金沢(安江町):麺屋 白鷺「極にぼ鶏そば」

b0089578_13443829.jpg
昨年末から1月にかけてのバーゲンや旅行でのカード支払いが一気にやってきてビビる2月初め。
ニコニコ現金払いよりも最近はカード払いが多いので、それに応じてカードポイントが貯まっていきます。

で、ポイントが貯まってきたので景品交換が立て続けに続いていて、
少し前に送られてきたのはふとん乾燥機で現在バッチリ活躍中。

後、発送されるのを待ちわびているのは、スロークッカーと柳宗理の鍋。
グルメ品よりも生活用品と交換するのが好きな私が次に狙っているのは、オーブントースター。

今使用している物の中が焦げで真っ黒なので、そろそろ買い替えかな~と思っていたところ。
そんな主婦の方は結構多いと思われるけど、アンケートなどに答えながら日々ポイント野郎と化しているのです。

記事はまだ1月末、ギリッギリ期間限定を食べることが出来た麺屋 白鷺

・極にぼ鶏そば

1月30日までで行ったのが29日なジムアフターラーメン日。
長崎県産にぼし(いりこ)と鶏白湯(しょうゆ味)のスープは見た目からニボニボ。
特にニボラーでもない私はこの手の灰色のスープは初めてかな?

セメント色のスープ、煮干しの香りは当然するけど鶏白湯のコクも相まってかそれほ初心者にもキツくない。
というか、とっても美味しいんですけどー。
これはもう1回リピートしたかった、というか終了1日前に行っていてなんですが。

麺はいつもの細麺ストレート、肩ロースチャーシュー、小松菜、玉ねぎ、柚子、地のり。
柚子はここの特徴みたいなもんですね。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-02-15 23:52 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

石川(加賀市・山中温泉):ラ・モンベッタ(La Monbetta)イタリアンでランチ

b0089578_12253458.jpg
金沢の積雪も半端なかった2月初めの週末、親戚一同で山中温泉にお泊りしてきました。
こちらは積雪量は多いもののさすが温泉観光地、道路はちゃんと除雪してありあちこちに雪の山。

お泊りした翌日、各家族は旅館で解散して私たちは山中温泉の街を散策していたのですが、
あやとり橋までの坂道は雪でボコボコ、私のブーツだとツルッと滑りそうだと諦め。

山中漆器の店やお土産屋さんを点々としつつ時間を稼いでる内に、そうもうすぐランチの時刻。
開店と同時に入る予約をして向ったのはイタリアンのラ・モンベッタ(La Monbetta)

しばらく山中温泉で食事をする機会がなかったのでイタリアンが出来たことを知らなかったのですが、
2015年4月オープンと比較的新しいお店で、築80年の古民家をリノベーション。

外観は1階はモダンでシックな造りですが2階はそのままの形で残っていて、
内装は白と木を基調としたすっきりとした雰囲気で新しく改装され、窓から眺められる庭が昔の面影を残しています。

ランチは3種類
A:前菜盛り合わせ、本日のパスタ、バケット、本日のデザート、食後のお飲物:1,700円
B:前菜盛り合わせ、本日のスープ、本日のメイン料理、バケット、本日のデザート、食後のお飲物:2,200円
C:前菜盛り合わせ、本日のパスタ、本日のメイン料理、バケット、本日のデザート、食後のお飲物:2,800円

あれこれ味わいたい私たちはCランチを選択、お互い違うメニューを選んでシェアすることに。
b0089578_12253995.jpg
前菜盛り合わせ
自家製リコッタチーズにモルタデッラ、ハタハタの南蛮漬け、小鯛のマリネ、鶏レバーのブルスケッタ
途中でバケットが出てきます。
b0089578_12254304.jpg
ゴルゴンゾーラチーズとタレッジョチーズのパッケリ
大きなマカロニの形をしたパッケリはもっちり、ゴルゴンゾーラ特有の香りのする濃厚なソースが旨っ!
上には胡桃が散りばめられて。
b0089578_12254806.jpg
能登豚と地物冬野菜のラグーソース、タリアテッレ
ひたひたになったスープパスタのようなラグーソースは中々のボリューム。
人参、ほうれん草、椎茸など冬のほっこり野菜と豚肉の煮込みは、ソース自体は意外とあっさり素材の旨味を味わう感じで。
b0089578_12255634.jpg
牛ロースのタリアータ フルーツトマトのサラダ添え
メインの片方はやはりお肉が食べたい、ということでタリアータ♪バルサミコのソース。
フルーツトマトやグリルしたものなど野菜が沢山添えてあると嬉しい。
b0089578_12260045.jpg
真ダラとその白子のスープ仕立て
白子の1文字で選んだメイン、温かいタラと白子のトロッとした口当たり。
b0089578_12260577.jpg
食後のデザート、夫はティラミス
b0089578_12261072.jpg
私はアマレット風味のスフレショコラ
イメージ的にはガトーショコラの様な感じでシンプルなカカオの風味で甘さ控えめ。

オープン直後だったので1番のりだったんですが、じょじょにお客さんが来店してお昼を過ぎた辺りには満席に。
奥様らしいスタッフがテキパキとこなしていたけど忙しくて大変そうでした~ごちそうさま。
場所は総湯のそばにあるので、山中温泉街巡りの際にランチするのにとても便利ですよ。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-02-14 23:26 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(長町):アシルワード (AASHIRWAD)「トゥクパ」

b0089578_10293120.jpg
積雪が酷くなってから朝の雪かきを終えた後に早めに出勤しているのですが、
大雪がおさまった後も圧縮された雪が端っこに固まって道が狭いままなので、渋滞が半端なくまだ朝早い日々が続いている。

寝る時間はいつもと変わらないので、長い運転と睡眠時間が短くなって体力が削られて辛いわ。
その影響か、肩こりと背中の痛みが出てきてます。

真っ黒い道路が戻ってきて平穏な日々が戻るまで、雪の愚痴が延々とここに書き殴られそうな予感。

香林坊のせせらぎ通りは車はスムーズに通れるものの、コインパーキングは全部使用可とはまだいかないようで、
椅子取りゲームの様にパーキングに止めてまで食べたかったもの「トゥクパ」を求めて、アシルワード (AASHIRWAD)
b0089578_10293630.jpg
・トゥクパ
チベット文化圏で食されるスープ麺料理を由来とするネパールの汁麺。
スープのベースは鶏足を煮込んだチキンストックにネパール各種のスパイス、トマトや野菜など。
麺を食べた後のスープに入れて食べるライスも付いてきました。
b0089578_10294084.jpg
一番上にのっかった白いのは太めの錦糸卵、スープの中には鶏肉、緑の野菜などが入っていて、
程よい辛さ(辛さは別で調節できます)にトマトと野菜の旨みや香辛料が織りなす独特のスープ。

麺は中華麺というよりもパスタに似た感じを覚えたのだけど、聞いてないので分かりませんが。
熱いスープとスパイスのお蔭で身体がポカポカ温まりました。

トゥクパは2月末までなので、ぜひ!ディナーにもメニューはあるそうですが+200円だそうです。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-02-13 23:31 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):鳳凰(ほうおう)「油そば」

b0089578_13514572.jpg
先週から雪で大荒れな北陸地方、連休の間は遠出しようにも道も不安要素いっぱいだし、
何より連日の除雪疲れのピークもあって、近場にお出かけの他はほぼ自宅でのんびりと休養でした。

オリンピックも始まったことだしと、お昼に鍋焼きうどんを作って食べながらテレビ観賞。
キッチンひきこもりになって料理を作り続けるのもまたよし。
その後、それらを持って友人宅へのホームパーティーに行ってました。

記事は1月末、新年会からのカラオケアフター、体力を使い果たした栄養補給の行き先は鳳凰(ほうおう)

竪町通りから一歩横道に入った階段を下りて入るこのラーメン店に来たのは何時以来だろう?
きっと働き始めてまだ新人の頃に連れてこられた記憶なので、相当な昔であることは間違いない。

創業からの月日と営業している日が少ないことで、今では伝説のお店の1つになっているという鳳凰。
実はうちの夫が街で〆ラーする定番のお店なのだという。

壁一杯の写真が若大将を彷彿、私の記憶が欠けているので味も何もかも忘れているが、
メニューには何種類かのラーメンもあるけど、ここで食べるならば「油そば」で決まり。

・油そば(汁なしのピリ辛ラーメン)
ひたひたの特製油に浸かった細麺ストレートの汁なし麺な油そばには、
人参、わかめ、もやし、メンマ、ねぎ、炙ったチャーシューがトッピング。

ぜーんぶ混ぜ混ぜして少し食べてみると油そばなのでコッテリしてるのは承知の上、でも思ったよりしつこくない。
それに胡麻を入れてコクを出して、最後に酢を入れてサッパリと食べおさめる。
私はなるべくそのままが好きなので、酢を入れるのはかなり食べ進んでからですが。

この焼いてあるチャーシューが香ばしくて美味しいです。
これがたっぷりのっかった焼き豚丼もソソルけど、さすがに胃袋が遠慮してました。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-02-11 23:31 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)

金沢(片町):フランス料理 Makino でバースデーディナー

b0089578_14052315.jpg
お正月から始まり新年会などで慌ただしかった1月、
旅行中に新年を迎えた私は、帰国してから年賀状だ初詣だ親戚へ顔出しなどやることが目白押し。

そして1月を締めくくるビックイベントがまだ残ってました、マイバースデー!って自分の中だけだよって話ですが。
都合もあり翌日になりましたが、特別な日に行くことを決めていたのはフランス料理 Makino

行きたい思いはあれど中々機会を逃している内に、2015年の誕生祝いから何と3年経過という久しぶりすぎ。
今回も入り口横にプライベートな空間を用意してもらって、誕生日を祝う名前入りの本日のメニューカード。

1年前に病気を患ってから沢山の量を食べることが出来なくなった私の身体、
私の分は控えめな量にしてもらって画像はほぼ夫のお料理、お祝いの始まりはやはりシャンパーニュで。
b0089578_14275374.jpg
・八乙女ドック 黒ゴマもなか Noix Epice

胡桃の殻の山から宝物を探すように真ん中にのせられた黒い粒。
細かく砕いた黒胡麻がまぶした最中は信州サーモンとクリームチーズ、隣には胡桃とディル。
b0089578_14275758.jpg
な、なんだろう~?と一目見ただけじゃ分からないこちらは、八乙女ポークを閉じ込めたものをアメリカンドック風に。
ふわんとした炭の衣の中に凝縮されたお肉とサルサソース、揚げ方から全てにいたるまでミニマムな中の繊細さ。
b0089578_14280318.jpg
殻は全てが空ではなく2つの胡桃を開けてみると、塩味でキャラメリゼされた胡桃が。
b0089578_14280773.jpg
バターと岩塩、一見同じ器で平面に薄くバターが塗られたようですが、
バターの器だけ凹んでいるのです、思い込みと目の錯覚の楽しさ。
b0089578_14281283.jpg
・KAWAHAGI カリフラワー

生と炙ったカワハギに薄くスライスした生のカリフラワー、下にはキャロットラペ。
横にはピンク状のカワハギの肝のソースやカリフラワーのソース、
紅芯大根のしゅわしゅわ溶けるシャーベット状やオリーブオイルのサラサラのパウダーが添えてあって、どれを付けていいか迷うほど!
コクのある肝ソースも美味しいし、カリフラワーも奥から優しい味がする、混ぜるとより複雑なカワハギの七変化。
b0089578_14281715.jpg
モチモチの自家製パン、マキノさんにご無沙汰している間に随分と器も変わっていました。
特に有田の蒲池陶器さんに発注された器のテクスチュアがモダンで艶やかな存在感。
b0089578_14282170.jpg
・ボタンエビとニンジンとコンソメ

久しぶりのシェフのスペシャリテ、有機人参のムースとコンソメジュレも健在かつ変化していました。
薄グラスの中の人参の自然な甘みを感じるムースが滑らか、コンソメジュレと共に口の中で溶ける。
ボタン海老はフルーツトマトとエディブルフラワーの洋服を身にまとって鎮座しています。
b0089578_14282500.jpg
・中野さんの白菜で、まきまき

白山市の中野農園さんの白菜で包まれた中には穴子のエスカベッシュに雲丹、白身魚のテリーヌと魚介のご馳走の詰め合わせ!
少しカレーにも似た香辛料の香りも伝わってきました。
上には小坂蓮根のチップスとセリ、芹根のフライに下はマッシュポテト、ソースはズワイガニだったかな?失念。
なんと豪華な~1つ1つが主役級のラインナップ、食べながらほっこり笑顔に。
b0089578_14282997.jpg
・カブ?ブリ→大根?

色鮮やかで綺麗な鰤と野菜たち、庭園みたいでとっても綺麗。
源助大根に蕪、のと115、てり焼きされた鰤に鰤の卵を塩漬けしたもの、あけぼのの花、トマトとシャブリと出汁のソース
出汁が染みたお野菜にくるくる巻きのシャッキリ歯触りの大根、それぞれを少しづつ楽しみながら。
b0089578_14390642.jpg
・滋味

粒マスタードとライムがのった湯涌の熊のメンチカツ、癖はなく少し甘みも感じてサックサクです。

b0089578_14391545.jpg
熊の出汁を活かした特製のコンソメスープとライムのスープ、中にトリュフのスライス。
豊かで深い味わいのあるスープはまさに滋味。
b0089578_14392186.jpg
ラカン産ピジョン クロモジの香り

フランスの三ツ星レストランでも使用されているというフランス・ラカン産ピジョン(鳩)
そのモモ肉、むね肉、手羽先、肉をトマトリゾットと一緒に詰めたマッシュルーム、内臓を煮詰めたハート型のスナック。
肉質がキメ細やかで柔らかくてクセもなく血や内臓や出汁、トリュフでつないだソースと共にとっても美味しいし焼き加減も絶妙。
ウッディーな香りがする樹木として知られるクロモジと一緒に炊いて香りも見事な一体感に包まれて。
b0089578_14392714.jpg
シェフからのバースデースペシャルのイノシシ肩ロースのステーキ♪
豚肉よりもクセがないくらい赤身の肉の旨みとまろやかな噛みごたえ。
b0089578_14393456.jpg
・奄美 加計呂麻島の黒糖

富山の釋永岳さんに以来したという器は高さとずっしりとした重み、中央にくぼみがあり浮かんだのは思わずバームクーヘン。
バナナとコーヒーの香りを移したアイスに黒糖をまぶしたかりんとうの様なものが?クリームも黒糖の味。

b0089578_14393848.jpg
そして誕生日スペシャルなバースデープレート♡
ジューシーで甘くて大きいあの!さくらももいちごにビーツとフランボワーズのアイス。
嬉しい~~ありがとうございます。
b0089578_14394315.jpg
余韻に包まれながらのカフェ・ブティフールへ。
b0089578_14394768.jpg
ポン菓子をくっつけて食べる生キャラメル
チェリー(グリオット)のマカロンとガトーショコラ
b0089578_14395249.jpg
最後のサプライズに花束が!!えぇ~~これにはスーパー驚き、何でも女性スタッフさんが作ってくれたそうで感激!
人生で花束なんてもらったことなんか数えることも出来ないくらい少なくて、
夫もたまにはこんな事してくれないかなと思いつつ~いやいや大事なのは物じゃないのよ、どっちやねん!という気持ちが錯綜。
いやーでもこれは本当に素直に嬉しくてありがとうございました。

お料理の方はメニューカードにちまちまメモ書きしながら、画像と一緒に書いてみましたが
正直、繊細で複雑ななあれこれが沢山有り過ぎて全然説明しきれていません~。

本当にどれも美しく食材の特性を上手に織り交ぜながら、シェフ独特の世界観を表現したお料理の数々。
工夫されているだけではなく個々に経験に積み重ねられた確かな美味しさが詰まっているのです。

3年前も進化したと言っていた覚えがあるけれど、今回も予想を遥か越えていて
ワクワクとした驚きを持って楽しみながら、大きな満足感を伴ってのバースデーディナーでした。

そしてマキノさん10周年おめでとうございます♡

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-02-08 23:05 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(此花町):風花(かざはな) 「らーめん」

b0089578_16184797.jpg
もう皆、辟易しているんじゃなかろうか、連日の雪に、積雪の量に、雪かきのしんどさに。
働き始めてこれだけの連続の積雪量は記憶にないかも。

痛んでいる左肩をかばいながらの雪かきはかなり右肩の負担になっているようで、
休憩を挟みながら何時間も酷使していると、
片手は50肩、口びるは紫、背中に筋肉痛を~ってまるでジュリーのサムライを彷彿。

物流も滞っているようなので、冷凍庫に保存しておいた肉や海老が役立っています。
これは結構大切ですね、いざという時の為に冷凍庫に色々ストックを用意しておこう。

さて記事は1月末、雪は積もっていたけどギリギリ止められたコインパーキング。
金沢駅東口の別院通り、ここに止めるということはラーメン食べる覚悟です、風花(かざはな)

私がここに来ると誰もいないのは偶然なのか、ほぼ癒しの空間はらーめんにも表れている。

らーめん(トッピング:味付け玉子)
無化調のスープは鶏出汁と野菜の優しい味に醤油を利かせた甘みを感じるあっさりとした風味。
メンマ、ほうれん草、ネギ、チャーシュー、味付け玉子はしっかり味が付いていて美味しい。
中細のストレート麺はほどよいコシで派手さはないけれど身体にしみるラーメン。

この辺りは良いお店も多いけどパーキングに停められないと何ともし難いので、雪が早く溶けるのを願うばかり。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-02-06 23:31 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(片町)鮨 くら竹 oishii

b0089578_16311932.jpg
冬将軍の何度めかの襲来にもう雪を見るのも飽き飽きしている今年の冬、
足元が冷えると眠れないので、モコモコの靴下を履いて寝ている年寄り仕様。

鉛色の空もいつもの光景だけれども、お魚が美味しく楽しみな食材が豊富なことに関しては冬は大歓迎。
そんな旬を味わいに、私の誕生日当日にほぼ1年ぶりに鮨 くら竹さんへと行ってきました。

香林坊東急スクエアのすぐ裏手にあり、カウンター9席のみで1人でもふらっと気軽に立ち寄れる居心地の良さと、
地元の旬のネタで拘った金沢らしいお鮨が味わえて、しかもお値段もお手頃とあって何度も足を運びやすいのです。
b0089578_16312523.jpg
誕生日だから泡にするか、と口から出たけど、
大抵、泡から始まるのでいつもと変わらない気がするとけど、とにかく泡で。
そしてつまみから握りの流れで倉橋さんのおまかせにていただきました。
b0089578_16313074.jpg
柚子の皮を散らした寒ブリ、真っ白になるほど脂がのってるけどサラッとした脂質に濃厚なまろやかさ。
さすが一番寒い時期の寒ブリ、噛めばハリのある身がたまりません。
b0089578_16313856.jpg
鮪アボカド、アボカドとマグロの漬け・・ご飯にのせて食べたくなってくるかも
b0089578_16314380.jpg
茶碗蒸し、可愛いサイズの茶碗蒸しは海老の出汁でとったそう、中にはホタルイカが。
b0089578_16314912.jpg
イカのいしるで炊き上げたという菜の花とホタルイカ、筍
b0089578_16315549.jpg
カワハギはもちろん肝付きで、旨みが濃厚で海のフォアグラやね〜。
b0089578_16320390.jpg
しめ鯖、キラキラん脂とすっきり〆られた鯖が好み
b0089578_16320915.jpg
お次に飲んだのはテッレ・ディ・サンパオロ、イタリアの白ワイン。
ややフルーティーで辛口。
b0089578_16321338.jpg
なまこ、能登の海鼠はグニリとした弾力のある格別な食感
b0089578_16322012.jpg
あん肝、私にとって今季初めてのあん肝かな?まだ温かくほんのり甘くてチーズの様に濃厚。
魚介類の脂肪分の多いきもって本当に美味しいです。
b0089578_16322658.jpg
かぶら寿司、地元の伝統発酵食品と言えばこちら、熟成された独特のコクが酒の肴にぴったり。
自宅でも昔は親が作っていて子供の頃食べたもんだけど、やはり大人になってからの方が美味しく感じますね。
b0089578_16455107.jpg
ここからは握りで、まずは鯛。
桜の葉の塩漬けで鯛を〆てあるので、ふんわりと桜の香りがして初春の訪れを感じます。
b0089578_16455729.jpg
アオリイカ、烏賊を細かく刻んで大葉と混ぜたものを握って爽やかな風味と共に。
b0089578_16460253.jpg
バイ貝、当然ながらコリコリな食感〜
b0089578_16460893.jpg
ガス海老、とろりと甘くが持ち味🎶
b0089578_16461349.jpg
さより
b0089578_16462498.jpg
香箱がに、シャリに内子と外子が混ぜてあって口の中で一体感、これは萌える!!
b0089578_16462993.jpg
こはだ
b0089578_16463554.jpg
さわら
b0089578_16464090.jpg
とろ
b0089578_16464618.jpg
牡蠣、能登の牡蠣は小ぶりのものが多いイメージだけど、こちらは大きくてふっくら。
b0089578_16465359.jpg
穴子とろとろ
b0089578_16465803.jpg
雲丹、こういうの食べなくては帰れません(笑)
b0089578_16470325.jpg
のどぐろ蓮根、観光客に人気のノドグロと加賀蓮根を手巻き寿司にして2種類の食感で楽しめます。
b0089578_16470885.jpg
かんぴょう、干瓢と一緒にセンナ(葉ワサビ)の醤油漬けを入れて山葵の代わりに。
センナのピリッとした味と相まってなかなか面白いアイディア。
b0089578_16471322.jpg
きな粉プリンはくら竹さんの定番デザート。

旬のお勧めをつまみから一気に握りまでいただいてお腹いっぱいです、どれも美味しかった〜〜。
今回はお任せでフルにいただきましたが、やや遅めの時刻からきたお客さんがあれとこれを握って、
とお好みで自由に注文できるのもこのお店の良いところ。

とにかく金沢のお寿司をもっと気軽に味わってほしいそうで、1人でも立ち寄れるしとても使い勝手が良いのです。
倉橋さんの人当たりの良さも手伝って終始リラックスな雰囲気でした、ご馳走様でした!

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-02-04 23:59 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)

金沢(長町):アシルワード (AASHIRWAD)「アシルワードセット」

b0089578_10233241.jpg
今年に入ってもう何度もこの日一番寒いんじゃない?と思われる日が続いていたので、
一年で一番寒いとされる大寒が、ちょっと日差しも見える木漏れ日日和だったことに拍子抜け。

まぁそのお蔭でこの日に屋根にアンテナを設置することが出来たんですけど。
その大寒日に誕生した私、1人でバースデーランチを楽しみに移転したばかりのアシルワード (AASHIRWAD)

以前あった場所から道路を挟んで斜め前に移転されたので非常に分かりやすい(コインパーキングの横)
そして住所も香林坊から長町へ、この通り1本が住所の分かれ目。
b0089578_10233971.jpg
1階は厨房とテーブルが幾つか、で2階へどうぞと言われて上がってみると、うぉっ!かんわいい(渡辺直美風に)
太陽の光が入って余計に爽やかさと可愛さが増している。
b0089578_10234718.jpg
・アシルワードセット:1,000円
冬期限定のトゥクパにしようかなと思ったけど2月末までやっているそうなので、
いつもの日替わりカレーが楽しめるアシルワードセットで。

実は「ナン」を「バトゥーラ(揚げパン)」に変更できるのをメニューを見て知ったので、
どうしてもバトゥーラが食べたくなったのが真相。

揚げたてのバトゥーラはジュワッとして熱々でもちもち、これ大好きなんですよ~
そして意外に冷めてきても美味しいの。

カレー2種はキーマカレーとダールにして、ターメリックライス、野菜のサラダ、自家製ヨーグルト、玉ねぎのピクルス
カレーは4種類あって、3種類、4種類でも注文できますよ。
b0089578_10235661.jpg
奥様が今日が私の誕生日だと知って、チャイとインドの人参のケーキをサービスしてくれました。
人参はバターと砂糖を使っているそうで、甘すぎずほんわか温かくて自家製ヨーグルトをつけて食べました。

[PR]
# by sukatan_queen55 | 2018-01-27 23:28 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(2)