タイ(バンコク・王宮寺院地区):パッタイ ティップサマイ[Phad Thai Thip Samai ]

b0089578_16271390.jpg
午前1時前頃からタクシーを飛ばして、王宮寺院地区周辺へ。
目的はバンコクで一番有名なパッタイ店、前回も行きたかったがたどり着けなかったパッタイ ティップサマイ[Phad Thai Thip Samai ]

日本でタイの焼きそばとも言われるパッタイは、基本的な甘い味付けに辛さや酸っぱさなど調味料を加えて自分好みに仕上げるのが楽しみ。
辛さが苦手な人でも食べられるので、辛いもの苦手な知り合いはタイに来てパッタイばかり食べていたとか。

1966年創業の老舗パッタイ店は真夜中の1時でも大行列、何十人と並んでて一瞬心が折れそうになったけど、
意外と皆サクサクと食べるので回転が早い、私たちは20分位待ったかな〜

b0089578_16275900.jpg
中にも厨房があるかもしれないけど、お店の前でもパッタイ作りが行われていて、
入れ替わり立ち代わり店員さんが、テキパキと運び出す様子からも活気が伝わってくる。

b0089578_14521012.jpg
中はテーブルと椅子が並んだこんな感じ、順番に呼ばれてテーブルに着席します。
外のテーブルもあるので、店内に座れてラッキーだった。

b0089578_16282874.jpg
パッタイと一緒にいただくのは特製オレンジジュース、こちらも人気メニュー。
ボトルでど〜んとそのまま置いていきます。

b0089578_14530432.jpg
持ってきてくれたプラカップで分け分けしても余る何気に多い量。
このジュースがすごく濃い、まさにオレンジ100%のフルーツ感。

b0089578_14535040.jpg
別皿に盛られたニラ、ライム、もやし。
ライムはかけて爽やかに、もやしは生のままかけてシャキシャキ爽快感、
ニラはパッタイを食べながらかじるそうです。

b0089578_16290027.jpg
・パッ・タイ・ホー・カイ(卵包みパッタイ)
パッタイが卵に包まれた人気の1品、玉子の薄皮で丁寧に包んであり中身が透けて見える。
卵で包まれてるだけで魅力的に映るのは何故なんでしょう。
b0089578_14544484.jpg
薄皮を開いてもやしをのせて、テーブル上にあったたっぷりのクラッシュピーナッツをかける。
麺がオレンジ色?ソースの色かしら、そのままの味付けは少し甘いので、ナンプラーやライムをかけて一緒に食べると、
甘さとナッツの香ばしさとナンプラーのしょっぱさと色々な感覚が口入ってきてバラエティー。
当然、美味しいー麺はやや柔らかめでしっとりしてました。

b0089578_16302603.jpg
・スペシャル・パッタイ

パッタイの麺の上に青パパイヤ、エビ、蟹の身のほぐしたものと具が贅沢なバージョン。
これらを一気に混ぜ合わせて、同じようにナンプラーなどかけて好みの味付けで食べます。
b0089578_14551582.jpg
基本のパッタイの味に蟹、玉子、もやし、青パパイヤ、海老、クラッシュピーナッツが混ざり合う味は
複雑でうんまい!!クラッシュピーナッツが箱にたっぷり入ってるので、ふんだんにかけられます。
いつも食べているパッタイとは違う豪華なスペシャルパッタイでした。

さて、まだまだニューイヤーのミッドナイトを探検します。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-02-27 07:02 | タイ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/26553084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 高兄 at 2017-03-02 09:09 x
スカタンさん、こんにちは

あらら、タイ

私が、炬燵で寒いと、首を竦めている間に

あらら、バンコク

私が、雪は未だかと、空を見上げる間に

あらら、コップン・カー
Commented by sukatan_queen55 at 2017-03-04 06:00
●高兄さん
そうなんです。
お正月休みに行ってきました、南国へ。
しばらくちまちま対ワールドが続きますよ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< タイ(バンコク・王宮寺院地区)... 石川(小松):中佐中店 小松空... >>