カテゴリ:お土産・お取り寄せ( 6 )

東京(吉祥寺):小ざさ(おざさ)幻の「小ざさ羊羹」と「最中」

b0089578_15104987.jpg
去年の東京出張の際に、相手先の方がお勧めと連れていってくれた吉祥寺の、小ざさ(おざさ)
R吉祥寺駅北口から徒歩で1分ほどの商店街内にある1951年創業の和菓子屋さん。

扱っている商品は「羊羹」と「最中」だけを製造販売と非常にシンプル。
羊羹は1日150棹の限定販売(1人3棹まで)なので早朝から並ばないと入手するのは困難な幻の品。

午前3時から並ぶ人もいるということと、しかも40年間行列が絶えないというのだからすごいです。
さすがに早朝から並ぶことは出来ないので、午前中に伺うと最中は販売していたので購入。

その最中も午後には売り切れてしまうそうですが、ネット販売もしているのでハードルはそう高くない。

機会があったら挑戦してみたいが、県外の自分には縁がないだろうな~と思うことから根性なし。
口に入ることはないと、最初から諦めておりました。

が!ある夏の日の早朝、知人から「午前4時から小ざさの前に並んでいるけど羊羹いる?」とのメッセージ。
うおーー何という棚からぼた餅、いるいるいります!と三つ返事で購入へ。

その後、整理券配布から販売開始の10時まで何時間待ったんだろう。
数日後、幻の羊羹の現物がはるばる東京からやってきました。

b0089578_15105566.jpg
折角なので前回食べて美味しかった「最中」も購入してもらいました。

小豆餡×5、白餡×5、10個の箱入り
b0089578_15110101.jpg
独特な形の皮は口に入れやすい大きさで、さっくりとした歯触り。
小豆あんは小豆の形も残りつつなしっとりしたほどほどな甘さの素朴な味。
白あんは瑞々しく自然な甘みでこれまた美味しい。
b0089578_15110722.jpg
後日、あるお店で友人を伴い、持ち込みした羊羹をお店の人も交えて試食会。
地元の某老舗和菓子店の羊羹と味の違いを比べてみました。
b0089578_15111229.jpg
左の地元の羊羹は色からして重厚感溢れる見ため、切る時に抵抗感を感じるみっちり詰まった餡子。
うん、黒くて艶やかでしっかりと甘くて、これがザ・羊羹と言った感じ。

右の小ざさの羊羹はやや薄めの色合い、味は水羊羹と羊羹の中間の様な瑞々しい美味しさ。
甘さは控えめできめ細かく、丸い柔らかみを帯びた味という印象でした。

私は冷蔵庫に水羊羹やくず餅を常備していて、
夜中に甘い物を食べたくなった時に真夜中の水羊羹食いをするほどの水羊羹好き(特に最近)

なので、小ざさの羊羹はまた食べたい!と思わせるような味でした。
夫は地元のどっしりした羊羹の方が好みだそうで、人の好みはそれぞれ。

小ざさの瑞々しい羊羹は日にちをかけることで、また味わいが深くなるということです。
しかし、こんな機会は中々巡ってこないだろうなぁ、ありがとうございました。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-16 23:04 | お土産・お取り寄せ | Trackback | Comments(0)

東京(銀座):イシヤ・ギンザ (ISHIYA GINZA)「サク ラング・ド・シャ」、N.Y.キャラメルサンド oishii

b0089578_16320761.jpg
北海道のポピュラーなお土産として知られる「白い恋人」を販売している石屋製菓。
その銀座シックス直営店であるイシヤ・ギンザ (ISHIYA GINZA)がB2フードフロアにオープンして半年。
さっそく4月の東京遠征の折に立ち寄ってきました。

でも、店頭のどこにも「白い恋人」らしき説明はないので、パッと見分からないかもしれません。
高級感あふれる箱を眺めつつ、店員さんの説明でやっとその関係性を知った私。

銀座シックス限定のお菓子が並ぶ中で、白い恋人に形状が似た6種類のラングドシャーの内
「ジャンドゥーヤ」を購入してきたけど、そのハイレベルな美味しさに驚き。

また食べたいという思いから、また買いに行こう~と軽く思っていたら、
その後、人気が出すぎて開店後にすぐに売り切れというとんでもない事態になっていることをネットで知る。

これだから都会は怖いわ・・ならば気合い入れて開店と同時なら手に入るだろう。
と、開店前から銀座シックスに並んだのですが、扉が開いた途端殆どの人がドドーッと地下に向かうという・・危機感。
皆同じ目的かぁー!!!どうやらそのようです。

ISHIYAの店舗前には直接並べず、B2フロアの端に行列を管理して整理券を渡して10人づつお店に誘導、ひぇー。
生産が追い付かず久しぶりの販売だったのでこんなすごいことになってました。

そのお蔭で一番人気の6種類のフレーバーが入ったsaguアソートを買うことができました。
この水色の地に花柄の箱が目印、他のフレーバーはそれぞれまた違った柄で素敵です。
b0089578_16323907.jpg
・北海道チーズ(黄):ゴーダチーズとオホーツクの塩を利かせたチョコにレモン風味のラングドシャ
・北海道ワイン(赤):北海道産ワインのチョコにぶどう風味のラングドシャ
・ビター(黒):2種類のクーベルチュールをブレンドした苦味のあるチョコとチョコ風味のラングドシャ
・ジャンドゥーヤ(茶):チョコとランドシャの両方にトルコ産ヘーゼルナッツが入っている。
・ハイミルク(青):北海道ミルクのチョコとシンプルなラングドシャ
・抹茶ミルク(緑):ホワイトチョコに西尾の高級抹茶を加えた抹茶ミルクと抹茶のラングドシャ

中身を出して並べてなくてごめんなさい的な。
北海道チーズは甘いのと塩加減の両方でチーズの風味が強くておつまみ感覚。

ラングドシャのほどけ具合がなんとも絶妙なんですが、
ジャンドゥーヤが香ばしくて美味、前回も購入したけどこれが一番私は好きだなぁ、次点は抹茶。

夫はビターが一番好きで、次点はジャンドゥーヤ。
よし、次回買う時はビター、ジャンドゥーヤ、抹茶狙いかな。
その時までに人気が落ち着いていればいいのだけれど。
b0089578_16340845.jpg
同じくB2フロアのオリジンヌ・カカオ 銀座店 で購入した焼き菓子たち。
自由が丘のショコラとパティスリーの専門店ですが、気温が高かったのでチョコとケーキは遠慮して焼き菓子だけ。
ケークオランジュ、マドレーヌ、ガレットショコラ、キャレテヴェール
b0089578_16330927.jpg
友人が東京駅「大丸1F」で大行列を生み出しているスイーツがある、というのでこちらも購入。
多少の行列は慣れっこになってきたこれが東京クオリティー、N.Y.キャラメルサンド
b0089578_16333990.jpg
クーベルチュールチョコレートで生クリーム、黒糖で焼き上げたキャラメルをつつみ
バターたっぷりのクッキー生地でサンドしたN.Y.キャラメルサンド。

常温で食べると中からとろ~~っとキャラメルが溶けだしてきて、
間のチョコの味わいと共ににクッキーもバターたっぷり高級感があって全体的に濃厚で美味。

しかし、この時は真夏だったので部屋に放置したらチョコが溶けると思い、冷蔵庫へ。
するとキャラメルが固まってとろ~っとしないので、美味しいけど少しテンションが下がる。

なので冷蔵庫で保管しておいて、食べる時は出して少し時間を置いてから食べてました。
真夏は仕方ないよね。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-15 23:35 | お土産・お取り寄せ | Trackback | Comments(0)

東京(銀座):空也の最中、(阿佐ヶ谷):うさぎやのどら焼き


b0089578_09251688.jpg
先日の東京記事にて銀座周りだったので、通りがかりにダメ元で「空也」に 立ち寄ってみたけれど、
予約必須の通り、当日買えるどころかお店前のカレンダーには一か月先もバツマークが付いていた。

さらに宿泊先が阿佐ヶ谷だったので、ならば阿佐ヶ谷の「うさぎや」でどら焼きを買おうと思い、
用事が終わった夕方にお店に電話をかけると売り切れ、しかも翌日は定休日ときて買えず仕舞い。

まぁそう何でも都合よく手に入るわけもなく、オーストリア菓子が買えたからいいじゃないかいいじゃないか
とおさまってから一か月強、上司が出張の前に予約を入れて「空也」の最中と「うさぎや」のどら焼きを買ってきてくれました。

あ、もちろんお代は支払っておりますが、前に買えなかった話を聞いていてのこの対応、神すぎます。
b0089578_09251900.jpg
東京のどら焼きを代表するお店の1軒である「うさぎや」、上野のうさぎや、日本橋うさぎや、阿佐ヶ谷うさぎや
の3系列があり、それぞれ経営は別々の独立したお店です。

上野と日本橋のはが何度か買ったりお土産に頂いたりと食べる機会があったのですが、
阿佐ヶ谷店だけ食べたことなく念願の3店舗コンプリート、ありがとうございます。
b0089578_09252387.jpg
夏目漱石の「吾輩は猫である」に登場する歴史ある和菓子屋さん「空也」、
空也餅は限定販売なのに比べて空也最中は通年販売なので予約必須とは言えまだ買いやすいですね。

小ぶりサイズで口に入れるとサクッとして焦がしたもなかの皮がほんのり香ばしい。
中は優しい甘さの粒あんがたっぷり、量産すると味が落ちるからと1日の作る量も決まっている。
歴史がある分余計に感慨深いものを感じました。
b0089578_09252631.jpg
どらやき

生地がきめ細やかでふわっとしていてしっとり感があり、餡はそこまで甘くなく小豆の粒がよいバランス。
これは2つくらいは軽くパクッと食べられそう。
一度、上野と日本橋、阿佐ヶ谷と同時に食べ比べてみたいくらい、どちらにせよ美味しかった。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-05-11 23:52 | お土産・お取り寄せ | Trackback | Comments(0)

北海道のお土産(えびそば一幻、けやき、マジックスパイス、ロイズコラボ堂島ロール)

b0089578_11081533.jpg
北海道出張後から一週間は自宅用のお土産によって夕飯は賄えていたと思う(おかずは他にもあるけど)
お土産勝負は空港とクーラー バッグ 持参とやる気満々な私がまず訪れたのは北海道の海産物会社で有名な佐藤水産

海産物やその加工品が所狭しと並んでいるのですが、時期的に時シャケの切り身があったので自宅用に購入、さすがに塩水雲丹は手が出ずだったが。

情報提供者により一番のおすすめは鮭ルイベ漬け、鮭の醤油漬けにプチプチいくらとご飯の共やお酒のつまみにぴったり。
写真はないですがトロッとした鮭が病みつきで通販で取り寄せたいほど。

そして北海道と言えば定番のいくら醤油漬け、魚卵LOVE子としては外すことのできない品。
あったかご飯にのせるだけで、その日の食卓は幸せに包まれました←主に私
b0089578_11081948.jpg
北海道ではラーメンも巡りましたが、お店で食べたあの味をもう一度とえびそば一幻
お土産屋さんで販売している生麺タイプ、海老油も入ってます。
海老の香りが強く漂う海老しお風味、中々再現性は高めだと思うのでオススメ。
b0089578_11082217.jpg
続いてお店で食べたあの味を第二弾はすすきので食べた味噌ラーメンのけやき
こちらも上と同じくお土産屋さんで手に入る生麺タイプ。
二つのうち1つがバターコーン入りで、上の画像はさらに自分で足してます。
味噌の甘みやコクが感じられてなかなか美味しいのですが、お店で食べた印象がかなり良すぎてそこまでにはいたらない感想、実店舗の方が美味しくて当たり前なのだけども。
b0089578_11082681.jpg
スープカレー部門は店舗には足を運ばず、名前だけ教えてもらっていたマジックスパイス
北海道の別の店で食べたスープカレーよりも見た目から薄くてカレー味の野菜スープのような。
お店に行ってないので比べようがないけど、スパイスは名前通り結構効いてました。
スパイシーなスープではあるものの辛さは今1つ、コクのあるスープカレーの印象は薄い。

b0089578_11083168.jpg
生ものなので手渡し難易度レベルが高いケーキ類、その中でも自宅用に購入したのは、
シャンティモンシェールのロイズ&モンシェール・堂島プリンスロール。

ロイズのチョコを生地とクリームに使った堂島ロールとロイズの限定コラボロール。
2つのブランドの夢のコラボ!最強コラボ!なんでもいいですけど、帰宅後の疲れた体へカンフル剤。

濃厚だけども濃すぎなくて滑らかなチョコクリームと軽くてフワフワのカカオ味のスポンジ。
新千歳空港限定というのが、限定品オタクの心をくすぐりスイーツ好きなら満足出来るはず。
b0089578_11083898.jpg
これは最近ローソンで発見したえびしお一 幻の日清から発売されているカップ麺(ローソン限定)
ストレート中細麺に具はチャーシュー、ネギ、海老揚げ玉。
スープはえびしおだけどもトンコツが入った(そのまま)ではなく(あじわい)の方なのかな。
その方が受けも良いかと思われる、海老の香りと旨味がお店のものとは言わなくても、カップ麺としては中々楽しめる味でした。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-09-13 23:58 | お土産・お取り寄せ | Trackback | Comments(0)

東京(葛飾区・青砥駅):杉戸煎餅(折原商店)和菓子・せんべい

b0089578_16412144.jpg
午後からの予定は当初の計画では「下町を巡る」予定だったが、肝心のどの町かが旅行前までなかなか決められずにいた。
するとお土産を選ぶ段階になって、どーしてもこれを買わねばなりません!な品が出てきたので、
その店がある駅の沿線上の観光場所を探すことになった、やはり興味という名の宇宙は食べ物を中心として回っている。

そのお土産を買う店は杉戸煎餅、葛飾区で創業85年以上のお煎餅屋さん、200種類もの煎餅、あられ、駄菓子を販売しており、
特に約3週間かけて作った生地を揚げて作った「揚げかき餅」が人気と、TVで芸能人ご用達と放映されていたらしい。

そこの「揚げかき餅」をどーーしても買わねばなりません!状態になっているので、さっそくLet's Go!
場所は葛飾区の青砥駅で、上野から京成電鉄で到着もしくは都営地下鉄浅草線・押上線により到着。

青砥駅で下車するのなんて初めてだわ~高層ビルなどなくごくごく一般的な駅の1つな印象。
改札口から徒歩で2、3分という近距離にお店を発見、普通なら通り過ぎてしまいそうなほど下町の問屋さん的な外観。

外に配置されている段ボール箱にはセール物の煎餅は駄菓子がいっぱい、さらにお店の中に入ると店中の棚に煎餅が山積み。
その種類も数えきれないほど豊富で、杉戸煎餅以外のメーカーのお菓子も棚にぎっしりと埋まっている。

お店の隅にはまるで置物のように座布団に座ったおばあちゃんが煎餅の選定をしていたり、
頭に三角巾を被った女の人たちがセッセと煎餅を袋詰め作業をしていたりと、工場と販売を同時に行っている。

b0089578_10141935.jpg
私が購入したのはもちろん一番人気の揚げかき餅で、しょう油、塩、胡麻、ウニ、カレー、固揚げの6つ、1つ390円。
他にもマヨネーズ、和風カレー、スパイシーカレー、激辛わさび味、海苔、明太子・・・など揚げかき餅だけでも全種類が分からないくらい。

分かりやすい包装の揚げかき餅を幾つか把握するのは精いっぱいで、普通のおかき・駄菓子を入れたら200種類というのも分かる気がする。
しかし、ここから下町散策に向かうのに煎餅持ちではかさばり過ぎると、全員分をまとめて段ボールに詰めて郵送手続きさせてもらいました。

私の一番のおススメはしょう油、ざっくりと歯ごたえのある素朴な噛みごたえなのに、しょう油の香りと油が染みて何とも美味しい。
ハマりだすとほんと食べる手がやめられない止まらない!で、買ってきたメンバー全員が満足、そして食べた家族も大満足。

三角巾を被ったおばちゃんが店を出た私たちを追いかけてきて、どうしてこのお店を知ったの?と聞いてきた。
テレビで見たんですよ~と言うと嬉しそうにありがとね~と、人情溢れる笑顔にほっこり。

美味しいのでまた買ってきてくれ~と言われてますが、そうそう青砥駅には行けませぬ、そして通販は現在休止中。
今週、東京出張を控えている職場の人に青砥行きませんよね?行かんわ!と即反しが来たので、しばらくは思い出に浸るだけにしよう。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2015-04-19 17:58 | お土産・お取り寄せ | Trackback | Comments(0)

東京(世田谷区等々力):オーボンヴュータン(AU BON VIEUX TEMPS)のプティ・フール・サレ

b0089578_16452543.jpg
夏のカフェ巡りにて、雑誌が設置されているお店では、お互いに雑誌を読みふけっているのだが、ハッと気づくと食べる物に関する雑誌ばかり選んでいるような(確信犯)。

で、気になる視線は人気のおもたせベスト10!その1位に輝いていたのが、
オーボンヴュータン(AU BON VIEUX TEMPS)のプティ・フール・サレ

うわぁ、食べたいっ!しかしここは金沢、お店は東京、すぐ行く予定もなし。
すると日ごろの行いが良いのか、職場の上司が東京に行く用事があるという。

いつも出張時にはお土産を買ってきてくれるので、あくまでもさりげなく、ごり押し風に
「オーボンヴュータンがお勧めですよ~テヘッ」と、上司をパシリにつかう作戦。
だが、そう無理強いも出来るわけでもなく、他の推薦も幾つか追加。

そして数日後、上司からの連絡。
オーボンヴュータン尾山台本店は世田谷なので無理だが、
日本橋高島屋店ならその近くに行く用事があるので行けるという・・・なんと、神からの啓示か!?

またまた数時間後、上司からの連絡
日本橋高島屋店にプティ・フール・サレがなく(売り切れ?世田谷限定?)、
尾山台店本店から取り寄せて、後で郵送してくれるよう手配したとのこと。

職場へのお土産は個別包装で分けれる焼き菓子セットを買ったそうで、
そして私個人だけ別注文(パシリと言う所以)のプティ・フール・サレは後日郵送。

写真ないんですが、焼き菓子セットは、ガレットブレトンヌ3個、アルザシエン2個
ガレットドフィノワ4個、ヴィジタンディーヌ5個、計14個入り。

私が食べたのは一番大きなガレットドフィノワ!クルミのヌガー入り焼き菓子。
大きなつづらを選んでしまう、欲張り爺さんですが何か!?

で、後日配送されて受け取った「プティ・フール・サレ」
白ごま、黒ごま、グリュイエールチーズの3種類のトッピングに分けられたスティックパイ。

俗に言う甘くないパイで、塩気を感じるスイーツは甘いもの苦手な人にもお勧め。
口に入れた途端、サックサクでかる~い食感、バターの風味もいい。
白ゴマ、黒ゴマ、香ばしさも微妙に違うけど、濃厚なチーズが一番好みで減りが一番早い!

甘くないのでお酒の場のお土産にも最適で、おもたせ人気も納得!
さて、次は出張に向かう上司に何を頼もうかな・・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2013-09-19 01:37 | お土産・お取り寄せ | Trackback | Comments(0)