カテゴリ:岐阜( 6 )

岐阜(高山市本町):soeur(スール)エスプレッソ&カフェ

b0089578_1184930.jpg
この日は夏最初の猛暑日だったようで金沢は全国一暑いという灼熱地獄。
高山はそこまでは上がらなかっただろうが、暑い空気がまとわり祭り。
オアシスが必要・・・そう思っていたところへお洒落なカフェを発見!

今春オープンしたばかりのエスプレッソ&カフェsoeur(スール)、スルー出来ないこの店名。
道理で自分の高山ガイドブックに掲載されてないはずだわ←06~07年度だから当たり前
場所は鍛冶橋近く本町商店街内の川沿い側、ホテルはリバーサイド♪
b0089578_1191744.jpg
一番奥のテーブルを陣取りに行くと、真下に川が流れる眺めが目に涼しげ。
目だけではなく全面網戸になっているので、川から注がれる自然な風が涼しいのだ。

しかし、この景色にわ~っと興奮して駆け寄り体重などかけようものなら、
網戸が外れて漫画のように川にダイブな危険性!!

その後来店のご家族に子供さんは網戸に手をかけないようにと注意を促していた。
自分もあり得ると思うところが怖いと密かに思っていた、子供レベル!
b0089578_1193091.jpg
奥行きがある店内はシンプルかつナチュラルで爽やかで居心地が良い。
ん?二つ前にある椅子は自宅にある椅子と同じだわ~
自宅ダイニングセットは約20年前に購入した飛騨高山の家具なのだが、とにかく丈夫!
100人乗っても壊れないイナバ物置を彷彿とさせる。

椅子はクラシック&モダンなデザインと交互に配置されている。
とすると全部飛騨家具なのかな?ここは木の国・山の国。
b0089578_119567.jpg
エスプレッソコーヒーゼリー
彼が選択、やや苦味のある珈琲ゼリーに自家製アイスは市販の味とは違うと語り節。
b0089578_11101086.jpg
レモンヨーグルトケーキバー
私選択、ヨーグルトの香りとレモンソースが甘酸っぱくて爽やかで美味しい。
b0089578_1110276.jpg
アイスアメリカーノ
エスプレッソドリンクと外から注がれる風でしばしの納涼感、ゆっくりとくつろげました。
その他にもスコーンやマフィン、自家製ドリンクなどあり休憩するのにおススメのカフェです。

その後はお土産屋さん巡りをし、木の実でうっかりバカTを買いそうになる。
NEGIとかBUTAとかプレゼントしたかったがサイズ無く残念←人に変趣味押し付ける女

そういえば「サラダパン」Tシャツを着て大阪に旅行したのが昨日の様。
友人にもらった「抹茶どら焼き」Tシャツは今は寝巻きに使用しています。
「ソフトクリーム」「かき氷」Tシャツがまだ新品でタンスに眠ったままなのだが、
どこでデビューさせようか・・。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-08-09 06:32 | 岐阜 | Trackback | Comments(0)

岐阜(高山):飛騨牛握り寿し→ハナミズキ(カフェ・高山バーガー)

b0089578_14582588.jpg
高山市への日帰り旅行、飛騨高山の見どころといえば古い町並み、
古い商家や民芸品などのお土産処を眺めながらのそぞろ歩きは実に楽しい。
昔ながらの情緒のある風景は人気のせいか観光客で日中はかなり混雑ぎみ。

高山は今までにも友人との旅行やクラブ合宿の際に何度も訪れている場所なので、
古い町並み、高山陣屋、朝市、夜の街と高山RPG攻略経験値は結構高い!

昔は民宿で朴葉味噌、レンタル着物に着替えて街を散策したこともあります。
後は数年前の高田純次のTV高山還暦ストーキングが記憶に鮮明に。←アホ
久しぶりに高山に来たので、もちろん気になるのは新しいお店と食!
b0089578_14585389.jpg
数年前に来た時に飛騨牛焼肉、牛玉(たこ焼きの牛肉入り)を食べたが、
今回目立ったのは飛騨牛にぎり寿し、前からのお店も含めて増えてます。
その中でも古い町並み中心地の新しそうなお店に自動的に吸い込まれました。

「メニュー」
飛騨牛にぎり寿し(しょうが醤油・竹炭塩)二カン:600円
飛騨牛にぎり寿し(軍艦)二カン:700円
三種盛り(しょうが醤油・竹炭塩・軍艦)三カン:900円
b0089578_150678.jpg
三種盛り
左から竹炭塩、しょうが醤油、軍艦巻

しょうが味のさっぱり感と玉子のマイルド風味もなかなかだが、
私的に一番気に入ったのは肉の旨味がストレートに伝わってきた竹炭塩かな?
肉フレグランスを愛してやまない肉味ラブの好みはそうなった。

お皿は食べられる海老せん!テーブルはスカタンもも肉!食べるな脂肪過多危険。
b0089578_1502641.jpg
宮川朝市が行われている横の鍛冶橋を渡るとハナミズキというカフェがある。
そこで「高山バーガー」の看板を見つけ、食べたいと言い出した彼。
カフェでもハンバーガーをいただくことが出来るがテイクアウトの窓口で購入。

最近太ってきたと気にしているのに行動が反比例。
「ちょっと食べすぎじゃない?」と疑問を投げかけつつも、1口貰おうと狙っている私。
ここで自分も丸ごと1つ注文しないところが一応ダイエット境界線に突入している。
b0089578_1504378.jpg
飛騨牛100%「高山バーガー」:単品で680円
厨房での焼き時間はタネも厚いし1つ1つ手作業で焼き上げるので結構かかります。
パンは若干固めで分厚いハンバーグは噛むと肉汁がじゅわわぁ~~っとしてなかなかウマ!

みたらし団子、飛騨牛串焼きなど屋台が乱立しており、誘惑が多すぎる買い食い地獄。
雪山遭難で眠ると死ぬ!は自然の怖さ、見ると食う!は歯止めがかからない欲求の怖さ
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-08-08 12:39 | 岐阜 | Trackback | Comments(0)

岐阜(高山市八軒町):豆天狗(ラーメン)

b0089578_14553390.jpg
6月に自宅のプチ断捨離を行い、ベランダがバーベキューできるほどにすっきり空っぽ。
その後、小林活用することもなく何もなくなったベランダは暑い日差しが降り注ぐだけ。
ベランダでの根性焼きを放置しているのはもったいない。

これではいかん!夏は短い、もっと楽しまねば!!
ということで、彼と2人で「夏を思い切り楽しむキャンペーン」、
まるで飲料メーカーの懸賞を彷彿とさせるサブタイトルを掲げることにした。

さっそく夏を謳歌するべく週末のお出かけ!ベランダ活用は後で考えよう←おい
というわけで、岐阜県は高山までぷらっと日帰り旅行。
飛騨高山といえば有名なパン屋さん「トラン・ブルー」の噂はかねがね聞いていたが、
到着後、目に入った長蛇の列にワン・ツー・ストレートでやられ場外に逃げる。

時間がお昼過ぎだったこともあり次回にまた来ることを心に誓って次の目的地へ。
ここも行列だったけど・・日差しがジリジリとバーべQ状態だけど・・我慢の子!
高山ラーメンの人気店、豆天狗
高山ラーメンといえば中華そばですが、新しいつけ麺も人気だそうで、
待っとれあセントレア空港など数軒支店があるみたいですね。
b0089578_14555850.jpg
中華そば、トッピング味玉子
他の高山ラーメンは1軒しか食べていないが、そこは非常にあっさりしたシンプル中華そばだったのに比べて、こちらも中華そばには違いないがスープにややコクがある感じか。
あっさりしすぎずくどくもなく優しい醤油味の魚介の旨味でスープ美味しい~
細いちぢれ麺も懐かしめで高山ラーメンに合ってるけど、やや柔らかいから好みがあるかな。
b0089578_14561961.jpg
餃子
すでにタレがかかっている餃子にさらにタレをつける、こちらもなかなか旨い!

特に彼はとっても豆天狗のラーメンが気に入ったらしく、また食べたい連発。
いいけど・・・他のラーメン屋さんも食べてみたいし・・・
と、譲れない食いしん坊の綱引き。

間をとって次回はラーメンハシゴでどうでしょう?
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-08-07 06:56 | 岐阜 | Trackback | Comments(0)

岐阜(郡上八幡)そばの平甚、(白鳥)ペンション・リトルパイン

b0089578_2511483.jpg
郡上八幡へ向かって高速を使わずに国道257線を降りて行くと、道の駅パスカル清見がある。
ペンション・オートキャンプ場・レストラン・売店があって、
ここでしか買えないお土産が沢山売っているのでみていて楽しい。

買ったのはたこ焼きならぬ、飛騨牛が入っているらしい牛たま。
和風ダシにネギをかけて食べるのだけど、これがなかないける!
屋台のおにいちゃんがこれまた野性見溢れる濃ゆいハンサム。
b0089578_2512244.jpg
古い町並みと石畳の静かな街、郡上八幡。
町並みをぶらぶら歩いたり、宗祇水という名水を求めたり、安養寺でちょこっと休憩。
食品サンプル創作館は面白くて、ラーメンのサンプルを買って家に飾って置きたかった。
いや、やはりカレーかしら。。。
酒飲みの方が金欠の時はビールジョッキを買って眺めて我慢。
b0089578_2513033.jpg
お昼ごはんはそばの平甚で冷たいお蕎麦。
何代も続いたお店らしく店内は古民芸品で埋め尽くされていた。
国産の蕎麦でうった蕎麦はとても香りがよい。ほうば寿司とセットのをいただいた。
b0089578_2514252.jpg
この日のお宿は白鳥にあるペンション・リトルパイン
自家栽培素材中心の料理が自慢。
ニジマスを飼育されているそうで、夕食にはニジマスのお刺身は脂がのっている。
山で摘んできた山菜、川魚、自家栽培とうもろこしのコロッケなど手作りのものばかり。
ババロアやお醤油だって自家製。

b0089578_2514979.jpg
ここでのお目当てはボタン鍋!
お肉が牡丹の花のように敷き詰められていて綺麗。
湯煙慕情、背中の牡丹が染まる時。
b0089578_2515792.jpg
グツグツグツ・・・と煮込まれたイノシシ鍋。
猪はさすが豚の野生種だけあって味が似ているので豚が好きな人ならば大丈夫。
豚肉が濃くなった味で美味しい♪

今まで食べたのは鹿、馬、猪、、熊、キジ・・・花札!?
ダチョウとかワニとかはまだ食べたことがないわ・・・未知への探検に憧れる。
食べる野性の王国。

岐阜の旅オワリ
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-08-14 06:06 | 岐阜 | Trackback | Comments(38)

岐阜(高山):飲み食い処 とと(居酒屋)、肉の匠家(飛騨牛)、あづま寿司

b0089578_1493592.jpg
1軒目は5時半の開店直後に入った飲み食い処 とと
高山だから、お魚はイマイチと思ったが、富山湾からその日にとれたお魚が届くらしい。
白海老のお刺身、シメサバ、カンパチのお刺身、ホタルイカの天ぷら
白海老が甘くてプリプリ、あとホタルイカがおいしーい。
カンパチはもーちょっと厚めに切ってあったらもっとよかったのだけど。
b0089578_1494520.jpg
鯨の竜田揚げ。
おぉ・・・小学校の給食を思い出すわ、懐かしい。
昨日TVでこれまた懐かしのゴダイゴを見たのだけど、タケカワユキヒデがミッキー吉野並みに
太っていたのに驚いた!!
モンキーマジックで塩をまいていたのに「どすこい!」と掛け声をつけてあげたかったくらい。
b0089578_1495483.jpg
高山といえば朴葉味噌!なので、鶏肉の朴葉味噌焼き。
焼けてくるとお味噌の香ばしい臭いが漂ってくる。
b0089578_150441.jpg
2軒目は飛騨牛の焼肉を食べに肉の匠家
年間、飛騨牛の取り扱いナンバー1のお店で、1階が肉の販売、2階が焼肉屋さん。
うーん、ネタ帳紛失したので何を食べたかな。
イチボというモモ肉の腰の部位サーロインとつながっている場所というのを食べたような。
タン、ヒレ、三筋とか食べたような。←記憶が薄れてありがたみがない奴
b0089578_1501680.jpg
カルビと後方にはシロ。 やはり最後はシロで〆ないと。
ホルモン魔人がむくりと顔を出す。

3軒目↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-08-13 22:34 | 岐阜 | Trackback | Comments(18)

岐阜(高山):つづみそば(高山ラーメン)、喫茶手風琴(カフェ)

古い町並みが残る高山の旅をまとめてアップ。
b0089578_1939282.jpg
高山陣屋:江戸幕府の直轄領だった高山で、郡代や代官が政務を行った役所。
1816年に建てられ、江戸時代の姿がほぼ完全に残っている。

敷地内は結構広くて見ごたえがあり、大広間や台所などを見回った後に出口あたりに御白洲。
御白洲には抱き石などの責め道具がいくつも展示されていたりして、
「吐け吐かねぇか!」って時代劇の拷問シーンを思い出しちゃって怖い。
b0089578_19391714.jpg
高山といえば高山ラーメン、ランチはつづみそばへ。
さすが雑誌に掲載されているだけあって、お昼前から行列がすごい。
お店のメニューは中華そばになっている名前の通り、昔っぽいあっさりとしたラーメン。
高山流だと、酢やラー油を入れて変化を楽しむらしいけど、私は入れなかった。
b0089578_19393672.jpg
高山の町にはあちこちに「みたらし団子」や「飛騨牛串焼き」の屋台があるので、
ついつい目で追う、足が止まる、もちろん買う。
他には手焼き煎餅もあって「食っちマイナー」の誘惑はあちこちに。
b0089578_19394559.jpg
高山に来た観光客の人が必ず訪れる古い町並み(さんまち)通り。
民芸品や酒屋さん、和カフェなど町家を利用したお土産屋さんが多くて楽しめる。
ふらふらまったり歩きたいけど、人が多すぎ!外人さんも結構いる。
b0089578_19395464.jpg
そのさんまち通りにある喫茶手風琴で休憩。 というか、デザート目当て。
江戸末期の町撮年寄の屋敷を改装した趣のあるカフェ。
囲炉裏に思わず市原悦子のナレーションが頭に浮かぶ。(家政婦は見たではなく昔話ね)
b0089578_1940247.jpg
クリームチーズが入ったクレープはたっぷり大きいサイズ。
独り占めは出来なかった、ちっ。他にはイチゴ、杏、バターなどいろいろ。

すごくここまで普通の旅ね。お腹の虫がもっとよこせ!と騒いでいたけど、
夜に備えておてんとさんの明るいうちは控えめにしていた。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2006-08-13 22:27 | 岐阜 | Trackback | Comments(14)