北海道(新千歳空港):えびそば一幻(新千歳空港店) 「えびしお(そのまま)」

b0089578_10401915.jpg
新千歳空港ターミナルビルでの時間が限られているので、お土産や食事等しか回れなかったが、
本当は工場やミュージアムがある「ロイズチョコレートワールド」に立ち寄りたい思いがいっぱい。

そんな欲望でっかちな頭を抱えたまま、ラスト北海道はラーメン道場にてえびそば一幻(新千歳空港店)
去年ここで食べて美味しさ感激したのでリターンズ、相変わらずの一番人気で長蛇の列。

本当は札幌総本店に行ってみたかったが、すすきのから近いようで歩くには微妙な距離感ともろもろな事情。
それでも空港でもいいからもう一度食べたいと願う、甲殻的魅力な吸引力。

大量の甘海老の頭部をじっくり煮込んで引き出された甘えびの旨味がスープの特徴。
独自製法で作られたえび油とスープ、背脂を中華鍋で炒めて「えびスープ」の誕生。

1、スープの種類を選ぶ
そのまま:えびの風味を「そのまま」活かしたストレートスープ
あじわい:えびスープにとんこつスープをブレンドし、「あじわい」深く仕上げたスープ

2、味付けを選ぶ
えびみそ
えびしお
えびしょうゆ
*通常は太麺だた細麺も選べる

・えびしお(そのまま)太麺+味玉

あ!味玉が半分デフォだと忘れていて頼んだので、三つ目がとおる状態。
前に食べたのが「えびしお・あじわい」、同僚が食べていたこちらの方が美味しかったので今回はこのバージョン。

甘えびの濃厚な旨みと風味がしおだとダイレクトに海老海老海老海老!スタンド攻撃がうまい。
太麺も海老スープが程よく絡んで噛み心地も丁度いいもちもち感、北海道でやっとストレート麺食べたわ。

トッピングは味玉(半分)、ネギ、チャーシュー、頭部を焼いて粉にした海老粉、
紅生姜と海老を練りこんだ天かす、これも中々のアクセント。

海老の出汁にさらに海老のトッピングが海老の仕事を任せられて何重にも香ばしさが広がっていく。
しおあじ、私はくどく感じず殆どスープ飲んじゃいました。

よほど気に入ったのか、お土産で「えびみそ」「えびしょうゆ」「えびしお」も購入。
無理やり付き合わされる夫と共に家で食べ比べしたけど、やはり「えびしお」が一番好きだった。

北海道の味玉半分デフォシステムもお得感があって懐の深さがにじみ出る。
私は北海道で懐は寒くなり貫禄はマシマシとなり金沢に戻りました。



[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-11-21 23:56 | 北海道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/26369112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金沢(八日市出町):竹乃家 「... 北海道(新千歳空港):北海道牛... >>