カテゴリ:石川(金沢)( 1448 )

石川(野々市):ベトナム屋台めし ムサク

b0089578_14383365.jpg
夏になると食べたくなるベトナム料理、7月半ばにとあるSNSサイトにフォーをアップしたところ、
知人が行ってみたい!と出動要請を投げかけてきたので「いつでも連れていくよ!」とエスニック水先案内人のごとく。

そのやりとりに反応した人をお誘いして、雨降る夜にアルコールを我慢した私が運転手として
皆を乗せてやってきました月2回目!ベトナム屋台めし ムサク

その時は裏口から入ったので、翌日の夕方にわざわざお店正面の写真を撮りに行ってきました。
いつも真っ暗闇の中で入ってるから気づかなかった鮮やかな色のムサクの看板。
b0089578_14410208.jpg
いつも2人でしか来たことなかったのでカウンター純情派だった私。
今回は4人なのでテーブル小上がり席へ。

お通しの様に出される軽くてサックリとしたえびせん。
皆さん、それぞれにベトナムビールやベトナムのカクテルなどを頼む中、
運転手な私はお代わり三杯程度までオッケーな冷やしジャスミンティー(各種ベトナムのお茶あり)。
b0089578_14410894.jpg
・チャゾートム
もう何度も同じ文章を繰り返して載せているんですが今回も(笑)私の最初に食べてほしいお勧めなんです。
海老を豚肉と海老のすり身で包み、パリパリ網状のお米の生地で巻いた海老の揚げ春巻き。
スイートチリソースのタレを付けていただきます。

そういえばベトナムの大定番ゴイクォン(生春巻き)はここで頼んだことあったかなぁ。
生春巻きは家でも作っているのでついついチャゾートムに流れてしまうけど、ベトナム料理初心者にはお勧めですよ。
b0089578_14411594.jpg
・ザウムオンサオトイ
いわゆるひとつの「空芯菜のにんにく炒め」、東南アジアや中華など空芯菜炒めはお馴染み。
この空芯菜太っと!でも固くはない、食べやすくて誰にでも愛される味つけ。
b0089578_14412228.jpg
・バインセオ
ベトナム南部の名物屋台料理、バインセオ。
米粉とターメリックの黄色で出来た周りがパリパリになった状態の中身は、もやし・海老・豚肉など。
サニーレタス、パクチー、大葉などの野菜に一緒に包んでヌクチャム(甘酢タレ)につけて食べます。
今回はサニーレタス、パクチー、大葉の他に謎のハーブが・・うーん、これ何だっけ?オリエンタルバジルかな。
聞けばよかった!そうそう、ノコギリコリアンダーの事はこの店で聞いて知ったんですよ。
b0089578_14413156.jpg
・ゴイドゥドゥ
青いパパイヤのサラダ!タイのソムタムみたいね、マレーシアやミャンマーにも同様なものがあるそうです。
酸味と甘みとしょっぱさがベース、ソムタムと違って辛くはない。
パパイヤのしなっとシャキシャキ感の間に甘辛い牛肉が隠れてます。
b0089578_14413832.jpg
・ティットヘオコー
豚に角煮と煮玉子、玉子は一度揚げてから煮てあるようです。
ヌクマム入りのカラメルソースで煮た角煮は日本の味ともまた違っているけどご飯に合いそう。

b0089578_14414594.jpg
・コムザンタップカム
麺は最後に食べるけど、米類メニューのこれも食べて欲しかったので追加。
ニンニク、レモングラス、海老、豚肉、もやしなどが入った五目チャーハン。
上にパクチーはかかっていますが、それを抜かせばほんと普通に五目炒飯の様に食べやすい。
パラッとしたジャスミンライスともやしのシャキシャキ感がいい食感。
b0089578_14415215.jpg
・ガーチェンサー
若鶏のレモングラス揚げ、レモングラスの爽やかな風味が特徴で野菜と一緒にサラダ感覚で。
そういえば、自宅で育てているレモングラスが雑草にしか見えないほど伸びきっているので、ベトナムかタイ料理を作らなければ。
b0089578_14415768.jpg
・ブンサオ
ビーフンの様なベトナム米麺(ブン)を炒めたもの。
海老と豚肉ともやし、卵、豚かす入りの香ばしい焼きビーフン、上にはパクチー。
b0089578_14420291.jpg
・ブンボーフェ
ポピュラーなのがうどんの様な平たい麺のフォー、この店にはフォーボ(牛肉)とフォーガ(鶏肉)がありますが、
今回は太いビーフン(ブン)を使った中部の街フエ名物、ブンボーフェ。
スープの出汁は牛肉、豚足、レモングラスなようで牛のよいお出汁を感じつつもピリッと辛い!
麺はつるつると真ん丸なのよね~別皿のすだちやパクチーなどを入れるとまたさっぱりとして美味しい。
b0089578_14420819.jpg
もう1つの〆はフォーかなぁ?と考えてると壁の黒板に見たことないメニューを発見。
えぇ~牛肉のトマトシチューのフォーにかにだし汁麺って知らないぞ、こんなメニュー。
しかし、いつもカウンターに座ってメニューしか見ておらず、
黒板に背中を向けていたので気づかなかっただけで前からあったのよね、きっと・・・。
b0089578_14421483.jpg
バインダークア
ベトナム北部の港町ハイフォンの料理でハノイでも食べられているそうです。
バインダーは米麺できしめんの様に幅広くコシがあり、
蟹のお出汁がしっかり出ているのでフォーよりもコクがある感じです。

2人だと頼むものがマンネリになりがちなので、いつもと違うメニューが食べられて新鮮♪
カエルのココナッツ漬け唐揚げも密かに食べたかったのだけど、食べれる日はくるのかしら?夫とだと永遠になさそうな。

平日だったからかベトナム人スタッフは少なめでしたが空いていてよかった。
2001年にオープンされているのでもうベテランの域ですね、ベトナム料理発作は時々起こるのでまた食べに行きます~~!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-03 23:41 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(本町):能加万菜 郷(お万菜割烹)

b0089578_12460035.jpg
週末の金沢駅は連休は過ぎたとは言え賑わいは保っていて、私と言えばファイナルバーゲンにしぶとく向かう。
夜ご飯は待ち合わせして駅近くのお万菜割烹へと食べにいきました、能加万菜 郷

その時期の旬の食材で作ったおばんざいがカウンターに10種類以上ずらり。
地元食材の旬を活かした調理法でおばんざいや酒肴、鮮魚料理などを提供するお万菜割烹屋さん。
場所はホテル日航金沢の裏の通りから白髭神社を抜け、焼肉かなめさん横の道を入って金沢ビル・ラン1Fにあります。
b0089578_12514620.jpg
器のほとんどが九谷焼や輪島塗りなど伝統工芸を培った地元作家さんの作品。
利き酒師の資格を持ったすたっふが選んだ県内8つの酒蔵から料理に合う12種類を用意するという日本酒への拘りがあり、
他にもビールと焼酎、ワイン、ウイスキー、サワーなどドリンク類に幅があります。
b0089578_13023240.jpg
・おまかせ八寸
のりちゃんのポテトサラダ、インゲン豆の胡麻和え、お揚げと切干し大根煮、高野豆腐の揚げ煮
手毬り寿し、野菜の天ぷら、加賀太きゅうり
その日のお勧めのおばんざいやお寿司などが盛られたおまかせ八寸。
気軽に少しづつ沢山楽しみたい人にはぴったりの酒肴セット。
b0089578_13053082.jpg
・お造り盛り合わせ
なめら、甘海老、ガンド鰤、さわら、バイ貝、金目鯛
b0089578_13152309.jpg
・生ゆばの自家製ぽん酢がけ
自家製のぽん酢は酸味がやわらかな酢橘の香り。
とろんとした生ゆばをさっぱりいただきます。
b0089578_13192083.jpg
・蛸やわらか煮
ほちゃほちゃでかなり柔らかく煮込まれた蛸。
b0089578_13200004.jpg
・白身魚とモッツァレラのフライ 手作りタルタル
ほくほくの白身魚の間からとろ~りとしたモッツアレッラチーズ。
女性に一番人気というのも分かるかも。
b0089578_13205955.jpg
・毛がに 味噌

b0089578_13212907.jpg
・とうもろこし 天ぷら
本来のトウモロコシの甘さが楽しめる天ぷら、火を通すだけで甘く仕上がるんですねシンプルな美味しさ。
b0089578_13215924.jpg
・鯖のへしこ むすび
お食事メニューは、おまかせ寿司やお茶漬け、お蕎麦など幾つかある中からへしこむすび。
鯖のへしこ(鯖の糠漬け)が点々と入ったおむすびはやや大きめサイズ。
独特の風味と香ばしさとしょっぱさがふっくらご飯と相まって、海苔の風味と共に美味しい!
元々ほかほかご飯との相性抜群だもの、これはお勧め。
b0089578_13231117.jpg
・鴨南蛮そば
続・お食事メニュー、お米を食べたから〆は温かいスープが飲みたいこともあって鴨南蛮そば。

本日のおばんざいからお造り、揚げ物、焼き魚、お肉炭火焼に一品に地元食材をフル活用、
地元作家さんとの饗宴が織りなすおばんざい屋さんはちょっと新しい。

カウンター16席、テーブル28席、半個室12席の最大56名収容可能で、
少人数の観光客から飲み放題付きの宴会プランもあるので大人数の宴会利用まで幅広く利用できます。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-08-02 23:14 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(新保本):麺屋 夕介 「冷やしレモンラーメン」

b0089578_16350355.jpg
夏に美味しい冷たい麺、猛暑でも食が進みますよね。
今夏の為に自宅に用意した素麺は、薬味たっぷり喉越し涼やかでどんどん減っていく。

他にも結婚式のビンゴで当選したうどん1箱、お蕎麦1箱(軽井沢で購入した胡桃つゆ使うぞー)を頂くなど、
冷たい麺を食べて涼しくなれ!と消費へのフル回転がこれでもかと続く。

もちろん、外でもこの季節は熱い麺より冷たい麺になびいてしまう。
レモン、オレンジ、柚子などのシトラス系好きな自称シトラシーナ、納涼ラーメンを味わう為に麺屋 夕介

・冷やしレモンラーメン
7月に温かいレモンラーメン出ていましたが、それは食べず冷たい麺の登場を待っていました。
具材は輪切りのレモン、鶏のひき肉、ねぎ、玉ねぎ、塩レモン。

さっぱりした中に旨み溢れる清湯スープ、それにレモン汁が染みわたっていって酸味と共に増す清涼感。
するするとしたのど越しの細麺が合っていますね。

あまり酸っぱいのが好みでない人はそのままで食べるのがよろしいが、私はお箸でグイグイとレモン汁出しまくり。
最後までレモンをガジガジかじって残骸にして後を去るスッパマンなのでした。

*8日(火曜日)で終了予定だそうです

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-29 23:35 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(袋町):Graceful granola(グレースフルグラノーラ)「瀬戸内レモンとベリーのグラノーラ」 oishii

b0089578_14120007.jpg
朝食の定番はミキサーで作った野菜ジュースだったはずが、ミキサーを洗う手間が面倒だった日が続いて
そのままフルーツとトマトを食べる日が続いています。

今は朝からスイカ、桃、スモモ、マンゴー、バナナ、トマトなどを日替わりで食べていて、
フルーツの自然な甘みと清涼感が身体に染みわたっていく快感を味わってる夏。

他には穀物が食べたい時もあるので、簡単お手軽なグラノーラも常備。
金沢駅の100番マートやめいてつエムザ地下のカジマートでいつも購入している
グラノーラ専門のGraceful granola(グレースフルグラノーラ)さんのグラノーラ。

お店のFBで7月10日に新発売の「瀬戸内レモンとベリー×2グラノーラ」、
柑橘類好きとしては酸味アンテナにビンビン引っかかりまくり。

スーパーではすぐに手に入らないと思い実店舗に行ってきました。
武蔵ヶ辻の「かなざわはこまち」さんの丁度裏手にあるお店は、車では何度も前を通ってて今回初来店。
b0089578_14120679.jpg
コンセプトは「日本で一番おしゃれで美味しいグラノーラを目指して」金沢から発信!
あ、やっぱりスーパーでは見かけないグラノーラの種類が幾つもある。

オートミールはアメリカの老舗「クエーカーオーツカンパニー」を採用。
カナダ産メープルシロップとアルゼンチン産れんげの蜂蜜、国産のきび砂糖で味付けしているそうです。

「甘すぎない」「小麦粉や全粒粉を使わない」という2点に拘り、
ナッツ、ドライフルーツ、オイルにいたるまで天然の素材の良質で身体に良い物を使用しているのだとか。

パッケージを見て気になったものは気軽に試食も出来るので、好みの味を絞ってお買いものできます。
とは言え、自分が予め予定していた瀬戸内レモン&ベリーの他に
オリジナル、フルーツ、ナッツ、アールグレイ、コーヒー、シナモンアップル、トロピカルココナッツ、
スイートカカオ、丹波黒豆と黒糖くるみ、三河みりん粕と選ぶのに迷ってしまう。
b0089578_14121264.jpg
今回購入したもの
・瀬戸内レモンとベリー×2グラノーラ
・コーヒー
・三河みりん粕
・瀬戸内レモンピール

少し前に瀬戸内レモンピール入りのレモンケーキをお取り寄せしていたのもあって、瀬戸内レモンのピールにも反応。
通常のレモンピールと味比べすると瀬戸内レモンは柔らかくレモンの風味も優しくジューシー。
三河みりん粕は能登塩を吸買ったちょっとおかずっぽい甘みのある和の味のグラノーラ。
b0089578_14121815.jpg
こちらは前に購入していたgragraオリジナル。
ドライクランベリー、ドライリンゴ、かぼちゃの種、アーモンド、カシューナッツなど、
ナッツとフルーツがバランスよく入ってます。
b0089578_14122475.jpg
・瀬戸内レモンとベリー×2グラノーラ
ベリー数種類と瀬戸内レモンのピール、それよりも何もオーツ麦がレモンの酸味で酸っぱい。
麦にはレモン果汁にオーガニックレモン、ラーレリのレモンと一緒に搾ったエクストラバージンオイルを使用しているとのこと。
酸っぱいグラノーラって珍しいかも、私のようなレモン風味が好きな人にお勧めです。

いつもは豆乳かアーモンドブリーズに浸してグラノーラを食べますが、
これはこのまま食べる方が私は好きかな?液体に酸っぱさが染みだすのでそれは好みですね。
あ、それならヨーグルトをかけてもいいかも、グラノーラを巡る朝の小さな探求。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-26 23:12 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(玉鉾):自家製麺のぼる 「ひやし」

b0089578_12355440.jpg
春先から育て始めた我が家のハーブ花壇、パクチー、バジル、大葉、ディル、イタリアンパセリ、タイム、
オレガノ、ナスタチウム、ローズマリー、レモングラス、セルバチコ。

セルバチコと気温の上昇によりぐんぐん育っていましたが、一番需要がありそうなパクチーが枯れちゃって。
大葉やバジルがわんさか茂っているので、日々何かしら料理に使っています。

レモングラスがただの必要ない雑草みたいに伸びてきているので、タイ料理でも作らなくては。
オレガノなんかは乾かしてドライハーブにとただ今ハーブ熟女真っ盛り。

ハーブと言えばラーメン屋さんだけどエスニック大好きな自家製麺 のぼるさん。
夏の冷たい麺が出たので行ってきました。

土曜日にしては外待ちがいない12時頃、先の人達が「ひやし」の連続注文の後にのぼるさんが出てこられて、
ちょうど私で終わりだと!後の方々はちびまるこ顔に縦線入ったように一応にショック。
1日20食程度なんだとか。

・ひやし
メニューにある「シャモ&コーチン」の清湯スープと煮干しを中心にウルメ・サバ・目近節で獲った魚介スープとブレンド。
醤油ダレは大野の生醤油をブレンド。
去年よりもスープにとろみがある感じは鶏スープの影響なんだとか。

煮干しはそれほど強くない和の風味と冷たすぎないスープが、さっぱりしてまろやかな口当たり。
トッピング:鶏チャーシュー、豚チャーシュー、葱、メンマ、岩海苔、フライドオニオン。

あっさりしてるけどフライドオニオンで少しコクが出る変化。
いつもの細麺で美味しくいただきました。


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-25 23:18 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(彦三町):PLAT HOME(プラットホーム)

b0089578_14531882.jpg
7月のお盆を迎えた連休も終わって一呼吸、そろそろ旨いものを食べに画策を巡らす主婦~ず・4人組。

その中の1人が前々から行きたくて行きたくてとリクエスト砲を出していたお店が1軒。
後の2人も未訪ということで、満場一致で決まったPLAT HOME(プラットホーム)

シンプルに見えて1工夫2工夫、新しい発見や驚きが楽しく、そして何よりどれも美味しい。
季節メニュー目当てに定期的に行きたくなる和食ベースの創作料理店。
b0089578_14532495.jpg
お酒がすっかり弱くなってしまった私の最初の1杯はいつもと変わらず、果実酒が好きなので柚子酒ロック。
お通しは胡麻ダレがかかった自家製ハムと湯がいた葉物。
b0089578_14532840.jpg
・ポテトサラダ
初めてならこれ食べないと、と食の案内人のごとく定番のポテサラを1つ。
スモーキーな香りの皮付きポテトと上からかかったベーコンが混ざったソース。
混ざってないから1口ごとの変化が生まれて、うん相変わらず旨い。
b0089578_14533181.jpg
・水ナスとみょうがの和え物
じめ~っとした暑い日が続いている時はさっぱりした野菜が食べたいと1番先に注文したこちら。
茗荷と上に散らした大葉のベビーリーフはこれぞ和という香りの相性抜群。
水ナスはほのかな甘みがあって瑞々しい。
b0089578_14533692.jpg
・お造り盛り合わせ
〆サバ、平目昆布〆、梅貝、あおりイカ、かわはぎ肝付
笹の葉とマイクロトマトの飾りで御舟にのったみたいなお造り盛り合わせ。
山葵の代わりにセンナの醤油漬け、生姜の醤油漬けが細切りで添えてあります。
かわはぎだけ醤油漬けの別皿に、お刺身を肝と一緒に食べると酒のつまみ的には最高!
b0089578_14534530.jpg
・牛すじのトマト煮
おーちょっといつものメニューの中では珍しいかも!?と思って頼んだ牛すじトマト煮。
口当たり優しいのに味がどんぴしゃ決まっててお汁にお肉の旨みが溶けててうまーい。
ご、ごはんにかけて食べたいかも。
b0089578_14534929.jpg
・ハモの天ぷら 卵黄醤油
淡泊なハモの天ぷらにコクのある卵黄醤油のタレ、ほぉーと皆頷きつついただきました。
卵黄醤油だけ残るとまたお酒のアテにしている人がいましたわ。
b0089578_14535356.jpg
・アジフライ 熟成黒もろみ味噌添え
夏ですなぁ、大葉のせアジフライ。
野菜に付けると美味しいこっくりした醗酵の味のもろみ味噌、フライにも合いました。
b0089578_14535885.jpg
・能登豚の西京漬け
なんで西京焼きにすると旨みが右肩上がりなのか、ピリッとしたガリと合わせます。
紫蘇の枝を上に添えてさりげない空間演出、紫蘇の実をちぎって食べてこれも酒の肴にしながら。
b0089578_14540395.jpg
・トマトのおひたし
ホッとした瑞々しいものが食べたくてトマトのおひたし。
出汁の風味とトマトの酸味でつるりんさっぱり。
b0089578_14540652.jpg
・トウモロコシと海老とバジルのかきあげ
トウモロコシと海老と聞いただけでそそられる、バジルの香りをプラスして。
海老とトウモロコシの甘さが旨し、黒い粒粒はお醤油の塩だそうです。
b0089578_14541153.jpg
・出汁巻き玉子 海苔あんかけ
ふわふわ出汁巻き玉子の下は磯の香りのとろっとしたあんかけ。
上には金時草のとろねばオールスターズ。
b0089578_14541560.jpg
・マグロと海ぶどうの海苔巻きごはん
手巻き寿司な形の海苔巻きごはんは1人前だそうなので4つ注文しました。
漬けマグロとほかほかシャリの間に海ぶどうの組み合わせが新鮮。
海ぶどうのぷちぷちと口の中で地味に弾ける食感と適度な塩気で、マグロの旨みと相乗効果あり。

厨房の冷蔵庫を内装に合うように塗り替えてしまったという内装は、アメリカやヨーロッパのアンティークを使用。
和食なのにオリエンタル一辺倒な雰囲気ではなく入りやすいからか、外国人のお客さんが目立つ。

和食が美味しく食べれるし、ポンタ君始めスタッフさんたちの英語によるコミュケーション能力が優れているからもあるよね。
たぶん日本縦断中と思われるお隣のテーブルの外国人のご家族が帰られる時に、
とても嬉しそうにお礼を言っていて、日本での良い思い出の1つになったようでこっちまで微笑ましくなりました。

一緒に行った友人たちも全員が大満足~ご馳走様でした、また伺います!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-24 23:55 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(石引):キッチン すぎの実 「ハントンライス」

b0089578_12501726.jpg
今年は病院に自宅のメンテナンスにと、順調に有給を消化しまくっていますが、
先週は毎年定期的に受けている婦人科検診に行ってきました。

ここの施設はロッカーに荷物を全部預けてしまうので、
いつもの外来受診の時のように小説を読んで時間をつぶすことが出来ない。

手持無沙汰を解消するために雑誌コーナーの料理雑誌を眺めながら、そんな似たような方々がソファーの横並びに4人。
皆今夜のおかずのヒントを探し求めてるのね、ヘルスケア系の雑誌を読んでいる人はいなかったから。

検診が終わった後はどこでランチを食べるか、引き続き食べ物脳120%。
この前眺めてたメニューの揚げ物と玉子の明るい色彩のイメージが頭に残ってたので、キッチン すぎの実

平日のお昼時はほぼサラリーマンでしめられていて、出来上がりを待つ無言の空気がカウンターを支配。
久しぶりにハントンライスを注文してみました。
b0089578_12504606.jpg
・ハントンライス(サラダ・スープ付)

ハントンと言えば白身魚のフライ、ソースは他のお店とは違って特製サウザンソース。
半熟感が残った薄焼き玉子の下はケチャップ味のバターライス。
ケチャップライスの味がくどくないのでフライとソースを合わせると丁度いいくらいだけど、
全体的なイメージとしては割とあっさりとしています。

御主人はハントンライス発祥の「ジャーマンベーカリーグリル」に勤めていたそうです。
私も親に連れられて香林坊のジャーマンベーカリーグリルでハントン食べてました、めちゃ懐かしい記憶。

武蔵の名鉄丸越の上の「赤なす」でもハントン(こっちはスパだったかな)を食べていたし、
元職場ではジャーマンアキからハントンの出前を取っていたりと、もはやハントンDNAが刻まれた身体。

そんなノルタルジックな思い出なハントンですが、他には個性派のボンライスなどの名物や
ハンバーグやポークピカタなど定食メニューも魅力な、毎日通える地元の人に愛され続けている町の洋食屋さん。

また通院日ランチ時に食べに行きます~。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-23 23:02 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(野々市市):ムサク(ベトナム料理)

b0089578_10192035.jpg
福井遠征の帰り道、もう夜ご飯を家で作る気力は当然ナッシング。
自宅までの道すがらこのままどこになだれ込もうか・・・。

回転すしに焼肉も浮かばないわけではなかったが、夏がく~れば思い出す♪エスニック気分。
過去の記事を読めば夏ばかりの訪問な野々市のベトナム料理店、ムサク

2年前にホーチミンに旅行してからレシピ本・調味料と家でもベトナム化が止まらない。
突如としてベトナム料理が食べたくなる衝動にかられたらここに来ています。

ベトナム料理の専門店としては石川では唯一のお店!?長く続いているので固定ファンも多いです。
自宅から遠いのが難でしたが(2人ともアルコールを飲むため)、最近アルコール抜きでも大丈夫な私。

メニューにはベトナムのお茶が何種類も、冒険したい芽もあるけどあえて摘むようにジャスミンティー(冷)。
冷やしたジャスミンティーは予め作ってあるらしく、3杯までくらいならお代わり可というアバウトさ(笑)

・チャゾートム
ここに来たらいつも注文するリピート品。
海老を豚肉と海老のすり身で包み、パリパリ網状のお米の生地で巻いた海老の揚げ春巻き。
口に入れた時の歯ごたえがほんとパリパリで海老とすり身のドッキングの旨みが何とも美味しい。
スイートチリソースの様なタレを付けていただきます、お勧め。
b0089578_10192499.jpg
・バインセオ
こちらも毎回注文するリピート品、野菜たっぷりなのに食べごたえがあるベトナム南部の料理。
米粉の生地に黄色いのはターメリック、薄皮状態でパリパリに揚げ焼きしてあります。
自分も作ってみたらこのパリッとした状態にするのが難しくて。
中はもやしや海老などで、サニーレタス(大葉・パクチーもあり)などにのせて巻き、
ベトナムの甘酢タレ「ヌクチャム」につけて食べます。
b0089578_10192994.jpg
・トムサーヌォン
海老ラブ星人と一緒にいるので何だか似たようなメニューばかり頼んでしまう、また海老。
レモングラス風味のピリ辛焼き海老、皮までカリカリなので尻尾まで全部食べられます。
b0089578_10193417.jpg
・フォーボ
ベトナムを代表する麺料理「フォー」、これは牛肉スープのフォー。
比較的あっさりした味付けなのですが、お肉の旨みが出てるまろやかなスープが美味しい。
牛肉や小葱、赤玉ねぎの下には平たいお米の麺「フォー」は、つるつるとしたうどんのような食感。
別皿ですだち、唐辛子、パクチーが添えてあるのでお好みの味で。
b0089578_10193944.jpg
・コムザンタップカム
海老や豚肉、玉子、もやしが入った五目炒飯のような炒めごはん。
パクチーがかかっていて、ニンニクの香ばしい香りと、もやしの独特なシャキッとした食感。
ジャスミンライスがパラッとして味付けは日本人の口に馴染みやすく美味しいですよ。

まだ未食メニューが幾つかあるのですが、2人だとどうしても頼むものがパターン化されてしまう。
カエルの足の唐揚げとか食べたいなー、しかしこれは1人で食べることになりそうな(笑)

平日はフォーランチもあるので機会があれば行きたいですね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-22 23:01 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(田上):石臼挽き手打ちそば 蕎香(きょうか)「夏の冷やかけそば」 oishii

b0089578_11192402.jpg

晴れて暑い日が続いたと思ったら梅雨末期の大雨が急にきたりと、7月は波乱傾向な空模様。
7月の3連休は曇っていたおかげか猛暑ではなかったので少しホッと。
合間をみてお墓参りに行ってきました。

私の実家のお墓は奥卯辰山墓地なので、帰りは山を鈴見台から下りてきて杜の里周辺でのランチが定番。
暑い夏には涼やかな風味で喉を潤すお蕎麦が食べたい、ということで、石臼挽き手打ちそば 蕎香(きょうか)

山側環状通りのフィットネスクラブ・エイムスカイシップの駐車場の裏の通りにあるお蕎麦屋さん。
去年からこちらのジムに移動してきたので目と鼻の先なんだけど、
最近はジムアフターも控えめで家で大人しく食べているので、この辺りの麺活もランチばかりです。

白い椅子が印象的なすっきりしたモダンな明るい店内は、女性お1人様でもカウンターで気軽に食べられる雰囲気。
休日のお昼とあって入口には行列がついていました。

・夏の冷やかけそば(冷のみ)
私は季節限定の冷やかけそば、たっぷりの大根おろしと茗荷と麺を覆い尽くすようにすだちの輪切りがぐるーり。
見ためにも涼やかで五感で味わうお蕎麦は、細めで弾力があり喉越しも爽やか。
すだちの酸味と茗荷と葱の薬味効果とピリッとした大根おろしで口当たりさっぱりでするする。
お蕎麦を食べきった後も、お出汁とすだちの酸味が溶け込んだキリッとした風味のつゆをゴクゴク。
爽やかな余韻が残ります。
b0089578_15593396.jpg
・天そば(天ぷらとかけそば)
夫は天ぷらとセットの天そば、かけそばは石臼で挽いた二八蕎麦。
天ぷらには海老やアスパラガスの他、夏野菜のズッキーニなども。

ここはお昼の数量限定セットが人気で、もりそば・お造り三種・とろろそば飯・香物がついた「お造りセット」
さらにパティスリーの経験を活かしたデザートが付いた「蕎花セット」があります。
朝市場で仕入れた新鮮なお魚でお造り、一品、天ぷらを提供しているので、
昼だけとは言わず夜もお酒と一品、お蕎麦で楽しめそうですね。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-20 23:59 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(安江町):中華蕎麦 御輿(みこし)「氷まぜそば」

b0089578_11035670.jpg
暑い夏には屋外でビアガーデン!先週行ってきたんですけど、この季節の外飲みは気持ちいいですね。

自宅のベランダにホットプレート引っ張り出して、焼肉もするんですけど、
7月も終わりに近づくと気温が最高峰、熱い空気が身体にまとわりつくのでもうちょっと後かなぁ。

週末の家業手伝いアフター、炎天下の車内温度のむぁ~っとした熱気にあおられ、
冷たいものが美味しく感じる冷たい麺前線が上昇中!という訳で向ったのは、中華蕎麦 御輿(みこし)

・氷まぜそば(横トッピング、煮玉子)
季節限定の「氷まぜそば」、去年まで食べてきたものは太麺だったような、今年は細麺のみ。
トッピングは岩海苔、チャーシュー、刻み玉ねぎ、葱、メンマ、そして・・・氷。

魚介風味のコク旨い甘みと酸味で味が引き締まったタレは、きゅっとしまった細麺にあうあう。
キツくはない心地よい酸味がさっぱりしてお箸が止まらなくなる夏の定番の美味しさでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-19 23:04 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)