カテゴリ:兵庫( 14 )

兵庫県(神戸市御影):マモン・エ・フィーユ(焼き菓子専門店)

b0089578_14504576.jpg
京都の一乗寺にて週一だけ営業していた焼き菓子店、マモン・エ・フィーユ
パリのル・コルドン・ブルー本校で学んだパティシエ松下さんと母親の親子で製作していたお店。

関西のデパートの催事に出店すると行列がついてすぐに完売、
婦人画報のお取り寄せサイトでも一部しか手に入れることが出来なかった幻のお店がついに7月12日、神戸市御影にオープン。

私はお取り寄せサイトでフレンチビスキュイ、更にリピートでシトロンビスキュイを購入。
他の種類も食べてみたいと思っていたところに実店舗オープンのお知らせ。

オープンに喜びを感じながらも神戸かぁ、遠い・・・という諦めに近い呟きをSNSに載せたところ、
なんと偶然にも翌日からその近くに行くので良ければ調達してくださるという有り難いお申し出。

そのお言葉に甘えて買ってきてもらうことに、なんてラッキーなんだ!
どんな種類が販売しているか分からないので予算を決めて日持ちのしそうな物をセレクトしてもらいました。

b0089578_14505211.jpg
・フレンチビスキュイ(シトロン)
・蜂蜜のギャレット
栗蜂蜜&マヌカ蜂蜜のコクのある甘みと独特のザクザク・ほろほろ感が特徴的なギャレット。
中にブルーベリーとフランボワーズのコンフィチュールが入ってます。
一番最初に買ったフレンチビスキュイのシトロンバージョン、レモンの爽やかさと小麦の風味がじんわり広がる美味しさ。
b0089578_14505996.jpg
フィナンシェ(カレ)ナチュール
フィナンシェ(カレ)カフェ
ブランデーケーキ(フレンチブランデー)
ブランデーケーキ(アルマニャック)
フランスブラウニー
発酵バターを焦がしてその上澄みだけを使用したフィナンシェ、外は割とハードで中はしっとりしてバターの香り。
ブランデーケーキはかなりブランデーが浸透していて大人の味。

何でもネットでお取り寄せできる昨今ですが、実際のお店に行って目で見て選べる楽しさにかなうものなし。
そんな貴重なセレクトを味わうことが出来て感謝です、ありがとうございました。
そのうち神戸のお店に足を運んで生ケーキやこだわりの逸品を買いにいけたら!、野望が広がります。
b0089578_14522083.jpg
・フレンチビスキュイ缶
フランスの昔ながらのレシピに基づいて作られる本格的ビスキュイ。
材料は上質な発酵バター、小麦粉、卵、砂糖だけのシンプルな構成ながら、バターと小麦粉の風味が広がる。
今年の冬の入退院の後、なるべく添加物を控えたお菓子類を探していたところ、
婦人画報のお取り寄せサイトで見つけたビスキュイでした。
薄くサクッとした軽さと素材の良さを感じる美味しさででついつい手が進んでしまう。

b0089578_14522870.jpg
・シトロンビスキュイ缶
その名の通りレモンフレーバーを閉じ込めたシトロンビスキュイ。
国産無農薬の生レモンゼストとドイツ産レモンピールペーストを使用。
甘酸っぱさと爽やかな味わいで柑橘好きな自分のハートを狙い撃ち。
どちらのビスキュイの缶も取っておきたくなるような可愛いデザインなんですよね~。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-30 23:53 | 兵庫 | Trackback | Comments(0)

神戸(元町):海星(中華料理)→、ケーニヒス クローネ 三ノ宮NEXT店

b0089578_1714684.jpg
9月に突入してもう夏の終わりだけどネタはまだまだ夏満載。
夏を思い切り満喫するキャンペーン、今度は日帰り神戸~♪泣いてどうなるのか~♪

って・・日帰り神戸、私たちにとっては凄いダイハードな日帰り。
午前中の彼の仕事が何時に終わるか分からない中で、とりあえず自分が切符だけ買って金沢駅に待機。
昼ごはんは神戸元町の中華街!と明確な目的があるが、到着時間は既に午後2時半ごろ。

昼ごはんが遅いので、まずは前菜の駅弁をお腹に流し込まないと体力がもたん。
私が駅で購入したのは定番の番匠の越前かにめし

明治35年の老舗のかにめし、昔~むかしのことじゃったな時代から記憶にあるわ
蟹だけで勝負する直球弁当、食べている間はカニのことしか考えられなくなるカニ(カニ語)
b0089578_172294.jpg
大阪駅で乗り換えて元町から肉屋のコロッケの行列を気にしながら中華街へ。
休日なのでお店の前に屋台が立ち並び、非常に賑わっていましたが、
ごった返しし過ぎて落ち着かず、かえってランチに入る気力起こらず。

中央広場から少し奥のお店群の中から適当に決めて入ったのが中国菜館 海星
隣の四川料理のお店で酸辣湯(サンラータン)食べた記憶がまざまざと。

この看板を見て思わず目を見開く、「阪神!!」
中華街なのに「阪神」とはさすが関西圏や!と関心していたら「はいしん」でしたね。
何という、はいしん行為!(意味不明)
b0089578_1721041.jpg
遅い時間だったけどランチセットがあったのでこちらを選択。
フカヒレラーメンセット:1200円
まずはザーサイ・・と別に頼んだアルコールでテンションのエンジンをかける。
漬物として普通に食べてるけど生野菜としてのザーサイは食べたことあるのか記憶なし。
b0089578_172191.jpg
フカヒレ餃子、小籠包、もちもち揚げ餃子、たまご巻き、から揚げ、中華風炊き込みご飯

揚げ揚げ肉肉効果でお腹にたまる飲茶たち、ご飯もおこわだし。
たまご巻きは肉と春雨?などを巻いてあり、ボリュームのある肉入り揚げ饅頭など。
b0089578_1722790.jpg
フカヒレラーメン
中華風に味付けされた割とあっさりしたフカヒレラーメン、細麺の中華そば。
b0089578_1723740.jpg
とりあえずランチを食べると心(お腹?)に余裕が生まれ、新たな欲望が湧いてくる。
豚さんの形した肉まんかわいぃーっと声をあげるギャルとは対照的に
私が直視しているのは肉厚たっぷりのチャーシューまん。
b0089578_1724458.jpg
とりあえず肉まんは食べておきます、中華街の定番。
行列で有名な肉まんの「老祥記」はこの日も蛇繋がりの大行列。
学生時代の時、神戸の友人に南京町に連れてこられて初めて見た時から変わらず。
で、未だに行列だから今度・・・って食べたことない、いつか必ず。
b0089578_172542.jpg
屋台のフルーツかき氷、関西弁のおっちゃんのおもろいかけ声も呼び水に結構な行列。

桃、イチゴ、マンゴーなどどれも喉の渇きを潤しそうで魅力的。
桃がイチオシ!とのおっちゃんのおススメで白桃にしてみる。
フルーツを丸ごと凍らせて削ってあるので、冷たくてジューシーでとっても美味しい!
b0089578_173545.jpg
その後は栄町通りの雑貨屋さん巡り、可愛いお店がちょこちょこある通りをシラミツブシ。
AMPLOP
De La Nature
EIN SHOP
などなど・・沢山巡ったけど覚えているお店はこのくらい。

本当は今時のカフェでスイーツと思ったが、下調べ不足とヒールな足が疲労。
思わず目についたここに入りました、ケーニヒス クローネ 三ノ宮NEXT店

ケーニヒス クローネ、未だ金沢で買えない菓子メーカーの1つ。
やや年季は入っているもののセルフオーダー形式のカフェはお気軽な雰囲気。

さらに旧居留地で洋服などを見まくり、こういう時男性は退屈しがちだが
ファッションに興味深々で一緒に見てまわってくれるのでありがたい。
(お互い自分のなので店の中ではバラバラ行動)

ファッションに興味があるのはいいが、私がダメだしを喰らうと背負い投げしたい気分にはなる。

この間も車の中からあるカップルを見て、男性の半ズボン&ハイソックス姿に早速ファッションチェック!

「お前はピーコかよ!」

「ひ」から始まるから「ヒーコ」だな、先週の日曜から新たなるあだ名「ヒーコ」が誕生しました。

辛口ヒーコのファッションチェックに耐えるべく、今月も「Domani」を購入する私。
夏の職場ファッションはカジュアル一辺倒なので購入するだけみたいな。

夕食は大阪伊勢丹のデパ地下でお惣菜、電車の中で食べながら帰途へ。
ハードな1日でした。

自分へのお土産
[PR]
by sukatan_queen55 | 2012-09-04 12:39 | 兵庫 | Trackback | Comments(6)

兵庫(明石):今中(明石焼き)、喜楽(日本料理)のたこ飯

b0089578_16574480.jpg
グッバイ四国、ここはすでに兵庫県南あわじ市の淡路島南PA
屋上展望台から大鳴門橋を望むと鳴門の渦潮が見えるような見えないような。
階段を下りて売店に足を踏み入れると旅行帰りのお客さんで大混雑。
もうお土産も買ったしトイレ休憩だわと思いつつ、淡路玉ねぎスープだけはしっかり試飲。
b0089578_16582863.jpg
旅も終盤に近づくと人並みのお腹に戻ってきたのか、夕方になっても皆(一部?)は腹減らず。
でも、せっかく淡路島から明石海峡を渡って素通りで帰宅するのは勿体無い。
明石といえばタコ!明石といえば明石焼き!はい、決まった!
夕方以降、日曜営業のお店を携帯で目を充血させながら必死に探す。
静かな住宅地の中にある明石玉子焼きの今中
b0089578_1701768.jpg
玉子焼き:600円
1人前20個とかなりのボリュームでリーズナブル。

運ばれてきた玉子焼きをお出汁につけて口にほおりこむと・・・熱くて無言。
予想していたけど1口で一気にほおばるのは危険、ふーふー必須。
とろ~っとしてふわふわしていて玉子の風味も感じられて美味しい!
何もつけずとも上品な旨味は感じられます。

「柚子」「柚子胡椒」「一味唐辛子」さらに「ソース」もテーブルに用意されていて
味の変化が楽しめる。
昆布の出汁オンリーでも美味しいけど、柚子胡椒もぴりっとして爽やかだし
あっさりに飽きてきたらソースもなかなかグッド。
b0089578_1721928.jpg
明石焼きを食べたらタコ熱が止まらなくなってきたので、明石・魚の棚商店街へ。
しかし商店街は午後6時を過ぎると殆どのお店は閉店してしまうので、
吹き抜ける風だけを受けながらシャッターが閉まった商店街通りを歩くことになる、ロンリー。
干しタコを買ってしゃぶりたかった、たこ飯が食べたかった。
b0089578_1741891.jpg
すると商店街の西の端にある日本料理喜楽にテイクアウト用のたこ飯を販売しているのを発見!
タコ飯を1つテイクアウト。
炊きたてのたこ飯はほんのりタコの旨みと出汁の味がしてほかほかうまーい。
1杯のかけそばのように大事に車内でまわし食べしました。

これで何も思い残すことなく帰路につける、増えた体重の心配は明日に持ち越して。

おわり
[PR]
by sukatan_queen55 | 2011-02-26 00:19 | 兵庫 | Trackback | Comments(14)

兵庫(ポートアイランド):神戸花鳥園

b0089578_16215388.jpg
ランチのインド料理にはお代わり自由だったが、約女性2人がデザート不足。
神戸のカフェで優雅にティータイムとこぎ付けたいとこだったが、
お代わりタイムが長すぎて時間を消費してしまったので、
ブランジェリー コム・シノワまで移動して走ってパンを買いに行く。
車の中で食べてミッション終了、チーズケーキはレモンが効いていた。
b0089578_16245842.jpg
スケジュール時間指定(その3):神戸花鳥園は閉館17:00なのでそれまでに堪能。
神戸に行きたいのはIKEAともう1つが花鳥園でした。
ポートアイランド南駅すぐにある、花の中で鳥と遊べるテーマパーク。
というか、IKEAもポートアイランド内にあるのでランチを食べて出戻りです。

以前、静岡の掛川花鳥園にも訪れたことがあるが、中の構造は大体似通っており
花鳥園グループが経営している園は現在全国に5つある。
そのうち花鳥園は4つ、島根と富士もいつか行って完全花鳥園制覇を目論んでいる。

中のガラスゾーンは頭上から大輪の球根ベゴニアが垂れ下がっている花の楽園。
フクロウ、ペンギン、インコ、中庭池の水鳥、沢山の種類の鳥がいますが、
目的はやはりオオハシさん、オオハシさんに会いにきました。
b0089578_1626623.jpg
入場すると壁沿いにフクロウやミミズクなどの猛禽類が沢山展示されている。
ミミズクやコノハズクなど目が大きくて可愛い鳥たちもいれば、
メンフクロウは目を閉じている姿がのっぺらぼうの様でトラウマになりそうなほど怖い。
さらに公式ブログによると人に甘える時の鳴き声が「ジェァァァアアア!!」だとか。
無表情な顔をしているので、活字にするとさらに怖いんですけど。
「メンフクロウ」で検索すると「メンフクロウ 怖い」のキーワードが出てきて受ける
画像はメンフクロウだと怖いので違う鳥にしました。
b0089578_16283346.jpg
ガラスハウス前にペンギンや水鳥が飼育されている池がありとても人間に馴れているよう。
ペンギンも大好きなのでしばらく眺めていた後、心のメインのオオニシさんのゾーンへ。
b0089578_16293759.jpg
キターーー!オニオオハシさんのゾーン。
さっそく出会い頭に水道にとまっているオオハシさんを発見。
水が飲みたいらしく蛇口を見ながら何度も頭をかしげている姿が超可愛い。
こんなに近くに生のオオハシさんが・・かわいい、やばい~とアイドルに会った様。
今、蛇口開けてあげるね~とつい普通に語りかけながら近づくと近くの枝に移動してしまった。
b0089578_16303730.jpg
ふれあいゾーンにはお客さんからのおやつを頂こうと待っているオオハシさんが沢山。
1カップ100円のフルーツの入ったカップを持って腕を伸ばすと、
オオニシさんが腕まで飛んできて器用にフルーツを食べるのだ。
爪が皮膚を傷つける恐れがあるので、布の腕カバーを巻いて腕を保護。
前に行った掛川花鳥園では夏だったので半袖状態、
鳥が私の肩から腕まで一気に滑り降りてきて、爪あとで血がにじんでいたものさ。
しかしこの可愛さはすでに犯罪~と背後からオオハシさんににじりよる
↑自分の反応が犯罪くさい
b0089578_1632647.jpg
自分もさっそくオニオオハシさんのおやつ上げに挑戦。
メロンの入ったカップを手に持つと、オオハシさんが腕まで飛んできた。
1粒ごとに蟹の足のようなクチバシを上に向けて食べる仕草がユーモラスラブ。
しかし、食べるオオハシさんとても可愛いのだが、
こちらの顔にクチバシを向けられると突付かれるのではないかという意識が働き
つい顔を反対方向に向けてしまう。←そんなことしないそうだけど
そんな事が何度かあり、後で動画を見せてもらうと磁石の同じ極の反発のよう。
b0089578_16333273.jpg
お客さんの方に降りてこない他のオオハシさんも頭上に沢山います。
掛川花鳥園よりもオオハシさんの数は多い模様。
出口の方で1羽だけオオハシ君が網の中に隔離させられていた。
係りのお姉さんによると、他の鳥を苛めてしまうのでとのこと。
中からキャーンという鳴き声、これまた想像していなかった意外な声。
そんな説明をしてくれた係のお姉さんも可愛らしい女性だった、大橋さんだろうか。
b0089578_1635022.jpg
オウム・インココーナーは普通に可愛いですね。
これは団体おしくらまんじゅうなコガネメキシコインコ
b0089578_16381973.jpg
おやつのカップ回収箱の前では回収番長が陣取ってました。
b0089578_1640084.jpg
ガラスハウスの大きな中庭にあるのは中庭池と呼ばれている広大な池。
様々な種類の鳥が放し飼いにされており、白鳥、孔雀、鴨、雉、と数え切れません。
b0089578_1640554.jpg
細く長い足でチョコチョコ歩くクロエリセイタカシギはBOWちゃんのお気に入りだった。
b0089578_16444999.jpg
全部見終わったというのにオオハシソーンにリターン。
こちらはヒムネオオハシだったかな?
オニオオハシの数が多いので少し遠慮した感があったよう、種の掟か。
b0089578_1654176.jpg
こんなに至近距離まで近づいても逃げないオニオオハシさんのドアップ。
触るといやがるので触りたいけど触れない萌えのジレンマ。
大人しくて愛らしいオオハシさんにとっても癒されて、インド料理も消化しました。

すでに時刻は夕方、次は癒しの時間からガラッと変わります。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-12-09 01:18 | 兵庫 | Trackback | Comments(26)

兵庫(三ノ宮):クスム本場家庭料理(インド料理)

b0089578_165427100.jpg
「ちょっと日帰り旅行まで行ってきます」
金沢から少し遊べる余裕のある日帰りドライブの限界は何処までだろう?
BOWちゃん、長靴、私の3人、ピンポイント活動で神戸に行ってきました。

1日の始まり深夜0時から自然に瞼が下がる深夜24時までだと楽しめる時間も長いが
体力が限界突破の壁をブチ破れないと踏んだ年齢熟カレーな団体は朝5時出発。
S.A.で大きな焼きカマよっちゃん銀行「100000000 YEN」と一緒に写真を撮り、
通りかかった子供に「なんやこれー?」と早朝から指刺されながら一路神戸へ。

スケジュール時間指定(その1):神戸IKEAで9時30分に朝食。
IKEA朝食が目当てではなく、早い時間にIKEAを回りたい為、ここで朝食。
スウェーデン近海で捕れたスモークサーモンは脂がのっててなかなかいい。
しかし、99円モーニングプレートのソーセージが今一つ。
ん~不味いもう1本!というわけにはいかなかったが「でも99円だから!」で全て解決。
b0089578_1656227.jpg
スケジュール時間指定(その2):ランチは13:30にクスム本場家庭料理
思わずクスム伊達?と聞き返しそうなその店は、BOWちゃんお勧めのベジタリアンのインド料理屋さん。
インドの家庭料理、日本語が通じない、メニューは1つだけ、笑顔はゼロ、
お皿が空になるともういいと言われるまで勝手に継ぎ足される
など、かなりディープな口コミで賑わっているらしいお店。

渋滞上等の三ノ宮の道、予約した時間に行かなければ!と焦る。
神戸ハンター坂を登っていくと、割と最近出来たらしい「クスム本場家庭料理」の看板。
看板が立ってないと分からないごく普通マンションの3階に店はある。
b0089578_16572518.jpg
看板に従いエレベーターを上がると、ここだよ!と言わんばかりの半開きのドア。
お隣のドアの飾りはインドの方の住宅スペースでしょうか。
b0089578_16581248.jpg
店内に入るとテーブル・椅子・絵が飾られ、マンションの1室は簡易インドレストラン。
しかし、ベランダに目を向けると鍋が山積みだったりして家庭臭がちょっとツボ。

サリーを身につけた日本人スタッフがメニューは1つしかないことや、
お皿が空になったら気軽にお代わりの声をかけて下さいと伝えてくれる。
日本語が通じずを期待していたのでちょっと残念←ディープチャレンジャーなので
b0089578_16585220.jpg
ランチセット(¥980)
・マンゴジュース
・サラダ
・サモサ 
・カレー2種・スープ 
・チャパティ&ライス 
・マサラチャイ

まず出てきたのは某カシミールで最初に出されるような甘い濃厚マンゴージュース、とサラダ。
サラダにパラッとかかっていたのはサラダ用ミックススパイスのチャットマサラ。

食卓の味塩を同じ感覚でサラダにかけるスパイスで、家庭によってミックス分量など違ってくると思うが、パッケージ販売されているものには、食塩・マンゴー・クミン・メロン・胡椒・ざくろ・コリアンダー・ミント・しょうが・ナツメグ・チリ・キャラウェイ・レースフラワー・クローブ・アサフェティダ・・とあらゆるスパイス&フルーツが配合されている。

わずかな酸味とスパイシーな塩の味付けがかなり気に入りました。
ゆでたじゃが芋なんかにかけても美味しそう。
b0089578_16594957.jpg
次に出てきたのはベジタブルサモサ、揚げたてサクサク中ほこほこ。
2個付いてるので充分だが、これもお代わり出来るらしい。
メインはお盆にのせられてきた2種のカレー&スープ。
右からスープは細かく砕いた豆が入ったあっさりした味
中央はじゃが芋とひよこ豆のカレーでやや辛い
左はマイルドなインゲンやグリンピース&人参などのミックスベジタブルカレー
後は薄く焼かれたチャパティとインディカ米。

どれもいつも食べに行くインド料理屋さんと比べるとシャバシャバしてあっさり味。
これがインドの家庭の味なのね、全てベジなのでとてもヘルシー。
あっさりしてヘルシーなのでお代わりがいくらでも出来そうな予感。

日本人スタップの方が時々見に来てくれて、お代わりを勧める。
最初は来てくれるのを待っていたけど、アイアンストマックな3人のこと、
「すいませーん、お代わりお願いします」のお代わり連続攻撃で何度も呼ぶ。

後ろの座席ではこの店のオーナーらしき恰幅のいいインド女性が
苦虫を噛み潰したような顔をして手で豆をつかみながら食べていた。
普通の顔だろうけど彫りが深いのと笑顔がないので迫力があるわ。
b0089578_1702853.jpg
お店を出た正面にあるインド食材の店、「INDIANPROVISIONSTORE」
知らなかったら入る勇気が起こらないようなダンジョンの入り口のような扉。
b0089578_1712494.jpg
扉を開けるとそこはスパイスと食材のパラダイスだった。
安い!量が多い!種類が豊富!と吉野家のように三拍子揃ったお店で
日本語堪能なインドのおじさんが対応してくれる。

どれを買おうか迷った中で購入したのはオリジナルスパイスミックスのカレー粉、
クミンシード、チャットマサラ、黒いひよこ豆、普通のひよこ豆など。

まだ色々買いたいものがあったけど予算の都合でこれだけで勘弁しておくわ
カレー粉はもっと買えばよかった、どこでもドアが欲しい。

先のインド料理店の方はかなり雰囲気的にも通っぽくて好みが分かれるところ。
帰りぎわに「美味しかったです」と伝えると、目力120%の視線で笑顔を向けてくれた。
かなり面白くてハマる地帯です←エスニックな香りが階に漂ってるしもう地帯

ベジカレーでヘルシー、だが食べすぎ注意を無視してお腹は満腹。
そして次のピンポイント活動に向かって移動する私たち・・

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2010-12-06 12:33 | 兵庫 | Trackback | Comments(20)

兵庫(南京町):ロクツボヤ(ベトナムダイニング)、イグレックロール

b0089578_1453752.jpg
神戸2日目の朝はIKEAポートアイランドで朝食を。
お目当ては「価格までおいしい朝食 99円モーニングプレート
特にこのメニューだから食べたい!という訳ではなく、99円というのがなんとなくツボ。
東スポに連載されている男性用簡単レシピの切り抜きで
料理を作るのがツボにはまるような萌え。

で、開店前から入り口に並んだのはいいけど、
99円モーニングプレートはポートアイランドは平日のみ!!
だということに入店してから気づく。
HP、ちゃんと読んどけよ!!自分に突っ込みしてもすでに遅し。
b0089578_1455035.jpg
結局、軽食メニューをチョイスしてカフェエリアに。
ベーグルスモークサーモンサンド、とデニッシュ系パンなど。
ベーグルがちょっとパサっとしてるな~と思いつつ、中のサーモンはグー。

今回は車で行ったから、サイドテーブルやスタッキング出来る椅子などを購入したが、
買おうと思ってたキッチン用品はかなり品切れが多かった。
しかも、2日後からバーゲン。
b0089578_146045.jpg
ランチは南京町で中華ではなく、何故かベトナム家庭料理のお店へ。
ベトナム生まれの中国の方が営むお店、ロクツボヤ
内装が手作りっぽいカフェのような素朴で可愛いお店です。
当然、お客さんも女の子が多くて、周りの観光客ひしめく本格中華のお店とは
客層が大分違うわ~うふふふな女子モードで私も入らなければ。
b0089578_146978.jpg
ブンボーセット(季節限定)←私の食べたメニュー
(ブンボー(野菜と牛そぼろのかけ麺)、ワンタンいりカニみそスープ、サラダ、デザート)
ブンは米麺、ボーは牛肉のことで、あっさりさっぱり。
デザートは仙草ゼリーだったかな。
b0089578_146181.jpg
ベトナムランチ←長靴
(鶏のフォー、豚ひき肉と野菜の混ぜごはん、サラダ)
混ぜごはんにパクチーが混ざっていて、香りがよくって美味しい。
フォーもあっさりして食べやすい、お汁も飲み干す。

なんだか、旅先のご飯にしては常人レベルのような。←胃袋超人ハルク?
いつも旅先ランチだとカフェ飯では足りなくてありえんと思ってる2人なのに。
あくまで旅先で、普段は意外と普通の量。

実は夜は早い時間からたくさん食べる予定が詰まっているので、
昼は抑え目に控えめに。 やれば出来る我慢の子!
b0089578_1462674.jpg
そして南京町を出るまでに屋台トラップにひっかかるのは想定済み。
マンゴーは前に南京町に来た時にも食べたっけ。
お店の前で美味しそうに食べてたら、続々それをみて買い求めるお客が、サクラ担当。

b0089578_1463583.jpg
本当は三ノ宮のイグレックプリュスのカフェでデザートを食べる予定が時間がなくなったので、
大丸デパ地下のイグレックプリュスのケーキコーナーでテイクアウト。

イグレックロール
ミニタイプのロールケーキで、車の中で恵方巻きのようにそのまま噛り付く作法。
スポンジがふわふわ~で生クリームがあっさりしていて旨味っ!!

マンゴーもロールケーキも私が食べていたので、
この日のここまでの食べ物摂取量のトータルは私の方が上だな・・・。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-08-19 12:45 | 兵庫 | Trackback | Comments(14)

兵庫(長田):大(居酒屋)→幸楽(お好み焼き・そばめし)

b0089578_2231715.jpg
ホルモンを食べた後のハシゴはストイックな方向へと胃袋のギアチェンジ。
新長田駅の近くにある居酒屋、「大」 新長田駅前総本店が次なるお店。
ここは淡路岩屋の地魚を午後とれ直送で、夕方にはお店で食べられるという
地元の新鮮なお魚が食べたいと思っていた者にとってはなんとも魅力的なコピー。
実際、「船買い!」、「浜値!」の文字に船酔いと間違いつつ、つられてしまった。
b0089578_22311862.jpg
さば造り、鳴門たこぶつ、ハモの造り、
小あゆの串かつ、ハモの梅しそ串かつ、生グリーンアスパラ

足のはやいサバの造りはとろっとして美味っ!!タコも歯ごたえが良すぎとピーコ!
ハモの造りはあっさりしていて美味しいが、ハモの梅肉和えの方が好みかも。

目的の物を食べた後、これまた次のハシゴを回すためにお店を出る。
「おやじ、勘定ここに置いてくぞ」とだけ言って足早に立ち去る素浪人みたいね。
とりあえず名物を一通り食べておこうという姿勢。
b0089578_22312812.jpg
長田といえば「そばめし」を食べないと1日が終わらん!と思っていたが、
かなり遅い時間帯だったので営業しているお店が少ない。
最初、長田でそばめしランチ→芦屋→尼崎でホルモンという計画を練っていたが、
結局、逆方向に食べ進んだ。←観光=食べる
入ったお店は幸楽という、おばちゃん、おじちゃんで営んでいる素朴なお店。
b0089578_22313821.jpg
そばめし
そばめしは神戸市長田区が発祥で、焼きそばとご飯を炒めたソース味の焼飯。
長田区で働く工員さんが、焼きそばとお弁当の残りのご飯を一緒に炒めて、
と頼んだことからメニューが出来たという説がある。

焼きそば、ご飯にぼっかけ(スジ肉の煮込み)が混ざっていて、味わい深い味でうまっ!
前に地元のレゲエバーぐるーんでそばめしを食べた時に
本物のそばめし食べたことある?と言われて、「いいえ」と言ってホッとされたことがあるが、
今度行ったら、本場のそばめし食べてきたよ、と言ってギクッとさせたいわ、
というか、もうそこでそばめし注文することはないと思うが(おい)。
b0089578_22314766.jpg
お好み焼き
そばめしだけでは、〆にパンチが足りないのでお好み焼きも頼んでみる。
味の詳細はもう忘れているけど、なかなかふわっとして美味しかった記憶が。
結構、年配のおばちゃん、おじちゃんなので、沢山お客さんが来ると疲れてしまうそう。
ゆったり余裕のあるくらいがよいらしい。
b0089578_2231552.jpg
明石焼き
さらに神戸に来たのだから明石焼きも食べなければいかんだろうと、〆パンチを加速。
お出汁につけて、ふわふわでアツアツで・・・・アツアツで・・・アツーーーッ!!!
こういうのって、1個丸ごと口に含まなきゃ気がすまないので、
熱くて美味いのがしばらく分からないのが出来立てクオリティー。

この辺りにお好み焼き屋さんのお店は沢山あり、食べ比べてみてはいないが、
なかなか美味しいと感じたし、雰囲気がほのぼのしていてよかったな。
b0089578_2232436.jpg
どうも〆のパンチのキレが甘いと思っていたのよ、デザートね!
と言う訳でホテルの部屋でこんなものを食べて、長い1日は終了しました。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-08-18 01:20 | 兵庫 | Trackback | Comments(28)

兵庫(長田):のぎく(炭火焼肉)

b0089578_0301170.jpg
この日の宿は新長田駅のそばにあるホテル、長田に来るのは初めて。
長田への目的はズバリ、ホルモン。
ホルモン好きの女、ホルモンナなので、お昼のホルモンの量ではもちろん満足できない。

で、今回長田でホルモンを食べるにあたり、ひっじょーにお店で迷った。
もちろん焼肉屋さんがたくさんあるからで、ネットで探してるといろんな候補が見つかる。
自動販売機で焼肉のタレ販売してる有名なお店だと、
量が多くてハシゴが出来なさそうだし、
地元の人ですごく賑わっているホルモン屋は駅からかなり距離があったり、
はたまた長田以外の駅だったり。

その中でも駅から近くて何件かの評判もよさげなのぎくに決定!
ログハウスナック風(?)な玄関から店内に入ると、野外バーベキュー大会を
室内に持ってきました!な大人数が座れる木のテーブルが4つ。
韓国系のお店みたいです。
b0089578_0302364.jpg
目が泳いでいるメニュー視線に初心者オーラが出ていたらしく、
おばちゃんが素早く察知して、「まず、水菜が美味しいよ」と言われたので、それを注文。
大きなお皿に辛いタレがかかった水菜、もやしがたっぷり!
これはいいお酒のおつまみ&野菜も摂取。
b0089578_0303485.jpg
そして、ホルモンは甘口、中辛、辛口、激辛とタレが選べ、大皿、半皿があるという。
人数は2人だから量は半皿を頼むとして、辛さが分からないので迷ってると
「普通は辛口だよ」と言われたので、辛口を注文する素直な観光客。
運ばれてきたホルモンは・・真っ赤だな~真っ赤だな~♪
b0089578_0304597.jpg
牛肉のホルモンのいろんな部位が入ってるらしく、
魅惑のテッチャンの他にはレバー、センマイ、心臓とか・・いろいろ。
辛さは辛口は辛いけど~私たちにはちょうど良かった。味わい深いタレ。

テッチャンが焼けて1口食べて~うまっうままーーーっ!!
自然に握りこぶししたりして、完全にデザートタイムの乙女の姿何もなし。
ワンピも完全にホルモンのフレグランスに包まれた模様。
b0089578_0305539.jpg
・テッチャン、ハラミ
半皿も結構量があったのだけど、再びテッチャン投下!
豚はシロなら牛ならテッチャン。
牛腸ってあまり脂っこ過ぎると連続で食べていると、しつこくなってくるのだけど、
ここのテッチャンはそんなに脂脂してないのが逆に食べやすくていいかな。
うまーうまっばかり言ってるので、たまにはうしーぶたーとか言ってみる。
b0089578_031458.jpg
・どじょうスープ
この木なんの木気になるメニューはとりあえず頼んでみるチャレンジャー。
韓国のスープでチュオタンなのかな、リンク先のように辛くはない味付けだけど。
どじょうをすりつぶりた物にネギとかもやしとかゴマとか・・独特な口当たり。
滋養食によさそう。

まだまだ食べれるけど、もちろん1軒で終わるのはもったいないので
ハシゴ車稼動いたします。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-08-12 07:47 | 兵庫 | Trackback | Comments(36)

兵庫(芦屋):コンディトライ シュターン芦屋(ドイツ菓子・バームクーヘン)

b0089578_065755.jpg
アロハちゃんに「今、芦屋にいるよ」とメールをすると、
シュターンがお勧め、何がなんでもシュターン!という内容の返事が返ってきたので、
電話番号を聞いてちょっとナビって行ってみました。
ドイツ菓子マイスターのお店、stern(シュターン)
b0089578_0789.jpg
ドイツで14年間修行をして「ドイツマイスター」を取得したパティシェが作るお菓子は
生ケーキ、焼き菓子があり、ここでの一番のお勧めはバームクーヘン。
(S1段410円、2段810円、3段1200円)
食べる時の切り方の説明書も入っていて、斜めに薄く切ることによって繊細な口当たりが得られるとか。
小ぶりなバームクーヘンはしっとり滑らかでそれでいてふんわり。美味しい。
これは勧められるだけあるわー
b0089578_073150.jpg
お店を出た後、車を走らせてるとikariスーパー(芦屋店)を発見。
関西ではいわずと知れた高級スーパーの代名詞的な存在。
何か、お土産でも買って帰ろうと寄り道。

私、最近までイカリソース(大阪)の関連会社かと思ってたら違うのね。
それ知らずにイカリソースをお土産に・・しかも、地元に売ってたし、プッ
ikariオリジナルのドレッシングは職場で使ってますわ。
b0089578_074578.jpg
ikariスーパーといえばオリジナルのアイスが美味しかったことを思い出し、
夕飯時間が近づいているのを無視して、またまた買い食い。
マンゴーの果汁がジューシー。

芦屋~といえば、学生時代の友人が芦屋っ子で、
以前カフェや芦屋っぽい高級タイ料理のお店に連れてかれたことがあるが、
どれも人物ばかりでお店の写真は撮ってなくどこのお店に行ったのか記憶がなく。

そしてここ数年はカメラに収めた画像といえば食べ物ばっかりで、自分の写真はほぼ皆無。
小説家の近況写真のようにずっと昔の写真を使いまわしたりして。←栗本薫か

そんな私、最近美容院に行ってきました。
ここ1年ほどストレートロングだったのをパーマかけてややセミロングに。
美容師さんが髪の手入れに朝はこうやってブローしてとか説明してくれてうなづいていたが
かなりのメンドクサガールなので、朝からドライヤーなどありえん。

今日は朝時間がなくて慌てていたらワックスを付け忘れて
仕事場から帰る頃には怪傑ライオン丸みたいになっていたわ、乙女失格。

こんな感じ↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-08-09 00:14 | 兵庫 | Trackback | Comments(14)

兵庫(芦屋):メゾン・アンリ・シャルパンティエ

b0089578_03879.jpg
尼崎から今日の宿泊地へと西方向に向かう車の通過点、芦屋。
芦屋と言えばケーキの楽園!これは寄っておかないと。
別腹スケジュールに合わせているので、時間は縦列駐車のごとくぴったりとはまる。
車で移動してることもあり、2号線沿いにあるメゾン・アンリ・シャルパンティエへ。

尼崎で新聞紙親父ランチの後、芦屋?イメージにかなりのズレ?芦屋 雁之助とちゃうわよ。
この日のスタイルはふわっとした花柄ワンピースにレギンスにローファー。
これがまた便利で、ちょっとしたお洒落なとこや、足が楽なので座敷にも向いている。
新聞紙の上で親父座りも本人の意向で出来ちゃうし、
酔っ払って道に思わず転がっても寝やすい(しないが)。
b0089578_0318100.jpg
右がブティック(ケーキ販売)、左がサロン・ド・テ(喫茶)。
モダンな邸宅のような内装に大きな吹き抜けが広がってゆったりとお茶がいただける。
銀座のサロンと比べると雰囲気は似てるけど座るスペースにゆとりがあるかな。
横のテーブルで芦屋マダームの団体が優雅にお茶をしていたざますよ。
b0089578_032769.jpg
・ルージュ

お皿自体が大きいのでこのケーキもムースタイプとしてはかなりのビックサイズ。
上にのってるのは都こんぶではなく細く削られたチョコレート。
チェリーをヨーグルト風味のムースとコンポートに。中にはピスタチオのババロア。
酸味があって爽やかなムースを食べていると、中からピスタチオで濃厚そうだけど
ババロアなのでそんなにくどくない。大きいのに食べるのはあっという間。
b0089578_033699.jpg
向こうから運ばれてくるのを期待に胸でふくらませ・・と思ったら、逆戻りして厨房に。
どうしたのかと思ったら、上にかかってる軍事評論家の髪型みたいな飴細工をのせ忘れ。
この飴細工に斜めのテーブルのお爺ちゃんが度肝抜かれたようで視線が熱い。

・コクテル・デセール
涼しげにジュレ、冷菓、フルーツを重ねたカクテル風。
ピンクは桃とアプリコットとソルベ、黄色はマンゴーにレモンのグラニテ、
緑はライムとバナナのグラスにパイナップル
さすがにピンクの飴細工は食べませんでしたわ・・口の周りにつきそうで。
b0089578_034542.jpg
・六甲産ハチミツマドレーヌ
六甲産バター&ハチミツを使って焼かれたマドレーヌはこのサロンと銀座店限定。
ウホッ大人買いしてお土産としてゲット。
ものすごくバターの香りがして優しい甘さで旨味でした。

この記事が一番上にある限り、どこからどうみても女らしいブログに映りますね!
すぐ終わるけど・・・
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-08-07 00:01 | 兵庫 | Trackback | Comments(22)