タイ(バンコク・サイアム):サイアム・パラゴンのマンダリン・オリエンタルショップ

b0089578_11534817.jpg
脱水症状ぎみの私を救ったニア・イコールを出て、そのまま徒歩でプロン・ポン駅まで。
駅の真ん前に2015年春にオープンしたショッピングモール、エムクオーティエに行ってきました。

海外有名ブランドからグルメ、サードウェーブ風なカフェまでスタイリッシュで日本にいるのと変わらないくらい。
でも、私が一番に日本と変わらない位と思ったのはここのトイレ!(何故か旅先ではトイレの話題が多い)

この旅で初めてウォシュレットトイレに出会ったのだ!
その時の感動は、温かみのある便座にあぁおかえり・・みたいな。

自分が宿泊していたバンヤンツリーはエレガントなホテルなのにウォシュレットではないし、
この後行ったサイアム・パラゴンでもなかったので、久々のホームに帰ってきたホッとした気分。

その昔、トルコの村の穴ぼこだけ開いたトイレで、リュックに詰めたトイレットペーパーを出しながら
用を足していても大丈夫だった自分と比べるとヤワになったもんだ。

そんなすっきり感溢れる顔で巡ったモールは、
はい!買いますとはすぐ言えないエクスペンシヴッ!なブランド店が多い。

上の階に行けばカジュアルなお店も見つかるけど、そんなに買いあさる人でもないのでチラ見くらいで、
結局いりびたるのは地下のスーパーマーケットだったりする。

ここの地下マーケットがまたお洒落なものばかりで、ここで石鹸やアロマオイル、
オーガニックなタイ米やスパイスなど普通のスーパーでは見かけない商品をお買い上げ。

さて、お次はBTSでサイアム駅に移動、ここも一大ショッピングゾーンのエリアで、
サイアム・パラゴン、サイアム・センター、サイアム・スクエア・ワンなどありますが、
ひとまずサイアム・パラゴン内のマンダリン・オリエンタル・ショップでカフェタイム。

マンダリン・オリエンタルホテルの直営ショップで、ケーキ、マカロン、ペストリー類やチョコなど
高級感溢れるショップの中にカフェも併設。

じゃあせっかくなのでケーキでも食べようと、ショーケースをじっくり眺めて選んだけど、
ここのケーキもマカロンもドリンクも日本のサイズと比べると3~5割増しくらいに大きい。

ドリンクは並々と入ったアイスカプチーノ、フォークと比べると・・うん、これくらいもアリだけど、少し多いかな?
b0089578_09493283.jpg
私が選んだ柑橘系のケーキは、日本サイズが6センチ位だとすると9センチ位あったかな。
上のホワイトチョコがパリッとして、レモン風味がたっぷり味わえる爽やかなケーキ。

b0089578_11541998.jpg
夫が選んだのが、インドの仏塔、はたまた仏像の質感を連想させるような丸いメレンゲがのったチョコケーキ。

中身は真ん中にベリー系のソースが入ったチョコムースだった覚えがします、濃厚。
これも日本のケーキと比べると若干大きめ。

b0089578_11544926.jpg
夫がケーキより先に食べていたのが、ドライフルーツが入ったパウンドケーキ。

Gフロアのグルメゾーンにはマンダリンオリエンタルショップから、日本食、イタリアン、中華、タイ、
ファーストフード、お惣菜やスイーツの店など、迷ってしまうほどありました。

b0089578_11552450.jpg
海外ブランドショップも沢山ありすぎると、どれも同じ感覚となりお腹いっぱいになる。

もっぱら私のお勧めは4階、インテリア用品や家電、レストランゾーンがあるエリアだけど、
その端っこに「エキゾチック・タイ」という高品質のタイ雑貨が豊富に揃うフロアがあります。

とにかく、ここは良質で種類が豊富なお土産が選び放題なのに、地味な場所だからかお客さんが少ないのがいいところ。
前回のタイの旅行でもここで器を購入していて、お気に入りのお土産場所です。

ここで私たちが行ったスパ、ディヴァナ・ヴァーチュ・スパのブランドを発見したので、
ヘアケア商品やハンドクリームをゲット。

食器も沢山売っていて、その中から蓮の葉の形のセラドン焼きの器をゲット。
後はタイシルクスカーフなど、自分のお土産ばかり。

その後は、サイアムパラゴンの隣にあるサイアム・センターへ。
ここも200店舗超あるショッピングセンターで、改装されて現代的でアーティステックな空間の雰囲気で
サイアム・パラゴンより天井の高さが狭くてブランドも庶民的。

もう洋服はお腹いっぱいと言いながら、夫と時間と待ち合わせ場所を決めてお互い別行動に。
しかし、フロアを巡ってもインスピレーションが目覚めず、ただぶらぶらと徘徊するばかり。。。

結局、待ち合わせ場所のすぐ隣のお洒落な雑貨のお店で時間つぶししていました。

すると、中東系のおじさんがふいに私の目の前に現れて、
「あなた日本人ですか? ワタシ、ビジネスで日本いました。ホンダー」と日本語で話しかけてきた。

そして続けておもむろに財布を広げて、
「これ、サウジアラビアのお金です。日本のお金も見せてくれませんか?」ときた。

はっ!これは旅行に行く前によく読んでいたタイの情報コミュニティ内にて、
「自称サウジアラビア人がお金見せて下さいと言って、見せるとお金を取っていくので気を付けて下さい」
と話題になっていたのと同じ手口じゃないかー!!

まさか自分が遭遇するとは・・・。

コミュニティ内では「スマホで日本のお金の画像を見せてやったわ!」
というおちょくりの強者のコメントもあって、その時は笑っていたけれど、
突然のことにそんな心の余裕などあるわけもなく、自称サウジアラビア人をガン無視。

そのまま店内を移動して事なきを得ました。
しかし、いかにも怪しい手口だけども実際にお金をとられた人もいるみたいなので、
あちこちで多発してるんですね、日本人って信用しやすくて騙されやすいのね。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-04-05 23:26 | タイ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/26602153
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< タイ(バンコク・サパーン・ター... タイ(バンコク・トンロー):ニ... >>