金沢(石引):キッチン すぎの実 「ハントンライス」

b0089578_12501726.jpg
今年は病院に自宅のメンテナンスにと、順調に有給を消化しまくっていますが、
先週は毎年定期的に受けている婦人科検診に行ってきました。

ここの施設はロッカーに荷物を全部預けてしまうので、
いつもの外来受診の時のように小説を読んで時間をつぶすことが出来ない。

手持無沙汰を解消するために雑誌コーナーの料理雑誌を眺めながら、そんな似たような方々がソファーの横並びに4人。
皆今夜のおかずのヒントを探し求めてるのね、ヘルスケア系の雑誌を読んでいる人はいなかったから。

検診が終わった後はどこでランチを食べるか、引き続き食べ物脳120%。
この前眺めてたメニューの揚げ物と玉子の明るい色彩のイメージが頭に残ってたので、キッチン すぎの実

平日のお昼時はほぼサラリーマンでしめられていて、出来上がりを待つ無言の空気がカウンターを支配。
久しぶりにハントンライスを注文してみました。
b0089578_12504606.jpg
・ハントンライス(サラダ・スープ付)

ハントンと言えば白身魚のフライ、ソースは他のお店とは違って特製サウザンソース。
半熟感が残った薄焼き玉子の下はケチャップ味のバターライス。
ケチャップライスの味がくどくないのでフライとソースを合わせると丁度いいくらいだけど、
全体的なイメージとしては割とあっさりとしています。

御主人はハントンライス発祥の「ジャーマンベーカリーグリル」に勤めていたそうです。
私も親に連れられて香林坊のジャーマンベーカリーグリルでハントン食べてました、めちゃ懐かしい記憶。

武蔵の名鉄丸越の上の「赤なす」でもハントン(こっちはスパだったかな)を食べていたし、
元職場ではジャーマンアキからハントンの出前を取っていたりと、もはやハントンDNAが刻まれた身体。

そんなノルタルジックな思い出なハントンですが、他には個性派のボンライスなどの名物や
ハンバーグやポークピカタなど定食メニューも魅力な、毎日通える地元の人に愛され続けている町の洋食屋さん。

また通院日ランチ時に食べに行きます~。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-23 23:02 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/27011595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(彦三町):PLAT HO... 石川(野々市市):ムサク(ベト... >>