富山(富山市中島):麺家 一鶴 「豚骨・カツオ・鯖 濃厚らーめん 味玉付き」

b0089578_16291774.jpg
11月中旬、日曜の午前中に珍しく早めに仕事を終えて帰宅した夫へ一言。
「富山へラーメン食べに行きましょう!」と鼻息荒く猛アピール。

滅多にないチャンスを活かして、目指すは前から食べたかった「ちゃるめらぐっぴー」のスパイシー。
ナビを頼りに余り立ち寄らないエリアを進んで・・店発見!したものの、何か様子が変。
こ、この駐車場の人気のない感は、まさかの臨時休業でボー然。

目的を失うと糸の切れた凧の様にふらふらと迷いながらの再検索、移動距離が短くすみました、麺家 一鶴
富山市の人気店とあって店の外まで行列がずらりと。

一番人気は「鶏煮干しラーメン」、後は「煮干し中華蕎麦」「とんこつ・カツオ・鯖 濃厚らーめん」
「豚骨・カツオ・鯖 つけ麺」「鬼煮干しラーメン」「まぜそば」「カレーまぜそば」ありますが、
夜限定のものや、売り切れだったりして選択肢はほぼ2つだった。

「鶏煮干しラーメン」に手が伸びようとするものの、昼限定という「限定」の魔物に取りつかれて
「とんこつ・カツオ・鯖 濃厚らーめん」を選択。

・とんこつ・カツオ・鯖 濃厚らーめん

スープがどろどろ~~ん、これはすごい!「ドロドロ系」って書いてあるじゃないかと認識しつつもインパクト大。
豚骨の中にカツオ・鯖の魚介を感じつつもスープは煮干しのざらつきはないドロドロ。
意外にも脂っぽさをあまり感じさせず味付けも濃すぎず、後味がさっぱりしているようなとろみ。

自家製極太麺と合わせると、つけ麺の延長線上にある汁ありバージョンという感じでしょうか。
トッピングは特製厚切りチャーシュー、メンマ、のり、玉ねぎ、味玉。
完汁できず、どろどろ系の洗礼を受けた日。
次は鶏煮干しラーメン食べます。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-12-17 22:23 | 富山 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/26479623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 富山(富山市総曲輪):ムッシュ... 金沢(西泉):ホットハウス(イ... >>