カテゴリ:徳島( 1 )

徳島(徳島市):いのたに(徳島ラーメン)、ニュー白馬(お好み焼き)

b0089578_16402595.jpg
お腹のランチ時計が鳴り出す頃、うどん国香川の県境を越え徳島県に移動。
今回私にとってお初な四国、徳島県もまた初めて足を踏み入れた場所なのだが、
見事なほどに何故かうどん屋は少なく、その代わり目立つのがラーメンの看板。
やはり隣の県同士だとライバル心ありで郷土料理もそれしかりなんだろうか。

徳島県のB級グルメといえばB級グルメ本の受け売りだけど「徳島ラーメン」
地元では中華そばと言われており、スープは豚骨ベースの濃厚醤油。
具には甘辛く煮込まれた豚バラ、プラス生たまご。
濃厚なのでご飯と一緒に食べるものだそう。
そんな知識を蓄えて、一行は中華そば・いのたにへ。
b0089578_16423145.jpg
ちょうどお昼時だったせいか、豚バラとかけてトンでもない行列。
こんなに人気なのも昔からのお店で徳島ラーメンの草分け的な存在と、
新横浜ラーメン博物館にもお店があって全国区なせいなんですね。

私は新横浜ラーメン博物館はまだ未訪、前に出張で横浜に行った時は中華街にすっ飛んでってしまったし、一度は行ってみたい気はするけど。
食券を購入してから座席の後ろにずらっと並んだ人たちを、おばちゃんたちが空いた席から順番にテキパキとさばいていく。
b0089578_1645910.jpg
中華そば肉玉入(中)
卵は別売りだけど、入れる人が圧倒的に多し。
スープは色よりはややすっきりしてる印象だけど醤油の味がかなり濃い目。
中太麺の麺はほどよい堅さで食べやすくなかなか好きなラーメン。
卵をくずすとマイルドになり、甘辛く煮込まれた豚肉を一緒にご飯にかけて食べたい!
でも後の事を考えてラーメンオンリー。
b0089578_16463267.jpg
ラーメン屋を出て、すぐやってきた後の事はもちろんランチのハシゴ。
スキー場の民宿を彷彿とさせるお好み焼き屋さんのニュー白馬

何故徳島でお好み焼きの謎をとく、それは金時豆入りのお好み焼きがあるから。
讃岐うどん屋でもみかけた金時豆の天ぷら、四国全体か一部かは分からないが、
徳島ではちらし寿司にも甘く味付けされた金時豆を入れるらしい。
b0089578_16481419.jpg
阿波尾鶏(あわおどり)の塩焼き
徳島地鶏の「阿波尾鶏」は飼育日数(80日以上)が条件とされ、
のんびり育てられるので肉色がこく、コクがある旨味があるそう。
あっさり塩味でいただきます!黄色はすだち。
b0089578_16502361.jpg
鳴門金時と豆のお好み焼き、牛肉と蓮根のお好み焼き
豆オンリーのお好み焼きにするはずが、うっかり間違って(私が)豆・芋入りに。
鳴門金時芋、金時豆、豚、玉子。
甘い金時豆が入ったお味は・・塩味に甘い味で・・これは・・結構いける。
でもなくても別にいいかも(爆)

牛肉と蓮根のお好み焼きは外の看板に記載されていた限定メニュー。
蓮根の歯ごたえがシャキシャキと。
マヨネーズが自家製だそうでまろやかで酸味があって美味しいです。
4人で2つ、多くありませんね?←誰に確認?
b0089578_16512168.jpg
これだけではとどまらず、駅チカお土産コーナーで徳島土産を探していたら
特産品フードについ手が伸びる美人亭3人、ぷっ

私が食べたのは一番したの徳島ソウルフードの「フィッシュカツ」。
太刀魚やエソなどのすり身にカレー粉や唐辛子などを混ぜた魚肉練り物を
薄くのばしてパン粉でからっと揚げたもの。
魚肉の味にカレー風味のピリ辛がなんかクセになりそうな?
ハムカツみたいにB級チックなおつまみ宣言。
b0089578_16521075.jpg
そして徳島名産として欠かせないのが「すだち」。
生のすだちはスーパーでもお土産屋でも高かったので買わず。

すだち酢、すだち焼酎、すだちポン酢、すだちジュース、すだちジャム、すだち醤油
とすだちまみれのお土産になりました(半分以上自分のお土産だったり)
すだち焼酎飲まなくっちゃ~~

しつこいようですが、つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-02-23 12:40 | 徳島 | Trackback | Comments(12)