金沢(香林坊):Ramen & Bar ABRI(アブリ)「鯛煮干しらーめん(白)」

b0089578_15471625.jpg

シメを求めていた訳ではない、先の店で既にシメなるものは食べての金沢中心部への移動。
彷徨う街でバー的なものとおつまみ、もしかしたら二度目のシメの可能性も匂わせて、Ramen & Bar ABRI(アブリ)

ハシゴ街道を愛する者として、お酒とつまみとラーメン、くつろげる雰囲気があるとなればリストの片隅にいつもある。
手始めにアルコールやおつまみを頼みつつも、やっぱりラーメンを頂いちゃいました。

・鯛煮干しらーめん(白)

秋の限定、鯛煮干し出汁100%のラーメン、かえしも鯛だしを使った専用だれ。
うすくち醤油と白醤油、3種の塩をブレンドして仕上げたスープは、定番のどぐろとはまた違った出汁の旨み。

トッピングは白髪ねぎ、鯛出汁で炊いたメンマ、能登豚もも肉チャーシュー
鶏ささみの昆布〆チャーシューと吉野川産の青のり、手毬麩が彩のアクセント。

魚の風味はしっかり出ているけど、のどぐろよりもさっぱりすっきりに感じる。
あっさりしているようで複雑な塩分の輪郭があって、京都棣卾の細麺と一緒につるつると美味しくいただきました。

*10月下旬までの提供だそうです。
b0089578_10360472.jpg
・ABRI特製ごろごろポテトサラダ

ラーメン前におつまみとして食べていたポテトサラダ。
ベーコンやポテトがごろごろ、塊なんで肉感ダイレクツで食べごたえあり。

b0089578_10360826.jpg
・金澤麦酒「ジンジャーエール」

これまでビールが苦手で、自らビールを注文することなどまずなく、
過去の宴会で乾杯や付き合いはしてきたので「飲めない」のではなく「飲まない」わけだが、
あのビール特有の苦みがどうにも気になって、おいしいとは思ってはいなかった。

ここABRIさんでも数少ない焼酎の瓶を探し当て、クラフトビールはスルーしていたのだけど、
フジロックのベルギーブースでレモンビールが美味しいと思い、
イベント後のABRIさんでラーメン切れだったので飲み物をば・・すると桃のヴァイツェンが旨いと感じ、
クラフトビア金沢では、ラズベリービールとグレートブルーを飲みほした。

いわゆるフルーツビールの類だけども、それでも苦みが気にならず私ビールを美味しくいただいている。
これから普通のビールも美味しく感じられるかもしれない登竜門、いいじゃないか、いいじゃないか。

てなわけで、ただいま5周年記念企画で金澤ブルワリーの3種が飲める。
1:ペールエール、2:凛、3:ジンジャーエール

まずは飲みやすそうなジンジャーエールのMサイズ。
ジンジャーの爽やかな風味がマッチして程よいスパイシー感がほろ苦さと合う。

お次は1番のペールエールのSサイズ、フルーティーな香りが飲みやすい。
おー自らビール頼んでるわ、何十年生きてきてビール1年生な気持ち。
クラフトビールばかりになりそうだけど、それもまたいいじゃないか、いいじゃないか。

ビール克服のハードルを越えた満足感とラーメンの満腹感に満たされた夜でした。




[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-10-03 23:36 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/26250754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(玉川町):Trattor... 金沢(広岡):金沢おでん・一品... >>