金沢(片町):麺屋 鶯 (うぐいす)「特製香味中華そば」「特製鶏白湯魚介そば」

b0089578_14530976.jpg
先日のイベントの折に知り合いに「毎日、ラーメン食べてるでしょ」という指摘を受ける。
「え!?そんなに食べてませんよ、せいぜい多くて週2回ぐらい」

定期的に食べているからかそんなイメージが・・しかし、8月の第4週は久々にやらかしました。
8月22日に片町(旧・狼と煙の場所:宇宙軒食堂の左側)に新規オープンした麺屋 鶯(うぐいす)

知人のSNSよりオープンを知り、翌日ジムアフターラーメンに駆けつける。
狼と煙時代からほぼ変わらぬカウンター7席の店内の一番奥に鎮座します。

ラーメンは「香味中華そば」と「鶏白湯魚介そば」の2種、後はトッピングがプラスされたメニューがあります。

・特製香味中華そば

基本の香味中華そばのいわば全部のせ。
トッピングは低温料理豚肩ロースチャーシュー、低温調理トリムネチャーシュー、豚バラ煮チャーシュー、
半熟味玉、メンマ、カイワレ、ネギとチャーシューが3種類。
無化調のスープは鶏ベースに昆布の風味と甘み、底に青柚子を散らしてあるので食べている内に香りが伝わってくる。
懐かしくてまったり、つるつるの麺をいただきつつ営業時間が遅いということに喜び。

運動してサウナ入った身体の新陳代謝はまさに絶好調、ラーメン食べてると顔から汗でまくり。
せめてものスッピン状態だったのが救い、化粧がどろどろにならぬので。
見かねて店主さんからティッシュ渡されました。

偶然にも知り合いに出会い、この後深夜には更に知り合いがごった返していたという祭り状態だったらしい。
以上、23日の事でした。
b0089578_14531525.jpg
翌日は某所で激烈ホルモンヌの会、野菜抜きホルモンオンリーで終了した恐怖の会はシメを求めていた。

「ラーメン食べたい!いいところ知ってるよ!」の鶴の一声で移動するホルモンヌ4人麺物語。
どこへ行く?決まってる、2日連続の鶯さん。

・特製鶏白湯魚介そば

また特製なので、チャーシュー3種に半熟味玉とネギ、メンマ。
鶏白湯の白濁どろ~というイメージではなくむしろサラッとして、いい魚介の香りがします。
中華そばより旨み成分が強いけどしつこくなくって、もたれず旨味も感じていい感じ~これも柚子が香る。
私はチャーシューは低温レア派とか、どれに拘るとかはあまりないので、
3種類違う味が食べれて特製は楽しい、そんな感想です。

以上、24日のことでした。
b0089578_14532170.jpg
27日の土曜は大切なイベントがあり、数日前の準備から当日の朝から夕方までてんてこ舞い。
打ち上げはオクトーバーフェストでビールとソーセージなどを食べほろよい気分。

シメは夫が鶯さんへ行きたいという・・・え!?マジか!週3回目だわ(心の声)。
ジムアフターで行ったことは伝えてあったが、ホルモンアフターは黙っていた私。

「2種類の内のどっち食べたの?」という質問に、「え・・どっちも・・・」と正直に白状。
「週3回目かい!行き過ぎやろーー」

お店に入ると店主さんとぺこりと挨拶、顔覚えていてくれたらしい。

・半熟味玉・鶏白湯魚介そば(トッピング:ねぎ)

どうやら今のところ鶏白湯魚介が好み、今回もつるつると美味しくいただけました。
店主さんも人当たりよく、18:00~2:00という深夜枠まで営業しているとのことで、
シメのラーメンの為に放浪する身としては、とっても有難い。これからが楽しみなラーメン屋さんです。

[PR]
by sukatan_queen55 | 2016-09-03 23:53 | 石川(金沢) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://goldsmile.exblog.jp/tb/26168268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 金沢(安江町):Karaage... 石川(野々市市):ムサク(ベト... >>