うちごはん:クリスマスパーティー2016

b0089578_16455838.jpg
12/24(クリスマスイヴ)

イヴはお家ごはんクリスマス。
クリスマスも直前になり、割引になってゲットしたサンタのオーナメントをテーブルに添えて。
ボジョレー解禁時に購入したマルセル・ラピエールがやっと登場、飲む飲む詐欺でのびていた。

前菜たちは、スモークサーモンのマリネ、グリル野菜のサラダ、海老入りのゼッポリーネ。
ゼッポリーネはドライイーストと青海苔を入れて揚げた、ふわふわの生地です。

しかし、この時期は忙しいので夫が帰宅したのが9時過ぎ、遅い始まりで早く寝なくてはいけないけど、
楽しさは何倍にも凝縮して始めることにします。
b0089578_16462887.jpg
・スモークサーモンのマリネ

スモークサーモンを敷きつめて、イクラの醤油漬け、ケッパー、ピンクペッパー、ディルを散らして
上からレモン汁とオリーブオイルをを垂らすだけどいう簡単さ。

ピンクペッパーを買ってはみたものの、登場する機会がなかなかなくてやっと初の晴れ舞台。
イクラの醤油の塩気と合いますね、何気に親子マリネ。
b0089578_16470151.jpg
・鶏のもも肉のコンフィ

エル・ア・ターブルのレシピをレシピを参考にするも、大量のラードが手に入らないことからオリーブオイルに変更。

鶏肉に塩胡椒とタイム(生)をまぶしてラップして一晩置く。
鍋(鶏肉2つ:ルクルーゼ22センチ使用)に鶏肉を入れ、ひたひたになるまでオリーブオイルを入れる。
100℃に余熱したオーブンで2時間加熱(80-90℃なんですけど、家のオーブンが100℃までしか設定できず)。
そのまま脂の中でさまして、食べる時にそのまま両面を焼いて皮をパリッとさせる。

身がとってもしっとりとして、塩加減もちょうど良く、ん~~美味しーーと自画自賛。
レシピ通りではないけどオリーブオイルだからか、あっさりしてヘルシーな仕上がりになり満足です。
b0089578_16475900.jpg
・トマトとタコの炊きこみごはん

エル・ア・ターブルのレシピより、トマト、ゆでたこ、アサリ、黒オリーブ、ニンニク、セロリ、パセリ、パプリカ(粉末)
塩、こしょうとお米、これを全部突っ込んでお鍋でクツクツと炊いたもの。
アサリの出汁とタコの塩気とトマトの酸味が、爽やかで旨みもある〆の炊き込みごはん。

b0089578_14132420.jpg
今年のクリスマスケーキは、パティスリーオフクさんの「ノエル・ド・マロン」
テリーヌ・ド・マロンをクリスマス用に仕上げたケーキで、上はサクサクのメレンゲ
中はしっとりマロングラッセがごろごろ!栗好きにはヤバすぎますわ

さて、ここまでがイブタイム、ここから翌日のパーティー用の仕込みを始めて夜中まで鍋を魔女仕込み。
b0089578_16534946.jpg
12/25(我が家でクリスマスパーティー)

お座敷には床の間があり、座卓をくっつけて皆で囲む宴会は「まるで親戚の家に遊びにきたみたい」
と言わしめるほど、このノスタルジックさは完全に田舎のおばあちゃんの家の宴会。
お料理も1品づつ持ち寄りのパーティーだったので、手作り感満載のほっこりしたディナー。

1人で準備していたけど間に合わず、15時から友人が手伝いにきてくれたのでとっても助かりました。
5時過ぎからはまた1人必殺手伝い人が増えたので、料理作りがターボ状態。
b0089578_16543450.jpg
自家製焼き豚&味噌漬け焼き豚、コストコで豚肩ロースが3つで1パック、これで山ほどの焼き豚が出来上がる。
食べても食べても追加できるほど在庫がある!!
そして、前日好評だったスモークサーモンマリネを再び作ったが、ディルかけ忘れてた!
友人の作ったブリ大根、蓮根の煮物、これらをアテにスパークリングワインからの白・赤ワイン。
b0089578_16571700.jpg
渓流釣りする人が参加者にいたのでイワナ登場、じっくりと低温で1時間は焼いたという焼きイワナ。
友人が作ってきた牡蠣のオイル漬け
ふくらぎのカルパッチョ

ブロッコリー、ズッキーニ、アボカドなどが入ったグリルサラダ
ふくらぎのお刺身、アボカドなどが入った胡麻がけの和風マリネサラダ
サラダ菜、ルッコラなどグリーンいっぱいのサラダ
b0089578_16585247.jpg
・イノシシ肉の赤ワイン煮スパイス風味

イノシシ肉を頂いたので前日からドライイチジクと共に赤ワイン煮込み。
参考にしたのはこのレシピですけど、付け合せを付けてないのと盛り付けの適当感がレシピ写真と別物になっている(笑)

ミルポワ(にんじん、玉ねぎ、セロリ、ニンニク)、スパイス(ローリエ、八角、オレンジの皮、シナモン(粉)、レモンバーム)
レシピからシナモンスティック→粉、レモンタイム→レモンバームに変更。
全てのスパイスがいつも家にあるとは限らないのであるもので。
これらをイノシシの肉と一緒に一晩漬け込む。

肉に塩こしょう・強力粉をまぶしてオリーブオイルでミルポワと共に焼いて、
フォン・ド・ボー(固形を溶かしたもの)と赤ワインで3時間ほど煮込む(途中ドライイチジクを加えて取り出してます)

ほったらかしガス代がかかるメニューですが、とろとろに柔らかくなったイノシシの煮込みは
八角のエキゾチックな香りと共にコクがあって味わい深くなりました。
b0089578_16594273.jpg
・焼き小龍包

元々はバレンタインに作った焼き小龍包と中華ちまきを友人にリクエストされたので、これがメイン。
上海で食べた焼き小龍包が忘れられずに家で作ったんですが、皮は小麦粉から醗酵させて作るので結構大変。

豚肉の餡を1つづつ自家製の皮に詰めて、鉄製のLODGEのスキレットに並べます。
重い蓋で密閉して焼きましたが、水を入れ過ぎたのか焼き小龍包というか蒸し餃子っぽくなってしまった!
普通に焼き蒸し餃子として美味しくいただきましたが、こりゃ失敗だわ~~。
成功例は上のリンク先をごらんください。
b0089578_17001259.jpg
・中華ちまき

こちらもリクエストされた品(参考にしたレシピ

上のレシピをクリックしてもらえれば分かりますが、もち米を6時間水に浸したり工程があれこれあって、
結構面倒くさいのですが、出来上がりを食べるとその美味しさに苦労も報われる。
朝から始めて中身までは出来たけれども包むまでではや15時、友人に手伝ってもらい、一緒に詰めました。

竹皮だと格好つくのだがケチッてクッキングペーパーとガムテープ貼りのお見苦しい見た目。
ネットで色々包み方掲載されてますけど、不器用なもので入る量がバラバラだったりして、
どうせガムテープで止めればいいわ!という投げやりな見た目なのが私、綺麗に包んであるのが友人のもの。
b0089578_17014822.jpg
せいろで30分ほど蒸した中華ちまきは、豚の角煮・干しエビ、うずら卵、椎茸が入った
それぞれの出汁がもち米に染みてもっちりして美味しい。
大量に作ってしまったので皆持ち帰り、翌日はそれぞれ中華ちまき弁当になったとか。
b0089578_17021825.jpg
友人作の安納芋が入ったチョコテリーヌが濃厚、イチゴのデコレーションショートケーキ。

華やかな飾り付けなどしてはいないんですが、温かみのある雰囲気で友人とのお喋りで楽しいひと時。
今年も気心のしれた仲間たちとリラックスしたクリスマスパーティーが行えたことに感謝。
おもてなし上手さんになれるようにまた頑張ります。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-12-29 23:46 | うちごはん | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/26535483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(武蔵)BERNARD(ベ... 金沢(香林坊・せせらぎ通り):... >>