石川(野々市市):スパイスカレーカフェ・コッタ(spice curry cafe KOTTA) 「スリランカプレート」

b0089578_15302190.jpg
日々の様々なしがらみから抜け出して、友人たちとひと時の時間を楽しむ脱走ランチ。
今までも友人間で脱走ランチ言ってたんですが、何故かカレー屋さんや食堂が多い。

今回もあそこのあのメニューを未食という訳で、野々市のスパイスカレーカフェ・コッタ(spice curry cafe KOTTA)
カレーカフェなので早く食べなきゃ!という焦る空気がなく、
何よりここの独特のスパイス使いが美味しいのでお気に入りのお店。

・スリランカプレート:チキンカレー選択(トッピング:スパイス玉子)

ワンプレートの中に豆カレー、チキンカレーor野菜カレー、カボチャのサブジ(スパイス炒め)、
ココナッツのふりかけ(ポルサンボル)、ピクルス、レモンなどで構成されたスリランカプレート。

店主さん曰く、よく雑誌でも紹介されている大阪スパイスカレー
(本格的なスパイスカレーにフリースタイルな路線をプラス)を少し意識されているそう。

のってるカレーは2種類で豆カレーはデフォ、チキンと野菜が選べるのでチキンカレー(辛さ2)を選択。
それぞれもいいですけど全部混ぜて食べてみてください、との言葉に従って
スプーンで混ぜながら食べるとホットなチキンや優しいダル、ココナッツが複雑に混ぜあってうまーい。

スパイス玉子を最後まで大切に大切にとっておいたら、中身の黄身の部分はとろっとトロけてきた。
最初に割って混ぜてもよかったかしら・・好きなものを最後に残す性分なので。

こちらは限定ではなく定番にするつもりとおっしゃっていたので、慌てなくても安心してまた食べに行ける。
ご飯の量はランチは大盛り無料ですが、私は普通です。
b0089578_15302940.jpg
カレーとセットで出てくるミニサイズのサラダ、玉ねぎドレッシングの旨さが引き立つ。

b0089578_15303842.jpg
友人が食べていたスリランカプレートの野菜&豆カレーのパターン。
野菜カレーは以前食べた時、野菜の甘みをいかした辛くないカレーだったので、豆カレーと合わせると癒しカレーコンビ。

b0089578_15304744.jpg
そして5月上旬から始まった限定の「ポークビンダル」、大体の説明は去年の記事を参考にしてください。
酸味があって辛くてパンチのあるカレー、これを友人はスパイス玉子をプラスして食べていました。
辛さがレベル3から始まるので最初から辛いけど、美味しかったのでこれもまたトライしてみたいなぁ。。

✳︎ポークビンダルはスリランカプレートにも変更可能だそうです(追加料金あり)
b0089578_15305553.jpg
友人が頼んでいたデザートとドリンク付きのセット:アイスマサラチャイとクリームブリュレ

混ぜながら食べるスリランカプレート、それぞれの味わいの変化を楽しんでください。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-23 23:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(鞍月):トラットリア インフィニート(TORATTORIA INFINITO)

b0089578_15205362.jpg
その昔、同級生の結婚式が相次いでいた時、思えばバブリーなフォーマルウェアを着ていた記憶がある。

今もちょくちょく結婚式に呼ばれるので、数年間同じワンピースを着まわしていたが、
友人の結婚式を来月に控え、さすがにもう買い替えだろうとGW最後の週末にアウトレットで買ってきました。

私自身のパーティーウェアもアウトレットで購入したし、そう頻繁に着るもんじゃないからOFF価格で十分。
結構ベーシックなデザインも残っているんですよ、アクセサリーも揃えて準備万端。

金沢に戻ってきてからの夕食は、トラットリア インフィニート(TORATTORIA INFINITO)
鞍月にあるイタリアン、自慢の自家製生パスタや小皿料理など豊富で久しぶりにきました~~

前菜の小皿メニューは「前菜おまかせ5皿:1,800円」がお得。
盛り合わせではなく1品づつサーブされるので、出来立てをよく味わって食べることが出来る。

・燻製した鯛とマッシュポテト バーニャカウダーソース

ほんのり燻製の香りがする鯛にコクのあるバーニャカウダーソースの対比。
b0089578_15205981.jpg
・タコとセロリのマリネ リンゴのソース

新鮮なタコとセロリのマリネはフルーティーな林檎のソースでさっぱりと。
b0089578_15210440.jpg
・新ゴボウを巻いた豚バラ肉 バルサミコソース

バルサミコソースのまろやかな酸味が食欲をそそります、上はルッコラ

b0089578_15211251.jpg
・トリッパ(牛の胃)のトマト煮

モツじゃー!久しぶりに食べたかもトマト煮好きっ、よく噛んで噛みしめました。
b0089578_15211932.jpg
・ホタテのキャラメリゼ 新玉ねぎのスープ

前菜の中では私はこれが一番、ホタテが新鮮でやわらか~くて表面が香ばしく、
周りの新玉ねぎのスープがさらっとしてるけどこっくりして美味しい。

b0089578_15212632.jpg
・ほうれん草のタリオリーニ(穴子と山菜のペペロンチーノ)

本日はパスタ16種類の内、生パスタが6種類・・ま、迷う。
違うタイプの生パスタを2種類頼むことにしました。
タリオリーニは細いロングパスタ、生パスタなので柔らかくモチモチ♪
仄かに緑の香りが広がって、穴子やコゴミであっさり系なのだけどニンニクの香りでもりもり。
b0089578_15213394.jpg
・パッパルデッレ(クリームミートソース)

こちらは幅広い形状のパッパルデッレ、ミートソース大好きなので当然惹かれます。
ソースがよく絡んでもっちりして、肉ッらしくて美味しい。
b0089578_15213900.jpg
・黒毛和牛ヒレ肉のソテー

こんなにお肉が隠れるほど野菜が盛られているとは想像せずにビックリ。
アスパラガス、ヤングコーン、ズッキーニ、その他野菜たっぷりと。

b0089578_15214659.jpg
・ティラミス、ガトーショコラ、カスタードケーキ
ドルチェは3種類、最後に甘いものもいただいてお腹一杯。

お客さん達は女性同士、家族連れ、私たちの様な男女など様々、
パスタもいいけれどメインもあれこれ揃っていて
アットホームながら上品な雰囲気で親しい人とゆっくりくつろげますよ。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-22 23:13 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(玉鉾):自家製麺のぼる 「トムヤム」

b0089578_15575850.jpg
玄関前にイタリアンパセリの鉢植えを育てていて、毎朝水をあげて出勤するのが日課になっている。

けれど、パクチーにすればもっと頻繁に摘んで料理に使っていたかな?
摘み過ぎてすぐに無くなってしまいそうだけど。

そんなパクチニストの目が光る限定メニューが出たと聞いてさっそくパク女行動、自家製麺 のぼる

・トムヤム(小盛り・煮玉子)

タイのトムヤムクンをアレンジしてのぼるさん風のトムヤムに仕上がったエスニックメニュー。

清湯スープベースにレモングラス、カー(タイの生姜)、紫玉ねぎ、バイマックル(こぶみかんの葉)、
生唐辛子、有頭エビ、ナンプラーがスープの材料。

レモングラスやバイマックルの爽やかさ、カーはスーッとした独特の香りなので多少影響されているでしょう。
それらがミックスされた繊細で穏やかな辛さ、後からくる酸味が気温が上がってくるこれからの季節にピッタリ。

本場タイのトムヤムクンはフレッシュハーブがガツーン!と入っていたりするので、香りや辛さがどうしても強い。
本格的すぎになることもなく、でもトムヤムと分かる味でバランスが取れていて美味しい。

具材はパクチー、豚チャーシュー、プチトマトのローストがよりフレッシュな酸味を増します。
煮玉子は味が違うので別皿で提供。

パクチー→ネギ
プチトマト→フライドオニオン
に変更可能です。

パクチーが苦手な人、多いですよね。
何も気にならない人には苦手な人の気持ちは中々理解できないんですよ。
あ、でも自分の立場で振り返ると理解できます。
私は山葵が食べれませんからね・・・。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-21 23:45 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(3)

富山(桜町):PRONTO(マリエとやま店)で二次会、ますの寿し「千歳」

b0089578_15552801.jpg
富山にて夜ご飯を食べ終わり後は電車に乗って帰るだけ・・・なのだが、
まだ微妙に帰宅するには早い時間帯だったので、
駅で時刻表を確認しつつ身体は駅前のマリエとやま1FのPRONTO(マリエとやま店)へ吸い込まれて行く。

PRONTOと言えば私も県外で何度かお世話になりましたが、コーヒー飲んで軽食食べて~とカフェのイメージが断然強い。
もちろん、朝はモーニングセット、昼はパスタにコーヒーなどカフェフードが目に付く。

夜はバータイムとしてバル的な1品料理が沢山あって、カクテルにビールにワインにって
ここ前からこんな感じだったかな?あまり気に留めていなかったので知らなかった。

で、大手のチェーン店価格よろしくリーズナブル!うん、ここでいいや。
中々お洒落だしスーパー気軽に使えるし、石川県にも出店してほしい。

私の心を見透かしたかの様に店内は賑わっていて、私たちが滑り込みセーフで待ちが出るほど。

期間限定のピーチオレンジサングリアは、ルジェリキュール「ペシェ」と生オレンジ、イエローピーチが入った
白ワインベースでフレッシュがフルーツがほんのり甘いサングリア。
ちょい飲みワインの白は330円。

そしてイモりこ!どこかで見たパッケージはカルビーの「じゃがりこ」。
プロントとカルビーのコラボメニューで、フライドポテトにあの馴染のある味付けで熱々ホクホク。

b0089578_15555851.jpg
・大地のごぼう揚げ:490円

北海道帯広産のごぼうが揚がってます。
外側はカラッとしてるけど牛蒡の水分で食感はしなっと柔らかい。
b0089578_15562841.jpg
・チーズたっぷりマルゲリータ:730円

かろうじて1カットにバジルが1切れづつトマトの量は惜しいがチーズはいっぱいかかってる。
カリカリテイストのマルゲリータです。
ナポリタンにも目が付いていきましたが、お腹具合は足並みそろいませんでした。。。

b0089578_15565821.jpg
富山大和のB1階グルメワールドのふるさと名品店に、何店舗か販売しているます寿しコーナー。
お目当てのお店に直接行ければ一番いいけれど、足がない分手土産を買うのにこんなコーナーは有難いです。
何事も色々食べ比べてみなければ分かりません、今回は神通川沿いにある千歳(ちとせ)

b0089578_15572861.jpg
あっ・・丸型の写真を撮ろうと思ってたのにもう先に食べてしまっていた・・(よくあること)
見た目、しゃりも鱒の部分もやや薄め、ごはんの部分はしっかり押されている。
そしてどちらもかなり〆られていて、後味はは割とあっさり・・という感想でした。
最近は生タイプを食べることが多かったので、伝統的なしっかり〆られているのもいいですね。


[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-20 23:42 | 富山 | Trackback | Comments(0)

富山(富山市布瀬町):コンヴィーヴィオ (CONVIVIO)

b0089578_15441367.jpg
5月のGWの真ん中日は電車ガタゴトでぶらり日帰り富山プラン。
富山県美術館がプレオープン中なので、入場無料スペースを利用してオノマトペの屋上で一休み。

たいめいけん目当て疑惑を持たれつつも、富山に到着したのが午後2時頃だったのでランチは先に金沢で済ませてきました。
その後街中に移動したものの、大和周辺しか行かないというほぼ行動がパターン化しております。

富山大和の二階はOLブランドが揃っているので、金沢みたいにあちこち回らなくて便利。
金沢にあるお店なのに富山で買う、ちょっとした旅意識がなせるショッピング。

夕飯は郊外とは言わないまでも繁華街からやや離れた位置にあるコンヴィーヴィオ (CONVIVIO)
見上げるとお店の看板が二階にさりげなく主張しているのを発見。

事前のネットの情報から、確かにポルトガル料理っぽいメニューもポツポツ見受けられるけど、
それだけに拘らないシェフ独自の感覚で構成されるボーダレスな欧風料理といったところ。

b0089578_15444366.jpg
部屋の窓から日が沈む様子を眺めながらの乾杯の1杯は、
生ビール(ハートランド)とスパークリングワイン(ヴィーニョ・ヴェルデ)のグラス。
b0089578_15451490.jpg
・苺とフルーツトマト、ブリーチーズのサラダ

食べやすいブリーと甘いフルーツトマトに苺とナッツとディル。
苺が入るだけで甘酸っぱい春らしい爽やかなサラダに。

b0089578_15454641.jpg
・鯵のブルスケッタ

パンとスライストマト、鯵に上にかかっているのはパクチー。
調べてみるとポルトガルでは様々な料理に使われているそうで、なるほど知らないことって色々あるもんです。
なんたって香りが良いものね、パクチー大好きです♪


b0089578_15461775.jpg
・干しダラのスクランブルエッグ

干しダラ(バカリャウ)が入った塩加減と野菜などが入ってとろとろなスクランブルエッグ。
カンパーニュの様なパンにつけていただきます。

b0089578_15464824.jpg
・マダイと海の幸のカタプラーナ

本当はウサギとムール貝のタジンも、ん?エスニックっぽいのかな、と気になっていたけど、
ポルトガル料理らしいカタプラーナにメインを決めました。

カタプラーナはポルトガル最南部アルガルヴェ地方の伝統的な調理器具「カタプラーナ鍋」を使った料理。
そうそう、東京や名古屋でポルトガル料理食べに行った時も最後のメインはカタプラーナで〆。

マダイと大きな海老、ムール貝、そしてこの長いのはちょっとマテ貝!?
この形状が熱伝導率が良いらしく素材の旨みをぎゅっと出してくれるとか。
フレッシュトマトのベースと魚介の出汁がいい味だしてます。
b0089578_15471880.jpg
で、この美味しいスープをほっとく手はないということで+400円でリゾットができます。
出てきたのが、これまた昔のヨーロッパの絵本にでも出てきそうな厚手のポッテリした鍋。

b0089578_15474844.jpg
グツグツいっててとっても熱そう~実際熱い。
魚介の出汁を吸い切ったリゾットが美味い、しか出てこない。
今の季節もいいけど、ちょっと寒い時期だと身体が温まってより最高。

お肉好きには仔羊・仔牛・イベリコ豚のローストなどもあるし、
メニューにリゾットが多いのも日本人としてはほっこりするところ。

ちょうど良い広さのくつろぎ感と食事も美味しくいただけました。
また行きたい!誰か連れていってくださいな。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-19 23:49 | 富山 | Trackback | Comments(0)

石川(野々市市):ル・ベルジェ (Le berger)で本日のランチコース

b0089578_10042521.jpg
5月のGWのしょっぱなは、ここ数年定番となっている九谷茶碗祭りへ友人と行ってきました。

込み合うので年々起きる時間が早まっているのですが、
考えることは皆同じなのか、会場前の道路もお目当てのテントの前もすごい列でぐったり。

毎年買い足しているけど、買うほどに割らないので食器棚に溢れんばかりな器たち、来年はどうしようかな。。。
でも、友人とお出かけして器みてブースでお茶買ったりと行動すること自体が楽しいんですけどね。

そしてその後に皆でランチするのもまた楽し!予め予約してあった野々市のル・ベルジェ (Le berger)
フランスの田舎料理とワインが楽しめる隠れ家的なビストロ。

気軽な居心地のよい空間が特徴で、前にアラカルトディナーを体験していたけど今回はランチコースで。
コース内容は数種類ありますが、提供時間に差が出るためなるべく統一することを推奨しています。

私たち3人が選んだのは、本日のランチコース:2,800円
前菜・スープ・温野菜・主菜・デザート・パン・食後のお飲物

メインのお料理は以下から1品選ぶ
・本日のお魚料理
・大山ルビーポークのロースト
・仔羊の煮込み
・パベット(ハラミ)ステーキ(+200円)

肉料理に当然目がいく中、いきなりステーキもまだ行けてない影響かステーキという文字にやたら敏感。
肉食女子3人は迷わずパベットステーキで統一!

・イノシシのリエットを詰めたグジェール
チーズの風味がするシュー皮のグジェールにペースト状の猪のリエット。
b0089578_10043194.jpg
・フォアグラ入りのパテ
みっちりと詰まったパテが肉肉しい繊維感が食べごたえあり、そしてカラフルなお野菜たち。

b0089578_10043734.jpg
・西洋ごぼうのスープ
ごぼうのスープなのにあの独特のクセがしない優しくてクリーミーなスープ。

b0089578_10044392.jpg
コロンとしたパンは自家製かな?オリーブオイルと。

b0089578_10044942.jpg
・野々市産のグリーンアスパラガス
野々市で確か有名なアスパラガス生産者がいたのを記憶の片隅に覚えてた。
ホクッとしたアスパラガスの自然な美味しさにスクランブルエッグと生ハムの塩味をプラスして。

b0089578_10045525.jpg
・パベットステーキ
脂身が少なくて赤身の旨みと柔らかいけど適度な噛みごたえ、肉汁も出てきてうまし!
仔羊の煮込みも気になっていたけど、こちらでさっぱりとしながらお肉を食べたという満足感。
b0089578_10050271.jpg
・いちごのババロア
何気に一番美味しい、と感動したのがこのいちごのババロア。
プルンとしてフレッシュないしごの風味が活きている。

b0089578_10050732.jpg
食後はカフェオレ、エスプレッソ、コーヒー、紅茶、ハーブティーから選べて、私はハーブティー。
いちごとローズヒップとハイビスカスのハーブティーは甘酸っぱく先ほどのババロアと合わせても春っぽい。

素材の力をシンプルに味わえた美味しいランチ、ごちそうさまでした。
さて、この後は九谷焼き祭りで仕入れた戦利品をチェック、来年も器にかこつけてランチ巡りの為に集合するかも。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-18 23:05 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(笠市町):サニーベルコーヒー(Sunny Bell Coffee)移転オープン

b0089578_16512047.jpg
いつも月一でラテアート教室に通っていた野々市の自家焙煎コーヒーショップ&カフェの

サニーベルコーヒー さんが、4月28日に金沢駅近くの別院通り商店街の通りに移転オープン!

位置は駅側から商店街を入ってずずずいっと奥に進み、やや後方のいろは食堂さんの前辺り。
920-0851 金沢市笠市町5-8

よく土曜日の午後なんかに立ち寄らせてもらってたんですが、家から近くなって嬉しい。

今までとは違って、駐車場はないので近くのコインパーキングを利用することになります。
b0089578_16514972.jpg
横に長い建物の内装は旧店舗の白い空間から一新して、グレーを基調としたシックでウッディーなイメージ。
b0089578_16521923.jpg
コーヒーカウンターと奥にある飲むスペース、豆を焙煎する場所と分かれてるスペース。
b0089578_16525065.jpg
窓側のカウンターは立ち飲み専用なのか、後日椅子が入るのかはまだ不明。

午後の日差しが入りこんでくるのでお店の中は明るい。
b0089578_16531952.jpg
カウンター上にパッと見すぐ分かるテイクアウト用のカップ類。

この日もお店を通りかかった人が何人もテイクアウトでコーヒーを買っていきました。

観光客も通りそうだしご近所の人も利用するみたいで、確かに職場近くにあるとテイクアウトは便利。
b0089578_16560214.jpg
頼んだのはアイスカフェオレ、暑かったので夏の定番。

b0089578_16564313.jpg
また別の日はホットカフェオレ、綺麗な店主のフリーポアのラテアート付。
b0089578_16571387.jpg
近くでラーメンを食べた後だったのでお腹に入らなかったけど、

TANAKA 1975さんのティラミス、パン屋こくうさんのイングリッシュマフィンがメニューにあります。

b0089578_16574339.jpg
今まで通りの自家焙煎のドリップコーヒー、カフェラテ(ホット・アイス)のメニュー。

そして、カフェインレス派になった私へ嬉しい朗報!

ここではミルクを入れて普通のコーヒーを飲んでいますが、家では完全にデカフェしか飲んでいない私。

デカフェがあるのはスタバとタリーズくらいなので、その利用が頻繁になっていたところ、

なんとデカフェの生豆を仕入れたそうで、後日豆を挽いたらデカフェメニューが登場するのね、きっと。

これはマジで嬉しい、デカフェが飲めるカフェってあまり見つけられないし。

週末のくつろぎタイムに私の行きつけのカフェとしてまた利用させていただきます。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-17 23:58 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(野田町):ムシャリラ・ムシャリロ の弁当屋(完全植物性の弁当屋)

b0089578_10065868.jpg
久しぶりの通院日、必ず飲んでいたジュースバーはシャッターが閉められ閉店してしまっていた。
あのスロージューサーの滑らかなジュースがもう飲めないのかーとガックリ感。

毎朝、りんご&人参豆乳ジュースを作って飲んでいるので、スロージューサーの購入も考えていたけど、
飲む度に解体して洗うのが忙しい朝面倒な気がして(ミキサーは簡単)未だ購入せず。

ミキサーで作ったジュースはドロドロで飲みにくいけど、このままズルズルと買わないような気がしてきた。
そんな通院日のランチはヘルシー嗜好を形にしたムシャリラ・ムシャリロ の弁当屋

駐車場に車を入れようとしたら友人と偶然バッタリ、思いがけず楽しいランチになりました。

・ハザ干しコシヒカリ
・人参葉&野菜のかき揚げ
・スナップエンドウと原木椎茸の白和え
・紅くるり大根のピクルス
・筍と蕗の煮物
(スープ)
・レタスと牛蒡のお味噌汁(玄米糀の手前味噌)

久しぶりの和の懐かしい感じのほっこりご飯かも。
人参葉のかき揚げは繊細な口当たりでサクサク、味の染みた煮物に
お互いの食感を楽しむあっさりとした白和えなど、どれも癒される身体に優しいお料理。

ラーメンもカレーも好きですが、身体の中から元気がもらえるので出来れば毎週いただきたいです。




[PR]
# by sukatan_queen55 | 2017-05-16 23:07 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)