カテゴリ:イベント( 42 )

「エキサイトのHibeeモニター企画」に参加してみました


普段スマートフォンのSNSアプリとして、
頻度は違えどLINE、Facebook、Twitter、Instagramなどを利用している私ですが、
今回はライフログアプリ「Hibee(ハイビー)」「エキサイトのHibeeモニター企画」に参加してみました。


「Hibee(ハイビー)」はスマートフォン(Android又はiPhone)
気楽に日記が書きたい人、写真をアルバムにまとめたい人がシンプルに日々の出来事をまとめられる簡単アプリ。

複数のSNS(Facebook、Twitter、Instagram)を同期することで、
自分のアクティビティをタイムラインやカレンダーから一度にチェックできたり、
アルバムに入っている画像も同期されるので、お気に入りの写真をタイムラインから選んで
オリジナルのまとめコンテンツを作成することが出来る。
作成したまとめは、シェア機能(Facebook、Twitter、LINE)によりタイムラインにアップできる。

と、アプリの紹介はこんな感じです。

じゃあ、さっそくモニターとして使ってみる。

アプリストア(無料)からHibeeのアプリをインストールすると、Hibee内に自分専用のマイページができます。
私はTwitterと同期しているので、スマホのマイページ内には、
ログには今までの呟きとスマホ内アルバムの写真がカレンダーとして表記されました。

自分のブログはこれまでも日々更新していますが、地元で開催されるイベントや旅行記など
後で記事を書こうと思いながらも伸び伸びになってしまい、
結局放置されたままで記事にしなかったものが沢山あります。

で、これからも放置されるであろう可能性のある画像がアルバム内に残っており、
それらをピックアップしてまとめを3つ作ってみました。

・クラフトビア金沢、金沢下町カレー博 2017in柿木畠
・ベトナム・ホーチミン(2015年1月)
・奥能登国際芸術祭2017と珠洲

私のHibeeのまとめ↓


PCからも確認できます→sukatan_queenのHibeeまとめ

まとめる際に画像に説明を付けることが出来るので、クラフトビア金沢のまとめはプチ日記として成り立っており、
後の2つはいまのところ画像だけですが、まとめのページを眺めることで振り返ることができます。

その後、まとめはSNS(私はTwitter)にシェアしたので、1つ1つがタイムラインに上がってます。

ログ内のまとめたい画像をクリックして、コメントしたい画像には一言付け足してまとめるので、
簡単なその日の出来事の日記を書くには丁度良いと思われる。

ただ2016年1月の上海の画像もまとめようと思ったのですが、
この日のログの画像が全部表示できないんですよね、1月1日の画像が多すぎて重たいのか、
私のiPhoneが問題なのか分からないのですが。

いつものブログとは違う内容になっているので、
Hibeeのマイページがブログ横のメモ欄にアプリとして貼り付けられればいいな。


スマートフォンのマイページ↓
b0089578_14084994.jpg


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-10-19 23:42 | イベント | Trackback | Comments(0)

タテマチカレーフェス 2017

b0089578_16314700.jpg
10月14日。
現在、21世紀美術館近くの「Books under Hotchkiss(ブックスアンダーホッチキス)」で開催されている
「水野仁輔 金沢スパイス研究所」展の関連イベントである
竪町商店街の「ハルモニー金沢」で開催された「タテマチカレーフェス」のイベントに行ってきました。

「ハルモニー金沢」内では水野氏によるカレー大学の授業(夜はトークショー)が行われており、
ガラス越しにチラ見した後、お昼ごはんがてらにカレーを求めて建物前に集結した屋台側へ。
b0089578_16321709.jpg
屋台を出店していたのは、アシルワード、海月が雲になる日、シエスタ、ジョーハウス石引、
niginigi、ブランケットカフェ、HUG mitten WORKS、カナザワミュージックバー。

12時過ぎに向かったら、各店舗の前の人出はほどほどだったが、奥のテーブル席は埋まっており、
まぁ1人なので立ち食いでもいいかな~と思いながら、イベント限定メニューをチェック。
b0089578_16324786.jpg
アシルワードさんの「マトンビリヤニ」、これが1番のお目当てと言っても過言ではない。
バスティマライスを使った本格的な炊き上げ方で作られたマトンビリヤニ。
付き合わせのライタが塩加減さと酸味が濃縮されたコクのある味で引き締まる、このビリヤニさすがです。
b0089578_16331778.jpg
海月が雲になる日さんの「タイ グリーンカレー ライスボウル」は緑色なのに全くと言っていいほど辛くない。
それもそのはず、青唐辛子ではなく金沢春菊と法蓮草、ピーマンと枝豆で作ったカレー。
各調味料やミントの香りが漂うグリーンカレーには間違いない、広がるベジの優しさ。

中能登古代米「黒米」とジャスミンライスのミックスに、大豆と玄米のベジミンチで作ったミントのサラダを加えて、
とーーってもオリジナリティ溢れるグリーンカレーはサラッとして、しっかり味がまとまっていた。
b0089578_16334625.jpg
夫へのお土産はHUG mitten WORKSさんの「タンドリーチキンベーグルサンド」。
これもイベントとタイアップしたメニューですね。
アシルワードさんのマサラチャイを飲みつつ、これにてこのイベントは退散。

これらの大本命イベントである「Books under Hotchkiss(ブックスアンダーホッチキス)」の2F、
「スパイス研究所」でのスパイス調合をまだ体験していないので、この週末にでも行って来なくちゃ。
b0089578_16341759.jpg
その数日前ですが、「Books under Hotchkiss」にて、
東京のインド・アジア食器専門店である「アジアハンター」さんが、
1日だけのPOP UP SHOPを開催しているとSNSで知って、
今すぐに飛んで行きたい気持ちを抑えながら職場で地団駄。

20時まで営業しているとあったので終了ダッシュで向かうと、お店の1Fには友人3人の姿が。
何と偶然というか、行きます宣言していたので私が来るまで待っていてくれたのだとか、ありがとう。

普段ネットショップで見かけるよりもお得なお値段だったので、
インド食器でインド料理食べます初級編の2人分セットをとりあえずこれだけ選んでみた。
後、「東京スパイス番長」著書のレシピ本も購入。

しかし、この食器のシール日本で付けた価格シールは簡単にペリッと剥がれたが、
インドメーカーのシールを剥がすと粘着部分が残ったままのインドクオリティー。

アジアハンター小林さんの火で炙ったらいい、というアドバイスを思い出し、
着火ライターで炙った後にふき取ると・・おおっ、とれた。
これは地道に全部炙ってとっていくしかないわ。
b0089578_16344650.jpg
手に入れたインド食器を早々に使いたくて2日後に実践。
仕事後にスーパー寄ったりなんだりしてバーッと作ってたんですが、ここまで品数出来た時に夫が帰宅。
何か後もう1品は足したい見た目になってしまいました~。

・キーマカレー
・キャベツとじゃが芋のサブジ
・胡瓜とトマトのライタ
・ターメリックライス

いつものごとくスパイスから作ったカレーやら、サブジですけど、
プレートがお盆くらいの大きさなんで隙間を埋めるにはもっと品数増やさないと。
ベビーリーフでも横にバサッと添えれば形になったかも。

本当はダルカレーも作る予定でしたが、カレー2種類作る時間がなくって。
ま、でもキーマカレーは沢山あるので、無くなれば器にお代わりエンドレスです。
チャパティなどパンも添えたいですね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-10-17 23:35 | イベント | Trackback | Comments(0)

第10回北陸ラーメン博&日本全国まんぷく祭り

b0089578_11465705.jpg
10月始めの連休となる8、9、10の間はラヲタにとって1大イベントである
第10回北陸ラーメン博&日本全国まんぷく祭りが石川県産業展示館で開催されていた。

私はラーメン好きではあるがラヲタではないと自覚しているので、
全店制覇!とか(ちょっとしたい)3日間丸々!とか(時間があれば)そんな野望は持ってはいない。

でも1日位は行きたいな、とささやかに希望を訴えるも、8日は家業手伝い、9日は夫の希望で出かける。
10日も仕事が早く終わりそうでないと言われたので、放置プレイすることにして1人で午前中にラーメン博。

ラーメンだけじゃなく、夕飯のおかずを探しにまんぷく祭りへ行くのよ
と、しっかりと理由付けもしてのお出かけ。

さすがに9時までには間に合わなかったが、早めに到着したので駐車場はすぐに停める事ができた。
後はハーメルンの笛吹き男の音色に誘われる様に、4号館へ向かって皆の行進が続く。。。

b0089578_11472542.jpg
予め出店ラーメン店のメニューは軽くチェックしたつもりが、
最初のお目当てである北海道の手稲「濃厚毛蟹味噌らーめん」んは長打の列。

あ・・毛蟹味噌食べたかったのに・・・
こ、こないだ札幌で味噌ラーメン食べてきたから、い・・いいもん!という負け惜しみで諦める。

そして、その並びにあった京都「らぁ~めん京」「ぎをん鶏しおそば」が目に入る。
よし最初はあっさり目からチャレンジしよう、白湯だけど。
b0089578_11470750.jpg
・「ぎをん鶏しおそば」

白湯だけに白濁しているスープは割とさらっとしていて、濃厚そうでさっぱりして食べやすい。
麺は京都熟成細麺でするすると、個性的というよりも安心感のあるラーメン。
トッピングは九条葱、竹の子、鶏チャーシューは3つも入っててお得感、煮玉子も味が染みてしっとり。
b0089578_11471162.jpg
次のお店は地元金沢のコラボラーメンに決めていました。
「金澤味噌らぁめん秀」×「大河」×スペイン料理「ブランコ」×2時どき(HAB放送の2時はドキドキ)のコラボ。
「みそドキッつけトマーテ 2時どきコラボver」

がっ!行列はなくすぐにでも買える状態、すぐに買えるのは嬉しいけど少し、いやかなり寂しい。
多分、せっかくラーメン博に来たのだから県外のお店のラーメンを食べたいのではと想像。
親子連れや年配の方なども見かけるし、創作ラーメンよりは普通のラーメンを好むのかも。
b0089578_11471518.jpg
「みそドキッつけトマーテ 2時どきコラボVer」

せっかくなのでスペイン盛りな全部のせにしました。
つめ麺用の太麺につけ汁はトマト味噌スープ。
レモンに煮玉子、セルバチコ、生ハム、サラミ、イカ墨ライスコロッケ。

んん?これ美味しい!!味噌入りのトマトつけ汁はコクがあるし麺ももっちり。
イカ墨ライスコロッケを崩したら、リゾットになって二重な楽しみだしライスコロッケ自体も旨い。

さすが地元人気な3軒がコラボするだけあって拘ったつけ麺、イベントと考えても本当に美味しかった。
多分、いつものしいのきイベントなどで出店していたら行列な内容なのに。
b0089578_11470289.jpg
全部のせな二杯目終了後、一気に満腹度が広がるのを感じたが最後のトドメを刺す3軒目。
鶏白湯、トマト味噌つけ麺、最後を飾るのはあっさりそば系ではなく、濃厚豚骨を口が求めてる。

東京は武蔵野にある「大山家」「とき卵ラーメン」
「とき卵」「濃厚豚骨」「極太麺」、インパクトの往復ビンタ、これでトドメを刺されても悔いはない。

b0089578_11472941.jpg
・とき卵ラーメン

煮玉子は今までで1.5個食べているのでさすがにトッピングせず。
・・って、とき卵で最初から入ってるし!

濃厚豚骨醤油スープはやや塩分高めであるものの、とき卵がマイルドさを引き出している。
ほうれん草に海苔、大きめなチャーシュー、家系のラーメン、麺はもっちりした太麺でお腹にズシッと響く。

シェア隊員がいれば他の店舗も堪能できたが、1人では3軒が限界というかよく食べたな。
朝抜きなのでブランチ代わりなラーメン3杯分。

後はデザート代わりにイチゴけずり(シャーベット)とキウイスムージーを飲んで口をさっぱりさせて、
夕飯のおかず用に宇都宮餃子などを購入して、午後をまわった辺りに退散しました。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-10-19 23:48 | イベント | Trackback | Comments(0)

金沢駅前カレーフェスティバル2016

b0089578_16041217.jpg
9月18、19日に金沢駅東もてなしドーム地下広場で開催されたカレーイベント、金沢駅前カレーフェスティバル2016
1日目は富山でカレー食べていましたが、どうしても行きたくて2日目に1人ダッシュで駆け付ける。

去年まではご当地カレー&スイーツ選手権と言うタイトルで、カレーの人気投票も行っていましたが、
今回から投票はなくなり、ジェラート店は出店しているもののカレー店オンリーのイベントに。

投票は今までもあまり興味はなかったのですが、出店側は気になるだろうし無くなった分気楽になったのでは。
純粋にカレー好きの人が集まるイベントになりましたね、自分もその1人。

アシルワードの「海老カレー」

出来ることならネパールの定食「ダルバート」も食べたかったが、去年食べたのでまずはこちら。
スパイスのバランスと言い安定の美味しさ!パクチーとチリパウダーをかけて。

b0089578_16041845.jpg
氷見の「ひみつカレー」

氷見のひみつカレーはテイクアウト専門店、平日の日中だけの営業なので自分にとってはハードルが高い。
行く分にはハードル高いがお店のスタッフさんは中々気さくな方で、
私が着ていた「カレー&ピース」というTシャツにツッコミを入れてくる。
キーマカレーはマスタードシードが効いてるなどスパイス感はあるけど、辛さは控えめのカレー。
b0089578_16042513.jpg
凱の「牛とろとろ辛口カレー」

現在イベントオンリーな凱KAIさんのカレー、久しぶりに食べると辛口カレーなのにそこまで辛くはない。
以前は割と自分には激辛と言えるほどだっただけに、一般の人向けの食べやすくしたのかな、と。
でも相変わらずコクのあるとろっとろの洋食屋さんのカレーでした。
b0089578_16043625.jpg
シャルマの「ムガールとマサラチキンカレー」

どれだけ食べられるか限界に挑戦したいが、夜に宴会が待っていたので4食で勘弁しといてやったぜ!←十分
最後はこちらも安定のシャルマに落ち着きました、やっぱりインド系のカレーが好きなんだな。
ムガールカレーは甘く、マサラチキンはスパイシーと対比がハッキリしていて2種なのがお得。

今年も相変わらずナマステさんブースに陣取ってカレー食べていました。
ナマステさんとの記念写真を撮りにくる人が何人もいて、何度かカメラマンになっていました。
カレーコミュニティで一緒のガラクタさんにも会えたし、駆け足だったけどとりあえず参加出来たことで満足。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-09-27 23:46 | イベント | Trackback | Comments(0)

KARA旨グランプリ・2016

b0089578_15030006.jpg
8月末の新竪ふれあい祭りが終わった後、すぐに翌週のイベントの為に頭を切り替えて始動体制。
でもって翌日は、夫が別のイベントで不在なのでオンリーロンリー。

しかし8月の週末はイベントが目白押しなので、1人行動するのみ。
今年で3回目、松任総合運動公園で開催される辛くて旨いグルメの決定戦イベント、KARA旨グランプリに行ってきました。

グランプリ出場店は北陸3県と京都・大阪・滋賀など関西方面や長野と、地域も幅広く全29店舗。

去年は来ていませんがお店の顔ぶれは以前とガラリと変わっていて、
1回目にはなかったステージ上での早食いバトルで盛り上げたり、真ん中のテント休憩場など改良されているようです。

芝生広場でKARA旨は開催されているが、「フェスティバル HAKUSAN 2016」の一部なので、
広い運動公園の他の場所でステージや白山グルメストリートもあり、午前中からものすごい人出。

1人ふら〜っと会場入りしようとした時、どこかで見た人が・・てか、すぐ分かる格好のナマステさん

ご家族とご一緒でしたが、子供さんが辛いの食べられないので別の会場にいるということで、
KARA旨グランプリのメニュー、シェアもかねて一緒に回りましょ〜〜と急遽ナマスカコンビ。
b0089578_15030554.jpg
・八尾家「いか焼き(改辛)」

私が幾度となく訪れている鶴来町のお好み焼き屋さん、八尾家 の「いか焼き」。
お店で修業中であるイチムラさんと関谷さんのコンビで出店する、とのことで1番始めに並びました。

大阪名物「いか焼き」を大阪八尾で作られた「八尾辛みそ」を使用した、特製ソースで食べる「いか焼き」。
お店で食べるいか焼きもピリ辛なソースではあるけれど、このイベントの為に特製ソースを仕上げたらしく、
いつものいか焼きよりも刺激的な辛み、でも味噌の旨みも感じられるもっちりいか焼き。
b0089578_15030939.jpg
・Ramen&Bar ABRI「のどぐろだしたこやき(KARA旨ver.)

香林坊の東急ホテル裏、せせらぎ通りの角にあるラーメン&バーRamen&Bar ABRI、ここもちょくちょくお邪魔してます。
ラーメンだけじゃなく、のどぐろ出汁のたこ焼きもあるのですが、今回はこのイベントVer.を賞味。

「のどぐろだしたこやき」の辛いバージョン、のどぐろあんかけ醤油タレに一味どうがらしをプラス。
生地の中にも国産一味を加えて、「激辛一味ver」と「ゆず一味ver」の2種類。
激辛一味ver、普通に出汁風味がして美味しいです。
辛さは前に食べたいか焼きの辛味が口に残っていて、そこまで辛く感じない、逆にホッと。
もう1つはゆず一味の味が広がるので味わいはかなり違いますね。


b0089578_15031230.jpg
・たんとカレー「夏野菜とひき肉のスープカリーリゾット」

御所松にある就労継続支援で展開しているお店、たんとカレー のイベント用スープカリーリゾット。
白山市の特産「剣崎なんば」を使用したオリジナルスパイス(たんとスパイス)とたんとカレーのソースで作り上げた品。
カリーリゾットはそんなに辛くないけど、上にのっているひき肉を混ぜると更にコクを増す、そして後味がピリ辛。
b0089578_15031546.jpg
・ほりい商店「もちもちポテト」

京都のほりい商店さんの「もちもちポテト」、確か第1回で食べて今回はお味見程度に少しいただいた。
ながーいクネクネした独特の形のポテトは、確かにモチッとした食感。
ケチャップを付けると普通に美味しいポテトだが、もう1つのギャー油マヨが辛い!
b0089578_15031887.jpg
・ガルーダ木倉町店「トムヤムヌードル」

エスニックラバーなので当然ここは狙ってました、トムヤムクンにヌードルを入れたガルーダオリジナルメニュー。
パクチートッピングありだったので、100円追加でパクチーどっちゃり。

具はエビやふくろだけ、麺はフォーでヘルシーな米麺はのど越しさらさら。
オーナーに3種のなんたら、味噌が・・と聞いたはずが忘却の彼方に、辛さはだ3段階の内の2にしたけど、
自分にとっては適度な辛さで、スープに酸味とうま味が感じられて思わず全汁。
お店では中華めんを合わせているようなので、まだ未訪のガルーダ木倉町店に行く気満々になりました。
b0089578_15032114.jpg
・ネパール料理 ナマステタージマハル「モチモチナンとスパイシーなカレー」

エスニックラバーの次のターゲットは京都にあるネパール料理屋さん、ここがまたすごい行列。
しかし、他のブースを見てもどこも長い行列なので、諦めてここにとどまることに。

よく見ると、お金を払う列と受け取る列の2列に分かれているので、先にお金を支払うことに。
ネパールのお姉さん、石川県いいねー自然が沢山あって、海を見ながらきた、と。

ナンは生地をちぎって1枚づつ丸めて、移動式タンドールでその場で焼く・・・そりゃ時間かかるわな。
しかも私はチーズナン、ナマステさんはハチミツナンを注文し、行列の最後尾に。

これ、すぐに渡しているのは普通のナンだから、自分の時は最初から焼き始めるのでは・・・
思っていた通り、順番まわってきてチーズナンであることを告げると、私の分を別に作って焼き始める。

2列に分かれていた列は1列になってしまい、誰がお金を払っているかも分からなくなり、
まわってきた人に払ったか聞いていた、のんびりしているというか(笑)

b0089578_15032552.jpg
チーズナン(私)、ハチミツナン(ナマステさん)とカレー。

焼きたてのチーズナンはもちもちでチーズがトロッと、んっまい!お店みたい、並んだ甲斐があった。
チーズナンそのままでいい、カレーは単品で食べる、カレーは飲み物。
ハチミツナンは上からハチミツをかけていて、ナン自体の味も少し甘めなのでデザートの様。

カレーは野菜がたくさん溶け込んだ辛さは控えめだけどスパイスは20種類は使用しているという。
神戸の自宅兼インドカレー屋さんで食べた家庭のカレーの味を思い出しました。
毎日家庭で食べられている油っこくない野菜たっぷりのヘルシーなカレー。

イベントは大盛況で何よりだったが、買いたいお店は大行列で時間切れ。
京都の京お好み久蔵の「黒毛和牛!すじカレー焼きそば」食べてみたかった。

滋賀県の北斗「近江牛すじ味噌煮込」と京都のからあげ大吉「中津からあげ」を夕飯のおかず用にゲット。
金沢のイベントとはまた違う雰囲気で楽しめました、来年も行けたら参加したいな。
ナマステさんお付き合いありがとうございました!


[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-09-01 23:23 | イベント | Trackback | Comments(0)

石川県ご当地カレー&スイーツ選手権2015

b0089578_09260621.jpg
シルバーウィーク中の9月20日(日)・21(月・祝)、今年で7回目となる
石川県ご当地カレー選手権2015が金沢駅東口もてなしドーム 地下ひろばで開催されました。

入場無料・カレー1杯500円でインドやアジア、和風、欧風など色んなカレーが食べれるとあってほぼ毎年参加しているのですが、
今年は20日だけいつもこのイベントの特別協力をしている石川県のカレーの雄、ナマステさんのお手伝いをしてきました。

いつもは奥様が助手として補助しているのですが、今回は赤ちゃんの世話と小さいお子さんもいるので流石にツライと!
ボランティア急募していたところ、今年もイベントに行くつもりだったので、自ら白羽の矢に目掛け飛び込み。

ミラーレス所持してますが、綺麗に写せと言われたら自信ないけど取り敢えずボタンは押せるし、
カレーは飲み物とたまに公言しているほどでインド・エスニック・欧風・和風と何でも好き嫌いなし(幼稚園児の発育記録か)、
むしろ羊やパクチー、スパイスなども大好物。
さらに今だ衰えることのない食欲のため量も多くこなすことが出来るという(ここ重要)
そして知り合いだから気を使う必要なし(そう思ってるのは自分だけだったり)

これ以上の適任者はいないのでは!?と皆から言われましたが自分でもそう思います。
というわけでナマスカタンというコンビが急遽出来上がりました。
そう言えば昔イベントで意味は違うけど生スカタン!と言われた事があったなぁ。

多忙なナマステさんは各店舗の写真撮影、ブースに滞在してカレーを食す、記念撮影、テレビの取材と目まぐるしい仕事の嵐。
そんな私のお仕事は、カレーを買ってくる、一緒にカレーを食べる、一緒にお喋りをする・・・
本当にボランティアなのか!?

ちょこっとカメラ撮影や感想も書いたりしましたが、かなり楽しまさせていただきました。
という訳でステージ近くのナマステブースで座ってカレー食べてたのは私です。

さて、早速カレーを買いに行ってきま〜す!!
基本的に1つ1つ食べ切ってから次のカレーを買いに行ってます、11時〜16時の長丁場なので、
一定間隔開けながら食べていました。
b0089578_09255640.jpg
1:ドラゴンカレーの「厳選牛ヒレカツ&ヨーロピアンブラック」

本格的インド料理なのに洋風要素も取り入れたお店、去年の辛旨グランプリでも見かけた北村一輝似のキリッとした店員さんも見覚えあります。
確かに伝わってくる味は野菜の甘み等、欧風っぽい感覚が一瞬ありますが、
後からかなりスパイスが追いかけてくる〜オリジナリティーが効いてます。
b0089578_09254359.jpg
2:アシルワードの「ダルバート」

ここは他に「バターチキンカレー」「ココナッツ&マスタード風味の海老カレー」がありましたが、
選んだのはネパールの定食とも言われるダルバート。
優しい味のダルカレー(パクチートッピング)を筆頭にチキン、じゃが芋と野菜、ピリ辛のチャツネが付いたプレートランチ。
数年前に神戸のインド人が住んでいるアパートでご飯も食べさせているお店に行ってきましたが、
全体的なスパイスは控えめで野菜が多い、それが日常食べている味。
それを思い起こさせました、スパイスが控えめな分素材の味がじんわり伝わってきます。
辛さが欲しければチャツネをイン!これは中々食べれないので嬉しい。
b0089578_09252926.jpg
3:インド&パキスタン料理アザーンの「パキスタンビーフカレー」

ハラール完全対応をしているインド・パキスタン料理のお店。
公式ページと入り口案内板にはチキンカレー(甘口)なのに、ブースで販売されているのは「パキスタンビーフカレー」の謎。
でもここのカレー、ライスはインド米でフワフワっとした炊き上がり、
カレーは肉の旨みが溶け込んでさらにスパイシーでそのバランスさが好み。
これはエスニック好きにはかなり受けそうな。
b0089578_09251523.jpg
4:金澤駅前もてなし会「あさり奥能登塩カレー」

今度はインドなどのエスニック系から違う系統のを選んできました。
最初口に運んだ時は先のスパイス舌が残っていたため、全く別物のカレーに?だったのですが、
1口また1口を食べ進める度にアサリの出汁と旨みが浸透していく。
塩カレーということでまるでクリームシチューのような、でもってスパイスと深みも感じるという和のカレー、
アイディアも面白いし渋いわぁ〜。
b0089578_09250333.jpg
5:パインダイナー「1964CURRY」

このお店は初めて知ったのですが、片山津温泉の洋食屋の流れを組むアメリカンダイナー。
先代オーナーが1964年の東京オリンピック選手村で振るまい、天皇陛下も食されたカレー。
1964年の年月そのまま懐かしさを感じる味で旨みもあって誰でも食べられる欧風カレー、
さらに具にお肉がゴロゴロ入っているところが嬉しい!福神漬けが懐かしい!
b0089578_09244676.jpg
6:インド料理ロッティ「キーマカレー」

他には「チキンカレー」がありました、どちらも中辛。
キーマカレー・・じゃあマトン?と目を輝かせて聞くと、
マトンとチキンのひき肉が入ったカシュナッツのキーマカレーだそうで、
羊スキーには笑顔だったのだが羊臭さは全くなくむしろ分からないくらい。←羊臭さで喜ぶのは私だけで万人受けしないし
でもインドカレーの基本的な形だし食べやすくマイルドさでGOOD!
お店の方は本格的で種類も多くて辛さも選べるので面白いんですよ〜
b0089578_09243376.jpg
7:ガーデンホテル金沢「温玉とチーズの厨房カレー」

今回唯一の駅前ホテルのホテルの厨房カレー、いっときます!
牛肉と玉ねぎを赤ワインでじっくり煮込んだカレーだそうで、
確かに玉ねぎの味と甘みがしっかりと伝わってくる高級感溢れるカレー。
温玉とチーズという、私がラーメンでつい有料でも温玉をのっけてしまうプラス感に誘われます。
スパイス系もいいですが欧風や和風など選べるとメリハリ付いてていいですね。
b0089578_09241462.jpg
8:インドめし ティルパティ「えびとホタテのココナッツカレー」

他には「チキンバターマサラ」もありましたがインド海鮮系に惹かれて。
海老と帆立という贅沢2種類にカレーはマイルドながら
ココナッツがコクを出して味のバランスも良くてこれは中々いいですよ、お子様も食べれる南インドカレー。
かなり辛味の強いタレを御飯(赤い部分)にかけていったら、
ナマステさんがその部分をざっくりと食べてしまい、想像もつかない辛さがいきなり来たので炎の舌と化してました。
こりゃ助手のアドバイス不足でした!すみません。
b0089578_09240364.jpg
9:フランジパニバール「レンダンパダン」(スマトラ風カレー)

インドネシア・バリ料理専門店のカレーはスマトラ風カレーという珍しいカレー。
スマトラ島の都市パダンのレンダンという人気の牛煮込み料理。
辛口と書いてあったけどそこまで辛くはないけど結構スパイシーで美味しい。
ココナッツ入ってますか?旨みがあって牛ほほ肉が柔らかいです。
人参と大根の酢漬けが付いていて、この辺りにアジアンを感じます。
b0089578_09282978.jpg
と、ここでギブアップ、9店舗のカレーを2人で食べて1人4,5杯。
化け物並みの胃袋まではいかないが、結構食べた方では・・か弱い女性ですからね(今更)

そして全店舗のカレーを並べたところで、HAB北陸朝日放送の「土曜はドキドキ」の収録が行われ、
カレー部顧問であるナマステさんも出演。
その様子を斜め右45度辺りから撮影風景をナマステさんのカメラで撮るべし!撮るべし!と助手らしい行動。

10/3日の朝の9:30からの放映だそうです。
私はぼけーっとカレー食べてる姿が映り込まないように一応意識してました。
柱の陰から今っ撮影しているっっと巨人の星を演じながら。

残り後5店舗、出来れば全部食べたかったですけど2日目の分も残しておかないと。
翌日はきっかりナマステさんが平らげたと思います。

なので、私が食べられなかったカレー↓こちらもすごく美味しそうですね!
b0089578_09285236.jpg
凱 kAI「牛とろオムチーズカレー」

辛口の牛とろカリーに出来たてのチーズと半熟オムレツをのせてマイルドに仕上げたカレー。
以前は加賀市にあった洋食店でその後柿木畠へ移転、現在は実店舗はなくイベント出店のみなので貴重ですね。
b0089578_09290035.jpg
アジアンカフェ ガルーダ「マッサマンカレー」

ココナッツミルクと鶏肉と玉ねぎを煮込んだマイルドで甘みのあるカレー。
タイ旅行の時にマッサマンカレー食べたので懐かしい。

b0089578_09291075.jpg
シャルマ「チキンマサラ」「ムガールチキン」

深みのある辛口のチキンマサラとココナッツミルクを使った甘口のムガールチキン。
私はお店に行くとスパイシーで羊肉のキーママサラばかり食べています。
b0089578_09292435.jpg
ゴールドカレー「情熱の白えび薔薇カレー丼」

五郎島金時芋を加えたルーに富山県の白えび天丼の「白えび亭」とのコラボカレー丼。
金沢カレーも出陣!
b0089578_09293851.jpg
金澤どぜう貴婦人「貴婦人カレー」

大ぶりな野菜がゴロゴロ入った和風カレー、
前に食べに行ったとき懐かしいながらにもスパイシーだった記憶があります。鰻もいいですねー。

カレー食べて喋ってばかりでしたが少しでもお役に立てたでしょうか。
これに味をしめて来年もナマスカタンよろしく、とか言い出しかねない勢い。
後日、カレーを避けるところかカレーラーメンを連続で頼んでしまうほど、カレー舌になってしまいました。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-10-02 06:30 | イベント | Trackback | Comments(0)

金沢パンマルシェ2014

b0089578_16524656.jpg
知らない内に3週間も経った後のレポートになりますが、今年も大盛況だったというか、それを身にもって体験した金沢パンマルシェ2014
去年は新竪コーヒー大作戦がかぶっていたため、そのブース担当でパンマルシェは覗きに行けなかったが今年は参戦。

参戦と言ってもパンゲット戦士の方ではなく、参加者ブースのお手伝いに派遣です。
野々市市のイオン御経塚店の裏手の道沿いにあるブレッドハウス エピ は、夫の弟さんのパン屋さん。

翌日食べても品質を落とさないで美味しいパンが食べられるようにと長時間熟成して発酵させています。
エピはイベント初出店、そしてパン屋の売り子をしたことがない私がお手伝い、さて・・・。

今年の会場は去年よりパワーアップしただけではなく、20軒ものパン屋さんの他、パンのお供ブースまでと盛りだくさん。
ここからは売り子目線で実況中継お送りします。
b0089578_16525154.jpg
車で運ばれてきたパンの搬入を手伝い、ブース準備中のワンシーン。

初出店で、どれくらいパンを作ったらいいのか予想がつかない手さぐり状態だったらしく、
夜中じゅうパン作りを続けていたらふと怖くなって最後は途中でやめてしまったとか、でも殆ど寝ていないんですよね。
どれくらい売れるかは見当が付かない中、私が見た感じでも結構パンは用意されていたと思っていたのです。
b0089578_16525446.jpg
金沢パンマルシェ2014の限定パンは「加賀蓮根餅とキーマカレーの焼きカレーダッチ」
b0089578_16525712.jpg
手書きの値札表、実はこの裏にもパンの名前と値段が書き込んであります、というか私が書きこんだ。
このパンたちを見るのは私も初めてなので、パンの名前と値段を頭で一致させるための自分のカンペですわ。。
b0089578_16530087.jpg
栗の粉を使ったベーコンエピ、渋栗ショコラ、どれもパンマルシェに合わせた新作ばかり。
エピは卵を使用していないパンが多く、今回のパンマルシェでも卵使用は2種類だけだったとか。
b0089578_16530365.jpg
どのブースも開始前から長蛇の行列が付いており、主催者運営側が何度もスタート時間を放送していたのでグダグダ開始にならず統率とれていました。
お待ちかねの販売スタート、こちらのブースはシンプルにトレイに各種パンがドーンと山積み状態。
テントに隠れて見えにくかったけど、エピの後ろにも有り難いことに行列が沢山ついており次々とパンが売れていきます。
b0089578_16530749.jpg
最初は値段を計算機で確認しながらと用意したのだが、注文を聞く→トングでパンをビニールに入れる→計算して袋詰めするの工程のスピードが早くて
計算機を打っている間が魔空間のように無駄に思えてきた!!

そのうち、数と値段とおつりを頭の中で暗算しながらブツブツ呟いた後に、笑顔でパンを渡す挙動不審な店員と化した私が完成。
何かの大会か!?と思えるほどの普段使われていない脳細胞の一部をフル回転、その周辺に血がかけめぐっただろうな。
b0089578_16531047.jpg
あちこちのブースももちろん大行列がチラ見で確認できる中、「●●さんのパン、完売しました!」という放送を聞きつつ
そんな一連の作業を繰り返していましたが、こちらも12時半前には全てのパンが販売終了となりました。

店側も予想外だったらしく「もう少し用意すればよかった」の声も、かなり在庫あったように思えたけど恐るべしパンマルシェ。
最初、パンが余ったら試食してね~と声掛けしてもらっていたのも甘かったくらい、食べたかったパン。。。

パン屋さんリストの中で食べたいお店もありましたが、既に販売終了と長い行列を並ぶ気力もなく、
買えたのはシエンブランさんのショコラクッキー(パンは完売)とエピのオレンジラスクのみ。
オレンジラスクは、オレンジピールとシュガーバターの甘さが香ばしくってサクサクで美味しかったです。
b0089578_16531309.jpg
天候に恵まれたのもあったけど、パンはその場でも食べれてお持ち帰りできるし、家族でも1人でも人も選ばず、
チケット制でもないのでイベントの参加ハードルが低くて人気があるのも分かります。
パンマルシェ限定パン販売というのもパン好きにはそそられるポイント。

12時半過ぎにだるまちゃんがブースに来たよ~という時はすでに売り切れにてビックリ、他のブースも買えなさそうなので「大和でパン買って帰るわ~」とな、北海道展が開催中でよかったね!みたいな。

さらに13時過ぎに夫が配達を終えて「手伝いにきたぞ~」って「もう終わっとるわ!」、すでにテーブルや椅子まで片づけた後の事であった。

いつもの八百屋のイベントとパン屋は細かい作業も違うので、自分のテキパキ出来るスキルはこれ以上アップするのか?
普段、そんな作業をしていないだけに色々参考になったお手伝い要員。

さて、この後は朝から何も食べずにイベントで働いた妻を強制的にねぎらってもらう場所へと移動です。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-11-10 23:42 | イベント | Trackback | Comments(2)

クラフトビア金沢

b0089578_13311181.jpg
10月は毎週どこかでイベントが開催されているようで、土曜日午後はほぼヒッキ―となり掃除洗濯に勤しんでいる私もむずっとお出かけしたくなる。

10月4日(土)-5(日)クラフトビア金沢、場所:しいのき迎賓館 石の広場

昨年も開催された国産クラフトビールのイベントがしいのき迎賓館で開催、ビールがすすむフードメニューもあるとのことで、
土曜の午前中のうちに八百屋にまかないを持って行った後のお1人様クラフトビア祭り、ひとりでできるもん!
b0089578_13311633.jpg
ここを読んでいる人なら知っている人もいると思うが、私はビールの苦みが苦手でほぼ飲むことあらず。
飲めないほどじゃないんだが、就職仕立ての頃の一気よろしく&ビールお注ぎしましょうか攻撃を喰らってもなお慣れない身体。

チューハイ、乙女酒を経て、今はある意味川島なお美を目指すワイン好き、ビオワインからサイゼリヤのマグナム持ち帰りまでというレベル庶民派。
そんなビールを避けている自分ですがフルーツビールは好きなのです、子供と言われてもこれなら飲める。

まずは、ハーヴェストムーン(千葉)のグレープフルーツビール、爽やかで柑橘系の香り漂うフルーツビール。

この日に飲んだのは、サンクトガーレン(神奈川)のアップルシナモンビール、焼きリンゴを使った香りも味もアップルパイなビール。
城端麦酒(富山)の楓というカシスを使用したやや甘いビール、どこか忘れたけど柚子味のビール、と見事にフルーツビール揃い。
b0089578_13313398.jpg
チェコ料理DUB:カマンベールチーズのオイル漬け

ビールのおつまみファーストは、まずはチケットが一番安いというスタートラインのハードルを低くして選んだチェコ料理DUB。
デブくろ商店で一週間前に食べたのですが再び、スパイスとオイルがしみ込んでいるカマンベール。
b0089578_13314640.jpg
シャルキュトリーガリビエ:ソーセージ盛り合わせ

華林楼のブースの裏手に回ると折りたたみ椅子を貸してくれた、よし!ここを拠点にして色々飲み食いするぞ!!冷蔵庫がテーブル代わり。
ガリビエさんのソーセージ盛り、1つは粗挽きもう1つは白いソフトなソーセージは名前を聞いたけど失念、酔っ払いは3歩で忘れる。
どちらもとても美味しい、ザワークラフト付。
b0089578_13315055.jpg
華林楼:焼き餃子・焼き小龍包セット

ハイパー常連M君のヘルプ、姉妹スタッフ(2人揃うの初めてみた)を従えてのイベント初出店。
その場で焼くので多少時間がかかる、が焼きたてを食べれるのは有り難い。
もちろんお店で食べる方が美味しいけど、イベントで中華・餃子の類って意外と少ない気がする、ジャンル分け的にちょうどよし。
b0089578_13315915.jpg
パーラーコフク:自家製さばスモーク

久々にコフクさんの鯖スモーク、ここの鯖スモは鉄板!身がしまっていてんまい。
途中、エヴァンタイユの大久シェフにばったり、この場所に留まってもらい会話のお付き合いしていただきました。
長坂のエヴァンタイユさんは9月末に閉店、結婚式の親戚食事会を行った記念の場所なので非常に寂しいです。
b0089578_13321192.jpg
鳥珍や:金澤手羽先

手羽先が4本、甘辛い味付けで食べごたえある~、鳥珍や片町店のオープン仕立ての頃に何回か行ってたのですが、場所もよくバリエーション豊かで結構好きです。
その後、ふらっと入店してみるもいつも満席で入れず、かと思えばラストオーダー近しだったり。。人気ですよね。

ここまでの私、チーズ→肉→ほぼ肉→魚→肉、メガタンパク質星人
肉のにおいのするところに私あり、本能のダンジョン、夫が一緒だとここまで肉食べれないから~
b0089578_13321993.jpg
この日は天候にも恵まれて、後ろの芝生ゾーンはこれ以上にレジャーシートの海に溢れてほのぼの日より。
b0089578_13331398.jpg
翌日の日曜日、夫がクラフトビア金沢に行きたい言うので、イベント2連チャン。
だが、この日は酷い雨で前日の客足とはほど遠く、一応テントブースは設けてあるけど雨だと出足がまず鈍くなる。
参加人数が天候に左右されるしいのき迎賓館・石広場、野外会場の宿命みたいなもんですね。

シャルキュトリー・ガリビエ:四角形のソーセージ、なんとかケーキだったかな?
華林楼:焼き小龍包
パーラー・コフク:鶏肉と砂肝のコンフィ
ひらみぱん:キッシュ

本日の私のビールも相変わらずフルーツビール、ハーヴェスト・ムーン(千葉)の「舞浜レモネール」
レモン果汁とレモングラスを使った酸っぱくてレモンの香りが爽やかなフルーツビール。
後は南信州ビール(長野)のアップルホップ、リンゴの味わい。
b0089578_13331762.jpg
アシルワールド:ひよこ豆のドライカレー・ライス付
チェコ料理・DUB:カマンベールチーズのオイル漬け

ドライカレーは半分の量です、もしかして前日に1人で食べた量と同じくらいではないか(これで2人分・たまには少食)

ご近所のMさんカップルとバッタリ!でしばらく歓談の花。
その会話の中で「AKB48の冷たくて愛想のない対応の表現て何?忘れてしまったので知らない?」と尋ねる夫。

そんなの知らんわ!いつもAKBに興味がないとか言ってるのに何故に?
きっとバイト君たちから知識をいただいたので披露したいが出来ない、という恥ずかしい状況に陥ってるとふんだ。
※バイト君たち(大学生)はAKB好き

結局、その場で答えは出なかったのですが・・(答:塩対応)

イベント会場を去る時にまだチケットが余っていたので、記念にクラフトビアのグラスを2個購入・・・・最初から購入してビール飲めば美味しいのに!という後先後悔。


その後は、柿木畠で開催されていたカレー博に後ろ髪ひかれ隊だったが、「好奇心のあじわい好奇心のミュージアム」他、展示を観に21美に行って午後は終了しました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-10-21 23:24 | イベント | Trackback | Comments(0)

ガレタッソで大人のBBQ

b0089578_14083270.jpg
記事が一か月遅れでもう開き直りの域に達していますが、休みの間に順調ラッシュと行きたいもんです、でもイベント山盛り!
こちらは9月14日、いつものガレタッソで昼からお外で「ガレタッソの大人のBBQ」という、いい大人が大人げないBBQするお知らせをもらった。
そのイベントの備忘録として写真を残しておきます。

夏に皆でBBQ!夕日を浴びながら(炎天下でもいいけど)、肉を焼きながら参加者との楽しい語らい・・確固たるイメージが溢れてくる。
今年はベランダで夫と2人でちまちま肉を焼いて似非アウトドアを気取っただけだった、大勢でのBBQは憧れなのですぐ参加表明。

焼き肉用のお肉をお肉屋さんに頼んである他に、誰が何を言わずとも料理上手な女性たち(私も入れてもいいかな)気遣いのある男性たちが、
それぞれ料理を持ち寄ったり素材を持ち込んだりと、自然に料理が大所帯になるのがありがたい。
b0089578_14080958.jpg
新米のおにぎりにお手製の漬物
b0089578_14082056.jpg
ここは、いきいき魚市か!活も活!生きてるよ、サザエさんにエアー送ってる。
b0089578_14081371.jpg
これは私の持ち込み品:野菜とハーブのクスクスサラダ、私が作る定番のクスクスサラダです。

野菜はプチトマト、きゅうり、アボカド、ハーブはミント、ディル、ドレッシングは白ワインビネガー、レモン、オリーブオイル、塩、胡椒
パクチーも入れるのだが苦手な人がいるので、別皿にパクチー盛りを用意。

「好みでクスクスサラダにかけてください」と指示すると、他の料理にもパクチーかけていたパクラーを発見。
b0089578_14081620.jpg
フライパンパエリア!サフランを使用して黄色になったお米、豪華シーフードで美味しい。
b0089578_14082446.jpg
野菜のゼリー寄せ、これだけ沢山あったら人数分ありそう
b0089578_14082812.jpg
福井は九頭竜の鮎を塩焼きに!
b0089578_14083677.jpg
鮭と大根のハーブサラダ
b0089578_14084047.jpg
肉類はカルビからホルモンなど素晴らしい量用意されており、お店の横の駐車場が肉の焼き場、焼き肉番長が順番に焼き焼きしてくれます。
「肉を焼くのは男の役目!!」

↑これは我が家での私が繰り出す標語、焼き肉やステーキなどの肉類を焼かせる時に使う。
実際、ステーキなど肉の焼き加減に拘ったりするので、それなら任せた方がいいという理由。
肉を焼く俺、ワイルドだろ?の優越感も味わえる。
b0089578_14084318.jpg
シロ!!もう、ここから離れません!!肉がすぐに食べられるので私は箸とお皿を手に殆どこのエリアに居座っていた、こらっ!
b0089578_14094269.jpg
ダッチオーブンに丸ごと鶏を入れてじっくりとロースト。

その他に八百屋から松茸・・まっとったけ!土が付いたままの松茸を綺麗にふき取り、裂いて焼くと皆のテンションだだ上がり。
b0089578_14094662.jpg
ディープインパクトなリブロース、骨ごとかじりつきます!
その他、タイのスパイスに漬けこんだチキンとか、撮れてないご馳走も多々ありました。
b0089578_14101040.jpg
ルーカス作、家での下準備数時間、お店のオーブンで3時間半ローストした七面鳥、めっちゃアメリカンやでぇ~!
b0089578_14100566.jpg
順番に焼き番長の写真をアップ、例の場所に全員の写真掲載されてたから顔出ししていいでしょ、と勝手に。
ニキさん、場所提供と企画ありがとうございます。
b0089578_14100137.jpg
焼いている人が即食べられる訳ではなく、あくまでも焼き係に徹する実はアウトドア職人(奥)と似非若人(手前)、お疲れ様です!!
焼けるとトンビが河原で弁当を狙うがごとく具をさらっていくのは、横に陣取る私だったり。
b0089578_14101355.jpg
仕事の為遅れて参加な夫、そうそう焼き番長を任される、野菜焼きは俺に任せろ!!(笠原将弘調)

12時~18時まで賑やかしくも楽しげなBBQ、総勢24人の参加者がリンク先に掲載されております。

わ~皆楽しげで良い写真だこと! だが私の姿は確認できない。
肉摂取はもちろんワイン飲みすぎにて、午後4時ごろにガレタッソの2階で撃沈・・・その後の記念撮影だから。

素敵な企画を立ち上げてくれて感謝です!!皆で楽しむBBQ万歳!
そして私は二時間ほど死に体の後、夫に回収されて帰宅しました。。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-10-09 23:37 | イベント | Trackback | Comments(2)

2014年夏、KARA旨グランプリ!

b0089578_13310315.jpg
8月の下旬にジャークジャイ・タイフードセンターにランチに行った時のこと、レジで「今度こんなイベントあるのでよかったら来てください」とあるチラシを渡された。
それが辛くて旨いグルメ北陸№1を決めるイベント、KARA旨グランプリ
8月24日(日)10:00~15:00
場所:松任総合運動公園・芝生広場

まっっったく知りませんでした、見ると出店は31店もあり・・・京都激辛商店街の出店の他、あの!!お店も。
通勤でこの周辺は毎日の様に通っているのですが、休日までこのエリアに足をのばすことになるとは、でも興味がある!

松任総合運動公園、昔ここでテニス大会した覚えがありますが、他の広場は巡ったことなかったので、公園のかなりの規模にまず驚き。
駐車場の地くで白山市サマーフェスティバルの屋台は、お子様なども食べられる至って普通のフードばかり・・と思ったら、
インド・ネパールカレーのマナカマナの屋台、これはあまりに会場から至近距離でKARA旨グランプリに入れないのかしら?

芝生広場に続く道にスイーツパラダイスのお店があり、いよいよ会場へ。
広場が広いのでお店への距離感が半端ない、けど店数も多いのでこれは巡りがいがありそうな。
b0089578_13310823.jpg
あの!!お店!!そう、自分にとっては、南インド・スリランカ料理の「スパイス・ボックス」でした、フェルナンドさん発見。
この前の伝馬町まつりも出店していなかったのに、えらく遠出したね。
聞くと数年前の伝馬町まつりも単体屋台じゃなかったし、こんなイベントに出るのは初めてだとか。

KARA旨フードは、スリランカ名物「デビルチキン」
ですが、貼り紙は「ンキチルビデ」と右書きになってますよ、昭和か!

しかも知り合いが先に来ていて、画像アップしているの見ると「デビルキチン」になってる!!
「キ」と「チ」が反対っ、パッと見似ているからね、このカタカナ。
チキンとした悪魔、私たちが来る前には直されていたが。

スタッフはフェルナンドさん、厨房のインド人のコックさん、と・・後1人は顔をよく見なかったが、もしかして息子さん?

しかし、特に呼び込みするわけでもなく外人さん3人がぬぼっと立っている屋台はいかにも慣れていない感じで、ちょっとほっこり矢が刺さりました。
進んでいくのはフードに興味がある人だけだろうから、呼び込み得意な夫をお貸ししたいほどだった。

デビルチキンは、チキンと野菜をトマトベースの辛うまソースで炒めた1品、お店では単品ですがここではライスと合わせていました。

トマトソースの辛みを帯びたコクが・・・って、辛っ!!!じわじわっとからぁ~い!!
「これ、お店より辛くない?」、ちょっと普通の辛さじゃない気が。

「辛いのイベントだから、辛くした」とフェルナンドさん、す、素直だね。

以降、1口食べるごとに「からっ!!」「めちゃからっ!!」と自然と声が出るようになる。
b0089578_13311571.jpg
お次はチラシをくれた「ジャークジャイ・タイフードセンター」でガパオ、鶏ひき肉のピリ辛炒めに目玉焼き、お肉がむちむちで旨みがあってこれも期待を裏切りません。
チラシを頂いたこと覚えていてくれて、ここは売上は順調な様でした、グランプリ発表でもシルバーグランプリを獲得していたし。

ちょうどナマステさんにバッタリお会いしたので、しばしやや上り坂になった芝生の上に座ってしばらく歓談。

ふと、足がかゆいな・・と感じたので視線を向けると、蟻が足首に張り付いていて思わず払い落とす。
あれっ?腕にも蟻が・・・と払い落とす、ふぅ~っと今度はデビルチキンのお皿の上に蟻!!

こ、これはまさかっ、自分が座っていた横に蟻の巣らしきものがあり、わらわらわら・・・ひぃーーーーっ!!!

ちょうど蟻がデビルチキンのソースの上にまで這っていった時、蟻の動きがピタリと止まった。
蟻の動きもストップさせる存在の耐えられない辛さ!←元ネタの映画がなつかし
b0089578_13311878.jpg
お次は京都の「ほりい商店」のもちもちポテト・ギャー油マヨ

これが凄い人気でかなりの行列、それ見ただけで私は諦め方向だったが、ポテト好きの夫が並ぶというのでお任せ。
なんだかウネウネ長いポテトだね、食べてみると確かにモチッとして美味しい!マヨがピリ辛なだけで付けなくても問題なし。

すると急に夫が「ちょっと!そのまま、動かないで!」
「な、何?」
「虫が服に付いてる、下を見ない方がいいよ」
「えーーっ、ど、どんな虫」
「長い毛虫」
「!!!」
一瞬で手が真上にホールドアップのまま硬直状態になりました。

そ~っと取ってくれた虫はまさにネコジャラシのごとくふさふさな毛虫、ひぃーーーっ!!
しかも私が座っていた後ろの木が毛虫に占拠されて葉っぱが殆どない、というか毛虫がまだまだいる~!!
蟻やら毛虫やら、なんという場所に座っていたのだ、おそろしあ。
b0089578_13312148.jpg
気を取り直してフードを探しに旅に出かける私、買ってきたのは「鈴家(すずや)」の辛うま富士・富士宮やきそば・ゲキカラコラボ

このひき肉の部分が辛いらしく、A級(激辛)、B級(辛い)とあったのですが、さっき辛いもの食べてチキンに成り果てていたのでB級で。
麻痺してたのか、それほど辛くはありませんでした、少し麺が柔らかかった。
b0089578_13312578.jpg
芝生に座ることをやめて屋台周辺へと移動、ここでスタッフのインド人らしき人がナマステさんに気づき近づいてきた。
ドラゴンカレーのヘルプに入っていたデリーの方だとか、ん・・・誰かに似ている。

夫と顔を見合わせて同時に発した言葉は「北村一輝!!!」・・をもうちょっと輪郭丸くした感じ、これはハンサムさん。

まだお邪魔したことないドラゴンカレー、せっかくなので「ドラゴンカレー」のチキンと野菜のカレー。
ライスに野菜がごろごろ入ってチキンティッカも添えてあり、ナン半分付、これで300円は安い!

今まで食べた中でもちもちポテトだけ500円、後は全部300円でした、購入しやすく幾つも屋台を回れる適正価格。
カレーのお味はややスパイスが強いスープカレーのような、しかし結構な量でお腹膨れます。
b0089578_13312944.jpg
最後は「燈八」のとんちゃん冷麺、夫が2人分買ってきた・・・お、お腹いっぱいなのだな。
豚のモツの上にピリ辛ソースがかかった冷麺、さっぱり辛でおいしゅうございました!

投票の結果、ゴールドグランプリは「ラーメンとんとん」の坦々麺、そう結構ラーメンや鍋、煮込みなども美味しそうでしたが、
身体がホットホットしてきたら熱いものを欲しなくなってきたので残念。

31軒もあるので2人で制覇は無理な話、金沢市中心部のイベントでは見かけないお店ばかりでなかなか良い企画でした。
ドリンクやお皿で手が離せなくなるので椅子はいらないけど、置き場所であるテーブルがあれば便利かな。
b0089578_13313357.jpg
辛みで身体の刺激スイッチが入ったのか、帰りのスーパーでジャワカレーのスパイシーブレンドをお買い上げ。
私、何年もカレールー購入していなかったんです、なのでとても珍しい。

というか、いつのまにハウスのカレーの辛さの5段階が6段階になっていたのか。
ジャワカレーの辛口がレベル5、スパイシーブレンドがその上の6、知らなかったぁ・・・。

親は昔からジャワカレー辛口しか買わないので、しかもカレー粉追加するので鍛えられた傾向が。
スパイスで作ったカレーの仕上げにこれを1、2個入れてみる・・辛ぇ・・ほんのりハウスの風味がなつかし。

辛いまみれになった日、夏なら汗かいてそれもよし。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2014-09-04 19:08 | イベント | Trackback | Comments(0)