カテゴリ:愛知( 41 )

名古屋(名駅):鳥開・総本店(焼き鳥・手羽先)

b0089578_1555279.jpg
11月に突入し、まだ県外の記事が放置プレイされたままだったので突如9月の名古屋。
急な親戚の集りのために名古屋に来たが、駅前ホテルに宿泊なので殆ど出張気分。

親戚達との話し合い中にちょこっとお腹に入れてホテルに戻ってきたが、何か物足りない。
手ぶら・・・いや、手腹では名古屋を去ることは出来ぬ。

名古屋駅は新幹線側の出口からほど近い三河地鶏・名古屋コーチンの鳥開・総本店
名古屋に8店舗、東京霞ヶ関店に1店舗と店と数点舗お店構えているが、
鳥開総本店 名駅西口店ははじめの一歩である鳥開1号店。

備長炭で焼かれる名古屋コーチン、三河赤鶏の名古屋名物の手羽先はもちろん
焼き鳥や名古屋コーチンの玉子とモモ肉を使用した親子丼など地産地消の素材の拘りがたっぷり。

1人で食事をするのは出張などですでに慣れてはいるが、焼き鳥屋などは珍しい。
益々の親父化への成長が著しい!
だが、オヤジ進化論では酔っ払って二足歩行が苦しくなる未来が見える。
意気揚々として1人焼き鳥屋に乗り込む女、出来る女?いや、ただの食べる女。

店内はそれほど広くはなくカウンターと2人席のテーブルが幾つか、
かなり混雑してる中でテーブルに通される・・カウンターの方がいいけど空いてない。
カップルの間に挟まれて、スーツ着た女はかなり浮いている。
b0089578_15554233.jpg
名古屋コーチン手羽先唐揚げ、名古屋コーチン胸肉梅しそ、トマトサラダ

店内の壁には「日本唐揚げ協会が選ぶ第3回からあげグランプリで手羽先部門“最高金賞”を3年連続で受賞しました!」というポスターが貼ってある。

ブランド好きなバブル世代なので迷わず名古屋コーチンの手羽先!
よくあるクドいタレではなくあっさりシンプルな味付けながら、その方が素材の味が生きる。
うーん弾力があって肉の旨味が違うわ、名古屋コーチン!
コ~チンの鶏はう~まいぞ♪(by ほたるこい)
胸肉も柔らかくあっさりしてるので梅肉がよく合う、肉主義の罪悪感からかトマトサラダ。
b0089578_15555745.jpg
名古屋コーチン皮、鶏もも串かつ(ソース)
更にコーチンの皮も肉厚でとってもジューシーで旨ッ!
ちょっと変化球で串かつ、味噌カツソースを期待していたら普通のソースだった。
b0089578_15561384.jpg
月見つくね
店員さんが「1本サービスです!」とお皿には2本のつくね。
何故!?1人で食べる姿が哀愁ただよっていたから!?
濃厚なタレにまったりとした黄身を混ぜるゴールデンミックス、好きだわ~
b0089578_15562724.jpg
鶏むす
名古屋の名物の1つに天むすがあるが、これは鶏の天ぷら風を上にのせたもの。
これはこれで鶏づくしの一環、タレがしみ込んで結構美味しかった。

翌朝の出発も早いこともありハシゴ車回すのを封印して大人しくホテルへ。
その前にコンビニでお酒とデザートを買うのは忘れませんでしたけどね、テヘッ←ごまかし
b0089578_15564552.jpg
翌日の朝ごはんは、駅の売店で地雷也の天むすを購入。
鶏むすを食べた時に、地元にいては滅多に食べることのない天むすが頭に残ってた。
最後まで食に関しては諦めない食い下がらないネバーギブアップ精神な女です。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-11-02 06:44 | 愛知 | Trackback | Comments(2)

名古屋(名駅):エノテーカ・ピンキオーリ(イタリアン)

b0089578_9494355.jpg
駆け足日帰り名古屋!移動時間も惜しんで駅周辺でディナー。
ミッドランドスクエア42階にあるエノテーカ・ピンキオーリ 名古屋

フィレンツェに本店を持つ三ツ星リストランテ。
トスカーナ地方の伝統料理をベースに伝統と創作のバランスをとりながら
日本の食文化や食材に注目し、斬新な味を提供してくれるイタリアンの名古屋店。

友人にこの店に行くと伝えたら、ピノキオと読み間違えたらしい。
そういう自分は最初にピンキリと聞き間違えた空耳アワー。
b0089578_9494854.jpg
直前予約だったので窓側の席は取れなかったが、充分ここからでも夜景は眺められます。
運転手は君だ車掌は自分だ!なので、自分だけワインをいただく。
スパークリングウォーターのグラスが変わっていて面白い。

食べたのは「アラカルトよりテースティングメニュー」10000円のコース。
濃厚なクリームが入ったシューと白ワインをいただきながらお腹は絶好調モードへ。

付け合せのパンの中で岩塩のフォカッチャがとても塩の風味がアクセントとなって美味。
ブラックオリーブのパンも含めて、パンはその後さらに3つお代わり君。
パンでお腹を膨らまそうという魂胆ではありません。
b0089578_950093.jpg
トマト風味のパン粉を纏わせた赤海老
玉葱のオーブン焼きとバジル香るマヨネーズソースと共に

関東以南の太平洋側で水揚げされている海老で特に煮付けやグリルだと美味しいそう。
海老の淡白な味にパン粉の中のトマトとバジルマヨネーズの濃厚さで風味が交じり合う。

名古屋だけにシャチホコっぽい形で。
揚げられたバジルの葉がしゃちほこった(勝ち誇った)ような感じ
三ツ星リストランテでもダジャレは止まらない・・・
b0089578_950638.jpg
イトヨリのポワレ ういきょうのブラザート オレンジ風味
魚介類は地元三河湾から水揚げされた新鮮な素材を使用。
ブラザート (brasato) は炭火でことこと煮込む料理をイメージすればいいそうで、
検索するとお肉の料理が多いけど、野菜の場合はまた調理法が違うらしい。
(ここの下の方とか)
魚にういきょう独特の甘い香りが移ってアクセントに。
b0089578_9501871.jpg
自家製手打ちパスタ“スパゲッティ アッラ キタッラ”
三河地鶏とその内臓 トサカのラグーソース

このパスタが出た時、同行者から「好きそうやな!」
それはホルモンヌへの賛美と受け取っていいのか!内臓&ジビエ大好き女王。

生パスタの逆ツルツルというか口入っていくぎこちなさ感に濃厚なソースがうまく絡まる。
ところどころレバーがあるな、と内臓チックな素材感感じまくりだけど、
濃厚だけどしつこくなくって美味しい!コースの中でこれが一番好みだった。
b0089578_9502428.jpg
仔羊背肉のロースト アーモンドの香りをのせて
ブロッコリーのトルティーノとにんにくのクレーマ

これまた羊子の異名を持つ自分にドンピシャな仔羊肉のロースト。
アーモンドの香ばしさと一緒に食べた背肉は臭みもなくさっぱりして柔らかかった。
トルティーノ(tortino)は小さなケーキという意味で、ちょこっと添えられた野菜のケーキ。
クリームソースはにんにく!というほど臭いはしなくて食べやすい。
b0089578_9503660.jpg
唯一、記憶が欠けたデザート、フルーツとババロアだったか、ヨーグルトだったか・・・

この辺りですでに白ワイン、赤ワインを飲んでかなり酔っパー状態。
赤ワインのグラスをセレクトする時にお勧めがあるんです・・・とお任せしたら、
2004年のワインと共に吹きガラスで膨らました様なかなり大きめのグラスがきた。
高速ワイン回しして・・・ってやつかしら。
周りの人たちは普通のグラスばかりなのにそんなに酒好きそうに見えたかしら
b0089578_9504495.jpg
栗のミルクレープをセミフレッドにして
チョコレートとフランボワーズのソース添え

セミフレッド・・・自分で作った時に冷蔵庫に入れて冷やしておいても固まらんなーとつぶやいていたら冷凍庫に入れるんです!と突っ込まれたことを思い出す。

秋の季節の栗とミルクレープが冷たいセミフレッドに刺激される~
チョコレートとフランボワーズの組み合わせ好きっ。
b0089578_9505767.jpg
最後のデザート、全部セレクトして食べてみたいと思うのは、親父乙女でも当たり前のこと!
だがそれをぐっと我慢・・・しかし、ゆっくり食べているのとデザートでかなりお腹は膨れます。
b0089578_951278.jpg
ピスタチオのマカロン、薔薇のマカロン、エスプレッソのマカロン、抹茶の生チョコ、ヌガー、
柑橘のゼリー。

私たちのテーブルはサービススタッフが2人入れ替わりしていたのだけど、
2人共親切で時折ジョークを織り交ぜながら。
特に年配の背の高い雰囲気のあるスタッフの方のお料理の説明が、重厚感を表していて良かったな~。

私とかジョークというか、同行者に「ダジャレに慣れない」とか前に突っ込まれ、
しかも、規格外の女性とか言われました。

何が規格外なんだろう・・やはり胃袋?それとも時々野生の勘で動いてしまう突飛な行動?
こんなに大人しいのに・・・

今ではそれを「規格外の女なので」などしっかりネタにしています!
そんなことはさておき、夜景も美味しいお料理も堪能して、満足な名古屋日帰り旅でした。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-11-28 19:33 | 愛知 | Trackback | Comments(8)

名古屋(名駅)タカノフルーツパーラー

b0089578_16442639.jpg
駆け足名古屋!名駅エリア、ウィンドーショッピングでは終わらせない。
即効で買い物ピンポイント攻撃した後はスイーツ摂取。

何処に行こうかあれこれ迷い道だったが、王道のタカノフルーツパーラー(JR名古屋高島屋店)

あんみぃさんの記事で何度も目に入るタカノフルーツパーラーのパフェ画像。
サブリミナル効果となって潜在意識にビシバシ働きかけていた様。
待ち時間40分ほどと宣告受けたが、他の店への移動時間とタカノの魅力・・
わたし待つわ!byあみん

店内は明るくキッチュでPOPでほぼ女性で埋められており、男塾よろしく!な男性は逃げ出したい雰囲気!?
あんみぃさん記事を復習すると、紫苑ぶどうのパフェ、洋梨のパフェ、マロンパフェ、先取りとちおとめのパフェ・・・うーん、どれも美味しそう、
というか、一ヶ月にこれだけ食べてるのね
さすが名古屋のスイーツ番長

さらに色んな種類が混ざったベリーパフェも加わって、
頭が混戦模様となったが結局食べたのは洋梨のパフェ ¥1,365
梨は和梨も洋梨も大好物!高島屋デパ地下のフルーツショップでも珍しい洋梨があったので購入。

さて、肝心のパフェ、繊細に薄くカットされた洋梨は甘く柔らかすぎず旨し。
洋梨のシャーベットにバニラ、バニラアイスがこれまた美味しい。
容器の周りに敷き詰められた洋梨風味のチーズクリームというのが素敵なセンス。
洋梨のグラニテにゼリー、ババロア、赤ワインのゼリーと底まで楽しい!

むらはたはフルーツいっぱいという傾向でそれも毎月大好きなお店ではありますが、
こちらはフルーツ&デザートという意味で凝ってますね~飽きさせない。
b0089578_1644385.jpg
マロンと秋果のデザート・コーヒー又は紅茶付 ¥1,575
マロンを自分がツマミ食いしたいから洋梨パフェを選んだのがバレバレ。

こんな飾りつけを見るとムクッと自分の中から出てくる彦摩呂。
「秋の彩りの宝石箱や~」

盛り付けは綺麗だけど食べるのは難しいミルフィーユ。
ババロアと抹茶のスポンジ、赤ワインのゼリー?(不明)のマロンタワーが倒してバラバラ事件。
人のスイーツも珈琲もつまんでいたけど、パフェ以外のメニューもバラエティ。

また来る機会があれば季節のパフェを食べまくりたい。
休日のデザートタイムは激混みだから平日の空いている時間にこれたら一番いいなぁ~。

そして目的の1つであるalfredoBANNISTERのブーツを2足買い!!
さらに金沢では買えない食材や化粧品をビシッと狙い買い。

ニコニコ現金払いは無理なのでもちろんカード払いで。
ボーナスを期待してのことだが、会社では弁当女子&1人家飯と、すでに防御率高し。

しかし、お弁当画像はblogには載せられませぬ。
おかずを品ごとにジップロックコンテナーに詰め込んで、
幾つも持ってくるジップロック弁当なので・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-11-25 17:02 | 愛知 | Trackback | Comments(6)

名古屋(名駅)うな善(うなぎ・ひつまぶし・割烹)

b0089578_15141038.jpg
23日祝日は駆け足日帰り名古屋ドライブ!
出発時間が遅めなので、買いたい行きたい場所を狙ってピンポイント攻撃。

ランチはThe 名古屋メシ的なものが食べたかったので、「ひつまぶし」を狙っていたのですが
予約の電話をすると、祝日は予約出来ません・すでに1時間待ちです等の都会の洗礼に出会う。

時間がタイトスケジュールなので、駅近くでどこか!と森田検索。
珍しい関東風のひつまぶしを出してくれるうなぎ料理・割烹、うな善

うなぎ料理専門ではなく割烹でもあるのだが、うな重やひつまぶしはメイン扱い。
名古屋は関西風焼きのひつまぶしが一般的なので、「やわらかいひつまぶし」というのが売り。

電話予約した時のお兄さんの対応が、インター降りたら連絡ください用意します、と
こちらが観光客だと分かって時間を気にしてのこと、ありがとうございました。
b0089578_15142263.jpg
店内はテーブル席&カウンター&お座敷があり、人は並んでいないがほぼ満席状態。

ひつまぶし(上):2300円+きも吸:200円
普通のひつまぶしのように細く刻んだ鰻蒲焼が入っているのではなく、見た目普通のうな重。
でも、「柔らかひつまぶし」よろしく柔らかく蒸されているので、箸で驚くほど簡単に切れる。
b0089578_15143340.jpg
お店の人に4等分に割って、以下に説明を受ける。
1:そのまま、2:薬味(刻み葱・わさび・刻みのり)をかける、
3:薬味と出汁をかけてお茶漬け、4:最後は自分の好き勝手。

皮がカリッとしたのに慣れてはいるけど、ふわっとしてタレはそんなにしつこくなくて美味しい。
自分の1番の好みだと、薬味をかけてそのまま食べるのが好きだったな。

何度か名古屋で食べているひつまぶしと違って柔らかいので、好みは分かれるところではあるけど、こういう形のひつまぶしも珍しいし、関東の人は慣れ親しんだ感じで気に入る人もいると思う。

夕食にこの店で、地元のお魚を堪能したラストにひつまぶしで〆でも、いいかも。
自分はハシゴ車回す人なので、1軒で終わることはありえない、アリエッティはあり得んてぃ!

さ、ランチ終了後、すぐに名駅に移動。
Time and tide がバーシアなら、私たちはTime Is Tight!!

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-11-24 16:37 | 愛知 | Trackback | Comments(10)

名古屋(熱田):熱田神宮→(大須):Rossi Mango(アイス)

b0089578_0243743.jpg
今回の名古屋旅、フードファイターばかりしているわけではない。
御朱印帳に新たな朱印を加えるため、三種の神器の一つ草薙神剣の御鎮座に始まる
熱田神宮に行ってきました。
ナビに従いJR熱田駅近くに移動、「熱田神宮があつた!あつた!」
と由緒ある神社への親父ギャグの奉納も欠かしません。(写真は東門)
b0089578_0245389.jpg
だが、なんと本宮は修復中だった!ガーン。
一応、御朱印は頂いてきたもののかなりの消化不良。
ちゃんと調べておけばよかった・・
b0089578_025779.jpg
境内には名古屋コーチンが放し飼いされており、人に馴れているのか近づいても逃げない。
コーチンの卵が転がっているのでは?とつい茂みに不届きな視線を送ってしまった。
b0089578_0251983.jpg
再び矢場付近へ戻って、長靴をラシックの地下に待たせてしばらくお店を見て回った。
一瞬よ、一瞬、とか言いながら、ラシックを見回った後、
パルコまで走っていってジャースタ見に行ってました。←戻った顔に大量の汗

その後は大須商店街をぶらぶら散策、ブラジル料理店や古ぼけた飲み屋に鰻屋さん、
また入ったことないお店に心躍るも日帰りなので今回は寄れないわ~残念。

最後に食べるのはデザート。
商店街の横道を入った場所にあるRossi Mango(ロッシ マンゴ)
韓国ヨーグルトアイス専門店の日本1号店。
b0089578_0253026.jpg

パッピンス:500円
シロップをかけたかき氷の上にヨーグルトアイスがのっていて、
好きなトッピングを4種類かける(小倉・マンゴー・キウイ・ピーチ)
サイズはかなり大きいので2人分くらいありますが、
甘いもの苦手な長靴はヨーグルトソフト1口だけで充分、後は私が全て平らげた。

お土産は頼まれていたのもあって、大須ういろう、青柳ういろうなどの1口ういろうや
1本丸ごとういろう、塩キャラメルういろうなどいろいろ購入。
日帰りでも名古屋グルメ旅、充分楽しめました。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-14 11:50 | 愛知 | Trackback | Comments(20)

名古屋(矢場):味仙(台湾料理)

b0089578_23572264.jpg
名古屋で矢場とんを食べた後の昼ハシゴの店として決めてあったのは、
角を曲がって数軒歩けばいいだけの台湾料理の味仙(矢場町店)
名古屋フードとして進化した「台湾ラーメン」で有名なお店ですな。
今池店には何度か足を運んだことはあるがが、矢場店は初めて。
ネットでの矢場店の雰囲気が殺伐としていると評判!?だったので、気になっていた。
日曜夜8時の殺伐戦国時代に萌えるプチ歴女ですから。
b0089578_23573531.jpg
これは帰り際の1階の店内の様子。
ランチタイム終了時間なので余裕が見られる写真だが、私たちが入店した時間は1階は満席。
2階に行くように指示され、階段を登ると聞こえてくるのは叫び声の嵐!
それは中華系のおばちゃん店員同士の注文のやり取りだった。

店内がざわついていつせいか、「ホニャララ!!!」「ホニャラララ!!!!」
とお互いに叫ばないと聞こえないのかもしれないが物凄い迫力、感嘆符祭り。
「本場だよ、本場の空気の店にきちまっただよ」と多少吉幾三げにビビリながら、テーブルにつく。
b0089578_23575946.jpg
ナス炒め
ひき肉と茄子の炒め物はやや塩味が強く、結構辛味がある。
今回も運転手は長靴なのだが、さすが仏の長靴と呼ばれるだけはある。
テーブルコショウを5回回転させて「飲・ん・で・い・い・よ」のサイン(ウソ)
飲んでよしの御達しが出たので、慎み深い私は遠慮してチューハイ1本だけ飲みました。
おばちゃんがドーン!とコップとチューハイの瓶そのまま持ってきました。
b0089578_755846.jpg
ホルモン炒め
来たよホルモン、待ってたホルモン。これは茄子炒めよりも辛い。
連休のせいか、1階も2階もほぼ満席状態でまさに戦場。
ドタドタッと走り回る音やガシャーーンというお皿の割れる音が響きわたったせいか、
1階からオーナーらしき人がどなりに来ましたよ。まさに殺伐としている・・

午後2時にランチタイムが終了なので、おばちゃん達の片付ける気合がすごいっす。
隣の若人たちのテーブル共々、食べ終わって片付けるお皿がないかしょっちゅう覗きにくる。
半端ない叫び声のお店のおばちゃん達に圧されているのか、若い男性店員の方は静かだわ~。
b0089578_23593036.jpg
台湾ラーメン
きたきた、お待ちかねの台湾ラーメン・・・・と、さっそく1口すすると・・
ゴホッ、ガハッッ  あまりの辛さにむせて咳が止まらん!!
スープも熱い上に辛さで口の中が火の海になりそうっ。
他の料理でお口直ししようとするが、茄子炒めもホルモンも共に辛いのだった・・ぐあああ!!

浮いている唐辛子の量もさることながら、底に沈んでいる刻まれたニンニクの量は半端じゃない。
味はちょっと塩味が強めかな~今池の台湾ラーメンの方が美味しいかも。
しかし、この殺伐とした雰囲気と超辛いラーメンがツボに入る人はいるかな・・私たちのことか!
b0089578_7552235.jpg
ピータン
最後にきたピータンがお口のオアシスになろうとは・・ピータン好きです。
辛い辛いと騒いでいた台湾ラーメンも全部ではないが、殆どスープも飲んで
2人ともニンニクたっぷりの素敵な息に。これぞ息ピッタリ!
小袋炒めや気になる料理がたくさんあったので、今度は夜に食べにきたいです。
b0089578_7553559.jpg
マイお土産に買った味仙のふりかけ。
これがまた海苔の他にてんこ盛りの唐辛子とニンニクが入り放題。

皆に味わってもらおうと職場に持っていき、何が入っているか言わずにふりかけて
食べた後の自分のニンニク臭さに一部の女子の不評を買いました、プッ
気に入ったおじさまの中には私のふりかけを時々借りて、お茶漬けにして食べている。
おじさま曰く冗談で「ニンニクで加齢臭がごまかせるな」と評判です。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-11 21:14 | 愛知 | Trackback | Comments(34)

名古屋(矢場):矢場とん・矢場町本店(味噌かつ)

b0089578_1853861.jpg
名古屋は何度も旅行に来ているので、地元民しか知らない裏通りの店にも心惹かれるが
とりあえずその道の王道の店も制覇しとかないと比較のしようがない。

「ザ・王道を行く!」
手羽先の山ちゃんは本店を制覇、味噌カツの叶は遥か昔に行った記憶。
今回は味噌かつのあの本丸を攻めることにした、矢場とん・矢場町本店
本店に向かって車を走らせると、お昼ともあって大通りにトンでもない行列!矢場とんだけに。
店の後ろに10台ほど停められる駐車場があり、行列を管理したり車を整理したりする係もいる。
b0089578_185321100.jpg
横道まで何列にも行列が出来てるので、ディズニーランド並の待ち時間かと心配したが、
回転は早いようで30分ほどで1階のカウンター席に案内される。
目の前で作るのを見学するのは好きなのでこれはラッキー。
両隣はいずれも味噌かつ丼や定食を注文していたが、実はランチのハシゴを考えていたので、
ここはご飯は食べずに、主要なメニューを一通り単品で注文することにした。
b0089578_18533322.jpg
特製どて煮
濃厚な色ほどにくどくはないどて煮、うぅっ、思わず1杯やりたくなる品っ。
酒を飲むと別人28号、5時から女の愚弄さんにとって単品注文なのにノンアルコールは辛いわ。
b0089578_18534792.jpg
ひれ串かつ、ロース串かつ
みそかつの元祖といわれる串かつをひれ、ロース共に1串づつ。
衣は味噌かつのとは違うようで、甘味をおびた独特の味噌味。
b0089578_18535777.jpg
矢場とん汁
野菜とお肉がたっぷり入ったトン汁。
b0089578_1854837.jpg
鉄板とんかつ
お肉が見えないほどの湯気立ち!
鹿児島産の黒豚が柔らかくてジューシーで、タレのかかったキャベツが香ばしい。
今まで食べた味噌ダレは見た目と同じ通り濃厚で、お店によってはくどく感じる味もあったが、
ここの味噌ダレはその中では割りとあっさりしている方だと思う、美味しかったです。

長靴は「トンカツは3切れまで」をポリシーとしている胃腸なので、2人で分けるくらいが丁度良い。
私はエブリデー揚げ物推奨委員会なので、まだこれくらいではお腹の隙間は埋まらない。
という訳で次のお店にハシゴです、つづく。

b0089578_175036.jpg
今週末に出品するアートzaマーケット XIの石ころアートの続き。
「カエルとキノコ」の評判がよかったので、もっと描こう!と思い追加。
なんだかリアル系になってしまい、気力悪い系に・・・。
しかも、私の中のキノコはスーパーマリオに出てくるスーパーキノコのイメージしかありません。

前は子供が思わず親にねだってしまうような可愛い系キャラも必要だと言ってたが、
描いてしまったのは、思わず子供が泣き出しそうな「デンジャラス・パンダ」。
知らないうちに自分の趣味がじわりと出てきてしまうわ!

Francfrancやunicoみたいなシンプルですっきりオサレな部屋にしたいのに
気がつくと「ぬりかべ」のヌイグルミなど、変な系アイテムが増えている・・みたいな。

これから台風が近づいてきますねー当日は晴れるといいな。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-07 22:55 | 愛知 | Trackback | Comments(24)

名古屋(名古屋駅):コメダ珈琲→サロン・ド・モンシュシュで堂島ロールセット

b0089578_644448.jpg
ETC1000円効果でいつもがら空きの北陸自動車道でさえ、休日は車が走っているそう。
ETCを付けている長靴は取り付けたからには活用しなければ、活用、小林かつ代!
というわけで、日帰り名古屋旅に行ってきました。

日帰りで名古屋だと殆ど名古屋飯を巡る目的に絞られ、
しかもがっつり系中心に計画が練りあがるので、オサレ系は蔑ろにされがち。
それならばモンシュシュ・サロンに開店と同時に入って、堂島ロール朝定食を食べに行こう!
と早朝から出発して、9時過ぎには名古屋駅地下街に潜入。

しかし、甘味が苦手な長靴は堂島ロールは食べられない。
なので先に長靴用の朝ご飯はコメダ珈琲(エスカ店)で名古屋モーニング。
コーヒー1杯に付いてくるトースト半分&ゆで卵。
すぐに堂島ロール食べるはずの私も何故か食べている事実、プッ。
b0089578_6441511.jpg
ミッドラランド・スクエア地下にあるサロン・ド・モンシュシュ
ヨーロピアンな家具が揃ったエレガントな空間のサロン、ミッドスクエア限定のデセールも頂ける。
10時開店だが30分前に行くとすでに行列が出来はじめていた。
でも、こんなことでは動じないわ、堂島ロールだけに。

並ぼうとすると堂島ロール購入者用、サロン用と列が分かれていたので、
「向こうに並んで」と長靴をサロン用に並ばせる、私はお土産用の堂島ロール列に。
サロン列は女性達ばかりの中でおっさん1人が並ぶ図。

開店時間にはロール待ちはかなりのすごい行列、1人で6本も買う人がいたりして
連休だったし、1日限定うん百個は午前中にはなくなってしまうのではないか?という勢い。
私はプリンセスロールと迷ったけど、普通の堂島ロールを1本ゲット。
サロンは席が少ないので即入るならやはり並ばねば。
b0089578_6442720.jpg
長靴の注文したアイスティーには、店頭でも売られているバームクーヘン、
堂島ストーリー(いちご)が付いてきました。
長靴は甘味が苦手なので、バームクーヘンはもちろん私が頂戴した。
お前のものは俺のもの。 俺のものは俺のもの by ジャイアン
堂島ストーリーはしっとりとしてほのかな苺味がおいしゅうございました。
b0089578_6443930.jpg
季節限定のプリンセスロールはサロンの中でカットケーキとしてメニューにあると思っていたら、
なんと店頭での1本買いしか出来ないという・・あぁ勝手な思い込み・・もうあの列に並ぶ気はしないし。

気をとりなおして、堂島ロールとお好きなケーキのセットを注文。
堂島ロール&オランジュパッション、乙女はケーキ2個が基本。

以前、地元のデパート催事の際に頂いて食べたことのある堂島ロール。
スポンジ、生クリーム共に濃厚な味なので美味しいけど1切れで満足だわ~。
もう一つのオランジュパッションはオレンジババロアにパッションフルーツのジュレを合わせた
酸味のある爽やかなケーキなので、濃厚なロールとの組み合わせに丁度良かった。

その後、地下のDEAN & DELUCAでマンゴー&バナナのジャムとチリパウダーを買った後、
ジャム裏のシールを見ると、なんと製造が地元のケーキ屋さんだった!
ケーキ屋さんが悪いわけじゃないが、お土産気分はいささか崩れたりして・・・

そうこうしているうちにお昼ご飯の時間に近づく。
日帰りは時間が貴重なので次の予定地に移動しなければ。
お腹の都合はどうとでもなるので。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2009-10-05 12:45 | 愛知 | Trackback | Comments(26)

名古屋(名駅):スパゲッティーハウス「ciao」(あんかけスパ)

b0089578_0592330.jpg
今まで名古屋で食べた名物といえば、手羽先、味噌カツ、味噌煮込みうどん、きしめん、
お倉トースト、どて煮、名古屋コーチン、台湾ラーメン・・とかなり制覇してきたつもりだが、
アレをまだ食していなかったことに気付く。アレとはあんかけスパゲティー

もちろんガイドブックに紹介されてるし知ってはいたが、今ひとつ乗り気にならなかった点、
それはランチにパスタだけじゃお腹が膨れない!
元々パスタ大好き、トマトソース萌え!なんだけど、パスタランチだと
「メインもあればなぁ」と、胃袋だけイタリア人並みで、艶女(アデージョ)よりも腹女(ハラージョ)

そのような理由で水面下で、朝食あんスパ計画を練ってみたものの
早朝あんかけスパやっているところが見つからず・・・。
いや、その前に「ちょっと食いすぎじゃないか?」「何を今更・・」という軽い揉め事の後、
お昼はあんかけスパゲティーに決定。
朝食で私だけがシロノワールを食べているのはお腹の隙間を埋めるためでもあり。

前日に別れたアポーちゃんに教えてもらったスパゲッティーハウス「ciao」(チャオ)
名古屋駅近くのビル地下にあり、お土産買いで駅近辺に立ち寄るので都合のよい場所。
あんかけスパの元祖は「ヨコイ」というお店で、ここはその双璧をになう「ciao」
その場所のよさもあってか、ランチ時はほぼ満席。
b0089578_0594245.jpg
ミラカン(長靴の注文)
長靴が注文したミラカンはあんかけスパゲティーの基本的なメニュー。
「ミラネーゼ」と「カントリー」の頭文字を足して「ミラカン」と呼ぶらしい。
野菜トッピングがカントリー、肉トッピングがミラネーゼ。
私は断然、ミラネーゼねっ!!肉なしなんてイラネーゼ!!

肝心なるあんかけスパなんだけど、トマト風味の辛味のある胡椒がきいた味で
あんかけ風なのでとろみがある。初めて食べる味だけど、結構いける。

で・・・お昼にスパだけなんて、胃袋が何か言っていたようだけど、
ここのお皿は写真で写っているよりもずーっと大きくて、何よりも麺が太い!
通常のパスタの麺よりも太いばかりか、モチモチとしてるので腹もちがめちゃくちゃよさそう。
というか、テレビで見た有名な「喫茶マウンテン」のスパも結構太そうだったような。
名古屋で売っているスパゲティーは太いのがデフォ?
b0089578_10077.jpg
バンティエラ(私の注文)
アントニオ・バンデラスと何か関係が?と錯綜するような名前の品(バンだけ)
イタリア語で「旗頭」と意味だそうで・・まだこのメニュー名の真意をつかめてないわ。
基本のあんかけソースの上には野菜とお肉が混ざったオムレツ(チーズ入り)。
チーズの入ったオムレツをソースにからめて食べるととってもナイス。

「これってお腹膨れるね・・」
モチモチスパ攻撃を受けてかなりダメージを受けてきたサカナスキーの長靴。
カントリー+ミラネーゼ+あんかけの三重奏に取り組んでいる間、他の人の動向も気になる。
右のテーブルを見れば、大盛り注文をする人。
タベラレネーゼ!!
左のテーブルを見れば、グラタンスパ(やたら量が多そう)を食べている人。
シンジラレネーゼ!!

あんかけ太スパの術中にはまったのか、もう食べられないと宣言。
私がミラカンの残りと自分の分のバンディエラをしっかりいただきました。
密かにほくそえむ私だったが、この後オヤツにマウンテンの「甘口抹茶小倉スパ」
食べに行く予定だったのに消滅してしまってショック。。

その後は八丁味噌トンカツソース、などお土産も濃いものを買いまくりました。
とかく名古屋名物は味が濃いイメージがあるので、
好みはハッキリと分かれるだろうけど私はかなりハマッた方。
恋バナなんかより、濃い腹が主流になるいつも通りの旅でした。

名古屋の旅オワリ
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-12-01 16:46 | 愛知 | Trackback(1) | Comments(24)

名古屋(栄):コメダ珈琲で名古屋モーニング(喫茶店)

b0089578_17433031.jpg
「名古屋の朝はコメダから始まる」と「京都の朝はイノダから始まる」のコピーを思わずパク子さんしてみたが、案外それも嘘ではない愛知発祥の喫茶店チェーン店コメダ珈琲
ログハウス調の店内は昔なつかし喫茶店の面影を残し、最近では店舗をじょじょに増やし
今年は東京23区にも進出したとか。(写真は栄4丁目FC店)
b0089578_17434252.jpg
ドリンク類をオーダーするとパン・ゆで卵などが自動的に付いてくる名古屋モーニング。
喫茶店激戦区である名古屋モーニングはサラダも付いてくるとかなので、
コメダのモーニングはややシンプル。

いまや喫茶店よりもカフェが主流の時代ではありますが、昔風の喫茶店って私は大好き。
学生時代や社会人になってもよく食べに行っていたもので、
ミートソーススパ、ハンバーグドリアなどばかり注文して山菜スパって何?状態の
コッテリーナヤング編を築いていた喫茶店荒らしでもありました。

関係ないけど、最近昔よく読んでいたゲームセンターあらしの続編が出ているそうで、
あらしが成長して株トレーダーとなった「サラリーマントレーダーあらし」に興味津々。
b0089578_17435726.jpg
アイスコーヒー
私が注文したアイスコーヒーに付属して付いてきたゆで卵とトースト半分。
ジャムはサービス、追加料金で名古屋フードの小倉トーストも食べられたような。
銀色のカップがまた懐かしさをそそるわ~。
山の頂上からパーコレーターで沸かしたコーヒーを飲んでいる気分(だがアイス)
b0089578_17441388.jpg
ミニシロノワール
モーニングだけにすればいいもののコメダの名物を注文するのはお約束。
しかし、レギュラーサイズではなくミニを注文したところで微かな乙女心を察知して。

温かく甘口のデニッシュの上にソフトクリームを載せたデザート。
前に別のコメダに行ったときはソフトではなくアイスだったので基本シロノワールが食べれて感激。デニッシュにはハチミツもかけていただく。

さて、いつも都会に出てきて気づく事の1つに外国の方の従業員が多いな~とよく感じますわ。
世界の山ちゃんでも、コメダ珈琲でも主に中華系の人をよくみかけます(名札などで)。
北陸ではそんなにみかけないような気がするのは田舎で寒いからかしら。

で、これらの名古屋モーニングをハグハグといただいている間に
私たちのテーブルの隣に中年男性2人組が着席。
すぐさまお水を持っていった中華系店員は、私のテーブルに注文しにきた時も
少し日本語はまだたどたどしかったおねーさん。

それを知ってか知らずか、この中年男性組は
「え~名古屋モーニングってトーストとかゆで卵とかつくの~?」
「どのドリンクでもいいの~?何にしようかな~?」
「何がおいしい~?」
と立て続けに質問を浴びせ続け、おねーさんはおろおろして困っていた様子。

というか、延々とメニューを眺めておねーさんを待たせていたので、
注文が決まってから改めておねーさんを呼ばんかい!
と心がボルケーノ状態になっていくのを感じていたけど、実はKYさんというよりも、
この女の子と喋りたい満載のねっちりトークを感じていたことがボルケーノの原因だったのね。

この日もスカート、ヒール靴のアデージョ姿でしたが、思わずヒール役に変わりそうな朝でした。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-11-28 16:55 | 愛知 | Trackback(2) | Comments(26)