タイ(バンコク・サパーン・タークシン駅周辺):クイーン・オブ・カリー(Queen of Curry)で夕食

b0089578_09494292.jpg
今回の旅の行き先や目的の選び、まずは寺院への観光巡り、スパでの癒し、
そして市場やナイトマーケットなどの庶民的な雰囲気を味わい、日本とは異なる文化のタイに触れてきたわけですが、
やっぱりタイ旅行での楽しみの1つは、タイ料理を堪能すること。

実は最終日の夜ごはん選び、難航していました。
朝食・昼食で予定していた店が実際に行って営業しておらずに振られても、すぐに別の食堂がすぐ見つかる。

しかし、夕食はしっかり食べたいのでレストランを予約しなくちゃいけない。
前日食べたような高級レストランではなく、もうちょっと気楽なレストラン探しが中々決まらない。

ガイドブックに掲載されてないようなマニアックなお店を探すも、英語ばかりで情報が不足していたりして
一か八かの賭けに出る勇気がなかなかなくって・・それもこれもお店の数が無数にあるから迷うんだ~~。

それなら、もっとシンプルに行こう。
自分の食べたいものは何?と考えて行きついたのは「グリーンカレー」。

日本のタイ料理屋さんでも基本メニューとして必ずあるのがグリーンカレー、
でもいつも行くあの店この店でもグリーンカレーは注文したことない・・それは家でグリーンカレー作っているから。

自分で作るグリーンカレーと違うのはわかっちゃいるけど、ついあまり作らない〆メニューを頼んでしまう。
本場グリーンカレーが食べてみたい、という訳でホテルからも割と近いクイーン・オブ・カリー(Queen of Curry)に決定。

サバーン・タークシン駅の近くにあるシャングリラホテルのすぐ傍にお店があるので、観光客で満席。
情報誌にも掲載されているけど、私たちが行った時は欧米人のお客さんしかいなかった。

お店の中と外に席があり、予約していた旨を伝えると外の席へ案内される。
夜はそこまで暑くなかったので、開放感があって丁度良かった。
b0089578_09494624.jpg
・ソムタム(青パパイヤのサラダ)

細切りになった青パパイヤ、インゲンや人参、クラッシュピーナッツなどが入ってて、
ナンプラーやライム、砂糖、唐辛子などで味付けした味はさっぱりして辛みもじわっと。

b0089578_09495072.jpg
・トムカーガイ(鶏肉のココナッツミルクスープ)

その昔、無印良品でフリーズドライの「トムヤンクン」と「トムカーガイ」を死ぬほどリピートしていた時期があり、
辛味と酸味が絶妙なスターの立場であるトムヤンクンももちろん好きだったが、
ココナッツミルクのまろやかさと風味が特徴のトムカーガイも、隠れアイドルの様な存在だった。

ずっしり盛られたトムカーガイ(量多い)は、レモングラスにカー(タイの生姜)、バイマックルーなど
フレッシュがハーブがどさどさ入っていて、
辛くはなく、ココナッツミルクのマイルドさとライムの酸味がたまらん味でした。
b0089578_09495475.jpg
食事のお供はジンライムとシンハービール

b0089578_09495891.jpg
・グリーンカレー(ゲーンキャオワーン)具は鶏肉

おお!念願のグリーンカレー、辛さはノーマルorスパイシーかと聞かれたのでノーマル。
現地仕様としては辛すぎないと書かれていたけど、それでもノーマルは旅行者には辛めだと思った。

ハーブがたっぷり入ったココナッツミルクたっぷりのグリーンカレーがさすがに旨し。
さすがカレーの女王様という名が付いたお店だけあります。
そして中の具が食べたことないタイ独特の野菜なのが、ここでしか食べられない味。

グリーンピースのような丸いグリーンの実(マクアプアン=スズメナスビ)はグリーンカレーには欠かせないらしく、
噛むと独特の苦みが口の中に広がってびっくり、いやーかなり苦いよ。
正直ちょっと苦手・・しかし慣れるとゴーヤと同じでクセになるのかもしれない。

そしてもう1つが緑色でまん丸くて小さな茄子(マクアプロ)、これは歯ごたえがよくてクセがない。
現地ならではのフレッシュさが作る味は、まろやかで辛さもあって奥が深い。
b0089578_09500131.jpg
・フライドエッグライス

グリーンカレーに付け合せするのは普通の白いご飯、のはずが・・・
何故か、隣の写真にあったフライドエッグライスが気になって頼んでしまいました~。
カレーにチャーハンといういわや憧れのような禁断の図。

だが、このフライドライスがほんのり薄味、そして微妙な味加減で、とってもうま!
元々チャーハンだし、これ単品だけでどんどんいける。

ライスにグリーンカレーにかけたり、グリーンカレーを単独で食べたりとカレーは飲み物状態。
このライスお代わりしたいという声も上がったけど、さすがに食べきれないだろうと。
b0089578_09500684.jpg
・ラープ・ムー(豚挽肉のスパイシーサラダ)

鶏ひき肉を使ったラープガイもタイ料理屋さんで食べるけど、今回は豚肉にしてみました。
柑橘系の酸味とナンプラーで味付けしたお肉はちょっとピリ辛、ミントや野菜と混ざって食べやすい味。

ザ・タイ料理を食べまくって大満足、やはりカーやバイマックルーなどフレッシュなので全体的に香りが全然違いました。

食事の後は、その周辺の道を散策していたらフットマッサージのお店があったので、聞いてみたけど満席。
またどこかに無いかとふらふら歩いていると、タクシーの運ちゃんに声をかけられる。

フットマッサージのお店を探している、と伝えると、いい店知ってるから連れていってやる!みたいな感触。
ん?これ大丈夫か?とも思ったけど、どうやらそこに連れていく代わりに
帰りのホテルまでのタクシーも自分のタクシーを使ってほしいとのこと。

何かしらそのマッサージ店と契約しているのかな、そこまでの道のりの間は運ちゃんは片言英語でしゃべりっぱなし。
クイーンオブカリーからもそうは離れていない距離のマッサージ店で、60分のフットマッサージをお願いした。

足つぼをグイグイおされてふくらはぎをマッサージされるのがもう病みつきになっている私たち2人。
夫はあまりの気持ちよさに寝てしまいましたわ・・。

終了後にしばらく待っていたら、例の運ちゃんが戻ってきてホテルまで送ってくれたけど、
行く時とは全く別人のように全然喋りもしない、あれは営業トークだったのか?現金やなー。

そして午前様を越えた時間にまたホテルに戻るのでした。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-04-08 17:03 | タイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/26602154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< タイ(バンコク・スワンナプーム... タイ(バンコク・サイアム):サ... >>