押し込んだ時に
スポンサー長靴が、タクシー代をハムの手に握らせたのだけど、
どうやら、酔っ払い特有の握力低下と記憶喪失で、タクシーの中に落としてしまったらしい。
運ちゃんに小遣いをやってしまったと後で嘆いていたわー。

お互いバカボンボンでしたが、思い出はそれなりに微笑ましく残るのです。

今日の出来事↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-09-16 06:17 | 石川(金沢) | Trackback(1) | Comments(38)

金沢(神宮寺):ラ・メール(欧風家庭料理)、煎りたて珈房 ディーズ(コーヒー)

少し前に友達のハムが帰郷するというので会うことになった。
いつも会うたんびに「どこ行く?どこ行く?どこ行く?」を繰り返して、食べる場所に迷い道。
初めての所にいつも行きたいんだもんね。

ちょうどレゴやんのオムライス記事が頭にあったので、ラ・メールへランチに行くことにした。
欧風家庭料理のお店でパスタ・オムライスの他に夜は1品料理やコース料理もある。
b0089578_13311920.jpg
海の幸のクリームソースオムライス
かぼちゃスープと、サラダがセットに付く。

デミグラスソース&ホワイトソースの下にはふわふわオムライスと海の幸が。
なかなか美味しかったけど、やや薄味に感じたのは味噌カツがグー!な舌のせい?
量的には普通の女の子が満足する量・・ってことは・・・・。

その隣のテーブルでは、私たちの後に入ってきたカップルがメニューを選んでいた。
カップルの男性がおもむろに「俺、カツカレーの大盛り!」

チェーン系カレー屋とは違ってややこじゃれた店でのカツカレー大盛り。
お・・男らしい!好感が持てるわっ。
私の男らしさの対照となるゾーンは、カレーの大盛り注文くらいのレベル。

というか、カツカレーなんてあったんだ。
というか、私のも大盛りにすればよかった!!←男らしい?

その後はお茶をするために煎りたて珈房 ディーズへ。
ダートコーヒー直営の喫茶店。
煎りたての珈琲の香りが漂っている店内は、コーヒ-関連器具等を揃えた販売フロアーもある。
b0089578_1331369.jpg
アイスコーヒー&キャラメルシフォン
濃ゆい珈琲で美味しかったわん。

日中は車でイオン金沢示野ヴィレッジバンガードをふらふらしていたのだが、
本のコーナーで「コアクマな女になる」という本が目に付いた。
おお、何かとってつけたようなマニュアル本があるわ。
この手のマニュアル本って面倒くさいので参考にしたことないのよね~。
いつも恋愛はぶっつけ本番で、感情の波乗りをこなしてきました。

と、2人で何気なく中身をパラ読みしていると、
コアクマな女になるためのアドバイスが項目ごとに説明されているの。
急にハムが「スカタンちゃんみたい(仮名)!」と言うので、
彼女が読んでいる方へ目を向けるとタイトルは「思い出の品に罪はない」

た、確かに「別れを憎んで物を憎まず!」な通り、
今まで付き合った彼氏から頂いたプレゼントを処分したことはないわ。
貰った指輪なんかも保管してあったり。
今に集めて溶かして錬金術にするつもりではないのよ。

まぁ、別れた後も憎むという付き合いではなかったから、保管しておけるのかもね。
というか今でも使っているものがあるし、概念があまりないところもあったり。

一番ユニークなプレゼントは、競馬の「ビワハイジ」のデカイぬいぐるみでしょうか。
でも、これを手に取ると、恋愛よりも阪神競馬場でボロ負けした思い出ばかり蘇るわ。

今日の出来事↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-09-15 06:54 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(30)

愛知(蒲郡):竹島、寿司八(寿司)、コメダ珈琲、養老S.A(下)

浜松・浜名湖の旅ラスト記事です。
b0089578_13263197.jpg
4日目最終日、浜名湖を後にして愛知県蒲郡市にやってきました。
まず行ったのが、蒲郡市の竹島。三河湾に浮かぶ小さな島。
橋が架かっているけど、春の大潮の干潮時には歩いて島まで渡れるそう。
三河湾はアサリ生産量が日本一だそうで、アサリの潮干狩りを楽しみたいなぁー。
b0089578_13264032.jpg
島内には日本七弁財天の一つ竹島弁天が祀られている養和元年(1181年)創建の八百富神社がある。島全体が神社といった感じで、一周30分程の遊歩道がある。
岩場の所もあるので雨風の日はちょっと怖い・・。

こちらの地元の魚が味わいたいので、ランチはお寿司屋さんで決まり。
行ったのは寿司八
ちょうどお客さんもいなくて気さくなご主人さんといろいろ話しが出来ました。
今年に入ってすでに10件取材を受けたらしい。密かに人気のお寿司屋さん?
b0089578_13265056.jpg
しゃこ、ニシガイ、穴子、くるま海老
こちらの名物のしゃこ、ニシガイはタニシの友達、歯ごたえ充分。
穴子はやわらかくてとっても美味しい。〆にもう一度注文したの。
穴子に始まり、穴子で終わる。
b0089578_13265872.jpg
みる貝、イシガレイ、ワタリガニ、ゼンメ
これを見るがいいーー!のミル貝。イシガレイはなかなか脂がのっていて美味しい。
ワタリガニは蟹の卵がてっぺんに。
ゼンメは地元の小さい魚、小さいので他に輸送することもないので地元ならではのお寿司。
後はサバ、イクラ、トロとか食べたかな、〆サバが絶品でしたわ~。
やはり海老とか貝が多いイメージね、なかなか良いお店だったので冬にまた来たいな。
b0089578_1327555.jpg
そして、1歩外に出ると恐ろしく強い日差しに私の肌がサンマの様にじりじりと焼けるぅぅぅ・・・。
避難民としてコメダ珈琲(蒲郡三谷店)に入った。
名古屋はまだ先だけど、愛知といったらコメダ珈琲!!
ここはカントリー調の店内に慣れ親しんだコメダの安心パワーのせいかかお客がぎっしり。

さっそく、抹茶かき氷を注文するも・・・

すいません・・シルクハットを注文したようにデカイんですけど!
(コーヒーカップとの比較)
この金属の器の底がまた深い。
皆分けて食べるのか、あらかじめスプーンが2つ添えられてきた、2人分かよ!

最初は一人で食べていたけど全部食べきれないので、
甘いものが苦手なツレにも無理やり食べてもらった(私の方がもちろん多いが)。

さすがに頭がキーン!キーン!アラレちゃんキーン!
外に出る頃にはブルブルだったよ・・・。

b0089578_13271612.jpg
名古屋の帰りは養老S.A.(下)で決めっ!
ここのお土産屋さんの規模はなかなかすごい。
オリエンタルカレー各種や、海老せん、夜のお菓子うなぎパイなどいろいろ購入。

味噌かつ丼とミニきしめん
ここに来てこれは避けては通れないわ!一番人気のセットメニュー!!
名古屋のお店で食べたのよりあっさりさらとしたソース(それでも濃いけど)な味噌カツ。

トンカツも私の大好物の1つなの。
そういえば、エリック・クラプトンってトンカツが大好物らしい。
大物アーティストのクラプトンようにトンカツを喰らって腹肉を育て、
ビヨンセのようにアホの坂田踊りで腹肉解消に励んでいる、そんな旅行の繰り返しです。

浜松・浜名湖の旅、おしまい。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-09-13 06:57 | 愛知 | Trackback | Comments(40)

金沢(東山):テグ(焼肉)、松永松味堂(和菓子屋)、大吉橋場町店(焼き鳥)

金曜日のお話です。
b0089578_1554085.jpg
東山にうっすらと灯る明かりが怪し素敵で、なんだか気になる存在の石焼肉「テグ」
近所の私は前に行ったことがあってその旨さを知っている。
気になる病なaeiouさんカエデママさま、台湾帰りのイエローちゃんを連れてツアコン。
集合場所:浅ノ川大橋 6時30分。
少々遠回りですが風情のある主計町茶屋街を通ってお店に向かいまぁ~す、ピッピッピ。

お店のリンク先にシェーーフ!ってサウスパークのシェフみたいに書かれているけど、
シェフっていうか名古屋訛りのおじちゃんという感じよ。おばちゃんは韓国出身。
おじちゃんは中日ファンで、星野仙一もこの店を訪れた事があるそう。
b0089578_1554977.jpg
おばちゃんが漬けたキムチ、後じぶんで混ぜてねナムル。
「シロに始まり、シロで終わる」な格言の私はまずシロが喰いたい。(この日参照)
「シロは塩とタレがあるけど、まず塩・コショウで食べてみ」とのおじちゃんの勧めにしたがって、
上シロ、ナンコツは塩・コショウ。コブクロ、ホホ肉はタレ。

シロ・ナンコツは薄いタレにも付けないで、本当に塩・コショウのみ。
うまーーー!!!シロうまーーー!!!ぷりっぷり。
肉厚のシロはシンプルな味付けだけに、その素材が問われる。
ここは国産のお肉で、新鮮ないい素材を使ってるんだろうなぁ。シロの味をいつまでも噛み噛み。
b0089578_15541611.jpg
ジューッ!と分厚い石板を温めて、その上でお肉を焼くのだ。鉄じゃないのよ、石。
もうちょっと下まで写して全容を撮ればよかった。

コブクロ、ホホ肉はうっすらとしたタレに付けて食べるの。
今までコブクロってあまりピンとこなかったのだけど、ここのは全然臭みがない。
ピンクの丸まった形にキュートさを感じていたaeiouさん、
落としたお肉を3秒ルールにしたがって食べるイエローちゃん。
シロなら10秒ルールに改訂しそうな勢いの私。
b0089578_15542363.jpg
上シロ(タレ)、焼きセンマイ、焼き野菜、もやし(サービス)
アングルが変で焼き野菜がキャベツしか写ってないわ、あと人参、玉葱、カボチャとか。
今度はシロをタレで食べてみる。薄味のタレがかかったシロがまたウマー!
もう私、「シロうまーー!」ばかり言っていたような気がする。
素材の味を消さないようにタレは濃くないのが、ここの店のスタイルみたい。

焼きセンマイの表面に突起物がいっぱいあって、南米の食虫植物を思わせてブッキーだけど
これがまた臭みがなくてコリコリとした歯ざわりがちょうどよい。
お腹に余力を残したまま、今回はここでおしまい。また来るぞう!
ここ一人でもカウンターで食べている人が何人も。お一人様にもお勧めよ。
b0089578_15543039.jpg
お次は松永松味堂のかき氷。フレンチで言うと今グラニテあたり。
自家製シロップのイチゴ、レモン、メロンの小なら90円、大なら110円。
私が食べたのは抹茶ミルクの小、240円。本当の抹茶の粉がかけてある。

かる~くシャキシャキとしたかき氷を求めて、子供たちもわんさわんさと訪れる。
この他に金時豆の汁もおすすめ、9月24日までやってまする。
b0089578_239348.jpg
メインディッシュ?はやきとり大吉・橋場店
またかよ!って・・この辺で遅い時間まで営業しているのでこの店だし・・もじもじ。
それに「限定!イノシシ串」を気になっている人が何人もいるもんね。
aeiouさん、テグに行く前にイノシシ串の予約を先に入れてました、素早いっ!!

後は怒涛の焼き鳥の渦に身を任せるだけ。
レバー、皮、ココロ、つくね、ヒップ?、おにチーズ、焼きおにぎり茶漬け、
シロ、漬物、黒こしょうアイス
 
全部写真が撮れてません・・・メンバーが足りません(by 井原)
ココロとレバーが美味しいわん。
おにチーズの上にかかっているのは辛いソース、ちょっと微妙かな。
黒こしょうアイスはバニラアイスの上に黒こしょうがかかってるだけ。面白い味。

途中、「シロに始まり、シロで終わる」という格言に皆賛同していて、
Tシャツを作って食べに行けばいいんじゃないかという話になったので、想像図を作ってみた。
いやでも皆目は本気じゃなかったような、私だけ!?

でも、この格言は自らの好物がそうであれば誰にでも当てはまるの。
うちの母親はお寿司屋さんに行くと、必ず「イカに始まり、イカで終わる」
というくらいイカ好きだし。(オールイカでもおっけーかも)
知り合いで「サバに始まり、サバで終わる」という人もいる。
b0089578_19565263.jpg
途中で食べた「限定!イノシシ串」
親父さんが実家の鳥越に行った時に知り合いのところから仕入れてくるらしい。
やっぱり野性の豚の味だね、歯ごたえが抜群で美味しいよ。

あぁ・・これでジム帰りにこの店の張り紙を見て、悶絶するのも収まるわ。
でも、今日洋服を取りに某セレクトショップの前のたこ焼き屋をみて、別の悶絶が始まった。

チーム大吉のTシャツ着た人や、よく見るバイト君がバイトじゃないのに飲みに来ていた。
スタッフがオフの時でも飲みにくるなんて、親父さんのかもしだす雰囲気のせいなんだろうね。
閉店時間の1時までいたのだけど、あれから彼らはすぐに帰ったのかな?

この日のハシゴマシーンでかなりのチューハイを飲んでしまいました。
一端酔うと次から次へと飲みやすさからチューハイを飲んでしまう私。
徒歩で帰る短い時間の内にすっかりシェイクされ、かなりの酔っ払いになってしまった。

帰宅して服を脱いだのは覚えているのだけど、例のごとくベットにバタンキュー。
なんとパンいちで寝ていた!焼肉合格、乙女失格!

皆さんからのお土産↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-09-11 03:46 | 石川(金沢) | Trackback(1) | Comments(44)

静岡(浜名湖):ロテル・ド・寸座のフレンチディナー

b0089578_13242142.jpg
この日のお泊りは浜名湖のすぐ傍に建つロテル・ド・寸座
マリーナが隣接しておりボートなどの預かりはもちろん遊覧船も出ている。
やや年季の入った気軽なリゾートホテルといった感じ。
ここのレストランで今夜の夕食。
すっぽん・焼き鳥(親父)からフレンチ(乙女路線)へ面舵いっぱい。
b0089578_13242946.jpg
豊川産小ナスと浜名湖のニシガイのコンフィ・軽いグラタン ア・ラ・ブルギニオン
本日のメニュー表を頂いたているので、メモる必要はないけど、名前ながっっ!
モエ・エ・シャンドンのシャンパン。

この小さなナスのグラタンを見て、コースだけで足りるかしら・・と一瞬心配に。
ハッ・・そういえば
「1口に30回噛むと唾液が出て免疫効果があがり体に良いというのをTVで見たわ、
そうだ、30回づつ噛むのよ、ゆっくり食べたらお腹一杯になるかも」

と免疫効果と関係ないずれた発言をしてみる。
b0089578_13245096.jpg
豊橋産中長ナスと穴子の冷製 ガスパッチョ仕上げ
じゅんさいのコンソメゼリーに雲丹をのせて

ガスパッチョはトマトと旬の野菜の冷たいスープ。
ウニと穴子にガスパッチョソース・・薄味でオーガニック風味な不思議な味。

係りの人がグラスの頃合いを見ながら、シャンパンを持ってきて注ぎに来てくれるんだけど、
お客が少し増えてきたら、グラスが空になってもやや間が空いてしまっていた。
ワインクーラーに入れて傍にあってもいいかな。
手酌で飲ませろ親父状態!?
b0089578_13245867.jpg
御前崎で水揚げされたお魚のポワレ 丸ナスとキュウリのソテーアンチョビ風味 
オクラのタルタル添え


お魚は何だったか失念。オクラのタルタルが変わってる。
オクラの形が枝についた鳥か虫の巣作りみたいと勝手オーガニック妄想。
グラニテは西瓜のシャーベット。
b0089578_1325664.jpg
青森産鴨胸肉とフランス産鴨フォアグラのアンサンブル
米ナスのプレッセを敷き、ナスのチャツネをソースにして

肉ーーっ!フォアグラーーーッ!と途端にテンションが上がる肉将軍。
ナスのチャツネなんて初めてかも。もうソースの味忘れているけれど、肉以外。
鴨肉とフォアグラが旨味ぃ~。
b0089578_13251353.jpg
袋井産メロンのスープにブランマンジェを浮かべて コーヒー&小菓子付き

おぉ・・やっと形としてのメロンをいただけたかも、冷たいメロンスープもメロンもおいしい。
いろんな想像をかきたてる形だわ、スイカとこん棒が海に流された図とか。

私は親父食べ物好きでも、そんなにお酒強いとも言えないので、
このシャンパンで結構酔っ払ってしまい、
部屋で日本代表のサッカーの試合を見ながら、いつのまにかソファーでぐっすり。
お気に入りの濃いメン我那覇が出ていなかったからかしら・・・。
途中でレッドカードを出されてベットに退場させられました。


3日目オワリ

今日の出来事↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-09-09 23:53 | 静岡 | Trackback | Comments(26)