東京(荻窪):川勢(かわせ)うなぎ蒲焼・串焼

b0089578_11130457.jpg
吉祥寺の焼き鳥屋さんを経て、最後までこの街をクルージングすると思われていたが、
プリさんに曰く、せせこましい昭和レトロなお店がひしめき合うような
オヤジ好みの案内はマイテリトリーの方がお勧めという訳で荻窪へと移動。

荻窪駅北口付近の闇市があったエリアにある渋い鰻屋さん、川勢(かわせ)
b0089578_11133869.jpg
狭いカウンターの角っこに陣取り、注文はプリさんにお任せして、
お通しのキャベツをいただきながら串を待つ。
b0089578_11141362.jpg
・ばら焼、れば焼、ひれ焼

地元では鰻屋さんは元々少ないし、ましてや各部位の串を提供するお店はあまり見かけないので、
珍しさとせつなさと心強さと~♪なんだか、ワクワクしてきます。
ばら(右):お腹の部分を集めて刺してあるそうで脂が凝縮されているような、
れば(中):確か、きも焼が売り切れだったかも、レバーを集めて串にしたもの
ひれ(左):背びれと腹びれをニラと一緒に巻いたもの
b0089578_11151314.jpg
・八幡巻き、串巻き、短冊
短冊(右):一口のかば焼きが串に刺してある、一番馴染のある鰻。
串巻き(中):串に細切りした鰻をくるくるの巻いてあります。
八幡巻き(左):ごぼうに鰻が巻いてあり、牛蒡が串代わり。
b0089578_11161085.jpg
またまたひれ焼き、串にささったスタイルは焼き鳥感覚で親しみやすくて美味しくて大満足。
そんな訳で自動的にお酒も進んじゃうわけです。

時間が経っているのとハシゴのせいで記憶が不鮮明ですが、ここはまた行きたいお店の1つです。

次に続く。。。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2017-07-08 23:31 | 東京 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/26494409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 東京(荻窪):立呑み晩杯屋 荻... 東京(吉祥寺):いせや総本店 ... >>