カテゴリ:石川(金沢)( 1483 )

金沢(竪町):ドルミール (DORUMIRU)「いちじくとロイヤルミルクティーのモンブランパルフェ」 oishii

b0089578_16270690.jpg
9月の連休日の土曜、午後帰宅した夫の開口一番、「仕事後にスタッフたちとパフェ食べてきた」
え!どこのパフェ?最近話題の?とっても美味しかったって??

うぅ・・・私も食べたい~うらやましけしからん!!
そんな経緯があり、後を追うように翌日1人でパフェを食べに行ってきました。

竪町のゲストハウス、ドルミール (DORUMIRU)、カフェ&バーは1階にあります。

場所は竪町ストリートの中でもほぼ新竪町商店街側へ通じる道路の近く
野田屋さんの2つお隣、竪町広場の斜め前辺り。

なんでも土日は早めに売り切れてしまうとかで、オープンは12時なのですが30分前に到着。
お!誰もいないわ、ラーメンじゃないけどポールゲット。

もしかして早く来すぎた?と思ったのもつかの間、
暫くすると若い女性を中心に並び始めて開店までに10名ほど。

b0089578_16271387.jpg
待っている間にパルフェの看板を眺めながら、2種類のどちらにしようか悩む。
開店前にスタッフの方が列へオーダーを取りにきました。
パルフェ目当てでしたが、お昼前なのでこちらにも目がいってしまう。

b0089578_16271876.jpg
・和梨と巨峰のパルフェ
・いちじくとロイヤルミルクティーのモンブランパルフェ

オープン時間となり、お店の入口で先に会計を済ませてから順番に席に案内されます。
八角形のテーブルにペンダントライトがモダンな店内は奥にソファー席、手前に壁に向かったカウンター。
私は1番だったので壁に向かったカウンターでした。
b0089578_16272523.jpg
・いちじくとロイヤルミルクティーのモンブランパルフェ
わお~写真で先に知っていたけど実物は改めてフォトジェニック、インスタ映えするお洒落なパルフェ。
上にはココアのブールドネージュとホワイトチョコ、崩してしまうのが勿体ない・・・けど、いざ!

周りのイチジクの囲いの中には洋酒の香りがするマロンの生クリームやロイヤルミルクティーの・・これはアイス?クリーム?
クランベリーのシャーベット、柑橘系のクラッシュゼリー、塩味風味チーズケーキ・・・
(自分が感じたままなので細かいところ違っているかもですがーそれは実際に食べて確かめてね)

掘り起こす度に違う味が現れて、「まるで宝石箱や~~!!」と思わず彦摩呂になってしまう。
そして見た目だけじゃない、フルーツも甘さ控えめな滑らかなクリームも全部総合して美味しい♪
眺めて美しい、そして食べていて楽しい、さらに美味しいと三段構え。

そして意外にもボリュームがある・・お腹膨れてきましたもん。
甘すぎないので食べ飽きずに全部食べられます。
ワクワク、キラキラ、キュンキュン、繰り返し音で埋め尽くされた満足なパルフェでした。

この後にラーメン食べに行こうと思っていたけど無理そう。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-27 23:27 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(橋場町):a.k.a.「HATCHiの屋台に金澤ブルワリーがやって来る。アーカちょうちん」 oishii

b0089578_15120497.jpg
9月22日(金)にa.k.a. にて開催されたイベント
「HATCHiの屋台に金澤ブルワリーがやって来る。アーカちょうちん」に行ってきました。

a.k.a.では頻繁にイベントが開催されており、
スケジュールさえ合えば徒歩で数分というご近所という事もあり参加しやすいのです。

入口手前の屋台では金澤ブルワリーの代表である鈴森さんが販売されていました。
明るく頑張っている姿が素敵なお嬢さん、と「嬢」という文字はすでに過去のものとなった熟女目線。
b0089578_15123459.jpg
定番のペールエール「金澤麦酒」、
実は私はビールが苦手な方で家でも外でもフルーツビールを飲んでいる程度。
苦手と言っても飲めない訳じゃないですが、好みの上で美味しく飲めるかどうか、これが重要。
でも、こちらは口当たりがよくフルーティーで苦すぎず、美味しくいただけました。
ビール苦手な方でも飲みやすいのでお勧めですね。
b0089578_15130459.jpg
お通しはきのこの厚焼き玉子
偶然にも知人に再会したので同じテーブルで一緒に飲むことに。
しばらくの間でしたが楽しいお喋りに花が咲く。
b0089578_15133469.jpg
あーかちょうちんの今宵のメニューはちょうちんよろしく秋刀魚焼き、とりかわポン酢、おでん盛など気軽なメニュー。
大皿盛りや立ち飲みスペースなどもあったらしいけど、自分たちが行ったのは8時頃で少し落ち着いた頃。
ブルワリーの屋台ももうすぐ店じまい、慌ててビールを何杯も購入してました。
そして〆鯖を食べる。
b0089578_15140459.jpg
新蓮根の天ぷらはシャキシャキさっくり、お塩でいただきます。
b0089578_15143400.jpg
イベントの時にしか登場しないスタウト、
これもえ!?ビールって言うほど飲みやすい、珈琲の様な香ばしい香り。
スタウトらしいコクもありました。
b0089578_15150448.jpg
ころころ柔らかいヒレカツ!
前日にカツのイベントも行われていたけど参加できず、トンカツもあったけどやはりヒレで。
b0089578_15160617.jpg
最後は自分で巻くおにぎり、梅と鮭1つづつ。
b0089578_15153794.jpg
a.k.a.が入っているHATCHi/THE SHARE HOTELS内で開催されている乙女の金沢展。
作家さんの器や雑貨類、色々展示されている中で大好きな庄田春海さんの器を発見。
三つ葉の器は持っているので購入しませんでしたが。
たくまぽたりーさんあり、興味のある方はぜひ(10月29日まで)。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-26 23:16 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊):Ramen & Bar ABRI(アブリ)「のどぐろ煮干し中華そば」

b0089578_15044948.jpg
夏の途中からキシキシ痛む症状が現れてきた左肩、四十肩・五十肩とも言われる肩関節周囲炎。
鋭い痛みが発生するので着替えもままならぬ・・普段の生活にかなりの支障きたしてます。

数日前での通院リハビリにて「いたたた・・ギブ!ギブ!」
プロレスかよ!と突っ込みたくなる声漏れが出てしまう、かなり動かせる範囲が制限されてる。

そんな痛みによりコストコでの重い荷物も人任せ、夕飯はサクッとラーメンでも食べに行こう。

Ramen & Bar ABRI(アブリ)

・のどぐろ煮干し中華そば(+煮玉子)
実はこの日はまだ冷やしもメニューにあり未食だったけど、温かいラーメンの気分だったのでこちら。
塩味ののどぐろ煮干しラーメンもありますが、出汁と醤油の風味の両方が味わえるこちらの方が好み。
しかし、いつみてもこの器は可愛い、九谷焼作家の武田朋己さん作。

b0089578_15045484.jpg
・のどぐろだしのたこ焼き
夜時間はバータイムなのでお酒のつまみにのどぐろだしのたこ焼き。
こちらも富士山?の形の器に胸キュン。

連れが飲んでいたのはEBINA BEER「EBINA LAGER」、新しく開けたばかりとか。

私はドライバーの為、100%植物発酵エキス酵素ドリンク、うむ・・身体に良さげそうでチョイス。
意外にも優しい甘さで飲みやすい、ノンアルの時はこれかな。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-24 23:58 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(幸町):ジビエカフェ・ベスパ(Cafe Vespa)「シカのネック・カレー」

b0089578_15114107.jpg
ラーメンとカレー、お昼に何食べよと考えを巡らす時に必ず登場する2大国民食。

この2大勢力の仁義なき戦いが脳内で繰り返された結果、去年まではラーメン>>カレーだったが、
最近ではカレー=ラーメン又はカレー>ラーメンの図式に変化しつつある。

とある週末の土曜も家業手伝いでカレーを作ったのだが、人数分しか用意しておらず、
スパイスの香りに刺激された私は、当然のごとくカレーが食べたくなってきたので向った先。


犀川にかかる橋、桜橋のすぐ傍の信号で停まった時にふと横を見ると、
こんな場所にカフェが・・と記憶に覚えがある人もいると思う。

のぼり旗に「カレー」の文字、カレー好きなら気になる木。
実はここは2回目の訪問です。(初訪問:2016年4月
b0089578_15114701.jpg
営業時間「用意できたら」~眠くなるまで。

この客を惑わすゆる加減、基本11:00~20:00ですが変動もたまにありますので、
上の公式ページに掲載されている営業日を必ずチェックしてから行きましょう。

この日の看板は「シカ・ネック」「ウリ坊・モモ バラ」。

「日替わらねぇジビエカレー」が中心なので、鹿カレーとウリ坊カレーが頭の中でシーソーゲーム。
でも、このジビエを使った1品やお酒もありますので、店主さんに聞いてみてね。
カレーだけじゃねぇ楽しみ方がここにはある。
b0089578_15115359.jpg
・シカのネック・カレー
基本のカレーは鹿もウリ坊も同じそうで、鹿のネック(首部分)と茄子を炒めたものが具になっている。
カレーはとろんとまろやかで野菜の旨みを凝縮したような辛さはあまりない優しい味。
シカのネック部分はよく動く部分なので中々の歯ごたえ、牛肉よりもクセのないので食べやすいです。

前回訪問した時は店主さんが山に猟に入る前だったのですが、
現在は何度も自ら狩猟し獲ったイノシシ肉をさばいているので、経験値がめっちゃ上がっていました。

その辺のお話も聞けば気さくに話してくれる店主さんです、興味のある人はレッツゴー!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-23 23:12 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(増泉):トラットリア クアクア(TRATTORIA QUA QUA)

b0089578_16502301.jpg
もう11年も前になるのか、ブログを通じて「旧・割烹勝一」から出会った仲間たち。
大人の遠足、昼飲み会、夜10時から明け方までの飲み会、勝手な上映会と交流は数え切れないほど。

近年では奴らが通った後はこつじょとして食べ物が消えることから、いつしかバミューダ会と呼ばれるほど。
そんなメンバーたちも年齢が上がってきた為、一部の人たちからの意見により「量より質」宣言。

ハシゴを繰り返すよりも美味しいものを皆で楽しもうじゃないか(普通はそう)とグルメバミューダ会と名を変えた。
宴会発起人は大体決まったメンバー、私とかアブさんとか。。

アブさん「最近、本格的なイタリアン食べてないよなぁーって」
じゃあ、どこにする? 8月の周年企画であるビステッカ祭りに今年は行けなかったからあそこにしよう!

トラットリア クアクア(TRATTORIA QUA QUA)

イタリア・トスカーナ州のトラットリアで11年腕を振るってきた陽気なシェフがいる
本場さながらのトスカーナ料理が味わえる増泉のイタリアン。

団体の方が色んな種類食べられるぞ♡よっしゃー!と都合がついた総勢7名で行ってきました。

b0089578_15140579.jpg
・前菜盛り合わせ
鶏レバーのクロスティーニ、鶏もも・ズッキーニ・エリンギのフリット、米茄子のマリネ、
パッパールポモドーロ、フリッタータ、生ハム、カポコッロ、サラーメ、フィノッキオーナ

最初はやはり久しぶりの再会に話が咲くので、あれこれ摘まめる前菜盛り合わせが一番。
トスカーナワインが勢揃いした同店、最初はスパークリングやビールから始まって
白ワイン、赤ワインのボトルを開けはじめる強者共たち。
b0089578_15141620.jpg
・セージのフリット
野菜ヲタクなメンバーがまず目を付けたのがこちら。
サクッとした衣の中から爽やかな香りのセージ、この強い香りがたまらんね。
b0089578_15142332.jpg
・こっぺのクリスティーナ風
たまにスーパーで見かけることがあるこっぺ(エイヒレ)、軟骨とゼラチン質で全部食べられる。
私は煮つけにしたりして食べたりするけど、クアクアではこんな素敵なお料理に。
ハーブで味付けされたフレッシュトマトがたっぷりかかったこっぺは身がぷりぷり、軟骨もボリボリ。
クリスティーナとはエルバ島のとあるオステリアの女性シェフのことなんだそう。
b0089578_15142820.jpg
・豚の脳みそと玉ねぎのフリット
初クアクアにて食べてから久しぶり、ここでは定番メニュー。
全然クセも何もない白子にも似たとろっとした食感、脳みそは旨いのよ。
このメンバーたちは全員がOK牧場。
b0089578_15143337.jpg
・自家製サルシッチャのグリル
お肉がミチムチ詰まったサルシッチャ。
b0089578_15143827.jpg
・真イワシとウイキョウのスパゲティ エルバ風
エルバ島の超人気料理、特徴的なウイキョウの芳香とイワシのコントラスト、
青魚の生臭さと旨みを引き出すフェンネルは相性がいい、バツグンに美味しいです。
b0089578_15144343.jpg
・自家製パッパルデッレのトスカーナ風ラグーソース
隠し味には乾燥ポルチーニ茸という旨みを凝縮したようなラグーソースがうまうま。
もちもちの自家製パッパルデッレによく絡んでます。
b0089578_15144868.jpg
・北海道根室産エゾ鹿モモ肉のタリアータ・グラナパダーノチーズとローズマリーの風味で♪
クセがないエゾ鹿の肉は柔らかくて脂身が少ないので赤身本来の旨み~と共に
塩分が控えめなチーズとローズマリー&レモン汁との相性が最高♪

b0089578_15145324.jpg
・仔羊肩肉の香草オーブン焼き こちらもお芋様付き
オーストラリア産仔羊の肩肉を香草マリネにしてオーブンで焼き上げた1品。
エスニックで羊を食べることが多いけど、こちらはシンプルな仔羊の旨みがドーンと噛みしめるほどに伝わってくる。
うーん、羊肉好きだ~その特徴ある味わいと共に愛するお肉です。
b0089578_15145838.jpg
・バターナッツかぼちゃとゴルゴンゾーラのリゾット
バターナッツかぼちゃにしかない風味や滑らかさが好きです。
カボチャの甘みとゴルゴンゾーラ独特の香りとコクでこってりクリーミー。
b0089578_15150361.jpg
・本日の魚介のリゾット リヴォルノ風
蟹やら海老、貝など見ためもゴージャスな海に面したトスカーナ州リヴォルノ風リゾット。
リゾットに使用されているのは能美市のたけもと農場さんで生産されている国産カルナローリ(イタリア米)
日本のお米より少し長くて大きめ、歯ごたえ抜群で魚介エキスがたっぷりしみ込んでうんま。
b0089578_15150954.jpg
・ドルチェの盛り合わせ
アンズのトルタ、リンゴのトルタ、チョコレートのトルタ、イチジクのトルタ、
自家製プルーンジャムのクロスタータ、クレマコッタ、イチジクのコンポート

ショーケースに沢山並んでいるドルチェに悩んでいたら盛り合わせにしましょうか?と。
ユキさんの作る滋味深くて温かみのあるドルチェたち、トルタ(イタリア語でタルト)もどれも美味しい。

ランチだけしか行ったことなかった人、前々から行ってみたかった人、お気に入りの人、
メンバー全員それぞれの希望が叶い、美味しい料理に笑顔が炸裂しながら気のおけない仲間たちとの宴会。
いやー本当に大満足、ごちそうさまでした。

その後は一部メンバーだけで、最近恒例となっているカラオケへとレッツゴー!
懐かしくも爽やかな曲ばかり歌う3人を尻目に、私は例のごとくハード系、不思議ちゃん系を熱唱。
3時間があっという間でした、この運動量はジムにも匹敵するかも・・次回もよろしく。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-22 23:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(安江町):麺屋 白鷺 -shirasagi- 「香味そば 塩」

b0089578_15024644.jpg
月に1度の習い事。
金沢駅近く別院通り商店街の自家焙煎珈琲「サニーベルコーヒー」さんのラテアート教室に通っている私。

業界の方々も通う教室の中で自分は趣味の範囲内ですが、
長く続いた分だけこつこつとレベルアップもしています。

19時からスタートして終了は大体22時手前なので、
夕飯は22時以降営業しているラーメン屋さんに立ち寄ることが多い。

で、この日はたまたまなのか早めの終了して時計を見ると21時、
こ、これは今日はあの店にようやく行けるっ!!

あの店とは~同じ別院通り商店街内にある、麺屋 白鷺 -shirasagi-

片町の「麺屋 鶯-uguisu-」さんの姉妹店、今年の5月にオープンしてから
この辺りはよく立ち寄るから来るだろう~の思いとは裏腹、まだ未訪のままでした。

ほぼサニーベルさんの斜め前なのに営業時間が21時半までなので、
看板の灯りが消えたお店の前をうらめしそうに通り過ぎるのが定番化していたんです。

さて、店内に入って席に座るのと同時に、ガラッと扉を開ける音にふりむくとそこには知人の姿。
なんという偶然、当然お隣さんよろしく。

・香味そば・塩
香味そばの塩と醤油、塩鶏白湯魚介そばの3本柱、その内の「香味そば・塩」。
鶯さんはやや甘めだった印象があるけど、こちらはキリッと引き締まった味というかすっきり。
鶏の出汁やその他の旨みが塩だけに際立ってくると言うか。

トッピングは白葱、かいわれ、穂先メンマ、海苔、低温処理肩ロースチャーシュー。
低温処理肩ロースチャーシューが中々肉厚で旨い。
中細な麺を食べていると底から青柚子が浮き上がってきました。

美味しくお隣さんと会話も弾んだラーメンタイム、また食べにこなくちゃ!


[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-21 23:23 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(柿木畠):イタリア料理 VIVI(ヴィヴィ)でパスタランチ

b0089578_15081976.jpg
お天気に恵まれた日曜日、夫は視察に行ってしまって1日丸ガラ空き。
そんな時もちゃんと予定を入れている私は、友人と合流してとある場所の内見会。

お昼少し前に終わったので、一緒にランチしようとお店を決めるのに悩み始めること数分。。。
去年、共に夜訪れたことがあるイタリア料理 VIVI(ヴィヴィ)さんに決定。

柿木畠商店街をずずいずいずいと進み分け入っていくと、出口近くのコインパーキングを過ぎた辺りの左手のビル。
ビルの1階がアンサンブルさん、右手階段を上って2階がVIVI。
金沢市役所や21世紀美術館からの方が近いですね、手前にはリトルスパイスさんがあります。

東京で7年修業を積んだ後、北イタリアロンバルディア州のレストランで修業を重ねた堀内シェフが作るのは、
地元食材をふんだんに使った料理と自家製の手打ちパスタが評判のイタリアン。

木~日の間だけ営業しているランチタイム。

夜部門の記事はこちら→2016年11月2016年5月
b0089578_15082609.jpg
3種類から選べるパスタランチは、
前菜、サラダ、自家製フォカッチャ、カフェ、デザートが付いて1,300円。

この日のメニュー
・ボローニャ風10段ラザニア
・完熟トマトのシンプルなアラビアータ
・仔羊と豚のじっくり煮込んだお肉のラグーソース

このラインナップを見た瞬間、シンプルなパスタもいいけれど好み炸裂なお肉の文字は見逃さない。
あれも気になるけど、やはりあれだな・・・。
b0089578_15083358.jpg
パスタの前に出てくる前菜のセットは、バターナッツカボチャの冷製スープ、カポナータ、
セルバチコ入りな葉ものサラダ、自家製フォカッチャ。

滑らかでクリーミーな冷製スープと、表面にオイルがしみ込んだしっとりした自家製フォカッチャ。
サラダの柑橘系のシンプルなドレッシングが丁度よい味加減。
b0089578_15083928.jpg
・仔羊と豚のじっくり煮込んだお肉のラグーソース
ん~やはり羊肉好き、ミートソース・ラグー・ボロネーゼLOVEで皆まとめてかかってこーい、な私が選んだのはこちら。
ほろほろとお肉が口の中で転がるラグーは仔羊のいい香りと豚の旨みが加わって
小気味よいパスタの噛みごたえと共に美味しくてペロリ。
b0089578_15084571.jpg
・ボローニャ風10段ラザニア
友人が食べていたまるで女の人生経験を1枚づつ重ねていった友人の様なラザニア、
こちらも気になっておりました。
b0089578_15092551.jpg
エスプレッソがしみ込んだティラミスと暑い日に選んだアイスコーヒー。

ここはカウンターとテーブル席のシックな雰囲気なのですが、
夜はカウンターにて1人でもふらりと立ち寄れるお店で既に知人が常連となっている模様。

快活で気さくな対応が印象的なシェフと久しぶりの友人との語らいに満足できたランチタイムでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-20 23:50 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(小金町):カレーの市民 アルバ 金沢鳴和店 「ハンバーグミートスパ」

b0089578_15002408.jpg
休日の土曜は家業手伝いでお昼過ぎ辺りまで作業していることが多いのですが、
楽しみなのはその後の食事、カレーやラーメンの1人メシが定番。

最近、がっつり気合いを入れた自家製ミートソース作ってないな・・・。
子供の頃から元気注入食として母親の作るミートスパ、学生の頃に喫茶店で食べるミートスパ、
あの頃一番好きなメニューだったかもしれない。

イタリア料理(サイゼ含む)に行く前だったので、あくまでもボロネーゼパスタじゃなくてミートスパ。
お、急に食べたくなってきたので、ミートスパを食べにカレーの市民 アルバ 金沢鳴和店

言わずもがなな金沢カレーの代表的店舗の1つ、
欧風カレーっぽいスタイルで金沢カレーの中じゃ好きなタイプ。

満塁ホームランカレーは勇気が出なくて(単に恥ずかしいので)、
レディースホームランカレーを食べた過去あり(あまり変わらない、笑)

メニュー欄の半分はメインのカレーだが、半分はミートスパ、ナポリタン、野菜玉子スパ、カレースパとスパゲティー。
どことなくキッチンユキにも通じるメニュー構成。

・ハンバーグミート
スパゲティーは炒めるのでカレーより時間かかるけど、油の周り具合がスパは大事。
ミートソースはトマト風味を感じる味で懐かしさと美味しさと、あっさりしたハンバーグ。

周りは全員カレーでスパは自分だけ、ここの欧風スタイルの名残があるメニューが気に入っている。
また食べにこよっと!

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-19 23:00 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):〆や 「鶏ガラしおラーメン」「鶏ガラしょうゆラーメン」

b0089578_10480937.jpg
飲み会の〆の代表格であるラーメン、最近は〆もせずに大人しく帰宅することが多かったのだが、
この日はしばらく街を散歩するなどインターバルを置いたら、ん?食べれるかも・・。

という訳で、3月に新天地にオープンしたラーメン屋さんに行ってきました。
新天地の通りに入って真ん中の分かれ道を左へ、しばらく進むと右手に看板が見えます。

〆やさん、こじんまりした店内はカウンターのみ、6席位だったかな。

店主さんの顔に見覚えが・・数年前にジムアフターラーメンで23時過ぎにダッシュでラーメン屋に走っていたあの頃。
風呂帰りすっぴん野郎状態で閉店30分前に駆け込みしていた駅西のあの店にいた人だ。
シャイ熟女なので黙っていましたが確信しました。

・鶏ガラしおラーメン
鶏ガラ出汁の透明なスープは鶏の旨みを感じるあっさりした味で、まさに飲み会の後の〆にぴったり。
トッピングは岩海苔、かいわれ、葱、柚子、鶏団子、味変化の柚子こしょう
鶏団子はミチッと肉が詰まっていて美味しい。
細麺ストレートの麺は量的にも多すぎず、〆ラーには丁度良い量だと思います。
b0089578_10481432.jpg
・鶏ガラしょうゆラーメン
連れが食べていたのは鶏ガラしょうゆラーメン、こちらも鶏ガラベースに醤油味のあっさり風味。

こちらは、19:00~26:00までの深夜営業で、〆のラーメンはもちろん、
おつまみとして鶏団子ポン酢、手羽元ポン酢、おつまみメンマや、ごはんものとアルコール類があるので、
軽く晩酌がてらにおつまみとビール、そしてラーメンと進めるのもいいかもしれない。

食べ終わる頃には外に行列が付いていました、ごちそうさまでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-18 23:12 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(香林坊):わ食 たまき(環) oishii

b0089578_12490604.jpg
9月初旬に今年3月にオープンしたわ食 たまきさんに行ってきました。
香林坊せせらぎ通りから1本裏手に上がった通りにある為、繁華街中心なのに隠れ家的なひっそりとした佇まい。

季節の旬食材をひと手間加えた和食を楽しめる「大人の居酒屋」がコンセプトという同店。
店内は清潔感ある木のカウンターや椅子が目に優しく明るくて、カウンター7席と小上がり6席とこじんまり。

メニューは全てアラカルトで、その日の各地方の新鮮な魚介から
あわ尾鶏に加賀丸芋、ゴールドラッシュと拘りの食材使いが見えてきます。
キタアカリのポテトフライなんて絶対に美味しそうだし。
b0089578_12493523.jpg
乾杯は竹葉能登の梅酒、付き出しは万願寺唐辛子と茶豆の茶碗蒸し
まだ暑さが残る日だったので、ひんやりした茶碗蒸しところころとした茶豆の食感が心地よい。

アルコールはビールを始め、地元産・県外産の日本酒が豊富で梅酒やワインなども色々揃っており、
この後は白ワインのグラスをいただいておりました。

b0089578_12500503.jpg
・お造り 山口県産 真あじ
芽葱や茗荷に胡麻、穂紫蘇で飾られた繊細な盛り付けの鯵。
山葵と醤油漬けの千切りが添えてあります。
薬味を一緒に巻いて食べると鯵がより美味しく。
b0089578_12503523.jpg
・牛すじ能登の塩煮込み
あっさりとした上品な味わいの牛すじ煮込み、ほろっと柔らかくて葱がいっぱい。
お汁にも旨みが出ているので最後まで飲める。
b0089578_12510510.jpg
・帆立とアボカド岩のりジュレがけ
トマトとアボカド、グリルした帆立に穂紫蘇と岩海苔ジュレ。
出汁のジュレに岩海苔と磯の香りがする和風サラダは食べやすく帆立が香ばしい♪
b0089578_12513548.jpg
・生うにと湯葉やっこ
あっさりとした湯葉と贅沢に生うに、そして上にはジュレと山葵。
b0089578_12525210.jpg
・新蓮根天ぷら
新蓮根だからかシャキシャキッとした歯ごたえと瑞々しさが残る天ぷら。
b0089578_12540380.jpg
・焼き鴨ロースと赤なすの揚だし
厚めの焼き鴨ロースに細かく切り目の入った赤なすと、酢橘に九条ネギ、ぶぶあられ
噛みしめる鴨もだけど出汁が美味しい。

どれも彩りが綺麗で繊細な一工夫が利いていて、美味しかったです。
静かで落ち着いた雰囲気なのに気軽に入れるのも魅力的で、大人の居酒屋と言われる所以ですね。
そして中々リーズナブルで、こちらも嬉しい。

今回は2人で来ましたが、お1人様でもふらりと立ち寄れそう。
実際に仕事帰りのサラリーマンやOLさんも多いらしいです。

奥の小上がりから団体客がぞろぞろっと出てきたところで、知人と偶然バッタリ。
さすが食いしん坊は美味しいお店をチェックしている!笑

今度は女友達とここで語り合いたいです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-09-17 23:56 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)