カテゴリ:福井( 15 )

福井(三国):バードランド(ピッツェリア)

b0089578_2145253.jpg
5月下旬、腹黒シスターズ(ゆんちゃん、カエマちゃん、nachiぼん、きみちゃん)と
最近では通勤1時間のためシロ女王から色黒キューピーに変化している私とで、
福井のナポリピッツァのお店バードランドに行ってきました。
このお店はナポリピッツア協会認定を受けているそうで、
数ヶ月前に全国誌でも地方の美味しいピッツァ店の特集で紹介されていた。

福井までの道のり、素直にたどり着けるわけもなく、
途中JA小松で地元キウイで作られたアイスを食べる、これがさっぱり美味いの。
そしてチーズパラダイスになったこの日の幕開けは車内で食べたフォルマ帝塚山のチーズバー。
b0089578_215286.jpg
まず、前菜のルッコラの生ハム巻きなどが出されて皆で食べていたが、
私とカエマちゃんだけチーズ3種盛りも追加して、チーズパラダイスに景気をつける。
b0089578_215129.jpg
シンプルなピッツァ
エダムチーズか何かが上にかけてあるだけのシンプルなピッツァ。
これがチーズの濃厚さと塩味加減がバツグンでとっても美味しい。
b0089578_2152313.jpg
・マルゲリータ(トマトソース・モッツァレラチーズ・バジル)
・ポパイ(ホウレンソ草のソース・アンチョビ・サラミ)
・カプレーゼ(トマト・モッツァレラチーズ・生ハム・ツッコラ)
・カンパーニア(ポルチーニ・モッツァレラチーズ)

怒涛のピッツア攻撃が始まり、ピッツァにかかせないモッツァレラチーズがのった
ピッツァを多く注文。こんなにモッツァレラが多いと胃がもつぁれら?(苦)
いえいえ、そんなことはまったくなく、もっとモッツァ来い状態。
生のポルチーニとモッツァレラの組み合わせがバツグンだったり、
シンプルなマルゲリータのトマトの風味も、新鮮なルッコラと生ハムピッツァもどれも美味。
b0089578_2154580.jpg
・シチリアーナ(トマト・モッツァレラチーズ・ケッパー・オレガノ・アンチョビ)
マルゲリータにさらにアンチョビなどのコクが加わる
b0089578_2155628.jpg
・カチョカヴァロオンリーのピザ
カチョカヴァロとは南イタリア南部で「馬の鞍」という意味の馬の鞍から垂れ下がっているような形のチーズ。
モッツァレラチーズを熟成させたようなクセのない味で、とっても美味しいです。
これはメニューにはない特別メニューでした。

b0089578_216793.jpg
・ティラミス
ドルチェでもリコッタチーズ、まさにチーズ責め。
チーズ好きにはたまりませんわ
b0089578_2162487.jpg
ピッツァを食べた後は、三国町に美味しいジェラード屋さんがあるということで海岸近くに移動。
この辺りはご当地バーガーの三國湊座名物三國バーガーがあるらしい。
福井県産のビーフと国産豚肉のブロックからつくる挽肉パテ(つなぎなし)、
米パンとらっきょが入ってるところも珍しい。今度食べてみたいわ
b0089578_2163319.jpg
三国のフルーツ・野菜を使ったジェラードを販売しているジェラード・カルナ
皆さん、お腹がいっぱいなようで、レトロな旧森田銀行本店に見学に行ってしまい、
アイスを食べたのは私とカエマちゃんだけ。
スイカとみかんだったかな?1口試食ジェラードはえだ豆
こってりチーズばかりだったので、スイカで口の中がさっぱり。
b0089578_2164392.jpg
どこかの施設の方々がジェラードを食べにきていて、
お店の写真を撮ろうとしたら全員こちらを向いて、記念撮影になってしまった。

またうまいものツアー、ご一緒させてください。
ごちそうさま
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-07-28 06:16 | 福井 | Trackback | Comments(28)

福井(丹生郡):アクティブハウス越前→大阪アロハ家

b0089578_7161496.jpg
アロハちゃん夫妻と小荷物の様に車に乗って大阪に向かういとちゃんと私。
途中、アロハちゃん達がいつも立ち寄るというアクティブハウス越前にて、体をさっぱり。
露天風呂でアロハちゃんといとちゃんはお互いの背中を流しながら義兄弟の契りを交わした。
日本海にせり出すように露天風呂が設置されているので、ものすごくいい眺めのお風呂。
夕日が見える頃にはたそがれ清兵衛。でも、あまり晴れている確率は低いとか。
b0089578_7162919.jpg
お風呂から上がれば定番の腰に手をあて瓶入りドリンク。
入り口の水槽にはこの近辺のお魚たちが泳いでいたが、
その中の2匹が追いかける、食べられて半身見えてるの捕食状態で、超ホラー。
b0089578_716426.jpg
コバラ減ったエリア、多賀SAに立ち寄った際に食べたのは、
「特製ピリ辛トマトラーメン」
セロリが入ってコンソメ味のスープがミネストローネ風!?
ちょいピリ辛味がなかなか美味しかったです、スープも結構飲みましたわ。
b0089578_717284.jpg
アロハ家に無事到着して、本格的に居酒屋アロハで乾杯。
アロハちゃん、お疲れのところありがとう。
乙女酒を飲みつつ、食べ物をワンコ状態で待っている2人でした。
b0089578_7171984.jpg
途中、越前海岸の市場で購入したボイルホタルイカ。
いとちゃんはいつもはホタルイカは生でしか食べないわよ、フフと本場富山の底力宣言。
b0089578_7173422.jpg
ハタハタの茹でたのにポン酢をかけたり、のどぐろの焼いたの。
パオちゃんのお土産の台湾ちまき、蒸す時間が分からず何度もメール。
朝とれの竹の子は香ばしくてとうもろこしのような味がした。
b0089578_7174863.jpg
買ってきたばかりのタコは生ハーブ入りガーリック炒め。
タコが歯ごたえがプリプリで美味しい連発!を発し、バクバク食べるスカタコ女王。
新鮮な海の幸ってほんとにいいもんですね~。

明日の行動を楽しみにしながら、女3人は布団に入り、電気が消えてからの定番
「女の幸せについて~序章~」を語りながら眠りについたのでした。

つづく
[PR]
by sukatan_queen55 | 2008-06-24 07:09 | 福井 | Trackback | Comments(16)

福井(福井市):福井駅前商店街、cafe jiji(カフェ)

b0089578_1373092.jpg
最近の旅といえば商店街、アーケード荒らしと誰が呼んだかいつのまにか福井駅前。
福井駅前商店街の中には綺麗な通りもあれど、何故か足は自分と同じくらい年季の入ったショッピングプラザへ。何十年もこの場所に鎮座していただろう、お土産のかゞみやでは福井名産品が午前8時から買える。「浜焼き鯖」が月刊『おとなの週末』に掲載されたとか。
b0089578_1374257.jpg
福井といえばソースカツ丼
駅前に吉野家を彷彿とさせるファーストフード店的なソースカツ丼 小川家が。
シンプルイズビューティーなソースカツ丼もいいけど、気になるのはマヨ丼

小川家のマヨ丼についてぐぐると・・・・・・おや?
写真でチャリに隠れているけど、マヨ丼の前に「辛」という字が。
辛子マヨネーズ!!辛子が苦手なのでこれはダメかも・・・思わぬヘタレっぷりを披露。

しかし、ソースカツにマヨ!身近にある調味料で魅力的な丼に。 灯台下暗し!
かなりの高カロリー。カイヤとマヨ並みの濃さ・・・でも、家で簡単に試せちゃうかも。
b0089578_1375447.jpg
商店街の途中には神戸コーヒーの老舗 にしむら珈琲の店舗が。
珈琲とは関係ない台湾タピオカドリンクに釘付け。
b0089578_138545.jpg
ピーチティーを選んでみたけど、これがかなりの激甘でタイムショック。
パール色のタピオカ共々、ムンクの叫びの表情で一気に飲み干しました。
b0089578_1381625.jpg
福井西武でお土産を買った後、お茶をするためにカフェ ジジへ。
b0089578_1382752.jpg
ボサノヴァがゆったり流れる店内にまったり落ち着いた店内。
うちにも昔の会議室にあったようなソファーが応接間にあるわ。
b0089578_1383935.jpg
ブルーベリーチーズケーキはこっくりとした濃さで美味しかった。
ボサノヴァと言えば、クラブ系のボッサハウスとかオムニバス系ばかり聴いて、
アーティストを選ぶことがなかったので、お店の人に聞いて地元に帰ってから即効レンタル。
今聴いてるのはBEBEL GILBERTO。他にお勧めがあったら教えてね。

と、ボサノヴァ聴いてブリリアントな午後を過ごしてオシャレに終わりたかったけど、
この日の夜は「やきとり大吉」で肉がっつりがぶり寄りでジエンド。

腹肉増強なお土産↓
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-10-19 01:39 | 福井 | Trackback | Comments(22)

福井(福井市):萬福(台湾料理)、福井市美術館

b0089578_1545525.jpg
9月中旬の休日、日帰りの方向にしては珍しく福井に出かけた。
もちろん目的ありきのお出かけ、目的地は福井市美術館
建物は周りをガラス張りで覆われた、OXOのサラダスピナーみたいな外観。
b0089578_155673.jpg
安彦良和原画展
言わずとしれた機動戦士ガンダムのキャラクターデザイン等で知られている安彦良和さん。
原画展ではアイディアスケッチ、設定画、漫画原稿、下絵等の 原画約300点を紹介している。

ちっちゃな頃から特撮とロボットアニメ、少年漫画に親しんできた男児の皮をかぶった乙女。
マジンガーZ、ゴレンジャー、キカイダー、ガッチャマン、ゲッターロボ、デビルマン・・・。
たまに女の子ものと言ったらキューティー・ハニー(←これも少年漫画だったわ!)

そんな私が機動戦士ガンダムを見ていたというのも自然なこと。
見ていたのは一番始めのシリーズだけということもあって、安彦良和さんに思い入れが一杯。
漫画の方も大好きで、友人から借りた「アリオン」も好きでよく読んでいたもんだわ。
その後単行本として沢山出版している歴史物の漫画は読んでないけど、動きのある絵が好評。

綺麗に色が塗られた原画や漫画の原稿などを眺めて満足だったけれど、
メカ物が描かれた絵に立ち止まってメカ談義していた男性3人組の気持ちはいまいちわからず。
当時ストーリーやキャラクターにはのめりこんでも、プラモデルには興味なかったし。
やはりその辺が男女の違い!?やっぱり中身は乙女だから?
ちなみに唯一作ったプラモデルは、小三の時に作った金閣寺のプラモ
ちゃっちゃな頃から人生設計に溢れていたよう。←将来の家か
b0089578_1551773.jpg
そして常設展示されている「高田博厚の世界」の彫刻展示も見てきました。
肖像作品を中心に、 彫刻約80点、デッサン約10点が展示されています。
b0089578_1552875.jpg
もちろんお出かけならばランチも重要。せっかくの福井だからオシャレなランチをと思いつつ、
台湾料理の萬福を選んでしまうエスニック星人の性。
ランチセットを求めに近くの会社の人がランチに訪れていた。
ランチの他に1品料理オーダーもOK牧場。
b0089578_1554061.jpg
焼き餃子
見た目は普通の餃子。でも、台湾料理だからか何か一味違ううまか味噌。
何かお肉にハーブか香辛料か鼻に昇って来る微妙な香りがあるわ。
b0089578_156410.jpg
小海老マヨネーズ炒め
もこっとした衣にプリプリの海老がうまーっ!!
隠れマヨラー親衛隊なのに思わぬ叫び声でバレてしまう。
b0089578_1562286.jpg
台湾風鶏肉辛子炒め
オーソドックスに野菜を摂取する品を注文してみました。
鶏肉も偶然にも入っていましたね、肉星人の陰謀でしょうか。
鶏肉は柔らかくて味付けも塩加減がちょうどよい感じ。
b0089578_1563516.jpg
台湾ラーメン、台湾チャーハン
名古屋!?何をもって台湾ラーメン!?
台湾ラーメンの特徴ってひき肉とやや辛めの味付けかしら。
肝心の味は結構ふつー。ラーメンはそれほど辛くなくあっさり系。
だいたい基本は餃子の中に入っている独特の香りのあるひき肉とみた。
それがチャーハンにも活かされている様。

台湾ラーメンといえば、懐かしい名古屋のあの味。
ちょうど離れて暮らす恋人を思うように名古屋の台湾ラーメンに思いをはせていました。

そして今更ながら、これらは一人で食べたのではありません。

つづく


★リアルタイムな出来事

↓前の記事で1日中肉祭りをした後、日曜は家で怠惰な生活をしていた結果、
月曜、会社に出勤すると「顔が丸いよ」とプチ死刑宣告。

さらに誰でもちょっとでも太ったらまる分かりの「体型基準ジーンズ」を持っていると思うが、
はいてみると圧迫感で死にそう・・・。
会社の階段は何か背中に憑いてると思われるほど、足取りが重いし。。

ちょっとっ1日中肉を食べていると太るわっ!!

と、当たり前の事を確認しつつ、鬼の形相で必死こいて運動した結果、
大分食べる前に戻ってきた。後もう少し・・・。
しかし、ジーンズにゆとりが出ると肉を食べていいサインと勘違いしてしまうという事の繰り返し。
コレガループの法則。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-10-17 02:07 | 福井 | Trackback | Comments(32)

福井:大人の遠足(若狭三方縄文博物館→けんぞうでお蕎麦)

今更ながら7月総決算スペシャル。
27日にフジロックで1泊、28日にフジロック帰りでその夜に飲み会。
そして29日は大人の遠足・福井ツアー!!遊戯王と呼ばれる日も近い。

今回の遠足ツアーの目的地は福井の若狭三方縄文博物館
これは名古屋へ「若冲と江戸絵画展」を観にいった時にとある方が行きたい!
とごねていたけど却下されていた因縁の場所。
縄文博物館だけだと、皆のテンションが上がらなさそうなので永平寺も追加。
さらに美味いご飯処も計画に入れなければ死を招く。

参加者:のりさんカエマちゃん、カオナシさん、いとちゃんプリさんゴルさん
ゴマちゃん、paokoちゃん、スカ女王。


早朝7:30、私はpaokoちゃんの車に拾ってもらうべく、待ち合わせ場所で待機していた。
私を乗せた後に次に乗る予定のいとちゃんからは、軽くご飯食べているわ、とメール。
待ち合わせ時間を過ぎて、少し遅れるのかな~と思いながらじっと待つ。
5分・・・・10分・・・・15分・・・遅いわ・・・。

のりさんがもう車乗ったか?というメールが来たので、まだ来ないよ~と連絡。
私はpaokoちゃんの電話番号を知らなかったので、のりさんが携帯にかけると留守電。
ど・・どうなっとるんや~~。もう20分・・そろそろ30分や~。
そのうち、いとちゃんからは迎えはまだかーー(笑)というメールが。

行方不明のpaokoちゃんに連絡を取るための最終手段。
paokoちゃんの姉、パオちゃんに実家に電話してもらうというもの。
そうしてパオちゃんに実家に電話をかけてもらうと・・・・paokoちゃんは寝ていた!
すぐさま「すびません!今すぐいきます!」と切羽詰ったメールが。
うふふ・・・ふふふ・・・女王を待たせるとは・・これはバツゲームが必要ね・・。

急いできたpaokoちゃんノーメイクにひっつめ髪、足元にサンダルが転がり、裸足で運転。
次なる地点でいとちゃんを乗せて、他の皆との合流地点へとひた急ぐ。
急ぐ心は冷静さを欠けさせるのか、高速への入り口を見落としてそのまま突っ切ろうとして、
私たちに「ここだよーー!」っと言われ、急ハンドル走行。

さて高速に入ろうと思ったら今度はETCが調整中だったので、後々都合が悪いので
高速に乗るのはやめて、下道への横道に入っていったのだが・・・
「この辺の道よく知ってるの?」「あんまりよく分かりません」
との言葉どおり、しばらく走行していると通行止めの看板が。今度は迷ってしまった!!
仲間からは「今、どこだーー?」の電話。。。うふふ・・

しばらく道を迷っていたけど、ナビの地図を見ながらやっと分かる道へと出れた。
すると今度はガソリンがなくなりかけと分かり、ガソリンスタンドへ。
ガソリンを入れてもらって、「じゃあ」と店員さんに笑顔で挨拶するpaokoちゃん。
「まだお金貰ってないんですけど!」
どれだけ慌てているのか!!慌てん坊将軍!!

やっとのことで、皆が集まる合流地点にたどり着いた私たち。
のりさん、カエマちゃん、カオナシさん、ゴマちゃん、ゴルさん合流。
朝ごはんは福井のソースカツ丼の予定だったのだけど、
待っている間に皆さん、朝マックしてやがったのです。←凶暴な丁寧語。

怒るでしかし!名前はもやし!洗うでタワシ!(松島尚美語録)
b0089578_1943716.jpg
でも、自分も朝マックを買い、車で食べるとすぐに機嫌は直りました。
腹が減ると怒りっぽくなるのは遥か縄文時代から受け継がれてきました。
福井の途中でプリさんを迎えに行って、縄文博物館へゴーストレイト。
b0089578_19432024.jpg
若狭三方縄文博物館は出土された縄文時代の丸木舟や縄文土器の展示、
この地にくらした人々の生活を紹介などが常設展示されている。

ここで体験講座の1つである「火おこし」を体験する予定であったが、
なんとこの日は「勾玉づくり」(かなり時間がかかる)だったので、体験できず!
事前にチェックしないと!!体験するはずが、体験スルー。

私が興味を持ったのが、当時食べられていた四季の献立
春は山菜、夏は魚、秋は縄文団子に鹿の肉、冬はイノシシ鍋・・ハァハァ。
ここに縄文レストランを作ればもっと観光客がきたのに!縄文文化理解への主旨が違う!?
b0089578_20111840.jpg
丸木船で縄文体験する美女3人
b0089578_20113264.jpg
水葬!?
b0089578_20114349.jpg
レレレのおじさん風とギターと勘違いしてる人。
b0089578_2011554.jpg
土器を割っちゃったかしら、ドキッ。
これはパズルになっている。さすがDOKIDOKI館。

そしてなんとなく観終わった縄文博物館。
ゴルさんは1度来館したことがあるそうで、
ここの近くの昆布博物館の方が面白いぞ!と言っていたのはここだけの秘密。
b0089578_20121119.jpg
始めの計画ではお昼ご飯にトックリ軒→永平寺というコースの予定。
しかし、もろもろの事情で急激な変更を余儀なくされる。
途中で誰が言ったかミニストップに休憩タイム。

ミニストップと言えば、ソフト、サンデーの類が豊富!
石川県にはミニストップはないのでこのチャンスを逃さず。
マンゴーパフェ かなりゴロゴロとマンゴーが入っていて美味しい!!
マンゴリアン先生大満足。
ほんと・・金沢にあればいいのになぁ・・・頼むぞ!!!ミニストップ!
b0089578_20122351.jpg
腹ペコリーナならば、サービスエリアの屋台に釘付けになるのも仕方がないこと。
b0089578_20123464.jpg
アカニシ貝?の串焼き。目が血走っている皆さんと仲良く分けて食べる。
b0089578_20124592.jpg
トックリ軒ランチはまたの機会になり、永平寺に行くのもまたの機会に。
永平寺には行かないが、永平寺近くの蕎麦で有名なけんぞうでランチ。
国内産そば粉を100%使っている福井で人気の蕎麦屋さん。
b0089578_20125687.jpg
注文したのは5合そば(2~3人分)。
けんぞうそばには辛味大根出汁のタレが付いてくるのだが、
私はやや大根おろしが苦手。辛くないものは食べれるが、辛いのが苦手。。

なので、私だけ普通のお蕎麦のタレを注文。
普通のタレの器が可愛らしかったので見て見てと見せたが、お子ちゃまとあしらわれる。
周りにぶちまけたくなる衝動にかられる大きな大根おろしの器。
b0089578_2013759.jpg
けんぞう蕎麦は太くてコシがあって美味しかった♪
やや離れた席でpaokoちゃんが何かの蓋を転がしてボチャッと落としていたらしい。
ここでもある意味主役。天然で笑いが取れる・・・羨ましいわ。
b0089578_20132139.jpg
のりさんが夜の仕事が入ってしまったということで、早々と金沢に帰ってきてサイゼリアで宴会。
パオたん一家がここで参加したので、人数は13人に。縁起のいい数だわ。

結局、この日は縄文博物館とお蕎麦を食べただけの遠足。
だが、サイゼリアで宴会は外せない。
早速、高速ワイン回しに取り掛かって、ワインを辺りにこぼしまくる。
b0089578_20133672.jpg
食べたものの一部たち。
北陸の気配りと呼ばれる私がピザとハンバーグを切り分けたのに、
切り分けた後、さっさと他の物を食べ出すと「どうぞ、って普通言わないか?」とな。
切ってもらっただけでもありがたいと思え!と女王節は出さなかった温厚な私。
口の中に何か入っていたからかは秘密。
b0089578_20135446.jpg
サイゼリアの後は金沢駅構内にある「甜花美人」でマンゴーパールシャワー。
ここのマンゴーは柔らかくて沢山入っていて大満足。

行けなかった場所はおおけれど、ネタ大盛りで楽しい遠足でした。

★私よりも細かく書いてあるのりさんの記事
多少、私のイメージが暴れん坊将軍なセリフに勝手に書き換えられています。
[PR]
by sukatan_queen55 | 2007-08-19 10:35 | 福井 | Trackback | Comments(36)